「お墓ディレクター試験」に参加してきました。

1月27日、初めて「お墓ディレクター試験」の試験官補佐という役割を頂き、参加してきました。

DSC_0001

始発で出発。。。
始発って久しぶりです。

DSC_0003

いや、缶コーヒーが有難い寒さです。

まあ、途中ほとんど写真を撮ることを忘れて、
全く写真がないんですが、
会場近くの陶芸教室の文字が気になったので
写真を撮ったのが、唯一。。。

DSC_0011

ゆう工房さんです。
「玄武工房」のライバル、ではないですが、いい感じの文字ですね。

でも写真はこれだけ。
昼はかっぱ横丁の「古潭ラーメン」を頂きました。久しぶり。

それで、試験のお手伝いしました。

皆さんなかなか真剣で、
なかなかピリピリしていて、
本気度マックス!!でしたね。
2級は私の地元、但馬から2人の受験者がいらっしゃってました。
合格したかな。。。

2級の試験終了後は1級のお手伝いも。
顔見知りの方も数名いらっしゃって、
皆さん合格できればいいですよね。

やはり自分磨き、自分の価値を高めようと
真剣に頑張っている人って
光ってますよね。

但馬地区でも、2級ディレクターはもうそろそろ10人を超える人が
合格しているんじゃないですかね。。

1級は、なかなかの難関ですが、ぜひ諦めず
頑張ってほしいですね。

 
「豊岡市営西霊苑」限定おすすめ人気記事
 
「豊岡市営東霊苑」限定おすすめ人気記事
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。