今年は「年号が変わる年」で「消費税が上がる年」です。


こんにちは。但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザーお墓ディレクター1級のおおきた石材店です。

 

雪、降りませんね。今年は暖冬で雪なしかな。。。(そう言っていると降ったりするんですよね。。。)

 

今年は、「消費税が8%から10%になる」年のようです。他人事のように思ってましたが、実際にそういう流れになっています。

 

つまり、100万円のお墓を建てる場合。消費税が今まで8万円だったのが10万円になるってことですね。2万円の値上げ、とも考えられますね。

 

なので、余計なお世話かもしれませんが、お墓を建てるなら、10月までに建てられた方がいいと思います。

 

前回、5%から8%へ上がったときは覚えていますが、とても忙しかった記憶があります。

 

ojisan2_think

 

「儲かっていいじゃない。」と言われる方、多いですが、全然良くないです。その後、全然お仕事が来なくてずいぶん困った記憶の方が残っております。

 

それに、おおきた石材店は小さな石材店なので、仕事できる量に限界があります。どれだけたくさんのお仕事を頂いても、こなせる量が限られているのです。

 

なので、毎年コンスタンスに多くもなく、少なくもなく、お仕事頂けた方がずっとありがたいですね。

 

もちろん、頂けるだけで有難いのは間違いございません。今のところ、余裕がありますので、ご依頼はお早めにお願いします。m(__)m

 

 

そして、もう一つの今年の懸案は、「年号が変わる」ということ。

 

 

2019年4月30日までは「平成」なんですが、5月1日以降は変わる。でもその名前が分かるのが「4月1日」だということ。それは皆さんご存知ですね。

 

 

では、お墓にどういう関係があるのかというと、お墓の裏に「建之」という誰がいつ、建てたか?」ということを刻みます。

 

 

今建てた場合、「平成三十一年一月十二日」と彫刻します。

 

 

「平成最後の年、平成三十一年はたった4ヵ月しかなかった。その4ヵ月の間に建てたんだよ」

 

おとうさん

って、「子どもや孫にも自慢できるかも。。。♡」と考える人がいるかもしれないな、って思う人もいるとは思います。でも、逆に

 

 

 

おかあさん

「新しい元号ってどんなでしょう? カッコいい元号ならそっちを彫ってもらってもいいかも」

 

 

smartphone_suwaru_obaasan

「いやいや、どんな元号になっても、新しい天皇陛下の元号の年の元年になるんですよ。こんな縁起のいい年、ないよ」

 

と考える人もきっといるはずでしょう。さて、あなたは、「平成派」? それとも「新元号派」?

 

 

でも、そうなると、「新元号が分かってからお墓を建てても遅くないんじゃない??」

 

 

さて、あなたはいつお墓を建てますか?

 

 

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。