―お墓のこと

DSC_0130

草を退治、と思ったら(お墓と草問題②)

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。。

 

昨日に引き続いて【お墓と草問題】

防草工事の一環、出来上がりが美しくて、満足感も高い「砂利の樹脂固め」施工。

DSC_0133

樹脂で砂利を固めて、見た目も光沢があって美しく、防草効果も高い。
そういうキャッチフレーズで施工されていることが多い、「樹脂固め施工」

おおきた石材店では「ファイバーレジン」と呼んでおりますが、
これは完全な「商品名」です。
おおきた石材店で使用しているメーカーが作っているものが「ファイバーレジン」と呼ばれるものです。

なので、メーカーが違うと別の呼び名になります。
「ストーンレジン」とかなんとか。。。

それぞれ特徴、耐久性、値段も違います。
おおきた石材店で使っている「ファイバーレジン」は耐久性が高くて、光沢が長持ちします。
また、私の知り合いの石材店さんも利用されているいわゆる「メーカー品」
もちろん、その分、高価ですね。
しかも、施工にも気を使います。

なかなかに難しい商品なのです。
(常に使われているユーザーさんにすれば、そんなことないな、って話かもしれませんが。。。)

使い方にいろいろコツがありまして、
一歩間違えると、

DSC_0130

こうなってしまいます。
これは、下からすき間を利用して生えてきたものです。

この製品も完全ではない、ということですね。

DSC_0126

このように石と樹脂の間のわずかなすき間から生えてくるんですよね。
下地をしっかりとしないと、こうなってしまいます。
また、気を付けていても生えてくる場合もありますから、
ホントに草って、つえ~な。。。(^_^;)

私も十分気を付けないと。。。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0090-2

草刈りでお墓スッキリ!(お墓と草問題①)

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。。

 

お墓そうじというより草刈りのご依頼。

DSC_0090-2

笹がすごい生えていて、お墓が良く見えません。

これを

DSC_0095 -2

きれいにカット。スッキリしました。
でも、笹は根が強力なので、すぐに生えてきます。

根本的な防草工事をしないと、いつまでたっても、イタチごっこですね。

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0070

お墓の中にハチの巣が。。。

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。。

 

二重台のお墓の中台を取り外して、一重台にリフォームする工事をさせて頂きました。
納骨は今後しなくてもいい、とのことなのでお墓を小さくするための工事です。

DSC_0066

使う予定の竿石と上台を仮撤去して、
納骨カロートのふたを兼ねている中台石を撤去。

とその時、施主様が
「あ、この中にハチが巣をしてるはずだ!」
「ハチ、いなかった??」

多少、ビビり気味ながら、ハチはいる形跡なし。
「いませんよ」と。

「ああ、そう。いないか。」と

とりあえず、まだ活動してないか、いなくなったんだろうと思って
その中台石を処分小運搬のため、割りました。

すると。。。

DSC_0070

その中側に、ハチの巣があった形跡が。。。(^_^;)

DSC_0072

明らかにハチの巣があったようです。
今は跡形もありませんが。。。

 

このように、お墓のカロート(納骨スペース内)にはすき間があると
ハチが入り込んで、巣をすることが良くあります。
僅かなすき間があれば、ハチたちは入りこみます。

しかも、隙間が僅かであればある程、外敵から巣を守れます。
僅かなすき間なら、いくら凶暴なスズメバチが来ても、その隙間だけを守ればいいので、
シャットアウトできるでしょう。

なので、このお墓の中はハチたちにとって最高の環境なのです。

でも、ハチにとってはいいですが、本来お骨の安置場所ですよ。
そこに安置されているお骨にとってはいかがでしょうか。
しかも、
お参りされる家族にとっては。。。

やっぱり、蜂蜜は美味しいですが、
ハチの巣は御免なさい、ですよね。できれば。。。

 

お墓をハチの巣にしたくないという方、
「信頼棺®」を使ったリフォームもできます。
100%ハチの侵入を防ぎます。

お問い合わせはこちらへ。。。こちら

 

234×60_shinraikan

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

あ、危ない。。。

DSC_0040

後で直しておきましたが。。。
危ないところでしたね。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0001

【豊岡西霊苑】【豊岡東霊苑】にお墓を建てようとお考えの方

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

目次

〇豊岡市営霊苑は間口が狭く、奥が深い
〇地震の時はお墓から離れましょう
〇間口が狭いなら狭いなりの墓地の有効利用

 

 

久々に雨が降ってきました。

DSC_0001

工場の裏の堤防のあざみにも恵みの雨かもしれません。

奥に深く、間口が狭い墓地はよくないと書きました。
Q343~横に広い墓地と、奥に広い墓地はどっちがいいの?

ところで、豊岡にある2つの市営霊苑、実はどちらも、
【間口が狭く、奥に深い】墓地なんですよね。。。(^_^;)

一部、西霊苑の古い区画には、正方形に近い区画(左右が広め)の区画がありますが、
ほとんどは、間口2m、奥行き3メートルの区画です。

間口2mというのは、豊岡あたりのサイズのお墓にとっては、
ギリギリ。。。いや、ちょっと狭いかな、というサイズです。

ベストのサイズは間口2,5mではないかと考えます。

 

なので、市営霊園には、お参りしにくいお墓が並んでおります。

DSC_0027

地震来たら、ちょっと怖い感じですね。
地震の時は、墓地から離れましょう。

 

で、

おおきた石材店では、最近は灯ろうは基本付けません。
付けても、「置き灯ろう」をお勧めしております。

直近ではないのですが、昨年の秋に建墓したお墓。

DSC_0013

 

墓地区画のうち、
手前半分を参拝スペースとして分けて、
墓地スペースは奥半分。

手前の参拝スペースは参拝される方を配慮して、階段なし。
フラットとまではいきませんが、小さめの段差での平面。

お墓スペースは間口2m、奥行き1.5mと狭いので、通常のお墓は
建てられません。
やや小さめのお墓。
で、普通の和型では隣と比較して小さく感じるので、
デザイン墓にして、比較をしにくくしました。
(相対的にお墓が小さく感じにくい)

墓地が狭いなら狭いなりの有効活用を考えたいと思います。

この2×3メートルの墓地区画ではこの墓地の使い方が私は現状でベストだと感じております。

ただ、手前の参拝スペースを作成するのと、
デザイン墓がインターロックプレミアム墓石なので、
このお墓に関しては工事費用は安くはありませんが。。。
このような【オリジナルデザイン墓】ばかりではなく、
このサイズに合った和型に近い、お墓もご用意できます。

祈りシリーズ

 

むしろそういう形を一度作ってみたいですが。。。

 

 

【豊岡西霊苑】
【豊岡東霊苑】
で建墓を検討されている方はぜひ、一度考えてみて頂きたいですね。
よろしくお願いします。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0014

N家のお墓改修工事⑧~鉄金具は錆びます

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

晴天が続き、有難いです。
今日は二か所のコンクリート工事施工しました。
一カ所目はお彼岸明けからずっと続いてます、お墓改修工事。
隣同士のお墓2件分。

最初のI家の方がほぼ終わり、もう1件のN家の方に取り掛かります。
工事取り掛かってみて、色々不具合が出て来まして、
やはり追加工事が発生。
今回、急きょ、施主様とご相談して、この部分を補強のコンクリート施工。

DSC_0005

外柵の手前の部分、補強のコンクリートを施工することになりました。
DSC_0014

上は今回、施工したステンレスの金具。
で、
下の石。
よく見ると、金具らしきものが。。。
鉄なので、錆びついて、もうなんだかわからなくなっております。

DSC_0023

錆びついている鉄製の金具を取り外し、
ステンレス製の金具を新たに施工。

DSC_0026

一番下の石に鉄筋を差し筋して、

DSC_0031

なおかつ、真ん中の石も金具で固定。

可能な限りの補強をしまして、

 

DSC_0040

補強のためのコンクリート施工。

DSC_0058

 

DSC_0068

とりあえず、ここまでコンクリート施工。

その後は後ほど。

で、

2件目は

DSC_0044

型組、メッシュ筋した上に、

DSC_0078

コンクリート施工。
こちらは、延石のみの基礎コンクリートです。

現場も近く、量も少なかったので、2個所のコンクリート施工完了。

まだまだ続きます。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0079

お墓そうじ、お墓の草刈り作業、増えてます。

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

昨日は30度を超えたらしいです。
私は和田山に行っておりましたが、
和田山も暑かった。。。です。。。

DSC_0089

和田山に行く前に、お墓そうじの依頼の現場確認。
お墓そうじというより、
草刈りですね。

これは。。。

DSC_0079

笹なので、なかなか苦戦しそうです。
納骨前の来月のご依頼です。

DSC_0080

 

納骨があるので、
法事があるので、
それまでに草刈り、掃除をお願いしたいという
ご依頼が増えております。

期日は限定できませんが、
1週間程度の余裕ある範囲でさせて頂いております。

お盆前になると、かなり増えますので、
ご依頼の際は早めにご連絡を。

 

◇ お問合せ先はこちらです。 問い合わせリンク
◇ お電話でも受け付け中   おおきた石材店フリーダイヤル

※ スマホならクリックすると電話できます。
運転中、作業中で電話に出られない時がございます。
その際には、時間をおいて、再度お電話いただければ幸いです。

 

 

 

 

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
01450eb2bc471878d49ed2414773dec742b8fac016-e1465781205237

7月15日、8月10日、「終活」と「お墓」のセミナー開催します。

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

「終活」という言葉、聞いてどう感じますか?
最近はこの言葉、市民権を得て、多くの人が知っている言葉となっています。
雑誌、書籍とうでも取り上げられ、
テレビ番組としても、よく最近取り上げられています。
特に、NHKのクローズアップ現代+などで特集されていて、
ずいぶんよく聞く言葉となってきています。

みなさん、とりあえず、いいこと、
大切なことだと思われているようですが、
実際に初めて見ると。。。
「エンディングノート」も途中で断念したしね。。。

shinpai_woman

断捨離して、
いろいろな手続きをして、
「終活」ほぼ終えた、と思っていたら、

ojisan2_shock

とんでもない、落とし穴があった!!

