ブログ

DSC_0052

お墓の入り口、甘く見てないですか?

こんにちは。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

今日は午後更新ですが、大事なことなので、よく読んでもらいたいですね。

 

最近、豊岡市営墓地のうち、西霊苑で、外柵工事のご依頼が増えております。市役所生活環境課から最低限のお墓の工事をしてください、との連絡があったといずれの方もおっしゃいます。

何年もほったらかしになっていたお墓ですが、とりあえず外柵工事だけしてほしいとのことです。

 

DSC_0005-2

 

こういう区画ですね。コンクリートの入り口っぽい感じにはしてありますが、ほぼ手付かずですね。

 

こういう墓地の区画に外回りの境界の石を設置するわけです。

 

DSC_0029

 

こういう風になります。コンクリートの上に石が乗って、きちんと枠が決まる、というイメージです。

誰がやっても同じじゃないか?って思いますよね。形同じだし、どこが違うんだって話。(^_^;)
ところがどっこい。大違い。大変な違いがあるんです。

 

DSC_0041-2
この入り口は基本的にこの入り口を使って、墓地区域内に入って線香を立てたり、お花をお供えしたり、ということを想定しています。つまり、この階段を使って中に入るわけですね。

(※ 墓相のお墓の一部は、墓域内は神聖な場所で、土足で立ち入ることを想定してないお墓もあります。)

この段、高すぎないですか?

高すぎて、上りにくくないですか?

 

高すぎて、足の悪いおばあちゃんじゃ、登れなくないですか?

 

おばあちゃん

 

 

そういうことなんですよね。
じゃあ、この段はどうですか?

 

DSC_0052

 

高さはいいんです。でも、何か感じないですか?

 

DSC_0054

じゃあ、こちらの階段はどうですか?

 

狭くないですか?

 

奥行が狭くないですか?

 

足の悪いおじいちゃんじゃ、危なくないですか?

悩み2

 

階段って、簡単に段になってればいいや、って思う人もいるかもしれませんが、実は、非常に大切なんです。
足腰が元気な人でも、踏み外す、つま先が当たってしまう、ってことあるんです。ましてや、お年寄りだとか、幼児、足腰が不自由な人などは、階段が凶器となることもあります。

 

私は、こういうお墓に階段を設置する場合、一つのルールを作っております。

 

① 段の高さは低ければ低いほど良い。

これは、最初の原則なのですが、段を低くすれば低くするほど、階段に占有される面積が広くなって、墓地として使える部分が減ることになります。なので、限度があり、基本の高さは15センチ(5寸)を基本としております。最大で18センチ(6寸)。それ以上になるともう一段追加することを検討した方がいいですね。

 

② 段の高さは揃える

これも大事な原則です。階段ってリズムで登るものです。いちいち段を見ながら登りません。通常はね。なので、いちいち段の高さが違うとリズムが狂って、若い人でも階段を踏み外すことがあります。階段は、複数ある場合は、段の高さを揃える。これも大切な基本ルールです。

 

③ 段の奥行(踏みシロ)を十分取る。

写真のようにつま先しか乗らないような狭い階段は非常に危険です。できればかかとまでしっかりと乗れるように広い踏みシロのある階段を設置した方がいいと思います。ただこちらも限度があります。あまり広い踏みシロを作ると、墓地の使える面積を狭くしてしまいます。基本は30センチ(1尺)くらいの踏みシロの階段が理想ですね。多少狭くても大丈夫だとは思いますが、18センチ(6寸)以下だと大きめの足の人は半分も載らない、ということになるので、それ以上が理想ですね。

 

④足が乗る部分は滑り止め加工を

足が乗る部分は濡れたら、非常に滑りやすくなりますので、滑り止め加工は最低限すべきですね。切削(切ったままの加工)でも、雨で石が塗れていたら滑りやすいです。一番滑る組み合わせは、磨いた面の上に雪が積もっている場合。転倒の危険が非常に高いので、足で乗る面は磨き加工は絶対に止めましょう。

 

DSC_0043-2

 

上の写真、分かりにくいですが、一段目、地面から30センチくらいあります。しかも、一段目の足を踏む面が滑り止め加工してありません。危険ですね。

 

DSC_0047

 

こちらの階段もさっきと同じくらい高い階段ですね。しかも滑り止め加工してありません。昔のお墓はそういう部分があまり考慮されていないので、こういう階段が多いのですが、最近は多少考慮されているようです。

 

DSC_0019-2

 

最近建てられたと思われる外柵の階段です。一段目、二段目共に15センチ内に収まっております。段の上の面には、滑り止め加工が施されています。

 

ただ、一段目より少し2段目の方が高い。しかも、踏みシロのサイズが一段目は充分取られているんですが、2段目が狭い。完全な墓地の階段入り口とは呼べない外柵の入り口ですね。

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0032

「お墓物語」~お墓にまつわるエピソード集

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

申し込んでいた「お墓物語」~お墓にまつわるエピソード集が届きました。

DSC_0001

 

2011年3月発刊なので、6年前ですね。

 

DSC_0003

 

当時、編集委員会が時間を込めて作成したこの冊子。原稿公募しました。

委員会メンバーだった私も投稿したところ、運よく審査に通って、原稿が載ることになりました。

DSC_0032

 

その原稿が、私の父を書いたこと。当時、亡くなってそれほど経ってなかったので、石職人だった父のことを書いたところ、運よく、取り上げられ、「優秀賞」という賞も頂きました。

 

DSC_0033

 

いや、嬉しかったですね。私の書く文章が認められた初めての経験かもしれません。協会から商品(商品券でしたが。)を頂いたことのある会員は私だけではないかなと、それがひそかに自慢です。

 

DSC_0041

 

ちなみに、一番最初に載っている三浦るるさんという方の「祖父との出会い」という作品が最優秀賞です。

 

DSC_0037

当時、年次大会に三浦るるさんをご招待して、お話を聞き、記念写真も撮らせていただいた気がするな。。。結構美人な女性だった気がする。当時は19歳だとおっしゃられてたかな。

 

私にとっても、非常に思い入れのある小冊子です。

 

「お墓物語」~お墓にまつわるエピソード集(第一集)

「読みたいな~」という方は、限定100部ですが、お問合せから、メッセージ下さい。送料のみご負担でお送りいたします。

 

近所の方なら、私がお持ちしますし、取りに来られても大丈夫ですよ。

 

お問合せ先はこちらへ。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0053-2

あなたもできるお墓のメンテシリーズ①

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

従兄のメンヨ工事のお手伝いは2日間で終了。

DSC_0007

1.3m上がりました。
風が良く通って、頭も打たなくなって、だんだん作業しやすくなります。でも、2日間で終了。石屋さんの方が本業ですので。

 

今日は、私の加盟している「一般社団法人日本石材産業協会」の定時総会。
平成19年入会以来、ほぼ毎回参加していたのですが、今回は仕事のため、欠席です。
盛会を祈ります。

さて、お墓のメンテシリーズですが、(そんなシリーズあったっけ。。。(^_^;))
お墓の文字に赤色を入れることがありますね。

DSC_0053-2

例えば、こんな感じ。(一部画像を処理しております)

 

裏書きと言いますが、お墓を建てた年月日と建てた人の名前を刻みます。

その建てた人が生きているなら、朱文字と言って、赤い(朱色)を入れます。

本来、亡くなった人がお墓を建てる訳がないので、この朱色は入れる必要があるかどうかは不明ですが、いれる場合と入れない場合があります。

本来、生前に「戒名」を頂いた場合、その通常亡くなったのち頂く戒名を、生きている間に頂いたという証のために朱色を入れます。

 

それも、「戒名」6文字のうち、真ん中の2文字、つまり戒名の部分に朱色を入れるわけです。

 

それを、流用というか、意味を拡大して、俗名に朱文字が増えてきているようです。

 

なので、おおきた石材店では赤色(朱色)を入れてほしいというリクエストがある場合のみ、朱色を入れますが、基本この裏書きの俗名には、その他の色を入れます。あるいは、色を入れないか。

 

その朱色の色を落として、違う色を入れる方法をご紹介します。

 

まず必要なもの。

DSC_0049

ラッカーうすめ液。シンナーと俗に読んでおりますが、ホームセンターで販売しております。

DSC_0058

塗料はがし剤とか、ラッカー剥離液、とか呼びますが、こちらもホームセンターで売っております。

DSC_0053

細筆。どんな筆でもいいですが、細目で。水彩画用がいいのかも、です。

 

あと、水とラッカーうすめ液や塗料剥離剤を受けるコップの様なもの、湯呑などがあればいいですね。

更に、必要に応じて、養生テープ。(布テープ、クラフトテープでも可)

 

まず、作業前の状態。
建墓後、5、6年の比較的新しいお墓です。

DSC_0051-2

お墓が新しいということは、塗料も比較的新しいということ。
塗料のはがしも簡単な可能性があります。

 

DSC_0057-2

剥離剤(塗料剥離剤)を筆にとって、塗り込みます。ややゼリー状なので、簡単に濡れます。説明書に書かれているように、塗り込んでのち、多少の時間放置します。

 

下に垂れ下がって、違う字の色も落ちてしまう場合もあるので、ガムテープ、布テープ、養生テープなどで、文字の下に塗料受のためにある程度重ねて貼っておくことをお勧めします。

 

DSC_0063-2

ある程度、塗料が分解されてきたな、と感じたら、塗料をウエス(布)で掬い取るイメージで掬い取り、新しい剥離剤をもう一度塗り込みます。

 

先の細いものにウエスを巻いて掬い取るときれいに取れますね。

 

DSC_0065-2

三回目。塗り込んでその後、掬い取った状態。

 

かなり朱色(赤色)が落ちてきましたね。

 

上に黒を塗り込むなら、この程度でも大丈夫なのかもしれませんが、その上の黒色が劣化ではがれた時、下地の赤色が見えたら、非常にカッコ悪い(手抜きな仕事)に見えるので、もっとしっかりと取りたいと思います。

 

ちなみに、上に塗る色が白の場合、この程度では、白と赤が混ざってピンク色になったりするので、白を塗る時はもっとしっかり落とします。

 

DSC_0068-2

ここまで落ちたら、大丈夫でしょう。

 

この上から黒色を塗ります。

 

 

DSC_0077-2

 

完成。

 

いかがですか?

 

ホームセンターで売っている物だけで、これだけできますよ。

是非お試しを。

 

「不器用で自分ではできない」
「遠方で大変なのでやってほしい」
という場合、代行いたします。

お問合せ、質問はこちらへ。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0007

家曳のお手伝い

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

DSC_0015

久々の雨模様の兵庫県豊岡市です。

今日は、従兄がやっている「家曳」のお手伝い。
急きょ、応援に来てほしいということで
舞鶴市まで来ております。
2時間ですよ。2時間。

遠いな、舞鶴。。。(^_^;)

DSC_0001

水害で水に浸かった家です。
また水害があっても浸水しないように、地盤を高くするそうです。

 

DSC_0004

普段なれない仕事なので、
きついですね。腰が。。。(^_^;)

 

DSC_0007

約90センチ上がりました。
今日も応援に行きます。
最終的には2m上げるそうです。

私は今日で、お役御免させていただきますが。。。
多忙のようです。
私も忙しいですが。。。
お互いヒマでなくてよかったね。

有難いです。

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0050

お墓の引っ越し~クレーンでの移動

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

先日、解体したお墓。
今日は引越ししました。

カニクレーンが入れない墓地なので、
この三又という伝統的な手法で、石をとりあえず、解体。

DSC_0016

本日は、「近畿工業」さんという会社に依頼して、
25トンの大きなクレーン
(俗にラフタークレーンと呼びますが。。。)で
吊り上げて頂きます。
社長さんがご近所なので、
いつもお願いしています。

 

