Author Archives: ohkita

IMG_20190614_101510

M家リフォーム~昔のお墓と今のお墓の違い

こんばんわ。但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。
6月も中旬、間もなく梅雨入りも予想されているのですが、お盆前で1年で一番忙しい時期になっていました。
今年は久しぶりにお盆前に仕事が集中して、間に合うか? 多少不安です。

 

ところで、今のM家のリフォームですが、お墓を仮に撤去して、基礎を新しく作り直して、お墓自体も今の手法で建てます。

IMG_20190613_083819

お墓の周囲の外柵の石が乗る基礎コンクリートを前回作りました。
そして、その基礎コンクリートの上に石を乗せますが、ただ載せるだけではありません。石とコンクリートがしっかり固定出来て、ズレないように、石の裏側を切れ込みを入れて、固定がしっかりとするように加工します。

IMG_20190613_083826

更に、石の裏面と基礎コンクリートとをしっかりと接着できるように、モルタル接着剤というものを塗って、強固に固まるように。。。接着剤が乾燥するまで、待っております。

IMG_20190613_111058

接着剤で固定。金具も併用。これは外れるわけないよね。ここまでしたら。。。

IMG_20190613_162025

お墓を支える基礎コンクリートをします。かなりしっかり施工しました。

IMG_20190614_101510

ある程度、固まりました。本来の強度はまだまだですが、時間がないので、お墓の施工を今週からします。

ところで、下の写真分かりますか?

IMG_20190614_165940

解体したお墓のうち、加工しなくてはならないので持ち帰ったお墓の部材です。一番下の基礎の上に乗る「地周りの石」と呼ばれる石です。具体的に説明すると、以下の赤矢印の石です。

IMG_20190517_140918-2

この石ですね。一番下の石。で、上に柱のような石が乗っております。

IMG_20190614_165940-3

この赤い枠の部分に柱の石が乗っていたのですが、ずいぶん汚れてますね。これは土などの誇りなどです。簡単に落ちる汚れですが、数十年の長きに渡ってたまりにたまった汚れですね。でもこれは、あることを表しています。

何かというと、

固定、接着してないということ。

石の上に石がただ単に乗っているだけ

、ということ。

石の合間に隙間があるから、汚れが溜まるわけです。接着していたら、汚れるわけないから。

 

IMG_20190424_104912-2

つまり、これほど巨大なお墓なのに、固定、接着してないのです。一部、仮止め程度の固定はしておりますが、ほとんど載せてあるだけです。

地震が来れば倒れてしまうはずですね。

これが昔、少なくとも10年くらい昔までの建て方です。それではさすがにまずいですよね。なので、これを現代の建て方でお墓を再建します。

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
IMG_20190614_155808

今年もやります。「お墓掃除セミナー」

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店の大北和彦です。

今日は雨で、けっこう降りそうな予報。工場での加工が溜まっているので、有難いです。
たまには。。。(^_^;)

現在リフォーム中のM家のお墓。そのお墓の石の部材の一部を持ち帰っております。
一部、加工仕直しの必要があるのですが、まずは石の洗浄。

 

石のお掃除ですが、私はまず通常、高圧洗浄機で洗ってしまうのですが、
それができない場合は、地道に手で汚れを落としていくわけです。

石の表面の状態で、汚れの落ちからは凄く違います。
大きく分けて、3つあります。

DSC09427-2

第一に、凸凹の面。石垣とか、床に貼ってある板石とかがそうですね。仮に「自然面」と呼びますが、
触って一番手に馴染む感じです。手に馴染むということで、汚れとも馴染みやすいんですね。

IMG_20190614_154011-2

この当たりがそういう感じですね。手に馴染みやすい分、汚れも馴染みやすく、簡単に落ちてくれません。。。

DSC09427-2

2番目は「カット面」です。ダイヤモンドソーでカットした面ですね。まっすぐですが、触った感じはザラザラしております。お墓の石に関しては、昔は完成状態でもあったのですが、今は加工途中の状態の場合が多いです。平面に見えますが、実はかなり微細な穴が無数に空いております。なので、水を吸収しやすい状態で、汚れも付きやすいですね。着いたら取れにくい性質でもあります。

IMG_20190614_154011-3

先ほどの石で見たら、この面ですね。汚れが付着しておりますが、まっ平にカットしてあります。この加工は先ほどの手に馴染む「自然面」よりもお掃除しやすいですが、それでもなかなか落ちてくれませんね。

 

そして、3番目。

DSC09427-2

いちいち顔写真出す必要があるのか、という疑問が今、沸いてきましたが、

「磨き面」です。
カット面から7,8工程の研磨(磨き)の工程を通常重ねて、できるお墓でよく見るピカピカの面ですね。

IMG_20190614_155808

かなり汚れが目立ちますが、この見えている面は「磨き面」です。上の3分の1は非常に汚れが目立ちますが、それは理由があります。がその理由はまた後日、書きますが、この汚れ、濡らすだけでほぼ落ちます。

 

このように、「お墓掃除」「お墓の汚れを落とす」って、ちょっとしたコツがあります。それさえ知っていれば、かなりの汚れを落とすことができます。その汚れの落とし方をお教えするセミナー、毎年開催しておりますが、今年も開催することになりました。

お墓のプロが教える「お墓そうじセミナー」 ~ホームセンターで売っている物だけで、ここまで落ちます~

詳しくは後日、告知しますが、
7月15日(月)祭日の13時~14時30分まで、8月10日(土)の10時30分~12時までの2回開催します。場所は豊岡市野上の「コミュニティ―たづるの」にて。
興味ある方はぜひ時間開けておいてくださいね。各日8名様、早い者勝ちです。

とりあえず参加申込しとこうという人は下のお問合せに
「セミナー参加希望」「日時」をコメントして送ってください。

メールお問合せ        
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
IMG_20190604_143845

M家リフォーム③~見えないところが大事です

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

裏の堤防の草刈部隊がやってきました。今日中に完全に草刈りが終わるでしょうね。堤防の草刈りが終わると梅雨がやってきます。お盆まで頑張らねば。。。

IMG_20190611_060854

 

M家のリフォーム、順調…ではないですが進行しております。

IMG_20190603_135019

本体部分の工事に取り掛かります。代々墓を解体してみると、やはり、接着はされていません。四隅に文字彫刻用のゴム板を挟んで、載せてあるだけでした。

それらを順次解体していきます。
IMG_20190603_145204

延石代わりに設置されていたブロック塀も撤去。

IMG_20190604_095219

お墓の基礎コンクリートが出てきました。思ったよりしっかりとしております。おそらく地盤が軟弱だったので、しっかりとしておかないと。。。ということでしょうか?

