ブログ

DSC_0198

田中家お墓物語⑤~庵治職人の技

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
お墓そうじのノウハウを学びませんか?
ホームセンターで売っている物だけで、けっこうお墓きれいになりますよ。
まちゼミにて、セミナーいたします。
お問い合わせは、こちらから。

お盆休みも終わりつつありますが、私は23日、24日と東京へ参ります。
いろいろ勉強を兼ねて、研さんのために。

 

というわけで(どういうわけで。。。(^_^;)
話は戻りますが、田中さんのお墓は中国からやってきて、とりあえず庵治へ向かいました。
庵治とは、香川県の中のとある場所なんですが、石が採掘されております。
庵治石と言います。
高級な墓石となります。

そこには、お墓を作るためのいろいろなものが揃っているわけです。

そこで、昔、ノミとツチで彫刻されていて、現在では、ほぼできる人がいなくなった
「手彫」の文字彫刻を昔の方法ではなく、ちょっとだけ現代風にアレンジして、
やられている職人さんがいらっしゃいます。

DSC_0197

庵治美工の有友慎吾さんです。
文字彫刻の会社、庵治美工を経営されています。

DSC_0198

ちなみにこのお二人のツーショットって、かつてはよく見ましたが、
最近はどうなんでしょうか。。。
いわゆる「伝説の職人」コンビですね。

DSC_0182

こちらが、ブラスト彫刻。
かなり上手ですが、ブラスト彫刻ですが、

DSC_0188

こっちが手加工というか、ノミ加工の文字です。
文字の底が明らかに違いますね。
これは、素人の方でもはっきりと違いが分かると思います。

DSC_0187

並べてみると、よりよくわかりますが、右がブラスト、左がノミ加工です。

 

このノミ加工ができる有友さんにお願いして、薬研彫加工をしてもらいました。

この時点では、まだ少し行くタイミングが早く、まだ薬研彫まで行きつかず、
その前段階の加工中でした。

でも、この確かな加工技術を見れて、確信しました。
大丈夫だと。
何しろ、
日本一の石材加工地一つ、庵治で長年、看板背負ってお仕事されてきたお二人ですからね。
任せた方が確かです。

DSC_0198

楽しみです。

 

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0022

今日から始まります。。

今日から始まりましたよ。

何がって、、、まちゼミです。

DSC_0019

 

豊岡商工会主催の「とくまるゼミナール」まちのプロに習う

が始まりました。今日からです。

で、

まちゼミ初心者の皆さまに正しいまちゼミの参加の仕方をお教えしたいと思います。

 

まず、

リーフレットを手に入れる

これが大事です。
すごく大事です。

豊岡商工会でも手に入ります。
まちゼミ参加店でも手に入ります。
でも、
おおきた石材店で手に入れてください。
お電話は
0796-22-3594
住所は、
兵庫県豊岡市野上342番地です。

ちなみに、正しいリーフレットは、

DSC_0022

このサイズです。

DSC_0025

このサイズは、正しくないものですね。
A4サイズになっております。

これは正しくない。

正しくは、A4サイズを半分に折ったA5サイズです。

DSC_0022

正しいか、正しくないかは、コピー用紙を利用して、区別しましょう。

DSC_0029

このようにA4のコピー用紙の上に乗せると、半分だけコピー用紙が隠れます。
このサイズを覚えておいてください。

次に、表紙の裏側です。
よくご確認ください。
中段、やや下。

19 おおきた石材店

と記載されております。
しかも、蛍光ペンにてマーキングされています。

DSC_0034

見にくいですね。
拡大しますと、

 

DSC_0039

はい、マーカーにて、ラインも引いてあります。
これが正しいリーフレットです。

次に正しいリーフレットの開き方。

正面を上にして、

DSC_0032

この部分を開きます。
破いてしまわないように、開きましょう。

DSC_0043

ゆっくり開いていきます。

DSC_0044

興味深い講座が並んでおりますが、それらに目もくれず開いてください。

DSC_0045

はい、全開の状態ですね。ここで初めて、いくつか興味深い講座をチェックしましょう。

 

 

DSC_0067

え、ピカピカの泥ダンゴ?? 意味が分からない。
泥とピカピカが一つにならないのですが。

 

 

DSC_0066

スイーツタオル!!!
甘いタオルってこと??
甘い匂いのタオル?

 

 

など、非常に興味深い講座が目白押しですが、
敢えて、深くはまらず、

DSC_0046

更に開いていきます。

DSC_0048

昔感じた、袋とじの雑誌を開く感じを思い出しますが。。。(まさか。。。)

DSC_0049

こうして、完全に開いてみます。

こちらにも非常に興味深い講座が。。。

DSC_0060

但馬牛!!
ヒミツ!!
大人の勉強会!!

魅惑のワンダーランド!!
これはぜひものですね。お客さん!!

 

DSC_0062

家で本格ラーメンが作れるの!!
今までの努力を水に流す、本格ラーメン講座
(※ 「水に流す」の用法、間違っておりますが。。。)

そして、

DSC_0063

定番の植木先生。男であることが残念です。。。

そして、
一番の目玉は。。。

DSC_0058

微妙にピントが合ってませんが、インスタグラムの使い方、超入門編。
これは、マジで聞いておきたいな。

 

で、その隣ですが、

DSC_0053

またもや蛍光ペンで枠を明記しております。

蛍光ペンにて、枠が記入されているものが、本物の証ですよ。

 

 

「プロが教えるお墓そうじのポイント」
専門用具は一切使用しておりません。

ナフコ豊岡店にて売っている物のみで、どこまでお墓の石がきれいになるかを
研究しております。

以上、「まちゼミ、まちのプロに習う」の正しい利用方法でした。

間違った使い方をしますと、大けがをする恐れがあります。
(そんなのないけどね。)
使用方法を守って、正しく安全に「まちゼミ」をご利用くださいませ。

なお、お墓そうじセミナーは絶賛募集中です。

 

 

「プロが教えるお墓そうじのポイント」  セミナー

◇日時  9月3日(日)午前10時30~12時まで
◇場所  コミュニティーたづるの(田鶴野小学校隣)
(※ 旧「田鶴野公民館」です。)

https://www.google.co.jp/…/data=!4m5!3m4!1s0x0:0xfd45fa1658…

◇募集人員 7名くらい
◇材料費  500円
◇持ち物  汚れてもいい服装でお越し下さい。
◇駐車場  あり(20台以上駐車可)
◇講師   大北和彦(お墓ディレクター1級)
◇申し込み先  おおきた石材店 0796-22-3594
メール  info@ohkita-sekizai.com
※  Facebookページのメッセージでも申し込めます。

ぜひ、申し込みください。

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0060

田中家お墓物語④~五輪塔なら、当然。。。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
お墓そうじのノウハウを学びませんか?
ホームセンターで売っている物だけで、けっこうお墓きれいになりますよ。
まちゼミにて、セミナーいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

奈良の大和郡山、額安寺まで行ってまいりました。

DSC_0026

非常に分かりにくい場所にお寺はありました。

DSC_0031

が、
忍性五輪塔はそこではなく、さらに歩いて10分程度の場所。

DSC_0046

簡単に柵で区切られた場所に建っておりました。

DSC_0112

記念写真も。

 

とにかく、実物を見ることで、かなり自分なりの確信が持てました。
この五輪塔の細かい部分も確認できました。
やはり、こういう場合、実物を確認すべきだと思いました。

 

そんなことをブログに書いたりしていると、
また、田中さんからご連絡。。。
もう10回ははるかに超えて、お伺いしている田中さんの工場へ。

 

ojisan1_laugh

「わざわざ、見に行ってきてくれたんですね。ありがとう」
「ところで、この五輪塔に彫る梵字なんだけど、薬研彫って、できる??」

DSC09427-2

「や、薬研彫ですか。。。」
「私は、無理です。将来的には手彫身に付けたいとは思ってますが、まだ練習中で。。。」

ojisan1_laugh

「やってみてよ。練習のつもりで。。。」

 

DSC09427-2

「いや、絶対無理です。お金頂いてするレベルではないので。。。」
「誰か、探してみます。してくれる人」

 

と、簡単に引き受けたんですが、手彫自体していらっしゃる人が少ない。
その上、薬研彫なんて。。。

どこに聞いても、

「いや~、いないな~」
「親父は彫ってたけど、もう亡くなったしな。。」

という返事ばかり。。。

途方に暮れて、田中さんに出来ません、って返事しなくてはいけないな、って思っていた頃、

神が現れました。

 

この人です。

 

DSC_0185

「え、いますよ。紹介しましょうか?」
庵治の顔、㈱大川石材の大川社長です。

 

 

 

「だ、大丈夫かな。。。(^_^;)」

 

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0060

田中家お墓物語③~自分で確認しなくては。。。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
お墓そうじのノウハウを学びませんか?
ホームセンターで売っている物だけで、けっこうお墓きれいになりますよ。
まちゼミにて、セミナーいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

 

田中さんのお墓つくりにこだわる姿勢に徐々に私も襟を正されてきました。

五輪塔の大まかなデザインは決まり、図面をお見せしたんですが、どうも、気に入らない部分がありそうで、

ojisan2_think

「五輪塔の笠(水輪)の部分、この曲線がどうも気に入らない」
「もう少し、曲線を深く。。。」

 

DSC09427-2

「はい、わかりました。」

 

ojisan2_think

「この、風輪(上から2番目の文字の彫ってある部分)の下の部分、もう少し膨らんだ感じで。。。」
「この火輪(玉の部分)、少し上に中心があるよね。これはこれでいいのかも。。。」

など、オリジナルから多少、デザインを微調整。

 

DSC09427-2

「地輪(一番下の石)は多少背を高くしますよ。文字を彫らなくてはならないので。。。」

 

ojisan2_think

「田中家菩提、って入るんだよね。普通。。。地輪の梵字の下に。。。」
「うーん、いらないんじゃない?田中家菩提って」
「なしにしょうよ、梵字だけ。なら背を高くしなくていいんじゃない?」

 

DSC09427-2

「。。はい、分かりました。それでもいいと思います。」
「地輪(一番下の石)も同じサイズの縮尺にしましょう」

 

 

非常に細かく細部の指定をされました。
で、
何度も何度も田中さんの工場へお邪魔して、打ち合わせしているうちに気づいたこと。

田中さんには、理想のお墓の形が頭の中にしっかりとあるということ。

そして、その形に出来るだけ近づけて形にしたい、

その情熱は半端なものではない。

その田中さんの想いにこたえたい。できるだけ田中さんの理想のお墓に近いものを形作りたいと思いました。

そして、

もう一つ、気付いたこと。

その田中さんの理想のお墓、どうやら私もすごくカッコいい、素敵なお墓だと思えたこと。

私の感性に近い、ということも気づきました。

これに気づいたとき、まずやらなければならないことを気付きました。

「実物を私の目で見てこなければ!!」

 

奈良の大和郡山にあるこのお寺の近くにある五輪塔を実際に見て、その細部を確認して、
目に焼き付けておきたい。
そう感じて、時間を見つけて、大和郡山へ向かいました。

 

DSC_0060

予想以上に、素晴らしい五輪塔でしたよ。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
sekito1

田中家お墓物語②~田中さんとの再会

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
お墓そうじのノウハウを学びませんか?
ホームセンターで売っている物だけで、けっこうお墓きれいになりますよ。
まちゼミにて、9月3日の日曜日、セミナーいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

久しぶりに田中さんからお電話がありました。

 

ojisan2_think

「お墓の事、いろいろ考えたんだけど、やっぱり私がお墓の建て替えしないといけない気がしてきた。」

 

 

DSC09427-2

「あ、そうなんですか。」
(それがいいと思うな。いろいろと不具合が出てきそうだし。。。)

 

ojisan2_think

「そこで、以前お世話になったし、おおきたさんにお願いしようと思ってます。」

 

DSC09427-2

「ほんとですか。ありがとうございます。」
「精一杯、ご協力させて頂きます」

 

ojisan1_laugh
「よろしくお願いします。ところで、お墓は和型のお墓がいいなと思っています」

 

そのあたりから始まり、いくつか見積、図面をご案内して、
お墓の形は五輪塔にしようと決まりました。

しかし!!

 

五輪塔は五輪塔でも、今時の五輪塔は嫌!!

もっとカッコいい、五輪塔が建てたい!!

 

カッコいいって??

どういうこと?

普通じゃ嫌って??

