実物を見ないとお勧めできません


おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイター@1級ディレクターの
おおきた石材店です。

先日、雨降りの日、一日現場をお休みにして、福井県まで行ってきました。

IMG_20181203_125614

理由は、建っているお墓を見に行くため。

見積に加えていた石で、私のおすすめの石として加えていた
「ABN」というインド産の石がありました。
アーバングレーという石と同じ場所で採掘される石だそうですが、
見た目は全く異なり、従来の石らしくない雰囲気なのですが、
性質(水を吸いにくい、強固であるという部分)はアーバングレーと同質だという石です。

地域によっては、
「銀灰石」とか「ジョージグレー」と呼ぶ場合もあるようです。

お奨めしたのはいいのですが、実は私、この石はサンプルしか見たことありません。
いろいろな方にお話しを聞いて、いい石だという確証は持っていましたが、
実際問題、見たことないのです。

なので、一度、契約いただく前に見ておこうと思い、
いろいろな方面に問合せしたのですが、近くに建っておりません。(知る限りにおいて。。。)

仕入先のM社長は、
「長野県、千葉県、あとは高知県と愛媛県には建墓実績があります」との答え。

うーん、遠いな。。。

他になければ行かなくてはならないけど、
遠いな。。。

と思っていたところ、あるところから噂で、
「福井に行けば、大概の墓地に一基や二基建ってますよ」という言葉。

「福井って、福井市?福井県?どっち??」
「行けば、建ってるとはいっても行ってみなくては分からないし。。。」
というギャンブル的な確率ですが、行ってみることにしました。

京都市内に行く用があったので、行きは京都市内経由。
でも、その京都市内がいつもより渋滞が激しく、
京都縦貫道路沓掛IC⇒京都中心部⇒京都市北部⇒京都市南部⇒名神京都東IC

ナビなら京都から福井まで2時間30分と出ていたので、合計5時間くらいか、、、と思ってたのですが、
予想外の時間が掛かり、7時間近くかかってしまいました。。
(ランチタイムも含めてね。。。)

で、福井市の市営霊園のうち、東山公園墓地というところに行きました。
で、ちょっと見て回った場所で、

発見!!!!

いきなり発見!!!

超意外に簡単に見つけました。

IMG_20181203_142709

全景。蓮華受台付きの立派なお墓です。

IMG_20181203_142729

しかも、前に経机。

IMG_20181203_142734

お供え台も手の込んだ、経机風の台です。
水鉢ではないのですね。

IMG_20181203_142736

とか、言ってる場合ではなく、この石です。
確かに目指していた石ですね。
「ABN」という石です。
ですが、建っているお墓を見ると、イメージがかなり違いますね。
やはり建っているお墓は、サンプルとは全く違います。

一度見ておいてよかったです。

IMG_20181203_200829

朝7時過ぎに出て、帰宅が午後9時過ぎ。
走行距離は見ずらいですが、
572キロメートルでした。

疲れた。
疲れたけど、行ってよかったです。

 

 

◆「おおきた石材店」お問合せ先◆

◇ お問合せ先はこちらです→→→ 問い合わせリンク
◇ お電話でも受け付け中 →→→ 📞0120-497-143

※ 直接、スマホに繋がります。
運転中、作業中で電話に出られない時がございます。
その際には、時間をおいて、再度お電話いただければ幸いです。
       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。