息子さん、娘さんがお参りしやすいお墓にしませんか?


おはようございます。
但馬、豊岡のお墓のアドバイザー@お墓ディレクター1級
おおきた石材店です。

 

草生え放題のお墓にお墓参りされる方はいません

 
久しぶりのお墓参り、でも
草が生え放題なら、まずは草取り。
お墓そうじから、というのがお墓参りの定番ですね。

ご住職が、

おぼうさん2

「草取りもご先祖様への供養ですよ」

とおっしゃるので、草取りも大切なお墓参りの一部だと思って、
心を込めて、草取りをしていましたが、

今、私は納得して、草取り、お墓そうじをしていますが、
息子、娘の代になって、
果たして、それをしてくれるだろうか?

ojisan2_think

おそらく、やらないだろうな。。。

では、少しでもお墓参りの苦労を取り除いておくのが、
親の勤め、ではないのか?

そうお考えの方、いませんか?

〇 草を生えなくする。
〇 お墓の掃除を手軽にする。
〇 お墓の汚れが付きにくくする。

こういったこと、出来ますよ。

 

草を生えなくする

 
これは、防草工事といって、今非常にご要望の多い工事です。
おそらく、あなたと同じ考えの人も多い気がしますね。

比較的、費用が掛からずできる
①「固まる土」という方法、
②「防草シート」を敷く、という方法。

あるいは、本格的に草が生えない状態にしたいという場合、

③「コンクリート施工」という方法、
それではあまりにも見た目が良くない、
という場合は、

④「コンクリートを施工+その上に化粧砂利」という方法。

そして、一番本格的に費用が掛かるのが、

⑤「板石貼り工事」という方法。

あるいは、

「樹脂による化粧砂利工事」俗に私はそのメーカー名で
「ファイバーレジン」と呼んでいますが、
⑥「樹脂による化粧砂利固定施工」
という方法もあります。

 

防草工事と一言で言っても、かなりいろいろ方法があるんですね。

 

 

お墓の掃除を手軽にする

 
お墓そうじをする、と一言で言っても、

どういった道具を使うか、
何処を掃除するか、
どんな洗剤を使うか、
どこまできれいにするか、

など、いろいろ細かい方法があります。
また、
お墓の石は、硬くて丈夫だと言っても、

やってはいけないこと、
避けた方がいい方法、
相性の悪い取り合わせ、

などもあります。知らずにやってしまって、
後悔。。。

girl_surprise

ということもあります。
また、

こうやって置けば、次のお墓そうじが簡単になる、
そう言うこともあります。

この「お墓そうじのノウハウ」はまちゼミの「お墓そうじセミナー」にて、お教えしております。

お墓そうじはなかなか、実際してみないとわからないことが多いですね。
年に一度か二度、まちゼミという豊岡商工会主催のセミナーで実施しています。
機会があればご参加ください。

 

 

お墓の汚れを付きにくくする

 
これはお墓の石に汚れが付着しずらくする方法。

まず、何より先に、お墓の汚れをとりあえず落としましょう。
それが第一歩。

そして、そのきれいなお墓の状態をいかに維持できるか、という問題です。

最初は、お墓の表面をコーティングする方法。

これは、よく知っているプロフェッショナルに必ずご依頼ください。
下手な施工だと、逆に状態が悪くなります。

そして、第二の方法は、
「再研磨」です。

お墓自体を新しく磨き直す、という方法です。
これは、費用もかなり掛かります。
時間もかかりますが、
ホントに建てた時の美しさが蘇ります。

おかあさん

費用を掛ければ、掛けただけ、美しくなりますね。

あなたの代に美しくて、お墓参りしやすいお墓にリフォームしておけば、
息子さん、娘さんの代でもお墓参りしてくれる可能性が高まるはずです。

ぜひ、ご検討を。

◆「おおきた石材店」お問合せ先◆

◇ お問合せ先はこちらです→→→ 問い合わせリンク
◇ お電話でも受け付け中 →→→ 📞0120-497-143

※ 直接、スマホに繋がります。
運転中、作業中で電話に出られない時がございます。
その際には、時間をおいて、再度お電話いただければ幸いです。
       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。