ということも。

そういった、方にもおすすめしたい。
「終活」の落とし穴、続けるポイント、
そして、
「終活」の考え方

そういったことをお話しできると思います。

また、私はお墓のプロなので、
お墓に関する疑問、質問もお答えします。

 

「終活」と「お墓」の新しいカタチ セミナー


 

①7/15 14:00~15:30
②8/10 13:30~15:00

いずれも、場所は「コミュニティーたづるの」です。
(旧 田鶴野公民館です。)

駐車場 あり
持ち物 なし
参加料 なし
参加条件 会場までお越しできる人

 

ちなみに、参加者はこれまでの経験ではほとんどが女性です。

 


 

 

ランディングページ(申し込みフォーム)を制作中です。
ぜひ、おいでください。
参加条件は、会場まで来れる方、です。(^O^)

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0045

初めての地、「御崎」

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

東京のお土産シリーズ、第3弾はこちら。

DSC_0076

東京神田の「庄之助」の庄之助最中(もなか)。

DSC_0022

相撲の軍配の形。
第22代立行司、木村庄之助のご実家らしいです。

DSC_0080

こういうチラシも。。。

 

あんまり最中好きではないのですが、これはいけますね。
1,2個ならば。
アンがおいしいんですね。

 

 

香美町香住区御崎地区へ行ってきました。
初めてです。
お墓そうじを依頼されて、その下見に。

けっこう遠いです。

DSC_0055

餘部(あまるべ)という地域は以前、鉄橋があって有名な地です。
現在のコンクリート製のJRの鉄道陸橋です。

 

ここまで30分以上かかるんですが、そこから海岸線沿いに。。。

 

DSC_0054

海沿いの険しい道を通っていくと。。。

 

 

DSC_0028

 

 

DSC_0045

坂を上っていくと、見事な灯ろうがあります。

 

DSC_0047

御神燈(ごしんとう)。
神様のいらっしゃる場所を示す明かりです。

地区のど真ん中にそびえたっております。
立派な、灯ろうですね。

地元の石だと思います。

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0003

石には石材専用接着剤を

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

晴天しかできない作業の一つとして、
石同士の接する面のすき間のシール(目地)作業があります。

DSC_0001

おおきた石材店では基本として、「地震に強い施工」として
【絆】という免震パットを使った施工をしております。
これを使うと、石と石のすき間が3ミリになりますので、
その隙間を埋めるためにシール(目地)します。

このように、予めマスキングテープを貼り、はみ出した接着剤をきれいに取り除けるように
準備します。
ずいぶん面倒な作業のように見えますが、ようやく慣れてきました。
こうやって、養生テープを貼った方が仕上がりが遥かに美しいですね。

DSC_0005

で、使う接着剤がこちらです。
「ストンコークR」という石材専用の接着剤です。
このような弾性接着剤と呼ばれる製品は、種類によって
固まるのが早かったり、遅かったり、
いろいろ性質が違うようです。
このストンコークRは適度な固まる速さで、いい感じですね。

これでシールします。
DSC_0003

この黄色のマスキングテープのすき間にこの接着剤を挿入して、
柔らかいコテで押さえて、仕上がりを美しくします。

慣れるまでは、うまくいかないこともありますが、
最近はこの方法が一番美しく出来上がりますね。

これで、
「地震に強い」お墓の完成です。

 

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0017

「防草工事」完全な防草化は難しい

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。
「草が生えないようにしたい」という要望は実は最近、とても多いです。

shinpai_woman

「草取りが大変なのよ。。。」
「何とかしてほしいんです」
という方、とても多いんです。

特に田舎は。。。

何故なら、元々土葬をしていて、広大な墓地が必要だったのですが、
最近は、火葬。
火葬ならそれほど広い墓地は必要ない。
でも、ご先祖様の眠っている土地を通路とかゴミ捨て場とかに
したくない。
なので、
墓地がどうしても広くなってしまう。

 

田舎の墓地は広い、なので、草取りも大変。

となってしまうんですね。

で、防草工事の依頼となるわけですが、
雑草というのはホントにすごいもので、どんどん生えてきます。

最近よくする防草工事の一つ
「樹脂で固めた化粧砂利」俗に
「ファイバーレジン」施工と私は呼んでおりますが、
実は、これも完璧だとは言えません。

この施工方法、そのメーカーによって様々で、
耐久性、施工のしやすさなどずいぶん違うのですが、
こちらの写真は他店の施工です。(ファイバーレジンではないと思います)

DSC_0009

きれいに施工されておりますね。
でもすでに光沢が落ちてきております。
この「樹脂固め化粧砂利」施工、俗に「ファイバーレジン」施工は
工事した直後がもっとも美しいです。
光沢が美しく、仕上がりの満足感は別格です。

実は問題はいくつかあるのですが、
今回は防草問題。

DSC_0012

草が生えてきてますね。
石のすき間から。
こうなると根っこから抜くことが難しいです。

DSC_0013

コケ?らしきものも。

DSC_0014

生えてきてますね。

DSC_0017

施工方法でも違ってくるんですが、
この方法でも、完全な防草化は難しいですね。
むしろ、
この方法で、生えてしまった草や
すき間に入り込んだゴミ、汚れの除去は余計難しいのです。

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0023-2

お墓の戒名を後から彫刻する場合に気を付けないと。。。

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

時として、追加彫は期限が切られている場合があり、
急ぎのお仕事の場合が多いです。

今日はちょっと遠い所へ現場彫刻へ行ってまいりました。
コンプレッサちょっとデカすぎますが、一応積載量の範囲内です。。。(^_^;)

DSC_0042

タケノコと呼ぶべきか、
竹と呼ぶべきか、
どっちでもいいのですが、今年は当たり年のようです。
墓地への道すがら、タケノコ天国のように生えておりました。

DSC_0036

「ピコム」さんの「Pgom」で字彫をいたしました。

DSC_0023-2

透明です。
裏の石が透けて見えます。
これ実は、下の既に彫られている文字との位置関係、
以前のマスキングシートならこの文字を確認するのは、結構難しかったですね。

でも、このシートなら、割と簡単。
特に、上の写真のように、戒名と戒名の間、その間に彫る場合、
ちょっとズレると、隣の文字と当たったりして、文字同士がくっついたりして、
残念なことになったりするんですね。

DSC_0025-2

今回の文字を張り付けてみました。
う~~ん、微妙。。。(^_^;)

DSC_0025-2-2

この当たり、隣の文字とくっ付く可能性、高くないですか??

文字のギリギリまで見えるようにしてみると、

DSC_0027-2

他は何とか処理できそうですが、「成」の文字がやばい。。。(^_^;)

DSC_0034-2

何とか、処理して、くっ付かないように処理しました。
ちなみに、文字の色、今回彫った文字の色が白。
その他の文字の色はクリーム色のようです。
経年で変化してクリーム色になったのか?
元々クリーム色になるのか?
よくわかりませんが、近い色で塗り直します。。。(^_^;)

プロッタという機械でカットした場合、この処理はうまくできるんでしょうかね。。。
結構気を使う「追加彫彫刻」です。
行間をできるだけ広げて彫ってほしいものです。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0034

I家、N家のお墓改修工事⑦~基礎コンクリート

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

ホントに工事の進み具合が遅いなって、自分でも思いますが、
石は約100m、資材は約20~30mの小運搬をしているので、
何しろ運搬に時間がかかる。。。
しかも、
農繁期、畑に行かれる通路でもあるその道は、お墓工事だけで占有できません。
畑仕事されるご近所の方と分け合いつつの工事なので、
とっても時間がかかるんです。

ということで
連休前の最終日、基礎コンクリート施工。。。

DSC_0026

午後から雨予報なので、とりあえず、お墓が乗る部分だけでも施工を済ませたいところ…

DSC_0029

軽トラックで乗る量はここまで。
0.35㎥です。
二度に分けて運びます。

DSC_0034

いつ雨が降ってくるかわからない天候なので、いつ降りだしてもいいように
雨養生用の準備しつつ、施工していきます。

で、何とか施工済ませ。。。

DSC_0037

何とか、雨降りだす前に予定完了。。。
続きは、連休明けです。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0001

I家、N家のお墓改修工事⑥~延石の設置

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

最近、お墓の周りに「ワカメ」に似たものが発生するというご連絡、多くいただいております。
みなさんのお墓は大丈夫でしょうかね。

 

 

お墓のリフォームの続きですが、
遅々として進んでおりませんが、延石の施工。

DSC_0007

このように、接着剤と奥に見える金具でダブル固定。
さらに、

DSC_0020

動く可能性のある延石には、石垣の裏に施工した、基礎コンクリートと
一体になるように、こちらにも固定金具。
これで、動くことはおそらくないでしょう。

延石が据え終わって、階段石を設置。
一段目。

DSC_0001

 

動かないように、金具で固定。

DSC_0021

三段の階段石も据え終わりました。
これに固定金具を設置すれば、玉垣下の延石は設置完了です。

滑り止め加工には、このような模様をさせて頂きました。
以前の切削の状態で、滑ることはない、ということでしたので、
この程度の滑り止めなら大丈夫かと。。。

磨いた面は非常に滑りやすいので、そのままではさすがにダメですから。

連休前になんとか、お墓の部分の基礎コンを終わらせたい。。。(^_^;)

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0015

「納骨」≒「土に還す」同じではない?

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

ついに、おおきた石材店の第一号「信頼棺®」施工墓石が決まりそうです。
小さめな洋墓ですが、有難いです。感謝です。
頑張って施工いたします。

ところで、関西では、ご遺骨を「土に還す」とよく言われますが、
これは、土葬の頃は、まさしく土に還っていたわけですが、
今では、土に還る遺骨って実は非常に少ないという話です。

誰かが亡くなると、焼骨にして、お墓に納骨しますよね。
地域によってかなり違いますが、白い塗りの骨壺ごと納骨される遺骨は
永久に土に還りません。
これは、誰でも知っていること。

さて、
じゃあ、土に還るようにと、壺から出して、納骨袋などに移し替えて、
納骨される場合は。。。

こちらも土に還るにはかなりの年月が必要なのです。

基本的に焼骨、焼いた遺骨は土に還りにくいと俗に言われます。
しかも、
納骨袋ごと、お墓の中に置いておくだけですね。

置くだけでは土に還りにくいのです。
というか、
かなりの年月経過しないと土に還りません。

納骨袋としてよく利用されるサラシの生地は

DSC_0002

実は数年で地面に接する部分のみボロボロになってなくなってしまいます。
でも、
お骨は風化しにくいのです。
(色はずいぶんくすんだ色になりますが。。。)
それは、

土の上に置いてあるから。

土葬のように土の中深くに埋葬すると、結構早く風化して
だんだんなくなってくるのですが、
土の上に置いてあるだけなら、実は意外と、なくなりません。

私のお墓(大北家のお墓です)は墓地の真ん中に五輪塔があって、
そこにお骨の半分は合葬(家族内のみですがね)してあるんですが、
(実は今初めて、告白しますが。。。)

残りの半分は戒名が彫刻してあるそれぞれのお墓の下に埋葬しております。

で、
数年前父の遺骨を埋葬するとき、五輪塔の中を開けたんですが、
祖父、祖母、そして、おそらく曾祖母だと思われる遺骨が
しっかりと残っておりました。

(曾祖母は私の生まれる数年前に亡くなったそうなので、もう50年以上になります)

簡単に「土に還す」と言いますが、
それは土葬のお墓のことを言っているのであって、
現在のお墓は、基本、土に還っていません。
ほとんどのお骨が。

その遺骨が土に還る頃は、埋葬した家族(息子、嫁、孫など)も
もうすでに、遺骨になっているということです。
それが現在の焼骨を埋蔵する形式のお墓、です。

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0005

納骨しにくい、納骨できない、狭くて。。。

但馬、豊岡のお墓のプロ、おおきた石材店です。
晴天続きの兵庫県豊岡市でしたが、
その天候も変わり目を迎えつつあるようです。

雨が降ってきました。
久しぶりですがね。

で、工場での加工の仕事です。

ときどき、ご依頼というか、
ご要望をお聞きすることがあるんですが、

「納骨口が狭くて、お骨(の骨壺)が入らない!!」
pose_atama_kakaeru_woman
「どうしたらいいの??」というご要望をお聞きします。

以前、お墓まで出向いて、納骨口を広げたことが何度かあります。
緊急避難的に納骨口を広げることはできますが、
しょせん、現場で出来ることは限られます。

もし、納骨口が狭い場合、しっかりとした加工をするなら、
工場へ持って帰って、加工とすべきです。
でも、そうなると、お墓の仮解体が必要なので、
大掛かりな工事となります。

もし仮に、
「お墓のリフォームをする」なら、
お墓の納骨口を広げる加工も併せてご依頼されることをお勧めします。

広すぎて困ることは、
まあ、少ないと思うので。

今回もお墓の引っ越しで、一旦工場へ持って帰ったので、
正しくうってつけのタイミングですね。

DSC_0005

最初の穴の状態。
奥がダイヤカッターの刃の跡が残りまくっておりますね。
納骨時しか、見えないとはいえ、
これはあまりいい感じはしません。

しかも、高さも十分ではありません。

なので、マジックで記してある部分まで広げます。

DSC_0014

まず、上の部分をダイヤカッターで取り除きます。
カットしただけなので、ガタガタですね。

DSC_0016

ひっくり返して、
下側(奥部分?)をしっかりと広げます。
ダイヤカッターでカットして、

DSC_0018

余計な部分を取り除いて、
真ん中部分を曲面になるように落としていって、

DSC_0022

成形すれば、出来上がり。
最初よりずいぶんいい感じになりましたね。
こういう細かい部分もしっかりと丁寧に加工すると、
愛着も湧く、というものです。

施工後に、出来上がった状態の写真を明日、投稿します。

納骨口が狭い、とお嘆きの皆さん、
ぜひ、お墓のリフォーム、移転の際に、
納骨口を広げる加工作業も追加で依頼されてはどうですか?