どんな五輪塔が。。。

 

 

いろいろ考えてみて、

 

検討してみて、
ご相談して、

 

どうやら、

 

古代型がいいのかな、と何となくわかってきました。

DSC_0046

ちょっと大きいけど、最近の五輪塔はこんなのです。

 

そして、俗に古代型と呼ばれますが、実は奥が深い。

一般的には、鎌倉時代、そのあたり以降に建てられた五輪塔の形を模したものを
俗に「古代型」と言いますが、それは、一つの決まった形があるわけではなく、多種多様なのです。
そこで、私もいろいろ調べて、見てみて、私が一番カッコいい五輪塔というものがありました。

奈良の大和郡山市にある額安寺というお寺の近くにある「忍性五輪塔」という五輪塔です。

DSC_0046

この五輪塔、笠(火輪といいます)の部分が現代の五輪塔よりやや小ぶり。
そして、その上の風輪と空輪と呼びますが、俗に擬宝珠(ぎぼし)とも言いますが、その部分が
逆に少し大きい。
そして、水輪(丸い玉の部分)は正円ではなく、多少上下につぶれていて、しかも、
重心が上にあるというもの。
(※ 一番横幅が広い部分が円の上下の中心より少し上にある)

非常に微妙で、表現しにくいのですが、

微妙に形状が細かい部分で独創的で、
それでいて、全体を見ると
非常に独特の存在感があって、カッコいいんです。

 

現代型の五輪塔に目が慣れた人にとっては、バランスが悪いように見えますが、
実は、これが五輪塔の醍醐味で、私にとってもカッコいいポイントとなります。

 

これをしっかりとみると、普通の五輪塔が野暮ったく見えるから不思議ですね。

 

この五輪塔は実は、この大和郡山の教育委員会にいらっしゃる山川均先生が書かれた著書
「日本石塔資料集」にこの忍性五輪塔の詳細な寸法が記載されているんです。

 

sekito1

 

しかし、この五輪塔はかなり巨大な五輪塔です。
なので、その全体の寸法を10号サイズに縮少して、作ってもらうことにしました。

さて、この五輪塔、実物は、当然手加工の石造物です。
鎌倉時代作ですからね。当然、そうです。
ですが、

ここでメンテナンスを考えて、研磨仕上げの五輪塔にすることにしました。
形は決まった。
加工方法も決まった。
そこで、次にあるのは、石です。
どんな石を使うか。

当然、国内の石で、という選択肢もあったのですが、

予算の問題、があります。

五輪塔だけではなく、その基盤、五輪塔を支える舞台の部分の石も必要。

そこで、かなりいろいろなパターンの見積を作成し、

価格、石の品質、耐候性、見栄えも詳細に検討し、出た答えが、

「インドの石で!!」

ということ。

インドの石で製作となれば、インドの石のプロにお任せするのが、一番いいのかもしれない。

私のこの記事をけっこう詳しくご覧になられている田中さんの事、

その結論は、「南印度洋行さんに依頼」となったわけです。

DSC_0010

服部さん、頼みますよ。(^_^;)

 

さて、この当たりから、田中さんのこだわりのお墓つくりが始まります。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0038

田中家お墓物語①~田中さんとの出会い

おはようございます。

但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

しばらく、更新をお休みしておりました。
いろいろありまして。
が、新たに心機一転、再開いたします。

 

お盆前の8月12日、引き渡しが終わり、やっとこのお墓を田中さんにお渡しすることが出来ました。
ホントに長い間、田中さんとご家族と私で、いろいろあって出来上がった「田中家のお墓」が完成しました。

その経過は、非常にいろいろありまして、それをこのブログで「田中家お墓物語」として、しばらく連載させていただきます。

その第一回です。

ある日、電話が掛かってきたんです。

「納骨できないので、何とかしてくれませんか?」と電話にて。

どうやら、うちで建てたお墓ではない様子。かなり古いお墓だとのこと。

 

そこまで聞いて、おおよそのイメージはできました。墓地も比較的近くの寺院様の墓地です。

 

DSC_0024-2

こんなお墓でした。
下の舞台の部分はコンクリート製のようです。

実際見てみると、なるほど。。。予想よりも。。。
でも、
お墓をかなり大切にされているのは、すぐにわかりました。

 

dsc_0013

水鉢をどけると、このようになっておりました。
お墓に水を掛けると、この中に水が入るようで、それも「何とかしてほしい」とのことでした。

DSC_0012

中に骨壺が二つ入っていたんですが、どうやって入れたんだろう。。。
そう思った記憶があります。

dsc_0015

納骨口を広く、というより、壺が入るように丸く開け直して、

DSC_0026

 

出しやすく加工しました。

 

DSC_0024

やっと、骨壺が出せるようになりました。

更に、

お墓に水を掛けると、構造的にお墓の中に水が入ってしまうので、

DSC_0038

シールして、完成。
納骨の時は、そのシールを切ってしなくてはならないのですが、
そうしょっちゅう納骨する機会もないだろうとのことで。。。

 

ちょっと意外だったのは、水鉢のみ、庵治石だったこと。

 

む、どうして??

 

舞台の部分はコンクリート製、お墓本体は地元の石、玄武岩系の石。、水鉢のみ庵治石。

 

花立の石はおそらく中国産のみかげ石。

 

何か謂れがあるのでしょうね。

 

とりあえず納骨口のみ大きくして、納骨は無事終了しました。

 

それでお墓の工事は終わったと思っていました。

 

それからしばらくして、また田中さんから連絡が。。。

 

私はこの時まで、田中さんのことを普通の方だと思っていたのかもしれません。。。(つづく)

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
ohaka_souji

お盆前の風景

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

お盆前のこの時期、久しぶりに大きめの寺院墓地のお仕事をさせて頂きました。

いつもは、地元の墓地とか、小さめの墓地が多かったので、それほど気にしていなかったんですが、
やはり、お墓そうじに来られる方、多かったですね。

10台くらいしか止められない駐車場なのですが、ほぼ満車状態の時間もありました。

(すいません。うちがトラック止めてたので、余計難儀されたかもしれません。ごめんなさい。)

◇お父さんと中学生くらいの息子さん

ちょっと広めのお墓そうじされておりました。2時間くらいかけて、ご先祖様のお墓など4、5基のお墓を
丁寧に水洗いしながら、二人でいろいろなお話をされていました。どちらかと言えば、息子さんの方が熱心で、おそらくお父さんの影響でしょうか、一生懸命お墓を洗っておられました。

 

◇80才代くらいのご夫婦

タクシーで駐車場に。かなり足腰が不自由に見えて、歩くのが大変そうなお二人でしたが、しっかりとお墓参りされておられました。お墓そうじは誰か別の人がされたのかな。。。わざわざタクシーでを乗り付けてお墓参りされるのって、やはり、お墓は大切なんだなって、感じました。
◇一見、30才台くらいのご夫婦と子供たち

箱バンでやって来られました。お墓参りするような感じには見えないご夫婦でしたが、子どもたちを連れて、しっかりとお墓そうじとお墓参り。おそらくそのご夫婦のお父さん、お母さんにも連れてこらえていたんでしょうね。親から子、子から孫へとお墓参りの習慣が伝わっているのを感じました。

 

◇高級外車でやって来られたご夫婦

お墓とは場違いな高級外車に載って、お墓そうじされておられました。格好は、Tシャツと短パン。こっちはお墓参りの恰好ですね。途中から険悪な雰囲気。。。でも、お墓掃除はしっかりとこなされておられました。

 

それ以外にも、自転車で来られた人、歩いてこられた人、お母さんと娘さんの二人で一生懸命お墓の石を磨いておられたご家族など、
たくさんの皆さんがお墓参り、お墓そうじに来られたいました。

お墓参りに来られた皆さん、お邪魔をしてすいませんでした。

いかに皆さんがお墓を大事にされているか、実をもって、感じさせていただきました。

ありがとうございました。

改めて、お墓を大切にされている皆さんを身近に感じて、本当に心を新たに、お仕事頑張りたいと思いました。

追伸。

通常は、お盆直前で時期的にお断りしていますが、
お墓そうじを予定していて、出来なかったので、お墓そうじしてもらえませんか?というご要望をいくつかお聞きしております。
地元のお墓で、お世話になっているところなのでお引き受けすることにしました。

もう締め切りました。残念ですが。。。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0048

お盆前、速報。。。

こんばんわ。
今日は夜更新です。

 

但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

 

DSC_0048

ついに、このお墓が完成しました。
嬉しい、
ついに!!
長かった!!
いろいろあった。

というわけで、このお墓建墓物語をお盆に連載したいと思います。

施主様にご了解いただいておりますので。

こうご期待。

期待しているのは、私だけか。

明日は、京都へ、行けそうです。

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0008

8月6日に。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

昨日は8月6日でした。

広島原爆の日です。
たくさんの犠牲になられた人々の上に、今の日本があることだけは、忘れないで生きていたいと思います。

そう考えながらも、いろいろな諸事情にて、昨日、20年ぶりに母校を訪問。

DSC_0008

なんと、学校に入る前に、エスカレーター。。。

DSC_0010

見たこともない、大きなホール。

 

DSC_0016

見たこともない、校舎。

 

DSC_0019

最後は、ミニ講義。

 

唯一、見覚えのあるのは、図書館と正門前のこちら。

DSC_0023

これだけでした。
図書館は全く当時のまま、コピーが故障していて、故障中の紙が貼ってあるのも当時のまま、
卒論書くのに、毎日通っていた頃が懐かしく思い出されました。。。

あの頃に帰りたいわけではないですが、
懐かしい。。。

 

と感慨にふけった帰り、いつものように、こちらへ。

 

DSC_0028-2

近くにあった墓地。
何となく、記憶にあるんですが、当時はお墓には、
全く、興味なかったので、記憶の片隅に追いやられておりました。

DSC_0035-2

今時の漢字一文字の洋墓もあります。
暖色系の石の色がいいですね。

 

DSC_0033-2

万成か、もしかしたら本御影石??のような和墓。
こちらの墓地は、比較的高級な国内産墓石が多いように思いました。
庵治石も散見されました。

 

DSC_0037

こちらは、関西でも、稀にですが、見かける「仙台石」の板碑。

DSC_0041

このように薄くなっております。
関東圏にはよく見かける石ですが。

 

DSC_0046

それから、後ろから納骨のタイプのお墓も見かけました。
それほど古いお墓ではないと思います。

 

DSC_0048

お墓本体は、万成石のように見受けましたが、
ふた石はどうやら、別の石。
砂岩ですかね。。。来待石に似てるかも。

 

DSC_0055-2

そして、とても、見晴らしのいい墓地なんです。

 

DSC_0043-2

下に阪急電車をが見えて、向かいは、千里山の高級住宅街。

いいお墓ですね。
羨ましい環境です。

そして、最後に気づかれましたか?

あなたは気づきましたか。。。

写真だけではちょっと気付かないかもしれませんが、

私は、お墓に入ってすぐに気づきました。

DSC_0032-2

DSC_0031-2

DSC_0030-2

 

軍人塔が多いこと。

戦死者が多いこと。

私たちの今いる、この日本のために、戦って、亡くなった方がたくさん祀られています。

たくさん、亡くなった方がいらっしゃる、ということも大事ですが、
そう言った、ご先祖様を今でもしっかりと祀られている家が多いということ。

土地柄かもしれません。

お墓もより手軽に、簡単に、という流れもあります。

でも、

ただのお墓も大切ですが、

日本のために亡くなった方たちを忘れずに、供養し続けるということも大切ではないのかな、と

そんなことを考えました8月6日、広島原爆の日の私の一日でした。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

寿命というのは、誰にも分らない

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

おおきた石材店のお客様のお話です。

その家のご主人は大工さんでした。
個人で工務店を経営されておりました。

そのご自宅のお墓は、おおきた石材店ではなく、他の石材店が建てられたお墓でした。
その石材店は廃業され、当時、付き合いのあったおおきた石材店の私の父に
メンテナンスを依頼されてからのお付き合いです。

私も10年くらい昔にそのお墓の外柵の玉垣が外れて、修理の工事をさせて頂きました。
その頃はそのご主人もまだ元気で、お仕事をされていたんですが、
「俺も年だし、息子が大工を継いでくれているので、倅に任そうかと、思っているんだ。。。」と
仰っておりました。

それから、数年経過して、

その工務店の電話から着信が。。。
(電話番号が登録してあるので、登録済みの番号はすぐにわかるんですね。)
聞き慣れぬ若い声。。。
「あの、〇〇工務店ですが、父が亡くなって、戒名をお墓に彫ってほしいんです」との電話。

 

お会いしてみると、よく見るとご主人とどことなく似た感じの息子さんでした。
会った感じは凄くやわらかな、人当たりのいい息子さんでした。
(とはいっても、私よりいくつか年上ですが。。。)

父が突然亡くなったこと。
工務店という仕事は今すごく仕事がなくて、大変なんだという話。
お墓のことはよくわからないので、お任せします、という話。

短い時間でしたが、いろいろな話をしたように思います。
とても、話しやすい、いい人という印象でした。

お父さんの戒名を彫刻させてもらい、
その報告に工事後、ご自宅によると、
請求書もまだ作成してないのに、もう払うよ、という返事。
お金を借りていると、気分が良くないということで、
概算でいいから支払うと、お金を頂きました。
請求書も領収書もあとでいいから。
人間としてもよくできた人、と感じました。
これからも長くお付き合いしたいなって、思ったものでした。

 

それから、数年して、

またもや、その工務店から着信。。。
なんだろうと、電話に出てみると、またもや聞き慣れぬ女性の声。
「息子が亡くなって、息子の戒名を彫ってほしいんです」
なんと、その息子さんがガンで突然亡くなった、というのです。

ビックリして、急いでご自宅に向かうと、
息子さんのお母さん、つまり亡くなったご主人の奥さんが出てこられました。
初めてお会いしたんですが、しっかりとした方、でした。

 

「息子の戒名を彫ってください」

 

非常に元気だったのですが、突然体調が悪くなって、
病院に行って診察してもらったら、ガンだったこと。
すでに末期で、友達や仲のいい人ともやつれた顔を見られたくないので、
一切内緒にしていらっしゃったこと。
地域のお付き合いも非常に積極的で、仲間がたくさんいらっしゃったのですが、
全員の人に知らせずに、亡くなったということ。

残されたお母さんもさぞかし、大変だったでしょうね。
息子が亡くなるのを見送る、ということ自体が普通あり得ない、大変なこと。
しかもこの息子さんなら、おそらく、弔問がすごいことになったでしょうね。

