―お墓のこと

IMG_20191119_163943

「天山石」を選ぶべき墓地、その選ぶべき理由

おはようございます。
兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

天山石の話題の第3弾。。。というか最後ですが、「天山石」高価な墓石です。誰でもお勧めするべき石ではない、と思っています。でも、この石を選んだ方がいい方っていらっしゃいます。そういう人にどうして「天山石」なのか、と説明します。その逆もありますよね。

 

以前書いたように、強固で、重たく、水も吸いにくい石なので、石という素材としては、いろいろな影響を受けにくい石だと思います。
平たく言えば、「強い石」ってことですが。。。(平たすぎる。。。(^_^;))

まず、海に近い墓地。

海風がお墓の石に与える影響って、極めて深刻です。特に日本海側の冬の厳しい海風はホントに強烈で石の表面に深刻な影響を与えます。
一部の外国の石、実は海の近くに建てられているお墓なんですが、もう海側は磨いたとは思えないようなガタガタの状態になっているのを見たことがあります。
いわゆる「滑り止め」加工した状態。

girl_surprise

まさに、このような表情になります。まだ、海と反対側の面はわずかに光沢が残っているのですが、海風に当たる面は、酷い状態でした。
完全に「滑り止め」加工した状態。

「お墓の側面に滑り止め加工してどうするんだ!!!」

怒ったおじさん2

と叫びたくなるほどの惨状でした。

海の近くにあるお墓、ホントにお墓の石の選択には細心の注意を払うべきです。そんな墓地であるからこそ、一番お勧めなのが、「天山石」です。これほど海の近くの墓地にふさわしいお墓の石はないと言っても過言ではない、と思います。

 

次に、天山石をお勧めしたい墓地の環境として、「樹木が茂っていて、日当たりが悪い、じめじめしている墓地」です。

 

きれいに管理されている霊苑、都心部の日当たりのいい寺院墓地などではなく、日当たりの悪い、あまり陽の差し込まない、湿気対策が必要な、じめじめしている、そういう墓地です。特に田舎には多いんですが、山の斜面にある墓地、たいがい後ろに樹木が茂っていて、その樹木の落ち葉が落ちてきて、敷き詰められていて、よく言えば、「自然のじゅうたん」。ふかふかの自然のじゅうたんで樹木や動植物には最適な環境ではありますが、お墓の石にとっては、「湿気が抜けなくて、いつもじめじめしていて、コケやカビが繁殖しやすい」劣悪な環境となります。

man_55

「環境にもやさしくて、自然と共生できるお墓ってないものなのかね。」

そういうお墓を選択することもできますね。ただ、今回は今普通に建てられる「磨いてあるお墓」のことをお伝えしています。

お墓の魅力マトリックス

汚い手書きの図ですが、縦軸が「お墓の魅力」、横軸が「時間の経過」です。

左の始まりの時が「お墓を建てた時」。ピカピカに磨いてあるお墓は建てた時が一番魅力が高い、状態なんです。一方、手加工のお墓、手加工というのは、ビシャン仕上げ、ノミ切仕上げ、叩き仕上げといった、ツルツルの光沢はないけど、温かみのある昔からある加工方法ですが、そちらの加工なら、建てた時が始まりで、徐々に魅力的なお墓になっていく、という感じなんですね。

本日は「磨いたお墓」について、書いております。「手加工のお墓」に関しては、また機会があれば書いてみたいと思っております。

 

最後の一つの条件は、「雪がたくさん降る地域」ですね。

兵庫県豊岡市も実は冬、雪がたくさん降る地域なんです。近畿地方の中では。多い年には、1か月以上、雪の中に埋まってしまう、って年もあります。私の子供の頃はホントに雪が多くて、屋根から地面に向かって、雪の滑り台を作れるほどでした。いわゆる豪雪地帯だったんです。今は豪雪とは言えなくなってきましたが。。。

雪に埋もれた状態って、「水槽に石を沈めた状態」にほぼ近い環境になります。極めて石にとっては厳しい環境なんです。そういう場所で吸水率の高い、つまり水をたくさん吸収する石を使ったら、お墓の石が大量の水分を吸収してしまい、その水分を吐き出すことが出来ず、変色(黒く変色する)状態になります。こうなってしまっては、光沢もくすんできて、早く落ちてしまうでしょう。水分も石にとっては大敵なのです。「磨いた石」という条件付きですが。。。

 

 

「天山石」で建てるべき墓地のまとめ

天山石で建てた方がいい墓地というのは主として、以下の3つの条件の墓地でした。

①海風が直接当たるような墓地
②日当たりが悪い、湿気が抜けない、じめじめしているような墓地
③雪がたくさん降り、長期間雪の中にお墓の石が埋まってしまうような墓地

人口の多い地域では当てはまる条件はないな、という場合もありますが、逆の言い方をすれば、「どんな環境でも最もいい状態が長持ちする石」だということです。通常のお墓の石なら、30年くらいから光沢が落ちてきます。最近の中国加工のお墓なら、もっと早く光沢が落ちてくる可能性があります。光沢って、研磨作業の工程がいかにしっかりと正確に加工作業がしてあるか、が極めて大きく影響します。その工程に手を抜いてあると、やっぱり早く光沢が落ちてしまうのです。
天山石といえども、同じです。いい素材だとしても、その加工の工程で手を抜いてしまうと、劣化も早く来るのです。

IMG_20191119_163943

国産の最高品質の「天山石」を最もレベルの高い研磨加工で磨いた板石です。光沢計が「101」となっていますね。通常、100を超えることはないはずなんですが。。。黒みかげ石なら、素晴らしい磨きをしたら稀に100になるようなんですが、このグレー系のみかげ石でこの数値はあり得ない数値ですね。

いい素材、そして、腕のいい職人といい仕事。これが合わさったとき、奇跡の美しさが現れるんですね。

こんな素晴らしい天山石のお墓、私のお墓で建てたい、くらいです。。。(^_^;)

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
IMG_20191031_091601-2

二重台のお墓は一番雨漏りしやすいお墓です

おはようございます。
兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

昨日はホントにいい天気で、快晴でしたね。その分、夜は放射冷却で、ホントに寒かったです。。。(^_^;)

IMG_20191106_173125

今日からお天気が下り坂で、寒気がやってくるそうです。冬がとうとうやってきたか…(^_^;)

お墓、特に和型の墓は関西では、納骨口という穴が開けてあるので、どうしてもそこから雨水が入ってくる場合が多いわけです。

IMG_20191031_091606

こちらが、二重台の納骨口です。穴が開いている石が中台という石です。その手前の薄い石が俗に「水板」と呼んで、水鉢を乗せる石です。この中台と水板の角度が大事なのです。ぴっちり90度(直角)になっていれば、水鉢とピッタリ合って、水(雨など)が侵入しずらいのですが、角度がずれると、底に隙間が出来て、そこからどんどん雨水などが侵入してくるわけです。あまりにも大きくなってしまうと、ミツバチなどの虫まで入ってきてしまいます。

ときどき、この水鉢の中に「ミツバチ」が巣を作っているお墓を見ますが、そのほとんどがこの二重台のお墓なのです。

 

IMG_20191031_091601-2

この角度が大事なのです。お墓本体の基礎が不完全だったり、手前の水板の施工が不完全だったりすると、時間とともに傾いて、90度だった角度が80度になったり、100度になったりして、隙間が出来てしまうのです。

このお墓は、一枚の基礎コンクリートの上に基礎石を設置して、その上に中台と水板を接着しているので、別々に傾く可能性は極めて低いですから、隙間ができることはおそらくないですが、古いお墓はそういった理由で傾き、隙間が出来て、ミツバチの巣になったり、雨水の通り道になったりしてしまうわけです。

 

そういう心配が一切ない、完全防水のお墓が「信頼棺®」です。
但馬地方で唯一の正規代理店のおおきた石材店では、「信頼棺®」のお墓をお勧めします。

信頼棺バナー~信頼棺のメールお問合せ~

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
IMG_20190904_102810

「納骨口」ってどうしてできたの?

おはようございます。
兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。
今日は雨降り、台風が近づいているそうです。今年最後の台風になってくれたらいいのにね。

和型のお墓には2重台と3重台があります。ごくたまに4重台とかもありますけどね。。。(^_^;)

Q246~2重台?3重台(http://ohkita-sekizai.com/?p=15156)

で、実際どちらがいいのか?となると、難しいものがあります。予算とか墓地の広さとか。。。ただ違いと構造とをよく知っていると選ぶ時、決めやすいのでお伝えします。

 

2重台の和型のお墓の構造

2重台のお墓の見分け方は「水鉢石と花立石が台の上に乗っているか、板石の上に乗っているか」ですね。

IMG_20190904_102810

上の写真、水鉢と花立の石は。。。板石の上に乗っていますね。

IMG_20190904_102810-2

台が①、②と二つあって、二重台というのが分かります。(横から見たら一目瞭然)別のお墓でも見てみましょう。

IMG_20190904_103127-2

このお墓は、ちょっとごちゃごちゃしてますが、2重台です。水板という石の上に花立と水鉢石が乗ってますね。(水鉢石の下に経机という台が更にある独特の形状です)

おそらく、この2重台がお墓の元々の形状だと思います。2重台でしかも元々は納骨口すらなかった。土葬ですからね。必要ないのです。土葬して、何年かして、土葬の棺がつぶれて、それからお墓建てていたはずです。納骨口が出来たのは、火葬になってからです。

2重台があって、その時代が長く続いていました。ところが火葬の時代になって、跡からではなく、最初にお墓を建てても大丈夫ではないか?と気づいて、亡くなってすぐにお墓を建てることが増えたかもしれません。ご夫婦のお墓の場合、ご主人が亡くなってお墓を建てて、ご主人のお骨はお墓の石の下に埋葬されていますが、奥さんは後から納骨しないといけないですよね。どうやってする?となって、横とか後ろとかに穴を掘って、そこからお墓の下になるようにお骨を押し込むように入れて、「納骨」されていたはずです。

実際、そのようなお墓を見た記憶があります。あるいは、お墓の横、ぜんぜん墓石の下ではなく、墓石の横に埋葬されていたお骨も結構ありました。

 

昔は個人のお墓、夫婦のお墓が普通だったのでそうしていたでしょう。ところが個人のお墓が「家族、一族の墓」つまり「家墓」になったので、たくさん納骨しなくてはならなくなった。そこで、より納骨しやすく、たくさん納骨できるように、3重台が発明された、というのが流れだと思います。

 

3重台の和型のお墓の構造

 

ちょっと汚れている写真で申し訳ないですが、これが3重台のお墓の写真です。

IMG_20190914_085755

一番下の3重台、俗に芝台とも言いますが、この石の上に花立石、水鉢石が乗っています。

 

IMG_20190914_085445

そして、その水鉢石をどけると納骨口が見えます。この写真では、骨壺が見えています。

 

IMG_20191012_090130-2

つまり、「水鉢の石と花立の石が一番下の台(3重台)の上に乗っている」のが3重台なのです。

 

2重台では、お墓の下に納骨するスペースを用意しなくてはいけないのですが、お墓の基礎でもある部分なので、そんなに大きくできないです。でも火葬を始めた直後、焼骨をそのまま埋蔵していたはずの頃は2重台でも十分だったと思います。ところが、骨壺に入れて四九日(満中陰)まで自宅に安置して、そのまま壺ごとお墓に納めたいとなったとき、

ojisan2_think

「2重台では狭いな」となったはずです。そうなったとき、石屋さんが思いついたかどうか分かりませんが考え付いたのが、

ojisan1_laugh

「台をもう一つ増やそう」ということです。そうすれば、広いスペースに納骨できる。もっとたくさん納骨できる。

ojisan1_laugh

そうなると「もしかして、夫婦2人だけではなく、家族全員のお骨も納められるかも!!」と思いついて、家族のお墓= 「家墓」が発明、大流行した!!

