ブログ

DSC_0046

安心施工の定番コンビ~ウェッジ式のアンカーボルト

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

昨夜、豊岡市内で火災があり、民家が全焼してしまいました。
お亡くなりになった人は心よりご冥福をお祈りします。

 

多少眠いですが、現場施工へ行ってきます。

 

DSC_0014

「母の日」参りのポスターを張りました。
亡くなったお母さんを偲ぶための日、が「母の日」の始まりです。
母の日参り。

 

お墓に最近必需品なのは、金具です。
外柵の石を固定するための金具、特に石に穴を開けて、固定する
アンカーボルトというものが必需品です。

ちょっと前までは多少太めの鉛を使ったアンカーボルトを使う石材店が多かったですが、
最近では、ウェッジ式というアンカーボルトを使っております。

DSC_0046

これですね。
石に8ミリの穴を開けて、
その穴に叩いて打ち込み、
最後はねじを締めて、固定します。

DSC_0044

全てがステンレス製です。
やや高価ですが、
錆びないし、一番信頼感が高いですね。

DSC_0043

しかも、この分厚いワッシャー。
強力に石と石を固定します。
この分厚さが安心感を増してくれます。(^O^)

DSC_0047

このように、叩き込むともう石を割らない限り
外れません。

DSC_0050

接着剤との併用で、非常に強固に固定してくれます。

お墓の外柵の石って、昔(と言ってもごく最近ですが。。。)
時間とともに、隙間が空いてきて、
そのうちパッカリ、というのが定番でしたが、
この金具と接着剤の施工なら、まずそういうことは起きないかと。

安心施工の定番コンビ、と言ったところですかね。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
2018-03-11小崎様お客様の声(改)

「お客様の声19」を更新しました。

豊岡在住のK様です。
いろいろとご迷惑を掛けてしまいました。
すいません。
そして、
改めて、ありがとうございました。

雪によってずいぶん時間がかかってしまいましたが、
完成してよかったです。
その間、ずっと待っていただいて、ホントにありがとうございました。
感謝です。

19 豊岡市 K様(女性)

http://ohkita-sekizai.com/?p=20341

2018-03-11小崎様お客様の声(改)

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
木瓜2

「木瓜」~完成された家紋の極致

木瓜2

木瓜、という家紋です。
非常に見慣れた、よくある家紋ですが、
私は以前から、美しい家紋だなって思っておりました。
と、すると、

この図案は他に例がないほど、美しく均整のとれた模様で世界に類例がない

とまで書かれている本に出会いました。

秋田書店の「家紋大図鑑」 樋口清之監修 丹羽基二著です。

この本で、著者の丹羽さんが「木瓜」の解説文でご自身の子どもの頃の話を交えて
木瓜の思い出を書かれていますが、この木瓜こそ、最も美しい日本が誇る家紋である、と書かれいています。

確かに、立て木瓜、四方木瓜はさほど美しいとは感じませんが、
この横木瓜(木瓜)はすきのない美しさを持っております。
特に、この外枠の形は美しいな、って感じます。
これの中身が別のものになると、その完成された美しさが失われてしまうんですよね。

木瓜紋を用いた氏族の説明文を一部引用します。

 

木瓜紋を用いた代表的氏族は日下部、伴、及び紀氏である。
日下部氏は孝徳天皇の皇子有馬皇子の後裔である。
その子孫は、代々但馬国養父郡を本拠として栄えたが、
朝倉、朝来、太田垣、八木、奈佐の諸氏がこれから出た。
そして、この一族はみな三つ木瓜である。なかでも
朝倉氏は越前に移って大いに発展したので、この地方にも木瓜紋は
広まっている。尾張の織田氏が木瓜紋を用いたのは、この越前朝倉氏から受けついたもの。

(以上、木瓜紋の説明より引用)

 

木瓜紋、実は由緒正しい、正当な家紋だったんですね。
しかも但馬地方には木瓜が多いはずです。

朝倉と言えば、確か、浅井朝倉って、越前の大名だったですよね。
名家中の名家、朝倉家の家紋です。

そして、当然のごとく、
越前朝倉家も「三つ盛木瓜」です。

c29

三つ盛木瓜の家紋の方、実は朝倉家とつながりがある方かもしれませんね。

但馬で木瓜は多くて、由緒正しい家紋でありました。

 

 

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
丸に五瓜に唐花

「五瓜(ごか)に唐花」と「織田瓜」は同じか違うのか?

 

「五瓜(ごか)に唐花(からはな)」という家紋。
五つの瓜紋に真ん中が「唐花(からはな)」という家紋です。

丸に五瓜に唐花

写真は「丸に五瓜に唐花」という家紋ですが、この一番外枠の
丸の部分を除いた、「五瓜に唐花」という家紋。
まあ、珍しい家紋ですが、めったに見ないですが、
あることはある家紋です。

一方、「織田瓜(うり)」という家紋はこちら。

織田瓜

微妙に違いますね。
こちらは、「織田信長」の「織田家」の家紋で、
「織田瓜(うり)」と呼びます。

大きく違うわけではなく、基本は一緒。
敢えて言うなら、
「五瓜に唐花」は上の写真のように「丸に」が付くことがあるようですが、
「織田瓜」には「丸」は付かないようです。
更に、
「織田瓜」の方が、唐花が小さく(微妙に。。。(^_^;))
回りの瓜もすき間が大きいようです。
(これは微妙で、どうとも言いにくいですね。)

まあ、とにかく、ほとんど一緒と言っていいようです。
敢えて言えば、
 
「五瓜に唐花」は一般名詞、「織田瓜」は織田家固有の家紋なので、固有名詞
 
といった、ニュアンス、かな。。。(^_^;)
ちなみに似た家紋で、

大村瓜

「大村瓜」という家紋があります。
「五瓜に剣唐花」という図案です。

剣が付きます。

秋田書店刊の「家紋大図鑑」によりますと、
この「瓜」紋と「木瓜(もっこう)」の家紋は別物とのこと。
「木瓜紋」は実は但馬地方に縁が深い、非常に興味深いことが
この本に書かれておりました。
そのことを明日、ご紹介します。

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0012-2

「お客様の声18」を更新しました。

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

 

先日、お墓の引っ越しさせて頂いたお客さまより、
「お客様の声」を送って頂きました。
感謝です。

ありがとうございました。

大阪に2度足を運ばせていただき、
大阪市内の墓地の大変さもよくわかりました。

香立がはまらない、とか
防風灯の扉がない、とか
いろいろありまして、3度目の大阪行きかと
思ったんですが、石材商社の㈱日本石材センターの奥村くんが助けてくれました。
ありがとう奥村くん。(^O^)

 

「お客様の声」18 ~大阪市在住 I様ご夫婦

http://ohkita-sekizai.com/?p=20254

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0025-2

お墓の建て方を見学に神戸へ

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

 

昨日はお墓の建て方(施工)を見学に神戸市まで行ってきました。

なぜ神戸へ、というと、
信頼棺®の施工を見学させていただいたわけです。
建て方に少しコツがあり、見学した方がいいということで、見学させていただきました。

確認しておりませんが、
おそらく、この「信頼棺®」を最も多く施工された職人さんの施工現場を見学。
DSC_0022-2

神戸の大きな霊苑です。

初めてお邪魔しました。
広いですね。すごい広いです。
その広い墓地の片隅で施工されていました。

DSC_0025-2

(※ 画像にボカシを入れております。ご了承ください)