どうして直接吊らないかというと、
下見してもらって、ギリギリ届かない、
という判断だったので、
ギリギリ届く場所まで自分で移動したわけです。

それでも、
大きなクレーンだと
仕事が早い!!
お昼には、終了しました。
感謝\(^▽^)/

とにかくデカいです。

DSC_0028

ここまで(結構高い場所ですが。。。)
あがって来れるか、心配しましたが、
大丈夫でした。

DSC_0033

このブームの先にさらに延長して、
孫(まご)出しという延長をして
それでも、ギリギリ届かない。。。

DSC_0034

現場から見ると、そんなに遠く見えないのですが。。。

DSC_0036

木の枝が邪魔で、
よく見えないですね。

DSC_0040

先っぽ、孫が出ております。

DSC_0043

このように、きれいさっぱり
何もかもなくなりました。

 

DSC_0044

お昼前、ちょうど作業完了。
この孫の収納システムがまた
興味深い。。。

DSC_0052

特に
この孫ウデ(赤くて長い部分ね)が

DSC_0056

下から、横に収納される
システムが、興味深く
みんなで見学。
動くたびに
「おーーー!!」と
歓声。
男はいつでも、
この手のメカものに
弱いですね。

またお願いします。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「庵治博」~一番お世話になった人

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

庵治博の記事、今日が最後です。
この2日間で一番お世話になった人、
この人です。

レムジア赤

いや~カッコいい~、
じゃなかった。。。
間違い間違い。。。(^_^;)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大川弘展さんです。
言わずと知れた、庵治の顔であり、
石工職人と社長の2つの顔を持つ男です。
(→㈱大川石材のHP

去年と今年となぜか2回もプロジェクターをお借りして、
いまや、石材業界一の「プロジェクターの人」と
(私の中でだけですが。。。(^_^;))
唯一無二の人となっております。

庵治ソムリエ養成講座でもお世話になり、
今回の
「庵治ストーンフェア青年部交流会」でも
お世話になり、
個人的にも、お世話になり(仕事の上でね。。。)
委員会でもお世話になり、
お世話になりっぱなしな人なのです。

なので、今回、少しだけその恩返しとして、
「大川弘展の紹介記事」を書いてみます。
(いつも紹介記事書いてるし、というツッコミは入れないでね。。。)

庵治産地で最も有名な加工工場の一つ、
「㈱大川石材」の代表取締役であり、
庵治産地でも最も有名な人の一人でもある
大川さんは、石職人でもありますよ。

tumblr_oi3z7sfX7p1ud02r0o2_500

日本中の石職人の中で、ナンバーワンは誰だ!!
というコンテスト、
「技能グランプリ」というコンテストがあります。
そこで見事銀賞。2番という成績を収められました。
なんだ、2番かよ、と思うのは、ホントの素人。
このコンテストはホントにレベルが高くて、
そこらの石職人では到底、太刀打ちできないレベルなんです。
時間制限も結構シビアだしね。

(その様子をレポートされている「大川石材ニュース」

これで銀賞というのは、ホントの超一流の職人の証なんですね。
私が言うのは、おこがましいですが。。(^_^;)

そして、本業の石材加工、特に研磨には、人からならぬこだわりが
あります。
まあ、ホームページをご覧になったら、そのこだわり具合が
半端ないこだわり具合だと、実感できるでしょうね。

研磨工程、こだわりを詰め込んだページ

その上、ホームページに石材加工のお問合せフォームが
あるページって、そうあるものではないですよ。
石をちょっと加工してほしいな、という人は、ここで尋ねてみることを
お勧めしますよ。

石材加工のお問合せフォーム

(ページの一番下にお問合せのリンクが貼ってあります)

 

そして、庵治産地の中でも若手に信頼が厚い人でもあります。
こう書いてきたら、欠点が見えないな。。。

 

DSC07938

 

なぜなのかは知りませんが、「赤」が好きなことでも有名です。
「レッド」とも言いますが。

その大川さんの会社が出店していた
「庵治ストーンフェア」
そこで、イチオシだったのが、

DSC_0116
大阪泉州で採掘される「和泉砂岩」のお墓。
一見、普通のお墓より、グレーぽいな、って感じですが、
触ってわかる。
吸いつくような、非常にセクシーな触感です。

 

「触感で楽しむお墓」

 

これは、新しいお墓ではないでしょうか?
ギラギラ光沢のお墓ではなく、
シックにマットな感じも通好み。

大人のお墓選びは、この和泉砂岩で。

(CMのキャッチコピー、使ってくれていいですよ。大川さん。。。(^_^;))

DSC_0113

堆積岩なんですね。
このグレー系は玄武岩系か、安山岩かなと
思ったんですが。。。
大阪でこんな石が採れるなんて、素敵ですよね。。。

機会があればこの石を是非、触ってください。
触ればわかる、石の魅力。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0073

「庵治博」で会った皆さん、ありがとうございました。

 

 

 

庵治、高松でお会いした人をご紹介してます。
普段あまり会えない人を中心にセレクトさせていただきました。
その点、ご了承ください。

dsc_0103-2

筒井先輩、久しぶりにお話しできて感謝です。
写真も撮れなかったけど、是非約束は果たしたいですね。
岸本さんと三人で飲んだ(私は飲んでませんが。。。)神戸が
懐かしい。。。

 

 

MTW201602263805100016787

和泉憲さん
ソムリエ、交流会とホントにお世話になりました。
(有)太元屋さんのブースに寄ったんですが、
お留守だったみたいでした。

これからもよろしくお願いします。

19059171_925572947580615_5868743589594781351_n

特等席で挨拶聞かせてもらいました。
私と大橋さん、竹ノ内さんも写ってるな。
お隣だった三和研磨工業㈱竹ノ内さん

12047030_1000235059998624_5141706906470481480_n

何かとお会いする機会が多い竹ノ内さん、
今回も交流会お隣でしたね。
定時総会は大役ご苦労様です。
頑張ってください。

 

 

263560_112079228886628_4822281_n

同じ兵庫県の作用の山﨑さん
委員会参加ありがとうございました。
是非正式メンバーになってください。
よろしくお願いします。
山﨑石材店(兵庫、佐用)

 

14502836_699953323494394_8524811237102598146_n

田中貴章さん
ソムリエトリオのうち、私だけで遅れてしまいました。。。
何とか、田中さん、久保田さんに追いつきたいと
思っております。
委員会もよろしくお願いします。
西村石材店(兵庫県、宝塚市)

 

 

15326587_102170176945561_5973028049789693224_n

野母さん、金山さん(写真がないです。。。(^_^;)
ありがとうございました。
お酒好きなのは知ってましたが、
あそこまでとは。。。(^_^;)
これからもCS委員会、よろしくお願いします。
石のみやび(神戸、明石)
金山工業株式会社

17362451_1278367295591253_2077879014642815530_n

藤原さん、いろいろご心配かけまして、
ありがとうございました。
車はまだ帰ってきてません。(^_^;)

孔雀株式会社

 

そして、最後に、あの人をご紹介します。
一番お世話になったあの方を。

明日。。。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0105

「庵治博」で気になったこと③~納骨袋と庵治石のお墓は相性がいい

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

全く関係ない話をしていた時、隣のあるブースが気になって、
よく見たら、見かけた安部さんの納骨袋。

DSC_0105

「やすらかに敦」

DSC_0109

このシックな「納骨袋」

DSC_0112

大切な人の最期にふさわしいものだと思います。

さらしの納骨袋は2年でボロボロになってしまうことが判明しましたし、
せめて5年間くらいは、大切にご遺骨を守ってほしい、となれば、
この安部さんの「やすらかに敦」しかないのかもしれませんね。

 

予想外の出会いがありました。

今回、「石栄会」の会長に就任されました、島本健一郎さんの会社
(有)島本石材工業さんもブース出展されてました。

19059498_1489126314513804_1117459842085356389_n

写真を撮り忘れたのがあまりにも残念なんですが、
一枚だけ、勝手にお借りして載せます。

お墓の中って、どうしても湿気が溜まって、じめじめしがち。。。
そこを何とかできないかと、職人ならではのアイディアで、
ひじょーに湿気の溜まりにくい、通気性のいい、
でも、お墓の品位を貶めないお墓を展示されていました。

外見からよく見たらわかる工夫もありますが、
納骨室の中も工夫がされてます。
そして、なによりも

センスいいな。。。

こういうセンスは生まれつきなので、
なかなか習得できないのですが、
魅力的なお墓です。
いつかは、島本さんの作られたお墓を建ててみたいと
ホントに思いましたよ。

 

 

そして、この方のブースにも行ってきました。
ずいぶんいろいろしょっちゅう会っている気がするんですが、
実際にお会いするのは、大阪のストーンアシスト以来。

ピコムさんのブース。

湯口さん1
📞 大北さん、最近どうですか?

 

DSC09427-2
📞 
いやいや電話じゃないんだから、会話形式にする必要ありますか??

 

湯口さん1
📞 大北さんのお蔭で、たくさんの人が興味持ってくれてますよ。ありがとうございます。

 

DSC09427-2
📞 
(この人、全然人の話聞いてないな。。。(^_^;))
よ、よかったですね。頑張ったかいがありましたよ。

そこへ、やってきたのは。。。

10689498_776365799116829_5707379782211866589_n
📞 
湯口さん、来たよ!!

どうやら、高橋さんもこのシートを使ってみようかなって思われているようです。
私が思うよりも、このシートを使って文字彫刻してみようと思われている業者さん多いようですね。
あなたもどうですか?

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
20170614064435725_0001

日本の石でお墓を建てたい方必見~「庵治博」で気になったこと②

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

「庵治博」で気になったもの2つ目は。。。

DSC_0092

ご無沙汰してます栄龍石材の米田さんです。
大切な人を供養したい。その想いからできあがっております。

DSC_0096

業界向けイベントではありますが、
お墓を建てる人、エンドユーザーに向けた新しい試み。

20170614064435725_0001

その名も「蜘蛛の糸」

DSC_0098

初日の早い時間ですが、もう予約済みの赤札が。。。

DSC_0099-2

このように、石は「北木石」なのですが、
磨いてないお墓です。
磨いてあるのは、面のみ。
出来るだけ、リーズナブルに日本の石のお墓を
提供できないか、というアイディア。

ワンサイズのみの製品なので、
どんな形でもというわけではないですが、

「あんまり予算がないのよ。。。
でも、日本の石で、できれば北木石で建てたみたい。。。」

悩み3

というご要望の方には
一度、検討してもらいたいお墓ですよ。

日本の銘石、北木石。
+栄龍石材謹製。

20170614064435725_0003

「輝きより守りたいもの」
光沢あるお墓は魅力的ですが、一番コストもかかります。
そこよりも大切なことを栄龍石材は考えます。

「一分に注いだ職人魂」
それでも、職人魂を入れるのが、栄龍カラー。
一分の面に全ての職人魂を。

「行き場を失った在庫の石材を使用」
ここが最大のポイントですね。
なぜこの値段で出来るのか、の最大のポイントがここです。

これ、
これだよ!!
これを探してたんだよ!!

おとうさん
と、おっしゃる方が必ずいるはずです。
栄龍石材からの新しい提案。

「蜘蛛の糸」です。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0083

「庵治博」で気になったもの①~岩田さんのお花

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

香川県高松市へ行ってきました。
年に一度の石材業界で一番大きなイベント、
「庵治ストーンフェア」です。
今は、高松市の一部になってしまいましたが、庵治牟礼地区は
日本一の石材採掘加工地です。
日本一の銘石「庵治石」が採掘される土地でもあります。

そこで毎年、行われる石材業界最大のイベントです。

さて、2年ぶりに参加した今回、いくつかご紹介します。

DSC_0083

いつもお世話になっている岩田弘美さん
いまや、エンディング業界の顔ですね。
(一社)ジャパンフューネラルフラワー協会の代表理事です。

うちの展示のお墓のお花を作って頂きました。
夏にぴったりのひまわりです。\(^▽^)/
ありがとうございます。
感謝です。

このお花はまた展示して、ご紹介したいと思います。

おおきた石材店で施工したお墓にお供えする
アーティフィシャルフラワー(造花)は
基本的に岩田さんにお願いしております。
しかも、
全て「お任せ」

なぜなら、

岩田さんには、絶対的な信頼感があるから。
岩田さんなら、予想以上のお花を必ず作ってくれるから、
岩田さんなら、必ず毎回、アベレージで
最高品質のお花をつくってくれるから。

絶対的エース、絶対的信頼感。
そこを裏切らないのが、岩田弘美さんです。

岩田さんのお花を扱えるのは本当に有難いことです。
世界に一つしかない、
「岩田弘美が作るアーティフィシャルフラワー」
あなたのお墓にもどうですか?