IMG_20190604_105626

その基礎コンクリートを割って、全て取り去り、

IMG_20190604_143845

残土も撤去。3トンダンプ2台以上です。

IMG_20190605_083721

代わりにC30という砕石を埋めていきます。少しずつ、入れながら均して、踏み固めて、

IMG_20190605_095933

運び出した残土と同量の砕石を埋め戻します。

IMG_20190605_141018

踏み固めたら、周りに鉄筋を組んで、外柵の基礎コンクリートを作ります。

IMG_20190605_151739

このあたりまでできました。
やっと工事半分ってとこでしょうか?

 

メールお問合せ

 

 

 

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
IMG_20190607_134600

日本一(ひのもといち)のお墓 五輪塔

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

a0960_004683_m

梅雨ですね。急に梅雨がやってきましたね。
兵庫県豊岡市も雨がちの天候となっております。
梅雨入りはまだですが。。。

 

仕事中に着信音。名前を見ると。。。懐かしい方から。。。

t02200165_0800060013233980081

「大島石善」で有名な大島石材工業の六代目棟梁、小田満弘社長からの電話でした。

 

 

DSC09427-2

「こんにちは、ご無沙汰しております。」

t02200165_0800060013233980081
「おおきたくん、久しぶり」
「以前、記事にしてくれた大島石の五輪塔、カレンダーにしたから、よかったら使って」

DSC09427-2

「ホントですか!! 家宝にします!! ありがとうございます」

 

というわけで、カレンダー送って頂きました。

IMG_20190607_124233

さすが、小田社長の作られたカレンダーです。かっこいい!!
そして、そういえば、あの大島石の記事、いい記事だったな、って改めて思いだしたので、リンクを貼っておきます。私が書いたブログ記事の中でも指折りの面白さ。(私の中でですが。。。)そして、読み返してみて、最後の一文、あ!!思い出した!!

 

「旅に出ます」
https://ameblo.jp/ohkita-sekizai/entry-11993564088.html?fbclid=IwAR3BecEQCG7DIWcECWpTLQRmThqhHTNRGI3WcEBSBsKWvr_8w7b0aZycS7c

 

副題が、「一つのお墓を探すために30時間、1300キロメートルを走破した、お墓バカ、略して墓バの1日半を綴ったブログ、「30時間、1300キロの物語」」です。
良ければ読んでね。(ちょっと長い。。。(^_^;)

 

それにしても、お電話のおかげで改めて、昔誓った目標を思い出しました。(忘れるなよ!!って話だよね。。。(^_^;)  色々な意味でありがとうございました。小田社長。家宝にします。

 

IMG_20190607_134607

 

2019年下半期のカレンダーです。

IMG_20190607_134600

 

やっぱりいいよな。。。このお墓。。。

 

メールお問合せ

 

 

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
IMG_20190606_092701 (1)

納骨口の開け方(大きいお墓編)

久々の雨の朝です。

IMG_20190607_073444

但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

恵みの雨、かもしれませんね。少なくとも、私にとっては。。。(^_^;) いろいろあったので、雨でリセットさせていただいて、と。

先日、納骨のお手伝いしたお墓ですが、納骨口に使っていた【目地テープ】というものが劣化していたので、交換させていただきました。

 

IMG_20190606_093051

クッション性のある多少、粘着力のあるテープです。厚みは3ミリ程度。これ、本来は施工時にシール代わりに貼って、「シールの手間がいりません」っていう商品のようなのですが、残念ながらシールの代わりにはなりません。

DSC_0003

シールとは、上の写真のように、黄色いマスキングテープを貼って、そのすき間、石と石の間のすき間にシール剤という接着剤をすき間なく詰めることで、内部の一番大切な接着剤等の劣化を防ぐとともに、雨などの水分が侵入しないよう守る役割があります。目地テープというのは、このシール剤を入れるのが大変なので、代わりに、と開発されたと聞いておりますが、全く使えません。

理由は、第1に劣化が早いこと。数年でカチカチになってしまって、意味をなさないです。特に重量物が乗ると、ホントにすぐにカチカチに固まってしまします。

第2に、厚みが3ミリと書きましたが、これはある程度つぶれて使うものです。1ミリ程度に圧縮しないと半スポンジの形状なので、柔らかすぎて使えないのです。そのままでは。でも1ミリでは接着剤の性能を引き出せません。最低3ミリと考えます。であるなら、重ねて使うか?3枚重ね?となりますが、それではカットが大変。しかも切り口がきれいにできない。

では、どうして使っているか?