というのは、私の妄想ですが、当たらずとも遠からず、ではないかと思います。3重台が発明されなければ、「家墓」もあり得なかったはずです。特に関東の「全骨をお墓に納める」という習慣は、2重台ではまず無理です。

 

まとめ

 

お墓の形なんて、全く変わってないはず、と思っていましたが、実は時代の流れと需要に応じて、お墓も構造が変わってきていたんですね。

であるなら、これからも様々なニーズ、需要に応じて、お墓も変わってくるはずです。今、お墓いらない、という人が増えてきていて、お墓自体は減ってきていますが、それでもどうしてもお墓を持ちたいという人は一定数いて、その中でも、新しいニーズに対応した、新しい形、構造のお墓に代わってくるはずです。

いつまでも、昔と同じ形、構造のお墓では、魅力はますます失っていくばかりでしょう。

 

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
IMG_20191021_090516

【お墓の移転】は意外と手間がかかる

こんばんわ。
兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

小さめなお墓ですが、お隣り、京都府の福知山市からお墓を持って帰ってきて、豊岡市森地区に設置する工事しております。

で、持って帰ってきた石ですが、「お墓を右から左へ運ぶだけだから、費用なんて掛からんでしょ」

man_49

と、思ったあなた。そうあなたです。素人の浅はかさ、です。

 

お墓の移転って、実はすごい手間がかかるんです。中には「新設のお墓の3倍の手間がかかる」とおっしゃる石材店さんもいらっしゃいます。3倍ですよ。3倍。どうしてそんなにかかるのか? 新しいお墓の石はそのまま施工できるんですが、建っていた石は基本、古い接着剤が付着してます。それをまずそぎ落とさないと、施工不良になってしまいます。実は大変な、見えない手間がかかるのです。

IMG_20191021_085730

遠目にも、汚れているのが分かりますね。手前の水鉢の石(手前左)とその水鉢の台になる「水板」という石ですが、どちらもずいぶん汚れています。これらの汚れを落とさないと、施工不良になります。そして、汚れている石をそのまま据えるのも、心情的にもあまりいいものではありません。

IMG_20191021_085739

左上が戒名碑の足が二つ。その右がその足が乗る戒名碑の台。左下がお墓正面のお供え物を置く供物台。その右の長い石が二つあるのが、花立の石です。戒名碑の台の上には戒名碑の足が固定してあったであろうノロ(セメントと水、接着剤を練ったもの)が固まったもの。これを全てそぎ落とさないといけません。

IMG_20191021_090516

上の写真の上、供物台の裏側にも同様にしっかりとノロの固まったものが付着しております。これもすべて取り除きます。花立の石も表面をきれいに掃除して、裏面を掃除。とにかく、石の表面の掃除と下面の付着物の切除。これを全ての石に施さないと、再び施工できません。とにかく建てるまでにいろいろすべきことがあります。

そして、もう一つ。「お墓あるある」

この花立石は通常、固定されていません。納骨の時、動かした方が納骨しやすいのと、掃除の時も動かした方がそうじしやすいから、です。動かしやすいというのは、動かなくてもいい時も動く、ということ。ということで、花立石ほど、石のカドが欠損している石はない、です。

 

 

 

 

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
ダウンロード (4)

「骨壺」から「納骨袋」に移し替えても、土には還りません

おはようございます。

兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。
久しぶりに動画を記事に入れようと思って、アップしていると、なんだか不具合が起きて、
お蔵入りになりそうな記事をなんとかしようと苦心して、、、結果、寝不足です。。。(^_^;)

ところで、作業していて見かけた記事。仏事に関する質問を僧侶の方が答えるというページで、「父の遺骨を納骨しようと思っているが、お墓の内部に雨水が侵入して骨壺に水没すると聞くが、何とかならないのか?」という質問に対して、何人かの僧侶の方のお答えはいくつかあったんですが、みなさん、おおよそ、お墓に水は入る、入ってくるだろう、とのお答え。で、その対処の仕方として、

① 骨壺に水が入ってきてしまうのは仕方ないので、納骨袋に移し替えましょう。

② 水が入ってきてしまうのはどうしようもないので、水が溜まらない骨壺に移しましょう。

③ 土に還るように納骨袋に移し替えましょう。

④ 骨壺の底に穴を開けたらどうですか?

 

というのが、主な回答でした。はっきり言って、そんな答えでいいんですか、と思いました。全てのお答え、基本、水が入ってきて、水没してしまう。一旦は水の中に、ということを認めている、ってことですよね。質問者の方は「お父さんのお骨が水に浸かる、水没するなんて、我慢できない。何とかできないですか?」という問いに対して、その答えでいいんですか?例えば、時期的に非常に不謹慎なことを書いてしまいますが、「水の事故などで亡くなった方のご遺族が果たしてそんなお答えで納得されるでしょうか?」という話です。

骨壺から納骨袋に移し替えても、たまたまお墓を開けた時、水に浸かったお骨を見かけることがない、というだけで、「いつも常に、一度は雨が降ったら、水に浸かっている」ということですよね。水が溜まらない骨壺も同じことです。ゲリラ豪雨の時は一旦水に浸かってしまって、その水が溜まったままか、それとも外に抜けるかの違い。一度は水の中ですね。骨壺の底に穴をあけるのも同様のことです。全く同様ですね。「土に還るよう納骨袋に移し替えましょう」は全く答えになっていない。

焼骨を骨壺から納骨袋に移して、お墓に納骨しても、最低50年以上は土に還りません。(たぶんですが。。。)

お骨なんだから、水に濡れても自然に還るということなんだから、構わない、という人ならいいんです。全く問題なし。でも「雨に濡れるものイヤ。まして水の中に、なんて。。。」という人にそういう回答では到底、納得されないはずでは?

 

「信頼棺®」なら、雨水に濡れることなく、安心して納骨し続けるお墓となります。

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
IMG_20191002_143859

城崎温泉のお墓リフォームの「ビフォー⇒アフター」

おはようございます。
兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

 

IMG_20191006_175557

昨日は急きょ、京都市内まで日帰りしておりました。
帰宅の途上、豊岡市長谷の交差点からみた夕景。

すっかり涼しくなりましたが、皆さまいかがお過ごしでしょうか?

城崎温泉のお墓リフォーム工事、完成しました。そのビフォーアフターです。

 

 

IMG_20190610_095250

草が一面に生えていたのですが。。。

 

IMG_20191002_121245

ほぼ草が生える余地はなくなりました。

IMG_20190610_095257

コケで真っ赤だったブロック塀ですが、全て撤去して、

 

IMG_20191002_121049-2

逆の場所からの撮影ですが、石の塀に交換して、コケも生えにくくなりました。

 

IMG_20190610_113833

お墓の真ん中の通路も草だらけで、なおかつ段が高かったので、

 

IMG_20191002_105540

階段を設置しました。右側の黒石はお墓ではなく、記念碑です。

 

IMG_20190610_114857-2-3

 

お墓の前の花立、水吞み、香立の部分。左のお墓は何もない状態。右のお墓は、花立の石、ありますが、地面に刺さっていて、花を挿す穴が小さくて掃除がすごくしにくいはず。

 

IMG_20191002_121253-2

奥のお墓は新しく水鉢と花立が一緒になった石を設置して、納骨できるように作り直しました。右のお墓は地面に突き刺すのはコンクリートなので、無理です。板石を新しく設置して、その上に置くように加工し直しました。ステンレスの筒が入るように穴の大きさも大きく。

更に、一段上に上がってお参りできるように、拝石を設置しました。

 

IMG_20191002_143859

そして、向かって左隣のお墓との境界には、高低差があって、落ち葉やいろいろなものが落ちてきやすいので、同じ高さの塀石を設置しました。

 

メンテナンスはずいぶん楽になったと思います。

 

 

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
IMG_20191003_185052

兵庫県豊岡市のお墓のご相談、LINEでもお受けしてます

おはようございます。
兵庫県豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

昨夜はやっと城崎温泉近くのお墓のリフォーム工事が完成して、ほっと一息。
夕方来てくれた取引業者さんが持ってきたパンフレットに素敵なお墓が。。。(^O^)

IMG_20191003_185052

思わず建てたくなった!!図。
素敵なお墓たくさん建てたいですね。

 

おおきた石材店では、お墓でお困りの方のご相談に基本無料にてお答えしております。

兵庫県豊岡市にお墓があるんだけど、
住んでいるのは神戸、姫路、明石など。
または京都、大阪、関東などにお住まいの方、お問合せ頂いております。
兵庫県豊岡市にお住いの方からのお問合せもありますね。
男性よりも女性がやや多いかも。

でも、兵庫県豊岡市にお墓がある方のみではなく、「お墓全般のご相談、ご質問」も時々あります。わかる範囲でお答えいたしますよ。

 

どこからくるお問合せが多いかというと、

一番多いのが、メールでの問い合わせ。
メールにて、お墓で困っている方からの「助けて~~」メールが時々来ます。
一番下の「メール問合せ」ボタンから送ってください。問合せフォームが開きます。

 

それから、電話でのお問い合わせもあります。
お電話でも基本、可能な範囲で受け答えさせていただきます。作業中、運転中という場合もありますので、その場合は出ることできない場合もありますが、時間をおいて再度電話いただけたら、電話でも応対いたします。

 

そして、更にもう一つ相談窓口を設置しました。
「LINEでのお問合せ」です。

下から2番目 ↓↓↓↓ にあるLINEの「友だち追加」ボタンをクリックして友達になってください。
ご質問の場合、まず、トークにて「質問があります」と投稿してくださいね。
その後にメッセージをお送りします。

 

S
http://nav.cx/6N2ptFK

 

 

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
IMG_20191002_105531

城崎温泉のお墓リフォーム工事、完成しました。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓、墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

IMG_20191003_081259

台風が逸れてくれて、どうやら大丈夫のようです。
いろいろ心配してましたが。。。

で、長い間頑張ってきた豊岡市城崎町湯島、つまり、城崎温泉のど真ん中メインストリートをちょっと外れた、山際のお墓のリフォーム工事、完成しました。

 

IMG_20191002_105531

とっても蚊(か)が多いので、蚊取線香は手放せません。元々「屋外用」の太い赤いやつを使っていたのですが、使い切り、、、家で使ってたあまりの蚊取線香使ってました。

 

IMG_20191002_105535

通路は運搬車が入って来れない。一輪車がやっとな狭い通路をたくさんの不要物を運び出し、新しい石を運び込み、路上には駐車しておけないので、借りていた駐車スペースにいちいち移動しながら、手間暇かかって、何とか完成。最後は借りていた駐車スペースの約束の期間を過ぎてしまったので、コインパーキングに停めながらの作業でした。。。

 

IMG_20191002_143854

お墓ではなく、記念碑も設置したのですが、なかなかいい感じで出来ました。

 

 

IMG_20191002_145707

出来た後、養生。この墓地は裏がすぐ山の崖で、葉っぱや、枯れ枝、落ち葉、時には山の土や石まで落ちてきて、墓地内に落下します。作業してても、すぐに落ち葉が落ちてきて、コンクリート施工の時はずいぶん落ち葉と格闘、しました。

そこで、施主様が最初にお参りに来られるまでは、このように養生して、きれいな状態で置いておこうと思いました。

 

私が工事したお墓の中で最強の“落ち葉の量”かもしれません。

 

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
IMG_20190930_081407

【城崎温泉】リフォーム工事~やってしまった。。。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

毎日更新心がけようと思っておりますが、現場作業の後は、疲れてなかなか書けません。。。。
というわけで、
IMG_20191001_072321

今日は、更新いたします。台風がやって来そうなので、その前に頑張ります。

 

今、城崎温泉のすぐそば【城崎町湯島】でのお墓でリフォーム工事しております。
ラストコーナー回ったあたりなのですが、大きな失態をしてしまいました。

IMG_20190927_111714

お墓の手前部分、一番目立つ場所ですが、予めコンクリートをうっていました。
少し余ったので。。。
とても暑い日だったので、まだちょっと柔らかい感じだったんですが、ほうき目入れて、周りを押さえて、できたと思って帰った後、
季節外れの夕立というか、土砂降りがあったようで、

IMG_20190930_081407

こんな状態に。。。(^_^;)
雨で表面が洗われて、しかも、落ち葉が非常に多い墓地なので、その落ち葉が落ちて、
変色。。。

酷い、酷すぎる。。。せっかく押さえたのに。。。

 

IMG_20190930_104839

というわけで、全て、表面を削って、施工し直しです。

 

IMG_20190930_140443

奥の部分も土間コンクリートをうったので、今度は一緒に施工。

 

 

IMG_20190930_142347

今回はしっかりと養生して帰りました。

完成にほぼ近づきましたよ。

 

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
IMG_20190918_111203

【青木石】の磨き直し~大島石に近い美しさ

おはようございます。

但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

 

IMG_20190920_170832

昨日、夜、こちらに。久しぶりに「御座候(ござそうろう)」。美味しかったです。でも、作ってる人、まだ見習い以上って感じでしたね。いつもの見事な手さばきではなかったです。しばらくすると見事な職人になられるでしょうけどね。これだけ売れているんだから。。。(^O^)

 

ぶあつすぎる戒名碑。持って帰ってきましたが、カットして一面だけ磨き直してみました。

 

いや~実のこというと、この石、ホントに青木???って思ってたんですよね。色が多少、白すぎるし。。。目なりは青木に似ているけど。。。

 

IMG_20190918_104151

加工途中。うん、やっぱり青木石だ。

 

IMG_20190918_111203

磨けました。光沢も青木石です。でもずいぶん薄くなったな。。。これが普通サイズです。

 

IMG_20190919_152809

ちなみに、比較写真。わかりますか。磨いてない(光沢が落ちた部分)と磨いた部分。

 

IMG_20190919_152820

アップにしたら、こう。まるで、生まれたての赤ちゃんの肌が出てきた、って感じになります。ほぼ光沢がなくなっていたものが。

IMG_20190919_152820-2

上から4枚目の写真が一番分かりやすいですが、一目瞭然。正しくお墓の「アンチエイジング」

いや、少し意味合いが違うか。。。

 

つまり、まっさらの生まれたての子供のような、美しい石が出現するということですね。

 