それでも、淡々と、息子を亡くしたことに対する悲しみ、後悔、など微塵(みじん)も見せず
必要なことをこなされているとのことでした。

このご自宅は今、このお母さんひとりでお住まいで、来月早々にも、都会に住む別の息子さん一家のところへ
引越しされる、とのことでした。

その引越しするまでに、戒名を彫刻してもらって、代金もきっちり払って、
全て済ましてから引越ししたい、とのことでした。

このお母さんがいて、この息子さんがいる。
このお母さんの血を受けついていらっしゃったんだな、と実感しました。

今では、このご実家は無人です。
ときどき家の前を通るんですが、通るたび、
このご家族のことを思い出します。

お母さん、お元気だろうか。。。

 

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0089

お墓の草取り、どうやって取りますか?(後編)

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

お墓の草取り問題の後編です。

お墓の草取り、根っこが残る問題です。
除草剤を撒く、という方法が手ごろで、やりがちですが、
お墓の石に影響がある、と言われます。焼けたり、変色したり。。。

更に、もっと影響がありそうなのが。。。
除草剤を撒き続けると、土壌が脆くなる、という噂。
ネットで見てもあまり出てこないので、ホントなのかどうかはわからないですが、
農業関係者など、一部の人のうわさではそう言われたりします。

これが事実なら、かなりお墓にも影響がありそうです。
事実かどうかは不明ですが、やはり避けた方がいいのかもしれません。
今回は、抜けやすい草は抜いて、草取りを行いました。

DSC_0063

引っ張って、

 

DSC_0064

めりめりって、地下茎が出てきて、

DSC_0065

根こそぎ、ってやつですね。
抜けました。

笹もチャレンジしましたが、小さなものは抜けるものもありますが、やはりほとんど無理でしたね。

 

DSC_0069

これは、運よく抜けた笹です。
かなり力を入れて、引っ張らないと抜けません。

DSC_0070

やっと抜けました。

上の写真は、たまたまうまく抜けましたが、笹は本来、地下茎ごと引っ張っても、抜けることは困難です。

そして、この根っこごと引っこ抜く方法の最大の欠点は。。。

DSC_0075

抜いた後、下地の土が根っことともに上に出てきて、玉石と混ざって、汚くなること。
これがあるので、この根っこを引っこ抜く方法は、TPO(時と場所と条件)を考えてしなくてはなりません。

きれいに玉石が引いてある墓地は、あまりいい方法ではありません。
元々のきれいな状態に戻すには、その部分の玉石と土を取り出して、水で洗うという方法をしないときれいにはなりません。
とても手間暇がかかり、大変な作業となります。

写真の墓地は、玉石が引いてはありますが、すでにその上にコケが密集している部分もあり、草も表面にかなり生えていて、
地下茎ごと抜いてもさほど見た目は変わらないので可能ですが、お墓の状況をよく考えて選ぶことが肝心ですね。

 

刈り込む、根っこごと抜く、草刈り機でカットする、などご紹介しましたが、どの方法も長短あります。
草によっても方法が異なります。

中々草刈りと言っても、簡単ではないですね。

DSC_0089

今日の収穫。(^_^;)  結構、大漁です。

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0048-2

お墓の草取り、どうやって取りますか?(前編)

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

今日は、お墓の草取り作業します。

 

DSC_0044-2

こちらの草が生えて、よくわからなくなっているお墓。草取りを中心に行います。

 

 

 

DSC_0048

 

暑いので、頭がぼーっとしてます。柳祭りの8月1日の午後です。

 

DSC_0061

墓地内には、主に2種類の草が生えております。
一つはこのまっすぐに鋭く伸びる草。
名前はわかりませんが。。。

もう一つは、笹、らしき草。背はあまり高くないですが、根がしっかりとしております。

笹は、根を取ることはほとんど無理です。
しっかりと根を張っているので、除草剤を巻くか、根こそぎ掘り起こすかしかできません。

なので、

この笹は、刈りこみばさみで上の部分だけカット。

もう一つのまっすぐ伸びる草は、引っこ抜くことが比較的容易なので、抜いていきます。

この根が意外とお墓に悪影響を及ぼすのです。

 

DSC_0084-2

副碑の前に置かれた拝石。明らかに傾いています。これは明白に草の根っこが持ち上げておりますね。

このように、草と言えども、お墓の石を持ち上げることは比較的よくあります。

なので、できるだけ根っこも抜いた方がいいのですが、しょっちゅうお墓そうじされる方は可能かもしれませんが、

年に何度かしか。。。という場合、なかなか根っこまで取り去るのは難しいです。

 

DSC_0093-2

このお地蔵様なども、明らかに後ろに傾いております。根が持ち上げた結果ですね。

 

と、こうなるので、除草剤で簡単に対処。。。となるのですが、それもデメリットがあります。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
10689498_776365799116829_5707379782211866589_n

満席、ですって。。。!!

暑い日が続きますが、皆さんお加減いかがでしょうか?
熱中症などになっておられませんか?

私は怪しい状況となっております。
今日は朝から異常なほど汗が出ており、やや体調不良気味なので、
スローペースなお仕事となっております。
(お盆前なので、完全休養とはいきません。。。)

ところで、
先日ご案内した、こちらのセミナ―

10689498_776365799116829_5707379782211866589_n

【墓石の売れない時代にあなたは何を売りますか?~石屋離れに立ち向かうために~】

http://ohkita-sekizai.com/?p=18957

 

なんと、満席となったとご報告がありました。

こちらは、一般消費者向けではなく、日本各地の石材店、特に、家族経営など日本全国に1万社はあると言われる小さな石材店の
経営者へ向けた、これからやってくる石屋離れ、お墓離れにどう対処していくか、というお話です。
(→「もう来てるじゃないか」というご意見もありますが、それはまだまだ序の口だということです)

 

私自身、全く持って、この対象者なのですが、

 

新聞広告、タウンページ広告が全く効果がなくなった。
折り込み広告も以前から見たら、ほとんど反応がなくなってきた。
回りから言われて、ホームページを作ったけど、全く反応がない。問合せの電話すらない。
こういった声をよく聴きますが、

何かが大きく変わってしまった。


それは、誰でもよくわかっていると思います。
では、どう変わってしまったのか?
どうやって、やっていけばいいのか?

やり方は、それこそ、数えきれないほどあるのかもしれませんが、その一つの方法を今、しっかりと成果を出されている㈱ファイングの川上明広代表に
それこそ、しっかりと90分にわたってお話ししていただこうというセミナーです。

今、家族葬という業界に大きく重心を賭けていらっしゃる川上さんですが、元々石材業界、お墓を建てるお仕事をメインでされていらっしゃいました。
もちろん、今もしっかりとお墓のお仕事もされていらっしゃいますが、どちらの業界もよくわかっている川上さんならではの、これからの石材業界の進む方向を
お話していただけます。

と、この当たり、しっかりとランディングページのようにご説明しておりますが、実は、満席です。
もう、申し込んでも聞くことができません。。。残念ながら。。。

でも、もしかして、キャンセル待ちとかあるかも知れません。
(ないかもしれません。。。)

まあ、なくても、こちらのページで、詳細をご報告しますので、ご安心を。。。(^_^;)
でも、直接聞いた方がいいですよね。。。(^_^;)

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0014

お墓の立て直し、はじめました⑤

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

 

DSC_0014

たまたま前を走ってたコバス(豊岡市運営の市内循環バス)の後ろの玄さんイラスト。

どうして、この玄さん、こんなに困っているのか、いまだに不明です。。。

どうしてなの。。。(^_^;)

おとな100円、子ども 50円では安すぎて成り立たないので、困っているってこと??

さて、お墓の工事が、いよいよ、お盆前モードになってきてます。

 

田中家のお墓立て直し工事、しばらく中断しておりましたが、再開です。
基礎工事をしたのが6月28日。
ちょうど1か月前ですね。
一ヵ月基礎コンクリートを放置、養生したので、おそらく既定の強度になっているはずです。

お墓の立て直し工事、始めました③

(※ 記事は6月29日投稿ですが、実際の工事は28日ですね。)

いつもこのように一ヵ月養生はできないのですが、今回はうまくいきました。

コンクリートは時間をおかないと。。。

で、いよいよ、こちらのお墓の施工です。

DSC_0001

まずは、固定用の金具を取り付けて、さらに、養生テープを貼ります。
こっちの方が早いので。。。
狭いところは手が届かず、うまく貼れない。。。

 

DSC_0004

 

まずは、一番下の基礎の上に直接施工する石です。
モルタル(セメントと砂と水を混ぜてつくったもの)で施工します。
この上に重たい石が何重にも載るので、できるだけしっかりと固定したいですね。

なので、石同士を金具と接着剤で固定するのは当然としても、基礎コンクリートと石も全部で、6カ所を金具で固定しております。
接着剤の効果を長く保つためのシーリングも手が入らない部分はできませんでしたが、その他の部分はしっかりと目地をシーリングしました。
あらかじめ、養生テープを貼っていたので、早いです。

一段目だけで、固定金具が6+4=10枚。
アンカーボルトが10×2=20本。
アンカーボルトの穴が20個所。

 

一段目なので、充分養生しておきたいですね。

今日は現場続きだったので、一日休ませてもらって、娘の様子を見に、京都へ。
来週からこの続き再開します。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0306

おおきた石材店ではこんなサービス、受けられますよ。③

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

このシリーズ第3弾。

前回は、デザイン墓とオリジナルアーティフィシャルフラワーという一番相性のいい組み合わせでした。

では、

和型のお墓は、何かないの?

 

apron_man3-1question

仕入元のサービスはいくつかあります。
相田みつおさんの石プレート。

7026

こちらは、「日本石材センター」という商社を通して購入した日本産墓石材(加工地は問わない)のお墓を施工した場合にプレゼントしているものです。
最近少ないのですが、まだプレゼントできると思います。

 

11052390_889330797829713_6629553928562333411_n

「加工にこだわる栄龍石材」

そして、いつもお世話になっている「栄龍石材」さんで加工した国産墓石材(主として、瀬戸内海産みかげ石)でお墓を施工した場合には、
メイドインジャパンの製品保証書(今、日本でかなり信用のできる産地証明書の一つ。瀬戸内海地域で採掘、加工された墓石である証明書)と
花立の筒の蓋をお墓の石と供石(同じ石)で製作してくれるサービスが利用できます。

DSC_0020

DSC_0022

こんな感じですね。
これはこれでいいです。花をお供えしない時はこの蓋をしておくと、違和感ないですね。

 

ただ、どちらも、おおきた石材店のサービスではありません。
それぞれの顧客様に提供しているものなので、独自のサービスとは言えません。
特に、「相田みつおの石プレート」の方は、ネットで検索すればけっこう出てくるほど、いろいろな石材店に利用されています。

ので、おおきた石材店独自のサービスを始めようかと思っております。
はじめるのです。まだ始まっていないのです。。。(^_^;)

その内容はまだ秘密ですが、近いうちに始めようと考えています。

条件は以下の通り。

 

① おおきた石材店で日本産の石で、日本国内の加工工場で製作した墓石を施工された場合。

 

② 日本の石でも、外国での加工(主として中国加工)の場合は、対象外です。

 

③ お墓の石の種類、価格などによって、いくつかの種類分けしようかと思っております。

まあ、まだ始まっていないサービスなので、いい悪いはお伝えしようがないのですが、私好みのサービスにしようと思っております。

こうご期待。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0034-2

おおきた石材店ではこんなサービス、受けられますよ。②

インターロック社のプレミアム墓石を扱っています。

過去の建墓例は、こんな感じです。

DSC_0035-2

IMG_20160812_054008-2

IMG_20150116_162807

DSC_0118

dscn1906

dsc_0397

おおきた石材店でインターロック社のプレミアム墓石を建てられた方には、
プレゼントしているものがあります。

ズバリ、
「岩田さんのお花」です。
今や、墓花、アーティフィシャルフラワーでは、日本一の実績を誇る
「一般社団法人ジャパンフューネラルフラワー協会」代表理事であり、仏花、墓花デザイナーでもある岩田弘美さんが自ら手掛けてたアーティフィシャルフラワー(造花)のお花をプレゼントしております。

写真の1枚目、2枚目、4枚目のお花は実際の岩田さんのお花をお墓に飾っている写真です。
それぞれお墓が出来上がってから、撮影した写真を見てもらって、岩田さんなりのイメージのお花をデザインしていただいています。
非常にハイグレードなお花で、まさしく「世界に一つだけの花」です。

こちらも条件があります。

① インターロック社のプレミアム墓石シリーズのいずれかをおおきた石材店で建てた場合。

 

② 「岩田さんのお花」をお墓にお供えした写真を撮影して、それをブログ等にアップしてもいい、という許可が頂ける場合。

 

③ お花のデザイン等は指定できません。希望の花、色などがある場合、通常の「岩田さんのお花」サービスをご利用ください。

~サービス内容はこちらへ~ (※ こちらは、無料サービスではありません。費用が掛かります。ご了承ください。)

 

その建てたお墓にふさわしいお花を岩田さんが独自に見立ててアレンジしていただけます。
非常に価値の高いサービスとなります。
おおきた石材店でお墓を建てて頂いたことに心より感謝の気持ちを込めたサービスです。
ぜひ、この素晴らしい「岩田さんのお花」をご自身で体感していただきたいですね。

ちなみに、このアーティフィシャルフラワーは屋外の墓地にお供えした状態で、状況にもよりますが半年以上は美しい状態を維持できます。
実際に購入した場合、花束一束 5,000~20,000円、一対10,000~40,000円程度のものです。
(お墓の規模、価格等によって内容は異なります。)

