お墓の階段問題~M家のお墓つくり


おはようございます。
酷暑の兵庫県豊岡市です。

但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。
8月10日、お墓そうじセミナー実施。絶賛募集中です。(興味ある方は、本文一番下の「お問合せ」からご連絡ください)

IMG_20190730_153037

全国的に暑いですが。。。
文字彫刻しております。

ところで、今年のお盆前最後のお墓を建てております。

IMG_20190730_113653

入り口階段、設置しました。この豊岡市営西霊苑ですが、通路が水勾配を取ってあって、場所によってお墓の高さが異なるのです。このお墓の場合、一番高いお墓になります。当初、2段の階段の予定だったんですが、2段ではどうしても段が高くなりすぎます。なので、2段+半段のこの構造に変更しました。

 

IMG_20190730_113557

こちら、ほとんど同じ高さのお墓なんですが、非常に段の高さが高いので、お参りしにくい構造に思えます。

 

IMG_20190730_113632_1

お墓全体の高さは1尺6寸弱、480ミリ程度です。単純に半分に割ると、240ミリ。

 

IMG_20190730_113622

一段目は290ミリ。半分よりちょっと高いですね。どうして、このような高さになるかというと。。。

IMG_20190730_113622-2

半分の高さ、240ミリにすると、ここにすき間ができるからです。すき間ができると、その隙間を埋めなくてはならない。手間が増える。見かけが悪くなる。という理由。

 

で、1段目が290ミリだとすると、2段目が190ミリ。1段目と2段目の高さの違いが100ミリ、10㎝も違う。

 

どうでしょうか?

 

IMG_20190730_113657

今建てているお墓。本来3段にすべきなのですが、諸般の事情で2段+半段となっています。

その半段はやや高さが低いですが、よりお参りしやすいお墓にはなっていると思います。

 

IMG_20190730_113657-2

この部分のすき間を埋める手間は必要ですが、見掛けよりも使いやすさ、が大事だと思いますが、いかがでしょうか?

 

メールお問合せ

 

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
   
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。