お問合せ先

もっと詳しく知りたい方はこちら。

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0033

「庵治での忘れ物」②

おはようございます。

但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

いつも旅行はトラブルが付き物。
今回はけっこうなトラブルでした。

DSC_0033

「庵治での忘れ物」②

http://ameblo.jp/ohkita-sekizai/entry-12282806695.html

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0005

「庵治での忘れ物」という旅行記、書きます。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

DSC_0005

庵治ストーンフェア、庵治博と題して、開催されております。
今日までです。(日曜日)ぜひご参加を。

「庵治での忘れ物」①

http://ameblo.jp/ohkita-sekizai/entry-12282706468.html

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0031

「お墓じまい」しようとお考えの人、全てに知って頂きたい。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

DSC_0031

久々に雨降りの兵庫県豊岡市です。
豊岡のランドマーク、来日山がぼんやりとしてます。

今日は現場は休みで、週末の準備、工場での加工、書類作成などを
しようと思っております。

さて、皆さんの中で、
「お墓じまい」しようとお考えの方、いらっしゃいますか?
おそらくいらっしゃるでしょう。

お墓を管理されている。
先祖代々のお墓。
でも、後を見てくれる人が誰もいない。
私が亡くなったら、おそらく無縁墓になってしまう。
「お墓じまい」なんてしたくないんだ。
でも、仕方ない。。。

そういう方、多いのかもしれません。

私もご先祖様と一緒にお墓に入りたかった。
父や母や、おばあちゃん、おじいちゃんが眠っているお墓に
少しでも一緒に入りたかった。
でも、それはできませんね。
残念ながら。。。

ところが、
それが可能となるかもしれないのです。
実は。。。
ほんの僅かかもしれませんが、
あなたもご先祖と一緒にお墓に入ることが
出来るかもしれないのです。

「お墓のみとり」というサービス。
そんなサービスです。
6月19日からスタートするらしいです。
実は私の誕生日。。。(関係ないですが。。。)
そんなサービスの代理店をさせて頂こうと思っております。

週末、代理店説明会が開催されます。
それに参加してきます。
是非、ご期待下さい。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0013

お墓の引越しにも地域差があるかな

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

DSC_0013

昨日は比較的涼しい一日でした。
夕焼けもいい感じでした。

今日は、お墓じまいではなく、
「お墓の引っ越し」をさせていただきました。

山の上、お参りも大変。
少しでもお参りしやすいように。
そういう気持ちは、おそらく誰でもお持ちだと思います。

都会に住む方は、田舎のお墓ではお参りが難しいし、
子どもの代になると、余計お参りしなくなるだろうと
お墓を近所の霊園に引っ越そう、という場合が多いのだと思いますが、

田舎のお墓は、どこもそこも、山の上とか、中腹とか
結構高い、お参りしずらい場所にあるのです。

(でも、それには、大きな意味があるのですが、
今日はその話ではないので、触れません。)

山の上にあるお墓をお参りしやすい、平地の墓地へ
お墓の引っ越しをされることが多くあります。

そういうお墓移転の工事の今年一件目。
墓地の前まで行くだけで、一仕事したような気分になる
そんな場所から、駐車場の真ん前の非常にお参りしやすい墓地へ移転です。

 

 

DSC_0001

大きめのお墓ではありますが、
カニクレーンが入らない斜面のお墓なので、
旧来の三又という方法でお墓を仮撤去、

長い板の上を毛布をひいて、
墓石を転がしながら、移動させる方法で、持ち出しました。

一日で必要な石は持ち出せましたので、
今日は、その他の石の解体です。
後ろのブロックは後ろの墓地の土留めとなっているので、
そのまま残し、前の部分の石、墓地内の土、砂利、コンクリートなどを
搬出します。

明日から雨なので、
何とか今日中に終わらせたいですね。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
5728173840_67f65c6a45_o

週末はいろいろイベントが。

夕方更新です。

長袖一枚では、寒い。。。(^_^;)
6月5日の兵庫県豊岡市の朝だったのですが、

DSC_0006

やっぱり日中はそこそこ暑かったですね。

私の住む野上区近辺に最近、「熊目撃」情報があって、
うちのすぐ近所でも発見!!という連絡。
熊、気を付けましょう。。。(^_^;)

5728173840_67f65c6a45_o

今週末、10日土曜日、11日日曜日と庵治ストーンフェアという
庵治石が採掘される庵治牟礼の石の展示会が開催されます。
私は10日の午前中のみ、見学に行こうと思っております。

◇ 長々と連載していた「透明マスキングシート」をお披露目される
「ピコム」の湯口さん
湯口さん1

(湯口さんには、別件でも聞いておきたいことがあるんですよね。)

ピコムさんは文字彫刻関係の墓石関連のお仕事をされている会社ですが、
今年から満を持して、文字彫刻用のウレタンマスクシートの開発を
されています。



◇いつもお世話になっている(一社)ジャパンフューネラルフラワー協会の岩田さん

11393059_691284617663994_8691178434016991076_n

 

◇ 今年出店されるので、是非お邪魔したいと思っている
  (有)島本石材工業の島本健一郎さん
※ 了承を得てないので写真はないです。。。(^_^;)

 

◇ 今年は会えるかな、筒井先輩

※ 探してもどこに行ったか画像が見つからないので
写真はなし、です。。。(^_^;)

 

その他、いろいろな人にお会いできるのを楽しみにしております。
一年に一度の石の祭典。
庵治ストーンフェアです。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0005

ブラストシート体験レポート⑫~最終回です。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

長々と、続けてまいりました。
「ブラストシート体験レポート」もついに最終回。
興味ない人、お墓の情報を得たいが為にここにいらした人、
大変ご迷惑をおかけいたしました。
ここに、改めて、お詫び申し上げます。
ごめんなさいね。。。(^_^;)

なにしろ、好きなもので。。。

DSC_0002

彫ってみました。
「空」の方は6キロ圧。
「碧」の方が5キロ圧。

DSC_0015

空。問題ないように見えますが、
一部、輪郭が崩れそうになっている部分がありますね。

DSC_0024

でも、相対的には、クリアできている??
感じです。

では、5キロ圧で彫った「碧」の方。

DSC_0017

パッと見、大丈夫そうに見えますが、
「空」よりもやられている感、あります。

DSC_0005

至る所、輪郭が崩れそうになっております。

 

DSC_0007

こちらも、一部、溶けそうになっている部分が。。。

でも、これは、当初、お伝えしたように、

「細字用」シートで「正面の尺角用前字」を彫る

というやや無謀なテストでした。

それを踏まえて、確認しておきます。

まず、
6キロ圧の「空」よりも、
5キロ圧の「碧」の方が、傷みが激しそうに見える。

この点ですが

6キロの方が、圧力が強い分、早く彫れていると思います。
つまり、
ブラストにさらされている時間が長いので、傷みが激しそうに見える
ということではないか?

「碧」の方が画数が多いので、必然的にブラスト時間が長いので、
という部分でも言えるのかな?と思います。

気になった点。

① 粘着力が高い

某有名メーカー製のゴム製シートは
一度剥がれると、粘着力が極端に下がる、傾向があります。

私は、ゴム切りで、ツイ剥がれてしまった「シマ」をくっ付ける場合、
接着剤を塗って貼り合わせていました。

が、

このピコム製のブラストシートは一度誤って剥がしてしまっても、
意外としっかりとくっ付いている、気がします。
これは意外でした。
ただこれは、粘着剤の材質の問題だと思うので、一概には言えませんが、
今回、あえてやってみたんですが、私が普段使っている(1.5ミリゴムシート)
シートとは全然違うな、と思いました。

② カットする刃が滑る

逆に欠点と言えるのが、刃が滑ること。
意外とよく滑ります。
なので、慣れるまでは、両手でカットすることをお勧めします。
もちろん、
カッティングプロッタを利用されている方は、関係ないと思いますが。

あと、刃の切れ味が落ちれば、
出来るだけ早く交換すること。
まだ切れると思ってケチっていたら、
どんどん滑りやすくなりますね。

最後に確認しておきたいこと。

今回のシートは
0.5ミリという非常に薄いウレタン製のシートです。
これは本来、「細字用」もしくは「7,8寸角前字」用
比較的文字の大きさが小さくて、短時間に一文字が彫れる彫刻用の
マスクシートです。
本来なら、このテストのように大きな文字は彫ることはできません。
それをテスト用に彫刻してみました。

このシートで彫刻するのは、おおきた石材店では
戒名の文字、
竿石の裏書き、
戒名(副碑)の題文字(枠付きの浮き出し)
位を想定していますので、
そのレベルなら、このシートで十分使えますね。

今後、9寸以上の前字用の厚めのブラストシートが手に入ったら、
「ブラストシートサンプルテスト」番外編として、
レポートしたいと思います。

また、

6月10日、11日の高松「サンメッセ香川」で開催される
「庵治ストーンフェア」のピコムさんのブースでは
今回使用した透明のブラストシートのサンプルを配布されるとのことです。
是非ご自分で使われてみて、使用感を体感してみてください。

DSC_0005

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0049

ブラストシート体験レポート⑫~本命シートを試す

DSC_0040

ずいぶん前に、頂いたブラストシートの透明なバージョン。
厚みは0.5ミリ。
こいつは、今回試したブラストシートの中で、
最終改良型です。
石の地が見える。
黒玉、白玉が透けて見える。
なので、原稿を写す時点で、微調整できる。
というすぐれものです。

DSC_0006

板石(厚めな石)に貼ってみました。
えっと、シートが張ってあるのかどうだか、分かりませんね。。。(^_^;)

DSC_0002

この文字を彫ってみます。
楷書体です。
斜め下から写真を撮っておりますので、上の部分が
小さく見えますが、普通の文字です。

DSC_0008

いつものように、手切りで切り取り、
残ったコピー用紙も剥がしていくと、
ほ、ホントにどこがどうだか、わかりません。

 

湯口さん1
📞 シート自体に色を入れると、一つ前の白いシートと同じになってしまうので、ある方法で少しだけ色を入れようと思ってます。
その方法は。。。ヒ 、ミ 、 ツ 、ですね。。。(^_^;)

 

DSC09427-2
📞 え、そんな方法あるんですか?
(どうでもいいけど、いきなり出てくるな。。。(^_^;))

 

湯口さん1
📞 あるんですよ。あるんですよ。それはさすがに大北さんにも教えられないですが。。。
庵治ストーンフェア、楽しみにしておいてくださいね。
お披露目しますから。。。\(^▽^)/

 

DSC09427-2
📞 はあ。。。
ちょっとぐらい教えてくれてもいいんじゃないですか??

 

湯口さん1
📞 。。。(また切れてる。。。(^_^;))

 

ということで、
仕方ないので、彫刻しておきます。
DSC_0017

コピー用紙をはがすと、ホントに何がマスクしてあるのか、
さっぱりわかりません。。。(^_^;)

DSC_0031

養生テープも端っこに貼っておきます。
が、養生テープの件は、前回のテストで解消しておりますので、
問題ないかと思います。

DSC_0043

空という字を彫刻してみました。
6キロ圧で彫刻。
しっかりと深く彫ってみました。

DSC_0049

かなりしっかりと残っております。
一部、輪郭が崩れそうになっている部分がありますが、
問題あるレベルではありません。
今回、かなりハードルを上げて彫っています。
通常、私は、荒彫りは6キロ圧くらいで彫りますが、
このような仕上げ前の彫刻は5キロ圧くらいで彫ります。
その後、仕上げはさらに減圧して掘るのが通常ですが、
ここまで、6キロ圧で彫刻したのは、久しぶりです。

にもかかわらず、
某有名シートメーカーのゴムの1・5ミリのシートと同様の
彫り方(それ以上の圧力)で彫っても、問題なく彫刻できました。
これは、ホントに画期的ではないかなと。

厚みが0.5ミリですよ。3分の1の厚みで彫れるのは
ホントにすごいです。

続きも彫ってみます。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

花立石の改修作業しております。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

ちょっと古いお墓の場合、
花立の石にお花を立てるのに、直接石にお供えするタイプがあります。

DSC_0001-2

このような、形ですね。

直接、花立石の中にお花を挿すと、
お花が枯れてしまったら、その中で腐ってしまったりして、
掃除するにも、石自体をひっくり返して
水を流しながらの掃除となります。
非常に面倒で、
非常に効率が悪いですね。
特にたくさんお花をお供えする場合、大変すぎます。

そこで、最近のおたらしいお墓の花立は、この穴にステンレスの筒を
挿入してそこにお花をお供えするスタイルに一新されています。

じゃあ、うちのちょっと古いお墓は
大変だけど、我慢しろって、言うの!!