お墓の磨き直しって、ごくまれにしますが、費用が掛かりますが、その石が生まれたての素肌を見せてくれるのです。思い入れの強いお墓の石がまっさらになる。特に国産の銘石と呼ばれている石はお勧めです。費用的にも安くできる場合があります。古いお墓が見違えるほど美しくなりますよ。

 

 

 

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
IMG_20190910_065320

厚み163ミリの戒名碑を持って帰ってきました。

おはようございます。

但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

今日も天気はスッキリしないようです。

IMG_20190918_074929

でも、雨は降らないようなので、いろいろ進められて、有難い。昨日は凄い肉体労働して、ちょっと疲れ気味ですが、今日は墓地墓地がんばります。

 

 

IMG_20190910_065320

厚み163ミリの規格外の厚みの戒名碑、持って帰ってきました。重たいのはもちろん、墓地は玉垣が囲ってあり、外に出すのに一苦労。。。(^_^;)

 

とりあえず工場に持って帰ってきました。

 

IMG_20190917_154246

工場に持って帰って、やっと一安心。。。

 

IMG_20190917_154646

改めて、厚みを計ってみると。。。5寸4分。163ミリですね。やっぱり。

 

IMG_20190917_161125

で、こっちが足。こんな貧弱な薄い足ではもたないと思うんだけど。。。2個合わせて、1個だよな。。。普通。。。
あれ、これくっ付けたら、ちょうどベストなサイズ。もしかして。。。

 

いらないことは考えまい。。。

加工していきます。足は新しく作ります。

 

 

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
IMG_20190910_065349

戒名碑のリフォーム工事のご依頼

おはようございます。

但馬、豊岡市のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

IMG_20190913_071521

昨日より雲が多いおいですね。。。涼しいですが。。。豊岡のランドマーク、来日山は見えてますが。。。

文字彫刻に行こうと思っているんですが雨大丈夫でしょうかね。。。

 

戒名碑のリフォームのご依頼を頂きました。

IMG_20190910_065425

一見、普通の戒名碑(副碑)に見えます。が、実は「文字が見えにくい」というご不満。

 

IMG_20190910_065349

確かに見えにくいですね。しかも。。。よく見ると。。。足が貧弱ではないですか? 細いというか、小さいというか。

 

IMG_20190910_065320

碑の厚みが、165ミリもあるんです。通常、100ミリから120ミリが普通です。新しいお墓など、90ミリとかもあります。

 

せっかくお父さんが建てられたお墓なのだから、薄すぎないように120ミリの厚みにカットして、磨いて、文字を彫り直す、というリフォームです。

 

足は新しく作り直します。

 

さて、時間もあまりないので、多少急ぎ目で行きます。

 

メールお問合せ

 

 

 

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
IMG_20181125_142215

「おおきた石材店」を選ばれる理由

おおきた石材店はお客様に「選ばれる石材店」を目指しております。そのために、他店ではあまりやっていないこと、あまりやりたがらないこと、決してお客様にお知らせしないことを率先してやっていこう、お知らせしていこうと思っています。

 

①地盤工事は積極的に実施していきます

 

地盤が悪い豊岡盆地。傾いているお墓が実はほとんどなのです。あまりにも地盤が悪い墓地には、費用がかさんでも地盤工事をすべきだと、考えます。実績は少ないですが、今後はもっと実施例を増やしていきたいと思います。

 

②基礎工事はコンクリートのベタ基礎工事が必須と考えます

 

IMG_20190507_101318

お墓はコンクリートを使ってはいけない。そう言われていたのは一昔前です。今はコンクリートのベタ基礎が当たり前となってきています。むしろベタ基礎していないお墓は倒壊する可能性がある「危険なお墓である」という認識を持ってもらいたいと思います。

 

 

③和型墓石、洋型墓石、ともに芝台は一枚石が基本、とします

IMG_20190729_140840

芝台という一番下の地面に接する台石は関西ではまだまだ4つの石を組んだ「四ツ石」という構造が多いです。ですが構造としては「一枚石」とは雲泥の差があります。おおきた石材店では、一枚石の芝台を基本とします。どうしてもできない場合のみ、別案を提案します。

  • 同じ理由で和型2重台というお墓もお勧めしません。

 

④耐震、免震、両方の「良いとこどり」を

IMG_20190423_152544-2

地震の揺れに耐える「耐震」としてのエポキシ系接着剤、揺れを吸収するシーリング系接着剤の併用によって、どちらがだめでももう片方が地震に立ち向かってくれる地震対策の「良いとこ取り」を狙って、2種類の接着剤を利用します。

 

⑤免震対策ツールの決定版「礎(いしずえ)」

IMG_20190513_133428

墓石業界ではたくさんの地震対策ツールが使われていますが、最も信頼をおくガウディ社の「礎」というツールを使った最新の地震対策施工をします。また竿石はより強固に地震の揺れを吸収するため「礎」を5枚使用します。

 

目地幅は関西では掟破りの3ミリです。でも3ミリ以下ではダメなんです 

関西では目地幅は限りなく0ミリがいい、と考えられていました。「目地なし」と呼んでいました。確かに目地は目立たない方がすっきりしているのですが、その分強度は数段落ちるのです。今は3ミリ以上が当たり前になりつつあります。3ミリないとダメなんです。接着剤の性能を発揮できないから。
※ ほとんどのボンドメーカーが3ミリを推奨しています。

 

⑦外柵には必ず「ウェッジ式」の10ミリのオールステンレス製のアンカーを使う 

IMG_20190512_080712

写真のアンカーがウェッジ式のアンカーです。下が8ミリのアンカー、上が10ミリのアンカー。それ以外のアンカーは耐久性が落ちます。まして以前使っていた金属製のホールアンカーは問題外ですね。石の重みで外れてしまいます。 一番耐久性の高いウエッジ式、錆にくいオールステンレス製、おおきた石材店では業界標準の8ミリではなく、より強い10ミリを使います。

 

⑧「コンクリート」と「石」の接着にはステンレスの心棒 

これはお墓本体のみの施工となりますが、「ステンレス製のアンカー」+「樹脂モルタル」+「モルタル接着剤」の組合せでお墓を建てます。今、お墓で一番の弱点は基礎コンクリートとお墓の石との接着です。ここに一番力を入れるべきなのです。 

 

⑨お墓の石には「安いんだけど品質に問題ある」石はお勧めしません。見積にも出しません 

ishi (1)

一部、お墓の石としては問題がある、と判断して見積書には含めない石があります。その石はお墓の石としては、提示しません。(※1 お墓本体以外の石としては見積書に含める場合はあります。)お墓本体に使う石はある程度の基準を設けています。 

 

⑩お墓の構造として最も進んだ、雨水が一切入らないお墓「信頼棺®」をお勧めします 

IMG_20190526_105656

兵庫県北部の但馬地方では唯一、おおきた石材店が正規代理店を務める「信頼棺®」のお墓をお勧めします。リフォーム工事にもご利用いただけます。

おそらく日本で一番新しい、すすんだお墓の構造です。最新の「防水構造」を持つ、そして、強度も高く、耐久性も高いお墓の構造、「信頼棺®」は たくさんの納骨が出来て、広い納骨スペースを持っていながら、高い耐久性を併せ持つお墓構造です。

 

⑪一番お墓参りしやすいお墓を提案し不具合の出るお墓はより良い修正提案します 

工事費用が高くなっても、将来的に不具合が出てきて、結局高くつくような場合は、進んで変更のご提案いたします。その方がお客様のため、だと信じるからです。 

 

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
2019-08-16松岡家-2

【お客様の声 31】を更新しました。

おはようございます。
お盆休みもそろそろ終わり、京都五山の送り火も昨夜終了。
やっとお彼岸モードになるべく、準備開始の兵庫県豊岡市のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店、大北和彦です。

main01

今年は見に行くことができませんでしたが、台風も通過して、何とか送り火も行えたようです。
関係者の皆さん、ご苦労様でした。
見に行った皆さんもご苦労様です。
ホントに疲れるんですよね。人が多くて。。。(^_^;)

 

さて、お盆前に建てさせていただいたお墓の施主様から「お客様の声」を頂きました。
色々な経緯でおおきた石材店にお墓工事のご依頼を頂くのですが、その中で一番有難いのが
「ご紹介のお客様」です。

 

一度お墓を建てたお客様、一度お墓工事をさせて頂いたお客様から、クチコミで
新しいお墓の建墓やお墓工事のご依頼を頂くって、ホントに有難いし、石材店にとって嬉しいことはありません。
ホントに感謝に堪えません。

 

今回もそういった、一度お墓を建てさせていただいたお客様からのご紹介で建てさせていただいたお墓でした。
本当に有難く、嬉しいお仕事でした。

「31 豊岡市在住 M.K様(女性)」

http://ohkita-sekizai.com/?p=23608

 

色々な人に助けられて、今までやって来れたのは間違いありません。ホントにありがとうございました。
これからも、いろいろな人に助けて頂いて、やっていきたいと思っております。
よろしくお願いいたします。

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
3重台お墓の説明図

【豊岡西霊苑D区画】二重台と三重台のお墓の違い

おはようございます。

但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

お盆休みウィークです。それで普段書かないお墓の構造とか、書いてます。外見からはお墓の構造って意外とわからないもの。さらに、そのお墓の特徴、いい点、悪い点などはもっとわからないと思います。それをできるだけわかりやすく書いていきます。

まず、昨日の記事で、

【2重台と3重台のお墓の違い】を説明しました。

 

それから、

 

【3重台のお墓はほとんどの芝台は四つの石を組んである】ということも書きました。

 

【隙間から草が生えたりする芝台は大丈夫?】という疑念も書きました。

2重台お墓の説明図

2重台のお墓は、内部はこういう構造です。(3つの特徴)

 

① 【お墓の納めるスペース(カロート部)は、完全に地下】になります。地下納骨ということです。(一部、特殊な構造の2重台の場合、地上納骨の場合もあります)

② 地下納骨というのは、【雨が降った時、雨水がたまりやすい場所】ということも言えます。
水というのは、低い場所に集まりやすいからです。

③ そして、もう一つの特徴は、【納骨スペース(カロート部)が狭い】という特徴です。

 

もともとお墓は2重台が普通でした。それで事足りたのです。

なぜか?

お墓は本来、個人のもの、あるいは夫婦のものだったからです。(個人墓、夫婦墓)

 

最大でも2人のためのものなので、今のような家族、一族が入るものではなかった。なので、2重台のお墓で十分なのです。今、昔のお墓の性質を色濃く残しているお墓として、【吉相墓】とか【墓相墓】というものがありますが、基本2重台のお墓ばかりです。

ごくまれに3重台の吉相墓のお墓がありますが、あれはおそらく何も知らない人が建てた【なんちゃって吉相墓】ではないかと思います。(^-^; 残念ながら。

 

ところが、現代になってきて、お墓が個人のものではなくなってきて、家族、一族のもの、特定多数の納骨されるものになってきて、従来のカタチでは、全員のお骨を納骨することが難しくなってきた。

 

そういった不具合を改良して、生み出されたのが、芝台付きの3重台のお墓です。

 

3重台お墓の説明図

3重台のお墓は、内部はこういう構造です。(3つの特徴)

 

① 【お墓の納めるスペース(カロート部)は、半分地下】になります。半地下納骨ということです。地下納骨よりも雨水の影響を受けにくいですね。

② 半地下納骨ということで、【雨が降った時、雨水がたまりやすい場所】ではありますが、比較的影響を受けにくい、水が溜まってもすぐ地下に抜けやすい構造です。

③ そして、もう一つ、最後の特徴は、【納骨スペース(カロート部)が比較的広く取れる】という特徴です。

特に③の性質は一番大事です。これが2重台から3重台へ移行した最大の原因だと思います。

 

IMG_20190809_091134

例えば、こちらの新しいお墓。サイズは8号2重台と思われます。

普通、このサイズのこのお墓なら、2基の骨壺しか納骨できないと思われます。骨壺から出しての納骨ならもう少したくさん入りますが。。。

お墓の中台の面はお墓自体の基礎部分も含んでいるので、納骨スペースがあまりに大きいとお墓の基礎部分が小さくなり構造上、不安定となります。

このサイズなら、完全にご夫婦、あるいは一人の個人のお墓です。3重台なら4基くらいの骨壺が納骨できるのかもしれませんが。

 

それだけではない、もう一つのお墓の構造の問題。

【芝台が4つの石を組んである理由とその弱点】については、また明日に。

 

メールお問合せ

 

 

 

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
IMG_20190810_110628

【御礼】お墓そうじセミナー、終了しました。

おはようございます。
今日の豊岡市の最高気温は36.3度だったそうですが、もう少し暑かった気がしますが。。。

IMG_20190810_072432

午前7時過ぎですでに、暑すぎる日差しが届いています。
但馬、豊岡市です。(^_^;)
IMG_20190810_072440

豊岡市のランドマーク、来日山がくっきりはっきり見えます。

 

この暑い中、「お墓そうじセミナー」を開催させていただきました。比較的遠方からおいでいただく場合が多いのですが、今回も神戸から来ていただきました。
ホントにこの酷暑の中、遠いところ、ありがとうございました。

IMG_20190810_103541

この新会議室、いつも使わせてもらっているんですが、ホントに涼しくて、天国のような部屋なんですが、
外はホントに暑いです。

一通り、お墓そうじのノウハウをお教えしてから、実践をしていただきました。

IMG_20190810_110628

IMG_20190810_111157

IMG_20190810_111842

IMG_20190810_112441

IMG_20190810_112643

 

みなさん、しっかりと汚れの落とし方を実践されました。
それぞれ、お墓そうじの何かのコツを取得されたように感じました。

何か一つでもお墓そうじのコツを取得していただけたらいいのですが。。。

IMG_20190810_180323

最後におおきた石材店が正規代理店をしている【信頼棺®】の紹介もできました。
お墓に水が入るというのは、やはり気になる人は気になるのですね。

あまり頻繁にはできませんが、定期的に【お墓そうじセミナー】も開催していきたいと思います。

 

メールお問合せ

 

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
pose_aseru_

お墓に頭から水を掛けてはダメ?

