今年の目標①~「信頼棺®」の施工


こんばんわ。夜更新の但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー
お墓ディレクター1級のおおきた石材店です。

年が変わって、いろいろ始めてますが、昨年もやったような気がすること、今年もやります。今年の目標、抱負です。

最初は、「信頼棺®」の販売、施工です。

110aaa39d49cb1ccf86f3e5c159d4f17

昨年も建てさせていただいたのですが、数がまだまだ少ない。

まあ、私の努力不足です。でもほんとにいいものなので、この良さを一人でも多くのお客様にお伝えしたい。それを今年の最初の目標とします。

お墓って高価なものですよね。一時よりも費用を掛けなくなったとはいえ。

でもね、いくらお墓を建てても、そのほとんどのお墓が、大雨が降ったら、骨壺ごと、水没してしまうんですよ。これは厳然たる事実。

 

pose_ayashii_woman (1)

「見ないでどうしてわかるのよ」

 

DSC09427-2

「はい、確かに見てないので、想像ではありますが、おそらく間違いないでしょう。」

 

DSC09427-2-300x242

「だって、雨漏りする構造ですもん。お墓って。。。」

 

pose_nigawarai_woman

「ちょっと、ちょっと待ってよ。本当なの??」

 

そういうと、大概の方は驚かれます。
あるいは無関心。というか、そういう想像すらできない人もいらっしゃいます。

 

DSC09427-2

「つまりそれほどお墓について知らない、ということなんですけどね。」

 

お墓は、納骨口という穴が大きく開いております。
これは、家における「玄関」のようなもの。
これがないと困るんですが、かといって、この納骨口という玄関の構造が、まったく旧型の構造で、
どうしようもなく古いんです。

玄関が古い構造のお墓なので、雨水がどうしても侵入してしまいます。
で、場合によっては、通常、入ってこれないものまで、時として入ってきます。

110aaa39d49cb1ccf86f3e5c159d4f17

雨水と。。。「蜂です」
蜂が巣を作るんです。しかもお墓の中に。
それは、お墓が傾いて(施工不良か経年劣化かはわからないですが。。。)
そのできた隙間から侵入して、巣つくりというわけです。

実際、私も見かけたことあります。
スズメバチはないですが、ミツバチは結構お墓の中に巣を作ったりします。

ハチの巣 イラスト-300x258

せっかく建てたお墓、ミツバチが巣を作ってしまったために
お墓参りもできず、ブンブン飛び回っているミツバチを遠めに眺めて、
「今年はお墓参りあきらめようか?」と相談しなくてはならないなんて。。。

ojisan2_think

悲しすぎます。。。

雨水、大雨、スズメバチ、ミツバチ。。。
そういったものからお墓を守ることができるものこそ、
「信頼棺®」です。

このお墓の構造を一人でも多くの人にお伝えするのが、
今年の最初の目標です。

様々なものから、あなたの大切なお墓を守る
防水構造のお墓は
「信頼棺®」(特許申請済のお墓の構造です)

110aaa39d49cb1ccf86f3e5c159d4f17

 

 

お問い合わせは、こちら。

メールお問合せ

 

 

 

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。