お墓の石の等級よりも大事なことって? あるの? ないの?

おはようございます。
兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

やっと雨が上がって、間もなく夏なのかなって雰囲気になりそうでならない。。。
今年の夏はどうなんでしょうかね。

 

昨日の記事で、書きました。

「お墓の石の等級を考えるよりも大事なことがある」

 

という事ですが、さて何かわかりますか。
ズバリ、加工です。

どんな高級食材を使っても、料理未経験者が作った料理って、美味しくなる可能性は非常に低いですよね。経験が浅い人はやっぱりいいモノを作ることは出来にくいんです。

どんなもの、どんなことにも上手くやるには、うまくやる手法というのがあります。その手法を正しく行えるもののみが上手くできるんですよね。なので、中国製品がすごく多い日本のお墓ですが、中国人が作ったら、品質が悪い、とか日本人が作ったら、品質が良いってことは全くありません。逆に日本人が作ったら必ずいいモノができるという事もないんです。

 

① 日本で採れた石 ⇒ 日本人が加工      (これが20年以上前は一番多かったが今は少数派)
② 日本で採れた石 ⇒ 中国人が加工(中国で) (ここ15年くらいは①よりこれが多かった)
③ 中国で採れた石 ⇒ 中国人が加工(中国で) (15年くらいこれが一番多かった)
④ 中国で採れた石 ⇒ 日本人が加工      ごく一部あるかもですが、ほとんどない。
⑤ 中国以外の外国で採れた石 ⇒ 中国人が加工(中国で)  おおきた石材店でも一番多いです。
⑥ 中国以外の外国で採れた石 ⇒ 中国以外の加工(日本含む)  ⑤からこっちにシフトしようかな、という感じです。増えるかどうか不明。

 

とこのように、いろいろな場所で、いろいろな石が加工されているんです。①がいちばん古くて20年前くらい。今⑤がメインで、⑥が新しい流れになりそうな感じ、くらいです。

とにかく、いろいろな石が色々な場所で加工されています。

 

どこで加工されているか、よりも、誰が加工しているか? が大事です。

 

中国で加工しているから、ダメだとか、
日本人が作っているから、いいだとか、
そんなことは全くありません。

 

誰が作ったか? 誰が加工したのか?

 

それが大事です。

 

でも。。。

433832_s-2

ホントにそうなんです。調べようがないんです。

 

でも、一つだけ、調べる方法があります。大概の石材店さんは一つか二つのルートでお墓を作っておられます。

① 自社で製作、もあります。
② 決まった商社(石材業界の輸入代行業のようなもの)に依頼する。
③ 国内の決まった工場で製作してもらう。
④ 自社で独自で輸入している
⑤ 石材問屋さん経由で依頼、製作してもらっている。

などが主な加工ルートです。
石材店ごとに得意なルートがあり、その1つ、あるいは2つ、多くても3つくらいで製作依頼(自社製作)しています。毎回毎回全く違うルートという事は通常ありえません。だから、その石材店さんの施工例、施工実績を見せてもらうのが、一番固いです。一番間違いないです。このことは覚えておいてくださいね。

 

まとめ

 

どうだったでしょうか?

お墓の石、特に天山石に関しては、石の等級、つまり一番いい石、普通の石という等級よりも加工だけはしっかりと確認を、という話でした。
ですが、これは天山石に関して、という話です。

433787_s-2

例えば、大島石、庵治石に関してはまた別のことを考えなくてはならないんです。
お墓を建てるって、ずいぶん大変なことです。
でも、高額でおそらく二度と建てないであろうお墓です。納得のいくお墓が建てたい、とは思いませんか?

 

◆「おおきた石材店」お問合せ先◆

◇ お問合せ先はこちらです→→→ メール問い合わせ
◇ お電話でも受け付け中 →→→ 📞0120-497-143

※ 直接、スマホに繋がります。
運転中、作業中で電話に出られない時がございます。
その際には、時間をおいて、再度お電話いただければ幸いです。

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
大北 和彦(おおきた かずひこ)
1966年生まれ。昭和元年頃から続く「大北石材店」3代目。さほどの強い動機もなく始めた石材業だったが、仕事を通じて石にかかわる楽しさ、墓の素晴らしさに目覚め、お墓のプロの証「お墓ディレクター2級試験」第1回試験に合格、その翌年初めての「お墓ディレクター1級試験」にも一発合格し、但馬で唯一の「お墓ディレクター1級を取得する石材店」となる。
本人は兵庫県でも指折りの「お墓好き」を自任するが、その大好きな墓石について、困っている、悩んでいる人が多いことに気づき、墓石についての疑問・質問に答えるため「お墓Q&A」をブログにて執筆中。
1000記事を目指している。