 

11393059_691284617663994_8691178434016991076_n

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC09464

おおきた石材店ではこんなサービス、受けられますよ。①

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

今回から、いくつかおおきた石材店でお墓を建てたり、お墓のリフォームなどした場合に受けられるサービスとか
他の石材店ではなかなかやってないメニューなどをご紹介します。

まず、第一回目はこちら。

「入刻式」です。

簡単に言えば、文字彫刻の最初の部分を実体験しませんか?というサービスです。

 

 

dsc_0031-2

寿陵墓を建てられたMさん。ご兄弟隣どおしで
素敵なお墓です。

 

 

img_20140126_10064722

娘の恩師、S先生。ご夫婦で入刻式していただきました。
更にお土産まで。

IMG_20140305_194937599-300x225

 

 

 

dsc09457

いつもお世話になっているKさん。
非常にアクティブで、いろいろなことに挑戦されます。
お墓の文字の彫刻も初挑戦。

DSC09464

ご自身で確認して、まずまずだと納得。

 

 

 

DSC_0017

あ、これは私の息子でした。。。。(^_^;)

IMG_20141228_130029

その息子の同級生のお父さん。Tさん。
ムードメーカーでいつもいつもいろいろ企画してくれます。
いつもありがとうございますね。

 

 

DSC_0032

Kさん。いろいろ面倒を見て頂いて、本当に感謝です。
入刻式もチャレンジしていただきました。

 

 

DSC_0001

友達もチャレンジしてくれました。
ありがとう。

 

 

などなど、どなたにも好評です。
「お墓の文字の彫刻なんて、素人で出来るんですね。」
「一生の思い出になります。」
「いい経験させてもらったわ。息子に父ちゃんが作ったお墓だぞって、胸張っていえるわ」
などなど。

お墓を建てるって、いいことなのかな、でも、誰かが亡くなって建てるんだから、
あまり喜ばしいことでもないのかな。。。

 

ojisan2_think

でも、金額も高額で、通常、家、車の次くらいに高額なものです。
ただ、石屋さんに建ててもらいました、で終わりでいいですか。

少しでもそのお墓つくりに参加したという思い出が、お墓への愛着となり、
お墓参りもしようかなって、思えるきっかけにもなります。

さて、誰でもこの入刻式ができるわけではありません。

条件があります。

 

① おおきた石材店で新しく建てたお墓、であること。

 

② 契約から完成予定日までに3か月程度の納期があること。

 

③ 当然ながら、建てる人、施主様が「入刻式」をしたいという気持ちがあること。

 

 

この3点が揃ったお墓のみ、「入刻式」をさせて頂いております。

 

費用は無料で実施しております。また、日曜日でも対応させていただいております。
(※ 土日祝日対応させていただいておりますが、対応不可の日もございます。ご了承ください。)

いかがですか。

入刻式、してみたくありませんか?

 

 

「入刻式」をし手お墓を建てたいという方、ぜひ一度、お問合せを。→→→問合せ先

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0196

懐かしい想いで、sweet memories

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。
会議の次の日は、香川県の高松市、牟礼町へ。

目的地はこちら。

DSC_0203

庵治美工さんです。

お会いしたのは。。。

o0400043711552137484

 

。。。レムブルー蒼磨!!

 

おっと、間違えた。

 

DSC_0196-2

庵治美工の有友慎吾さんです。

文字彫り専門の石屋さんで、とても、丁寧なお仕事をしてくれます。

でも、Tシャツ、青いですね。気づかなかったけど。。。

まあ、それはよしとして、

お客様のご要望で五輪塔の梵字を薬研彫で彫刻することになりました。

ですが、薬研彫、よく知ってはおりますが、まだ彫ったことはありません。

っていうか、手彫なので、かなりの技能を必要とします。

探してみたんですが、薬研彫をしていただける職人さんはなかなかいない。。。

 

と、諦めかけた時、

 

DSC_0184

 

「あ、知ってるよ。紹介しようか?」

 

って、あなたは誰ですか???

 

DSC_0185

 

「俺やんか、もう忘れたん。。。」

あ、加工部会長様!!!

というわけで、紹介していただいた方が、有友さんでした。

DSC_0198-2
ちなみに、こうなっております。

img_1911-crop-u303

 

やっぱりワンポイントに自分のカラーが入らないと気に入らないようですね。

 

有友さんは、最初から手彫で彫刻するのではなく、ブラストにて、ある程度彫刻してから、手彫にて、仕上げるという方法を取られております。

DSC_0174

 

庵治細目の石に底サライで、「中村家の墓」

 

DSC_0176

 

中の文字。さらえると、やっぱり文字が映えますね。

 

色の濃い石だともっとよくわかります。

 

DSC_0187

 

「家」という文字。

 

右が通常のブラスト彫刻。左が底サライした文字。

 

明らかに、文字のイメージが違ってきてます。

 

 

DSC_0188

 

ただ単に、そこをさらえた、と言うだけではなく、非常に丁寧にさらえられております。

 

さすが、文字彫刻専門、ですよね。

さて、今回の五輪塔、まだ写真はお見せできませんが、きっと素晴らしいものができる予感です。

 

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0014

お墓がなくなってしまう時が来るかも。。。このままでは。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

お問い合わせは、こちらから。

 

水曜日は、大阪で会議でした。

DSC_0014

とある企画のネタ出しのための会議でした。

 

石材業界も他の業界と同様、非常な変動期を迎えつつあります。

今までの商売の仕方では、おそらく、この先無理だろうな、ということを強く感じております。

 

そして、他の業界と異なる事情として、

バブルの頃、(私は学生でしたが。。。)有り余る需要、つまりお墓を建てたい、建てなくてはならない、
そう言った人々に対して、

 

haka1

 

お墓を建てることをまるで、流れ作業であるかのように、

 

画一的に、

 

均一的に、

 

機械的に、

例外を出来るだけ、認めず、

 

施主様のご意向をあまり気にせず、

むしろ自分の意向を最大限優先して、

建てていた、そう言う時代があったらしいのです。

さて、そのしわ寄せが今、「石材店への不信感」という形で私たち石材店に戻ってきている、そう言う見方もできます。

お墓以外の供養の仕方がどんどん生み出され、

お墓を建てる人がどんどん減っていき、

「お墓なんて建てなくていい」。むしろ「建てるべきではない」というご意見をお持ちの人も増えてきているようです。

この傾向は都会、人口の多い地域の方が顕著で、その余波がまるで津波のように、田舎へ、地方へと波及していく。

これは、あらゆる流行がそうであるように、お墓の流行、お墓を建てないという流行が、徐々に日本全国にひろがりつつあります。

私たち、田舎の石材店はまだまだお墓を建てる機会を多く持っておりますが、そのうち、

「今年は、一基も新しいお墓を建てなかったな」という時代がすぐそこまで来ている気がします。

そんな時代が来たとき、私たち石材店はどうしていけばいいのか?

どうすればいいのか?

どうやったら、その波を乗り越えられるのか?

いや、むしろ職業を早めに代えるべきなのか?

その回答は、今、石材業界のいろいろなところから出てこようとしております。

その中で、私が所属する「一般社団法人日本石材産業協会 顧客満足推進委員会」では、一つの答えを導きだしました。

その答えを発表させていただける場を、頂くことが出来ました。

ときは平成29年8月23日。午後1時から。場所は東京、有明の東京国際展示場。俗に東京ビックサイトと呼ばれる場所です。

「エンディング産業展2017」という見本市の中で同時併催の「ジャパンストーンショー」の中のセミナーです。

タイトルは「墓石の売れない時代にあなたは何を売りますか?~石屋離れに立ち向かうために~」

セミナー講師は、委員会メンバーで、この企画を長い間温めてこられた岡山県の川上明広さん。

10689498_776365799116829_5707379782211866589_n

業界内で、ずっと以前から、この問題に警鐘を鳴らし続けてこられた、非常に先見の明をお持ちの方です。

もし、

もしですよ。

 

「石材店、やめようかな。。。」とか、

「石材店、息子に継がせるのは諦めるか」とか、

「私の体が動けなくなったら、もうお客様のお墓のメンテは、どこの石屋に頼んでおこうか」とか、

とにかく、将来に対する漠然とした不安を感じておられる石材店の親方が

いらっしゃったら、

少しだけ、時間を作って、東京有明までおいでになりませんか?

定員がございますから、何人でも聞けるわけではありませんが、先行きの不安をお感じの方は、ぜひお越しください。

お申し込みはお早めに。。。こちらからどうぞ。

 

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0013

今は、ステンレスが主流です。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

出張中です。今日は、高松の庵治へ行く予定です。庵治ストーンフェアのトラウマがありますが、おそらく、無事に帰れます。有難いことです。

 

お墓の金具が錆びているので、交換してほしいとご依頼。

見に行くと、確かに錆びております。

 

DSC_0013

 

石と石を繋ぐ金具が錆びておりました。これは中の玉石が少なくて(目減りして?)金具が見えていたので、余計分かりやすくなっていたようです。

 

 

DSC_0011

 

合計11個所の金具がすべて錆びておりました。これは鉄製なので、錆びるのは当然だと思います。できればセメントでふた(カバー的なもの)をしていればまだ、多少はましだったかもしれませんが、むき出しなので、ボロボロです。

 

現在、お墓に使われる金属の9割以上はステンレス製です。

 

なので、錆びにくいですね。錆びないわけではない。でも、ここまでボロボロにはなりません。

 

金属が錆びると、いいことは一つもありません。

 

本来の用途である石と石をしっかり連結、固定する、という役割は亡くなってしまいます。

むしろ、それよりさらに悪いのは、
錆びによる膨張によって、石を破損したり、石同士を分離する力が働いたり、石に錆が移って、錆びの成分によって石を変色させたり、

悪いことだらけです。

錆びている金具は早めに交換されることをお勧めします。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0041

コンクリートは、時間をおかないと。。。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

今日明日と大阪と高松へ出張してきます。
大阪は会議ですが、高松へは、庵治へ検品という名のお仕事です。
非常に楽しみです。
暑いけど、熱く行ってみたいと思います。

 

お墓には、基礎コンクリートをするのが常識となってきました。
しかし、お墓とは亡くなった方のお住まいであり、その魄(ぱく)つまり、遺骨を収める場所なので、コンクリートを使うのはどうもね。。。(^_^;)

apron_woman2-4think

と、おっしゃる方もまだいらっしゃいます。お墓にコンクリートはダメ、という地域もまだまだありますが、豊岡市及び、兵庫県北部の但馬地方は徐々にコンクリート基礎工事が主流となっています。

 

でも、まだ反対派はありますが。

心の問題なので、どちらがいい、どちらが悪いということは、一概には言えませんが、基本的におおきた石材店では基礎コンクリートはお勧めします。

 

ただ、コンクリートは時間とともに硬く固まって、その強度(硬さ)によってお墓全体を支える、というものですから、今日施工して、明日を墓を建てる、というのは避けた方がいいですね。

コンクリートは適正な硬さ(強度)になるのは、4週間かかると言われます。

詳しくは、「rolling stone」 (羽黒石材工業の施工管理士、中野さんのブログ)にて、詳しく書かれております。

というわけで、お墓の防草工事のみの予定が、施主様の
「お墓、傾いてない?」の一言で、急きょ、解体、基礎工事もすることになったこのお墓。

コンクリート施工してから、3週間は。。。無理です。
もう少し早めに決まっていたら、何とかなったんですが。。。

DSC_0041

 

とりあえず、一週間以上は経過して、

DSC_0001

 

下周りだけは施工させていただきました。

ちょっと早すぎたかもしれませんが、お盆前の繁忙期なので、ご容赦ください。

(お盆の時期にお墓がないのは、大変不都合ですから。。。(^_^;))

 

今回は、非常に短期間のため、心残りですが、本来は、お墓の基礎コンクリートと言えども、4週間。

 

あるいはそれに近い期間、経過してからお墓を建てるべきでしょう。

 

つまり、お墓を建てる一ヵ月以上前に、基礎コンクリートは施工しないといけない、ということです。

 

本来はね。

なかなかできませんが。。。

 

すべきです。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
ojisan2_think

お墓じまいの意外な落とし穴。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

お墓じまいをお考えの方、

 

その後、ご両親や、ご先祖様のご遺骨はどちらへ供養されますか。

 

お近くにコンパクトなお墓を新たに建てられるのなら、問題ないんですが。。。

 

例えば、こちらへご遺骨を持っていかれる方、いらっしゃいませんか?