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0039

N家、I家お墓改修工事(その2)お骨の取り出し

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

DSC_0006

上にあったお墓と玉砂利等を全部、移動させていただきました。
で、お骨が少し出てきました。

DSC_0019-2

一番左の錆びた缶のようなものの中にご遺骨が。。。
右の二つは湯呑です。

DSC_0039
隣のN家の方からは、大きい骨壺と小さい骨壺が3つ。
合わせて4つの骨壺が出てきました。

持って帰って工事完了まで預からせて頂きます。

さて、これで工事がスタートしました。
長い工事となりそうです。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0051

N家、I家墓地改修工事(その1)

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

昨年の9月からお待ちいただいていた大型改修工事。
やっと取り掛かることになりました。
遅くなってしまい、申し訳ありません。
2区画隣同士のお墓の改修ですが、通路が非常に狭い。
入り組んだ所にあるので、中まで入りにくい、
などの理由でかなり長期の工事になりそうです。

まずは片側のI家の区画のお墓の全ての石を隣のN家の区画へ移動します。

DSC_0011

この区画ですが、

DSC_0028

このように金具で止めてありますが、鉄製なので、かなり腐食が進んでおります。
コンクリートで固定してあれば、まだましなのですが。

DSC_0051

このように、ボロボロになってしまいます。

当時は鉄製の固定金具が普通でしたからね。
おおきた石材店で施工したお墓でも、このようになっているお墓があるかも
しれません。

現在は全て腐食しにくいステンレス製が基本になっています。

更に、
この写真のアンカーは部品の一部に鉛が使われています。
鉛は非常に柔らかいので、強度的に問題があります。

現に私が施工したこのタイプのアンカーを解体した時は非常に簡単に外れてしまいました。

現在はウェッジ式のアンカーボルトを使用しております。

DSC_0046

ちょっと前にご紹介したものです。
全ての部品がステンレス製です。
しかも、写真で見て頂いて分かるように、非常に分厚い平ワッシャー
(当然ステンレス製)が非常に強力にボルトと金具を固定して、外れません。

最初の仕事がこの錆びた金具の取り外しから始まりました。
頑張ります。

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
01450eb2bc471878d49ed2414773dec742b8fac016-e1465781205237

絶賛募集中です。春はお墓工事に最適ですから。

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

お彼岸が終わって、お墓の工事の季節になりました。
4月から6月の梅雨までの時期はお墓工事の季節です。

01450eb2bc471878d49ed2414773dec742b8fac016-e1465781205237

いや~~、晴天続きの兵庫県豊岡市ですよ。

はい。

晴れはいいですね。
晴れはいいです。

というわけで、
絶賛、「お墓工事募集中!!」です。

 

お墓の文字の色入れ直し
DSC_0011-2
花立穴の開け直し

DSC_0120

から、

新しいお墓を建てること

DSC_0048

お墓の引っ越し

DSC_0004

お墓リフォーム

DSC_0012

 

お墓じまい、まで

DSC_0428-2

絶賛、募集中です。(繰り返し。。。(^_^;))

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0040

石がお墓になるには?

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

昨年、ご注文いただいたお仕事を3月になっても、
まだしております、おおきた石材店です。

まだ終わりません。昨年ご依頼のお仕事。。。
でも、もう3月。
そろそろ今年発注のお墓も頂きたいな、と
贅沢なことを考えていたら、頂きました。
それも、国産の石。青木石のお墓です。

小さなお墓ですが、
リフォームと新規のお墓とをセットで
お仕事させていただくことになりました。
感謝です。

 

 

ところで、

石に文字を刻む、ということが字彫となるわけですが、
形はお墓の形をしていても、そこに
「文字が刻まれていない」のならば、
それは、お墓ではなく、ただの石だと考えます。

いやいや、

ojisan1_laugh
「お寺さんがお性根を入れると、お墓になるんだよ」

というご意見もいらっしゃるでしょう。

それもごもっとも。

確かにそうかもしれませんね。

でも、お性根入れ、っていう儀式
しないご住職もいらっしゃいます。

もう済ませておいたから、工事かかってもいいよ。
というご住職もいらっしゃいます。

なかなか、お性根を抜いていただいたのか、
まだなのかは、他者では分かりません。

一番、誰でも分かるのは、
お墓に文字を刻んであるか、どうか、ということではないですかね。

もちろん、両方が揃って
お墓に魂が入った、という状態なわけですが。

 

それだけに、文字を彫刻することにはこだわりたいですね。
可能なら、
自分で彫刻したいですし、
それが出来なくなっても、
全自動の機械が文字を彫刻、ってどうも納得できない部分があります。

(ちなみに現在、完全自動の文字彫刻機械というものはない、と思います)

最近は、中国で加工、中国で文字彫刻までしてくれるのですが、
それもできれば避けたい。
日本人のお墓だから、日本人の手で彫って差し上げたい、という
あまり意味のないかもしれないこだわりもあります。

本当は、お墓の加工も日本人の手で。。。がベストなのですが、
そうばかりも言っておれません。

でも、日本人の日本の石によるお墓を望まれる場合は
こちらをお勧めします。

 

日本人の手による日本の石でお墓を作ることにこだわる
「栄龍石材(有)の米田龍治さんDSC_0040

 

まあ、それはそうとして、

お墓の文字の件なんですが、
原稿となる「お墓の文字」ですが、
「筆文字ぽい活字」が増えております。

素人目には判別尽きませんが、
私たち普段お墓の文字を見慣れていると、よくわかります。
「これは活字だな」とか
「これは書かれた文字だな」とか。

やはり、文字の彫刻にこだわるなら、
その文字の原稿にも人が書いた「筆文字」にこだわっていきたいです。
「活字」なら、ずらっとお墓が並んだ時、お墓の形はいろいろだけど、
同じ文字だなって、思ってしまう。わかってしまうものです。

人か書いた「筆文字」なら、
全く同じ文字を書いたとしても
日々多少違うはずです。

体調とか、気分とか、天候とか、気候とか、
いろいろな条件で違うはずなんです。
同じなんてあり得ないはずなんです。

それがいいのではないですかね。
それが刻む、ということに必要なのではないですかね。
それが、
お墓の文字というものなんではないですかね。

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0012-2

「お客様の声18」を更新しました。

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

 

先日、お墓の引っ越しさせて頂いたお客さまより、
「お客様の声」を送って頂きました。
感謝です。

ありがとうございました。

大阪に2度足を運ばせていただき、
大阪市内の墓地の大変さもよくわかりました。

香立がはまらない、とか
防風灯の扉がない、とか
いろいろありまして、3度目の大阪行きかと
思ったんですが、石材商社の㈱日本石材センターの奥村くんが助けてくれました。
ありがとう奥村くん。(^O^)

 

「お客様の声」18 ~大阪市在住 I様ご夫婦

http://ohkita-sekizai.com/?p=20254

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0025-2

お墓の建て方を見学に神戸へ

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

 

昨日はお墓の建て方(施工)を見学に神戸市まで行ってきました。

なぜ神戸へ、というと、
信頼棺®の施工を見学させていただいたわけです。
建て方に少しコツがあり、見学した方がいいということで、見学させていただきました。

確認しておりませんが、
おそらく、この「信頼棺®」を最も多く施工された職人さんの施工現場を見学。
DSC_0022-2

神戸の大きな霊苑です。

初めてお邪魔しました。
広いですね。すごい広いです。
その広い墓地の片隅で施工されていました。

DSC_0025-2

(※ 画像にボカシを入れております。ご了承ください)

2人のコンビの職人さんと施工責任者の三人。
抜群のコンビネーションで施工されています。

信頼棺の施工を見るのが目的だったんですが、
とても素晴らしい施工だったので、すっかり見入ってしまいました。
施工の仕方は、私とは異なりますが、非常にプロの技です。

途中から、「信頼棺®」はどうでもよくなってきて、
その職人さんの手さばきばかり見入ってしまってました。
ホントはお昼で帰る予定が、続きを見たくて、午後も見学させていただきました。

一枚石の拝石を施工するときのコツ、
スリングの使い方、
石を据えることの最も基本的なことが体に染みついている、という感じ。

DSC_0036-21

(※ 画像にボカシを入れております。ご了承ください)

特に、この写真(わかりづらくてすみません)、隣のお墓と境界になる部分に据える
横の石。
これって、据えるのに非常に難しいんですよね。
この難しい場所に、的確に石を固定する技術。
長い方向への水平、
石の前後左右の傾き、
隣のお墓との間隔、
正確な高さ、
全てを完璧に決めるのはホントに難しいんです。
これを、
プラハンマーとバールだけで決めるのはなかなかな技量がいります。

これをさも当然のように、笑顔で会話しながら、
施主さまがすぐ傍らで無言で凝視し続けられる中、
見学者にも愛想を振りまきながら、
素早い動きで施工される姿にすっかり魅了されました。

施主さまが見学されるのは凄いプレッシャーなんですが、
おそらく、こういう施主さまが多いので、慣れているのかもしれませんが、
自分の技量に絶対的な自信がないとこうはいきません。

ホントにいい現場を見せて頂きました。
また、施工の新しいコツもたくさん教えて頂きました。
そうか~~
そうなのか~~
え~~そんなことするんだ~~

など、いろいろ気づきと発見だらけの現場でした。
また、見学できる機会があればぜひ拝見したいと思います。
こういう機会を頂き、ホントにありがとうございました。

感謝(^O^)

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0088

納骨後の余った骨壺、どうしますか?

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

今日伺った墓地のゴミ捨て場所にて。

DSC_0088

枯れた供花やお供え物の中に、

DSC_0089

骨壺が!!
骨壺が捨ててあります。

骨壺から取り出して、納骨した後、
余った骨壺の対処の仕方に困って、捨てられたんでしょうね。

燃えるゴミ、ではないのですから。。。

ここに捨てられるのは、管理者の方が困るのでは??