私はクッション材として、使っております。石と石が直接くっ付くと硬いモノ同士なので、欠けてしまうのです。欠けやすいのです。なので、その間にクッション材として貼って、欠けにくいようにします。例えば、水鉢。納骨しなくてはいけないので、接着するわけにもいかない。なので、この目地テープで納骨口に設置するのです。

ということですが、先日納骨したお墓ですが、この目地テープが劣化していたので、後日交換することになりました。

 

IMG_20190606_092651

ちょっと足を掛けさせていただきましたが、こうしないと倒せないのです。。。(^_^;)
ごめんなさい。。。

IMG_20190606_092653

思いっきり体重を懸けて。。。

IMG_20190606_092656

お、開きました。ここまで動けばしめしめ。。。

IMG_20190606_092701 (1)

こうやって、引っ張る要領。でも、大きなお墓なので、そう簡単に動きません。先日、納骨した時も、30分早くやってきて、こうやって開けてみました。久しぶりってときはホントに動きません。動いたときは「やった!!」って感じでした。

IMG_20190606_092706

この中に、ご遺骨が納められております。

IMG_20190606_092728

台の上に倒してみると、劣化した目地テープが見えます。そして、裏側、及び、下の石はびっちょり濡れております。先日の納骨の折、掛けられた水がこのように残っているのですね。目地テープを全て剥がして、新しい目地テープを貼ります。

IMG_20190606_093103

暑い1日だったので、古い目地テープを剥がしているうちに石が乾燥してきました。濡れていると目地テープが着きません。どんなものでもそうですけどね。テープを貼り直して、

IMG_20190606_093154

濡れていた下面も乾燥してきたので、テープを貼ります。

IMG_20190606_093307

貼れたら位置を微調整して、きれいにはまるように。。。完全に起こしてしまってからでは動かすのが大変です。

IMG_20190606_093314

きっちり位置が決まれば、後は左右の花立の石の位置調整です。花立石の下場と水鉢と当たる部分、後ろのお墓の中台と当たる部分にも「目地テープ」貼っております。

IMG_20190606_093643

完成です。

 

メールお問合せ

 

 

 

 

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
IMG_20190531_103656

M家リフォーム②~ご先祖様のお墓

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。
大型リフォームですが、徐々に進行中です。

お墓の後ろになる部分にご先祖様のお墓の安置場所を用意します。

IMG_20190529_121111

ステンレスの金具で固定します。全部で10カ所固定。石同士だけではなく、下の基礎コンクリートとも固定します。

 

その後は、石で囲ってある中をコンクリート施工します。

 

お墓にコンクリートはダメなのでは?という地域もありますが、それはもう時代遅れですよ。これだけ大きなお墓になるとコンクリートを使わないと、簡単に傾いたり、倒れたりしてしまいます。どんなお墓でも、今やコンクリートを使わないという手法はあり得ません。よほど小さなお墓か、吉相墓くらいですね。コンクリートを使わないお墓というのは。

 

IMG_20190530_091517

非常にたくさんのご先祖様のお墓が並ぶので、しっかりとコンクリートを施工します。

 

IMG_20190531_093633

IMG_20190531_103656

空いている穴は水抜きの穴です。降った雨がここから下にしみ込んで、地下へ、という流れです。
かなり重たい石が乗っても大丈夫ですよ。

 

メールお問合せ

 

 

 

 

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
ChFJI2EUkAEWwco

納骨の時、絶対やってはいけないこと

おはようございます。

但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

6月に入って、高い気温だけではなく湿度も上がってきて、なかなかに体力が奪われます。
体がついていけてないのですね。夏本番が思いやられます。。。
今年も暑い夏がやってきそうです。。。(^-^;

 

さて、

以前建てたお墓の納骨のお手伝いに行ってきました。
結構大きな和型のお墓なので、水鉢が動くかどうか不安だったんですが、
全体重をかけて、ひっぱると何とか動きました。。。
やった!!一安心。

大き目のお墓は納骨もなかなかコツがいります。不安な場合は石材店にご相談くださいね。
素人の方が動かして、ケガすることもあります。
納骨の時のコツもお教えいたします。

納骨の時、やりがちなのですが、やってはいけないことがあります。

IMG_20190603_175845
これは、今リフォーム中のお墓に納骨されていたお骨です。
(一部、モザイクをかけております)

なんだか、布状のものに覆われていますが、これは、葬儀の時、焼骨の入った骨壺をくるんであった白い布をそのまま、お骨を包む納骨袋の代用にして、納骨されています。

声を大にしてお伝えしますが、

「骨壺をくるんである布で納骨してはいけません」

IMG_20190604_071600

こういう布ですね。
骨壺を入れた箱を包んである布です。少しツルツル感があって、シルクかな、って思いますが、違います。

この布、化繊です。化学繊維。なので、土にかえりません。
むしろ糸状になって、お骨に絡まって、絡み合って、ぐちゃぐちゃになってしまいます。
まるで、土に還ろうとするお骨を邪魔しているもの、に見えます。
明らかに、不要物として、納骨カロート内に残ります。

IMG_20190604_071631

このように、繊維が糸状になって、その後ずっと残ります。

お骨から出して納骨する場合は木綿とか、絹とかの自然に還るものに入れて納骨してください。

例えば、こういうのはではいかがでしょうか?

o0800060012653853091-500x375

「安らかに 敦」

 

総絹織物の高級納骨袋です。一点一点、伝統工芸士の安部さんが作り上げた最高級品です。

お子様、ペット用の納骨袋もあります。

ChFJI2EUkAEWwco

 

 

メールお問合せ

 

 

 

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
IMG_20190513_111833

石と石を固定するツール「礎(いしずえ)」

おはようございます。

但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦です。

晴天が続き、お墓を建てるにはありがたい季節ですが、手の甲と、首から上だけが
日焼けしていきます。日焼け止め塗っているんだけど、おかしいな。。。(^_^;)

 

お墓の石って横同士くっ付いているのは、金具で固定できますが、上下でくっ付いているのは、金具で固定しずらいのです。しかも、お墓本体は金具で固定はできない。見た目が悪いので。。。(^_^;) なので、金属以外の特殊なツールで固定する場合が多いです。

 

色々試してみて、今は「礎(いしずえ)」というツールを使っております。下の写真はその「礎」で固定している様子。丸い輪のようなものが「礎」です。この中に接着剤と3ミリ幅をキープするためのゴム板が入っております。その周囲、グレーのものが同じコーキング系の接着剤。白いものがシリコン系の接着剤。

IMG_20190513_111621

 

