Tag Archives: ステンレス製

DSC_0013

今は、ステンレスが主流です。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

出張中です。今日は、高松の庵治へ行く予定です。庵治ストーンフェアのトラウマがありますが、おそらく、無事に帰れます。有難いことです。

 

お墓の金具が錆びているので、交換してほしいとご依頼。

見に行くと、確かに錆びております。

 

DSC_0013

 

石と石を繋ぐ金具が錆びておりました。これは中の玉石が少なくて(目減りして?)金具が見えていたので、余計分かりやすくなっていたようです。

 

 

DSC_0011

 

合計11個所の金具がすべて錆びておりました。これは鉄製なので、錆びるのは当然だと思います。できればセメントでふた(カバー的なもの)をしていればまだ、多少はましだったかもしれませんが、むき出しなので、ボロボロです。

 

現在、お墓に使われる金属の9割以上はステンレス製です。

 

なので、錆びにくいですね。錆びないわけではない。でも、ここまでボロボロにはなりません。

 

金属が錆びると、いいことは一つもありません。

 

本来の用途である石と石をしっかり連結、固定する、という役割は亡くなってしまいます。

むしろ、それよりさらに悪いのは、
錆びによる膨張によって、石を破損したり、石同士を分離する力が働いたり、石に錆が移って、錆びの成分によって石を変色させたり、

悪いことだらけです。

錆びている金具は早めに交換されることをお勧めします。

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


電話問合せボタン
メール問合せボタン
bitmap 

Q129~塔婆立って?

ズバリ、塔婆を建て掛ける台。塔婆スタンドみたいなものです。

塔婆はかつてはお墓のそばの土中に差し込んで
立てていたものです。
がしかし、
最近はコンクリートの基礎施工しますので、
地面に刺すということができず、
しかし、もともと刺すことを想定して作ってあるので、
安定が悪く、倒れやすいので、
スタンドが必要になる、ということです。

いくつか形状がありますが
多いのは

DSC_0363

こういう形状のもの。
足元が石でできているか、
それとも何もないか、などの違いがありますが、
丸い(あるいは四角い筒状の柱が2本建っていて
その間に塔婆を立てるシステムです。

DSC_0348-2

あるいは、省スペースタイプとして、
石の柱にステンレスの四角い輪が付いていて、
その中に塔婆を納めるタイプ。

上の写真がそうですが、
塔婆が小さくて、フィットしてませんね。
風でおそらく倒れてしまいます。

DSC_0361-2

このように、すべて石でできたものもあります。
こちらは丈夫ですが、費用が掛かりますね。

これ以外にも、石製のもので、
外柵と一体となったものや、
ブロックを代用した塔婆立まであります。

風で倒れやすい
塔婆のサイズがいろいろある、
お墓とフィットするかどうか?
強い風でも倒れない構造か?

などを考慮して考えましょう。

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

 

◇豊岡市西霊苑でのお墓情報

① 墓地選ぶ前に知っておくべきこと
② 最も大事な墓地の構造
③ よく見かける不具合

◇豊岡市東霊苑おすすめ人気記事

① 建てる前に知っておくべきこと
② 知らないと大変(雨対策①)
③ この構造のお墓はダメ(雨対策②)

◇水びたしにならないお墓~「信頼棺」®

雨漏り、害虫の侵入を防ぐお墓


電話問合せボタン
メール問合せボタン
bitmap