2人のコンビの職人さんと施工責任者の三人。
抜群のコンビネーションで施工されています。

信頼棺の施工を見るのが目的だったんですが、
とても素晴らしい施工だったので、すっかり見入ってしまいました。
施工の仕方は、私とは異なりますが、非常にプロの技です。

途中から、「信頼棺®」はどうでもよくなってきて、
その職人さんの手さばきばかり見入ってしまってました。
ホントはお昼で帰る予定が、続きを見たくて、午後も見学させていただきました。

一枚石の拝石を施工するときのコツ、
スリングの使い方、
石を据えることの最も基本的なことが体に染みついている、という感じ。

DSC_0036-21

(※ 画像にボカシを入れております。ご了承ください)

特に、この写真(わかりづらくてすみません)、隣のお墓と境界になる部分に据える
横の石。
これって、据えるのに非常に難しいんですよね。
この難しい場所に、的確に石を固定する技術。
長い方向への水平、
石の前後左右の傾き、
隣のお墓との間隔、
正確な高さ、
全てを完璧に決めるのはホントに難しいんです。
これを、
プラハンマーとバールだけで決めるのはなかなかな技量がいります。

これをさも当然のように、笑顔で会話しながら、
施主さまがすぐ傍らで無言で凝視し続けられる中、
見学者にも愛想を振りまきながら、
素早い動きで施工される姿にすっかり魅了されました。

施主さまが見学されるのは凄いプレッシャーなんですが、
おそらく、こういう施主さまが多いので、慣れているのかもしれませんが、
自分の技量に絶対的な自信がないとこうはいきません。

ホントにいい現場を見せて頂きました。
また、施工の新しいコツもたくさん教えて頂きました。
そうか~~
そうなのか~~
え~~そんなことするんだ~~

など、いろいろ気づきと発見だらけの現場でした。
また、見学できる機会があればぜひ拝見したいと思います。
こういう機会を頂き、ホントにありがとうございました。

感謝(^O^)

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0088

納骨後の余った骨壺、どうしますか?

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

今日伺った墓地のゴミ捨て場所にて。

DSC_0088

枯れた供花やお供え物の中に、

DSC_0089

骨壺が!!
骨壺が捨ててあります。

骨壺から取り出して、納骨した後、
余った骨壺の対処の仕方に困って、捨てられたんでしょうね。

燃えるゴミ、ではないのですから。。。

ここに捨てられるのは、管理者の方が困るのでは??

 

おおきた石材店では、納骨のお手伝いをした場合、
骨壺から納骨袋に移して納骨した場合、余った骨壺を引き取らせていただきます。
もちろん、無料で。
骨壺をくるんでいた化繊の袋、桐の箱(化粧箱)も同時に引き取ります。

繰り返しますが、
ご納骨のお手伝いをさせて頂いた場合のみです。
そのあたりに放置されるのはご遠慮ください。
墓地管理者の方がお困りになられます。

壺ごと納骨、
壺から出して納骨が半々くらいの兵庫県豊岡市では、余った骨壺をどこへ持っていけばいいのか
分からず困る場面が多くあります。
ぜひ、石材店にご依頼ください。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
ojisan2_think

こんな経験ありませんか?

こんな経験ありませんか?

ojisan2_think

今日は親父の3回忌だな。
ご住職に迎えに行く時間は確認したし、
親戚のみんなの昼食の予約も済ませたし、
ほぼ大丈夫だと思う。。。

shinpai_woman
ホントに大丈夫??
最近、忘れっぽいんだから。。。

question_head_girl

納骨って、大丈夫??
出来るの??
石屋さんに来てもらわなくてよかったの?

ojisan1_laugh

大丈夫だよ。
お墓建てた時に、石屋さんに聞いたから。
コツも教えてもらったしね。

とりあえず、まずは練習しておこう。

まず、台を用意して。。。

その台に手前に倒すように。。。

滑ったら欠けるかもしれないからね。。。
ん、意外と重たいな。

は、外れない。。。

く~~~、これでどうだ!!

ojisan2_idea

やった、動いた(^O^)

密着して、外れなくなってたな。。。

ojisan2_shock

え~~~~

中が!!!

水浸しだ!!

ど、どうしよう!!!

お寺さん、来ちゃったよ!

おーい
母さん、バケツ買ってきて!!

pose_atama_kakaeru_woman

 

だから!!言ったじゃないの!!
予め用意しておきなさいって!!!!

 

豊岡市の二つの市営霊苑、西霊苑、東霊苑いずれでも
このように、お墓の内部、お骨を納める納骨スペースが
水びたしになっていること、実はあります。

理由はいくつかあります。
水はけの悪い地盤だから
水の通り道になっている土地だから
など。
豊岡市、特に旧豊岡市街の豊岡盆地はもともと沼地だったと聞きます。
水分が地中に溜まりやすく、抜けにくい地盤の地域もあるのかもしれません。

 

そして、これも大きな原因ですが、
「お墓の構造」です。
関西型のお墓は納骨口がお墓の正面に空いており、
そこは納骨するために固定、接着することができません。

なので、
そこから水が進入してしまいます。
雨が降ったり、雪が解けたりした場合、その納骨口から
水分として侵入しやすいのです。
つまり、
「構造上、お墓は水が溜まりやすい、侵入しやすい」のです。

 

pose_ayashii_woman (1)

「それって、なんとかならないの??」

「あなた、プロでしょ?」

はい、そうなんですが、
構造上、どうしようもないんです。
そうお答えするのが、関の山でした。

DSC09427-2

「だって、仕方ないんですよ。
お墓って、そう言う構造なのですから。
どこの石屋さん、どこのお墓でも同じようにそうなっているんです。」

と、不本意ながら、お答えしておりました。

ところが、
発見いたしました。

水が進入しないお墓。
雨水が内部に入らないお墓。
雪が解けても、外にしか流れないお墓。
そんな、お墓を。

そして、

そんなお墓を販売できるようになりました。

そんなお墓とは、

234×60_shinraikan

「信頼棺®」と言います。

水が入らないだけではないのです。
いろいろいいところがあるんです。
お墓を建てようとご検討の皆さん、一度、「信頼棺®」も考えて頂けませんか。
豊岡市でお墓建てるなら、まず検討すべきです。

考えたら考えるほど
「豊岡市でお墓」と「信頼棺®」は相性がいい気がします。

お問い合わせは、こちらから。。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0045

「八連の玄武岩」を委託販売します

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

 

少し前にご紹介した、「八連の玄武岩」
委託販売させていただくために、引き取りさせて頂きました。

DSC_0045

ある家の玄関先に長い間鎮座されていたものです。
少なくとも私が子どもの頃にはすでにありました。
「柱状節理」の様子が非常に分かりやすく見える玄武岩です。

玄武岩って、もともとこのように長い石なんですね。
柱状節理で六角形やそれに近い形状で長い石ができるんですね。
その長い石を但馬地方、特に豊岡では「鉄砲石」などと別称します。
長いので鉄砲、何となくニュアンスはあります。