別の角度から。どうしてこの丸い輪(礎)を使うかというと、接着剤は「圧着」すると接着力が増すと言われて言います。この丸い輪っかの中に接着剤を挿入し、上に石を乗せることによって、輪の外に広がろうとする接着剤が堰き止められ、圧力がかかって、「圧着状態」になる、という理屈です。

IMG_20190513_111833

 

その上、竿石を設置するときは5枚使いで固定しています。一番力がかかるし、一番倒壊しやすいのが、「竿石」です。

IMG_20190513_132801

 

しっかりと接着剤を装填します。

IMG_20190513_133428

そして、竿石を設置して、完成。

 

IMG_20190513_140326

上は「礎(いしずえ)」、基礎部分は「信頼棺®」での施工。非常に強固で丈夫なお墓になりました。

 

 

メールお問合せ

 

 

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
IMG_20190526_105656

信頼棺のお墓の納骨の仕方、教えます

 

 

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店の大北和彦です。

今日は雨降りらしいのですが、まだ大して降っておりません。午後から本降りかな。今にも降りそうな天気ではありますが。。。
IMG_20190528_075237

 

さて、先日完成して、納骨式も終了したリフォーム工事。但馬ではまだほとんど建っていない「信頼棺」のお墓です。その信頼棺、納骨の仕方が微妙に違うので、少しだけ説明します。

IMG_20190526_105656

納骨式後の写真です。以前のお墓よりもずっとスッキリして、お参りしやすいお墓になりました。
納骨の仕方としては、

IMG_20190526_101920 (1)

手前に養生用の毛布のようなものを敷きます。何でもいいのですが、通常の「関西型納骨」のように、水鉢を倒しただけで納骨、とはいきません。

 

IMG_20190526_101956

花立を手前に置きます。写真は建てた状態で置いておりますが、不安定なら、倒した状態で安置の方がいいかと思います。今回は問題なかったですが、表面張力で花立とお墓本体がくっついている場合が、よくあります。その場合、力任せに外そうとすると、突然外れて、後ろにひっくり返ったり、体や足の上に石を落としたりしてしまいます。

手前に引っ張るのではなく、上に持ち上げるようなイメージで外してください。

不安な場合は、施工した石材店にご依頼ください。
IMG_20190526_102020

真ん中の花立も取り外します。上に載っているステンレス製の水吞み、香立は可能な場合、取り外してください。

破損する可能性があります。

写真では取り付けたまま外しておりますが、これは写真撮影のために移動してます。本番では外してから、移動が安全です。花立の石も表面張力で固定している場合があるとお伝えしましたが、この水鉢石も同様にその可能性が高いと思います。また、花立石は細長いのでまだ取外し安いですが、こちらの水鉢石はより外しにくく、難易度高めです。

出来ればあらかじめ石材店にご依頼されることをお勧めします。

 

IMG_20190526_102020-2

さて、ここからが特許構造、「信頼棺」のお墓ですが、上の写真のように赤線枠の中の石が信頼棺のフタの役目になる石です。

以前、「信頼棺」はガラスの瓶にフタができる構造だとご説明しました。

(詳しくはこちら。。。(『信頼棺』という安心感

つまり、これがビンの蓋です。でも、ただ載せてあるだけでは意味がありません。石という堅いもの同士、きっちりと密着しませんから。それはガラスの瓶も同様ですね。ガラスの瓶は蓋との間に柔らかい柔軟な緩衝材的なものが付いていますね。この信頼棺もそれと同様に柔らかいが、完全に密封できるものが必要です。

 

それがコークレスシールと呼ばれるものです。

 

そのコークレスシールと呼ばれるものをこの写真の赤い線の部分全体にしなくてはいけないのです。今回の納骨は完成直後の納骨なので、まだシールをしておりません。完成後、晴れて石が乾いた状態の日にシールをします。シールをしたと同時に納骨が完了、となるのです。

 

IMG_20190526_102045

因みにこれが信頼棺の蓋を外した状態のお墓です。フタ、及び納骨口は特許構造のため、公開できない約束になっておりますので、非公開とします。

 

今回は新しく建てたお墓に納骨だったので必要ないですが、既に建っている信頼棺のお墓に追加で納骨の場合、これ以外に

「コークレスシール」をカットする、という手間が更に上乗せとなります。

 

カットした後、きれいに掃除して、残ったシールを取り外すという手間も更に必要なので、経験者以外はお勧めできません。手間もヒマもかかる信頼棺ですが、大切なご遺骨が水浸しにならない、ということが何よりも大切なのではないですかね。雨漏り対策という手間と考えたら、それほど大きな手間ではないと思います。通常の家でも何年かに一度は雨漏り点検して、対策も施しますよね。
お墓は最後にたどり着く、終の棲家なのですから。

 

メールお問合せ

 

 

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
IMG_20190521_145926_1

信頼棺のお墓が完成しました

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店の大北和彦です。

IMG_20190523_070220 (1)

今日も暑い一日でしたね。まだ5月なのにな。。。

信頼棺を使ったリフォーム工事が終わり、今日本日、納骨式が行われました。

IMG_20190513_140324

以前は、通常の三重台だったお墓を信頼棺にリフォームしたお墓です。雨水が一切入らない関西で初めての構造のお墓「信頼棺®」の但馬ではまだわずかですが、まったく新しい構造のお墓です。

 

IMG_20190517_111955

他にもいろいろ新しい手法を使って建てさせていただきました。

 

IMG_20190521_145926_1

天候に恵まれて、思ったより早く完成しました。

以前の墓地に行く道は足元が途中がぬかるんでいて、晴れていても長靴がないとお墓参りできない、という状態だったのですが、より便利でお参りしやすいお墓になった、と親せきの方におっしゃっていただきました。

 

お墓の不具合って、意外とあるものです。それを解消できるのが、「お墓のリフォーム」です。
いろいろな不具合があります。その一つ一つを解消できます。

〇 草取りが大変、何とかして
〇 お墓参りが大変、もっとお参りしやすくできないの?
〇 大きな木の根っこがあってお墓が傾いてきた!!
〇 ブロックが古くなってきて、ボロボロ。。。
〇 石が開いてきて隙間ができている。。。
〇 お墓の中に水が溜まってしまいます。。。
〇 お墓の中から蜂が出てくるんですが。。。どうなっているの。。。

