②~墓地を選ぶ

さて、お墓を建てようと考えた時、
どういうことをまず考えておけばいいのか。

いろいろありますよね。

まず、お墓を建てる場所。
その場所を「墓地」と呼びます。

墓地をどこにするか。

まず思い浮かぶのが
公営墓地
市町村が運営する墓地のことです。

豊岡市を例にすると、豊岡市は西霊苑と東霊苑と二つあります。
どちらも、建てたいと思えば、建てることができるでしょう。
(豊岡市営霊園についての詳細は、こちらへ)

さらに、民間霊園、寺院墓地、その他があります。

民間墓地、民間霊園はその名のとおり、民間企業が運営する霊園、墓地です。人口密集地にはほとんどありますが、豊岡にはほとんどありません。その他の墓地、霊園で需要をほぼ満たしているので、その需要がないというのが理由かもしれません。
使用料は通常やや高め、宗旨宗派に関係なく建てられるのがメリットですかね。

寺院墓地はその名のとおり、寺院、お寺が運営する墓地です。寺院の土地にある墓地で、管理者はそのお寺の住職かあるいは社寺総代会の役員が行なっています。使用料、管理料は割安な場合が多いです。(一部、都会の有名寺院は高額な使用料の場合もあります)ただ、その寺院の檀家となることが条件となっている場合がほとんどです。

檀家とは簡単に言えば、そのお寺を運営するメンバー(会員)のようなもので、寺院のメンテナンス、新築、など必要とする費用は負担する必要があります。

それから、

永代供養墓
お墓を建てるほど、費用を掛けられない、
お墓を建てたいけど、後継者がいない、
などの人のための集合墓地です。
それ以外の墓地は基本、跡継ぎ(継承者)の有無が利用の条件となっている場合がほとんどですが、
永代供養墓は継承者がなくても、利用できます。

それぞれ一長一短ありますので、よく考えて下さい。

墓地の選び方

これが一般的な墓地の特徴ですが、豊岡の場合、また地域性があって、多少違います。

 

共同墓地とは、そのコミュニティーに住んでいる人限定の墓地です。そのコミュニティーが運営していて、空いていて、その地に住んでいれば、利用できる場合があります。

費用は比較的安くて、管理料も割安な場合が多いです。

ただ、草刈、樹木伐採など日役(メンバーでボランティアでおこなう作業)で実施することが多く、休日がつぶれることも。田舎では多いですが、都会では少ない形態の墓地です。

 

みなし墓地とはお墓に関わる法律(墓地埋葬法)の施行以前から存在する墓地です。基本的に墓地として認められていますが、新たに新設は認められない場合が多いです。

豊岡の墓地の選び方

豊岡の場合、民間墓地はほとんどないですね。多少はあるのかもしれないですが、ごくわずかです。
市営の2つの霊園とあとは寺院墓地ですね。共同墓地は運があれば、入れる可能性はありますが、みなし墓地は無理だと考えるべきでしょう。

あと、知っておかないといけないのは「お墓を買う」とか「墓地を買う」とか、よく言いますが「墓地」は購入することは出来ません。

墓地は使用権を購入するという形で手に入れます。

個人所有は出来ません。
(ただ一部、個人の土地にお墓を建てている場合もありますが)

なので、墓地の使用権(俗に永代使用料などといいます)を手に入れても安心してはいけません。
墓地返還しなくてはならない場合があるんです。なので、永代使用権、とはウソです。

永代使用できる可能性のある権利の購入であって必ず永代使用できる権利ではありません。

 

 

「お墓を建てる前に」目次