 

おおきた石材店では、納骨のお手伝いをした場合、
骨壺から納骨袋に移して納骨した場合、余った骨壺を引き取らせていただきます。
もちろん、無料で。
骨壺をくるんでいた化繊の袋、桐の箱(化粧箱)も同時に引き取ります。

繰り返しますが、
ご納骨のお手伝いをさせて頂いた場合のみです。
そのあたりに放置されるのはご遠慮ください。
墓地管理者の方がお困りになられます。

壺ごと納骨、
壺から出して納骨が半々くらいの兵庫県豊岡市では、余った骨壺をどこへ持っていけばいいのか
分からず困る場面が多くあります。
ぜひ、石材店にご依頼ください。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
ojisan2_think

こんな経験ありませんか?

こんな経験ありませんか?

ojisan2_think

今日は親父の3回忌だな。
ご住職に迎えに行く時間は確認したし、
親戚のみんなの昼食の予約も済ませたし、
ほぼ大丈夫だと思う。。。

shinpai_woman
ホントに大丈夫??
最近、忘れっぽいんだから。。。

question_head_girl

納骨って、大丈夫??
出来るの??
石屋さんに来てもらわなくてよかったの?

ojisan1_laugh

大丈夫だよ。
お墓建てた時に、石屋さんに聞いたから。
コツも教えてもらったしね。

とりあえず、まずは練習しておこう。

まず、台を用意して。。。

その台に手前に倒すように。。。

滑ったら欠けるかもしれないからね。。。
ん、意外と重たいな。

は、外れない。。。

く~~~、これでどうだ!!

ojisan2_idea

やった、動いた(^O^)

密着して、外れなくなってたな。。。

ojisan2_shock

え~~~~

中が!!!

水浸しだ!!

ど、どうしよう!!!

お寺さん、来ちゃったよ!

おーい
母さん、バケツ買ってきて!!

pose_atama_kakaeru_woman

 

だから!!言ったじゃないの!!
予め用意しておきなさいって!!!!

 

豊岡市の二つの市営霊苑、西霊苑、東霊苑いずれでも
このように、お墓の内部、お骨を納める納骨スペースが
水びたしになっていること、実はあります。

理由はいくつかあります。
水はけの悪い地盤だから
水の通り道になっている土地だから
など。
豊岡市、特に旧豊岡市街の豊岡盆地はもともと沼地だったと聞きます。
水分が地中に溜まりやすく、抜けにくい地盤の地域もあるのかもしれません。

 

そして、これも大きな原因ですが、
「お墓の構造」です。
関西型のお墓は納骨口がお墓の正面に空いており、
そこは納骨するために固定、接着することができません。

なので、
そこから水が進入してしまいます。
雨が降ったり、雪が解けたりした場合、その納骨口から
水分として侵入しやすいのです。
つまり、
「構造上、お墓は水が溜まりやすい、侵入しやすい」のです。

 

pose_ayashii_woman (1)

「それって、なんとかならないの??」

「あなた、プロでしょ?」

はい、そうなんですが、
構造上、どうしようもないんです。
そうお答えするのが、関の山でした。

DSC09427-2

「だって、仕方ないんですよ。
お墓って、そう言う構造なのですから。
どこの石屋さん、どこのお墓でも同じようにそうなっているんです。」

と、不本意ながら、お答えしておりました。

ところが、
発見いたしました。

水が進入しないお墓。
雨水が内部に入らないお墓。
雪が解けても、外にしか流れないお墓。
そんな、お墓を。

そして、

そんなお墓を販売できるようになりました。

そんなお墓とは、

234×60_shinraikan

「信頼棺®」と言います。

水が入らないだけではないのです。
いろいろいいところがあるんです。
お墓を建てようとご検討の皆さん、一度、「信頼棺®」も考えて頂けませんか。
豊岡市でお墓建てるなら、まず検討すべきです。

考えたら考えるほど
「豊岡市でお墓」と「信頼棺®」は相性がいい気がします。

お問い合わせは、こちらから。。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

どこでも起きうる~「お墓倒れ、園児重体」(長野)

「お墓倒れ、園児重体」(長野県)

 

というニュースがネットで流れました。
とうとう、こういう事態が起きたか!!
という気がします。

Googleのストリートビューで確認させていただくと、
その保育園のすぐ近くに「お墓」があります。
そのお墓の石が倒れたかどうかはわかりませんが、
特に、古いお墓ほど、固定されていない可能性が高いのです。

また、
自然石を利用したお墓は最近はほとんど見ませんが、かつてはたくさん使われていました。
理由は加工しなくていいので、安く作ることができるから。
ただ、自然の石は形状が様々で、
お墓の石として、使った場合、不安定で倒れやすい場合もあります。

不安定なお墓
(※ 汚いイラストで申し訳ないです。。。(^_^;))

こういう形のお墓ですね。

見た感じで、不安定なのは分かると思います。
今なら、
台石との接地面積を広くしたり、
上の石と下の石の間に固定させる金具等を設置などを施しますが、
昔のお墓はただ置いてあるだけ。
触れば倒れることは誰が見ても明らかです。

 

 

 

安定したお墓

逆に、こういう形なら安定して、いいお墓(倒れないお墓)となるわけです。
同じ自然石を使ったお墓でも、その形状で、
非常に危険なお墓となったり、
むしろ安定したいいお墓(倒れないお墓)となったりします。

今回の事故の場合、新しいお墓ではなく、
このような古い、もしかしたら自然石を使ったお墓だったのではないかと
考えます。

こういうお墓は田舎ではよく散見いたしますし、
この古いお墓に「倒れにくい対策」をと言っても
かなりの費用を負担しなくてはいけなくなります。
むしろ、お墓などを「遊び場」にしない

というのが現実的な対応なのかもしれません。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0047

きになる大阪のお墓。

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

先日、お墓の引っ越しの立ち合いのため大阪へ行ってきました。

DSC_0033

施工は地元の石材店さんにお任せしたんですが、そっちは後ほどご報告するとして、
大阪のお墓で興味深いものを発見したのでご報告。

(っていうか、この墓地固有のものかもしれないですが。。。)

まず目に入ったのは、このお墓。

DSC_0047

丘カロートタイプのお墓。
丘カロートタイプのお墓は時々見かけますが、
えっと、お骨の入り口はっと。。。
うん?

2カ所ありますね。

上が観音開き、つまり仏壇のように両方の扉が手前に開く扉。
上の段がそうなっております。
金具が付いていて、それを外すと両方が開くタイプですが、

下の段も石でふたをするタイプですね。

あれ?

扉が二つ??

question_head_boy

2階式??

後で、お寺の奥さんに聞くと、上はお掃除道具などの収納庫になっているとのこと。
実際に入っているかどうかは分からない、とのことでしたが。。。

面白いアイディアですね。

でも、ちょっと疑問。

お墓の中に収納庫を作っていいの??

まあ、でも、有りってことで。

それより疑問なのは。。。

DSC_0049

よくわからないですか??

 

DSC_0049-2

これです。
この取手の様なもの。
お墓の正面なんですが、何なんでしょうか?

DSC_0050

引っ張ると、

。。。

。。。
伸びてきました!!!(驚!!!)

 

 

 

DSC_0051

これくらい伸びます(^O^)

 

DSC_0052

上から見たら、こう!!!

 

地元の石屋さんに聞いても、

「なんなんでしょうね。初めて見ました」とのこと。
お寺の奥さんにも、分からないと言われました。

気になるな~~
気になるな~~

何だと思いますか?

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0027

古いお墓のリフォーム、移転は意外な費用が(その2)

234×60_shinraikan

「信頼棺®」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

昨日の竿石。
ひっくり返して水平に立てます。

DSC_0022

頭が陣笠頭なので、建てるのも一苦労。。。(^_^;)
しかも側面が手磨きなので、水平をどこで取ったらいいのか??

長年の勘で、やりますです。

研磨盤の一番目の粗い番手で平らかにしていきます。
まだ、凸凹がありますが、この程度なら問題ありません。

DSC_0027

 

隅っこはやっぱり接着してありました。
簡単に取れてしまいました。

DSC_0024-2

さて、この隅をどうするか。。。

 

竿石はできましたが、
その下の台石も。。。

この写真の面が下の面(下の石と接する面)
ずいぶん凸凹です。
上の竿石と同じ加工が施されております。

DSC_0017

 

でも、こちらは、彫刻がないので、
ある程度カットしても大丈夫そう。。。

DSC_0020

 

 

そこで、この面をカット。

DSC_0028

 

カットした段差を研磨作業で平らかにして、
完成。

DSC_0033

かなり古い石なので、石自体にサビ?なのかどうかわかりませんが、
大きく変色しておりますね。
石の年月を物語っております。

さあ、やっと施工の準備完了。

どうですか。
古いお墓の石の場合、簡単に建てる、というわけにはいかない、ということ
お判りいただけたでしょうか。
古いお墓の移転、リフォームで一旦解体して、立て直すというとき、
解体したら、そのお墓の全てがわかります。
そして、その古い施工のいろいろなものが現代に合わない部分が出てきて、
それを今の手法でやり直すのに、いろいろな手順が必要なのです。

時として、
「全部新しく建てる方が安くできる」場合はよくあります。
ですが、それは、誰でもできますし、いつでもできます。

逆に
ご先祖様が大切にされてきたお墓の石をすべて無くすことになってしまいます
果たして、それでいいのですか。

ご先祖様が、大切にしてきたお墓の石を何とか残す、その方法を模索するリフォーム、移転を
お勧めしたいと考えます。

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0009

古いお墓のリフォーム、移転って意外な費用がかかります。

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

今、古いお墓の移転をしていますが、
以前のお墓は石の上に石を乗せるだけの施工でした。
なので、石同士が接する面は独特の加工をしている場合があります。

DSC_0009

こちらのお墓。
手磨きの加工で、おそらく50年以上昔のお墓だと思います。
(建立年が彫ってないのですが、予想だと昭和20年代かと)
この下の面。

DSC_0010-2

この赤枠がしてある面ですね。
なんだかガタガタですが、施工しやすいように中心部をえぐってあるんです。
今の機械加工ではなく、手で加工しているので、まっすぐな面を作るのが難しいのです。

なので、

DSC_0010-3

(汚い写真ですいません(^_^;))

赤線の枠部分はえぐって、下の石とは当たらないように加工します。
そして、
青線の部分だけ下の石と当たるように加工するのです。
そうすることで、しっかりとお墓の石が安定するわけです。
こういう加工を
「二番を落とす」と言いますが、
こういう加工してあるお墓が当時はほとんどでした。
まあ、丁寧な加工のお墓といえるでしょう。

ですが、これを現代の施工で建てようとすると、
このままでは、難しいのです。

このガタガタの下の面をまっすぐな面にしないと
「耐震施工のお墓」
おおきた石材店では
「地震に強い施工」と呼んでおりますが、その方法の施工をしようと思うと、
この面を加工仕直さないといけません。

と、ここまで来て、ある問題が(^_^;)

