四国の青石

こんにちは。雨降りの日のはずが
暑くて、夏の様な。。。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、大北です。

今日はお墓そうじに行きます。
明後日、納骨なので、
きれいになったお墓でお参りしていただきたいですね。

今日も、「I  love  indo」 と「SPF50+」とともに(^▽^)/

DSC_0001

お墓に行く道すがら、
黄色い花を見かけました。
DSC_0006

何という花なんでしょうね。
相変わらず、花の名前はわかりません。

DSC_0007

ブタナではなさそうです。。。(^_^;)

 

DSC_0009

その花を通り過ぎて、

一番山奥の集落外れに墓地があります。

お墓そうじはいつも通りしたんですが、
お墓の中に、これがあります。
四国の青石で作った、物置台。

お庭の石などに使われている石です。
関西、特に但馬地方では、この石を天場だけ磨いて、
物置石として、よく利用されています。

DSC_0011

経年の汚れ、水あかなどが溜まって、
汚れとなっています。

 

DSC_0015

その汚れをスクレーバーではぎ取って行けば、
まだまだ、光沢が残っております。

 

DSC_0024

このように。
手が逆ですが、これは写真を撮るため、片手で持っているから。
両手ではぎ取っていきます。

 

DSC_0025

ずいぶん、きれいになりました。
この四国の青石、結構硬い石で、光沢は意外と長持します。
ただ、目なりがきつくて、キズが入るのは避けられません。

去年の秋の岡崎の展示会では、天然石の形状を利用した、
天然石風の墓石を展示されていました。
あれはあれで有り、だと思いますが、
やっぱり傷が気になりますね。。。

 
「豊岡市営西霊苑」限定おすすめ人気記事
 
「豊岡市営東霊苑」限定おすすめ人気記事
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。