お墓の地震対策②~ゴムとの出会い


こんにちは。但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、お墓ディレクター1級のおおきた石材店です。
今日は地元組合の新年会です。これで新年会も終わりです。年末年始、いろいろありましたが、やっと通常モードという感じです。

 

前回、お墓の地震対策のうち、「耐震」という方法で、「金具固定」の方法をご紹介しました。(昨日の記事はこちら)この方式は、けっこう古くからあり、様々な手法があり、各石材店で独自に編み出した手法もあったりして、ホントにいろいろなんですが、お墓の石に穴を開けないといけないという手法が、どうしても私はイヤでした。

 

もう一つの手法は、石と石の間に何らかのものを挟んで、接着するというもの。これに何を挟むか、でいろいろあるわけです。

 

何かを挟む方式

 

私は最初の耐震施工として利用したのは、「プチルゴム」でした。このプチルゴムはそのもの自体に接着効果があり、石の重さである程度つぶれたゴムが強い接着効果を出す、という性質のものでした。

 

設備業界などで利用されいている材質で、特徴としては、「大きな力を一気にかけた時は動かないが、力をじわじわとかければ動く」という特殊な性質があって、しかも、経年経過後も硬くならない、というお墓の石の地震対策にはふさわしい材質です。地震と同じ状況でテストした結果も「震度7弱」までは耐えられる、という業界内でも最高レベルの結果を残していて、しばらく私も使っておりました。

 

ですが、一つ欠点があって、「一度でドンピシャに据えなくてはならない」ということです。

 

一発で施工しないと、ズレて施工すると、微調整ができないのです。これはずいぶん苦労しました。通常カニクレーンはラジコン操作するのですが、ラジコンでは正確に施工できず、クレーン操作が一人、施工が二人体制で施工しておりました。苦労した思い出があります。ズレて下ろしてしまい、全てやり直ししたことも何度かありました。

 

苦労して施工していた時に出会ったのが、「絆」という製品でした。

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。