 

納骨堂。

 

永代供養墓。

 

樹木葬。

 

海洋散骨。

osoushiki_sankotsu

散骨される方もあるかもです。

 

本山へ納骨もあるかも知れませんね。

 

大阪の一心寺へ持っていかれる方もいらっしゃるかもしれません。

 

 

 

あなたのご先祖様、ご両親、おじいちゃんおばあちゃん、早くで亡くなった兄弟など、あなたの身内のご遺骨を上記の方法で供養した場合、

 

あなたがもし、「私もみんなと一緒の場所で眠りたい」とふと、考えた時、でも、もう手遅れという場合が結構あるのです。

 

kojin_omoide

大好きだったおじいちゃん。お墓参りが大変で、もっとおじいちゃんと会いたいと考えて、お墓じまいして、近くの永代供養墓へ供養したけど、

 

その大好きだったおじいちゃんと自分たちは離れ離れになってしまう可能性があるのです。

 

納骨堂と永代供養墓は、今はいいのですが、将来的には、離れ離れの可能性があります。

 

樹木葬は施設によっていろいろですが、別々の可能性は高いですね。

 

それ以下の供養の方法は、ほぼ間違いなく、一緒には不可能ですね。

ojisan2_think

「そう言った専門的なことは、よくわからない。でも、私がなくなっても、両親、おじいちゃん、おばあちゃんと一緒がいい」

 

それだけは、譲れない。という方。

 

「お墓のみとり」なら、確実に一緒の場所で埋葬、供養されます。

 

それだけは譲れないという方は、ぜひ一度ご検討を。

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0001

「絆」(きずな)が長い間、お墓を守ってくれます。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

昨日は、山の上のお墓のお墓じまいをさせて頂きました。
4人の屈強な男たちを助っ人に頼み、何とか一日で主な作業は終了しました。
作業自体はさほどでもないですが、暑さに負けました。。。今年一番の疲労が。。。
今週残りは軽めの作業で終わらせたいと思っております。

さて、おおきた石材店で施工したお墓は、ほぼ標準施工で「地震に強い施工」として、
「絆」(きずな)という製品による施工を行っております。

 

DSC_0001

 

いわゆる「免震パット」と呼ばれる製品で、地震の揺れを吸収してくれるものなのです。

この製品を使うきっかけになったのは、ある友人との交流でした。

業界のあるイベントでスタッフとして、ボランティアをしていた時、知り合い、仲良くなった友人。

その友人が新しい免震パットを開発、販売することになったという噂を聞きました。最初は、「へ~、そうなんだ。。。」と他人事だったのですが、

 

その友人がド田舎のおおきた石材店まで会いにやってきてくれたんです。

もちろん、売り込みであることはわかっていましたが、わざわざやってきて、昼飯を食べて、

「大北さん、今度、こういうものを販売することになったんです」

「モノはすごくいいものなんです。お願いです。一度使ってもらえませんか??」というので、

「わかりました。使ってみますよ」と二つ返事で、使ってみたのがきっかけです。

それ以前に使っていた「ソフトファスナ-」という製品は、施工に多少のコツがいって、なかなか簡単に施工できない側面がありました。なので、一度使ってみようと思ったのがきっかけでした。

施工ははるかに簡単で、これはいいな、と思い、使い続けました。

 

残念ながら、その友人はこの業界からいなくなってしまいましたが、

彼が残してくれた「絆」

彼との絆だと思って、可能な限り使い続けようと思っております。

DSC_0004

箱を開けた状態。

DSC_0006

取り出した状態。

実は、このパットけっこう高価なんです。この高価なパットを和型3重台なら、最低12枚使います。

なので、けっこう費用は掛かります。そして、地震などがやって来なければ全く必要ないものではあります。

 

でも、果たして、無駄なものでしょうか?

 

必要ないでしょうか?

 

施主様には、必ずお勧めしますが、いらないという方はほとんどいらっしゃいません。

私は、高価でも、地震が来なくても、お勧めすべきものだと思ってお勧めしております。

さあ、あなたのご自宅のお墓には、必要ないですか?

「絆」(きずな)

こちらにも、絆の記事を書いております。~「絆」の過去記事

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0090

「お墓のみとり®」の代理店を始めます。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。
「お墓のみとり®」の代理店を始めました。

 

ちょうど、名刺がなくなって新しく作ったので、早速入れてみました。

DSC_0093-2

 

ちなみに、ライセンス認証を示す「®」の文字、肉眼では見えません。。。(^_^;)(^_^;)こうやって写真に取り込んで、やっと判別できました。ちゃんと®となっているんですね。

 

ところで、

「お墓のみとり®」ってなんだ??

apron_man3-1question

という人がたくさんいらっしゃると思います。

お墓じまいする人、ってすごく責任感の強い人がほとんどです。

「私がご先祖様のお墓を始末つけないと、放置されてしまう」

ojisan2_think

「ご先祖様が眠るお墓が幽霊屋敷みたいになったら、申し訳が立たない。。。」

そう考える人がお墓じまいをされるわけです。

 

さて、そう考えるあなたは素晴らしい方ですが、

では、

あなたはどうしますか?

あなたがなくなったら、どこに入りますか?

 

ojisan2_surprise

「い、いや、どこと言われても。。。
そこまで考えてないな。。。」

もしかして、実は、あなたの心の中では、

「このお墓に、父さんと母さんと一緒に入ってから、それから誰かがお墓じまいしてくれないかな。。。」って、考えたことないですか?

つまり、

お墓じまいしなくてはならないあなたに代わって、お墓じまいを代わりに行うシステムを作りましたよ。だから、安心してくださいね。

というシステムです。

もちろん、全てが完璧なシステムではありません。

墓地管理者の了承が必要です。全体のスキーム(枠組み)を作る法律の専門家の数も足りておりません。

ですが、そういう可能性がある、ということをお知らせいたします。

ojisan1_laugh

「お墓の不安が一つ減ったよ、ありがとう」

そう言ってもらえるサービスを目指します。

 

 

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

一銭の得にもなりません。(言葉は悪いですが。。。)

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

ときどき、メール、お電話でお墓の相談を受けさせて頂いております。

「他の石材店でお墓を建てたんですが、、、」

014488

「実は九州の墓地にお墓を建てようと思っているんですが、、、」

悩み2

「中部地方の民営墓地を申し込んで、見積を頼んだら。。。」

プリント

 

みたいな、ご相談をお受けします。
実際、そのような遠方で、しかも、どんな場所の墓地かもわからない方からです。
当然、おおきた石材店にお墓を建てようと思われてのご相談ではありません。つまり、おおきた石材店の仕事にはなりえないご相談なのです。
民営墓地などどう転んでも中身の見直しなど、できない場合があります。
それでも、誠心誠意、私のわかる範囲で、最大限のお返事、お答えをしております。

どうして?

「そんなの、わたしじゃわかりません。」

「残念ながら、営業エリア外なので、お答えできません」

と、お答えすることもできると思うのです。

でも、見ず知らずの私のところに連絡してくる方、というのはおそらく、困って困ってどうしようもなくて、ご連絡されてくるんだと思うんです。

で、多くの場合、その相手の石材店に(実際交渉している石材店)に不信感を持たれている場合がほとんどです。

「どうしても、納得できない。でも、相手は海千山千のお墓の営業マン。何を言っても、できない、無理です、やめましょうしか言わない。。。」

そう言われる方がほとんどなんです。

いわゆる、「石材店不信」「お墓不信」。

girl_surprise

「もう、こんなことなら、お墓なんて建てなくてもいい。。。」

 

kibishii_kewashii_woman

「どうして、こんなに思い通りにできないの?」
apron_woman2-2shock

「お墓つくりがこんなに大変で辛いのなら、いっそのこと海に。。。」

 

さてさて、お墓が悪いわけではないですよね。

お墓って、一生のうちに一度建てるか建てないかの経験です。お墓の専門家どころか、お墓を建てた人すら、近くにいない人が多いのです。

そんな情報が少ないお墓でしたが、最近、ネットを中心に情報が非常に多く出回っております。

しかし、そんな中で自分に有益な情報を見つけるのは非常に困難です。

相談できる人がいない。セカンドオピニオンを得ることができない。

そんな中で、私のような田舎のお墓を建てている物でも、頼って来られる。

 

私が答えられることって、ホントに大したことないことです。
根本的な解決策は、お答えできないかもしれません。
でも、

apron_woman1-1smile

「私に寄り添って、相談を聞いてくれる人がいるんだ」

そういう石材店もいるんだ、という僅かですが、救いの様なものを見つけてもらえたら、いいかなと思ってお答えしております。

 

で、実は、一銭の得にもなりません、とタイトルを書きましたが、実は、メリットがあるんですよね。私にも。。。

「生の声を聞ける」というメリットが、実はあるんです。これ意外と大きな収穫となることがあります。

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC08101

お墓の立て直し、はじめました④~一部の石が到着。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

 

DSC_0015

今日は曇りがちの天気。夜は雨が降りそうです。
夜篠山まで行ってくるんですが、帰りは雨になりそうです。。。 (^_^;)

 

昨日は、午前中、非常な蒸し暑さの中。。。お墓工事をしていて。。。

真っ白な灰になりました。

 

DSC08101

。。。

。。。

。。。

(一応フォローしておきますと、冗談です)

いや、まだ梅雨が明けてないはずなのに。。。
下着から靴下からすべてを一日3回着替える
「酷暑モード」になってしまいました。。。(^_^;)
体が慣れてないので、持ちません。。。

 

それでも、時間は過ぎていくので、のんびりしているわけには。。。

 

DSC_0036
お盆までに施工予定のお墓の部材が到着。

がしかし、小物だけで肝心な本体の仏塔部分はまだ来ず。

 

石は久しぶりのバングレー。

インド産の銘石ですが、価格が高価になってなかなかな感じなんですが、

外材(外国産の墓石材)で、一番お勧めは? と聞かれたら、

 

間違いなく、この石バングレー(インドBAN)とお答えします。

それほど惚れている石。この石でお墓を建てられるのは、ホントに幸せですね。

ただ、部材が非常に多いので、細心の注意を払わなくては。。。。

バングレーのお墓、久しぶりです。楽しみです。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0014-2

花立のプラ筒、ボロボロになりませんか?

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

お墓の花をお供えするのに、こういうものを使っておられませんか?

4977977399009

プラスチックの花立の筒ですが、プラなので、すぐにボロボロになってしまうんです。

DSC_0014-2

 

このように、もうボロボロになってしまいます。古くなると、色も変わってしまいますね。

でも、このように、立派な花立を用意すると、費用も当然それなりに。。。(^_^;)
DSC_0019

 

ステンレスの野立の花立用筒、あります。

 

DSC_0020

 

ステンレス製の花筒に円錐形の先が付いております。先はプラスティック製ですが、かなり丈夫な作りです。また、この部分は土の中に埋没するので、劣化しにくいです。

 

DSC_0022

 

中は、普通のステンレスの筒になっております。

DSC_0024

 

この部分、かなり硬いプラ製です。簡単に地面に突き刺さりそうです。防草シートを利用したお墓などにも、対応可能ですね。

ガンコマサのお墓にも、予めこれを差した状態で施工したら、できます。
価格はプラ製のものより高価ですが、一度使えば、耐用年数はプラ製のものよりはるかに長いはずです。一度検討してみませんか?

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0001

小学校のボランティアの一日

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

昨日は、小学校DAY、でした。朝一番には「図書ボランティア」で読み聞かせ。

DSC_0040

「一年生になったら」小学校低学年の読み聞かせにお勧めの一冊ですよ。
「いちねんせいになったから!」くすのきしげのり 作/ 田中六大 絵

 

午後からは、会議で小学校へ。

 

学校を支える委員に選ばれ、委任状も頂きました。

DSC_0011-2
小学校の授業参観にも参加し、着衣水泳の参観にも。気持ちよさげでしたね。。。(^_^;)  私も入りたかった。

 

夜は、もう一度図書ボランティアの会議。

DSC_0010

 

いつもは、読み聞かせしかしてないですが、今回はブックカバーの取り付けもさせて頂くことに。

DSC_0014

 

たった5冊ですが、頑張ります。プロに(?)教えてもらったんですが、なかなか難しいですよ。

 

と、そんなことばかりしているわけではなく、仕事もしっかりとしてます。

DSC_0001

 

ガンコマサ、施工完了。きれいになりました。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

防草シートの施工。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

今朝は久々の小学生の読み聞かせ。3年生ですが、この本を読みます。

 

DSC_0044

 

すごく共感できるな。。。昔の私を見るみたいです。興味あったら、読んでみてくださいね。

 

 

お墓に草が生える、ということに一番悩みが多いのは、草取りが大変だからですね。
今回も草が生えるお墓に生えないようにしてほしいというお悩みです。

DSC_0013

 

防草シートの施工を依頼されました。下地をコンクリートやガンコマサなどの固まる土などで作って、その上に玉砂利を入れるのがいいのかもしれませんが、
ご予算の都合で、今回は防草シートの施工となりました。

 

DSC_0010
ただ、玉石があまりしっかりと入っておりません。
なので、防草シートを施工して、その上にこのもともとの玉石を戻しても、下地(シート)が見えてしまいます。

この場合、同種類の玉石を追加で入れ直す必要があります。

 

ところが、

 

写真の五色石と呼ばれている玉石、経年により脱色というか、退色というか色がさめてしまっているんですよね。特に白と赤(茶色?)
新しい玉石を入れても非常に鮮やかな新しい玉石とくすんだもともと入っていた玉石とがマダラになって、あまり良くない場合があります。

 

ときどき、見かけるんですが、元々入っていた五色石というこの手の石が減ってきたので、多分ご施主さんがご自分でなさったと思いますが、新しくその上から五色石を入れていて、でも色が違って、大きさも微妙に違って、なんだか残念なことになっているお墓を見かけます。

 

ですから、その残念な玉石入れのご見積もりと、

 

今入っている五色の石を処分してしまって、新たに新しい玉石を入れ直す見積をご提案。

 

しっかりとご説明して、ご提案したら、そちらにしてくださいとのご返事。

玉石の種類は、経年変色の少ない「那智石」と呼ばれている化粧石を入れることになりました。

 

DSC_0018

 

この石ですね。大きさもこのサイズです。

 

一概に化粧砂利と言っても、いくつか種類があって、お墓が和型なのか、洋型なのか、新しいお墓なのか、古いお墓なのか、いくつかの条件によって、一番お勧めの化粧砂利が違って来ます。
でも、今現在、五色石という化粧砂利はご施主様の希望がなければ、お勧めしておりません。

