⑥~お墓の石を選ぶ(日本の石)

DSCN2114

 

「もう日本の石ではお墓を建てられません」
「日本の石はもう採れないんですよね」
など、一部のお墓の営業場面で言われているように聞きます。

日本でもまだまだ石はたくさん採掘されています。
日本の石でお墓を建てることは全く可能です。

写真は、世界一の高価なみかげ石と言われる
「庵治石」の丁場での切削面での写真です。

ただ、ルートがないと
取り扱えない石って言うのがあるんです。
ので、その石材店によっては取り扱えない石があるのは
正解です。
(ただ現在建墓数が減少傾向にあるんで無理すれば
どんな石種でも扱う方法はあると思います)

株式会社インデックス発行の「世界の銘石」~石材カタログ235
によれば、日本で採掘される石は106種乗っています。
すべて墓石材に使えるわけではないですが、
日本にもまだまだたくさんの石が採掘されています。

 

23 やさとみかげ-画像

◆やさとみかげ(茨城県産)~関東で非常に良く使われている石。
価格面で数少ない外国産の石と比較できる石です。
関東方面で長い歴史ある石なので、お奨めの石です。

 

40 青木石(画像)

◆青木石(香川県産)~関西では非常に歴史ある石です。
韓国材、中国材が入ってくるまでは多く使っていた石です。
落ち着いた色で女性に人気があります。
弘法大師ゆかりの石でもあります。

 

41 大島石特級(画像)

◆大島石(特級)~瀬戸内産出のみかげ石のうち
最も有名でメジャーな石。
私自身も非常に好きです。
その良さが伝わるかどうか分かりませんが。。。
こちらを参考にして下さい。
「お奨めの石は?」
   http://ameblo.jp/ohkita-sekizai/entry-11123724844.html

 

39 庵治石細目(画像)

◆庵治石(細目)~知る人は知る世界一の高級墓石材です。
その独特の模様、「斑(ふ)」は他の石ではほとんど見られません。
また、糠目という一番目の細かい石は文字彫刻すれば
ほんとに素晴らしい文字が彫れます。
ぜひ一度この石の良さを確認して下さい。

「世界一高価な庵治石ってどうなんですか?」
    http://ameblo.jp/ohkita-sekizai/entry-11731441931.html

相対的に、日本の石は高価です。
それは、

採掘しにくい丁場(採石場)が多いこと。
採掘という仕事が危険を伴い、敬遠されがち、だということ。
採掘できた石のうち、実際にお墓の石にできる石はその一部でしかなく、それ以外は転用、廃棄されるということ。

こういった条件があって、どうしても高価になります。
外国の石はその部分が費用がかからなかったり、人件費が安かったり、採掘が簡単な採石場が多かったり、様々な要因で価格が安かったり高かったりするんです。

 

 

「お墓を建てる前に」目次