その玄武岩が割れて漬物石の形状になるんですね。

その割れた石をそのまま保存したのが、この石です。
もちろん、玄武洞公園に行けばたくさんありますが、
何しろ「天然記念物」ですから、採取、盗掘は不可能です。

なので、
非常に貴重な、稀な石なのです。
割れた一個一個はそれほど価値はないですね。
ただ、
このように八個が揃った状態となると、
そうあるものではありません。

DSC_0055

この「玄武岩」を引き取り、委託販売させていただくことになりました。

玄武岩は「豊岡市の石」は当然ですが、昨年「兵庫県の石」に認定されました。
玄武岩の元々の「柱状節理」が分かる、
「八連の玄武洞」

委託販売させていただきます。
ご興味ある方、
欲しい方、
「お問合せ」よりメッセージ下さい。

折り返し、詳細のメールさせて頂きます。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

どこでも起きうる~「お墓倒れ、園児重体」(長野)

「お墓倒れ、園児重体」(長野県)

 

というニュースがネットで流れました。
とうとう、こういう事態が起きたか!!
という気がします。

Googleのストリートビューで確認させていただくと、
その保育園のすぐ近くに「お墓」があります。
そのお墓の石が倒れたかどうかはわかりませんが、
特に、古いお墓ほど、固定されていない可能性が高いのです。

また、
自然石を利用したお墓は最近はほとんど見ませんが、かつてはたくさん使われていました。
理由は加工しなくていいので、安く作ることができるから。
ただ、自然の石は形状が様々で、
お墓の石として、使った場合、不安定で倒れやすい場合もあります。

不安定なお墓
(※ 汚いイラストで申し訳ないです。。。(^_^;))

こういう形のお墓ですね。

見た感じで、不安定なのは分かると思います。
今なら、
台石との接地面積を広くしたり、
上の石と下の石の間に固定させる金具等を設置などを施しますが、
昔のお墓はただ置いてあるだけ。
触れば倒れることは誰が見ても明らかです。

 

 

 

安定したお墓

逆に、こういう形なら安定して、いいお墓(倒れないお墓)となるわけです。
同じ自然石を使ったお墓でも、その形状で、
非常に危険なお墓となったり、
むしろ安定したいいお墓(倒れないお墓)となったりします。

今回の事故の場合、新しいお墓ではなく、
このような古い、もしかしたら自然石を使ったお墓だったのではないかと
考えます。

こういうお墓は田舎ではよく散見いたしますし、
この古いお墓に「倒れにくい対策」をと言っても
かなりの費用を負担しなくてはいけなくなります。
むしろ、お墓などを「遊び場」にしない

というのが現実的な対応なのかもしれません。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0038

お墓の解体費用が予想外になる原因

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

お墓じまいだけではなく、お墓の引っ越しの場合も
一旦お墓を解体、撤去しなくてはなりません。
その場合の費用って、実は、意外とかかったり、掛からなかったり。。。
自社施工のお墓なら、おおよそ分かるのですが、
他の石材店の建てられたお墓を撤去しなくてはいけない場合、
予想外に時間と手間が掛かる場合があるんです。

なので、
他の石材店が施工したお墓の撤去工事の場合、
おそらく最大限かかるであろう費用の見積もりを作成し、
最終的に掛かった費用と相殺し、安く上がれば、その分請求金額を安くさせてもらう、
という方法を最近は取らせていただいております。

以前は基礎コンクリートもほとんどしないのが但馬地方のお墓の建て方でした。
私の父がお墓を建てていた頃は基礎コンクリートはほぼしませんでした。
当然、お墓の引っ越しの際の「お墓の解体費用」は安くで済み、
あまり見積額に影響しなかった訳です。

ですが、今は基礎工事は当たり前にします。
基礎コンクリートも呼び強度24のコンクリートを100㍉の厚みで施工します。
また鉄筋も当然入っておりますので、解体にはとても手間が掛かります。

 

本日、他の石材店の施工されたお墓を撤去させていただきました。

DSC_0038

厚みは100ミリあるかないか程度の厚みです。
場所によって厚かったり薄かったり。
どれくらいの呼び強度だったかはわかりませんが、比較的ハツリ作業は簡単に割れたので、
呼び強度は18くらいですか。
(あくまで私見です。。。)

最初、電動ハンマーでハツリ作業をしていたんですが、
とても終わりそうになかったので、
途中からエアチッパーに変更。
1時間程度でハツリ作業は完了しました。

でも、このコンクリートがもっと呼び強度の高いコンクリートなら
おそらくこんなスムーズには終わってないでしょう。

今なら、10ミリの異形鉄筋を結束したものを中に施工します。
そうなるともっと手間と時間がかかります。

おそらく、一日では終わらないかもしれません。

このように、基礎コンクリートの状態によって、掛かる手間と時間がずいぶん異なってきます。
特に最近の施工であればある程、しっかりしたコンクリートを施工しますので、
解体には時間がかかります。

場合によっては、ハツリ作業のみで、1日、あるいは数日かかる場合もあるでしょう。

そうなると、見積金額がかなり異なってきます。

最近建てた新しいお墓ほと、解体費用は高額になる、ということはできると思います。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0077-2

大阪のお墓②~副碑4種

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

大阪の寺院墓地って、あまり見学する機会がなかったのですが、
今回、じっくり見学しました。

で、4区画、同じ形式の「副碑」が建っておりましたので、ご紹介。

この御寺院の区画は大阪市内では比較的広い区画のようですが、
それでも、副碑を設置するスペースがあまりありません。
ので、かなり無理な設置の仕方をされております。

1区画目。

DSC_0077-2

一番端の区画。
個の外柵は区画の隣同士が共有する形で、予め設置してあるもので、
この区画は一番端なので、端まで利用して、その上に副碑が設置。
台はなし。外柵の上にそのまま足を設置してあります。
他の区画も同様ですが、もう少しコンパクトな形にすればいいのではないかなと。
個人的には思います。
彫刻作業は現場ではできませんね。
基本、持ち帰って彫刻でしょうか。

 

2区画目。

DSC_0078-2

こちらは、1区画目の隣の区画。
区画の外柵の石の上には乗らないように設置されています。
台石は一応ありますが、かなりコンパクト。
どこかから移転されてきたのでしょうか。
おそらく台石のみ、加工仕直したのでしょうね。

かなり細くて、不安定感を感じます。
追加彫刻も現場ではできないでしょうね。
脚もかなりコンパクトなので、これが一番怖い。。。(^_^;)
倒れそうで。。。

 

 

3区画目

DSC_0081-2

これも危ない気がしますが、おそらくこの副碑は上の本体と台にホゾ穴が開いていて
倒れないようになっているはずです。
(※ ボンド固定の可能性もありますが、そうだと彫刻の時、とても困るはずなので。。。)

大入れと言って、台石に上の本体と同じ大きさの穴を開けて、そのままはめ込む方式もありますが、
これは違うようです。(よく見ればわかります。)

 

 

4区画目

DSC_0084-2

この副碑も同じ方式で固定してあるはずです。
取り外しができないと、追加彫刻の時すごく困るはずなので。。。

こちらが正面から見た図。

DSC_0086

全ての面に銀杏面が施してあり、すごく手の込んだ細工が施してあります。

ただ、私ならもう少し全体のバランスを考えるかな。
すごく窮屈に感じるし。。。

小さめの墓地であればある程、全体のバランスをデザインすることが大事になってきます。
それがすごくわかる副碑でした。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0138

上物のネタがやってきた~瀬戸内のピンク系4石種

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

(有)ミヤジマ・グラニットの宮島さんからお願いしていた石のサンプルが届きました。
大阪城の蛸石で有名な「犬島石」のサンプルです。

DSC_0125

なかなかに上物ですね。
そう思いませんか?