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

晴れが続いてます。雨がずいぶん降ってないな。。。
でも、そろそろ雨も降ってもらわないと困るかも。。。。いろいろと。。。今日は雨が降るようです。

 

「お墓に頭から水を掛けてはいけないそうだよ」

 

ohakamairi
そんな話を聞いたことがあります。お寺さんから聞いた仏教的な教えなのか? 石屋さんから聞いたノウハウ的な話なのか? はっきりしませんが、私はお寺さんからそういう話を聞いたことはありません。

 

もし、石屋さんからの話なら、分かるような気がします。

 

お墓の頭から水を掛けると、実はお墓の石を伝って、一番大事な納骨スペース(カロート)へ集まってしまうから、です。水は下へ下へと伝って流れていきますよね。で、一番下へ流れた時、一番低い納骨スペース(カロート)へ流れ込むのは必然なのです。

 

でも、どうして?? お骨が入る納骨スペースはお墓の一番大事な場所でしょ?そこに水が入り込むって、おかしくない?

pose_aseru_

おかしいですね。でもそうなっているんです。構造的に、間違いなく入りますよ。しかも、お墓参りに頭から水を掛けなくても、屋外にあるお墓です。雨の日は頭から濡れてしまいます。台風、ゲリラ豪雨、梅雨時など、頭から水を掛けるなんて比較にならない程、水が侵入するはずです。

 

pose_aseru_

「え!!じゃあ、大事なお骨が水没してしまうこともあるってこと??」

 

その可能性も低くはないですね。石屋さんは納骨もお仕事なので、しょっちゅうお墓の中をのぞきます。で、ある一定の確率で水に浸かっているお骨を見かけているはずです。雨は仕方ないですが、せめて、水を掛けることは避けてほしい、という思いが「お墓の頭から水を掛けてはいけない」という話になっているのでは?って思います。

 

あくまで私の妄想ですが。。。

 

では、水が入らないお墓ってないの?って話ですが、実はあります。

 

西日本初の「雨水が侵入しないお墓」、兵庫県北部では唯一の正規代理店は「おおきた石材店」です。その名も「信頼棺®」詳しくは以下をクリックください。

 

110aaa39d49cb1ccf86f3e5c159d4f17

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
110aaa39d49cb1ccf86f3e5c159d4f17

信頼棺という名の安心感

私にとってはあまり書きたくないことだったのですが、あえて書きます。

110aaa39d49cb1ccf86f3e5c159d4f17

信頼棺」という名の安心感

http://ohkita-sekizai.com/?p=23155

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
haimoru-01

セメントって、接着しないの?

夕方更新の但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店、大北和彦です。

日曜日、夕方はなんだか独特の雰囲気がありますね。
サザエさん的というのか? なんだか寂しいというのか? 明日は仕事だよな、ていうのか。。。
まあ、私の場合、日曜日、休んでないので、平日と全く違いがないのですが。。。

IMG_20190512_171946

甘くないチョコレートで日曜日気分を満喫しておきます。

 

ところで、セメント問題です。セメントって、接着剤だと思っている人いませんか?セメントって、水と一緒になると水和反応という化学反応を起こして、硬くなります。硬くなるだけです。接着力はありません。

接着力がないセメントですから、硬化した後、衝撃等で固定したいものと分離してしまったら、再び固定し続けることはできません。場合によっては固まったセメント自体が障害物となって、却って動かしてしまうこともあるんです。なので、セメント製品と固定したいものを分離しないように工夫することが大事になってきます。

 

Microsoft Word - 文書1

こういうように、基礎にセメント製品を使ってお墓などを固定したいのですが、接着力がほとんどないので、

Microsoft Word - 文書21

このように、左右にズレる、上下にズレることが容易にあります。接着してないですからね。ホントに簡単に外れてしまいます。

 

セメント3

なので、このように、広く使って、上の固定したいものを覆うように固定して、下の基礎との設置面も広く取ると分離しにくくなります。

6

それでも、地震などの強い衝撃を受けると、このように上に分離して、セメント製品と分離してしまうことがあります。こうなると逆に、セメント製品の上に載ってしまって、逆にない方がまだましな状態になってしまうこともあるのです。こうしたことを防ぐ意味でも、セメント製品をただ単に使うのではなく、接着力を持たせるセメント補強材、接着剤といったものを一緒に使用するのは鉄則となります。

 

 

 

haimoru-01

こういうものですね。こういうものを使うことで、やっとセメント製品が接着力を持つことができます。お墓の石などの重量物は一度分離してしまったら、非常に面倒なことになるので、分離させない対策、ぜひ必要ですね。

 

お墓工事のご質問もお答えしております。

 

メールお問合せ

 

 

 

 

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
mono39447371-160411-02

墓地の中に大量のステンレス金具が使用されています。

夕方更新の但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店の大北和彦です。

IMG_20190508_190636

昨日は私が所属している「但馬石材工業組合」の役員引継ぎ、及び4役会でした。
香美町香住区で美味しいタイのアラを頂きました。
久々においしかったです。(^O^)

 

さて、お墓の持ち主は知らないけど、お墓を建てるには常識の話。

いや、おおきた石材店の顧客様は知っている方が多いとは思います。
お墓と金具の話です。

ひと昔まえ、「お墓には金物を入れてはいけない」という因習というか、「墓相的な考え方」から来る常識という名の非常識がまかり通っていた時代がありました。いや、今も信じている人があるかも知れません。ですが、そんなのはホントに非常識です。

墓相の小さなお墓なら、百歩譲って、いいのかもしれませんが、通常のお墓では。。。

現代のお墓は巨大です。この巨大な石のお墓を前にしたとき、あまりの圧迫感から、時々思うこと。

「この石が落ちて来たら、きっと死ぬだろうな」という漠然とした不安。それを払しょくするために、いろいろな対策を施しております。その第一の対策として、金具で石を固定しております。

DSC_0015-e1464733825681-500x666

墓地の一番外側を囲っている石を延石とか、外柵とか言いますが、その石の部材一つに4つの金具を普通設置します。
どうやって固定するかというと、

DSC_0026-500x375

右端、左端それぞれ隣の石と石同士を固定するのが普通の使用方法。当然、金具だけではなく、石同士は専用接着剤を使用して固定します。その上にステンレス製の金具で石同士を固定。

DSC_0026-500x375

赤丸の金具が左右の石との固定に使用している金具。

そして、青丸は、下の基礎コンクリートとその石とを固定するための金具(写真はまだコンクリート側にアンカーが設置されていません)。石同士だけ固定しても、石全体が基礎の上を移動してしまったら、全く意味がないので、このように基礎とも固定するため、金具を2カ所設置します。

合計4カ所の金具を設置します。穴自体はその倍、8カ所に空けます。

IMG_20190508_100055

今建てているお墓の場合、左右の幅、4.5m、奥行き2mの墓地内に何組の金具を使っているでしょうか?

正解は、16組です。16個の金具ですが、アンカーの穴を開けた数は32カ所です。32本のアンカーを使っているんです。こんなシンプルな延石なのですが、こんなに大量の金具を使用しております。

ojisan2_surprise

「そ、そんなに大量に!!!」

 

はい、そうですね。しかもです。鉄の金具ではありません。

 

IMG_20190503_105656_1

これは、古いお墓のリフォームした時に出てきた金具です。10年以上前に建てたお墓の金具です。鉄製です。さびさびですね。風雨にさらされていたわけではなく、コンクリートの中に埋まっていたはずですが、コンクリートがひび割れて空気に反応して酸化した(サビた)のです。こういう状態になるので、今、お墓に使う金具とアンカーは「オールステンレス製」が当たり前になっております。

で、金具はステンレス製がいいとして、アンカーも大切です。

今、一番信頼性の高いアンカーは「ウェッジ式アンカー」と呼ばれるものです。

mono39447371-160411-02

こういう形状です。でも、強力です。一度打ち込んだら、絶対に抜けません。石を割ってしまわない限り。一度割って取り外したことありますが、ホントに強力です。

 

で、以前使っていたASアンカーと呼ばれるもの。

 

[#Beginning of Shooting Data Section] Nikon D200 2007/08/10 12:24:36.4 RAW (12-bit) ‰æ‘œƒTƒCƒYF Large (3872 x 2592) ƒJƒ‰[ ƒŒƒ“ƒYF Å“_‹——£F 200mm ˜Ioƒ‚[ƒhF ƒ}ƒjƒ…ƒAƒ‹ ‘ªŒõƒ‚[ƒhF ƒ}ƒ‹ƒ`ƒpƒ^[ƒ“‘ªŒõ 1/125 •b - F/2.8 ˜Io•â³F 0 EV Š´“xF ISO 100 Ždã‚ª‚èÝ’èF •W€ ƒzƒƒCƒgƒoƒ‰ƒ“ƒXF ƒI[ƒg AFƒ‚[ƒhF ƒ}ƒjƒ…ƒAƒ‹ ƒVƒ“ƒNƒƒ‚[ƒhF ”­Œõƒ‚[ƒhF ’²Œõ•â³’lF ƒJƒ‰[Ý’èF ƒ‚[ƒhE (Adobe RGB) ŠK’²•â³F ƒI[ƒg F‡‚¢’²®F 0‹ Ê“xÝ’èF ƒI[ƒg —ÖŠs‹­’²F ƒI[ƒg ‰æ‘œƒRƒƒ“ƒgF ’·•bŽžƒmƒCƒY’ጸF ‚µ‚È‚¢ ‚Š´“xƒmƒCƒY’ጸF ‚µ‚È‚¢ [#End of Shooting Data Section]

この形のアンカー。昔、おおきた石材店も使っていました。でも、これ、簡単に抜けます。特に、真ん中の部材が鉛のような柔らかい材質のアンカー、多くの石材店が使っていました。で、おおきた石材店も使っていたのですが、ホントに簡単に抜けます。今はさすがに使われている石材店は多くはないと思います。

 

こういう金具やアンカーって、お墓の不具合を防ぐ目的や地震による影響を最小限に抑えるために使うのです。当然ですよね。
であるならば、何でもいい、っていうのは理由になりません。より良いものがあるなら、そちらを使う。新製品が出たら、性能を吟味して、より性能がいいものを使う。
これは当然だと思っております。少なくとも、私は。

 

もちろん、おおきた石材店もかつて施工したお墓は、今の基準ではだめな方法を使っている場合はあります。ですので、可能な限り対処、対応させていただいております。より良い製品、よりよい手法を求めて行きたいと思います。

 

お問合せ先はこちらです。

 

メールお問合せ

 

 

 

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
IMG_20190429_142539

文字の色を抜くって、意外と大変

 

こんばんわ。夜更新の但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店の大北和彦です。

連休中、頑張って、いろいろしたはずだったんですが、いつの間にか事務仕事が溜まって、残業中です。睡魔との戦いはなかなかに強敵です。

ところで、先日、「お墓の正面の文字に白が入っているんですが、取ってもらえませんか?」とのご依頼を頂きました。「はい、喜んで!!」とお引き受けしたんですが、やってみると、なかなか大変。。。でした。

IMG_20190429_115241

えっと、まず、高圧洗浄機を使うことができたので、やってみたのですが、あまり落ちませんでした。。。(^_^;)

この写真見てわかりますが、微妙に汚れているのが気になりますよね。白いので余計目立つのかも。

 

で、いつものように、「塗料落とし」を使って地道に落とします。

IMG_20190429_120156

なかなか強力で、一度で、ここまで落ちました。

 

が、この後がなかなか白が落ちてくれません。何度か塗っては落とすを繰り返し、やっとここまで落ちました。まだ白っぽいですが、何とか落ちたと言えるレベルまで。でも、名字2文字と合わせて5文字。予想の倍くらいの時間が掛かりました。やはり、文字が大きいと、時間が掛かります。

IMG_20190429_142539

でも、まあ時間を掛ければ、何とかなりました。正面文字の色落としもさせて頂きますよ。

一度お問合せ下さい。

 