 

どれもこれも、リフォームで解消できます。

メールお問合せ

 

 

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
-2

M家リフォーム①~軟弱地盤の対策

IMG_20190523_070220 (1)

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店の大北和彦です。

今日は、最高気温予想が35度とかいう、嫌な噂が飛び交っておりますが、
単なる噂でしょうね。。。5月だし、ありえんね。。。
というわけで、昨日、順調にM家のお墓工事が進んで、第一弾、完了。

-2
工事着手前の写真。
で、

-2-2

はい、この当たりをまず、お墓とか、戒名碑とかを全て撤去して、
コンクリートの基礎を施工します。

IMG_20190523_160246

撤去は割とスムーズに終了。
が、その後に問題が!!

 

IMG_20190523_160246-2

この当たり(赤のダブル線のあたり)もコンクリートするので、掘ってみたら。。。
IMG_20190524_100842

非常に軟弱地盤。畑の土のような感じです。でも、これは以前別の墓地でも経験済み。踏み固めようにも、どんどん柔らかくなってしまって、ふにゃふにゃで全然固まらないので、土自体を取り去って、砕石等に入れ替えて、固めるという手法を取りました。そうこうしているうちに、ど真ん中のちょうど戒名碑が建っていた部分、15センチ程度のコンクリートの塊があって、しかも割れない。。。(^_^;)
四苦八苦。。。これでずいぶん時間を取られた。。。

 

予想ですが、非常に軟弱地盤だったので、このお墓を建てた石屋さん(すでに廃業されてます)が墓石が乗る部分だけ、しっかりコンクリートを敷いて、何とか傾くのを防ごうとしたんでしょうね。当時、この兵庫県北部では、かなり良心的な工事だと思います。ですが、現在はしっかりと地盤の柔らかくて、硬くならない土は砕石と置き換えて、広い面積をコンクリートを打って基礎として、全体で傾きを防ぐという手法を取ります。

 

この古い基礎コンクリートも全面的に撤去します。でもなかなか強力で、電動工具では無理があるな。。お墓本体の撤去が待っているので、その時はエア工具を使用します。。。(^_^;)

 

IMG_20190524_165144

暑い中でしたが、基礎コンクリートをうつまで行きました。有難いです。

豊岡は盆地で、昔は沼だったと聞いております。あまり地盤が良くない場所が多く、50センチ掘れば、水が出てくる場所も多いです。柔軟に地盤に対応しなくては、お墓の基礎はそれこそ、「お墓の礎(いしずえ)」ですから、大事なんですね。傾いてからでは、手遅れです。

 

メールお問合せ

 

 

 

 

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
IMG_20190520_084937

M家のお墓リフォーム開始します

おはようございます。

但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店の大北和彦です。

晴天続きの豊岡市です。雨はあまり降りませんが、植物たちは元気よく育っております。

IMG_20190520_084937

工場裏の堤防のアザミも今年も花を開きました。
そのうち、また草刈部隊がやって来そうですが。。。

 

おおきた石材店も季節とともに新しいお墓工事に着手します。
この大きなお墓をリフォームします。
リフォームといっても、全くレイアウトも変わりますし、
構造も変わります。

IMG_20190521_084939

不具合を全面的に改修します。

〇防草対策
〇お墓の傾きの修正
〇水が溜まる通路の改修
〇たくさんあるご先祖様のお墓をお参りしやすいように

などがミッションです。
頑張ります。
楽しみです。

 

メールお問合せ

 

 

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
pose_aseru_

お墓に頭から水を掛けてはダメ?

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

晴れが続いてます。雨がずいぶん降ってないな。。。
でも、そろそろ雨も降ってもらわないと困るかも。。。。いろいろと。。。今日は雨が降るようです。

 

「お墓に頭から水を掛けてはいけないそうだよ」

 

ohakamairi
そんな話を聞いたことがあります。お寺さんから聞いた仏教的な教えなのか? 石屋さんから聞いたノウハウ的な話なのか? はっきりしませんが、私はお寺さんからそういう話を聞いたことはありません。

 

もし、石屋さんからの話なら、分かるような気がします。

 

お墓の頭から水を掛けると、実はお墓の石を伝って、一番大事な納骨スペース(カロート)へ集まってしまうから、です。水は下へ下へと伝って流れていきますよね。で、一番下へ流れた時、一番低い納骨スペース(カロート)へ流れ込むのは必然なのです。

 

でも、どうして?? お骨が入る納骨スペースはお墓の一番大事な場所でしょ?そこに水が入り込むって、おかしくない?

pose_aseru_

おかしいですね。でもそうなっているんです。構造的に、間違いなく入りますよ。しかも、お墓参りに頭から水を掛けなくても、屋外にあるお墓です。雨の日は頭から濡れてしまいます。台風、ゲリラ豪雨、梅雨時など、頭から水を掛けるなんて比較にならない程、水が侵入するはずです。

 

pose_aseru_

「え!!じゃあ、大事なお骨が水没してしまうこともあるってこと??」

 

その可能性も低くはないですね。石屋さんは納骨もお仕事なので、しょっちゅうお墓の中をのぞきます。で、ある一定の確率で水に浸かっているお骨を見かけているはずです。雨は仕方ないですが、せめて、水を掛けることは避けてほしい、という思いが「お墓の頭から水を掛けてはいけない」という話になっているのでは?って思います。

 

あくまで私の妄想ですが。。。

 

では、水が入らないお墓ってないの?って話ですが、実はあります。

 

西日本初の「雨水が侵入しないお墓」、兵庫県北部では唯一の正規代理店は「おおきた石材店」です。その名も「信頼棺®」詳しくは以下をクリックください。

 

110aaa39d49cb1ccf86f3e5c159d4f17

 

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
man_49

Q349~お墓に水を掛けてはダメ?

