Tag Archives: 外柵石

IMG_20200317_130128

木下家お墓つくり⑤~外柵石の据付

おはようございます。
兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店の大北和彦です。
春めいてきて、いつものようにいろいろとお仕事の依頼が増えてきて、ちょっとギリギリな感じの春彼岸明けです。

 

木下家のお墓工事も、徐々に進みつつあり、下周り(基礎部分)はほぼ終了しつつあります。

前回、10ミリのアンカーボルトを石に穴を開けて打ち込むって書きましたが、ただ打ち込むだけでは、全く意味がなくて、
そのアンカーを手掛かりに隣の石と固定しなくては、ホントに意味がない、ってことになりますよね。

IMG_20200312_162342

まず外柵石を設置しています。

IMG_20200312_162342-2

石同士のみではなく、石と基礎のコンクリートとも結合しております。(赤丸の部分、ね)

IMG_20200313_095311

石同士も当然、ガッチリめに固定しております。

IMG_20200313_095311-2

 

ガッチリ固定している感じ、分かりますか?

IMG_20200313_095311-2-3

ちょっと汚いですが、外柵の石と基礎の石の違い、分かりますか?
基礎の石とは、つまりカロートとお墓の基礎となる石を兼用している石というわけです。
しかも、その基礎石は周りの外柵石の内側からしっかりとサポートしているので、お墓全体をサポートしつつ、バックアップもしているという
陰の力持ち的な「一人3役」的な役回りです。

この基礎石の上に「信頼棺」の天場石が乗って、水の入らない構造となります。

で、このカロート部分の両脇をコンクリートでさらに覆って。。。

IMG_20200317_130128

基礎部分、完成しました。最強構造の基礎部分が完成しました。

IMG_20200317_130127-2

仕上げにカロート部分の内側にも固定金具を4カ所それぞれ設置しました。

l-3

従来品の3倍の強度のあるステンレス金具を使用しております。触ってみたら一目瞭然ですが、ちょっとやそっとでは曲がりそうにありません。
かなり強いと思われます。。。(^_^;)

全ての金具にこれを使用しております。強いはずだ。。。

実は、今一番恐れているのが、このお墓の解体のご依頼が来たとき、

「どうしよう。。。(^_^;)」

ってことです。内緒ですが。。。(内緒になってないな。。。)

次の記事は。。。

木下家のお墓つくり⑥~お墓の文字の彫り方ご存知??

http://ohkita-sekizai.com/?p=24689

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
IMG_20200305_152401

木下家のお墓つくり④~外柵はお墓のガードマン?

おはようございます。
兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店の大北和彦です。
昨日は外食久しぶりにしました。

IMG_20200321_185010

豊岡の名店、「ふるさと」の焼きそば定食。息子がここのカツどんをどうしても食べたいというもので。。。

高野山で食べたカツ専門店のカツどんがどうしても忘れられず、それに匹敵するカツどんを探し求めている息子に将来の可能性を感じている今日この頃ですが、みなさまいかが連休をお過ごしでしょうか?

 

木下家のお墓も基礎部分が完成して、第二ステップへと向かいます。

「外柵石」を設置していきます。「外柵石って何?」 という方にも丁寧にご説明するのが私の役目です。。。(^_^;)

IMG_20200226_122731

後ろのお墓のこの部分の石です。お墓の境界を決めている石で、しかも、お墓内部をがっちりと固めている、ガードマン、です。
お城で言えば、外堀、内堀、石垣、石塀、城壁といった部分に当たります。外敵(??お墓の外敵って??)や、浸食、風雨による劣化、お墓を支える土の流れだすのを防いています。

でも、ただ置いてあるだけでは動いてしまいます。

IMG_20200308_134035

こんなことになったり、酷いときには、

IMG_20200214_145619

こんなことになったりします。なので、動かないように工夫が必要なんですね。

アンカーボルト比較写真

石にこういうアンカーというものを打ち込みます。といっても、穴を開けてそこに打ち込むんですが。。。

ちなみに、写真左が8ミリの穴に適合するアンカーです。こちらが業界標準。で、私が使っているのは、右側。10ミリのアンカーです。一回り太くて、強度(強さ)は倍の強さがあります。こいつを石に穴を開けて、叩き込みます。

IMG_20200305_152416

こんな感じで、1本の石に4カ所の穴を開けて、それぞれ4本のアンカーを打ち込みます。

更にもう一工夫。

「車のタイヤって、溝がありますよね。どうしてあるか知ってますか??」

man_57

「もちろん、知っているよ。雨でもスリップしないため、だよね」

はい、そうですね。石も実は下の面はまっ平。平面なのです。工事しやすいように、ですが、まっ平だとスリップするというか、滑ってすき間ができやすいんです。ですから、タイヤにおける「溝」を石にも加工します。そうすると、下のコンクリートとの間にガッチリ、ジャストフィットして、ズレにくくなるんです。

IMG_20200305_152401

外柵の石、4本にそれぞれこれだけの装備を装着してから、お墓に持って行きます。けっこうこの装備をするのに、時間が掛かったりするわけですね。

完成してからでは、このアンカーボルトも底に加工した溝もわかりません。お墓のことをよく知らない人は「あ、いいお墓が出来た!!」って喜ぶだけですが、実は見えない部分で、大きな差ができるわけです。ただ乗せただけの外柵の石と10ミリのアンカー(100%ステンレス製なので錆びません)を4本で固定して、滑り止めの溝も掘って、なおかつ設置するときには専用接着剤まで使って建てた外柵の石。

どっちがいいお墓ですか?

同じ値段で出来ると思いますか?

外柵石はお墓の「ガードマン」だと言いました。そのガードマンの外柵石を更に守っている金具や溝。一つ一つがガードマンである外柵石を支えています。お墓になくてはならないものだと思いませんか。

次の記事は。。。

5、木下家のお墓つくり⑤~ガードマンの配置??

http://ohkita-sekizai.com/?p=24689
 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~