 

理由は、経年変色が激しいこと。時期によって、色、サイズ、配分が違ってきて、追加施工が難しい場合があることなどです。
施工したすぐは凄く美しくて、満足感高いんですけどね。
施主様のご希望の場合のみ、施工させていただいております。

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0001-2

お墓の引っ越しの可能性が広がりました。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

DSC_0014

大雨特別警報が島根県に出ておりますが、同じ山陰地方ですが、とりあえず雨は止んでおります。
兵庫県豊岡市です。いつ降りだしてもおかしくない空ですが。。。

 

梅雨末期の気象の激変には気を付けます。

 

お墓の引っ越しが完成しました。

 

DSC_0001-2

先日、25トンラフターにて持ち帰ったお墓が非常にコンパクトになって、設置完成しました。

墓地の広さはおそらく10分の1くらいになったかも、です。

 

DSC_0004-2

広いお墓から狭いお墓に移転、という場合、どうしても、入りきらなくて、全部新しくとなりがちですが、

 

今回、何とか収まることが証明できました。

 

いろいろ考えれば、大きめのお墓から小さなお墓へ引越しも可能な場合、ありますね。

 

12号三重台のお墓だったんですが、三重台➡二重台へと変更。一部、お墓を加工しましたが、それでも、二重台になっても、巨大です。

 

一枚目の写真を見るとわかりますが、基礎の巻石は150センチの巻石を巻いただけですが、隣の舞台に載っているお墓と背丈がほとんど違いがありません。

 

奥行きが多少広くなってしまいましたが、何とか収まりました。でも、法名の現場彫刻はほぼ不可能になってしまいましたね。

 

持ち帰り彫刻専用のお墓となりました。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0003

気になるお墓の石、発見。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

今日は台風がやってくるそうです。梅雨が明けてないのに。。。(^_^;)

梅雨空か、台風の雨かよくわからない7月3日の豊岡の朝です。

DSC_0003

今、お墓の引っ越しをしているお墓の近くに、気になるお墓を発見。

どちらもお墓自体ではなく、気になる石、と言うべきか。。。

 

DSC_0028-2

まずこちら。

普通の浄土真宗のお墓ですが、石を確認してみると、おそらくですが、「ロイヤルブラウン」ですね。

最近、使われ始めた石で、ややブラウンというより、あずき色を含んでいるような石です。

豊岡では、私が建てた2基以外、あまり見たことなかったのですが、建ってました。

知らない場所で。

インド産の良質の石なのですが、濡れた、「違う石??」と思えるほど様子が違うときがあります。

面白い石ですね。

 

 

そして、さらにこちらは。。。

 

DSC_0034-2
同じお寺のお墓なんですが、なんと、バングレーです。

一時期、費用によく使われ、私も何基か建てたんですが、突然、使えなくなって、

採掘権でもめている、とか

盗賊団が現れたとか(???)

天変地異が起こったとか

まあ、いろいろな噂が飛び交っていたんですが、しばらく採掘されていませんでした。

が、最近1、2年前から、戻ってきました。価格が1・5倍になって。

(それが狙いだろうよ。。。(^_^;))

でも、私は個人的には好きな石ですね。

細目で、目が揃っていて、最近の外国産の石にはない上品さがあります。

品、がね。
価格が価格なため、いつでも使える石ではありませんが、

ぜひ使ってみたい石ですね。

バングレー、インド産の銘石です。インドBAN

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0006

天候によって非常に左右されがちですね。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

梅雨末期なのか、蒸し暑くて雷雨が時々やっていくる兵庫県豊岡市ですが、
私は昨日からLOVE PSYCHEDELICOの動画見まくってます。
いいですね。大好きです。
LOVE PSYCHEDELICOの新譜が出るそうです。

どうでもいい情報ですが。(^_^;)

今日は、黒みかげ石の施工してきます。
明日から雨なので、何とか完成したいですね。。。(^_^;)

 

新しい石を一切使わず、今ある石のみでお墓移転。延石も古いものをリサイズして使用してます。なぜか石がバラバラなんですが。。。 (^_^;)

DSC_0001

 

あ、当然、金具はリユースではなく、新しいものを使っております。

 

DSC_0004

 

で、鉄筋組んでたら、雨が。。。(^_^;)

 

 

DSC_0008

 

で、養生して、帰ったら、晴れてきて。。。(^_^;)

 

DSC_0006

 

で、結局。。。雨に右往左往させられました。が、何とか施工。

 

DSC_0008

 

養生して帰ったのが、木曜日。で今日、お墓施工です。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0011-2

非常に珍しい事例です。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

DSC_0031

梅雨明けも近いのか、激しい雨が各地で降っております。兵庫県豊岡市も知らぬ間に降ったようです。。。(熟睡しておりました。。。(^_^;)

昨日は、但馬地方ではあまり聞かない「遺品整理士」の方を紹介していただいて、情報交換いたしました。但馬では、ほとんど検索しても出てこない遺品整理士さんですが、今後どんどん需要は増えてくるはず。5年後には、かなりの数に上るのではないかと、のお話でした。その点では私も同感ですね。遺品整理士、但馬地方では、たくさんのご要望が眠っているような気がします。。。

 

私はしませんが。。。(^_^;)

 

で、そのあと、お墓そうじをネットでご依頼いただきました。

 

すでに東京に住んでいらっしゃって、全く掃除に行けないので、代わりに掃除というか、草取りをしていただきたいとのこと。

「お墓そうじ」だけはね。シルバーさんが安い価格で請負されるので、値段で負けることが多いのですが、それはそれで仕方ないな、と思っておりました。草取り、墓掃除だけですからね。

今回もダメ元で、お墓の下見に行きました。

DSC_0011-2

 

が、お墓見た瞬間。化学反応が。。。

「このお墓は、私に掃除してもらいたがっていらっしゃるようにしか見えない!!」
(ちなみに、このお墓は他の石材店様が建之されたお墓ですよ。。。(^_^;)

 

DSC_0013

後ろも雑草が生い茂っております。

DSC_0016

こっちもね。

 

私がこの草を引っこ抜きたくて仕方ない、という方が正しいですが。。。とにかく、このお墓を何とかしたい!!

 

というわけで、金額だけ、電話にてお返事しました。

まあ、いつものパターンで、

 

悩み3

 

「それでは、家族と相談して、後日お電話します」

そして、後日。

悩み3

「家族と相談した結果、申し訳ないですが、他の業者さんに。。。」

 

というパターンがほとんどなんですが、(おそらくおおきた石材店の方が高いのでしょうね。)

今回は、電話でとりあえずの金額をお伝えすると。。

おかあさん
「あ、それで結構です」

「え、結構です、というのは??」

「それでお願いします」

と、非常に珍しいパターンになり、ご成約頂きました。

 

おおきた石材店の顕著な傾向として、

金額だけお伝えしたお客様の成約率は4割程度かな。。。。(もう少し低いかも。。。(^_^;)

逆に、

「見積書」をお送りした場合の成約率は9割、には届かないかもですが、8割以上はありますね。

 

おおきた石材店の見積書には、時間と手間と努力と汗とアイディアが詰まっております。

なので、見積書の提出には、時間がかかります。ご容赦ください。

(最後は鳴きが入りましたが。。。。)

 

実際には、普通の、自分ならこの程度の見積書なら納得するかな、という内容にしているだけなんですけどね。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0032

黒みかげ石は色がさめる。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

DSC_0016

昨日の但馬牛のエサは集めて、固められているようです。

豊岡のランドマーク、来日山に雲がかかって、いい感じの朝ですが、雨のようです。

 

でも、昨日、基礎コン施工できたので、余裕ですね。

 

その昨日コンクリートしたのは前回、クレーンにて移動した

DSC_0028

お墓の基礎なんですが、黒みかげ石です。
私、黒みかげ石はあまり詳しくないのですが、おそらく

「山西黒」という中国の石ではないでしょうか?

(似てる気がするんですが。。。違うかもです。。。)

DSC_0001

 

おおきた石材店が建てたお墓ではないのですが、建之が昭和53年なので、40年になりますね。

 

 

DSC_0005

ほこり、汚れをそぎ取った後の写真。

 

左側、茶色くなっている部分は風雨にさらされ続けた面。もはや、黒みかげ石とは呼べないくらい茶色くなっております。

 

右側は、上の石の下になって、隠れていた部分。光沢も色も現役時代の栄光を未だ残しておりますね。十分光沢があり、黒いです。

 

特に、一枚目の写真。鉛と弾性接着剤で施工してあるのですが、その鉛と接着剤がついていた部分は特に、光沢と色が鮮やかに残っております。

 

この写真は中台と言って、下の台石ですが、上の台石。つまり竿石のすぐ下の台も見てみましょう。

 

DSC_0025

白い傷があるのは、わざとですね。「地を荒らす」といって、こうやって置くことで、接着力を強化しているわけです。(その効果があったかどうかは不明ですが。。。)
やはり、風雨にさらされている部分は茶色くなっております。(右側と下側の部分)

そして、もう一つ気になることが。。。

 

DSC_0025-2

赤枠で囲った部分。実は、水あかが溜まっていた部分です。つまり水あかが溜まっていたおかげで、退色せずに、現役の色艶が残っていたということです。

 

皮肉なもので。。。(^_^;)

 

最期に竿石(仏石)を。

 

DSC_0032

 

竿石の下の方の写真です。てっぺんの部分はすでに茶色く変色してしまっております。ただ、横の面(文字が彫刻してある面)はまだまだ黒い色がしっかりと残っております。

 

気になるのは、この下の部分。水あかを落としたんですが、分かりにくいですね。

 

DSC_0032-2

赤い部分は、水あかを落とした部分。さすがに、横の面も多少艶落ちしているのが確認できます。水あかの部分の方が色が濃いですね。

それから、青い線で囲った部分はまだ、何もしてない状態。水あかがついていて、さらに、その上からコケらしきものも。。。(^_^;)

 

山西黒という石だと仮定しての話ですが、この石は現在あまり使われておりません。あまり評判が良くないにもかかわらず、けっこう高いから。

でも、40年も経過していて、一分茶色く変色している部分もありますが、これだけ光沢が残っているとは、驚きです。

まあ、研磨工程が今と当時では違うということは大きいのかもしれませんね。

今回、一番実感したのは、白みかげ石より重たいということ。簡単に持てると思ったものが、意外と重くて、大変でした。黒みかげは。(本文と話が全然関係ないですが。。。(^_^;))

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0012

お墓の立て直し、はじめました③

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

お問い合わせは、こちらから。

 

今朝、工場に来てみたら、気付きました。
こんなものが。。。

DSC_0002

南側にも。。。

DSC_0004

草刈りして、刈った草を固めてこんな状態になっているんですね。

DSC_0008

おそらく、但馬牛のエサになるのでは?ないでしょうかね。

DSC_0010

しかし、便利なものがあるんですね。

草刈りもあとの始末が結構大変ですもんね。

 

さて、昨日の玄武岩ですが、いろいろご意見いただきましたが、私は、まず、ドリルで矢穴を開けることにしました。

 

DSC_0043

よく見たらわかるかもしれませんが、後ろのお墓、非常に大きい、というか、広い。

 

横に広いお墓でして、3区画分くらいの広いお墓で、見えている地周りの基礎石も非常に長い一本もの。多少の衝撃でも大丈夫では?と考えました。
なので、ドリルで割って、上に見えているはみ出したモルタルらしきものも邪魔なので、そのままカッターでカット。

そのままカットするより、いったん割ってからカット、の方が切りやすいのでそうしました。

 

が、

 

こっちも予想外!!

 

DSC_0052

実は、切れてました。ほどんど基礎のギリギリで切られてました。

後ろのお墓工事されるとき、カットされたのでは?と思います。

 

というわけで、結果オーライで、

DSC_0007

型も組めて。

 

 

DSC_0012

コンクリートも施工できました。

この現場は、しばらく放置となります。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0020

お墓の立て直し、はじめました②

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

かなり久々の雨の朝の兵庫県豊岡市です。

たまには雨も降ってくれないとね。。。

 

お墓の解体後、新たなお墓の建立工事しております。

コンクリート製(?)の舞台の撤去工事。

DSC_0020

上のふたの部分をとりあえず撤去。

中が見えました。

お骨拾いで拾え切れなかったご遺骨が少しと、内部の土をお預かりして、

DSC_0028

 

撤去作業、再開。

 

コンクリートも鉄筋が入ってないと、セリ矢で割って、解体するのが早いですね。最初は順調に割って行ったんですが、

 

DSC_0032
隣のお墓との境界を撤去したら、大きな穴が。。。(^_^;)

DSC_0040

 

見なかったことに。。。いやそれはできないですね。(^_^;)

DSC_0042

 

まあ、古いお墓なので、いろいろなことがありますね。(^_^;)

DSC_0043

 

で、最終的に、土中に埋まっている基礎石を撤去していたら。。。

嫌な予感が。。。

 

DSC_0046

玄武岩ですが、後ろのお墓の基礎の下に。。。(^_^;)

どうしたらええんだら~あなあ。。。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0009

お墓の立て直し、はじめました①

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

DSC_0055

今朝は、いわし雲??
雨が降るよ!!という天気ですね。
でも、お昼まではもって欲しい。。。(^_^;)

今日も頑張ります。

 

以前ご紹介した、このお墓、いよいよ着手です。
いろいろ楽しみと不安があるお墓を新たに建てさせていただきます。

DSC_0001

水鉢と竿石の一部を残して、あとは、お墓じまいさせて頂きます。

台はコンクリート製のようです。が、解体してみないとわかりません。

 

 

DSC_0012

 

まずは、水鉢、花立をとりはずします。以前納骨口を改修した姿が残っております。

 

DSC_0019

 

竿石と台石は簡単に取り外すことが出来ました。この石は、地元でよくお墓に使われた石です。
さて、この舞台のコンクリートを解体させてもらうんですが、けっこう簡単にできる場合とすごく大変な場合があります。
今回は、念のため、電動チッパーとエアチッパーも用意して万全の体制ですが、どうなるでしょうか。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0052

お墓の入り口、甘く見てないですか?

