「終戦の日」です


おはようございます。
台風が接近中の兵庫県豊岡市です。

但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

「終戦の日」です。

 

 

このお盆の期間、あるいはその前から「戦争」に関する映画、ドキュメンタリーをいくつか見ました。
「硫黄島からの手紙」
「激闘ガダルカナル悲劇の指揮官」

作品の内容の是非はここでは書きません。がその戦争に参加した兵士たちの苦難は心が痛みます。同じ日本人として。本人はもとより、残された遺族にとっても、非常に厳しく辛いことであったことは想像すらできないほどのことがあったでしょう。

たくさんの日本人の命が奪われました。
それは戦争であるなら仕方ないことなのかもしれませんが、その亡くなった人々を慰霊、供養するため、たくさんの戦死者のお墓が建てられました。

建てた人の多くはお父さん、お母さんでしょう。大切な息子、最愛の息子を戦争というもので失った。

生きていた証として、慰霊のためにも、せめてお墓はしっかりとしたものを建てたい、という気持ちはわかります。「軍人塔」という戦死者の方のお墓には、そういったご両親、家族の願いと想いが詰まったものなのでしょう。

私の伯父さんの家でも「軍人塔」のお墓が建っております。お墓の引っ越しをするとき、伯父さんは
「ご先祖のお墓は整理して一か所にまとめてしまっても構わないが、この軍人塔に眠る〇〇さんのお墓だけは何としても新しいお墓にそのまま移したい」と強く望んでいらっしゃいました。

大切な息子を亡くしたご両親のお気持ち、遺族の想いはたとえ戦後70年が経過しても全く色あせない、そういうことなのでしょう。

今の私たちにとって、「死」というものは、どこか遠く隔離されてどこか現実感の不足したものとして捉えがちですが、かつて「死」が身近で、それと隣り合わせの時代に生きていた人たちは、理不尽と思えることでとてもあっけなく最愛の人と別れなければならなかったはずです。

大切な人を亡くしてしまった。その代わりとして「お墓」というものを建てた。建てたいと願った人たちは日本全国にたくさんいらっしゃったでしょう。

忘れようとしても決して忘れられない、そんな人のために何かを残したい、何かをとどめたい。そんな思いのために建てられたお墓。

お墓というものを改めて見つめなおした、考え直した今年の「終戦の日」でした。

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。