プリント

いえいえ、簡単にする方法がありますよ。

いろいろ方法がありますが、
いちばんおおきた石材店が使っている方法をお教えします。

DSC_0110

まず、穴の大きさを大きくします。
穴が小さいとその中にステンレスの筒を入れるので、
更に穴がちいさくなって、
ホントに僅かしか、お花をお供えできません。
お一人のお墓、ご夫婦だけのお墓なら、我慢できるかもしれませんが、
代々墓、〇〇家之墓というお墓なら、せめて、60ミリくらいの穴を
開けた方がいい気がします。

というわけで、穴を開け直しました。

DSC_0116

左が穴を開けなおした花立石。
右が元々開いていた大きさの花立石。
ずいぶん大きくなりましたね。

DSC_0117

直径が58ミリの花立の筒です。
以前の花立の穴では
到底、入りませんよね。

DSC_0120

開けなおした方の石にはすっぽりと入ります。
(まあ、当然ですが。。。)

DSC_0128

このように、左右両方開けなおします。
開けなおすと言っても、簡単ではないわけです。
底の方の石が残ったとき、きれいに取れないと、
完全に筒が石にフィットしないので、浮いたようになってしまいます。
それを完全にフィットするようにするには、底に残った石を
長いノミで丁寧に取り除かなくてはいけません。

それだけではありません。

ちょっとお墓のことに詳しい人ならわかるかもしれませんが、
穴に雨水などが溜まると、筒を上に押し出したり、
場合によっては、完全に筒を外に押し出したりすることもあります。

また、豊岡市のように冬に氷点下になったりする地域では、
その残った水が凍って、花立石を割ってしまったりもするのです。
だから、
その穴に残った水は外に出るようにしなくてはいけません。
筒の中に水を受けるので、石自体には水がなくてもいいわけです。
いや、むしろ、
水はない方がいいのです。

そこで、横穴を開けます。

DSC_0135

水抜きの横穴を開けます。

DSC_0138

左右、両方にね。
DSC_0004

黒の色を入れて、
完成です。
水抜きの穴は、

DSC_0006

右の穴は、こちら側。

DSC_0008

左の穴はこちら側。

穴が見えるのは、かっこ悪いので、中側に空けてたこともあったんですが、
中側だと、真ん中の水鉢とピッタリくっ付いてしまうと、
水が逆に抜けないこともあります。

DSC_0004-2

この写真のように、隙間が空いていると、
水が抜けないということはないのですが、
逆に水が抜けるは、汚れやすいでの、
その度に、石を動かして掃除しなくてはなりません。

なので、水抜き穴は外側に空けるようにしております。

 

 

お墓そうじの一番大変な作業が、
花立の掃除なの!!っていうあなた、
この機会にステンレスの筒に変えてみませんか?

 

 

【花立の穴開け直し+横穴開け+ステンレスの筒】

http://ohkita-sekizai.com/?p=11643

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0007

コンクリート製の灯ろう

おはようございます。
午前5時30分の兵庫県豊岡市です。

DSC_0009

但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

皆さんのお墓に、

もしかして、

もしかして、

「コンクリート製の灯ろう」って

ないですか。

ある!!って方、

そろそろ、耐用年数が過ぎつつありませんか?

コンクリート製の灯ろうは、交換時期です。

交換をお勧めします。

 

DSC_0007

今年の大雪で倒れた灯ろうを回収に来たんですが、
コンクリート製の灯ろうでした。

DSC_0005

しかも、笠が割れておりました。

古くなったので、これを廃棄して、
新しい灯ろうに、ということなので、割れていてもかまわないのですが。。。

DSC_0011

ちなみに、中身はこちら。
中まで、コンクリートでしたね。

豊岡西霊苑とかに行くと、いまだにいくつか、コンクリート製の灯ろうを見かけます。
まだ、使えそうだな、という灯ろうと、
もう、変えた方がいいよね、という灯ろうがあります。
でも、
コンクリートの耐用年数は石よりもはるかに短いです。
しかも、屋外で風雨にさらされる灯ろうは
傷みも激しいですね。

私がこの仕事を始めた頃は、すでにコンクリート製の灯ろうは
ほとんど使われることはなかったと思います。
おそらく、国内加工の灯ろうが高い、というので、
何か安く作ることができないか?となって発明(?)されたと
思いますが、
その後、韓国製の灯ろうが出始めて(この頃が私が仕事を始めた頃。。。)
さらに、中国製が大勢を占める、となりました。

建立後、20年以上経過、という灯ろうが多いように思いますが、
コンクリート製灯ろう。
製品によって、良品(まだまだ使えそうなもの)もあれば、
そろそろ、というか早急に、というものもあります。
が、
おおよそ、そろそろ新しいものに交換した方がいい時期が
来ているそういう気がしますよ。

石、特にみかげ石は100年耐久性があると言われます。
(正確には、加工方法などでもっと短いものもありますが。。。)
それに対して、コンクリートはどんなに頑張っても、
その半分くらいしか持ちません。

ご自宅に、灯ろう製の灯ろうがある、という方、
一度考えてみてもいいのかもしれませんね。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0032

忙しい一日でした。

DSC_0032

堤防の裏には、アザミが少しだけ野生、自生しております。
毎年、この時期には、楽しませてくれます。

夜には、鹿が走り回り、ミドリガメが歩き回る自然豊かな(。。。(^_^;))
豊岡市でございます。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

近いうちにセミナーを開こうと思っております。

興味ある方はぜひ。

昨日は、いろいろと動き回っておりました。

まずは、戒名の彫刻依頼で朝来市和田山町へ。

DSC_0003

和田山インター近くのファミマの駐車場から。
竹田城址、見えず。。。
というか、もっと右手じゃない???

戒名彫刻のついでに、お墓のリフォームのお尋ね。
「まだすぐにはできないけど、いくらくらいかかりますか?」
「。。。うーん、簡単には。。。」
ある程度広くて、自由度が広い墓地。
リフォームの金額の幅はけっこうあります。
ある程度の目安の金額はお伝えしましたが、
これは、ホントに目安にしかならないな。。。(^_^;)

その帰り、豊岡市のある場所の墓地。
交通量の結構ある幹線道路の道のそば。
でも広い歩道もあって、工事自体はさほど困難はないけどね。
という場所です。
「お墓仕舞い」の見積。
場所を確認して、改めて来ます。

見積を3件、作成中。。。というかまだ書けてません。
お昼まで苦闘して、

午後から、久しぶりに「コムサポートオフィス」へ。

831ad7ad

すぐ近くですが、ホントに久しぶりです。

「ランディングページの作成」のセミナー。
いや、こんな簡単に!!!
2時間くらいでおおよそ出来てしまいました。
恐るべし。
今井さんご夫妻。
植木先生、刑部さん、ありがとうございました。

作ったランディングページで
近いうちにセミナーを開催したいと思います。

その間、
メールでお問合せの方へメールの返信。
一度もお顔を見ずに、メールでのやりとりだけで
工事が完了するお仕事、最近ずいぶん増えてきました。
もう少し、簡単にやり取りできないかなって
少し考えております。

何かいい方法がないかな。。。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
denwa_business_man

ネットでのお問合せ、増えております。

こんにちは。

但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

DSC_0027

庭のツツジ?、サツキ?の花もずいぶん咲いてきました。
今日の豊岡市は33度の予想気温です。
季節外れですね。

今日は真夏日とのこと。
体がついていきません。(^_^;)
まだ5月なんですけど。。。
 
ところで、気温が上がってくると共に
お問合せも増えてきました。
有難い限りです。。

おおきた石材店にお問い合わせに多いパターンとして、

ホームページのページビューが突然増えます。
平均セッション時間とかも増えて、
誰かしっかりと記事を読んでくれているな、というのが
分かります。

それから、
お問合せフォームからのお問合せが来ます。
最近多いパターンは

お墓じまい。

すぐにするのではなく、そのうちしたいのですが、
費用は知りたいので、見積していただけませんか?
というお問合せが増えてきているようです。
今すぐ客、と言われる方もいらっしゃいますが、
最近、そのうちに。。。と言われる方が増えつつあるようです。

それから、

追加彫。あるいは納骨のお手伝い。

電話で「追加彫はいくらしますか?」というお問い合わせは
ほぼ間違いなく、相見積なので、2度と掛かって来ません。
(弊社より安い石材店さんにご依頼されている、のでしょう)

でも、ネット経由のお問合せは、ほとんどの場合
そのままご依頼、という流れが多いですね。
おそらく、値段(費用)よりも信頼できる業者を、という
ご要望の方が多いのでしょう。

それから、

お線香立てる香立が古くなってきたから、新しくしたい、とか
花立に筒が入るようになっていないので、
ステンレスの筒を入れてほしい、とか、
草が生えて大変なので、生えないようにしてほしい、とか。

そういうちょっとしたご要望が多いですね。

いずれの場合も、弊社のホームページ、あるいはブログの記事を
特に興味ある部分をしっかりと読まれてからのお問合せなので、
「話が早い」という場合が多いですね。
「あの記事のあの工事みたいなことをお願いできるでしょうか?」とか、
「こういう工事ですが、出来ますか? 」という感じのお問合せ。

おそらく、多少高いかもしれないけど、
信頼できる仕事をしてもらえる、というような
印象をもって、お問合せいただけているのかと。

逆に、

とにかく安くしてほしい、という施主様
このブログを読んで、おそらく電話してこないと思います。
私なら、連絡しません。
なんとなく高そうですから。。。(^_^;)
(決して”ぼったくり”ではありません。
適正価格だと思っております。)

つまり、お問合せする前に
ある程度、フィルターで分けられている、というようなイメージですか。

これも、毎日毎日書き溜めてきたブログのお蔭だと
感謝しております。
有難いです。

 

 

 

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0018

ご遺骨拾い、のお手伝い。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

先日、ご紹介した、お墓ですが、

DSC_0024-2

こちらのお墓、
「お性根抜き」が終わったとのことで、
中に納まっているご遺骨を拾いにいかれることになり、
お手伝いをしてきました。

DSC_0019

以前、隙間を密着固定した水鉢を外して、
納骨口を開けますと、約2年前、納骨させていただいたご遺骨が
納骨袋に収まっています。

DSC_0018

一応、ご確認。
「あ、ある、ある!!」

DSC_0020

水鉢の水が外すとき、こぼれたのと、
お水を掛けられたので、濡れていますが、
これからお骨を拾い上げます。

DSC_0021
施主様、自らお骨を拾い上げます。
「お、これは。。。
まずい。。。
こりゃ難しいな。。。」

え、そうなの??
見た感じ、まだ2年前だし、
納骨袋もしっかりしてそうに見えたけどな。。。
袋に全て入っているはずなので、そんな大変なはずは。。。

どうやら、
2年しか経ってなくても、
土と接している袋の下側はボロボロになっているようです。
上の面はまだ般若心経の印刷もしっかりと
見えたんですがね。。。

さらしの納骨袋は2年でボロボロになってしまう。

今回新たな発見です。

DSC_0010

さて、ご遺骨をほとんど拾い上げ、水鉢を
元の位置に返したんですが、
見る人が見ると、よくわかりますが、
これ、花立と水鉢が違う石ですよね。

花立はおそらく、中国産の中国製の石。
そして、水鉢は。。。

 