こんにちは。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

今日は午後更新ですが、大事なことなので、よく読んでもらいたいですね。

 

最近、豊岡市営墓地のうち、西霊苑で、外柵工事のご依頼が増えております。市役所生活環境課から最低限のお墓の工事をしてください、との連絡があったといずれの方もおっしゃいます。

何年もほったらかしになっていたお墓ですが、とりあえず外柵工事だけしてほしいとのことです。

 

DSC_0005-2

 

こういう区画ですね。コンクリートの入り口っぽい感じにはしてありますが、ほぼ手付かずですね。

 

こういう墓地の区画に外回りの境界の石を設置するわけです。

 

DSC_0029

 

こういう風になります。コンクリートの上に石が乗って、きちんと枠が決まる、というイメージです。

誰がやっても同じじゃないか?って思いますよね。形同じだし、どこが違うんだって話。(^_^;)
ところがどっこい。大違い。大変な違いがあるんです。

 

DSC_0041-2
この入り口は基本的にこの入り口を使って、墓地区域内に入って線香を立てたり、お花をお供えしたり、ということを想定しています。つまり、この階段を使って中に入るわけですね。

(※ 墓相のお墓の一部は、墓域内は神聖な場所で、土足で立ち入ることを想定してないお墓もあります。)

この段、高すぎないですか?

高すぎて、上りにくくないですか?

 

高すぎて、足の悪いおばあちゃんじゃ、登れなくないですか?

 

おばあちゃん

 

 

そういうことなんですよね。
じゃあ、この段はどうですか?

 

DSC_0052

 

高さはいいんです。でも、何か感じないですか?

 

DSC_0054

じゃあ、こちらの階段はどうですか?

 

狭くないですか?

 

奥行が狭くないですか?

 

足の悪いおじいちゃんじゃ、危なくないですか?

悩み2

 

階段って、簡単に段になってればいいや、って思う人もいるかもしれませんが、実は、非常に大切なんです。
足腰が元気な人でも、踏み外す、つま先が当たってしまう、ってことあるんです。ましてや、お年寄りだとか、幼児、足腰が不自由な人などは、階段が凶器となることもあります。

 

私は、こういうお墓に階段を設置する場合、一つのルールを作っております。

 

① 段の高さは低ければ低いほど良い。

これは、最初の原則なのですが、段を低くすれば低くするほど、階段に占有される面積が広くなって、墓地として使える部分が減ることになります。なので、限度があり、基本の高さは15センチ(5寸)を基本としております。最大で18センチ(6寸)。それ以上になるともう一段追加することを検討した方がいいですね。

 

② 段の高さは揃える

これも大事な原則です。階段ってリズムで登るものです。いちいち段を見ながら登りません。通常はね。なので、いちいち段の高さが違うとリズムが狂って、若い人でも階段を踏み外すことがあります。階段は、複数ある場合は、段の高さを揃える。これも大切な基本ルールです。

 

③ 段の奥行(踏みシロ)を十分取る。

写真のようにつま先しか乗らないような狭い階段は非常に危険です。できればかかとまでしっかりと乗れるように広い踏みシロのある階段を設置した方がいいと思います。ただこちらも限度があります。あまり広い踏みシロを作ると、墓地の使える面積を狭くしてしまいます。基本は30センチ(1尺)くらいの踏みシロの階段が理想ですね。多少狭くても大丈夫だとは思いますが、18センチ(6寸)以下だと大きめの足の人は半分も載らない、ということになるので、それ以上が理想ですね。

 

④足が乗る部分は滑り止め加工を

足が乗る部分は濡れたら、非常に滑りやすくなりますので、滑り止め加工は最低限すべきですね。切削(切ったままの加工)でも、雨で石が塗れていたら滑りやすいです。一番滑る組み合わせは、磨いた面の上に雪が積もっている場合。転倒の危険が非常に高いので、足で乗る面は磨き加工は絶対に止めましょう。

 

DSC_0043-2

 

上の写真、分かりにくいですが、一段目、地面から30センチくらいあります。しかも、一段目の足を踏む面が滑り止め加工してありません。危険ですね。

 

DSC_0047

 

こちらの階段もさっきと同じくらい高い階段ですね。しかも滑り止め加工してありません。昔のお墓はそういう部分があまり考慮されていないので、こういう階段が多いのですが、最近は多少考慮されているようです。

 

DSC_0019-2

 

最近建てられたと思われる外柵の階段です。一段目、二段目共に15センチ内に収まっております。段の上の面には、滑り止め加工が施されています。

 

ただ、一段目より少し2段目の方が高い。しかも、踏みシロのサイズが一段目は充分取られているんですが、2段目が狭い。完全な墓地の階段入り口とは呼べない外柵の入り口ですね。

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0032

「お墓物語」~お墓にまつわるエピソード集

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

申し込んでいた「お墓物語」~お墓にまつわるエピソード集が届きました。

DSC_0001

 

2011年3月発刊なので、6年前ですね。

 

DSC_0003

 

当時、編集委員会が時間を込めて作成したこの冊子。原稿公募しました。

委員会メンバーだった私も投稿したところ、運よく審査に通って、原稿が載ることになりました。

DSC_0032

 

その原稿が、私の父を書いたこと。当時、亡くなってそれほど経ってなかったので、石職人だった父のことを書いたところ、運よく、取り上げられ、「優秀賞」という賞も頂きました。

 

DSC_0033

 

いや、嬉しかったですね。私の書く文章が認められた初めての経験かもしれません。協会から商品(商品券でしたが。)を頂いたことのある会員は私だけではないかなと、それがひそかに自慢です。

 

DSC_0041

 

ちなみに、一番最初に載っている三浦るるさんという方の「祖父との出会い」という作品が最優秀賞です。

 

DSC_0037

当時、年次大会に三浦るるさんをご招待して、お話を聞き、記念写真も撮らせていただいた気がするな。。。結構美人な女性だった気がする。当時は19歳だとおっしゃられてたかな。

 

私にとっても、非常に思い入れのある小冊子です。

 

「お墓物語」~お墓にまつわるエピソード集(第一集)

「読みたいな~」という方は、限定100部ですが、お問合せから、メッセージ下さい。送料のみご負担でお送りいたします。

 

近所の方なら、私がお持ちしますし、取りに来られても大丈夫ですよ。

 

お問合せ先はこちらへ。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0053-2

あなたもできるお墓のメンテシリーズ①

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

従兄のメンヨ工事のお手伝いは2日間で終了。

DSC_0007

1.3m上がりました。
風が良く通って、頭も打たなくなって、だんだん作業しやすくなります。でも、2日間で終了。石屋さんの方が本業ですので。

 

今日は、私の加盟している「一般社団法人日本石材産業協会」の定時総会。
平成19年入会以来、ほぼ毎回参加していたのですが、今回は仕事のため、欠席です。
盛会を祈ります。

さて、お墓のメンテシリーズですが、(そんなシリーズあったっけ。。。(^_^;))
お墓の文字に赤色を入れることがありますね。

DSC_0053-2

例えば、こんな感じ。(一部画像を処理しております)

 

裏書きと言いますが、お墓を建てた年月日と建てた人の名前を刻みます。

その建てた人が生きているなら、朱文字と言って、赤い(朱色)を入れます。

本来、亡くなった人がお墓を建てる訳がないので、この朱色は入れる必要があるかどうかは不明ですが、いれる場合と入れない場合があります。

本来、生前に「戒名」を頂いた場合、その通常亡くなったのち頂く戒名を、生きている間に頂いたという証のために朱色を入れます。

 

それも、「戒名」6文字のうち、真ん中の2文字、つまり戒名の部分に朱色を入れるわけです。

 

それを、流用というか、意味を拡大して、俗名に朱文字が増えてきているようです。

 

なので、おおきた石材店では赤色(朱色)を入れてほしいというリクエストがある場合のみ、朱色を入れますが、基本この裏書きの俗名には、その他の色を入れます。あるいは、色を入れないか。

 

その朱色の色を落として、違う色を入れる方法をご紹介します。

 

まず必要なもの。

DSC_0049

ラッカーうすめ液。シンナーと俗に読んでおりますが、ホームセンターで販売しております。

DSC_0058

塗料はがし剤とか、ラッカー剥離液、とか呼びますが、こちらもホームセンターで売っております。

DSC_0053

細筆。どんな筆でもいいですが、細目で。水彩画用がいいのかも、です。

 

あと、水とラッカーうすめ液や塗料剥離剤を受けるコップの様なもの、湯呑などがあればいいですね。

更に、必要に応じて、養生テープ。(布テープ、クラフトテープでも可)

 

まず、作業前の状態。
建墓後、5、6年の比較的新しいお墓です。

DSC_0051-2

お墓が新しいということは、塗料も比較的新しいということ。
塗料のはがしも簡単な可能性があります。

 

DSC_0057-2

剥離剤(塗料剥離剤)を筆にとって、塗り込みます。ややゼリー状なので、簡単に濡れます。説明書に書かれているように、塗り込んでのち、多少の時間放置します。

 

下に垂れ下がって、違う字の色も落ちてしまう場合もあるので、ガムテープ、布テープ、養生テープなどで、文字の下に塗料受のためにある程度重ねて貼っておくことをお勧めします。

 

DSC_0063-2

ある程度、塗料が分解されてきたな、と感じたら、塗料をウエス(布)で掬い取るイメージで掬い取り、新しい剥離剤をもう一度塗り込みます。

 

先の細いものにウエスを巻いて掬い取るときれいに取れますね。

 

DSC_0065-2

三回目。塗り込んでその後、掬い取った状態。

 

かなり朱色(赤色)が落ちてきましたね。

 

上に黒を塗り込むなら、この程度でも大丈夫なのかもしれませんが、その上の黒色が劣化ではがれた時、下地の赤色が見えたら、非常にカッコ悪い(手抜きな仕事)に見えるので、もっとしっかりと取りたいと思います。

 

ちなみに、上に塗る色が白の場合、この程度では、白と赤が混ざってピンク色になったりするので、白を塗る時はもっとしっかり落とします。

 

DSC_0068-2

ここまで落ちたら、大丈夫でしょう。

 

この上から黒色を塗ります。

 

 

DSC_0077-2

 

完成。

 

いかがですか?

 

ホームセンターで売っている物だけで、これだけできますよ。

是非お試しを。

 

「不器用で自分ではできない」
「遠方で大変なのでやってほしい」
という場合、代行いたします。

お問合せ、質問はこちらへ。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0007

家曳のお手伝い

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

DSC_0015

久々の雨模様の兵庫県豊岡市です。

今日は、従兄がやっている「家曳」のお手伝い。
急きょ、応援に来てほしいということで
舞鶴市まで来ております。
2時間ですよ。2時間。

遠いな、舞鶴。。。(^_^;)

DSC_0001

水害で水に浸かった家です。
また水害があっても浸水しないように、地盤を高くするそうです。

 

DSC_0004

普段なれない仕事なので、
きついですね。腰が。。。(^_^;)

 

DSC_0007

約90センチ上がりました。
今日も応援に行きます。
最終的には2m上げるそうです。

私は今日で、お役御免させていただきますが。。。
多忙のようです。
私も忙しいですが。。。
お互いヒマでなくてよかったね。

有難いです。

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0050

お墓の引っ越し~クレーンでの移動

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

先日、解体したお墓。
今日は引越ししました。

カニクレーンが入れない墓地なので、
この三又という伝統的な手法で、石をとりあえず、解体。

DSC_0016

本日は、「近畿工業」さんという会社に依頼して、
25トンの大きなクレーン
(俗にラフタークレーンと呼びますが。。。)で
吊り上げて頂きます。
社長さんがご近所なので、
いつもお願いしています。

 

どうして直接吊らないかというと、
下見してもらって、ギリギリ届かない、
という判断だったので、
ギリギリ届く場所まで自分で移動したわけです。

それでも、
大きなクレーンだと
仕事が早い!!
お昼には、終了しました。
感謝\(^▽^)/

とにかくデカいです。

DSC_0028

ここまで(結構高い場所ですが。。。)
あがって来れるか、心配しましたが、
大丈夫でした。

DSC_0033

このブームの先にさらに延長して、
孫(まご)出しという延長をして
それでも、ギリギリ届かない。。。

DSC_0034

現場から見ると、そんなに遠く見えないのですが。。。

DSC_0036

木の枝が邪魔で、
よく見えないですね。

DSC_0040

先っぽ、孫が出ております。

DSC_0043

このように、きれいさっぱり
何もかもなくなりました。

 

DSC_0044

お昼前、ちょうど作業完了。
この孫の収納システムがまた
興味深い。。。

DSC_0052

特に
この孫ウデ(赤くて長い部分ね)が

DSC_0056

下から、横に収納される
システムが、興味深く
みんなで見学。
動くたびに
「おーーー!!」と
歓声。
男はいつでも、
この手のメカものに
弱いですね。

またお願いします。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「庵治博」~一番お世話になった人

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

庵治博の記事、今日が最後です。
この2日間で一番お世話になった人、
この人です。

レムジア赤

いや~カッコいい~、
じゃなかった。。。
間違い間違い。。。(^_^;)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大川弘展さんです。
言わずと知れた、庵治の顔であり、
石工職人と社長の2つの顔を持つ男です。
(→㈱大川石材のHP