メールお問合せ

 

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
IMG_20181119_094211

四ツ石を辞めたわけ

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。

連休中、とある探し物をしていて、ついに見つけました。

セブンイレブンで以前、偶然購入して、とてもおいしかったので、もう一度買いたいと思っていたんですが、地元豊岡ではセブンは店舗なし。福知山の4店舗のセブンイレブンでは売ってないか、売り切れで手に入れることはできませんでした。ので、嫁の実家に行った帰りに京都市内の桂のセブンイレブンにチャレンジ。。。で、ついに発見して、購入(^O^)したのがこれ。

IMG_20190505_072509

 

ご存知でしたか?なかなかうまいですよ。

でも、期待値が大きすぎて、食べてみたら、「う~ん、美味しいけど、お土産でもらったやつと同じかも。。。(^_^;)」

あんまり期待が大きすぎるってのも考え物ですね。。。ちなみに同じセブンイレブンの【濃厚レーズンバターサンド】ってのがあるんですが、こっちはホントに美味しです。カロリーがばかにできない程高いのが玉に瑕ですが。。。(^_^;)

 

ところで、

お墓の一番下の石を芝台といいますが、通常4つの石を組んで出来ています。
この四ツ石を辞めました。理由はこれです。

IMG_20181119_094211

古いお墓を撤去した時の写真ですが、下に写っているのが、4つ石ですね。
写真の左上が正面の石①。写真手前から下に向かって右側の石②、写真右側の石が後ろの石③、その向こうほとんど写っていないですが左側の石④と合わせて4つの石を組み合わせて出来ています。その石の黒くなっている部分は上の台石との接していた部分です。つまり黒い部分だけで上の中台石、上台石、竿石を支えていたわけです。

真ん中は遺骨を納めるスペース。カロートというものが本来あるはずですが、それを四ツ石が代用しているので、カロート自体がありません。これが私が住む但馬地方の基本的なお墓の構造。四つ石が本来の芝台とカロートとそして、お墓全体の基礎も兼務しているわけです。

黒い部分をよく見てもらえればわかりますが、後ろ(写真右側)は割と大きく10センチ前後くらいの幅がありますが、横は5センチあるかないか、正面に限っては3センチくらいです。

これくらいの部分でお墓全体を支えているのです。

※ 正面部分はもっと広いように思えますが、(①の石の部分です)よく見ればわかりますが、花立石の載っている部分も一緒に黒く汚れているので、広く見えるだけで、実際は3センチ程度です。
IMG_20181119_094710

これが上の石を完全に移動した後の石。

 

IMG_20181119_094710

上が正面、下が裏面ですが、裏が比較的広くて、正面が狭いです。

 

たったこれだけでお墓全体を支えているんです。不安だと思いませんか?

 

おおきた石材店では、この芝台の石を一枚石にすることにしました。基本が一枚石です。山の上とか、施工困難地では2枚合わせで施工します。大きすぎる、重すぎるという理由で運搬、施工が難しくなるので。2枚でも現状の4枚石よりもはるかに安定感が増しますし、お墓全体の強度も上がります。

たったこれだけで、1トンを超えるお墓を支えるのが本来無理なんです。しかも、上の写真のように、金具でも固定してない、接着もしていない場合、多少の力が加われば、簡単にバラバラになってしまうのは、誰が見ても明白です。

 

少しずつですが、お墓の構造を変えていって、より良いお墓の構造を求めていきたいと思います。

 

ちなみにですが、「信頼棺」構造のお墓は同じ1枚石ですが、構造が全く違います。より強固になって、しかも防水構造も備わったお墓が「信頼棺®」のお墓です。興味ある方はぜひお問合せ下さい。

 

メールお問合せ

 

 

 

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
IMG_20190426_105844

お墓そうじは雨の日に

夕方更新の
但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店の大北和彦です。

いよいよ、令和の時代が近づいてきました。
いい時代になるといいですね。
なんだかワクワクします。
昭和から平成の時は確か、大学生だったかな。。。
あれから、30年か。。。
因みに「尾崎豊」は私の一級上でした。(どうでもいい情報ですが。。。)

昭和から平成にかけてのスーパースターということで、のっけて見ました。。。(^_^;)
まあ、大ファンだったんですが。。。

 

 

お墓のリフォームを実施中です。
そろそろ完成間直なのですが、お墓そうじをしました。

雨が降っていたので。

IMG_20190426_093745

お墓の囲いの内側。
ずいぶん黒ずんでおります。
IMG_20190426_093750

晴天の日はちょっと濡らして、こすってみても、ほとんど落ちないのですよね。
ましてや、乾いた状態で汚れを落とそうと思っても、絶対に落ちません。

 

IMG_20190426_093758

この黒ずみ、落としたいですよね。

 

でも、雨の日なら。。。

 

IMG_20190426_105852

このように。
完璧には落ちておりませんが、黒ずみはほぼ落ちております。

 

IMG_20190426_105854

ずいぶん、きれいになっておりますね。

IMG_20190426_105844

で、きれいになったので、元々あった物置台(四国の青石です)を再設置しました。

よく見ると、まだわずかに汚れが残っております。
ここから更に落とそうと思うと、素人では難しいですね。
これからは、専用の特殊洗剤を使わないと、これ以上は落ちません。

でも、ここまで落ちたら、十分だと思いませんか?
雨の日に食器洗いのタワシで少しこするだけで、ここまでは落ちます。

是非、やってみて下さい。

お墓そうじは雨の日に。
(ちなみに、落ち葉掃除は、晴れた日の方がやりやすいですけどね。)

 

 

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
IMG_20190419_090107

お墓の板石貼り

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店の大北和彦です。

昨日は雨でしかも、気温が前日より10度も下がって。。。
寒い~~
ストーブも片付けられてしまったので、
事務所の中も、寒い~~

現場の確認とリフォームの打ち合わせ。
「今日は寒いですね。。。」という感じでした。

 

 

今通っているお墓リフォーム現場ですが、
だいぶ出来つつあります。

IMG_20190417_150513

お墓前の石貼り作業ですが、最初はこんな形。

 

IMG_20190417_165949

こんな感じで、いいペースだなって思ったのは、最初だけ。
ここからはカット作業が必ず入ってきて、

IMG_20190419_090107

思いのほか、時間が。。。
お墓の前とお墓との高低差が2mくらいあるので、作業がなかなか進みません。

後一日で出来るかな。。。(^_^;)

 

出来上がりの美しさ、耐久性、いずれも板石貼りは一番ですが、
費用もやっぱり一番です。

 

お墓の板石貼りのお問い合わせは、
メールお問合せ

 

ホントに出来上がりは美しいですよね。

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
DSC_0385

キャッシュレス、はじめました。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店の大北和彦です。

キャッシュレス、始めました。

DSC_0385

paypayを始めました。
まだ慣れないのですが、現金払い以外でもご利用できるようになります。
追加彫彫刻とか、お墓の花立、香立などのご購入の時にお使いになれます。

DSC_0379 - コピー

よろしくお願いします。

 

更に、
「信頼棺®」の基礎工事も始めました。

DSC_0362 - コピー

比較的広い墓地ですが、コンクリートの基礎工事です。

DSC_0367 - コピー

1㎥施工しました。
小さめの墓地の1.5区画分の量ですね。
ここに但馬ではおそらく2番目の「信頼棺®」施工のお墓が建ちます。

お墓の移転なので、新規のお墓ではないのですが、
リフォームでも工事できます。

雨水が侵入しない構造のお墓、信頼棺。
ハチなどの虫の侵入できないお墓、信頼棺。

但馬でもたくさん建てていきたいですね。

 

「信頼棺®」のお問い合わせは、こちらから。

メールお問合せ

 

 

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
DSC_0355

今年最初の「信頼棺®」

おはようございます。

最近、更新が滞りがちな
但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店の大北和彦です。

6日間も更新できてなかった。。。

まあ、いろいろありまして。。。
数日前、腰も痛めました。。。

腰は大事ですね。。。

 

 

ところで今年最初の「信頼棺®」のご依頼を頂きました。
お墓の中に雨水が入らない構造のお墓です。

「お墓にミツバチが巣を作って、困る」

ハチの巣 イラスト-300x258

(これは、スズメバチですが。。。(^_^;)

という方にも朗報ですよ。
水が入らないということは、虫も入らないのです。

 

元々、お墓の移転のご依頼のお客様だったんですが、
この際、リフォームも同時に、ということで、「信頼棺®」構造のお墓を選んでいただきました。

DSC_0355

お墓の下周りですが、信頼棺の構造の部分です。
上は既存のお墓をそのまま利用します。

上と下の石が違うのですが、元々別の石だったので、違和感はほとんどないと思います。
元々の石に近い雰囲気の石をチョイスしたので。

そのお墓の基礎コンクリ―ㇳを施工予定なのですが、
今はあまり地盤がしっかりしていない場所に建っていますが、
今後はしっかりした場所の上に建つ予定です。

お墓のリフォーム工事、移転工事される時、一緒に「信頼棺®」構造のお墓も検討されませんか?

〇信頼棺の詳しい情報はこちら。

「信頼棺®」(ライセンス元の「第一石材㈱」のページに飛びます)
〇お問合せ先はこちら。。。

メールお問合せ

 

 

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
DSC_0102 (1)

久々に難所の工事見積依頼が来ました。

こんばんわ。但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、大北和彦です。

桜満開です。

DSC_0102 (1)

但馬地方の南の方の櫻ですが、もう散り始めています。

今年はほんとに気候が読めないですね。

急に暖かくなって、一気に桜が咲いたきがしますね。

 

そんな中、お世話になっている大工さんからのご依頼。

「知り合いのお墓を建ててほしいんだけど、見積してもらえる」

ダウンロード (2)

 

 

はい、させていただきます」

DSC09427-2-300x242

と、二つ返事で受けましたが、

結構大変な場所でした。

 

DSC_0196

「え、こんなところ、上がらないといけないの??」

もう一つの道は。。。

 

DSC_0197

「おーい、道がないよ~~(^-^;(^-^;(^-^;」

さあ、どうしましょうか?

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
DSC_0053

「母の日参り」のキャンペーンに賛同しています

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、大北和彦です。

 

昨日は0.7㎥の生コンを施工。基礎コンではありません。
防草目的の「草抑え」の生コンです。

DSC_0064

なかなか疲れました。。。(^_^;)

ところで、

5月の第2日曜日って、何の日かご存知ですか?
「母の日」ですね。

母の日に亡くなったお母さんのお墓参りしましょう、というキャンペーンがあります。

「母の日参り」

https://hahanohi-mairi.jp/

 

手紙コンクールは終わってしまいましたが、
このキャンペーンに「日本石材産業協会」が協賛しております。
で、私もご協力させて頂こうと、小さな一歩。

DSC_0053

軽トラックのドアにステッカーを張りました。
助手席と両方にね。

 

DSC_0065

こういうステッカーを張るのって苦手なので、酷い感じになってしまいましたが、
母の日参り~「母の日」は母に会う日~

 

DSC_0067

その下は「お墓のみとり」です。

お墓じまい、大切なことですが、あなたがしなくてはいけませんか?
お墓じまいした後、あなたの終(つい)の棲家はどうしますか?
その不安にお答えするのが「お墓のみとり」サービスです。

ピンと来た人は、こちらから。

メールお問合せ

 

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
DSC_0042

お墓のリフォーム~いろいろな問題が隠れています

こんにちは。
但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、大北和彦です。
今、お墓のリフォーム中です。

お墓も建てた時は、美しく、問題もないのですが、
10年、20年と経過すると色々不具合が出てきます。
住宅と一緒ですね。

こちらのお墓もいろいろと不具合が出てきております。
IMG_20190126_154518

お墓の後ろにある、ご先祖様のお墓が安置してある部分ですが、
そのお墓の前の部分と後ろの部分の境界の石。

IMG_20190126_160034

上下二段になっております。
あまりにも長いので、真ん中あたりで左右にも2本で出来ております。
こういうつないである部分はどうしてもウィークポイントとなります。
弱いので、不具合が出やすいのです。

IMG_20190126_154008

上の黒っぽい石とグレーの石の部分、隙間が空いております。
元々ピッタリくっ付いていたはずですが、時間とともに、前に出てきて、
その隙間が空いてしまったということです。

IMG_20190126_154003

この矢印の間ですね。
ずいぶんすき間が空いております。
元々はくっ付いていたはずです。

DSC_0036

黒い石の方は取り除き、
白い境界の石をまっすぐに直して、
もう前に出ないように、石とコンクリートで固定します。

DSC_0042

やはり、元々まっすぐのものが曲がっていると、気持ちの悪いものです。
それをまっすぐに直すと、すっきりしますね。
下の石も足元をコンクリートで固定するので、もう前に出ることはないでしょう。

ですが、わざわざこの部分を直したのは、ただ曲がっていると気分が悪い、という理由ではありません。
理由は後日、また紹介させていただきます。

こういう普段気が付かない部分でも、お墓は不具合が出ていること、けっこうあります。
リフォームをされる際、アドバイスさせていただいております。
お墓の不具合を解消するリフォーム、得意です。

是非、ご要望ください。

 

メールお問合せ

 

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
20525848_1433549726726485_3360135300592561482_n

「お墓じまい」した後、お墓のないあなたはどちらに。

おはようございます。但馬豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、大北和彦です。

「おおきた石材店」は小さな石材店なので、年間の建墓数は少ないです。
でも、そのはるかに多い数、「お墓じまい」させて頂いております。

〇 お墓参りが大変なので、住所の近くの永代供養墓へ(大阪在住)

〇 近くの寺院墓地を永代使用契約したので、そちらにお墓を(大阪府在住)

〇 京都の本山にご先祖様の遺骨を埋葬します(京都府在住)

理由は様々ですが、お墓じまいをされるのは仕方ないですが、
では、お墓がなくなった後、あなたはどちらへ行かれるのですか?
あなたが亡くなった後、どちらに遺骨を埋葬していただくのですか?