下の部分、蓮華彫彫刻が施してあるので、
あまりたくさんカットできません。

DSC_0016

なので、研磨作業で、平らに直すことにしました。
あともう一つ懸念材料。。。

DSC_0016-2

この部分(赤枠の部分)、どうやら接着してありそうなんですよね。
さて、どうする。。。(^_^;)

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0033

冬のお墓工事は、「追いかけっこだ」(by平井堅)

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

 

1月20日頃、基礎コンクリートを施工。

DSC_0018

雪も降らず、有難いなと思いつつ、順調にこなしていた基礎工事ですが。。。

DSC_0023

出来ました。
翌日から雪予報だったので、雪養生。。。(^_^;)

DSC_0023-2

他の現場を済ませて、2週間ほと放置して、久しぶりにやってきた現場。
雪がずいぶん消えたんですが、この状態。

DSC_0025-2

型枠もそのままだったので、杭のみ見えております。

 

DSC_0028

ブルーシートと杭の頭のみ、見えております。

 

DSC_0031

そこを除雪して、型枠を外して、この状態。

DSC_0002

冬のわずかな寒さが緩んだ日を狙って、延石据付。
翌日、朝は氷点下となったんですが、昼間は暖かくなって。。。

 

1517552152549

コンクリート施工しました。
夜間に気温が下がるので、昼間、一番暖かい時間に
早強コンクリート(早く固まるコンクリート)で施工。
その上に十分な養生して、2日経過後、
養生等を取り外した時の写真です。

この翌日、大雪の予報が出ており、

DSC_0033

今朝の写真はこれです。。。
まだ雪の量が15㎝程度なので、まあまだましかなって言うのが
せめてもの救いですが、

しかし、
たった今、兵庫県北部に「大雪警報発令」のダメ押し。。。(^_^;)

今のうち、少しでも除雪しておくのが賢明なのかな。。。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0031

見積書にない作業が。。。

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

冬、雪が降る但馬、豊岡市は見積書に記載されてない作業が発生します。

雪かきという作業です。

DSC_0023-2

さて、
2週間前に基礎コンクリート工事したお墓ですが、
場所が確定できないほど、積雪が。。。(^_^;)

 

DSC_0025-2

おそらく、この当たりだ。。。
(どのあたりだ。。。(^_^;)

DSC_0028

ここね。
養生用のブルーシートが目印。。。(^_^;)

DSC_0031

雪をかいて、
コンクリートの型枠を外しました。
何しろ、
コンクリート施工した翌日からの大寒波。。。

このあと、外柵施工して、
墓地内のコンクリート施工を週末までに。。。
来週はまた大雪予報。。。(^_^;)(^_^;)(^_^;)

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0023

お墓の引っ越し~基礎工事編

「お墓のみとり」を推進しております。
ちょっと話を聞いてみたいという方は、メールにて【お墓のみとりお問合せフォーム】まで

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

お墓の引っ越しなんて、そんなに費用掛からないでしょ??

ojisan2_think

というあなたの固定観念を覆すブログ記事です。

前回、灯ろうの引っ越しでも結構手間暇かかりますよという記事を書きました。
(→「お墓の引っ越し(灯ろう編)

灯ろうだけではないですよ。

お墓を別の場所へ移すのには、その石を設置するために基礎工事が必要です。

延石を設置するためだけの基礎工事ですが、
ずいぶんしっかりした基礎工事だなって、
私も思います。(^_^;)

DSC_0008

 

DSC_0018

DSC_0023

外柵自体はさほど重たくないので、これほどしっかりした基礎工事は
必要ないのかもしれませんが、その外柵の石と基礎コンクリートとを
固定したいので、このようにしっかりとコンクリートを施工します。

けっこうこういった見えない部分をしっかりとするか、しないかが
大きいのではないかなと感じております。

お墓の引っ越しも、お墓新設と同様に施工をさせて頂いております。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0010

お墓の引っ越し~灯ろう編

 

おはようございます。
お墓の引っ越し、を主に1月はやっております
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

お墓をあっちからこっちへ移すだけでしょ??

pose_ayashii_woman (1)
と、簡単に考えておられる方、
あなた、そう、あなたですよ。

大間違い!!

残念でした。初戦敗退です。
また来年お越しください。

まず、灯ろうのお引越しです。
山の上から持って降りてきたのは、丸墓前灯ろうというもの。

DSC_0005

6つのパーツのうち、その第一。
一番下の地面の上にある石。
私たちは「地輪の石」などと呼んでいます。
五輪塔の一番下の石と同じように読んでいますね。

手前が下、地面と接している部分。
施工でくっ付いている古いモルタル(セメント+砂+水で練ったもの)
がしっかり付着しております。
これをきれいに取り除かなくては施工不良になります。

DSC_0001

起こした写真がこれ。

DSC_0006

こういった道具でこのモルタルを取り外していきます。
一番上が「せっとう」
次が「コンクリートのみ」
「刃付きの平のみ」

DSC_0010

このように、簡単に外れる時もありますが、
なかなか取れない場合もあります。

DSC_0027

ひっくり返して、上の面。
このように、上に乗っていた首と呼んでいる部材とを固定していた
ノロ(セメント+水を練ったもの)
あるいは、
樹脂ノロ(セメント+セメント接着剤を練ったもの)で
と呼ばれるものを取り除きます。

DSC_0031

ノミで取ったり、叩いて剥離させたりして大きなものは取るのですが、
その後、
このスクレーバーという道具で、表面に薄く付着している
セメント被膜を削り取ります。
これをしないとまた施工不良です。

ちなみに、この作業は磨き仕上げしてある石のみです。
その他の加工の石にはできません。

こういった上面と下面の接着していた材料をそぎ落とす作業を
全ての石にしなくてはいけません。

DSC_0012

これは、ロウソク台が乗る「火受」という下から3番目の部材。
このような道具で大きめの接着材料は叩いて落とし、
その後、
細かい部材を落とすのは先ほどのスクレーバーでそぎ落とします。

グラインダ等で削ると早いんですが、磨きの面も一緒に落ちてしまいます。
なので、この方法で落としております。

DSC_0035

こちらは、「火袋」と言って、先ほどの火受の上に乗る下から4番目の部材。

この上と下の面は石と直接接する部分のみなので、
見えないのでグラインダでそぎ落とします。

このように一個一個、汚れと不要なものをそぎ落とす作業。
灯ろうは1対がおおいので、
6部材×2組=12部材しなくてはなりません。

「お墓の引っ越し」と言っても
意外と、いや、結構大変な作業が必要なのです。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
a0002_008719_m

お墓の可能性を感じるお墓を見ました

 

a0002_008719_m

先日、とある場所で、すごいお墓をみました。
写真はアップできないのですが、

「聖なる空間」をすべてのお墓の部分で作り出しているようなお墓です。

山を感じるディテール

聖なる色、白を基調

回りから囲まれた一点での参拝

模倣ではない唯一無二さ

一つの完成されつつある「聖なる場所」「祈りの空間」「供養のこころを現実化」
という言葉に表される究極のお墓に近いものでした。

私もこういう「お墓空間」を作り上げたいな。。。

いろいろ大きなことや、ちいさなこと、
細かいことなと
気付かされること、多かったですね。
都会では墓地の広さが狭くてできない。
でも、
田舎のお墓でなら、できる。

そういう部分も感じました。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0006

軍人塔(戦没者の方のお墓)からお骨が

「お墓のみとり」を推進しております。
ちょっと話を聞いてみたいという方は、メールにて【お墓のみとりお問合せフォーム】まで

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

 

お墓の引っ越しをしておりますが、
軍人塔(戦没者の方のお墓)があります。

通常、軍人塔からはお骨が出ない場合がほとんどです。
太平洋戦争の場合、海外で戦死された方がほとんどで、
遺骨も帰って来なかった方が多いからです。

もちろん、もう少し古い日清戦争、日露戦争の戦没者の方はほとんど埋葬されているんですが、
その頃の遺骨はほとんど出てこないからです。
(壺に入っている場合は別ですが。)

今回、遺骨はないだろうという想定だったんですが、
埋葬されておりました。
DSC_0006

これが、お墓の中に入っておりました。
最初は副葬品ではないかな、と思っておりましたが、

DSC_0012

(※ 実際の遺骨の写真は自粛させていただきます)

空けて、中を見てみると、
ホント小さなひとかけらのお骨。
おそらく、戦地で火葬されて、その遺骨の一部が
はるばる帰ってきたんでしょうね。

誰が持って帰って来られたんでしょうか?
戦友の方でしょうか?
どういう気持ちでこの故郷へ持って帰って来られたんでしょうか?
お墓を建てられたのは、ご両親でしょうか?
ご両親は、このお骨が帰ってきたとき、どういった気持ちだったんでしょうか?
お墓が完成した時、どういう気持ちだったんでしょうか?

この一かけらのご遺骨でいろいろなことを考えてしまいます。

いろいろな気持ちが詰まったお墓、大事に引越しさせていただきます。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0001

お墓の引っ越しは命懸け?

「お墓のみとり」を推進しております。
ちょっと話を聞いてみたいという方は、メールにて【お墓のみとりお問合せフォーム】まで

こんにちは。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

 

今年一番のお仕事は、山の上のお墓の引っ越しです。

山の上にあるお墓を下のお参りしやすい場所へ下ろします。

DSC_0026

階段になっているので、土のうを積んで、キャタピラーでも上がり降りできるように。

DSC_0033

勾配が緩い部分は仮設の道を設置します。

DSC_0004

上から見ると、こんな感じです。

ここは、一番頂上なんですが、ずっと階段が設置されているので、
以前よりも歩いては上がりやすくなっておりますが、
運搬車はむしろ上がりにくいかも。。。(^_^;)

道が乾いていて初めて、何とか登れるので、
雨が降ったり、雪が降ったりして、道が塗れると途端に
危険な通路となってしまいます。

ホントに、ある意味、命懸けのお墓の石下ろしです。
「お墓じまい」の場合は、ある程度細かく石を割って、
下へ下ろす、ということができますが、
引越し(お墓の移転、改葬)なので、そう言うわけにもいきません。

今日も午前中は何とか上がり降り出来ましたが、
午後から2往復した時点で、雪が降りだして、断念。。。(^_^;)

この時期の但馬地方は、お墓工事は思い通りに進みません。
今日中に全て下ろすつもりだったんだけどな。。。

明日の午前中、再度のチャレンジです。。。

 

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0010

お墓の加工~小さな夫婦墓

「お墓のみとり」を推進しております。
ちょっと話を聞いてみたいという方は、メールにて【お墓のみとりお問合せフォーム】まで

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

 

今日は現場が休みになったので、急きょ、加工をします。
題して、

「非常に小さな夫婦墓」を作ります。

工場にあった端材(お墓に使わなかった石)を利用します。
予算的にかなり厳しいので、こういうことになりますが、
実は、結構いい石です。
中国産のみかげ石ですが、
まあまあ高級な石、だと。。。(^_^;)

DSC_0001

まず、半分にカット。
右半分は台石に。
左半分は竿石に。

DSC_0005

半分に割れました。

 

DSC_0010

台石になる石から磨いていきます。
光沢はいい感じで出ますね。

途中で、磨き加工は終了。
続きはそのうちに。。。
(早く作らないといけないのですが。。。)

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
22046035_638550092958595_8830600058652550552_n

