「お墓の防草」湿気に弱い土系舗装材「固まる土」

こんばんわ。
兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。
年度末、いろいろなことが重なって、何かを忘れてて、何かが破綻しそうで、日々ビビっている今日この頃です。。。

 

相変わらず「お墓じまい」と「防草工事」は後を絶たないですね。
ホントに多いです。
で、防草工事の方ですが、最近一つ手法が加わって、6種類に増えたので、この際、じっくりとご紹介しようと思って、この記事を書いてみます。

 

IMG_20181220_160422 ◇ 「お墓ディレクター1級」  お墓のプロの証。お墓の唯一の資格でもある「お墓ディレクター1級」取得者です。兵庫県北部では唯一の資格者です。合格率3割以下で大学受験よりもはるかに合格が難しい資格です。

◇ 「日本石材産業協会正会員」 石材業界の唯一の全国組織であり、最大の加盟業者の一般社団法人日本石材産業協会の正会員です。

◇ 「顧客満足推進委員会副委員長」 石材業界の地位向上と顧客満足の向上を目指して志を同じくする全国のメンバーと活動しております。

◇ お墓Q&Aを350以上更新中  お墓の疑問、質問を350問以上お答え中。どんな疑問もお答えします。

 

まず最初は、一番リーズナブルな価格で出来る手法ですが、「固まる土」を利用した防草工事です。
見た目はほとんど土なのですが、非常に硬く固まり、割れたり、ひび割れたり、隙間からという場合を除き、草が生えてきません。

IMG_20191219_093713

おおきた石材店が利用させてもらっているのが、この袋に書かれている名称。「ガンコマサ」という商品です。正確には「スーパーガンコマサ」~コケ、カビ抑制仕様~といいます。
地面に均一に均し、ローラーで押さえて、その後、シャワー状の水をかけます。水を掛けることで強固に固まり、草が生えてこないようになるという仕様ですね。

IMG_20191219_140144

施工直後は土色ですが、とても美しい状態になります。しっかり水を掛けて、ローラーで固めるとかなり強固に固まるので、人が歩く程度では全く影響がありません。下地もしっかりと踏み固めると、車でも通ることができます。

ですが、この固まる土も弱点があります。

コケやカビが生えやすいということです。

以前の「スーパーガンコマサ」は湿気が多い墓地などはすぐにカビやコケが生えてきました。現在のコケ、カビ抑制仕様は以前のものよりも生えにくいですが、それでも絶対ではありません。湿気の多い、じめじめしている墓地には避けた方が無難です。そういう墓地には、コンクリートに色を加えたものがお勧めです。

また、コンクリート程の強度がないので、表面が剥離して、剥がれてきたり、出隅のような部分はすき間が出来て、その隙間から草が生えてきたりします。万全ではないのですね。

 

まとめ

 

 

固まる土の舗装材は扱いがたやすく、施工も簡単ですが、表面にカビ、コケが生えやすく、そうなると見た目が汚くなってしまいます。
また、コンクリートより強度が落ちるので、ひび割れ等に注意が必要です。

代替品として、コンクリートの施工をお勧めします。色を混ぜると土に近い色にもできます。

 

明日は、その②です。樹脂で固める砕石を利用した舗装材をご紹介します。

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。