で、ふと思ったんですが、瀬戸内地方ではピンク系のみかげ石が
いくつか産出されているんです。
まあ、「お墓」に使える石という限定です。
その限定がなければ、もっとたくさんあるんでしょうが。。。
「瀬戸内海」「ピンク系」の条件でなら、うちには4石種のサンプルがあります。

その4石種を比較してみますと、

DSC_0126

左下と真ん中下は今回届いた「犬島石」
大阪城蛸石、鎌倉の鶴岡八幡宮の一の鳥居にも使われています。(こちらで詳しく
右下は広島県の「議院石」
国会議事堂の外壁などに使われている石です。
なので、この名が付いた、という由緒正しい石ですね。

左上は岡山県の「万成石」
イサムノグチの愛した石として有名です。お墓にもつかわれています。これは一番有名な石ではないかな。
最近はもう少し色が薄くなっているかも。かなり古いサンプルですから。

右上は「北木石」の赤の中目。
関東でもかなり使われている石です。靖国神社の大鳥居、大阪城の石垣、京都五条大橋の欄干などにも使われています。
でもやはりこの石はお墓に多く使われていて、墓相墓、吉相墓の代名詞となっています。

文字だけではよくわからないですね。
なので、もっと違いを。

DSC_0131

同じピンク系でもずいぶん違いますね。

DSC_0138

一番ピンクに近いのは「万成石」ですかね。(今はもっと色が薄いかもしれません)
「議院石」はブラウン(茶系)が強いイメージかな。色は一番濃いです。
そして、犬島石は薄いピンク、「薄ピンク系」と言えるかも。
北木の中目は一番白手に近い色かもしれませんね。

同じ瀬戸内産のみかげ石でも、いろいろと個性があります。
価格もいろいろです。

国産のピンク系の石でお墓を建てる時はぜひご参考ください。

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0047

きになる大阪のお墓。

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

先日、お墓の引っ越しの立ち合いのため大阪へ行ってきました。

DSC_0033

施工は地元の石材店さんにお任せしたんですが、そっちは後ほどご報告するとして、
大阪のお墓で興味深いものを発見したのでご報告。

(っていうか、この墓地固有のものかもしれないですが。。。)

まず目に入ったのは、このお墓。

DSC_0047

丘カロートタイプのお墓。
丘カロートタイプのお墓は時々見かけますが、
えっと、お骨の入り口はっと。。。
うん?

2カ所ありますね。

上が観音開き、つまり仏壇のように両方の扉が手前に開く扉。
上の段がそうなっております。
金具が付いていて、それを外すと両方が開くタイプですが、

下の段も石でふたをするタイプですね。

あれ?

扉が二つ??

question_head_boy

2階式??

後で、お寺の奥さんに聞くと、上はお掃除道具などの収納庫になっているとのこと。
実際に入っているかどうかは分からない、とのことでしたが。。。

面白いアイディアですね。

でも、ちょっと疑問。

お墓の中に収納庫を作っていいの??

まあ、でも、有りってことで。

それより疑問なのは。。。

DSC_0049

よくわからないですか??

 

DSC_0049-2

これです。
この取手の様なもの。
お墓の正面なんですが、何なんでしょうか?

DSC_0050

引っ張ると、

。。。

。。。
伸びてきました!!!(驚!!!)

 

 

 

DSC_0051

これくらい伸びます(^O^)

 

DSC_0052

上から見たら、こう!!!

 

地元の石屋さんに聞いても、

「なんなんでしょうね。初めて見ました」とのこと。
お寺の奥さんにも、分からないと言われました。

気になるな~~
気になるな~~

何だと思いますか?

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0027

古いお墓のリフォーム、移転は意外な費用が(その2)

234×60_shinraikan

「信頼棺®」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

昨日の竿石。
ひっくり返して水平に立てます。

DSC_0022

頭が陣笠頭なので、建てるのも一苦労。。。(^_^;)
しかも側面が手磨きなので、水平をどこで取ったらいいのか??

長年の勘で、やりますです。

研磨盤の一番目の粗い番手で平らかにしていきます。
まだ、凸凹がありますが、この程度なら問題ありません。

DSC_0027

 

隅っこはやっぱり接着してありました。
簡単に取れてしまいました。

DSC_0024-2

さて、この隅をどうするか。。。

 

竿石はできましたが、
その下の台石も。。。

この写真の面が下の面(下の石と接する面)
ずいぶん凸凹です。
上の竿石と同じ加工が施されております。

DSC_0017

 

でも、こちらは、彫刻がないので、
ある程度カットしても大丈夫そう。。。

DSC_0020

 

 

そこで、この面をカット。

DSC_0028

 

カットした段差を研磨作業で平らかにして、
完成。

DSC_0033

かなり古い石なので、石自体にサビ?なのかどうかわかりませんが、
大きく変色しておりますね。
石の年月を物語っております。

さあ、やっと施工の準備完了。

どうですか。
古いお墓の石の場合、簡単に建てる、というわけにはいかない、ということ
お判りいただけたでしょうか。
古いお墓の移転、リフォームで一旦解体して、立て直すというとき、
解体したら、そのお墓の全てがわかります。
そして、その古い施工のいろいろなものが現代に合わない部分が出てきて、
それを今の手法でやり直すのに、いろいろな手順が必要なのです。

時として、
「全部新しく建てる方が安くできる」場合はよくあります。
ですが、それは、誰でもできますし、いつでもできます。

逆に
ご先祖様が大切にされてきたお墓の石をすべて無くすことになってしまいます
果たして、それでいいのですか。

ご先祖様が、大切にしてきたお墓の石を何とか残す、その方法を模索するリフォーム、移転を
お勧めしたいと考えます。

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0009

古いお墓のリフォーム、移転って意外な費用がかかります。

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

今、古いお墓の移転をしていますが、
以前のお墓は石の上に石を乗せるだけの施工でした。
なので、石同士が接する面は独特の加工をしている場合があります。

DSC_0009

こちらのお墓。
手磨きの加工で、おそらく50年以上昔のお墓だと思います。
(建立年が彫ってないのですが、予想だと昭和20年代かと)
この下の面。

DSC_0010-2

この赤枠がしてある面ですね。
なんだかガタガタですが、施工しやすいように中心部をえぐってあるんです。
今の機械加工ではなく、手で加工しているので、まっすぐな面を作るのが難しいのです。

なので、

DSC_0010-3

(汚い写真ですいません(^_^;))