お墓の「困った」にお答えいたします。

「岩田さんのお花」

DSC_0083

生花と生花の間をつなぐ「岩田さんのお花」
ぜひ一度体感してみてください。
枯れたお花をお供えするのは、あまりにもご先祖様に申し訳ない。
そんな時、「岩田さんのお花」をぜひ。

インターロックのプレミアム墓石を建墓されたお客様には、無料でプレゼント。
(条件がございます)

今年もたくさんのお墓にお供えできたら、いいですね。

 

 

「やすらかに敦」

京都の伝統工芸「京縫」の伝統工芸士安部敦子さんが手掛けた
京縫の納骨袋「やすらかに敦」という納骨袋をお勧めしています。

10559272_517799608354075_1848746653_n

京都はたくさんの伝統工芸士さんがいらっしゃいますが、
その中で唯一の「納骨袋」を製作していただけるのが、
この安部敦子さんです。

徐々に知名度、認知度が上がってきて、
たくさんの著名な寺院、葬儀業者さんに利用されているようです。

今年は安部さんの「安らかに敦」もしっかりとお勧めしていきたいと思います。

dsc_0003

22046035_638550092958595_8830600058652550552_n

総絹織物で出来ていて、刺繍は安部さんの手縫いの刺繍されています。
いくつかの種類、価格、デザインがあります。
特に思い入れのあるデザインは、オーダーメイドもしていただけるかも。。。
(していただけないかも。。。です。。。)

大切な方のラストドレスとして、ご遺骨を包む「やすらかに敦」はどうでしょうか。

 

 

「お墓のクリーニング」

もたくさんお手伝いしたいですね。
ごくごく簡単なお掃除はご自分でされるのをお勧めします。
お墓そうじをすると、実はとっても精神衛生上、いいらしいです。
しっかりそうじ、きれいにそうじ、そうしているとどうしても気になるのが、
どうしても落ちない汚れ。

そういうそうじは私たちプロにお任せください。

DSC_0002

専用洗剤もございますよ。

 

「お墓のリフォーム」

お墓のリフォーム、昨年もたくさんしました。
最後の仕事もリフォームだったしね。
ダントツに一番多いのが、「雑草対策」
それから、
たくさんあるご先祖様のお墓の整理
水鉢、花立の不具合の修理
納骨できないので何とかして。。。
外柵がずれているので直してほしい。
お墓が傾いているので直して。。。
お墓の後ろががけが崩れそうなので、直して。

などなど。。。

いろいろなご要望にお応え致します。

DSC_0004-2

 

 

「お墓の引っ越し」

地域柄ではありますが、
但馬、豊岡という土地は、古いお墓が山の上にある場合が多く、
その山の上のお墓を平地へ、お参りしやすい場所へ下ろしたい、という
ご要望の方が多い気がします。

昔は山の上から下の子孫の生活を見守れるように、
また、
ご先祖様によく見える場所からよく見守って頂けるように、
高くて、見晴らしのいい場所に無理してお墓を建てたんです。

そういったお墓をお参りしやすいように、平地のお参りしやすい墓地へ
下ろしたいというご要望も多いです。

DSC_0001


そういうご要望もたくさん、させて頂きたいですね。
既に、2件のお墓の引っ越しをお聞きしておりますが、
まだまだお受けさせて頂きますよ。

 

今年も、たくさんの人の「お墓の困った」にお答えしていきたいと思っております。
よろしくお願いします。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
yurarir6_c3

今年はこんなお墓を建てたい

「お墓のみとり」を推進しております。
ちょっと話を聞いてみたいという方は、メールにて【お墓のみとりお問合せフォーム】まで

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

 

おおきた石材店も本日から仕事初めです。
今年もよろしくお願いします。

20525848_1433549726726485_3360135300592561482_n

「お墓のみとり®」、「リ墓ーン®」という、お墓じまいを考える人に
ただ単なる「お墓じまい」してしまうのではなく、
自分自身も安心できる「お墓じまい」のご提案、
そして、
「お墓じまい」をするにしても、
その一部を残して、心のよりどころを残す、という
運動を広めて、お勧めしていきたいと思います。

また、

お墓を新しく建てられる人、
お墓をリフォームを考えられる人には

234×60_shinraikan

お墓の中に水が入らない、
「信頼棺」という安心感をお勧めしていきたいと思います。

お墓を新しく建てたい、
普通のお墓ではなく、自分だけのお墓が建てたい、という人には

おおきた石材様用大バナー

インターロックのプレミアム墓石をお勧めしていきたいと思います。
但馬地方ではまだまだ少ないですし、石種の違いを含めると、
「自分だけのお墓」を持つことも可能です。

yurarir6_c3

このお墓「ゆらり」を建ててみたいですね。
yurarir8_c7

ステンドグラスも選ぶことができます。

 

逆に、日本人だから、日本の石で和型のお墓を、
という人には、

栄龍石材有限会社

オール国産、日本の石を日本人の手で、日本で加工した正しくオール国産墓石、
「栄龍石材(有)謹製の日本のお墓」をお勧めします。
主に、北木石、青木石、大島石、庵治石など瀬戸内で採れた石のお墓。

栄龍石材(有)のお墓、
まだまだ、おおきた石材店では建墓数は少ないですが、
その精度の高さ、美しさを是非体感していただきたい。

DSC_0058

このタグ、栄龍石材(有)謹製のお墓です。

他にも

瀬戸内の隠れた銘石「犬島石」のお墓も建ててみたいですし、
関東の石を使ったお墓も建ててみたいですね。

そして、最後に

ちょっと考えている新しいコンセプトのお墓も建ててみたいです。

「墓相墓」の良いところを取り入れたお墓を考えています。
特に市営霊苑など狭い区画に特化したお墓です。
本年もおおきた石材店をよろしくお願いします。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0115-2

こういうところで差が出るんですね。

DSC_0111

えっと、ちょっとわかりにくいですが、
追加彫刻です。
竿石の側面にです。

写真上の方、見て頂ければわかりますが、
3人の方の戒名が彫刻してあります。
その中の真ん中の人の没年、名前、没年齢が彫刻されておりません。
なので、彫り直しをしております。

で、問題なのが、その位置。
非常に分かりずらいので、補助線をひいてみます。

DSC_0111-2

赤い線が上の戒名の中心線。
青の線が下の没年等の中心線。

ズレております。

しかも、実は右の戒名の人、左の戒名の人
それぞれ、実は没年等は2行で彫刻されているんです。
で、真ん中の人も。。。と思ったんですが、
2行では到底彫刻できません。

1行しか彫れなかったんです。
で、その1行も。。。この位置です。

DSC_0115-2

原因は上の戒名の左右の間隔が狭すぎたため。
というか、この間隔なら、下の文字も1行にすべきだったんですね。
敢えて、2行にしてしまったので、狭すぎて、
真ん中の方の没年等が彫れなかったわけです。

なので、空欄になってたのかな?

1行に集約してもらって、彫らせていただきました。

戒名碑もそうですが、
文字間隔を考えてレイアウトするのは、石屋さんの基本です。

印刷ならいくらでも小さな文字が作れますが、彫刻は大きさに限度があります。
あまりにも小さな文字は、読めない、彫れない、となりますので、
最低限、これくらいの大きさというサイズを理解してレイアウトを考えないと、
こういうことになりますね。

まあ、この文字はそれ以前に、
適当に彫ってしまったら、
真ん中の方のスペースが無くなってしまった、ということですが。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0080

花立石の加工(下場の加工)

「お墓のみとり」を推進しております。
ちょっと話を聞いてみたいという方は、メールにて【お墓のみとりお問合せフォーム】まで

こんにちは。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

 

雪がまたもや降りだした兵庫県豊岡市ですが、
あまり積もってはいないですが、積もるんでしょうかね。
昨日の続き、
花立石の穴開けと水抜き穴を開けました。
が、
まだ、気になる点が。。。

 

DSC_0064

この写真ですが、
手前はまだ加工前の花立石一組。
奥は、加工完成後の花立石一組。
どちらも、切削して平らな石の上に置いてあります。

分かりましたか?

手前の加工前の花立石。触るとカクンカクンと動きます。
どういうことかというと、
花立石の下の面が平らではない、ということ。

DSC_0069

汚れてよくわからないかもしれませんが、
平面ではありません。
グラインダーで段差を削ってあるだけで、
間っ平には程遠いです。

で、加工しなおしの為、赤チョークで塗ってみると、

DSC_0080

よく見ると、厚みも違うし。。。

DSC_0080-2

分かりますかね。
段差がわずかにあります。
そして、ほぼすべての角が欠損してますね。
カクンカクンとなるから、欠けてしまうんです。
こういうのを「コメをついてる」あるいは[米つき]などと言いますが、
不安定で、カドが欠けやすく、転倒しやすいので、直さなくてはいけないのです。

DSC_0084

カドが欠損しているのは、まだ多少、直ってませんが、研磨工程の最初の100番研磨と次の200番研磨をして、
下の面はまっ平になりました。

これで直りました。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0064

花立石の加工(穴明け、水抜き穴、下場加工)

「お墓のみとり」を推進しております。
ちょっと話を聞いてみたいという方は、メールにて【お墓のみとりお問合せフォーム】まで

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

 

最近のお墓はたいがい、花立の石は大きめの穴が開いており、
(50~60ミリくらいの直径)、そこにステンレスの筒、花筒(はなつつ)とか言いますが、
それを差して、その中にお水と生花をお供えする、というのがほとんどです。

が、
古いお墓は、まだそのような大きな穴を開けることが出来ず、
ステンレスの筒も使っていなかった頃は直接生花をその石の穴に挿して
お供えしていました。

これだと、お花の水を替えるのに、石をひっくり返さないといけないし、
中まで掃除が大変です。
なかなかきれいになりませんね。
なので、最近はほとんどというより、全てこの花筒を差して使うタイプになってしまいました。
これは、大変便利です。
以前から比較すると。

ですが、古いお墓にはまだ古いタイプの花立の石が残っていて、
それに加工しなおすという工事を、お墓のリフォーム工事の際、よくやります。

今回も二組の花立の石を加工しなおしました。
とてもよくあるパターンです。

まず、花立の石に60ミリの穴をコアドリルで開けます。
DSC_0037

40ミリくらいの穴です。
しかも、手で空けてあるので、底が浅く、
深くなるほど狭く、細くなっているので、到底花筒は入りません。

DSC_0038

分かりにくいですが、内部の様子。
奥へ行くほど、狭くなっているのがわずかに分かると思います。

DSC_0040

右側がコアで60ミリの穴を開けました。
コアドリルで開けると、まっすぐに入るので、ステンレスの筒も簡単に入ります。
やはり道具ですね。
昔はホントに苦労して開けたんでしょうね。
ホントにご苦労様です。

DSC_0043

このように、大きさが全く違うので入りません。
花筒のサイズが外径がおおよそ58ミリですので。

DSC_0046

60ミリのコアで開けた穴はすっぽりと入ります。
深さも関係するので、筒より深く穴を開けます。

DSC_0047

穴が浅いと、この上の部分が石から浮いたようになるんですが、
しっかりと根本まで入っております。

DSC_0050

右がコアで抜いた花筒が入った花立石。
左が以前の手で穴を開けた花立石。
お供えできる花の量も多分ずいぶん違うと思います。

掃除もしやすく、
お花もたくさん供えられて、
いいことづくめですね。
これを発明した人は表彰されてもいいと思いますがね。
(^O^)