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

先日、納骨式に参加させていただきました。
その際、参列された親族の方に質問を頂きました。
その時の話。

 

 

man_49

石屋さん、ちょっと聞いたんですがね。
「お墓には頭から水を掛けたらダメ」って聞いたんですが、
どうなんですかね。

 

DSC09427-2

「え、そんなこと聞かれましたか??
確かにそんな話を聞いたことはありますが、どういうことなんでしょうかね。」

 

man_49

「う~~ん、と、たしか、頭から水を掛けると失礼では?という話だったと。
人の頭に水掛けるって普通しないだろって、話だったかな。」

 

DSC09427-2

「それは、お墓の石自体を亡くなった人そのもの、と考えて、ってことですかね。
じゃあ、雨降ったらどうなんですか?
自分では傘を差せないのだから、傘を常設するなり、屋根を付けるなり、
すべきではないのですかね。」

 

man_49

「ふむ、なるほど。そう言われればそうですね。でも、屋根のあるお墓ってないような。。。」

 

DSC09427-2

「ですよね。私も屋根付きのお墓って、見たことないですね。」

 

 

DSC09427-2

「亡くなった人は、遺骨となってお墓の中に、先ほど納まりました。
私はお墓の石というのは亡くなった人が最後に落ち着く家、だと考えています」

「家である以上、雨に降られても大丈夫、水を掛けても大丈夫、と考えていいのではないでしょうか?」

 

この時、ふと、思いついたことがあって、その方に再度質問しました。

 

 

DSC09427-2

「ところでその話、誰から聞かれました?」

 

man_49

「うちの墓参りの時、親戚のものから聞いたよ。誰かから聞いたと言ってたな。。。誰だったかな。。。お寺さんだったかな、石屋さんだったかも。。。」

 

お寺さんから聞いたなら、「仏教的な理由」。でも、私の知る限り「お墓の石に水を掛けるとダメ」という教えの宗派は知りません。あるのかもしれないけど。

 

石屋さんなら、それなりの理由があるはず。もちろん、お酒とかビールとか洗剤をそのまま頭から掛ける、っていうのはダメです。

 

でも、水です。水を頭から掛けてはダメ、っていう理由は。。。

 

もしかして。。。(続きはこちらへ)

 

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
110aaa39d49cb1ccf86f3e5c159d4f17

信頼棺という名の安心感

私にとってはあまり書きたくないことだったのですが、あえて書きます。

110aaa39d49cb1ccf86f3e5c159d4f17

信頼棺」という名の安心感

http://ohkita-sekizai.com/?p=23155

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
haimoru-01

セメントって、接着しないの?

夕方更新の但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店、大北和彦です。

日曜日、夕方はなんだか独特の雰囲気がありますね。
サザエさん的というのか? なんだか寂しいというのか? 明日は仕事だよな、ていうのか。。。
まあ、私の場合、日曜日、休んでないので、平日と全く違いがないのですが。。。

IMG_20190512_171946

甘くないチョコレートで日曜日気分を満喫しておきます。

 

ところで、セメント問題です。セメントって、接着剤だと思っている人いませんか?セメントって、水と一緒になると水和反応という化学反応を起こして、硬くなります。硬くなるだけです。接着力はありません。

接着力がないセメントですから、硬化した後、衝撃等で固定したいものと分離してしまったら、再び固定し続けることはできません。場合によっては固まったセメント自体が障害物となって、却って動かしてしまうこともあるんです。なので、セメント製品と固定したいものを分離しないように工夫することが大事になってきます。

 

Microsoft Word - 文書1

こういうように、基礎にセメント製品を使ってお墓などを固定したいのですが、接着力がほとんどないので、

Microsoft Word - 文書21

このように、左右にズレる、上下にズレることが容易にあります。接着してないですからね。ホントに簡単に外れてしまいます。

 

セメント3

なので、このように、広く使って、上の固定したいものを覆うように固定して、下の基礎との設置面も広く取ると分離しにくくなります。

6

それでも、地震などの強い衝撃を受けると、このように上に分離して、セメント製品と分離してしまうことがあります。こうなると逆に、セメント製品の上に載ってしまって、逆にない方がまだましな状態になってしまうこともあるのです。こうしたことを防ぐ意味でも、セメント製品をただ単に使うのではなく、接着力を持たせるセメント補強材、接着剤といったものを一緒に使用するのは鉄則となります。

 

 

 

haimoru-01

こういうものですね。こういうものを使うことで、やっとセメント製品が接着力を持つことができます。お墓の石などの重量物は一度分離してしまったら、非常に面倒なことになるので、分離させない対策、ぜひ必要ですね。

 

お墓工事のご質問もお答えしております。

 

メールお問合せ

 

 

 

 

 

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
mono39447371-160411-02

墓地の中に大量のステンレス金具が使用されています。

夕方更新の但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店の大北和彦です。

IMG_20190508_190636

昨日は私が所属している「但馬石材工業組合」の役員引継ぎ、及び4役会でした。
香美町香住区で美味しいタイのアラを頂きました。
久々においしかったです。(^O^)

 

さて、お墓の持ち主は知らないけど、お墓を建てるには常識の話。

いや、おおきた石材店の顧客様は知っている方が多いとは思います。
お墓と金具の話です。

ひと昔まえ、「お墓には金物を入れてはいけない」という因習というか、「墓相的な考え方」から来る常識という名の非常識がまかり通っていた時代がありました。いや、今も信じている人があるかも知れません。ですが、そんなのはホントに非常識です。

墓相の小さなお墓なら、百歩譲って、いいのかもしれませんが、通常のお墓では。。。

現代のお墓は巨大です。この巨大な石のお墓を前にしたとき、あまりの圧迫感から、時々思うこと。

「この石が落ちて来たら、きっと死ぬだろうな」という漠然とした不安。それを払しょくするために、いろいろな対策を施しております。その第一の対策として、金具で石を固定しております。