赤線の枠部分はえぐって、下の石とは当たらないように加工します。
そして、
青線の部分だけ下の石と当たるように加工するのです。
そうすることで、しっかりとお墓の石が安定するわけです。
こういう加工を
「二番を落とす」と言いますが、
こういう加工してあるお墓が当時はほとんどでした。
まあ、丁寧な加工のお墓といえるでしょう。

ですが、これを現代の施工で建てようとすると、
このままでは、難しいのです。

このガタガタの下の面をまっすぐな面にしないと
「耐震施工のお墓」
おおきた石材店では
「地震に強い施工」と呼んでおりますが、その方法の施工をしようと思うと、
この面を加工仕直さないといけません。

と、ここまで来て、ある問題が(^_^;)

下の部分、蓮華彫彫刻が施してあるので、
あまりたくさんカットできません。

DSC_0016

なので、研磨作業で、平らに直すことにしました。
あともう一つ懸念材料。。。

DSC_0016-2

この部分(赤枠の部分)、どうやら接着してありそうなんですよね。
さて、どうする。。。(^_^;)

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0024

インド加工+「M1」+デザイン墓 いかがでしょうか。

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

 

久しく忘れていました。
この感じ。。。

インドの石、しかもたった一つの石種のみのおすすめサイト

その名も

「ザ・M1」

DSC_0024

(※ 写真の写りが悪くてすいません。。)

「M1」というインドを代表するような石の紹介の為だけのサイト。
いかにこの石に愛があるのか、分かりますね。

実は私、まだ扱ったことがないのですが、
この石でお墓を作ってみたくなります。

〇 M1という石を採掘するようになったきっかけ。

〇 石の品質、美しさ、安定生産、など「M1」の魅力を余すことなく書かれており、
写真と説明文だけでこの石の良さを余すことなく表現されています。

〇 インド加工の特徴と中国人との気質の違いと加工の違い。

〇 そして最後にこっそりとこの石は「南印度洋行」しか扱っておりません、の一言も。

ここまで、一つの石を細かく、繊細に表現したサイトはなかったですね。

ぜひとも私もこの石で、お墓を建てたくなりました。

関西、特に但馬地方では和型のお墓は白かグレーがほとんどなので、
この緑系の中間色はちょっと使いずらいですが、
デザイン墓にはもってこいですよね。

そして、インド加工の丁寧さ。

DSC_0031

先ほどのサンプルの石ですが、
側面も丁寧に磨いてありますね。
そして、裏面。

 

DSC_0028

裏面も水磨きまでしてありますね。

DSC_0033

中国で加工したサンプル石は裏面は切削が普通なんですね。

(もちろん、裏面まで本磨きされているサンプル石もあります。)

 

加工に関しても、
言われたことはきっちりやるけど、言われてないことはしない中国人と
仕事はそれほど早くないけど、こだわリが強く加工にプライドをもってするインド人とでは、
私は後者の方が日本人気質に近いのかもしれないと思います。

 

さて、
「M1」でお墓を作ってみたくなりませんか?
私はとっても作ってみたくなりました。
ぜひ、インド加工の「M1」の石で、お墓を作ってみませんか?

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0033

冬のお墓工事は、「追いかけっこだ」(by平井堅)

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

 

1月20日頃、基礎コンクリートを施工。

DSC_0018

雪も降らず、有難いなと思いつつ、順調にこなしていた基礎工事ですが。。。

DSC_0023

出来ました。
翌日から雪予報だったので、雪養生。。。(^_^;)

DSC_0023-2

他の現場を済ませて、2週間ほと放置して、久しぶりにやってきた現場。
雪がずいぶん消えたんですが、この状態。

DSC_0025-2

型枠もそのままだったので、杭のみ見えております。

 

DSC_0028

ブルーシートと杭の頭のみ、見えております。

 

DSC_0031

そこを除雪して、型枠を外して、この状態。

DSC_0002

冬のわずかな寒さが緩んだ日を狙って、延石据付。
翌日、朝は氷点下となったんですが、昼間は暖かくなって。。。

 

1517552152549

コンクリート施工しました。
夜間に気温が下がるので、昼間、一番暖かい時間に
早強コンクリート(早く固まるコンクリート)で施工。
その上に十分な養生して、2日経過後、
養生等を取り外した時の写真です。

この翌日、大雪の予報が出ており、

DSC_0033

今朝の写真はこれです。。。
まだ雪の量が15㎝程度なので、まあまだましかなって言うのが
せめてもの救いですが、

しかし、
たった今、兵庫県北部に「大雪警報発令」のダメ押し。。。(^_^;)

今のうち、少しでも除雪しておくのが賢明なのかな。。。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
haka1

Q330~お墓は石でないといけないの?

石でなくてもかまわない、と思います。

 

haka1

「お墓」とは旧来は、ご遺骨の地中に埋葬されている場所の目印でした。

(両墓制の墓地に関してはその意味が異なりました)

現在は、「お墓」とは、ご遺骨が埋蔵するための装置(構造物)が第一義です。

埋葬(埋める)から埋蔵(安置)へと「お墓の役割」は変化して、今現在に至ります。

 

その意味合いだけなら、お墓は石でなくてもいいと思います。

むしろ、石ではない方が安価だし、重たくもないし、手軽だし、

いいことずくめです。

コインロッカー的な今の「納骨堂」で十分です。

プラスティックの収納箱的なものに、エッチングで名前を掘って、古くなれば、新しくするというだけで
十分その役割はこなせると思います。

 

では、なぜ石なのか。

 

二つの付加価値を求めると、石が一番ふさわしいとなるからです。

 

その二つの付加価値とは?

 

〇 亡くなった人の喪失感を癒す

〇 永続性

です。

 

逆に言うと、この二つの付加価値のない「お墓」は石である必要性がない、とも言えます。

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0031

見積書にない作業が。。。

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

冬、雪が降る但馬、豊岡市は見積書に記載されてない作業が発生します。

雪かきという作業です。

DSC_0023-2

さて、
2週間前に基礎コンクリート工事したお墓ですが、
場所が確定できないほど、積雪が。。。(^_^;)

 

DSC_0025-2

おそらく、この当たりだ。。。
(どのあたりだ。。。(^_^;)

DSC_0028

ここね。
養生用のブルーシートが目印。。。(^_^;)

DSC_0031

雪をかいて、
コンクリートの型枠を外しました。
何しろ、
コンクリート施工した翌日からの大寒波。。。

このあと、外柵施工して、
墓地内のコンクリート施工を週末までに。。。
来週はまた大雪予報。。。(^_^;)(^_^;)(^_^;)

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
234×60_shinraikan

Q328~お墓の中に水が入らないお墓ってあるの?

