⑤~お墓の石を選ぶ(中国の石)

 

お墓の石といえば「最近は中国の石が多いらしいね。」とお墓のことをほとんど知らない素人の人でさえ答えるくらい、中国産のみかげ石は有名になっています。

中国の石はグレー系が充実しています。なので、一時期、非常によく使われました。

ただ最近、中国政府の政策として石材採掘を止めて土地の違う有効利用を進めています。

そのため、中国沿岸部の良質のグレー系みかげ石がことごとく、採掘停止、あるいは廃坑となっています。

中国の石は正式名称はほとんどがアルファベット+数字

なので素人の人には分かりづらく、覚えにくいという欠点があります。
ただ、
それで名前を覚えやすいよう、という理由で石材店が個別に独自の名称で呼んでいる場合があります。名前がわかりやすく、という点ではいいことですが、

紛らわしい名前を独自に(≒勝手に)つけているので、見積の比較はしづらいですね。
また、なんという石か、わからなくなるので、どのレベルの何という石かが判明しづらい場合もあります。

独自名称をつけても石のプロならひと目で判別できます。

DSC_0063

<G623>世界一安いみかげ石として有名だった石。今は、そんなに安くないです。駆け込み採掘した原石がまだまだ大量にあるといわれていますが、そろそろ価格がお手頃価格ではなくなりつつあります。

G603

<G603>こちらも上記の石に負けず劣らず安いみかげ石でしたが、同じく高騰中。

ag98

<AG98>一番ベーシックな墓石材としてたくさん利用されていた石。こちらもそろそろなくなるようです。新AGという石も出てきています。

g614_21

<G614>お墓には使わなかったですが、外柵(お墓の周囲の石)とか石垣の石として利用価値が高かったんですが。。。価格重視の石材店ならお墓の石として使われている場合も。。。

このように、グレー系あるいは白系のみかげ石がことごとく採掘停止、あるいは廃坑となりつつあります。

なので、今中国で(関西で)使える石がかなり限られつつあります。その中で私が使っている石は。。。<G688><G213>くらいでしょうか。。。

 

「お墓を建てる前に」目次