今回、お骨拾いをお手伝いしたんですが、
このご家族総出で行われました。
おそらく施主様のご意向で
「お墓のことは家族全員で」
というお気持ちなのだと思います。

お墓のことを非常に大切にされる施主様の
新しいお墓つくりの第一歩が
このお骨拾いとなったようです。

いつも、どこでも笑顔の絶えない
楽しいご家族の心のこもった
「お骨拾い」でした。

 

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0097

最近、よく言われる言葉。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

昨日から急な体調不良で、一日寝ておりました。

DSC_0038

寝るとはいっても、一日中寝続けるのも体力がいって、
若いころのようにずっと睡眠をとり続けるのは無理なんです。
で、途中、読書となってしまいます。
私の場合。。。
で、上の本を読み始めたら、止まらない。。。(^_^;)
次が読みたい。。。
(実際読んだのは、10ページくらいですが。。。)

 

と、休息なのか、読書なのかわからない状態だったんですが、
夕方からどうしてもお客様との打ち合わせがあり、
体調が戻らなければ、キャンセルの連絡を。。。と思ったんですが、
まあ、何とか運転できそうなので、墓地の確認に行ってきました。

施主さまの娘さんが遠方から帰られていたので、
別の日、というのが困難な状態でありました。

何とか無事に墓地確認でき、見積依頼もしていただけました。
ありがとうございます。感謝です。

その施主さまの娘さんにも言っていただけたんですが
「ブログ(ホームページ)見ましたよ」
「ホームページ読まさせてもらってます」
と、かなり高い確率で言っていただけます。

認知度を高めるために、日々更新している
当ブログ(ホームページ)ですが、
リアルのご紹介のお施主さまも
その補完方法のひとつとして、このブログを読まれているようです。
そして、仕事ぶり、施工方法、得意なデザイン墓などを
確認していただいているようです。

これって、ホントに有難いことですね。

〇…読んでいただけるだけで、信頼感が増します
〇…こんなお墓が建てたいという自分なりのイメージができます
〇…あ、そんなことがあったんだ。。。ということも気づきやすい

などのメリットがあります。

まあ、時には、
ご相談のお問合せを頂いて、
メッセージでお返事を送ったら、
その後、何の反応もない、ということもありますが。。。
(返事が届いたかどうか不明なので、せめて返事を頂きたいですが。。。)

最近は毎日更新しておりませんが、
(ほぼ毎日更新は目指しております。。。)
地道に更新していたら、やっぱりいいことあるんだなって
思いました。

そして、ただ情報を乗せているだけではなく、
ブログ形式で書いているので、
読みやすい、というのが多いと思います。
但馬で、このように毎日更新していらっしゃる石材店はほぼ
私だけ?(知らない方が書いてらっしゃったらごめんなさい)
なので、非常に有利な立場ではあります。

そのあたり、目標にしているこの方が書かれています。
「コムサポートオフィス ガクの視点」
~Google検索という行為は廃れないので、
ワードプレスのブログ更新はまだまだチャンスです~
https://com-support-co.jp/blog/3488

まあ、これからも
ほぼ日更新、を続けて行こうかなって
思った5月末の土曜日の朝でした。

来週はコンクリート施工なので、それまでに完全復活します。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0025-2

塔婆立って、使いませんか?

浄土真宗の方はあまり関係ないですが、
塔婆というものがお墓にお供えされている場合があります。

その塔婆ですが、
本来、地面に差してお墓の回りに建てるものでした。

ですが、最近のお墓は、基礎コンクリートや防草工事で
地面に塔婆を差す、ということができません。
(うちのお墓は差せますが…(^_^;)
立てる台が必要なことがあります。

DSC_0025-2

このように、ブロックを代用しても大丈夫なんですが、
(実際代用されているお墓、たくさんあります)

やっぱり、チープというか、
とりあえず代用、というか、
あまり見た目が良くないということで、
最近、塔婆立というものを設置することが多いですね。

DSC_0002

このようなものです。

これは、足元が石になっております。
しかも、このように石に塔婆が乗れば、よく滑って、はみ出してしまうんです。
滑り落ちる、という感じですかね。

なので、滑り止めに溝を掘ったりするんですが、
溝に雨などの水が溜まって、それを逃がす穴も必要となります。
中々構造が難しかったりするんです。

DSC_0028

なので、逆に、台なしの塔婆立もあります。

DSC_0044

このように、やや細いタイプもあります。
あまりたくさん塔婆を建てない、という方。
このタイプは細いので、滑り落ちることもありませんね。

 

DSC_0348-2

スペースがあまりないお墓の場合、
このように、一本の石の柱に輪を付けて
塔婆を建てるタイプもあります。
この写真の塔婆はかなり小さなタイプ(水塔婆)なので、
サイズ的に無理がありますが、
このように使います。

これ以外にもこの石の柱の部分もステンレス、あるいはアルミ製の
小さなものもあります。

 

 

塔婆立の値段のページも更新しました。

→→塔婆立の値段

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0009

お墓の立替工事させて頂きます。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

DSC_0009

このところ、快晴続きの兵庫県豊岡市です。
昨日も30度越え?
豊岡大橋の温度計は30度を指しておりました。

1年あまり前ですか。。。墓地内のご遺骨をきれいに回収して、
納骨袋に入れ替えて納骨しなおす。
亡くなった施主様のお父様の納骨のタイミングでそうしたい。
でも、納骨口が狭くて納骨できないかもしれない。
どうにかして。。。

というご依頼で、納骨口を大きくし直したお墓でしたが、
その後、
だいぶ古いお墓なので、後のことも考えて、お墓を作り直そうと
家族でご相談されて、再度、ご依頼を頂きました。

DSC_0024-2

しかし、そのお墓の全貌が確定するまで、約8か月くらい。
見積書は10回以上、作成しなおし、
打ち合わせはおそらく15回以上。
やっとその全貌が決まり、
ご契約いただきました。

このブログでも記載してもかまわない、とのお言葉を頂き、
随時、工事状況をご報告兼ねて、
更新していきます。

初めての試みもいくつかありますし、
私自身もすごく楽しみです。

まずは、お性根抜きしていただいて、
現状のお墓のお片付けから。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0026

名門出列の碑

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

地元の地区にこのような顕彰碑があります。

DSC_0028

子どもの頃からあるので、あまり意識してなかったのですが、
その中にお墓があるのです。
地味ですが。。。(上の写真の右奥の小さなお墓です)

今回このお墓の防草工事の見積もりを依頼されたんですが、
(仕事となるかどうかは微妙なんですが。。。)

DSC_0026

その隣に、「名門出列」と刻まれた碑があります。
よく見ると、裏書が非常に細かく書かれていて、
「副碑」とあたまにあります。
で、もう少しよく見ると、
隣の小さなお墓のうち、奥さんの経歴がずっと刻まれているんです。
つまり、
「奥さんの副碑」というわけです。
お墓より副碑の方が巨大ってどれだけ経歴が大切なのか!
っておもいますね。

さらに、正面「名門出列」の文字の横に
揮毫した人の銘も。
「徳富正敬」とあります。
調べてみると。。。「徳富蘇峰」ではないですか。。。
徳富蘇峰。字は「正敬」とあります。
すごい人の文字ですね。。。

更によく見てみると。。。

DSC_0024

横に、この石碑の建立者の名前が。。。
更によく見ると。。

 

DSC_0045

「石匠 大北正一」の名が!!

私のおじいちゃんですね。
立派な石碑ですが、おじいちゃんの刻銘の石碑って
あまり見たことないですが、
こんなところにあったんですね。

いや、こんなところで、思わぬ出会いが。。。
ホントに知りませんでしたよ。
父にも教えてもらってなかったしね。

石碑って、昔を今に留める最もふさわしいものですね。
いろいろ分かって、有難いです。
感謝です。

 

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0005

一文字一文字、一画一画。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

今日は出張彫。
お墓に戒名を追加彫刻させていただきます。

DSC_0001

三年前に建てたお墓です。
ご家族のお一人が亡くなられて、納骨式前に
その方の戒名を刻ませていただいております。

 

 

DSC_0002

最近は、非常に便利なものがあって、あらかじめカットをしてくれる
機械(プロッタ)というものがあるのですが、
私は、あえて、手切り(自分の手でカットする)にこだわっております。
すでに、小学校の頃からこの手切りをしていて、
(父にさせられた、という表現が正しいのですが。。。(^_^;)
40年選手でもありますが。。。

 

DSC_0005

現在、このブルーのウレタンシートで彫刻させていただいておりますが、
専門的なことになりますが、
このように(上写真)わずかでも切り残しがあると、不要な部分が
完全に取れません。
このまま強引に引っ張ると、
くっついてしまって、とってはいけない部分も一緒に
剥がれてしまいます。
なので、面倒ではありますが、この部分をもう一度カットし直します。

 

DSC_0008

最後に、このように、残ったコピー用紙をはがします。
残っていると、ごく稀にですが、
作業中に悪さをするので…

DSC_0011

これで準備完了。
後はいつものように、ブラスト作業。

DSC_0013

専用ホワイトを入れて、
完成です。

文字原稿も今はPCの専用活字データがあるので、
それを利用すればコストダウンとなります。
でも、あえて私は書家の先生に文字を揮毫していただいております。
依頼→先生が揮毫→原稿を郵送→到着と
時間がかかってしまいます。
それに、当然書いてもらったら、揮毫代をお支払いします。
時間も、コストも余計にかかります。

さらに、先ほどのプロッタを使ってカットすれば、
時間もかなり短縮できます。

でも、
お墓に文字を刻むという仕事は、
亡くなった人を刻み込むという仕事です。
コストダウンのために、手軽な方法は取りたくないのです。

大切なご家族をお墓に安置しましたよ
という印でもありますから。

もちろん、彫刻も手彫りの方がいいのはわかっておりますが、
そこまでの技術がありません。私には。残念ながら。。。

そして、そうなると価格的にはずっと高くなるでしょう。
そのあたりを考慮して、現在はブラスト彫刻のみ、としております。
将来的には手彫もチャレンジしてみたいとは思っておりますが。。。

(現在、戒名の追加彫を手彫でされている石材店は全国でも皆無ではないかと
思います。
大きい文字の彫刻をされている石材店は存じ上げておりますが。。。)

なので、
もしかしたら、
他の石材店よりも費用は
割高となるかもしれません。

でも、その分、
一文字、一文字、
一画、一画、
心を込めて、丁寧に、させて頂いております。

お墓に文字を彫るとは、そういうことだと考えます。

そのあたりをご理解いただきたいと思います。

 

ちなみに、おおきた石材店の追加彫刻の費用です。

 

そんなのいいから、安く彫って。。。
というお客様は
他の石材店にご依頼された方がいいかもしれません。

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0009

和型墓石の化粧砂利

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

和型のお墓がまだまだ多い、兵庫県豊岡市ですが、
その和型墓石によく使う化粧砂利をご紹介します。

 

「那智石」

DSC_0013

まず、一番よく使うのが、「那智石」です。
和歌山県から採れる(採れた?)「那智黒石」という石があります。
よく硯(すずり)などに使われる石なんですが、
その石を使っていたのが元々だと聞いております。

その後、外国の黒石にとって代わったのですが、
名前はそのまま「那智黒石」あるいは「那智黒」などと呼ばれていました。
(ネームブランドが確立していたからですね。。)

それからさらに、フィリピン産のこの石になってきて、
黒石ではなくなったのですが、そのネームブランドに頼って、
「那智石」と今は呼ばれております。

DSC_0018

濡れた色はこんな色。
かなり色が濃くなりますが、
「黒」ではないですね。

 

DSC_0020

雨降りの日などは、非常にきれいです。
また、いくつかの色が混じっております。
ので、後でご紹介する「大磯石」と比較するのが、
やや難しい場合もあります。

石のサイズはいくつかありますが、
小さめが私は好みです。
このサイズが一番小さなサイズです。
(2分サイズ)

この石は、経年で色の変化が少ないので、
一番よく使います。おとなしめの色なので和型のお墓にマッチします。

 