DSC_0015-e1464733825681-500x666

墓地の一番外側を囲っている石を延石とか、外柵とか言いますが、その石の部材一つに4つの金具を普通設置します。
どうやって固定するかというと、

DSC_0026-500x375

右端、左端それぞれ隣の石と石同士を固定するのが普通の使用方法。当然、金具だけではなく、石同士は専用接着剤を使用して固定します。その上にステンレス製の金具で石同士を固定。

DSC_0026-500x375

赤丸の金具が左右の石との固定に使用している金具。

そして、青丸は、下の基礎コンクリートとその石とを固定するための金具(写真はまだコンクリート側にアンカーが設置されていません)。石同士だけ固定しても、石全体が基礎の上を移動してしまったら、全く意味がないので、このように基礎とも固定するため、金具を2カ所設置します。

合計4カ所の金具を設置します。穴自体はその倍、8カ所に空けます。

IMG_20190508_100055

今建てているお墓の場合、左右の幅、4.5m、奥行き2mの墓地内に何組の金具を使っているでしょうか?

正解は、16組です。16個の金具ですが、アンカーの穴を開けた数は32カ所です。32本のアンカーを使っているんです。こんなシンプルな延石なのですが、こんなに大量の金具を使用しております。

ojisan2_surprise

「そ、そんなに大量に!!!」

 

はい、そうですね。しかもです。鉄の金具ではありません。

 

IMG_20190503_105656_1

これは、古いお墓のリフォームした時に出てきた金具です。10年以上前に建てたお墓の金具です。鉄製です。さびさびですね。風雨にさらされていたわけではなく、コンクリートの中に埋まっていたはずですが、コンクリートがひび割れて空気に反応して酸化した(サビた)のです。こういう状態になるので、今、お墓に使う金具とアンカーは「オールステンレス製」が当たり前になっております。

で、金具はステンレス製がいいとして、アンカーも大切です。

今、一番信頼性の高いアンカーは「ウェッジ式アンカー」と呼ばれるものです。

mono39447371-160411-02

こういう形状です。でも、強力です。一度打ち込んだら、絶対に抜けません。石を割ってしまわない限り。一度割って取り外したことありますが、ホントに強力です。

 

で、以前使っていたASアンカーと呼ばれるもの。

 

[#Beginning of Shooting Data Section] Nikon D200 2007/08/10 12:24:36.4 RAW (12-bit) ‰æ‘œƒTƒCƒYF Large (3872 x 2592) ƒJƒ‰[ ƒŒƒ“ƒYF Å“_‹——£F 200mm ˜Ioƒ‚[ƒhF ƒ}ƒjƒ…ƒAƒ‹ ‘ªŒõƒ‚[ƒhF ƒ}ƒ‹ƒ`ƒpƒ^[ƒ“‘ªŒõ 1/125 •b - F/2.8 ˜Io•â³F 0 EV Š´“xF ISO 100 Ždã‚ª‚èÝ’èF •W€ ƒzƒƒCƒgƒoƒ‰ƒ“ƒXF ƒI[ƒg AFƒ‚[ƒhF ƒ}ƒjƒ…ƒAƒ‹ ƒVƒ“ƒNƒƒ‚[ƒhF ”­Œõƒ‚[ƒhF ’²Œõ•â³’lF ƒJƒ‰[Ý’èF ƒ‚[ƒhE (Adobe RGB) ŠK’²•â³F ƒI[ƒg F‡‚¢’²®F 0‹ Ê“xÝ’èF ƒI[ƒg —ÖŠs‹­’²F ƒI[ƒg ‰æ‘œƒRƒƒ“ƒgF ’·•bŽžƒmƒCƒY’ጸF ‚µ‚È‚¢ ‚Š´“xƒmƒCƒY’ጸF ‚µ‚È‚¢ [#End of Shooting Data Section]

この形のアンカー。昔、おおきた石材店も使っていました。でも、これ、簡単に抜けます。特に、真ん中の部材が鉛のような柔らかい材質のアンカー、多くの石材店が使っていました。で、おおきた石材店も使っていたのですが、ホントに簡単に抜けます。今はさすがに使われている石材店は多くはないと思います。

 

こういう金具やアンカーって、お墓の不具合を防ぐ目的や地震による影響を最小限に抑えるために使うのです。当然ですよね。
であるならば、何でもいい、っていうのは理由になりません。より良いものがあるなら、そちらを使う。新製品が出たら、性能を吟味して、より性能がいいものを使う。
これは当然だと思っております。少なくとも、私は。

 

もちろん、おおきた石材店もかつて施工したお墓は、今の基準ではだめな方法を使っている場合はあります。ですので、可能な限り対処、対応させていただいております。より良い製品、よりよい手法を求めて行きたいと思います。

 

お問合せ先はこちらです。

 

メールお問合せ

 

 

 

 

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
IMG_20190429_142539

文字の色を抜くって、意外と大変

 

こんばんわ。夜更新の但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店の大北和彦です。

連休中、頑張って、いろいろしたはずだったんですが、いつの間にか事務仕事が溜まって、残業中です。睡魔との戦いはなかなかに強敵です。

ところで、先日、「お墓の正面の文字に白が入っているんですが、取ってもらえませんか?」とのご依頼を頂きました。「はい、喜んで!!」とお引き受けしたんですが、やってみると、なかなか大変。。。でした。

IMG_20190429_115241

えっと、まず、高圧洗浄機を使うことができたので、やってみたのですが、あまり落ちませんでした。。。(^_^;)

この写真見てわかりますが、微妙に汚れているのが気になりますよね。白いので余計目立つのかも。

 

で、いつものように、「塗料落とし」を使って地道に落とします。

IMG_20190429_120156

なかなか強力で、一度で、ここまで落ちました。

 

が、この後がなかなか白が落ちてくれません。何度か塗っては落とすを繰り返し、やっとここまで落ちました。まだ白っぽいですが、何とか落ちたと言えるレベルまで。でも、名字2文字と合わせて5文字。予想の倍くらいの時間が掛かりました。やはり、文字が大きいと、時間が掛かります。