 

あなたが亡くなった後、お墓じまいしても、遅くないですか?
あなたの遺骨をちゃんとお墓に納めて、その後、お墓じまいするように依頼できるんです。

20525848_1433549726726485_3360135300592561482_n

◆・・・「お墓のみとり」・・・◆

そう言うサービスです。
一度、検討されてもいいのでは。

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
110aaa39d49cb1ccf86f3e5c159d4f17

お墓の移転工事させて頂きます

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、大北和彦です。

お彼岸も後半戦。昨日からずいぶん春めいて来て、花粉もずいぶん飛んでいるようです。(うちの嫁調べ)
花粉のことがよくわからない私は、春が大好きです。

 

お彼岸明けから「お墓の移転工事」の受注させて頂きました。しかも、「信頼棺®」の施工付です。

お墓の中に雨水が入らないお墓。信頼棺®

110aaa39d49cb1ccf86f3e5c159d4f17

ただ今、実績作りのため、信頼棺施工を特別価格にて実施しております。
限定数を過ぎると通常価格に戻りますので、ただ今がチャンスです。
お墓の新設、お墓のリフォーム、お墓の移転などでも対応可能です。
ご興味、ご質問もお問合せ下さい。

※残念ながら、構造の説明、図面の受け渡しはご成約様にしかお伝えできませんので、悪しからずご了承ください。

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
ohakamairi

今のお墓のカタチは時代にあってない?

おはようございます。
お彼岸中日、春分の日です。
但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、大北和彦です。

DSC_0029

昨日は、地元の小学校の卒業証書授与式に参加してきました。
豊岡防犯協会の支部長を務めていて、来賓として参加したんですが、それも私は今回で終わり。
私にとっても最後の卒業式でした。

で、たまたまですが、珍しい名札を付けた女の子を見つけました。
あれ、あの名字は。。。
私がPTAの会長として参加していた入学式で1年生として入学してきた女の子だ。。。
顔は全く変わっていて、気付きませんでしたが名字があまり見ない名字だったので、気付きました。
あれからもう6年です。
月日の過ぎるのは早いですね。

人は日々、いろいろなことを忘れていく生き物です。

でも、忘れたくないこともあります。
忘れたくない人もいます。

忘れたくない人を残しておくのが、「お墓」ではないかなと思う。
先ほどまで生きていて、この世にいた人が、いなくなってしまう。
別の世界にいってしまう。
特別な人ではなく、全ての人がいつか、どこかへ行ってしまう。

急に居なくなってしまうので、
心細くて、
不安で、
寂しくて、
何か別のよりどころが欲しくて、
お墓ってそう言う存在であると思う。

 

では、
亡くなった後の仏教の世界(別の世界)の新しい名前である
「戒名」
この世界から別の世界へ転居した日を記した「没年月日」
この世界で使っていた親しみのある名前「俗名」
この世界で暮らしていた期間を示す「行年」だけで表している今のお墓は時代に追いついていないのではないか?

 

まず、「代々墓」というシステム自体が時代錯誤。たった一行で生きていた人を表すのは不可能。

haka1

かつてのように生きていた人すべての人がお墓を建てる時代ではないので、むしろ好都合。

生きていた人一人に一基、小さなお墓を建てる。場合によっては、ご夫婦で一基。子ども一人だけで、成年までに亡くなってしまったなら、その子供も含めて一基のお墓。

 

時に見かける「軍人塔」。
よく見ると、側面にどうやって亡くなったかを詳細に刻んである。あれが見本となる。
  
お墓のどこかにその人の生きていた様子、信条、好きだったこと、生き方、亡くなり方などを記す。そういうスペースを用意する。誰がお墓参りに来ても、どういう人だったかが分かるお墓にする。

 

「へえ~、僕のおじいちゃん、数学が得意だったんだね。僕と大違いだ。。。」

「おばあちゃん、美人だったんだね。きっとモテただろうね。」

「私のご先祖にお医者さんが居たんだ。。。知らなかった。。。」

「え、お母さんにお姉ちゃんっていたんだ。。。知らなかった。。。しかも名前が。。。」

ohakamairi

 

そう言うことができる、気付ける、自分のルーツが分かる。
そういうお墓っていいな。
そういうお墓なら、みんな楽しく建てるだろうな。。

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
IMG_20190318_134159_01

どの業者でも同じお墓が建つわけではないです。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。
今日は地元の小学校の卒業式。
私も来賓として、参加させていただきます。
PTA役員や子供会会長などから、子どもも卒業してからは、
防犯協会の支部長として10年近く卒業式に参加してきましたが、これで
私も卒業します。。。

DSC_0025

まだ読み聞かせボランティアは残っているので、学校に行く機会はあるんですが。。。
ちょっと寂しい気もしますが。。。

やっぱり春ですね。

ところで、最近バリバリ追加彫させていただいているんですが、
気になるお墓をすることになりました。

おおきた石材店が施工したお墓ではなく、廃業された石材店が施工したお墓の
追加彫をご依頼されたんです。

DSC_0002-2

このお墓なんですが、戒名碑がお墓の横にありますね。
あまりにも狭いので、現場彫刻は断念。。。

戒名碑の本体の上に笠が載っております。
この傘も全く意味がない、気がするのは私だけ??

DSC_0003

触ってみると、グラグラとする。。。固定してありません。
持ち上げたら、持ちあがる。。。
笠だけ撤去してみます。

IMG_20190318_110032

ホゾがありました。
でも固定した気配がない。
ホゾがあるから固定しなくてもいい、という考えか。。。
(隣のお墓に落ちたらどうするんだろう。。。)

戒名碑の本体を取り外してみたら。。。

DSC_0007

予想に反し、台側に繰り込んで穴があります。
水抜きもないので、雨水が溜まりっぱなしです。
さすがに下側は多少の固定する意思は感じられて、
ノロ(セメントと水を練ったもの)を目地にしてありましたが、
基本的な固定(接着)はなし。
ほんのわずかな地震でも倒れます。
いや、むしろ、人が触っただけで弾みで倒れる可能性も。。。

ほんの少し前ですが、石碑が倒れて、子どもが下敷きになって亡くなる事故がありましたが、
これはホントにその可能性が高い。。。

これは危険です。。。
何とかしないと。。。
IMG_20190318_134159_01

工場に持って帰って来ました。
よく見てください。
下半分は色が濃い。
上半分は色が白い。

本来は上の色です。
あのホゾ穴に雨水が常時溜まっていたので、下半分は水を吸って
色が濃くなってしまってます。
しかももう色が抜けません。乾燥させても色が戻りません。

お墓の構造に問題があったんですね。
でも、それを気付かなかったか、
気付いても放置したかのということです。

つまり、
素人のようなお墓のことを知らない業者なのか、
あるいは、悪徳業者なのか。。。

業者によってはそう言うこともあります。
あまり他の業者の悪口は書きたくないのですが
これは放置できない問題なので、書きました。

お隣のお墓の持ち主にも影響しますので。

お墓の建てる時は、業者の選定には十分ご注意を。
安いだけの業者は後から費用が掛かります。
リスクもあります。

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
IMG_20190309_084013

追加彫彫刻の追加費用

追加彫彫刻の記事を書いております。

但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。
昨日から急に寒くなって、雪。。。

雪ですよ。

少々、気候の変動が。。。
まだ春は遠いですね。

前回から、追加彫彫刻の記事書いております。

おおきた石材店は追加彫彫刻の費用はこちらになっております。

追加彫彫刻の値段

これが基本費用です。

但し、追加費用が掛かることがあります。
追加費用が掛かると思ったのに、掛からない場合もあります。

 

【追加費用が掛からない場合】

〇文字数の多い、少ないでは費用は変わりません。時々すごい文字数の多い戒名とかありますが、費用は同じにしています。

 

【追加費用が掛かる場合】

①夫婦墓に彫刻する場合

夫婦墓に彫刻する場合、正面の文字は基本的に現場彫できません。
また、正面と側面の2方向に彫刻しないといけないので、手間が2倍かかります。
なので、今のところ持帰りのみの彫刻となります。

また、文字が大きく彫刻にも時間が掛かるので、
基本的に追加料金頂きます。

 

②竿石の側面に彫刻する場合

竿石の側面も文字が大きくなる傾向があります。
また、非常に彫刻しずらい場合が多いので、追加料金頂いております。

 

③複数の人数を彫刻する場合

①と同様に2倍の手間と経費が掛かるので、追加料金を頂いております。
基本的に1名追加に付き、15,000円(税別)を頂いております。

 

④そのままでは彫刻できない場合

狭い場合が多いですね。また、物理的に無理な場合もあります。
どうやって彫るんだ、というような場合もあります。
そう言う場合、移動する必要があるので、追加料金頂いております。

 

⑤軽トラックが駐車できる場所とお墓の場所があまりにも遠い場合

荷物、材料等の運搬に時間を取られて、彫刻する時間が無くなってしまうので。
また、コンプレッサの圧縮空気を使って彫刻するので、そのホースの延長距離にも
限度があります。

 

⑥但馬地方、京丹後市、以外のお墓に彫刻する場合

基本的に上記のエリアは商圏とさせていただいております。
それ以外のエリアは出張料金が加算されると思ってください。
目安としては、「車で片道45分~1時間程度までは出張料金のかからない通常料金」だと思って下さい。
半日で工事済ませて帰って来れる範囲を想定しております。

 

またそれ以外の注意ポイントとして、

〇小さすぎる文字の彫刻はお断りさせていただいております。

物理的に無理、ってサイズが当然あります。

メールお問合せ

 

3月中の文字の追加彫工事、まだまだ受付中でございます。

 

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
IMG_20190302_102747

追加彫彫刻、増えております。

おはようございます。

但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。

2月から3月にかけて、お墓の追加の戒名の彫刻をたくさんいただき、多少焦っております。
何とかこなしていかなくては。。。
ところで、戒名の彫刻って、納骨とほぼセットです。

家族の誰かが亡くなって、その方のご遺骨をお墓に納める際にお墓にその方の名前が刻んである、
という状態にするんですね。
だから、「納骨時に、彫刻済み」が一番多い形です。

時間がなかったり、何か理由がある場合は
「納骨後に彫刻」もあります。

IMG_20190309_084013

持って帰って、彫刻もありますが、基本現場で彫刻が多いです。
今後はもっと現場で彫刻の割合が増えると思います。
お墓自体が耐震、免震構造なので、取りはずして、という作業が入るからです。

で、彫刻作業が終わったら、完了とはなりません。
おおきた石材店では、「納骨口の清掃」をセットで行っております。

納骨口とは?