「大磯石」

DSC_0024

大磯石と呼ぶ由来はよくわかりませんが、海岸によくある石に見えるから、
というような理由ではないでしょうか。。
水槽の底にひいたり、
大きめの石で石焼きいもにも利用されているそうです。
また、建築の壁や土間仕上げの一つである「洗い出し」という方法の
仕上げに使われたりします。(もう少し小さな石で)

DSC_0027

お墓の墓地に化粧砂利に使うには、このサイズが一番いいと思います。

DSC_0030

この石も乾燥状態と濡れた色は違いますね。

この石も大きさの種類がいくつかあります。

この石も経年で変色しにくい石なので、よく使います。
和型のお墓にも似合います。

 

「五色石」

 

淡路島の五色が浜で採れた石が起源のようです。
白、赤、緑、茶色、灰色が基本のようですが、
三色しか確認できないな。。。(^_^;)
土佐の桂浜からも五色石が採れたという話もあるそうです。
(→土佐のレジェンド・ストーン・桂浜の五色石の謎 – 仁淀川

DSC_0003

こちらの石は、石を加工(大きな石を細かく割って)した石です。
つまり砕石。
天然石はよく見ると形状が違うので、だいたいわかります。
天然の五色石というものもありますが、多少割高です。

DSC_0004

お墓の化粧砂利はけっこうたくさん使うので、
この人工五色石を使ってます。
ただ、石の種類が違うのか、加工するメーカーが違うのか、
いろいろな要因があると思いますが、
石の色、色のバランス、形状などが少しずつ違います。
なので、同じメーカーの同じブランドの石を使わないと
揃わない、ということになります。

DSC_0007

昔はこの茶色(赤?)の石がもっと鮮明で鮮やかでしたが、
今はこの程度です。

しかも、白とこの茶色(赤?)の色の石は
経年で色がだんだんくすんだ色になってきます。
段々色が変わってきて、鮮やかさが落ちてくるんです。

なので、おおきた石材店では、お客様のリクエストがない場合、
この五色石は使わないことにしております。
今回は、元々五色石が入っていたため、そのまま新たに五色石を
入れました。

DSC_0009

新しい間は色は非常に鮮やかなんですが、
色落ちが激しい化粧砂利です。

和型のお墓によく使う化粧砂利のご紹介でした。
多くは「那智石」と「大磯石」を使っております。
また、これは、墓地にそのまま撒く場合です。
樹脂加工砕石の場合はまた別の石を使います。

洋墓、デザイン墓の場合も別の石を使うことがあります。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0006

お墓の防草化、完成。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

草が生えて大変なので、草の生えないようにしてください、とのご要望。

DSC_0005-2

確かに草が繁っております。
この手前のお墓とその隣のお墓の二基のお墓。

DSC_0006

道路との境界の部分も草がすごいです。
このお墓は私が父と施工したお墓ですが、もう10年以上
ここに建っております。
その隣は父が建てた墓で、すでに20年以上になります。

全ての化粧砂利、採石、等を回収し、
草押さえにコンクリートを施工し、
その上に新たに化粧砂利を撒くという工事です。

DSC_0020

これで、草もしばらくは生えてこないと思います。

DSC_0006

永久に生えてこないというわけではないです。
経年とともに、
どこからか生えてきます。
しかも、この墓地は、一番大敵な
「スギナ」が大量に生えるので、
非常に厄介ですが、
それもずいぶん少なくなると思います。

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0026

大阪、神戸を堪能しました。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

旅行で、神戸北区にあるキリンビール工場へ行ってきました。
あれ、三田市だったかな。。。
(ほとんどお酒を飲めない私が、ビール工場見学って。。。(^_^;)

とりあえず、キリンビール工場へ。。。

DSC_0003

20周年らしいです。
麦芽とホップを実感してきました。
一番搾りと2番絞りの違いも実感してきました。
「工場見学」って、すごくお金掛かっていますが、
これでファンになってくれる人、絶対に居ますよね。
大手メーカーが工場見学に力を入れているのは、すごくわかりました。

 

お墓もこれを何らかの形で取り入れるべきでしょうね。
よくわかっていないエンドユーザーに
「お墓を作ることの大変さ」を知って頂くには
これが一番いい気がしました。

IMG_20170513_101218

とりあえず、記念写真。
手が。。。ズレてるな。。。

DSC_0033

夜は道頓堀近くのホテルへ。
夜のミナミはホントに久しぶりです。
道頓堀は外国人ばかりでした。。。
夜の道頓堀と朝の道頓堀を体感したんですが、
これは、「祭り」ですね。
いろいろな意味で。
無法地帯の雰囲気もあるし、
お酒が入って、無茶する人もいるし、

大阪の他の繁華街にはない雰囲気です。
そして、朝の道頓堀は祭りの後の雰囲気が濃厚です。
普通の祭りは、じゃあ次は一年後、
となるんですが、ここは毎晩。。。(^_^;)
人が集まるはずですね。
毎日祭りじゃあ。。。(^_^;)

DSC_0013

定番の大阪城も見学。
アクアマリンには大雨の後だったので、欠航で乗れませんでした。
残念。。

DSC_0026

ですが、大阪城の石垣は久々に堪能。。。
四国、瀬戸内の石が大量に使われています。

DSC_0019

この美しい稜線を見るだけでも、来る価値がありますね。

DSC_0020

この当たりの石垣も素敵です。。。\(^▽^)/
僅かに天守閣も見えて。。。
天守閣の美しさも日本有数とのことです。
(城郭博士の岩井氏の談)

DSC_0036

あと、なんば花月の前で売ってた「人形焼」をお土産に。

 

DSC_0039

最後は、神戸に帰って、「明太子工場見学」

 

 

DSC_0040

真子(まこ)が一番旨いそうです。。。
楽しく有意義な二日間でした。
本も一冊、旅行中に読めたしね(^O^)

DSC_0037

こちらは、帰ってから読む予定の自分へのお土産本です。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

間に合いました。。。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

 

DSC_0008

お天気下り坂の兵庫県豊岡市です。
土、日とFDの研修旅行があるので、
何としても今日中にコンクリートは施工させたかったんですが、

 

DSC_0020

出来ました。
なんとか。。。
雨が降りだす前に。。。
嵐になるらしいですが、
これで大丈夫です。

DSC_0022

 

そして、夜は。。。
献血会議。。。

ブラストシートの方は、
週明け後になります。。。(業務報告。(^_^;)

えっと、いろいろ書きたいことがあったんですが、
時間がなく、このような記事になってしまいました。

近頃、土日にブログを書き溜める流れになっているのに、
土日に予定が入って、全く書けないと、
リズムが。。。
というわけで、
何もかも、週明けとなります。
一週間ご苦労様でした。(^O^)

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

ブラストシートのテスト彫刻のまとめ

DSC_0012

今までやったブラスト彫刻テストのまとめです。
参考にしていただけたら。。。

ブラストシート試験彫レポート

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
201203231922000

雨降りのお墓工事はやめた方がいい?

相互リンクさせてもらっている富山の宮崎さんのブログで
紹介していただ来ました。
「雨降りにお墓を建ててはいけない」の記事。

確かに、雨降りの日にお墓の建墓工事はやめた方がいいのは確かです。

お墓を建てる時期④~梅雨の時期は?

私も書いてました。
いいことはひとつもありません。
雨降りのお墓工事は。。。

ただ、私の住む但馬地方は、年間日照時間が
全国814市区中の797位という
年間1497.2時間しかないのです。
(参照。。。豊岡市の行政情報

大体、11月くらいから3月位までは、快晴、という日が
ほとんどない、というのが実感です。
(豊岡在住の方は実感されると思いますが。。。)
大雨、本降りにはならないけど、
じめじめとした、湿気の多い天候が多いのです。
雪も降りますし、
みぞれも降ります。
雨も降りますし、
常に地面が塗れている状態ですね。

なので、
快晴しか、お墓工事ができない、となると

年間の半分はできない、と
極端ですが、
そんな感じなんです。

朝、目覚めて、空を見て、
雨雲レーダーを見て、
(雨雲レーダーに映らない雨雲とかもあったり。。。)
それから、今日、お墓工事するかしないか決めたりします。

なので、

① 雨、雪など空からなにも降って来ない日は
お墓工事します。

② 雨、雪が降っていて地面がびちゃびちゃになる、
長靴でしか作業できない状態、雪が積もっている状態なら、
お墓工事しません。

ここまではいいんです。

でも、

③ 雨、雪は止んでいるんだけど、いつ降りだすかわからない。
しかも、雨雲接近中。。。

みたいな日、天気の時が一番悩みどころ。。。(^_^;)

また、雨でもできる作業もあります。

土ではなく、砕石等の埋め戻し、
お墓の石の清掃、
石、あるいは、コンクリートの解体、撤去、
コンクリートの型枠設置、
鉄筋の配筋、

などです。

天候に左右されやすいお墓工事ですが、
長年の経験で、
この程度の雨なら、
工事自体をやめよう、
この程度の雨なら、
この作業はやれるかもしれない。
テントを張れば、やれる作業もあります。

納期というお客様との約束は
石材店にとっては、非常に重いモノです。
そのためには、ある程度の無理もしなくてはなりません。
でも、
後々施工不良となるような工事だけはすべきではない、
ということは、
いつも大切にしております。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0012

ブラストシート体験レポート⑪~新バージョンが!

こんばんわ。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

 

DSC_0036

田んぼに水が入り、
鏡面仕上げになりつつある兵庫県豊岡市です。

ゴールデンウィークの宿題、新しいブラストシートの体験レポート。
その続きです。

白色のブラストシートで彫刻してみます。

 

〇 0.5ミリ白色ブラストシート
〇 細字用
〇 6キロ圧のブラストにて彫刻

 

細字用のブラストシートなので、
この太さのの文字は少々無理があるのですが、
テストなので、彫ってみます。

DSC_0001

彫刻してみました。

大体深さは1杯くらいです。

1杯とは?
文字の一画の太さ(文字幅)と同じくらいの深さで
文字を彫刻すること。
文字彫刻の深さの基準と言われる。
ちなみに、但馬地方では「一杯半」(いっぱいはん)が
上等だと言われている。
つまり、文字幅の1.5倍の深さで彫刻するのが腕のある
職人だと、されている。(私も父から聞きました)
ですが、深く彫れば彫る程、文字底が見にくくなり、
仕上げが雑になります。
ので私は「1杯」を目安に彫刻するように心がけております。

 

無理を承知の彫刻でしたが、
意外と彫刻できました。
ただ時間の都合上、仕上げ彫はしておりません。

仕上げ彫は圧力をずっと落として彫刻するので、
ブラストシートに負荷は掛かりません。
なので、ここまでで止めておきます。

 

DSC_0003

かなり、輪郭で溶けている部分があります。

DSC_0004-2

赤枠の部分は輪郭が溶けだしている部分です。
やはり長時間1点に宛てていると、輪郭がぼやけて
溶けてくるようです。

さて、もう一文字の方も。。。

DSC_0009

碧いという文字ですが、こちらはやや浅い彫です。

DSC_0024-2

大体の感じですが、0.7~0.8杯の深さです。
底の「底サライ」の練習用に浅めに彫りました。
底も平らに彫ってあります。

こちらは、ブラスト圧が直接当たる時間が短い関係で、
輪郭が完全に溶けている部分はほとんどありませんでした。
やや、溶け始めているかな、という程度。

青い枠の線の中が多少、溶け始めているのかな、という程度でした。
また、5キロ以下の圧力なら全く問題なく、彫刻できました。

まとめとして

≪白色ウレタンブラストシートテスト彫刻の結果≫

(0.5ミリ 白色ブラストシート)細字用

① マジック、ボールペンの書き込みはできます。

② 住友3M製のスプレーのりなら
コピー用紙の貼り付けも問題なくできます。

③ 養生テープもしっかりと接着できています。
(剥がれることはほとんどない)

④ コピー用紙の上からのカット(手切り)に関しては
ゴムシートよりも多少滑りやすい。が、対策すれば問題ない。

⑤ 6キロのブラスト圧では長時間1点に宛てると溶ける可能性は高い。
(短時間での照射なら、問題ない)

⑥ 5キロ以下のブラスト圧なら、問題ない。

 

という感じですかね。
今回のテストはやや普段ではありえない6キロの圧力。
私は普段は細字なら5キロまでで彫刻しますので、
6キロでこの程度耐久性があるなら、全く使用に問題ないと
個人的には思いました。

ところが、突然電話が鳴って、

湯口さん1
📞 大北さん、新しいサンプル送るんで、彫刻してもらえませんか?