去年と今年となぜか2回もプロジェクターをお借りして、
いまや、石材業界一の「プロジェクターの人」と
(私の中でだけですが。。。(^_^;))
唯一無二の人となっております。

庵治ソムリエ養成講座でもお世話になり、
今回の
「庵治ストーンフェア青年部交流会」でも
お世話になり、
個人的にも、お世話になり(仕事の上でね。。。)
委員会でもお世話になり、
お世話になりっぱなしな人なのです。

なので、今回、少しだけその恩返しとして、
「大川弘展の紹介記事」を書いてみます。
(いつも紹介記事書いてるし、というツッコミは入れないでね。。。)

庵治産地で最も有名な加工工場の一つ、
「㈱大川石材」の代表取締役であり、
庵治産地でも最も有名な人の一人でもある
大川さんは、石職人でもありますよ。

tumblr_oi3z7sfX7p1ud02r0o2_500

日本中の石職人の中で、ナンバーワンは誰だ!!
というコンテスト、
「技能グランプリ」というコンテストがあります。
そこで見事銀賞。2番という成績を収められました。
なんだ、2番かよ、と思うのは、ホントの素人。
このコンテストはホントにレベルが高くて、
そこらの石職人では到底、太刀打ちできないレベルなんです。
時間制限も結構シビアだしね。

(その様子をレポートされている「大川石材ニュース」

これで銀賞というのは、ホントの超一流の職人の証なんですね。
私が言うのは、おこがましいですが。。(^_^;)

そして、本業の石材加工、特に研磨には、人からならぬこだわりが
あります。
まあ、ホームページをご覧になったら、そのこだわり具合が
半端ないこだわり具合だと、実感できるでしょうね。

研磨工程、こだわりを詰め込んだページ

その上、ホームページに石材加工のお問合せフォームが
あるページって、そうあるものではないですよ。
石をちょっと加工してほしいな、という人は、ここで尋ねてみることを
お勧めしますよ。

石材加工のお問合せフォーム

(ページの一番下にお問合せのリンクが貼ってあります)

 

そして、庵治産地の中でも若手に信頼が厚い人でもあります。
こう書いてきたら、欠点が見えないな。。。

 

DSC07938

 

なぜなのかは知りませんが、「赤」が好きなことでも有名です。
「レッド」とも言いますが。

その大川さんの会社が出店していた
「庵治ストーンフェア」
そこで、イチオシだったのが、

DSC_0116
大阪泉州で採掘される「和泉砂岩」のお墓。
一見、普通のお墓より、グレーぽいな、って感じですが、
触ってわかる。
吸いつくような、非常にセクシーな触感です。

 

「触感で楽しむお墓」

 

これは、新しいお墓ではないでしょうか?
ギラギラ光沢のお墓ではなく、
シックにマットな感じも通好み。

大人のお墓選びは、この和泉砂岩で。

(CMのキャッチコピー、使ってくれていいですよ。大川さん。。。(^_^;))

DSC_0113

堆積岩なんですね。
このグレー系は玄武岩系か、安山岩かなと
思ったんですが。。。
大阪でこんな石が採れるなんて、素敵ですよね。。。

機会があればこの石を是非、触ってください。
触ればわかる、石の魅力。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0073

「庵治博」で会った皆さん、ありがとうございました。

 

 

 

庵治、高松でお会いした人をご紹介してます。
普段あまり会えない人を中心にセレクトさせていただきました。
その点、ご了承ください。

dsc_0103-2

筒井先輩、久しぶりにお話しできて感謝です。
写真も撮れなかったけど、是非約束は果たしたいですね。
岸本さんと三人で飲んだ(私は飲んでませんが。。。)神戸が
懐かしい。。。

 

 

MTW201602263805100016787

和泉憲さん
ソムリエ、交流会とホントにお世話になりました。
(有)太元屋さんのブースに寄ったんですが、
お留守だったみたいでした。

これからもよろしくお願いします。

19059171_925572947580615_5868743589594781351_n

特等席で挨拶聞かせてもらいました。
私と大橋さん、竹ノ内さんも写ってるな。
お隣だった三和研磨工業㈱竹ノ内さん

12047030_1000235059998624_5141706906470481480_n

何かとお会いする機会が多い竹ノ内さん、
今回も交流会お隣でしたね。
定時総会は大役ご苦労様です。
頑張ってください。

 

 

263560_112079228886628_4822281_n

同じ兵庫県の作用の山﨑さん
委員会参加ありがとうございました。
是非正式メンバーになってください。
よろしくお願いします。
山﨑石材店(兵庫、佐用)

 

14502836_699953323494394_8524811237102598146_n

田中貴章さん
ソムリエトリオのうち、私だけで遅れてしまいました。。。
何とか、田中さん、久保田さんに追いつきたいと
思っております。
委員会もよろしくお願いします。
西村石材店(兵庫県、宝塚市)

 

 

15326587_102170176945561_5973028049789693224_n

野母さん、金山さん(写真がないです。。。(^_^;)
ありがとうございました。
お酒好きなのは知ってましたが、
あそこまでとは。。。(^_^;)
これからもCS委員会、よろしくお願いします。
石のみやび(神戸、明石)
金山工業株式会社

17362451_1278367295591253_2077879014642815530_n

藤原さん、いろいろご心配かけまして、
ありがとうございました。
車はまだ帰ってきてません。(^_^;)

孔雀株式会社

 

そして、最後に、あの人をご紹介します。
一番お世話になったあの方を。

明日。。。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0105

「庵治博」で気になったこと③~納骨袋と庵治石のお墓は相性がいい

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

全く関係ない話をしていた時、隣のあるブースが気になって、
よく見たら、見かけた安部さんの納骨袋。

DSC_0105

「やすらかに敦」

DSC_0109

このシックな「納骨袋」

DSC_0112

大切な人の最期にふさわしいものだと思います。

さらしの納骨袋は2年でボロボロになってしまうことが判明しましたし、
せめて5年間くらいは、大切にご遺骨を守ってほしい、となれば、
この安部さんの「やすらかに敦」しかないのかもしれませんね。

 

予想外の出会いがありました。

今回、「石栄会」の会長に就任されました、島本健一郎さんの会社
(有)島本石材工業さんもブース出展されてました。

19059498_1489126314513804_1117459842085356389_n

写真を撮り忘れたのがあまりにも残念なんですが、
一枚だけ、勝手にお借りして載せます。

お墓の中って、どうしても湿気が溜まって、じめじめしがち。。。
そこを何とかできないかと、職人ならではのアイディアで、
ひじょーに湿気の溜まりにくい、通気性のいい、
でも、お墓の品位を貶めないお墓を展示されていました。

外見からよく見たらわかる工夫もありますが、
納骨室の中も工夫がされてます。
そして、なによりも

センスいいな。。。

こういうセンスは生まれつきなので、
なかなか習得できないのですが、
魅力的なお墓です。
いつかは、島本さんの作られたお墓を建ててみたいと
ホントに思いましたよ。

 

 

そして、この方のブースにも行ってきました。
ずいぶんいろいろしょっちゅう会っている気がするんですが、
実際にお会いするのは、大阪のストーンアシスト以来。

ピコムさんのブース。

湯口さん1
📞 大北さん、最近どうですか?

 

DSC09427-2
📞 
いやいや電話じゃないんだから、会話形式にする必要ありますか??

 

湯口さん1
📞 大北さんのお蔭で、たくさんの人が興味持ってくれてますよ。ありがとうございます。

 

DSC09427-2
📞 
(この人、全然人の話聞いてないな。。。(^_^;))
よ、よかったですね。頑張ったかいがありましたよ。

そこへ、やってきたのは。。。

10689498_776365799116829_5707379782211866589_n
📞 
湯口さん、来たよ!!

どうやら、高橋さんもこのシートを使ってみようかなって思われているようです。
私が思うよりも、このシートを使って文字彫刻してみようと思われている業者さん多いようですね。
あなたもどうですか?

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
20170614064435725_0001

日本の石でお墓を建てたい方必見~「庵治博」で気になったこと②

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

「庵治博」で気になったもの2つ目は。。。

DSC_0092

ご無沙汰してます栄龍石材の米田さんです。
大切な人を供養したい。その想いからできあがっております。

DSC_0096

業界向けイベントではありますが、
お墓を建てる人、エンドユーザーに向けた新しい試み。

20170614064435725_0001

その名も「蜘蛛の糸」

DSC_0098

初日の早い時間ですが、もう予約済みの赤札が。。。

DSC_0099-2

このように、石は「北木石」なのですが、
磨いてないお墓です。
磨いてあるのは、面のみ。
出来るだけ、リーズナブルに日本の石のお墓を
提供できないか、というアイディア。

ワンサイズのみの製品なので、
どんな形でもというわけではないですが、

「あんまり予算がないのよ。。。
でも、日本の石で、できれば北木石で建てたみたい。。。」

悩み3

というご要望の方には
一度、検討してもらいたいお墓ですよ。

日本の銘石、北木石。
+栄龍石材謹製。

20170614064435725_0003

「輝きより守りたいもの」
光沢あるお墓は魅力的ですが、一番コストもかかります。
そこよりも大切なことを栄龍石材は考えます。

「一分に注いだ職人魂」
それでも、職人魂を入れるのが、栄龍カラー。
一分の面に全ての職人魂を。

「行き場を失った在庫の石材を使用」
ここが最大のポイントですね。
なぜこの値段で出来るのか、の最大のポイントがここです。

これ、
これだよ!!
これを探してたんだよ!!

おとうさん
と、おっしゃる方が必ずいるはずです。
栄龍石材からの新しい提案。

「蜘蛛の糸」です。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0083

「庵治博」で気になったもの①~岩田さんのお花

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

香川県高松市へ行ってきました。
年に一度の石材業界で一番大きなイベント、
「庵治ストーンフェア」です。
今は、高松市の一部になってしまいましたが、庵治牟礼地区は
日本一の石材採掘加工地です。
日本一の銘石「庵治石」が採掘される土地でもあります。

そこで毎年、行われる石材業界最大のイベントです。

さて、2年ぶりに参加した今回、いくつかご紹介します。

DSC_0083

いつもお世話になっている岩田弘美さん
いまや、エンディング業界の顔ですね。
(一社)ジャパンフューネラルフラワー協会の代表理事です。

うちの展示のお墓のお花を作って頂きました。
夏にぴったりのひまわりです。\(^▽^)/
ありがとうございます。
感謝です。

このお花はまた展示して、ご紹介したいと思います。

おおきた石材店で施工したお墓にお供えする
アーティフィシャルフラワー(造花)は
基本的に岩田さんにお願いしております。
しかも、
全て「お任せ」

なぜなら、

岩田さんには、絶対的な信頼感があるから。
岩田さんなら、予想以上のお花を必ず作ってくれるから、
岩田さんなら、必ず毎回、アベレージで
最高品質のお花をつくってくれるから。

絶対的エース、絶対的信頼感。
そこを裏切らないのが、岩田弘美さんです。

岩田さんのお花を扱えるのは本当に有難いことです。
世界に一つしかない、
「岩田弘美が作るアーティフィシャルフラワー」
あなたのお墓にもどうですか?

お問合せ先

もっと詳しく知りたい方はこちら。

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0033

「庵治での忘れ物」②

おはようございます。

但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

いつも旅行はトラブルが付き物。
今回はけっこうなトラブルでした。

DSC_0033

「庵治での忘れ物」②

http://ameblo.jp/ohkita-sekizai/entry-12282806695.html

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0005

「庵治での忘れ物」という旅行記、書きます。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

DSC_0005

庵治ストーンフェア、庵治博と題して、開催されております。
今日までです。(日曜日)ぜひご参加を。

「庵治での忘れ物」①

http://ameblo.jp/ohkita-sekizai/entry-12282706468.html

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0031

「お墓じまい」しようとお考えの人、全てに知って頂きたい。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

DSC_0031

久々に雨降りの兵庫県豊岡市です。
豊岡のランドマーク、来日山がぼんやりとしてます。

今日は現場は休みで、週末の準備、工場での加工、書類作成などを
しようと思っております。

さて、皆さんの中で、
「お墓じまい」しようとお考えの方、いらっしゃいますか?
おそらくいらっしゃるでしょう。

お墓を管理されている。
先祖代々のお墓。
でも、後を見てくれる人が誰もいない。
私が亡くなったら、おそらく無縁墓になってしまう。
「お墓じまい」なんてしたくないんだ。
でも、仕方ない。。。

そういう方、多いのかもしれません。

私もご先祖様と一緒にお墓に入りたかった。
父や母や、おばあちゃん、おじいちゃんが眠っているお墓に
少しでも一緒に入りたかった。
でも、それはできませんね。
残念ながら。。。

ところが、
それが可能となるかもしれないのです。
実は。。。
ほんの僅かかもしれませんが、
あなたもご先祖と一緒にお墓に入ることが
出来るかもしれないのです。

「お墓のみとり」というサービス。
そんなサービスです。
6月19日からスタートするらしいです。
実は私の誕生日。。。(関係ないですが。。。)
そんなサービスの代理店をさせて頂こうと思っております。

週末、代理店説明会が開催されます。
それに参加してきます。
是非、ご期待下さい。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」