DSC_0052

ただ、
穴が全く開いてない花立石に穴を開けるのは、実は簡単なんですが、
小さめの穴が開いている石に大きめの穴を開けるのは、実は手間が掛かります。
ゼロから開けるときは、不要な部分の石を取るのは非常に簡単なのですが、
上の写真のように小さめの穴を大きくするときは、石が途中で折れてしまい、
残った底の石を取るのに非常に苦労します。

苦労して、底の残った石を取ることができても、
終わりではありません。

DSC_0058

このままでは、雨などで、穴に溜まった水が抜けないので、
冬季、凍結したりしたら、石自体が割れたりするんです。
なので、水抜きの穴を開ける必要があります。

上の写真のように花筒の穴の一番底に来るように、水抜き穴を開けます。
私は、左右外側に空けるようにしております。
穴が見えて、かっこ悪いという石屋さんもあるかも知れませんが、
裏側とか内側とかだと、石同士が密着してしまうと、
水抜き穴がせっかく空いているのに、水が抜けない、ということがあるから。
せっかく空けても、抜けないと意味ないですからね。

とここまでで通常は、完成なのですが、
いつも気になるポイントがもう一つ。

DSC_0064

奥の一組(2つ)が完成した花立石。
手前の一組(2つ)が加工前の花立石。

穴だけではないです。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
01450eb2bc471878d49ed2414773dec742b8fac016-e1465781205237

「信頼棺」という安心感

「お墓のみとり」を推進しております。
ちょっと話を聞いてみたいという方は、メールにて【お墓のみとりお問合せフォーム】まで

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

 

 

信頼棺とは、兵庫県神戸市の「株式会社第一石材」の能島孝志社長が特許権を申請されている
防水構造を備えたお墓の構造です。

能島社長は一代で神戸で、いや関西で非常に名の知れた石材店を起業、経営されている方で、
石材業界のいろいろなしがらみ、古い因習を抜け出して、新しい試みを多く行われている社長です。

能島社長が「信頼棺®」を発明された経緯は以下の部分に詳しく記されているんですが、
「信頼棺®のページ」
とあるお客様に「絶対に水が入らないお墓を作ってほしい」と依頼され、
試行錯誤の末、考え付いたのが、「信頼棺®」の元となるお墓の構造。
それを発展させて、

「信頼棺®」として、特許権を申請されています。

そして、その防水構造を備えたお墓「信頼棺®」の特許申請を機に
数社の石材店と代理店契約を結ばれました。
その中に、弊社「おおきた石材店」も正規代理店として契約させていただくことが出来ました。

先ほどの「信頼棺®のページ」にもあるような理由で、
信頼棺の構造は公表できないことになっておりますが、
これで、カロートに水が入らないお墓を建てることができます。

もちろん、施工の仕方によっては、防水でなくなる可能性もあります。
「信頼棺®」だから、必ず水が入らないとは言えないので、
施工も非常に大事になります。
(粗悪な類似品が出回る可能性があるので、構造などの詳細は非公開とされているのです)

能島社長とそのお客様の想いの詰まった、「信頼棺®」を広く広めて、
たくさんのお墓を建てる方に選択肢の一つとしてもらえるよう、
そして、あの崖っぷちに追い込まれたお墓にも
いつかはこの「信頼棺®」でリフォームさせてもらえるよう、
頑張ってまいります。

「信頼棺」という安心感を

 

※ 明日から久しく途絶えていた(^_^;)「お墓Q&A」を再開し、この「信頼棺®」及びそれに関係したQ&Aを投稿します。

 

234×60_shinraikan

「信頼棺®」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
1.カロート内に溜まった水

石材店として、がけっぷちに追い込まれた。。。

「お墓のみとり」を推進しております。
ちょっと話を聞いてみたいという方は、メールにて【お墓のみとりお問合せフォーム】まで

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

 

 

とあるお墓を建てて、その納骨式。
さほど大きなお墓ではありません。
9寸2重台のお墓です。

今なら絶対にしませんが、
当時、まだまだ経験の足りない私は、
お寺さんや施主さんと一緒に、お墓まで来てしまっていました。
そして、いよいよ納骨が始まる。。。

お寺さんが
「石屋さん、じゃあまずお墓の蓋開けてください」
(関西式なので、蓋とは言い難いですが、まあニユアンスは伝わります)

ホントに今では、ありえないですが、
何も持たず、納骨式に挑み、何も考えず水鉢を手前に倒したんです。

そこには、水没しているカロートが!!

1.カロート内に溜まった水
真っ青になりました。
頭の中が真っ白、白紙。
そして、最初に浮かんできたのは。。。

「このまま蓋(水鉢)を元に戻して逃げたい」でした。

どうしようもない、愚か者ですね。

(逃げてどうする。。。)

後ろには、施主様。ご住職、親戚の方々がたくさんいらっしゃいました。

この時ほど、がけっぷちに追い込まれたことはありません。

ホントに焦りました。

どうしよう。。。

どうしよう。。。

どうしよう。。。

どうしよう。。。

焦りまくりました。。

何しろ、何も持ってきてないんだから。
バケツも持ってきてない。
スポンジも持ってきてない。
タオルも持ってきてない。

どうするんだ。俺。。。

唯一、奇跡的にあったのは、袋に入った砂でした。

納骨の時、もしかしているかもしれない。
土が足りない??ということがあるかも知れない。
(そんなこと想定するなら、予め入れておけって話ですが。。。)

そのうち、お寺さんが様子がおかしいなって思われて、
肩越しからのぞかれました。

「ありゃ、水が溜まっているね。。。
昨日大雨が降ったから、溜まったんだな。。。」

本当に天の助けの声でした。
当時の私にとって。

それから、施主様、親戚の皆さんが交互に覗かれて、

ありゃ、ありゃ、ホントだ。
水が溜まっているね。。。
大丈夫??

そのうち、施主様がお墓参り用に持って来られていたバケツを貸して頂き、
汗ふき用に持ってこられたタオルも、使ってとおっしゃられて、
そのバケツとタオルで、必死に、まさしく必死に水を吸いだしました。

今でも、そのことを思い出すと、冷や汗が出てきます。

それ以来、納骨のお手伝いのときは、遅くても約束の30分前にはお墓に行き、
一度、納骨室(カロート)の蓋を開けて、中を確認するという
石材店として、最低限のマナー、ルール、いろは、基本のキを身につけることが出来ました。

さて、
それはいいとして、
どうして、このような昔の恥ずかしい話をしたのか?というと、
その後、いろいろ考える機会があり、
自分も経験を積み、いろいろな人から教えを受けて、
最近ふと、思ったことがあります。

そもそも、
どうしてあらかじめお墓の蓋を開けて、カロート内を確認しなくてはいけないのか?
もっと言えば、
どうしてお墓の中に水が溜まるのか?
それは、
雨や台風や、雪が解けた水分がカロート内に侵入するからです。

では、
絶対にお墓のカロート内に雨水などの水が浸入してこないお墓ってないのか??

 

実は、そういうお墓があったんです。

 

お墓の、一番大事なカロート内に水が決して侵入してこないお墓が。
雨漏りしないお墓が。
蜂やその他の害虫がお墓の中に侵入できないお墓が。

 

その名を
「信頼棺®」と言います。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0004

お墓のリフォーム~よく倒れなかったな。。。(^_^;)

「お墓のみとり」を推進しております。
ちょっと話を聞いてみたいという方は、メールにて【お墓のみとりお問合せフォーム】まで

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

今日から今年最後のお墓工事に着手しております。

現在建っているお墓の石などをすべて取り外し、

基礎コンクリートと外柵の延石を施工して、
その上にお墓の石などを元に戻し、玉石を入れるという工事です。

主とした仕事が「コンクリート工事」となりますので、
天候が一番気になります。

DSC_0004

ユニックにてすべてのお墓の石が移動できるので
お墓工事の場所としては【最上級】と言っていい場所です。
(^O^)

全ての石を取り除きました。

よく見てもらったら分かると思いますが、
基礎コンクリートは一切入っておりません。

他の石材店さん(たぶん今は廃業されている)が40年以上前に建てられたお墓です。
基礎工事はこんな感じが普通ですね。

ただ、手前の四角い部分、灯ろうが立ったいたんですが、
土の上にただ置いてあるだけだったのですが、
。。。
よく転倒しなかったな。。。(^_^;)

DSC_0011

掘方、砕石を入れて、

DSC_0016-2

鉄筋を敷設、
コンクリートの基礎を施工します。

雨が降らなければ。。。(^_^;)

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0003

「雨」や「雪」の中のお墓工事

「お墓のみとり」を推進しております。
ちょっと話を聞いてみたいという方は、メールにて【お墓のみとりお問合せフォーム】まで

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

 

DSC_0003

北向きの風景ですが、冬空ですね。。。
今日は天気回復予報なので、雪が消えることを期待してます。

今日から今年最後のお墓工事です。
コンクリート工事を伴うので、雪や雨はお手柔らかに願いたい。。。

雪が残っているの施工不良になるので、
まず雪を除雪してから、工事に取り掛かるので、ひと手間余分なんですよね。
夜中に雪が降る場合もありますから、養生もしっかりとしなくてはなりません。

コンクリートが固まる前に凍結してしまっては、施工不良となり、
最悪、やり直しとなります。

また、石は濡れると非常に滑りやすくなります。
石を吊り上げる時に使う「クランプ」という道具も
濡れると使えません。

石の施工に使う接着剤も雨や雪は大敵です。
濡れると接着不良となり、これも施工不良です。

コンクリートの上に石を据える時に使うモルタルも水分はよくありません。
あまり水分を加えるとどんどん柔らかくなってしまい、これも施工不良の一因となります。

なので、雪、雨とお墓工事は非常に相性が悪いわけです。

DSC_0173

雨や雪の中のお墓工事を嫌がる原因はここにあります。

 

私も何度も痛い目に遭っているので、
雨と雪はできれば避けたいものです。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
ohakamairi

お墓の価値~納骨堂との比較

「お墓のみとり」を推進しております。
ちょっと話を聞いてみたいという方は、メールにて【お墓のみとりお問合せフォーム】まで

こんにちは。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

 

昨日の記事、少々理解しにくいようだったので、中身を一部見直しました。
もう一度、読み直していただければ幸いです。

昨日の記事はこちら。。。(お墓の価値~自然葬との比較

 

で、もって、それをまとめると、

 

昨日は、「お墓」と「自然葬」との比較をしてみました。

いわゆる「自然に還る」系(海洋葬、宇宙葬、など)は間違いなく自然に還ることは実感できるけど、
それを祈りの対象、亡くなった人へ祈りをささげる対象としては、拡散してしまってしまい、
大丈夫な場合とダメな場合があるのではないか。(おそらくその人によります)
また、一度実行してしまえば、取り返すことができない、ということがポイントでした。