以前、Q&Aにこういう記事を上げました。

「Q306~カロート(納骨スペース)に水が入るお墓ってあるの?」

その答えとして、ほとんどのお墓には水が入るというのが結論でした。

では、その逆に、

「お墓の中に水が入らないお墓ってあるの?」

という疑問は当然ありますね。
疑問というより、切実な問い、であるかもしれません。

ojisan2_shock
「え、お墓の中に水が入るの??」

DSC09427-2

「ええ、入りますよ。むしろ、入らない方が不思議です。
それくらい、お墓の中に水が入るんです。」

ojisan2_shock

「ええ!! マジですか!!」

DSC09427-2

「はい、大真面目ですよ。」

「しかも、ほとんどの石材店は、しっかりとか、あるいは、うっすらとかは
別にして、知っているはずです」
ojisan2_shock

「な、なんと!!!」

 

DSC09427-2

「水が入るなんてレベルではなくて、お墓の中に水が
溢れて、お骨がプカプカ浮かんでる、っていうお墓も
見たことあります。」

1.カロート内に溜まった水

「こんな感じでね」

 

ojisan2_think

「う~ん、私、泳ぎ苦手なんだよね。。。
子どもの頃、川で溺れた記憶があるから。。。
お墓の中に水が入るなんて。。。
我慢できないな。。。」

ojisan2_shock

「ていうか、そう言う冗談では済まされないよ」
(冗談ではないんだけどね。。。)

DSC09427-2

「でも、ご安心ください。『お墓のカロートに、水が一切入らないお墓』あるんですよ」

構造上、お墓に水が入らないようになっているんです。
その構造はここでは、明記できないんですが、
おおきた石材店にいらっしゃったら、説明できます。

名前は「信頼棺®」といいます。
234×60_shinraikan

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0006

暴風雪波浪警報、発令中です

234×60_shinraikan

「信頼棺®」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

 

DSC_0006

非常に危険な降り方をしている兵庫県豊岡市のお昼の様子です。
ただ今、暴風雪波浪警報発令中。
子どもたちは休校で、家でのんびりしておりますが、
雪の降り方が尋常ではないので、気が気でないですね。

DSC_0022

大雪前に、お墓の引っ越しのために持って帰ってきたお墓の石。
何と、この時期、3軒分のお墓の引っ越しのため、
石の置き場がありません。。。(^_^;)
しかも、来週は外柵の石がやってくる予定なので、どうするよ。。

早く雪が消えて、施工しないと、
溢れかえってしまうかも。。。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0023

お墓の引っ越し~基礎工事編

「お墓のみとり」を推進しております。
ちょっと話を聞いてみたいという方は、メールにて【お墓のみとりお問合せフォーム】まで

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

お墓の引っ越しなんて、そんなに費用掛からないでしょ??

ojisan2_think

というあなたの固定観念を覆すブログ記事です。

前回、灯ろうの引っ越しでも結構手間暇かかりますよという記事を書きました。
(→「お墓の引っ越し(灯ろう編)

灯ろうだけではないですよ。

お墓を別の場所へ移すのには、その石を設置するために基礎工事が必要です。

延石を設置するためだけの基礎工事ですが、
ずいぶんしっかりした基礎工事だなって、
私も思います。(^_^;)

DSC_0008

 

DSC_0018

DSC_0023

外柵自体はさほど重たくないので、これほどしっかりした基礎工事は
必要ないのかもしれませんが、その外柵の石と基礎コンクリートとを
固定したいので、このようにしっかりとコンクリートを施工します。

けっこうこういった見えない部分をしっかりとするか、しないかが
大きいのではないかなと感じております。

お墓の引っ越しも、お墓新設と同様に施工をさせて頂いております。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0010

お墓の引っ越し~灯ろう編

 

おはようございます。
お墓の引っ越し、を主に1月はやっております
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

お墓をあっちからこっちへ移すだけでしょ??

pose_ayashii_woman (1)
と、簡単に考えておられる方、
あなた、そう、あなたですよ。

大間違い!!

残念でした。初戦敗退です。
また来年お越しください。

まず、灯ろうのお引越しです。
山の上から持って降りてきたのは、丸墓前灯ろうというもの。

DSC_0005

6つのパーツのうち、その第一。
一番下の地面の上にある石。
私たちは「地輪の石」などと呼んでいます。
五輪塔の一番下の石と同じように読んでいますね。

手前が下、地面と接している部分。
施工でくっ付いている古いモルタル(セメント+砂+水で練ったもの)
がしっかり付着しております。
これをきれいに取り除かなくては施工不良になります。

DSC_0001

起こした写真がこれ。

DSC_0006

こういった道具でこのモルタルを取り外していきます。
一番上が「せっとう」
次が「コンクリートのみ」
「刃付きの平のみ」

DSC_0010

このように、簡単に外れる時もありますが、
なかなか取れない場合もあります。

DSC_0027

ひっくり返して、上の面。
このように、上に乗っていた首と呼んでいる部材とを固定していた
ノロ(セメント+水を練ったもの)
あるいは、
樹脂ノロ(セメント+セメント接着剤を練ったもの)で
と呼ばれるものを取り除きます。

DSC_0031

ノミで取ったり、叩いて剥離させたりして大きなものは取るのですが、
その後、
このスクレーバーという道具で、表面に薄く付着している
セメント被膜を削り取ります。
これをしないとまた施工不良です。

ちなみに、この作業は磨き仕上げしてある石のみです。
その他の加工の石にはできません。

こういった上面と下面の接着していた材料をそぎ落とす作業を
全ての石にしなくてはいけません。

DSC_0012

これは、ロウソク台が乗る「火受」という下から3番目の部材。
このような道具で大きめの接着材料は叩いて落とし、
その後、
細かい部材を落とすのは先ほどのスクレーバーでそぎ落とします。

グラインダ等で削ると早いんですが、磨きの面も一緒に落ちてしまいます。
なので、この方法で落としております。

DSC_0035

こちらは、「火袋」と言って、先ほどの火受の上に乗る下から4番目の部材。

この上と下の面は石と直接接する部分のみなので、
見えないのでグラインダでそぎ落とします。

このように一個一個、汚れと不要なものをそぎ落とす作業。
灯ろうは1対がおおいので、
6部材×2組=12部材しなくてはなりません。

「お墓の引っ越し」と言っても
意外と、いや、結構大変な作業が必要なのです。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
a0002_008719_m

お墓の可能性を感じるお墓を見ました

 

a0002_008719_m

先日、とある場所で、すごいお墓をみました。
写真はアップできないのですが、

「聖なる空間」をすべてのお墓の部分で作り出しているようなお墓です。

山を感じるディテール

聖なる色、白を基調

回りから囲まれた一点での参拝

模倣ではない唯一無二さ

一つの完成されつつある「聖なる場所」「祈りの空間」「供養のこころを現実化」
という言葉に表される究極のお墓に近いものでした。

私もこういう「お墓空間」を作り上げたいな。。。

いろいろ大きなことや、ちいさなこと、
細かいことなと
気付かされること、多かったですね。
都会では墓地の広さが狭くてできない。
でも、
田舎のお墓でなら、できる。

そういう部分も感じました。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
97d68f7123a6034cbcaf618593c4b647-500x323

犬島石~隠れた瀬戸内の銘石

以前、ご紹介した大阪城の最大の石、蛸石。(→「犬島石」とは

犬島石2-蛸石

これほど巨大な石をなんと瀬戸内海の犬島という島から
運んできたんですね。

直線距離にして、約130キロ。
船だともう少し距離ありますね。
何日かかったんだろ。

豊臣秀吉がその権力の象徴として建造した「大阪城」
そのために全国各地から集められた石。
各大名が競って大阪城の普請を行ったんでしょうね。

備前藩主だった池田忠雄も犬島からたくさんの石を大阪城へ送りました。
その上、近いという理由で、近隣の諸大名にも代わりに石を調達していたようです。
九州の佐賀藩の鍋島氏をはじめ、西国大名にもこの犬島の石を提供していました。

