【豊岡西霊苑D区画】お墓の2重台と3重台の違い


おはようございます。
いよいよお盆が近づいてきました。
但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

お盆ウィークが始まりました。
お盆は石屋さん忙しい、というのはみなさん、お感じになっていると思いますが、
お盆ウィークに入ると、逆にお墓そうじ、お墓参りの方が多いので工事は一切致しません。
つまり、お盆休みに入るわけです。

IMG_20190726_075407 (1)

今年のお盆前は体力的にも、精神的にもハードでした。お盆後は、もう少し涼しくなってほしいな。。。(^_^;)

 

ところで、お盆前、豊岡市の市営西霊苑の工事しておりました。

IMG_20190809_085258

IMG_20190809_085300

豊岡市営西霊苑のD区画です。全部で135区画の墓地(墓域)があります。
ほぼすべての区画は使用者が決まっております。区画の使用者が決まっていない(使用者募集中)区画は数区画だったと思います。

使用者が決まっているのですが、お墓がまだ建っていない区画が30近くあります。
つまり、105区画にはお墓が建っているわけです。その内訳は和型のお墓がほとんどで、デザイン墓、洋墓に分類されるお墓は10基ほどです。

 

105-10=95基のお墓は「和型」のお墓となります。

 

その95基のお墓のうち、3重台のお墓が【74基】。2重台のお墓が【21基】建っております。

 

「2重台と3重台、どう違うんだ」と思われる人、たぶんあると思います。

IMG_20190809_091101

これが2重台のお墓です。

IMG_20190809_091101-2

一番上の「〇〇家之墓」と彫ってある石が竿石とか仏石とか呼ばれる石です。まあ、お墓で一番大事だとされている石です。その石を支える台となる石があります。
上から、「上台、または一重台」その下が「中台、あるいは2重台」と呼ばれる石です。つまり、台石が2つあるので「2重台のお墓」と呼ばれるのです。

この場合、お骨は中台の下に埋蔵されるので、「地下に埋蔵されるお墓」となります。お墓の地盤が水はけが悪い場合、お墓の中のお骨が入る部分が水(雨水)が溜まって、お骨が水没している、という場合もあります。気を付けないと、ですね。

 

一方、3重台のお墓とは?

IMG_20190809_091109

こちらが3重台のお墓です。

IMG_20190809_091110-3

一見、同じに見えますが、よく見ると、台の石が3つあります。

一番下の台石は下台とか、あるいは芝台とか呼びます。芝台というのは、直接地面に接する石なので、芝の中に置かれる石ということで、芝台と呼ぶ、という説を聞いたことがありますが、多分そうなんでしょう。

とにかく芝台付きの3重台というお墓です。

で、もう一つの特徴というか、構造的な問題ですが、

「芝台(3重台)のほとんどは四つの石を組んである」ということ。

 

ここを見てください。

IMG_20190809_091110-2-2

草が生えてきていますね。石の間から。石の隙間から。

 

4つの石を組んであるので、隙間があるんです。なので、草が生えてきます。

 

隙間から草が生えるようなのに、どうして4つ石を組んでまで、2重台を3重台にするのか?

 

あえて、価格も高くなるのに。

 

その答えは、長くなったので、明日書きます。

 

お墓の疑問、お答えします。

 

メールお問合せ

 

 

 

 

 

 

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
   
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。