西日本一の銘石【天山石】を見に行こう


おはようございます。

兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。
先日、西日本を代表する銘石「天山石」の採掘場見学に行ってきました。

IMG_20191119_064433

いつものことで、4時起床、4時半出発の早起きスタイル。
早朝7時過ぎには姫路駅到着。世界遺産「姫路城」が見えます。

IMG_20191119_073930

久しぶりの姫路駅。

IMG_20191119_074450

久しぶりの新幹線。思わず「撮り鉄」普通のN700系ですが。。。

天山石って、非常に強固で、ガラスコーティングしたような光沢が出て、素晴らしい石なんです。お墓に使う石の性質を比較するのによく使うのが、圧縮強度、吸水率、見掛け比重という数値を使うのですが、いずれも国内産ではトップクラス。

アメブロでも以前、「国産銘石ランキング」という企画をして、天山石は国産石でも最上位クラスでした。

「石のベストテン」~日本の石のベストテン

(「ベストテン」っていう響きが私世代だな。。。)

20191125075921469_0001

一般社団法人日本石材産業協会の中の私の所属している「顧客満足推進委員会」で作成した「国産銘石カタログ」にもしっかりと収録されています。非常に硬くて、水も吸いにくくて、重たい石なんです。

まあ、ぶっちゃけ言えば、「お墓にはもってこいの石」ってわけです。以前はかなりよく使わせてもらいました。お墓の石に。最近はすっかりとご無沙汰です。

今回の「天山石」見学会は15年くらいぶりに天山石の見学ですが、昔のイメージがあまりなかったので、初体験のつもりで参加させてもらいました。

(15年くらい昔に行った天山石の採掘場見学の時は、美味いラーメン食べたな、って記憶しか残ってない。。。)

 

博多駅からマイクロバスで迎えに来ていただいて、一路、唐津へ。

IMG_20191119_114003

雨降りにならずによかったです。曇りですが、まずまずの天候。

 

IMG_20191119_123027

お昼ご飯はここでいただきました。

IMG_20191119_123445_1

高級弁当。美味しかったです。

採掘場は危険なので、ヘルメット着用が義務付けられています。

今回は2チームに分かれて、対戦形式で。。。

IMG_20191119_133432

こちら、黄緑さんチーム。社長の奥さんは黄緑さんチームです。

IMG_20191119_134835

青のヘルメットをかぶっているのは「青チーム」。ちなみに私は青チームでした。

IMG_20191119_133116

天山石材の社長も「黄緑チーム」でした。このように、tenzanという名前を吹き付けるプレートを作って、出荷先が決まった石にはスプレーでtenzanと明記するそうです。

IMG_20191119_133000

「天山石材」という漢字バージョンもあるみたい。その違いが分からないですが。。。たくさんの石が出荷先が決まって、発送を待っています。

さらに、石に「A」というアルファベットがスプレーしてありますが、これにも意味があるのです。

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。