IMG_20190302_102552
この赤枠の部分、花立と水鉢というお墓の部材ですが、これを取り除くと
お骨を納める入り口があります。

ここで質問ですが、

「お墓の中で、一番汚れやすい部分はどこですか?」

ojisan2_think

「ん?どこだ。。?」

分かった人はお墓のことを熟知した人と言えます。
お掃除も欠かしたことない、かもしれませんね。

答えは、納骨口です。

ここは石をどかさないとそうじできないので、普段は掃除できない。
ですが、納骨の時はどうしても動かさないといけない。
で、動かすと。。。とんでもないことになっています。

IMG_20190302_102741

こんなことになっております。

IMG_20190302_102747

 

これはひどい。。。
数十年分の汚れが。。。(^_^;)

本格的な清掃はできませんが、最低限の水洗い程度は
追加彫の付帯サービスとして、させて頂いております。

費用込です。

追加彫工事、3月に入ってから、ずいぶんさせて頂きましたが、
まだまだお受けできます。
ご用命は以下のボタンから。。。

 

メールお問合せ

お電話でもお受けしております。

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
IMG_20190126_153607

お墓のリフォームご契約いただきました

 

少し前、戒名の追加彫刻をさせて頂いたお墓のリフォーム工事のご契約いただきました。
ありがとうございます。

但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。
非常に立派なお墓ですが、建てて経年ののち、やはりいろいろと
補修するポイントが出てくるようです。
IMG_20190126_153607

ご先祖様の古いお墓の一部を「お墓じまい」させて頂いて、
防草工事を合わせて、施工します。
そして、写真を見てわかる通り、非常に高い場所にお墓があります。

その上、玉垣が周囲を回してあります。

IMG_20190126_153607-2

赤線の中が玉垣ですが、これは伝統的な関西では多い外柵の一部ですが、
古いものは接着できていず、ただ石の上に石が載っているだけ、という場合があります。

今回のこのお墓もそうです。
石の上に載っているだけ。
なので、
非常に危険でもあるのです。
地震が来たら落ちてくる可能性すらあります。

そこで、どうやって固定するか。

そして、もう一つの課題が、「防草」です。

今回は半分、板石貼り。
もう半分はコンクリート+化粧砂利。

このコンクリート+化粧砂利も実は完璧ではありません。
場合によっては、経年で不具合が出てきます。

草が生えてくる場合があるんですよね。
ホントに場合によっては、ですが。

頑張って、ご納得していただけるお墓つくりさせて頂きます。

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
IMG_20190305_072200

今年初めて負けました

こんばんわ。
夜更新の但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。
今朝は、放射冷却でひじょーに寒かったです。
IMG_20190305_072200

視界10メートルくらいでした。
但馬の冬は快晴の日は朝が非常に寒くて、10時くらいまでは日が差さないのですが、
今日は9時過ぎくらいから、日差しが届き始めました。
少しずつ、冬が遠ざかりつつあるのかもしれません。

ところで、
最近、お墓のお仕事で、いくつか数社の見積を比較して、一番多い安い、あるいは
一番希望に近い見積を比較検討して、選ぶということを業界では
「相見積」をとる、といいますが、
その相見積で、今年初めて負けました。。。(^-^;

「お墓じまい」の工事だったんですが、
どうして負けたのか、お客様に聞いてみました。
「価格」かなって思ってました。
「他の業者さんの見積がとても安かった」からなのか。

でも、予想に反し、そのお客様の回答は。。。

「見積金額自体はそれほど違いがなかった」とのご回答。
では、どうしてなのか。。。

そのお墓は他社の石材店さんが建てられたお墓。
今は廃業された石材店さんが建てられたお墓のようでした。
私が建てたのではありません。
なので、基礎工事の部分がどの程度のコンクリート工事なのか、
わかりません。

石の下に申し訳程度のコンクリートなのか、
おおきた石材店の最近の基礎工事のように、
鉄筋を組んだべた基礎コンクリートのなのか、
その違いは極めて大きいです。

私は苦肉の策として、一応の見積金額を提示して、
金額から変動がある、との条件を書かせていただきました。
その幅がどの程度になるかわからないので、不安。
だから、確定の金額を提示した石材店さんに決められたとのことでした。

 

お客様の立場に立てば、それは当然かもしれません。
安ければいい、となりますからね。
少しでも高額になるリスクを避けたい、という気持ちはわかります。

でも、
実際に工事してみないとわからない部分、それをどうするのか。

自分で建てておきながら、無責任に聞こえるかもしれませんが、
おおきた石材店で最近建てたお墓を解体はできればしたくありません。
電動ハンマーとか電動のはつりではおそらく解体はとんでもなく重労働になります。
エアコンプレッセとエアチッパーは必須です。

それでも、大き目のお墓なら、解体に数日かかるでしょう。
その分の経費を計算すると、見積額が1.5倍とか、2倍とかになりかねません。
それほど基礎コンクリートの解体撤去作業は大変なのです。

その費用はどうなるのか?
簡単に済めば、見積金額で収まるかもしれませんが、
場合によっては、見積金額では収まりきらず、
赤字になるかもしれないのです。

その費用はだれが負担するのか?
どうやって工面するのか?

必ずどこかでしわ寄せが行きます。
とある地方にあるお墓のお墓のように、
非合法にお墓の石を捨てる、ということに
ならなければいいのですが。。。

今後どんどん増える「お墓じまい」にたいして、
どうなりますでしょうか。。。

 

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
IMG_20190226_075850

お客様の声、頂きました。

IMG_20190226_075850

こんばんわ。夜更新の但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。
温かくなってきて、戒名の追加彫、リフォーム、お墓の移転と一気にお仕事の依頼が増えてきました。
今年は天皇陛下のご退位、消費税10%といろいろな生活に影響するイベントが多い気がします。
10連休もあるそうですしね。
おおきた石材店はおそらく数日しか休みはない、かもしれませんが。。。

今年もよろしくお願いします。(←←今頃!!!)

 

ところで、「お客様の声」が帰って来ました。
それも2通も。
有難いことです。

29 豊岡市在住 M.Yさま

お世話になりました。領収書の件、失礼しました。
改めて、社名入りの領収書をお送りいたしました。

30 豊岡市在住 I.F様 (男性)

通常の和型ではなく、洋型でしかも納骨方法が関東型の
拝石を開けての納骨方式だったので、どうしても納骨費用が
発生してしまいます。ご理解くださいませ。

いろいろお世話になりました。
ありがとうございます。

感謝しております。

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 

スマートコレクションシリーズ 和洋タイプができました。

こんばんわ。夜更新の但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、大北和彦です。

IMG_20190201_075624

今朝は晴れる予定だったので、朝が放射冷却でとっても寒い朝でした。
所要で福知山まで行ってきたのですが、
豊岡は晴れていたのですが、福知山は雪、でした。
しかも山も積もっていて、豊岡より多いな、って感じでした。

1月上旬より、残業をメインに新メニューページの充実を頑張ってきましたが、
やっと、和洋タイプ墓、6デザイン×3石種の18種類のメニュー化、できました。
なかなか目と頭がついていかず、途中ずいぶんやめようかと思いましたが、
何とか完成しました。

「スマートコレクション」 和洋型

こちらもかっこいい外柵とシンプルなお墓という取り合わせで、欲しくなるデザイン和洋墓となると思います。ぜひ、一度建ててみたい素材です。

 

※ 上のリンクが別のページにリンクされておりました。
大変失礼しました。正しく張り直ししました。

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
a0790_000899_m

「姫神小桜」という石があるそうなのです。

夜更新の但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。

今日は一日、雨降りで、ずいぶん降りました。
1月31日に雨が降るって、通常ありえないのですね。雪だよ、雪。
本来はね。今年はなんか、違うね。

ところで、
施工中のお墓の石が到着。
ZMという名のインドの石です。
以前に一度だけ使ったことがある石、のようです。
(名前が違ったのですが、おそらく同じ石だと思います)
IMG_20190131_103808

でも、思っていたよりも濃い色です。
青い石、と言ってもいい、深い青です。

アーバングレーの細目、という触れ込みの石ですが、
その名に偽りなし!!
そう感じさせる風貌です。

ところで、私の所属している一般社団法人日本石材産業協会。
その中で、業界内の諸問題を解決しようというグループを「委員会」と呼んでおります。

石材業界はかつて、自分目線、お寺様目線、業界目線でお客様の方はあまり見ていなかった業界でした。
それでは今後未来はない、という危機感を共有するメンバーが作ったのが
「顧客満足推進委員会」というグループです。

そこで、今活動している物は、今日本でお墓の石に使える石ってどれだけ獲れてるんだ、という疑問に対して
使える石の見本を作成しようと、動いておりまして、
「国産銘石カタログ」というものがほぼ完成に近づいております。

北は岩手県から、南は九州佐賀県までの日本全国の41の銘石を集めました。
完成まで、後しばらくです。

その最終打ち合わせに2月、東京へ参ります。
2か月連続ですが。。。

その第一番目の岩手県唯一の石が、「姫神小桜」という石らしいのです。
その石のことを詳しく聞いていると、実はかなり質のいい石のようなのです。
岩手県の銘石「姫神小桜」これからも、注目していきたいですね。

出来ればお墓建てたいですね。
誰か建てさせてくださいませんか?
「石川啄木」ゆかりの石ですよ。

何だか、東北、岩手らしい雰囲気を持った石ですね。

春、東北の遅い桜が咲くころ、
桜吹雪とともに、姫神小桜の出来たてのお墓が、エンドレスに私の頭の中を
めぐっております。

a0790_000899_m
早く桜の季節来ないかな。。。

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
洋型-3-1

スマートコレクション、洋墓2と3もできました。

こんばんわ。夜更新の但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、お墓ディレクター1級のおおきた石材店です。

 

年明けから少しずつホームページを修正していて、特にメニューページをかき直しております。だんだんややこしくなっていて、訳が分からないことになりつつありますが、でも確実にできつつあります。

 

デザイン墓石の入門編の「スマートコレクション」シリーズですが、洋墓パートの第二弾、第三弾が出来ました。

 

でも私の良くない癖で、極めて凝り性でして、いらないページを加えたり、体裁が気に食わなくて、ショートコードを加えたり、だんだん複雑な作りになりつつあります。

 

洋型-2-1

「スマートコレクション~洋墓2」

http://ohkita-sekizai.com/?p=22197

洋墓2はお墓自体が大きめでLサイズです。外柵も関東型で親柱タイプなので、価格が高めですね。

 

 

洋型-3-1

 

「スマートコレクション~洋墓3」

 

洋墓3はお墓本体はシンプルなデザインですが、外柵が変わっていて、私は個人的には好きです。特にこの「アーバングレー」のお墓は凄くお勧めですよ。

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
110aaa39d49cb1ccf86f3e5c159d4f17

今年の目標①~「信頼棺®」の施工

こんばんわ。夜更新の但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー
お墓ディレクター1級のおおきた石材店です。

年が変わって、いろいろ始めてますが、昨年もやったような気がすること、今年もやります。今年の目標、抱負です。

最初は、「信頼棺®」の販売、施工です。

110aaa39d49cb1ccf86f3e5c159d4f17

昨年も建てさせていただいたのですが、数がまだまだ少ない。

まあ、私の努力不足です。でもほんとにいいものなので、この良さを一人でも多くのお客様にお伝えしたい。それを今年の最初の目標とします。

お墓って高価なものですよね。一時よりも費用を掛けなくなったとはいえ。

でもね、いくらお墓を建てても、そのほとんどのお墓が、大雨が降ったら、骨壺ごと、水没してしまうんですよ。これは厳然たる事実。

 

pose_ayashii_woman (1)

「見ないでどうしてわかるのよ」

 

DSC09427-2

「はい、確かに見てないので、想像ではありますが、おそらく間違いないでしょう。」

 

DSC09427-2-300x242

「だって、雨漏りする構造ですもん。お墓って。。。」

 

pose_nigawarai_woman

「ちょっと、ちょっと待ってよ。本当なの??」

 

そういうと、大概の方は驚かれます。
あるいは無関心。というか、そういう想像すらできない人もいらっしゃいます。

 

DSC09427-2

「つまりそれほどお墓について知らない、ということなんですけどね。」

 

お墓は、納骨口という穴が大きく開いております。
これは、家における「玄関」のようなもの。
これがないと困るんですが、かといって、この納骨口という玄関の構造が、まったく旧型の構造で、
どうしようもなく古いんです。

玄関が古い構造のお墓なので、雨水がどうしても侵入してしまいます。
で、場合によっては、通常、入ってこれないものまで、時として入ってきます。

110aaa39d49cb1ccf86f3e5c159d4f17

雨水と。。。「蜂です」
蜂が巣を作るんです。しかもお墓の中に。
それは、お墓が傾いて(施工不良か経年劣化かはわからないですが。。。)
そのできた隙間から侵入して、巣つくりというわけです。

実際、私も見かけたことあります。
スズメバチはないですが、ミツバチは結構お墓の中に巣を作ったりします。

ハチの巣 イラスト-300x258

せっかく建てたお墓、ミツバチが巣を作ってしまったために
お墓参りもできず、ブンブン飛び回っているミツバチを遠めに眺めて、
「今年はお墓参りあきらめようか?」と相談しなくてはならないなんて。。。

ojisan2_think

悲しすぎます。。。

雨水、大雨、スズメバチ、ミツバチ。。。
そういったものからお墓を守ることができるものこそ、
「信頼棺®」です。

このお墓の構造を一人でも多くの人にお伝えするのが、
今年の最初の目標です。

様々なものから、あなたの大切なお墓を守る
防水構造のお墓は
「信頼棺®」(特許申請済のお墓の構造です)

110aaa39d49cb1ccf86f3e5c159d4f17

 

 

お問い合わせは、こちら。

メールお問合せ

 

 

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
IMG_20181220_120242

お墓のねだん~「大樹Ⅰ」+バーハス(北欧の石)を更新しました。

私の目指していた「角のないお墓」の一つの完成形がここにあります。
「大樹Ⅰ」はホントに素晴らしいデザインのお墓です。

ぜひ、ご検討ください。

 

IMG_20181220_120242

「大樹Ⅰ」+バーハス(北欧の石)
    http://ohkita-sekizai.com/?p=21823

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
IMG_20181219_140934

【基礎がない墓地】は沈みますし、傾きます

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー@1級お墓ディレクターの
おおきた石材店です。

 