と連絡が。。。

DSC09427-2
📞 え、新しいシートですか?もう試して、レポート書いてる途中ですが。。。

 

湯口さん1
📞 いや、半透明の新しいブラストシートなんです。

 

DSC09427-2
📞 え、またですか。。。(^_^;)
どんだけ作るんですか??

 

湯口さん1
📞 以前、透明なシートを試してもらったじゃないですか?
どうやら透明なシートの方が耐久性も耐熱性も高いようなんです。
なので、以前の真っ透明は貼ってあるのかどうかが判別できないレベルの
透明だったじゃないですか?
ではなく、やや透明なシートを作ったんです。
よろしくレポートお願いしますね。。

 

DSC09427-2
📞 
やや透明って、どんだけ透明なんですか。。。

 

湯口さん1
📞 。。。。。。。(切れてるし!!)

 

(どんだけせっかちなんですか!!)

その直後、佐川急便のお姉さんが持ってきてくれた荷物には。。。

 

DSC_0040

これが、やや透明なシートか。。。
(確かに微妙に透明です。。。(^_^;)

DSC_0047

それと、いつもの墓文字も入っておりました。
さて、やってみますか?

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0113

忍性五輪塔を求めて③

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

 
今回、わざわざ現地まで行って確認したかったのは、
この部分。

DSC_0051

火輪(笠の部分)に対して、
風輪(半円の部分)と
空輪(一番上の尖った部分)の形状の確認。

 

DSC_0053

風輪の下の部分、火輪と接する部分。
意外と絞ってあって、細くなっていますね。

 

DSC_0052

更に、風輪の上の部分。
空輪と接する部分。
思った以上に強く広く広がっています。
最近のよくある五輪塔はもっと大人しくなっていますが、
空輪を飲み込むような勢いがあります。

 

DSC_0057

そして、最後に、
一番の確認ポイントは、
火輪の大きさに比べて、風輪、空輪がやや大きい。
そう言われれば、意外に大きいな、と思えるほど
大きいのです。

大体、想像どおりの形でした。
さて、施主様はどう言われるでしょうか。。

DSC_0062

写真に写ってなかった8番目の五輪塔もご紹介しときます。

DSC_0113

最後に記念写真。
立派なサイズですね。
忍性五輪塔。素晴らしい五輪塔です。
鎌倉時代に作った五輪塔が現代にもほぼ完全に残っている。
本当に素晴らしい、五輪塔です。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0024

ブラストシート体験レポート⑩~新シートでの彫刻つづき

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

 

さて、以前試用レポートしたピコムさんの新しいブラストシート。

(前回はこちら。。。

今回、もう一度使ってみます。

DSC_0021

今回は、大きめの文字を彫ってみようと思います。

白色のピコム製のウレタンブラストシートです。
厚みは0.5ミリ。
薄いです。

石は、大島石の特級相当の石です。
以前、青山さんの大島石を加工した時に出た端材を
磨いたもの。

文字は、今年の春、建てたお墓の文字のうち、
採用されなかった書体の文字です。
せっかくなので、彫らせてもらいます。

DSC_0024

ブラストシートを貼って、
文字の位置を確認。
私は、3M製のスプレーのりでコピー用紙を張り付けて、
それをカットする方法でカットします。

DSC_0026

これですね。

DSC_0029

手でカットします。
ウレタンシートは、やや硬く、滑りやすいので、
ゴムシートよりカットに気を使いますが、
この白いシートは、以前の青いシートよりカットが幾分
切りやすい気がします。
ただ滑りやすい(この表現は実際カットした人でないとわからないかも。。。)
のは、同様のようです。

対処方法として、
〇 切れ味が落ちるとマメに刃を変える。
〇 一気に切らずに、できるだけ慎重に切る
  (一気に切るとズレ、切りすぎが起きやすい)
〇 切りにくい部分は左手を添えてカットする。

などを心がけております。

 

DSC_0031

カットできました。
この0.5ミリのシートで
前字(大きめの文字)を彫ってみます。
さて、彫れるのでしょうか?

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0046

忍性五輪塔を求めて②~供養の心

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

ついに初めて、実見することが出来ました。
忍性五輪塔。

 

DSC_0107

重要文化財。
石造五輪塔が八基。
鎌倉時代から室町時代に制作されたもの。

 

DSC_0042

このように、囲われた一区画にありますが、
入場制限されているわけではなく、
自由に出入りされております。

 

DSC_0045

重要文化財である8基のうち、7基の五輪塔。
L字型に設置されています。
正面に5基が西側に東に面して建っております。
その続きに直角に曲がって3基が北側に南に面して建っております。

詳しくはこちら。。。「額安寺五輪塔」

その中でもひときわ大きい一番南西に建てられているのが、
忍性の五輪塔と呼ばれるものです。

DSC_0046

お花が手向けてありました。

ご近所の方がお供えされているんでしょうか?

鎌倉時代の著名な高僧の五輪塔でもあり
重要文化財でもあるのですが、
それは間違いなくお墓であり、
お墓である以上、供養の対象として、
お花が手向けてある。

これこそが供養の心であり、
今、失われつつあるものであるように
思われました。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0026

忍性五輪塔を求めて①

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

京都で専門学校に通っている娘が

IMG_20160814_163440

連休中、帰省していて、京都に帰るので、送迎かねて

DSC_0024

まずは京都まで。
左大文字の側面が見えます。
北区です。
娘を下ろしたら、そのまま、南へ。

DSC_0026

大和郡山市にある「額安寺」さまへ。
ちなみに、こちらのお寺、「がくあんじ」ではなく
「かくあんじ」と読むそうです。
参拝、拝観の連絡したら、「お気をつけていらしてください」
ととてもご丁寧なご対応。
車で向かったんですが、
入り口への道が非常に分かりにくい。。。(^_^;)
もう少し、案内板を設置した方がいいような気がします。
(グーグルマップ、earth等でかなりしっかり下調べしたつもりが、
結局わからず、周囲を一周してしまいました。。。(^_^;)

余計なお世話かもしれませんが。。。)

DSC_0029

 

立派な寺門。

DSC_0031

お寺の説明もありました。

聖徳太子由来のお寺なんですね。
かなり格式も高いお寺のようです。
さすがに奈良県。大和郡山市(^_^;)
歴史を感じます。

お寺の方に聞いたら、五輪塔は境内ではなく、
少し離れた場所にある、とのこと。
そちらへ行くことにしました。

行き方を聞いて、
歩いて行くことにしました。

DSC_0034

民家の中を抜けて、

 

DSC_0036

細い通路を抜けていくと、
山?竹藪?的なものが見えてきました。

 

DSC_0039

その中に入っていくと。。。

DSC_0041

見つけました。
鎌倉時代に制作された忍性の供養塔と言われる
五輪塔です。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

今年も庵治ストーンフェアが。。。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

 

今年もこの季節がやってこようとしております。

「庵治ストーンフェア」の季節です。

DSC_0005

まさ、日本一の石の総合展示会です。

DSC_0002

中でも、一番の目玉は、
「庵治大丁場採石場研修」です。
ふだん、めったに見れない庵治の大丁場を見学できるんです。
2月に「田渕石材」さんの丁場を見学させてもらったんですが、
今回は、別の場所の見学ができるそうなので、
楽しみにしております。

DSC_0007

しかも、
この研修、予約ができません。
その時間にそのバスに乗らないと研修を受けられないという
非常に、理にかなった、
非常に、等しく万民に機会を与えられたシステムを採用されているので、
その場に行かなくてはなりません。

10日の土曜日、10時のバスに乗りたいと思っております。

DSC_0011

他にも、いろいろなイベントが開催されます。
個人的には消しゴムはんこ、気になるな。。。(^_^;)

お墓参り写真コンテストもあります。
是非エントリーしてください。

日時:6月10日(土)、11日(日)
場所:サンメッセ香川

私は、その前日9日の夜に開催される
「青年部交流会」に参加するので(青年ではありませんが。。)
前日に泊まって、土曜日のストーンフェアを堪能して、帰る予定です。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

こんなこともします(ブロック塀の施工)

DSC_0003

石垣が一部、崩れてしまっていて、
今回、この石垣というか、石を一部撤去して、
ブロックを積む工事です。

DSC_0010

このようになってしまっています。
見た感じ、いつ崩れてもおかしくない状態です。

DSC_0018

石垣(石)を撤去して、
掘方もします。
お墓の足元が崩れないように、土留めもします。

DSC_0023

転圧して、鉄筋組んで、

DSC_0026

コンクリートの基礎を打設。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0002

庵治ソムリエ制度の視察終了書が届きました。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

2月に石、みかげ石の聖地、庵治石が採掘されている「庵治牟礼」に行ってきました。
その様子は以下のリンクから見てもらうこととして、

「庵治石のお墓」が建てたい!!

 

その「庵治ソムリエ養成制度」の視察研修の修了書とカードが届きました。

DSC_0002

まだまだ十分活用できていないですが、
行って、良かったで終わりにはしたくないですね。
庵治で得たものを少しずつでも活用して、
成長していきたいと思っております。

お世話になった石翔会の皆さま、
ありがとうございました。

庵治石でお墓を建てたいと思ったら、
一言ご相談いただけたら幸いです。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0001

石からブロックへ。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

 

DSC_0006

今朝も息子を始発の電車に乗せるため、5時起床です。
久々の朝焼け。
天気が下り坂なのかも、ですね。

今週は、この石垣が崩れてしまっているので、
撤去し、ブロック塀を設置する工事をします。

DSC_0009

写真真ん中あたり、土がむき出しになっている部分が、
石垣が崩れて、土がむき出しになっています。

DSC_0001

とりあえず、全ての石を仮撤去し、
レベルを出して、転圧、コンクリート施工します。
さてどこまでできるでしょうか?

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0003

石材業界のドン・キホーテあらわる。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

昨夜は、私が所属している「一般社団法人日本石材産業協会」兵庫県支部定時総会が
西宮のホテル、「ノボテル甲子園」にて開催されました。

DSC_0033
DSC_0041

非常にたくさんの案件を審議し、
いろいろな新しい試みを始めてみようと
決まりました。

この会の良いところは、
こういう同業者の会議では、たいがい
「最近、仕事ないんだよね。」とか
「お墓じまいばかりだよ」とか、
非常にネガティブな話に終始するのが普通ですが、

この兵庫県支部は常に前向き。
何か現状を良い方向に転換できないか、
何か新しい可能性あるものを生み出せないか
といった、
自分たちの未来、業界全体の未来を、
可能性を生み出す芽を作れないか、という意識が強いです。
なので、
話を聞いているだけでも、すごい可能性を感じますが、
聞いているだけでは、2,3日で忘れてしまいます。
出来そうなこと、やれそうなことを
自分なりに、チャレンジすることが非常に大事です。
それを教えてくれるのも、この場です。

私にとっては、万難を排しても、
参加すべき会、
話を聞きたいメンバーです。
というわけで、懇親会、2次会終了後、自宅に帰ったのは、
午前1時。睡眠時間3時間半で今日は頑張ります。

 

 

そういった、他の業界ではおそらくいないであろう、すごい人が
この石材産業協会には、けっこうおられます。
その中の一人、私は個人的に、敬愛しております、
ある方の活動をご支援したいと思い、この記事を書いております。

石材業界というのは、
いろいろな古い慣習、慣例、
そして、何ひとつもない基準、標準規格。
そして、新規参入された人が売上を何とか上げたいが為に
違法すれすれ(場合によっては完全に違法な)方法で商売をされても
それを取り締まる術、
取り締まる基準がほとんどありません。

ならば、その基準をつくろうと立ち上がった人がいます。

白木秀典さんという方です。
何もない、荒野の様な石材業界に統一的な基準を作ろう、
そして、その基準に則ったお墓つくりをしよう。
その基準に従わない業者(違法業者)を排除しよう。
といった基準を作成されているわけです。