IMG_20190429_142539

でも、まあ時間を掛ければ、何とかなりました。正面文字の色落としもさせて頂きますよ。

一度お問合せ下さい。

 

メールお問合せ

 

 

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
IMG_20181119_094211

四ツ石を辞めたわけ

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。

連休中、とある探し物をしていて、ついに見つけました。

セブンイレブンで以前、偶然購入して、とてもおいしかったので、もう一度買いたいと思っていたんですが、地元豊岡ではセブンは店舗なし。福知山の4店舗のセブンイレブンでは売ってないか、売り切れで手に入れることはできませんでした。ので、嫁の実家に行った帰りに京都市内の桂のセブンイレブンにチャレンジ。。。で、ついに発見して、購入(^O^)したのがこれ。

IMG_20190505_072509

 

ご存知でしたか?なかなかうまいですよ。

でも、期待値が大きすぎて、食べてみたら、「う~ん、美味しいけど、お土産でもらったやつと同じかも。。。(^_^;)」

あんまり期待が大きすぎるってのも考え物ですね。。。ちなみに同じセブンイレブンの【濃厚レーズンバターサンド】ってのがあるんですが、こっちはホントに美味しです。カロリーがばかにできない程高いのが玉に瑕ですが。。。(^_^;)

 

ところで、

お墓の一番下の石を芝台といいますが、通常4つの石を組んで出来ています。
この四ツ石を辞めました。理由はこれです。

IMG_20181119_094211

古いお墓を撤去した時の写真ですが、下に写っているのが、4つ石ですね。
写真の左上が正面の石①。写真手前から下に向かって右側の石②、写真右側の石が後ろの石③、その向こうほとんど写っていないですが左側の石④と合わせて4つの石を組み合わせて出来ています。その石の黒くなっている部分は上の台石との接していた部分です。つまり黒い部分だけで上の中台石、上台石、竿石を支えていたわけです。

真ん中は遺骨を納めるスペース。カロートというものが本来あるはずですが、それを四ツ石が代用しているので、カロート自体がありません。これが私が住む但馬地方の基本的なお墓の構造。四つ石が本来の芝台とカロートとそして、お墓全体の基礎も兼務しているわけです。

黒い部分をよく見てもらえればわかりますが、後ろ(写真右側)は割と大きく10センチ前後くらいの幅がありますが、横は5センチあるかないか、正面に限っては3センチくらいです。

これくらいの部分でお墓全体を支えているのです。

※ 正面部分はもっと広いように思えますが、(①の石の部分です)よく見ればわかりますが、花立石の載っている部分も一緒に黒く汚れているので、広く見えるだけで、実際は3センチ程度です。
IMG_20181119_094710

これが上の石を完全に移動した後の石。

 

IMG_20181119_094710

上が正面、下が裏面ですが、裏が比較的広くて、正面が狭いです。

 

たったこれだけでお墓全体を支えているんです。不安だと思いませんか?

 

おおきた石材店では、この芝台の石を一枚石にすることにしました。基本が一枚石です。山の上とか、施工困難地では2枚合わせで施工します。大きすぎる、重すぎるという理由で運搬、施工が難しくなるので。2枚でも現状の4枚石よりもはるかに安定感が増しますし、お墓全体の強度も上がります。

たったこれだけで、1トンを超えるお墓を支えるのが本来無理なんです。しかも、上の写真のように、金具でも固定してない、接着もしていない場合、多少の力が加われば、簡単にバラバラになってしまうのは、誰が見ても明白です。

 

少しずつですが、お墓の構造を変えていって、より良いお墓の構造を求めていきたいと思います。

 

ちなみにですが、「信頼棺」構造のお墓は同じ1枚石ですが、構造が全く違います。より強固になって、しかも防水構造も備わったお墓が「信頼棺®」のお墓です。興味ある方はぜひお問合せ下さい。

 

メールお問合せ

 

 

 

 

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
IMG_20190502_170653

お墓リフォーム、完成しました

おはようございます。

但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店の大北和彦です。

ずっと作業しておりました「お墓のリフォーム」完成しました。工事始める前は、リフォームする必要あるのかな?と思っておりましたが、よく見ると各所に不具合がありました。

IMG_20190126_153607

石垣がずいぶん汚れております。階段も。隣のお墓も同様なので、これは仕方ないのかもしれませんが、やっぱりきれいな方がいいですよね。

 

IMG_20190502_170653

手すりも設置して、石垣も美しくなりました。洗浄機で洗っただけなのですが、やっぱりきれいな方がいいですね。

 

IMG_20190126_153618

階段も真っ黒になっております。

 

IMG_20190502_170700

石段も掃除すると非常に美しくなりました。真っ黒になりましたよ。洗った水が(^O^)

 

 

IMG_20190126_153710

横の外柵もズレてしまっています。隣の階段の横手の石に押されて、中に押し込まれていたのですが、それも修正。

 

 

IMG_20190126_154016

後ろの境界の石もズレて、前に出てきております。

 

IMG_20190126_160012

ここもズレていますね。

やはり建立後30年も経過すれば、いろいろと不具合が出てくるものです。写真では分かりませんが、一番奥と一番手前では数センチも高さが違っています。
つまり、それだけ前に沈んでしまっているということです。

その高さは基礎からのやり直しもしなければいけないので、今回は見送りましたが、その他の部分は補修します。

 

IMG_20190426_093755

玉垣(外柵)の内側もこのように汚れています。

 

IMG_20190426_105852

洗浄機で洗っただけですが、ある程度美しくなりました。やっぱりきれいな方がいいですね。

 

洗浄だけですが、ずいぶん美しくなりました。お墓の石は濡れていると汚れが落ちやすい、というのが第一原則なので、まず最初に洗浄機で洗う、というのがいいですね。その後しっかりと手洗いという順序がいいですね。

お墓そうじにも順序と方法がありますよ。

メールお問合せ

 

 

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」