それぞれにそれぞれの持ち味。


お盆最中ですが、全くお盆と関係ないんですが、
原石を切ってみました。
縞模様が出てます。

DSC_0041

お墓に使う石なら、取替えとなる石です。
でも、自然から採れた石には変わりないですね。

これは、お墓に使う石ではないので、
使えるかどうかは施主様に聞いてみないと
分からないですが、
品質としては、変わりないです。
ただ、
縞模様が出ているだけ。
これだけで、
お墓の石には使えません。

こういう
石の個性、があるんですが、
これが、お墓の石として、
高い価値を生むか、
お墓の石として、使えなくて、
不用品となるか、
(実際には細かく砕いて、建築資材になる場合が多いですが。。。)

ちなみに、この石は
お墓に使われることはない石で
(昔は使っていましたが)
豊岡市気比で採掘される石です。
ほとんどが細かくされて、砕石として利用されています。

ちょっとした事で、
価値があったり、
価値がなくなったり、
でも、それは個性なんですね。
石の。

 

 

 

◇ あなたのお近くにお墓のプロはいますか?・・・良材建墓
◇ あなたに代わってお墓そうじします・・・happy shine
 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。