国民生活センターへの「墓石関係」の相談件数が年間1192件。
葬儀関連、仏壇関係の約2倍です。

この現状を改善するには、
子どもや孫の時代にも「お墓」というものが普通にあって、
「石屋さん」が普通に商売されている社会にするには、
今、何かを変えなければならない。

何もないところに作られているわけです。
私からすると「石材業界のドン・キホーテ」です。
でも、絶対に必要なんです。

この孤軍奮闘されている白木さんの
「公正競争規約検討特別委員会」への賛同、
そして、いろいろな場面で配布されている
「アンケート」にご協力ください。

そして、目指されている「公正取引協議会」への
たくさんの人のご賛同を、よろしくお願いします。

私たちの、
石材業界の未来の一端に背負われている
白木さんの「公正競争規約検討特別委員会」を
よろしくお願いします。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0007

ついにやりました。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

 

DSC_0007

今朝は少し涼しくて、霜が少しだけ降りておりました。
幻想的な朝です。

 

さて、ついにやりました。
先日、非常な難所だと説明したお墓

DSC_0034

この上のお墓ですね。

このお墓じまいして、その石を下へ持って下ろす作業ですが、
機械が行かない(費用的に桟道は無理)
大勢で一気に、もダメ。
などの理由で

地道に下ろしましたが、
ついに、ついに、

DSC_0001

下まで、下ろせました。
いや~、大変でしたが、
なんか自信にもなりました。
これが出来れば、たいがいの事はできるはず。
これからは、もう少しチャレンジする人生を生きたいと思います。
(大げさな。。。(^_^;))

ここからは運搬車で運びます。

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0013

お墓の灯ろうと日光月光菩薩との関係

おはようございます。

但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

DSC_0013

非常に小高い山の上で、お墓じまいの工事をしております。

DSC_0001

平地より多少、気温が低い気がします。
花も今が見ごろです。。。
(何という花なのかは、分かりません。。。(^_^;)

ところで、灯ろう、特に墓前灯ろうですが、
ロウソクなどを入れて、灯りがともる部分を
「火袋」などと呼んだりしますが、
これには、左と右で形が違います。

DSC_0037

通常、多いのは、右がこのように丸い穴が開いている場合が多い気がします。
これは、「日」つまり太陽を表しているようです。
そして、
左側は。。。

DSC_0034

このように、一部が隠れていて、三日月の形に穴が開いております。
これは、予想通り、月を表しているようです。

つまり、
お墓の正面から見て、右が太陽、日光、
左が月、つまり月光。
奈良の薬師寺の薬師三尊像の右が日光菩薩、左が月光菩薩と
同じ並びなのですね。

 

ただ、これには、大きなポイントがあって、
お墓自体が、北を背にして、
南面を向いていることが前提。

ただ、お墓が必ず南面しているとは限りません。
基本、お墓は北向きでなければいい、
というのが基本の様な気がするので、
お墓が西向き、東向きであっても、
右が日、
左が月、で大丈夫なのではないでしょうか。

北向きであれば、
左右が逆になりますけどね。

この記事は、
静岡県富士宮市の白嶋商店の白島正人先輩、
兵庫県佐用郡の山﨑石材店の山﨑誠次さん、
静岡県静岡市の㈱久保田石材の久保田智子さんの
ご意見を参考に書かせていただきました。
ありがとうございました。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0018-2

”カッコ悪い”という理由です。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

 

戒名の追加彫をさせて頂きました。
その中で、お名前に朱(赤色)がはいっているので、
それを白に戻してほしい、とご依頼。

当然、そうなりますよね。
朱が入っているのは、ご存命の頃、建墓された
お父様。そのお父様が亡くなって、彫刻させていただいたので、
朱は落とさなくてはなりません。

でも、時々見かけるんですが、
朱の上にそのまま、白を重ね塗りするのを見かけます。
そうされる石材店もいらっしゃると聞きますが、
私は、この朱色をできる限り落としたいですね。
でも、この落とす工程がけっこう手間と時間がかかります。

では、その手間と費用をわざわざ掛けるのか?

カッコ悪い、からです。

専用塗料で色を塗るんですが、
劣化するといつかは、剥がれてきます。
その、剥がれた時、下の朱色が出て来たら、
下に朱色が残ってたら、

「あ、手抜きしたな」って
すぐにわかります。
私たち石材店なら、分かります。
施主様も分かるかも知れません。
通りすがりの人も、分かるかもしれません。

カッコ悪いでしょう。
そんなの、
カッコ悪いでしょう。
お金もらって、仕事しているのに。
いくらできたときはわからないとはいえ。

なので、
まず、塗料落とし液の様なもので、残っている塗料を
柔らかくします。

DSC_0011-2

そのあと、
ペイント薄め液で塗料を洗い流していきます。

DSC_0014-2

だいぶ落ちましたね。
もう少し、落とせるとは思います。
が、完全には落ちないことが多いです。
ただ、この程度落ちていれば、
上に塗る白の塗料が落ちる頃には、朱(赤色)も一緒に落ちて、
ほとんどわからなくなるはずです。

DSC_0018-2

専用の塗料で、白に塗り込みました。

16年前に私が建てたお墓です。
いろいろなことが分かります。

ちなみに、
石はアーバングレーではないですよ。
似てますが。。。(^_^;)

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0004

ひたすら、ひたすら石運び。。。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

今日はひたすら、ひたすら、石運び。。。(^_^;)

DSC_0010

この坂を下って、
下のなだらかな場所まで下ろします。

DSC_0012

思ったより高い場所です。

 

DSC_0008

あまりに疲れたので、休憩して、周囲の散策。。。
(もう少し簡単に降りれる場所はないかと、探していただけですが。。。)

 

DSC_0004

癒しの空間を見つけました。
神様からの贈り物。
「まあ、ぼちぼちいこうや」という声が
聞こえてきました。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0004

お墓の原点を見ることが出来ました。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

昨日は、午前中。。。
お墓じまいのためのお墓を細かくする作業をしていました。

古いお墓の石って、なんていう石なのか、判別が難しいこと、
けっこうありますが、
割ってみると、一目瞭然。
生まれたての石の表情を見ることができます。
こちら、何という石かわかりますか?

DSC_0001

神鍋石です。
神鍋高原で採掘されていた、水色?、黄緑?
独特な色目で、非常に人気のあった石です。
但馬、豊岡では時々、この石で建ててあるお墓を見かけます。
あと、
石垣などにも多用されていますね。

 

DSC_0004

でも、今は採掘されておりません。
残念ながら。。。

DSC_0005

こちらは。。。
名前というより、
おそらく、この山で採れた石なんでしょうね。
これは、石と言っていいのかどうか。。。
この山自体がこの石で出来ているようです。

 

DSC_0008

簡単に割れますが、
粘りがあって、バールでこじ開けないと
二つに割れません。
文字を彫るには大変だったでしょうね。

この山の上にお墓を建てるとき、
一番大変なのが、石を山に上げる作業。

なので、
この山で採れた石にそのまま文字を彫って、
お墓にしたんでしょうね。
この石のお墓が結構ありました。

そこで採れたものを使ってお墓にする
っていうのは
石に文字を刻んで、それを墓標とした、最初の頃の
お墓つくりの基本だったのかもしれません。

それ以前は、死者を弔って、その上に石を置く、
それだけの時代が長く続いていたはずですから。

あなたの、私の大切な人は、ここに眠っているよ、
そういう目印がありさえすれば、
また再びここにやってきて、
再会できる。
その目印さえあれば、良かったんですね。

それがお墓の原点、ですね。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0007

お墓じまい、実施中。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

 

ブラストシートのレポートはしばらく置いておいて。。。(^_^;)
「お墓じまい」(例の山の上の。。。)
やっております。
(雨が降ったらまた、続きしますね。(^_^;))

そのお墓じまい、まずはお墓の石を細かくする作業中ですが、
ドリルの刃が、半端なく折れます。
そして、
折れるたび、
私の心も折れそうです。。。
(また刃を買いに行かなければ。。。(^_^;)

DSC_0004

半日で!!
3本が折れました。
1本が穴が開かなくなりました。

。。。

。。。

。。。

一体、何本、ドリルがいるんだ!!!

DSC_0003

これは、私の使い方の問題でしょうか?

それとも、

日頃の行いの原因、因果というものでしょうか?
お祓いが必要な事案でしょうか?

メーカーにクレームを言うべきでしょうか?

仕事を休んで休養を取れという、神様のメッセージでしょうか?

六角軸の20ミリの穴に戻すべきなんでしょうか?

世界が終わりを告げようとしているんでしょうか?
(それはない。。。(^_^;)

 

。。。

。。。

とりあえず、
(とりあえずは私の口癖だと、最近気づきました。。。)

今日は、昼まで。

午後からは、組合の総会です。

それまでは頑張ります。

心の癒し、シリーズ。。。

DSC_0007

うちの庭に咲いている花です。
何という花でしょうか?
私は知りませんが。。。

 

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0028

ブラストシート体験レポート⑨~新シートでの彫刻

ブラスト体験レポート⑧~の続きです。

DSC_0025

両方、彫ってみました。
どちらも6キロで彫刻。
荒彫りレベルしか彫っておりません。
仕上げはしておりません。悪しからず。

DSC_0030-2

こちら、透明な方。
厚み0.65ミリ。
半透明。前回もテスト彫刻しました。

 

① 養生テープが剥がれる、問題

養生テープが剥がれる、という大きな欠点が改良されておりました。

それでも剥がれそうな部分が多少あります。

剥がれそうになった赤枠の部分。約5個所。

ただ、決定的な部分はありませんでした。
これは、某有名ブラストシートメーカーと同レベルですね。
やはり、文字と近い部分は風圧、ブラスト圧で
剥がれようとしてしまいます。

通常では、これほど文字に近い部分に養生テープを張ることは
まずないので、
全く問題ないレベルだと思います。

 

② ブラストの摩擦熱で溶けてしまう問題

こちらも大幅に改良されていました。
6キロで彫刻。
しかも、ゴムシートの彫刻と同じ程度の距離で彫刻。

このウレタンのマスキングシートは摩擦熱に弱いのが大きな欠点、弱点でした。
なので、その対処法は、

ノズルを離して、やや遠目から彫刻する

というものでした。

ただ今回、その欠点も改良されたとのことだったので、
かなり近い位置から彫刻しました。
でも写真を見て頂いたらわかる通り、

DSC_0030-2

熱で溶けたと思われる部分は1箇所でした。
(青枠の部分)
しかも、極わずかで、鋭角の先っぽ。
一番熱で溶けやすい部分です。

6キロでこの程度なら、全く問題ないと言って差し支えないと
個人的には思います。

次に新しいシートの方。

DSC_0028-2

厚みは0.5ミリ。
更に薄いです。
しかし、養生シートが剥がれたと思える部分は
僅かに2カ所。
しかも、ホントに僅かです。

気を付けて彫刻したのもあるのですが、
熱で溶けたような部分はありませんでした。

荒彫りで短時間で彫刻したので
より一層の彫刻テストが必要かもしれませんが、
現状、
かなり有望なブラストシートだと言えます。

プロレベルでもある程度彫ってみれば、
製品に使えるレベルだと思います。

DSC_0032-2

このように、ブラストシートに養生テープが付着して残るのは、
しっかりとくっ付いている証拠。

DSC_0034

文字の回りにも、養生テープが剥がれて、石の表面を
痛めている部分はありませんでした。

DSC_0039

右の文字も大丈夫でした。

DSC_0044-2

前回彫った、「墓」という文字。→→→「透明ブラストシート体験レポート②」

実は、養生テープが剥がれやすいバージョンで、すぐに剥がれてしまい、
石の表面を傷めてしまったのです。
(写真の赤線枠の部分。キズが入っておりますね。)

それが、全く今回は、その傷がなく彫刻できました。
かなり改良されております。

 

さて、それでは、次は、
手切り用に頂いた0.5ミリのマスキングシートを使って
大きめの文字を彫ってみようと思います。

さらに過酷な試験へ。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」