犬島石8-サンプル磨き

多少、分かりにくいですが、このような石です。
やや赤系の色が含まれますが、白みかげ石に含まれる石だと思います。
瀬戸内にはこの系統の石が結構産出されております。

兵庫県の本御影石を始め、
岡山の万成石、北木島の北木石など。

その中で一番地味な、目立たない石ですが、
実は、大阪城ばかりではなく、神奈川県の鶴岡八幡宮一の鳥居にも使われていますし、
大きな石が採れるようです。

たくさんの石が古くから採掘されていたようで
ある説によると、42万㎥の石材がこの島から採掘された、とする説もあるほど。
東京ドームと比較すると、約3分の1個分。。。微妙ですが。。。

手加工の五輪塔で有名な「翼石材」さんの五輪塔をはじめとする
「世伝石塔」シリーズ(完全手加工の正に「お墓」の”メルセデス”と言われる最高級品です)
「安寧」シリーズ(世伝石塔シリーズのお求めやすいシリーズです)
で使われている石も「犬島石」が使われています。

556830_321974127881311_147013273_n((有)翼石材の青木さん)

私も興味津々なのですが、
実はまだ扱ったことがないのです。
この石でぜひ、お墓を建てたみたい。
これが今年の目標の一つです。

実は、石としては、結構リーズナブルです。
「日本の石」
しかも、天下に名高い
「瀬戸内の石」
この石で、お墓を建ててみたいとは思いませんか?

ぜひ、一言お問合せ下さい。
いいお墓を建てますよ。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0056

雪と泥と命懸けの一週間

「お墓のみとり」を推進しております。
ちょっと話を聞いてみたいという方は、メールにて【お墓のみとりお問合せフォーム】まで

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

 

雪と泥と命懸けの一週間が終わりました。

DSC_0026

工事開始時は土のうも美しく、
通路も乾いていて、

DSC_0033

幸先よく始めたお墓の引っ越し。
(注 この写真のままで登っておりません。この上に滑り止めをしております)

DSC_0001

お墓は山の頂上で、ホントにある意味命懸けです。
ここからお墓の石を下ろそうというんだから、
覚悟いります。

DSC_0053

途中で、雪が降り、

DSC_0037

土のうは再起不能状態になりましたが、

DSC_0003

何とかお墓は持って下ろすことが出来ました。

そして、もう一軒のお墓。

DSC_0056

ズリズリ滑る坂道とぬかるんだ泥との格闘。
雪が降った翌日の工事だったので、
雪が解けて余計にぬかるむ最悪の状態。。。(^_^;)

それでも何とか、全ての石を持って降り、

DSC_0071

桟橋(機械が通る仮設の橋)をしていた参道の資材は全て撤去して、
その参道の泥と落ち葉を掃き掃除。

何度となく滑って左の崖下に落ちそうになった桟橋(仮設の橋)。
何とかミッション完了。

今年最初の命懸けの仕事、完了です。

今年はいきなり、大変でした。

でも、天候には恵まれたかも。。。

しかし、

実は、全く完了しておらず、これから据付です。

でも、それまでに、
まだ基礎工事の残っているお墓と、
基礎は全て住んでいるけど、下周りの石の加工が済んでないお墓と、
もう一件、
大阪に引越しさせてもらうお墓も、手つかずに残っております。

あ、
ミニミニお墓もまだできてなかった。。。(^_^;)(^_^;)

お墓の引っ越しで始まった2018年です。

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
question_head_girl

「お墓のエンディングノート」って何?

サンプル版ではありますが、
「お墓のエンディングノート」というものを頂きました。
非常に中身はシンプルですが、
こういうのありだな。。。(^O^)

question_head_girl

ありだけど、誰も気づいてなかった。
(個店ではやられているところもあるはずですが。。。)
少なくとも、私は、おおきた石材店ではやってなかったな。

「お墓のエンディングノート」+「お墓のみとり®」+「リ墓ーン®」

お墓というものを中心にして、これまでなかった様々な
これいいな、というものがどんどん生まれてくる。
石材業界の「小林製薬」のような
大橋石材店さんのポテンシャル、創造性は素晴らしいです。

これからも頼っていきたい存在ですね。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0023

兵庫県北部の唯一の石材組合です。

私が所属している「但馬石材工業組合」のホームページを更新させていただきました。

「但馬石材工業組合」

1月10日、新年会を城崎温泉「あさぎり荘」にて開催させていただきました。

午前中は非常にいい天気で、現場日和だったのですが、
夕方から、荒れ模様。
宴会中は、吹雪に近い状況でしたが、
非常にいい雰囲気で宴会は終わりました。

DSC_0023

数森組合長から石山前組合長への感謝状の贈呈も終わり、

DSC_0027

微妙な感じの集合写真も撮り終わり(ライトの感じが。。。)
但馬石材工業組合も新しい年を迎えることになりました。

ありがとうございます。
お墓を建てるときは、但馬石材工業組合の加盟業者へのご依頼、お願いします。

加盟各店は次の通りです。

「但馬石材工業組合」加盟各社

豊岡支部(旧市街、出石町、但東町)は

〇青田石材店
〇青田石材工業所
〇天野石材店(出石町)
〇石山石材店
〇おおきた石材店
〇かどおか石材
〇数森石材店(但東町)
〇田渕石材店

の8店。

日高支部は

〇神鍋石材㈱
〇但馬石材㈱
〇中川石材店
〇的場石材店

の4社。

城崎支部(城崎、竹野町)は

〇東石材店(竹野町)
〇西山石材店
〇松本石材店

の3社。

 

北但支部(新温泉町)は、

〇太田石材店
〇小川石材店
〇中島石材店
〇西川石屋
〇ニシオカ石材(有)
〇山﨑石材㈱

の6社。

南但、養父支部(朝来市、養父市)は

〇内田石材店(朝来市)
〇(有)ナンセキ(朝来市)
〇(有)藤原石材店(養父市)
〇的場石材工業(養父市)

の4社。

の都合、25社です。

但馬地域には、組合非加盟業者もございますので、
ご注意ください。

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0047

但馬の冬の朝

「お墓のみとり」を推進しております。
ちょっと話を聞いてみたいという方は、メールにて【お墓のみとりお問合せフォーム】まで

こんにちは。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

 

昨日は但馬地方は大荒れでしたが、雪は沿岸部中心で、豊岡市街地はあまり積もりませんでした。

が、非常に気温が下がり、真冬の朝を体感しました。

私は、組合新年会で城崎温泉に一泊。朝帰りをいたしました。

その帰り道、但馬の冬の朝を実感したので、写真に納めました。

城崎の町中から、城崎街道を抜けて、豊岡へのルートです。

DSC_0037

城崎の市街地。川口屋さんの前の信号。

DSC_0041

見事な快晴が広がっておりますが、非常に寒いです。

 

