④~お墓の石を選ぶ(インドの石)

一口に石の種類といっても、すごい数あります。

インデックス社が発行している「世界の銘石」というカタログ本によると
235の石種があるとされています。

今でも日本からたくさんの石が採掘されています。
また、中国は依然として、最大の石材採掘国です。
最近は中国より品質のいい石が採れると噂のインド
中国以前に最大の採掘国だった韓国
ヨーロッパ、南米、アフリカ大陸でも良質の石材が採れます。
もちろんその中で、もう使われなくなった石もありますし、
日々、新しく採掘される石もあります。
特に大産出国のインドと中国では日々、変動しています。

その中で最近の流れとして、
「中国の石が採れにくくなってきている」
ということと
「インドの石がその代わりに大々的に採掘されつつある」
ということです。

まず
インドの石ですが、

【ブラウン系】

ロイヤルブラウン

<ロイヤルブラウン(RB)>

【グレー系】

インド銀河

<インド銀河(ANA)>

インドBAN

<インドBAN(バングレー)>

アーバングレー

<アーバングレー(MD8)>

ベルガムグレー

<ベンガムグレー(M-13)>

 

【赤系】

ニューインぺ

<ニューインペリアルレッド>

【みどり系】

M1-H

<M1-H>

【黒系】

クンナムE

<クンナム>

通常、インドの石といえば、
黒、赤、緑が有名で種類も多いのですが、
うちが利用するのはグレー。
ほぼグレー。
その他の石はほとんど扱わないので、
思いっきり割愛しました。
ただ、デザイン墓には黒、みどりは多く使われるので
参考程度に乗せました。

関東、東北、九州地方はむしろ、黒、赤、緑が多くつかわれます。

インドの石は濃い色の石のバリエーションが多い、のがポイントです。

 

 

「お墓を建てる前に」目次