「お墓じまい」した後、お墓のないあなたはどちらに。


おはようございます。但馬豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、大北和彦です。

「おおきた石材店」は小さな石材店なので、年間の建墓数は少ないです。
でも、そのはるかに多い数、「お墓じまい」させて頂いております。

〇 お墓参りが大変なので、住所の近くの永代供養墓へ(大阪在住)

〇 近くの寺院墓地を永代使用契約したので、そちらにお墓を(大阪府在住)

〇 京都の本山にご先祖様の遺骨を埋葬します(京都府在住)

理由は様々ですが、お墓じまいをされるのは仕方ないですが、
では、お墓がなくなった後、あなたはどちらへ行かれるのですか?
あなたが亡くなった後、どちらに遺骨を埋葬していただくのですか?

 

あなたが亡くなった後、お墓じまいしても、遅くないですか?
あなたの遺骨をちゃんとお墓に納めて、その後、お墓じまいするように依頼できるんです。

20525848_1433549726726485_3360135300592561482_n

◆・・・「お墓のみとり」・・・◆

そう言うサービスです。
一度、検討されてもいいのでは。

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。