豊岡市と一言で言ってもけっこう広いもので、
面積としては、兵庫県内では神戸市、姫路市を抑えて第一位の広さです。

なので、豊岡市は地元ですが、お墓を建てる工事にあまり行かない地域もあります。
その中の一つ、豊岡市出石町に工事に来ています。

かなり古い、といっても20年前後だと思いますが、墓地の区画で、
ずいぶん傷んでいるな、って思ったら、

すっごい沈んでました。(涙)

IMG_20181219_095509

石の厚みが5寸(150ミリ)くらいあるので、おそらくですが、
約100ミリくらい沈んでますね。左側の石。

写真は4つのお墓の境界部分で、右下の基礎コンクリートが見えている部分が
工事している墓地です。

何しろ、埋めた土地(真砂土と粘土質の土で、どんどん沈んでいく土質)
に基礎もせずに、延石が据えてあるので、沈むのは火を見るより明らか。

IMG_20181219_133351

手前の金具が止まっている石が、施工しているお墓です。
隣の延石と共用となっているのですが、お隣のお墓に
お断りを入れて、延石を新しいものに。
磨き加工しているので、汚れは付きにくいはずです。

IMG_20181219_133343

石垣の上に載っている、延石。
下の石垣にアンカー穴をあけて、固定。
これで、外れやすい手前の境界の石もしっかりと固定できました。

 

反対側から見たら非常にわかりやすい。
写真中央上のまっすぐの石が今回取り換え交換した石です。
それにつながっている手前(中央下)の一段下がっているように見える石が
現状、沈んでしまった石です。

IMG_20181219_140934

これだけ沈んでしまったんですね。
お墓の外周はすべて、石垣石が積んであるので、ほとんど沈みません。
真ん中部分だけ、激しく沈むので、このようなすごい高低差になるのです。

でも、外柵(境界の石)だけならいいのですが、
お墓も同様に傾いております。内緒ですが。。。

IMG_20181219_140915

4つに区切られた墓地のうち、施工している墓地は右下。
それ以外の3つの墓地はそれぞれ、多少真ん中方面に傾いてしまっています。
地盤(埋め土)ごと、沈んで、傾いてしまっているんですね。

IMG_20181219_140915-2

 

こういう埋め立てした墓地は特に、このような、基礎コンクリートはしっかりと
設置すべきですね。
このサイズ感のお墓は、傾いたらプロの石屋さんでしか、直せません。

基礎のない墓地は、小さめがおすすめです。

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
DSC_0033

こだわりのお墓がバージョンアップ(その1)

おはようございます。
寒気の影響で、雪交じりの雨が降り続いている兵庫県豊岡市です。

IMG_20181214_080651

但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー@1級ディレクターの
おおきた石材店です。

2年前、「南印度洋行」さんに製作していただいたインドの銘石
「バングレー(インドBAN)」で
奈良県の額安寺の五輪塔を模して制作してもらったこだわりの五輪塔。

DSC_0033

そのこだわり具合は「凄い」のひとこと。

納骨時には、家族はもとより親戚総動員で、「般若心経」の写経を
30枚くらい制作されていて、それを敷き詰めて納骨。

DSC_0022-2

五輪塔に写経をこれほどたくさん納められる方は初めてでした。。。

DSC_0054

この丘カロートタイプの納骨口の蓋も一つ、こだわりがありましたね。
敢えて、書きませんが。。。

 

その施主さまから、久しぶりにご連絡。

香立とロウソク立を少し新しいものが作りたいので、相談に乗ってほしい、とのこと。

IMG_20181212_170932

夕方、暗くなってから見に行ってきたので、少し暗いのですが、
以前とあまり変わらない様子。

IMG_20181212_172451

この香炉を使いたい、とのこと。
でも、安定が悪いので、どうにかしたい、とのこと。

 

IMG_20181212_172502

裏側には、お釈迦様のお顔が。。。

 

IMG_20181212_172512

こんな感じですね。
今ある香炉も兼用で使いたいので、全く新しいモノを作るのではなく、
どちらも使える状態にしてほしいとのこと。

IMG_20181212_172537

香炉台に同じバングレーのサンプル石を乗せたら、ぴったりと穴がふさがります。

IMG_20181212_172433

しかし、ただ乗せるだけでは、線香の高さが高すぎて、線香が供えにくいので、
出来るだけ低く、とのこと。

上の台石をまず、ギリギリまで背を縮めます。

IMG_20181213_101743

一枚目の写真と比べたらわかりますが、香炉台石の厚み(背の高さ)が、
半分強になっております。

IMG_20181213_101732

この香炉皿がギリギリ納まる厚み。

通常はこれでお香を供えますが、
場合によっては、先ほどの真ちゅう製の丸い香炉を備えたい。
そのときは、

IMG_20181213_101810

サンプル石の真ん中、ちょうど乗る部分に軽くくぼみを作って、
それに「目地テープ」をクッション替わりに貼って。
(貼り方が雑いです。。。(^_^;)

ものが真鍮製なので、そのまま石に乗せるとキズが付いてしまうのです。
しかも、安定も悪い。。。(ガタがあるので)

IMG_20181213_101856

何とか、これでどうですかね。
天場に穴を開けようと思ったのですが、穴を開けてしまうと
割れ安くなってしまうのではないかと。。。

更に、この真鍮製の香炉が意外と底が平面に近いので
穴を開けるまでもないな、と。。。

 

とりあえず、これでどうですかね。
あと一つの部分は多少加工が必要なので、
後日に。

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
DSC_00361-500x375

納骨スタイルが違ってた「福井のお墓」

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー@1級お墓ディレクターの
おおきた石材店です。

初雪が降った週末。
まだまだ寒いですが、今日は、セミナー受講のため
大阪へ行ってまいります。

IMG_20181210_072816

日帰りですが、しっかり学んできたいと思います。

 
先日、お邪魔した福井の墓地ですが、
これをたくさん見ました。

IMG_20181203_150330

いわゆる「ブタハナ」と呼ばれるそうなんですが、
(いや、その呼び名知らなかったし。。。塩田さんありがとう)
予想外にたくさん見かけました。

但馬地方では、古いお墓にはたくさん見かけますが、

DSC_00361-500x375

いかにも「豚の鼻」に似てますね。
「ブタハナ」と呼ぶらしいのですが、但馬地方では、すごく古いお墓のみ
見かけます。
つまり、古いタイプの納骨ですね。

でも、福井ではそうではありません。

IMG_20181203_143457

中台の後ろに、ブタハナが!!
非常に珍しいもの見かけたな!!ってビックリしたんですが、
(新しいお墓で、このような納骨スタイル、初めてでした。。。(^O^)

IMG_20181203_145018

こっちのデザイン墓にも!!ありました。

IMG_20181203_150824

なんと、この位置列の中に4基も!!

これは、想定外ですね。
完全に古くて時代遅れの納骨スタイルだと思っていた「ブタハナ」が
現役で活躍していたなんて。。。

ブタハナの欠点は

〇納骨口が狭いので、壺ごと納骨しにくいこと
〇納骨口の加工が難しく、きれいに収まるのが熟練の技術がいる
〇水が入りやすい(予想ですが。。。)

逆に良い点として、

〇正面に納骨口がないので、不要な部材、スペースが必要ない。
〇花立、水鉢を固定できる
〇後ろが狭ければ、側面から納骨も可能

などですね。

そうなんだ、ブタハナ現役だったんだ。
いいもの見せてもらいました。
ブタハナ納骨、素敵です。(^O^)

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
おかあさん

この記事、追加で書き足しました。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー@1級お墓ディレクターの
おおきた石材店です。

今日は雪が降る予報。。。
ホントに降るかな。。。
今のところ、曇り時々晴れで
寒いです。

ちょっと長くなって、一日では書ききれなかったので、
改訂しました。

でも、まだ続きます。
後ほど、更に書き足します。
【豊岡西霊苑】【豊岡東霊苑】限定~50万円(税別)のお墓~
http://ohkita-sekizai.com/?p=21708

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
IMG_20181127_095421

お墓建てたい人にはチャンス、ですよ。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー@お墓ディレクター1級の
おおきた石材店です。

今日、戒名の追加彫刻の予定なんですが、
雨、ですね。。。(^_^;)
回復してくれるといいんですが。。。
お墓工事はほとんどが天候との兼ね合いです。
雨や雪が降ると、できない作業がたくさんあります。

 

さて、
お墓じまいウィークの最後の仕上げ。
この真ん中のお墓をお墓じまいします。
で、
ビフォー

IMG_20181127_095421

 

 

アフターで、こうなりました。

IMG_20181128_122559

基礎にもしっかり石が入っておりました。
古いお墓なので、ほとんどコンクリートは入っていなかったですが、
たくさんの栗石が敷き詰めてあって、しっかりしたお墓でした。

この御寺院のお墓じまいは今年2基目かな。。。
3基目かな。。。

最近、豊岡市内の寺院墓地のお墓じまいを多くしております。
この御寺院も空き区画が目立ってきました。

つまり、
墓地建墓用の空き区画が増えてきたということ。
豊岡市内で、お墓を建てたいんだけど、
空いている墓地ないかな、って探している方、
今は、ずいぶん空き区画が増えてきてますね。

でも、
「寺院墓地って、最初は安いけど、お寺との付き合いとかがあって、
いろいろ掛かるって聞くんだけど。。。」という心配のある方。

shinpai_obasan

まずは、御寺院にどのくらいかかるか聞いてみるのも
一つだと思います。

意外と思ってたより、負担は少ないな、って場合もありますし、
まず何より大きいのは、
「初期の費用が少ないこと」

市営墓地の永代使用料よりも、
1割~2割くらいの価格です。

検討する余地は凄くあると思います。

 

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
a0726_000001_m

お墓じまいの現場から②

 

 

おはようございます。

但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。
今週は「お墓じまい」の工事が連続しております。
その2カ所め。
IMG_20181121_080714

立派なお墓ですね。
副碑(戒名碑)まで、舞台型の台が付いております。
このお墓の下についている舞台型の台と呼んでおりますが、
これは、
豊岡の寺院墓地にある台付き墓地が多く見かけますが、
あれは、昔、水害が多く発生した豊岡市で、遺骨が水没しないようにと、いわゆる岡カロート型にした
お墓なんですが、それが豊岡の寺院墓地以外にも、

ojisan2_idea

「あの、背の高いお墓いいよね。
うちのお墓もああいう豪華な背の高いお墓にしてよ」というご要望で
ああいう背の高い(舞台付丘カロート型の)お墓が人気になったと
思われます。
(想像ですが、おそらく。。。)

私自身もこの仕事を始めてすぐぐらいに
数基建てた記憶があります。

このお墓はおおきた石材店で施工したお墓ではないのですが、
メンテナンスを依頼されていた関係で、お墓じまい工事も依頼されました。

 

IMG_20181121_100335

お墓じまいもスムーズに済む工事と、
時間が掛かる工事があります。
このお墓は比較的スムーズだったんですが、
やはり古いご先祖のお墓もあり、
一日ではすみませんでした。

IMG_20181121_161300

ご先祖様のお墓のうち、地元の但馬から採掘された自然石ぽいお墓のみ
残りました。
明後日、このお墓をしまって、工事完了となります。

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~
 
3.カロート内にスズメバチの巣

防水ということは、水が入らないだけではなく。。。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。
雨上がりですが、(実は上がってない。。。)
今週は、お墓じまい工事とお墓修理の一週間となりそうです。

信頼棺というお墓、水が入らないというのが最大の特徴なのですが、
水が入らない、ということは、
他のもの、も入らないということです。

4.カロート内にミツバチの巣-1

お墓というのは、ミツバチにとっては、けっこう快適な場所らしくて、
良くお墓の中に巣をします。
外敵(スズメバチ)などからお墓が巣を守ってくれるから、でしょうか。

でも、お墓の所有者からしたら、「とんでもない」話となってしまいます。
ハチが巣をしているだけで、お墓参りにも行けない。
お墓に近づくことが難しくなります。

でも、お墓の中にハチの巣って実はよく見かけます。
理由は、
すき間があいているから。
しかも、
ハチがなんとか通れるくらいのすき間がベストなんですね。
そういうお墓、古いものなら、よくあります。

ミツバチだけではなく、

3.カロート内にスズメバチの巣

スズメバチすらも、可能なら巣を作りますね。
むしろ、お墓はハチにとっては絶好の巣作りの場所なのです。

こうなると、専門業者に対処してもらう必要があります。

6.カロート内のハチの巣を専門業者による駆除

大変な手間と労力ですね。

でも、今のお墓の構造上、こういう事態は起こりうるんです。

「横穴があいていて、その穴を前から蓋石でふたしている」のが、お墓の構造です。

ピッタリと密着しているわけではない、から。
接着しているわけではないから。

納骨の時、しっかりと蓋出来てなかったら、
何かの拍子に隙間ができてしまったら、
地震の際、揺れてズレて、隙間が空いたら、

ハチの絶好のターゲットになってしまいます。

 

 

 

 
「おおきた石材店」人気記事ベストテン
  信頼棺バナー     ~水びたしにならないお墓~
  友だち追加     ~LINEでお墓の情報発信します~
  問合せボタン2     ~メールにてお問合せください~