そして、「大地に還る」系(樹木葬、桜葬など)は確固とした場所へ埋葬されるのはお墓と同じなので、
供養、祈りの場としては申し分ないですが、しっかりとした区画が各故人に与えられている場合は少なく、
共有の祈りの場(パブリック)なので、それでもオッケーな人、それではだめな人、それぞれいらっしゃいます。
また、この葬送も一度実行してしまえば、取り返しがつかない場合がほとんどなので、注意。
それから、自分の大切な人のご遺骨を埋葬する様子を見ることができない(見学不可の)樹木葬墓地は避けた方がいい
とお伝えしました。
さらに、自然の中での埋葬なので、メンテナンス(樹木の伐採、養生等)の費用が発生します。

これが昨日の記事のまとめです。

ohakamairi

 

で、ここからが今日の記事なんですが、
(前置き長過ぎ。。。(^_^;)

「納骨堂」型の墓地です。(墓地でない場合もあります)
主なものとして、
「屋内型納骨堂」(いわゆるロッカー型)
「機械式納骨堂」(最近都市部で流行っている 立体駐車場のようなもの)
「屋外永代供養墓」(個立の屋外型、地下に合祀墓が併設されているものも)
「合祀墓」(形状はお墓と同じものもある。ご遺骨を一緒に埋蔵)
など。

これらを一括りに「納骨堂」としましたが、
ご遺骨を個別に一定のスペースが与えられているもの(個別納骨堂)と
全てのご遺骨を一緒にしてしまうもの(合祀墓)とに分けることができます。
「個別納骨堂」はお骨を納めるスペースはそれぞれ分けてあり、管理されています。
「お墓」というよりもむしろ「一時的にお骨を預かってくれる場所」と認識した方がいいでしょう。
ほとんどが有期限で、それを過ぎると、別の場所へ移されてしまうことが前提です。

遺骨を納めるための「最低限の個別性」(プライベート)はありますが、「祈りの場」としての「プライベート」な空間はない、と言えます。
いうなれば、遺骨を納めるためのプライベートな空間はあるが、その空間が集まったパブリックな祈りの場、であると言えるのではないでしょうか。

さらに、
〇 「一時的な保管場所」でしかないので、最終的な安置できる場所を考えないといけない。
〇 構造物なので耐用年数が来ると改修が必要。費用の負担が発生する。(マンションの建て替えのようなもの)
〇 屋内型だと24時間お参りできるわけではない。(時間の制限

など、実は最初の費用は安くても、後で追加の費用が発生する可能性があります。
基本的にこういったものは使用者負担が原則なので、後々費用負担しないといけない可能性がありますね。

「合祀墓」の場合はどうでしょうか。

基本的には「合祀」つまり、全てのご遺骨を一緒に埋蔵する、というのが合祀墓です。
「お墓」にたくさんの人が眠っていて、それぞれのみんなのお墓なので、
プライベートなものはありません。
「パブリックな祈りの場」です。

〇 一度埋蔵してしまったら、取り返しができない。
〇 あらゆるご遺骨の「終の棲家」(最後に安置される場所)的な意味付けが強い。

例えばですが、
「あの人と一緒には絶対イヤ」と思う人とも一緒に埋蔵される可能性はあります。

 

 

さて、ここまで見てきましたが、
お墓との違いが明確になってきました。

お墓とは、「プライベートな祈りの場」を持つものです。
これは非常に贅沢な占有空間です。
これを持つことがお墓の特徴、ステータスです。

個別に一定の区画を使用でき、その区画で「プライベートな祈りの場」を作ることができる。

これこそがお墓の一番の強みであり、良さでもあるわけです。

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
osoushiki_sankotsu

お墓の価値~自然葬との比較①

「お墓のみとり」を推進しております。
ちょっと話を聞いてみたいという方は、メールにて【お墓のみとりお問合せフォーム】まで

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

 

最近、増えてきているというか、ご遺骨の新しい行き先となりつつある
新しい埋葬方法。
その長所と短所を明確にすれば、
もしかして、お墓の良さも見えてくるのでは?と思って、書いてみますシリーズ。

まず、
自然葬というくくりで紹介されやすい、
「散骨」「樹木葬」「海洋葬」「桜葬」あと、「宇宙葬」のこのカテゴリでいいのではないかな。
今年注目を集めた「バルーン葬」というやつもそうかもしれません。

osoushiki_sankotsu

この供養スタイルのいいところは、
「自然に帰る」ということを明確に確認できること。

自らの手で、自らの意思で、故人の最後に残った遺骨を
大自然に還す、ということで、
仏教的には正しいのかどうかわかりませんが、自然という循環の一部に戻して、
いつかはまた、生まれ変わるものの一部となる、という意識になれます。

実際に、私も「オーシャンブルーセレモニー」さんの海洋散骨に参加させていただいて、
その様子はこちらへ
とてもありな、いい葬送だと感じました。

とてもありな、いい葬送だと思いますが、私はしないと、おもいます。
何故なら、海が苦手だから。。。(^_^;)
つまり、

海に思い入れが強い人には、すごくいい葬送だと思いますが、
あまり海に何かを感じない人には、お勧めしにくいかと。

つまり、「自然に帰る」のその自然が自分では選べないということ。
限られた、定められた自然の場所しか選べない。

現に、どこでも海洋散骨はできません。
許可された一部の海域でしかできないです。

自分が思い入れが強い場所の近くなら、いいのかもしれないですが、
そこから遠い場所なら、そこに眠る意味が薄れてしまうかもしれません。

さらに、
海洋散骨、宇宙葬とかもそうかもしれませんが、
特定のこの場所、ということがあいまいになります。
大体、あのあたりくらいの感じですね。
昔はやった「ファジー」な感じです。
目標物も指定しにくいですし、その近くに行くにも障害(船に乗る)があります。

海洋散骨の場合、海岸から眺めて、だいたいあのあたり、というのが
おおよその感じなのではないでしょうか。

宇宙葬とかバルーン葬とかになるともっとあいまいですよね。

 

 

ohakamairi_woman

一方、
お墓というのは、きっちりと区画が区切られた場合が多く、
お墓というもの自体が祈りの対象です。
限られた「プライベートな祈りの場」というものがあります。

これがお墓の最大の強みではないかと感じております。

〇 お参りしたい時、すぐできる、
〇 時間を問わず、手軽にお参りできる。
〇 親類縁者でなくても、場所さえ知っていれば、お参りできる。
〇 回りの目を気にせず、しっかりとお墓、そしてそこに眠っている人と向き合える。
〇 いつでも行けば、そこにあるという安心感がある。
〇 お墓に行くだけで、厳かな気分になり、生と死を分けるモノを感じることができる

などが、お墓の強み、メリット、ではないかと思います。

海洋散骨は

〇 海(宇宙、大空)という自然に還る意識が高い。
〇 供養する場としては申し分ない「祈りの場」です。
〇 いつでもどこでも遠くから大体の方角でなら、お参りできる

というメリットがありますが、一方、

「パブリック」な場所で(占有できない)
〇 「ファジー」な(おおよその)エリアで(海のあのあたり。。。)
〇 その場所へ直接行く際のお参りの障壁が高い(船でいく、宇宙船で行くなど)
〇 後でやり直しができない(お墓じまいができない)。

が、でメリットだとおもいます。

以上が主なポイントだと思います。

 

次に、「樹木葬」「桜葬」「森林葬」と呼ばれるもの。
今すごく多い気がしますが、これも自然に還る、という趣旨がよくわかります。

これは、実は、その墓地によって内容は千差万別なんです。

イメージとしては上に記した「お墓のメリット」を樹木葬墓地は全てクリアしているように見えます。
でも、実はこれほど、イメージと現実が乖離している供養もない気がします。

一般的なイメージとして、
「木が植わっていて、その根元へ穴を掘って、遺骨を埋葬して、その上に土を戻す。
そして、その樹木とともに大地に還る」と想像されていると思います。
実はそういう「樹木葬」の埋葬の仕方をされる墓地は少ないと思います。
あまり表立ったことはこの文章の趣旨ではないので、書きませんが、
もし樹木葬墓地を検討されている方がいたら、
「埋葬の様子を見学できない」樹木葬墓地は避けた方がいいと思います。
ご遺族でも埋葬の様子は非公開の樹木葬墓地は多いようです。

樹木葬墓地といいながら、構造的に絶対に大地に還れないものも
けっこうたくさんあるようです。

 

さて、それはさておき、樹木葬墓地を代表する「大地に還る」系の墓地、供養方法のメリットは、

「樹木葬」はお墓と同じように、ある場所へ埋蔵されるので、お参り等は
比較的簡単にできるのですが、一つの木に対してたくさんのご遺骨という関係なので
(一対一という場合もありますが)
場所としては、プライベートとはいいがたく、パブリック(公共の場所)ではないかと

 

逆に、お墓は
やはり「プライベートな祈りの場」ですね。

それ以外の供養方法とお墓との違いは後日。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
a1380_001633_m

「お墓じまい」のトップページを見直ししました。

「お墓のみとり」を推進しております。
ちょっと話を聞いてみたいという方は、メールにて【お墓のみとりお問合せフォーム】まで

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

a1380_001633_m

雪が降るとついついこういう風景が羨ましくなります。
でも、冬の厳しさがないと、春の穏やかさもないのでしょうね。
四季っていいですね。

 

 

お墓じまいのページを見直してみました。
スマホで多少、読みずらかったので、中身を見直しました。

既にスマホで見てもらっている人の方が多いので、
スマホで最適化(^_^;)

読みやすい文章、読みやすいレイアウト、大切ですね。

午後から、小学校へ行きます。
で、
夕方から警察署へ。

 

 

「お墓じまい」

http://ohkita-sekizai.com/?p=10433

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0032-500x375

「お墓じまい」01の記事に追加しました。

「お墓工事の値段」のページ内にある
「お墓じまい」の値段を表示しているページの内容を更新、
一分追加しました。

 

DSC_0032-500x375
「お墓じまい」01

http://ohkita-sekizai.com/?p=11470

 

これまで、明記してこなかったんですが、
「基礎コンクリート」の費用が最近、新しいお墓の
「お墓じまい」させて頂くことに増えてきたので、
追記として、記載しました。
ご了承ください。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
ohaka_souji

「お墓のみとり®」墓地使用者(施主様)のメリット③

ohaka_souji

 

⑥ 「夫婦だけのお墓」を建てることができる

日本のこれまでのお墓の歴史を見ると、
個人のお墓(名が知れた人、位の高い人)の時代から、
イエのお墓(○○家之墓)というお墓の時代を経て、
これからは、夫婦、個人のお墓へ戻ると言われる人もいます。

実際に、家族、イエという縛りが一部でなくなりつつある今、
夫婦だけのお墓、自分だけのお墓というものを建てたいという人も
出てきています。

原状、普通の墓地では、夫婦だけのお墓を建てることは、
難しい墓地が多いのも事実です。

(※ 実際に建てることができる墓地は多く存在します。
特に山間部の管理が緩い墓地、
市営霊園等は建てることができる墓地はあります。)

寺院墓地、民間霊園等は難しい墓地が多いと思います。
ですが、この「お墓のみとり®」を利用すれば、
普通の家族の家と夫婦のお墓、個人のお墓で全く同等に扱えるので、
墓地管理者にとってもメリットが出てきます。
なので、この契約を利用して夫婦、個人のお墓を建てることが
可能な寺院墓地、民間霊園は今後増えていくと思います。

寺院墓地なら、この契約石材店とともにご住職を説得してみる、というのも
有効な手段かもしれませんよ。

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」