DSC_0042

道はアイスバーン。
ツンツルテンです。(^_^;)

DSC_0043

樹氷??
樹氷なの??
違うと思うけど、似た光景ですね。

DSC_0047

朝日が徐々に登ってきました。
早く温かくなれ。

DSC_0049

左手には、母なる円山川。

 

DSC_0058

朝日が昇ってきました。
今日もいい日になりそうです。

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0006

軍人塔(戦没者の方のお墓)からお骨が

「お墓のみとり」を推進しております。
ちょっと話を聞いてみたいという方は、メールにて【お墓のみとりお問合せフォーム】まで

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

 

お墓の引っ越しをしておりますが、
軍人塔(戦没者の方のお墓)があります。

通常、軍人塔からはお骨が出ない場合がほとんどです。
太平洋戦争の場合、海外で戦死された方がほとんどで、
遺骨も帰って来なかった方が多いからです。

もちろん、もう少し古い日清戦争、日露戦争の戦没者の方はほとんど埋葬されているんですが、
その頃の遺骨はほとんど出てこないからです。
(壺に入っている場合は別ですが。)

今回、遺骨はないだろうという想定だったんですが、
埋葬されておりました。
DSC_0006

これが、お墓の中に入っておりました。
最初は副葬品ではないかな、と思っておりましたが、

DSC_0012

(※ 実際の遺骨の写真は自粛させていただきます)

空けて、中を見てみると、
ホント小さなひとかけらのお骨。
おそらく、戦地で火葬されて、その遺骨の一部が
はるばる帰ってきたんでしょうね。

誰が持って帰って来られたんでしょうか?
戦友の方でしょうか?
どういう気持ちでこの故郷へ持って帰って来られたんでしょうか?
お墓を建てられたのは、ご両親でしょうか?
ご両親は、このお骨が帰ってきたとき、どういった気持ちだったんでしょうか?
お墓が完成した時、どういう気持ちだったんでしょうか?

この一かけらのご遺骨でいろいろなことを考えてしまいます。

いろいろな気持ちが詰まったお墓、大事に引越しさせていただきます。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0001

お墓の引っ越しは命懸け?

「お墓のみとり」を推進しております。
ちょっと話を聞いてみたいという方は、メールにて【お墓のみとりお問合せフォーム】まで

こんにちは。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

 

今年一番のお仕事は、山の上のお墓の引っ越しです。

山の上にあるお墓を下のお参りしやすい場所へ下ろします。

DSC_0026

階段になっているので、土のうを積んで、キャタピラーでも上がり降りできるように。

DSC_0033

勾配が緩い部分は仮設の道を設置します。

DSC_0004

上から見ると、こんな感じです。

ここは、一番頂上なんですが、ずっと階段が設置されているので、
以前よりも歩いては上がりやすくなっておりますが、
運搬車はむしろ上がりにくいかも。。。(^_^;)

道が乾いていて初めて、何とか登れるので、
雨が降ったり、雪が降ったりして、道が塗れると途端に
危険な通路となってしまいます。

ホントに、ある意味、命懸けのお墓の石下ろしです。
「お墓じまい」の場合は、ある程度細かく石を割って、
下へ下ろす、ということができますが、
引越し(お墓の移転、改葬)なので、そう言うわけにもいきません。

今日も午前中は何とか上がり降り出来ましたが、
午後から2往復した時点で、雪が降りだして、断念。。。(^_^;)

この時期の但馬地方は、お墓工事は思い通りに進みません。
今日中に全て下ろすつもりだったんだけどな。。。

明日の午前中、再度のチャレンジです。。。

 

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0010

お墓の加工~小さな夫婦墓

「お墓のみとり」を推進しております。
ちょっと話を聞いてみたいという方は、メールにて【お墓のみとりお問合せフォーム】まで

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

 

今日は現場が休みになったので、急きょ、加工をします。
題して、

「非常に小さな夫婦墓」を作ります。

工場にあった端材(お墓に使わなかった石)を利用します。
予算的にかなり厳しいので、こういうことになりますが、
実は、結構いい石です。
中国産のみかげ石ですが、
まあまあ高級な石、だと。。。(^_^;)

DSC_0001

まず、半分にカット。
右半分は台石に。
左半分は竿石に。

DSC_0005

半分に割れました。

 

DSC_0010

台石になる石から磨いていきます。
光沢はいい感じで出ますね。

途中で、磨き加工は終了。
続きはそのうちに。。。
(早く作らないといけないのですが。。。)

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
22046035_638550092958595_8830600058652550552_n

お墓の「困った」にお答えいたします。

「岩田さんのお花」

DSC_0083

生花と生花の間をつなぐ「岩田さんのお花」
ぜひ一度体感してみてください。
枯れたお花をお供えするのは、あまりにもご先祖様に申し訳ない。
そんな時、「岩田さんのお花」をぜひ。

インターロックのプレミアム墓石を建墓されたお客様には、無料でプレゼント。
(条件がございます)

今年もたくさんのお墓にお供えできたら、いいですね。

 

 

「やすらかに敦」

京都の伝統工芸「京縫」の伝統工芸士安部敦子さんが手掛けた
京縫の納骨袋「やすらかに敦」という納骨袋をお勧めしています。

10559272_517799608354075_1848746653_n

京都はたくさんの伝統工芸士さんがいらっしゃいますが、
その中で唯一の「納骨袋」を製作していただけるのが、
この安部敦子さんです。

徐々に知名度、認知度が上がってきて、
たくさんの著名な寺院、葬儀業者さんに利用されているようです。

今年は安部さんの「安らかに敦」もしっかりとお勧めしていきたいと思います。

dsc_0003

22046035_638550092958595_8830600058652550552_n

総絹織物で出来ていて、刺繍は安部さんの手縫いの刺繍されています。
いくつかの種類、価格、デザインがあります。
特に思い入れのあるデザインは、オーダーメイドもしていただけるかも。。。
(していただけないかも。。。です。。。)

大切な方のラストドレスとして、ご遺骨を包む「やすらかに敦」はどうでしょうか。

 

 

「お墓のクリーニング」

もたくさんお手伝いしたいですね。
ごくごく簡単なお掃除はご自分でされるのをお勧めします。
お墓そうじをすると、実はとっても精神衛生上、いいらしいです。
しっかりそうじ、きれいにそうじ、そうしているとどうしても気になるのが、
どうしても落ちない汚れ。

そういうそうじは私たちプロにお任せください。

DSC_0002

専用洗剤もございますよ。

 

「お墓のリフォーム」

お墓のリフォーム、昨年もたくさんしました。
最後の仕事もリフォームだったしね。
ダントツに一番多いのが、「雑草対策」
それから、
たくさんあるご先祖様のお墓の整理
水鉢、花立の不具合の修理
納骨できないので何とかして。。。
外柵がずれているので直してほしい。
お墓が傾いているので直して。。。
お墓の後ろががけが崩れそうなので、直して。

などなど。。。

いろいろなご要望にお応え致します。

DSC_0004-2

 

 

「お墓の引っ越し」

地域柄ではありますが、
但馬、豊岡という土地は、古いお墓が山の上にある場合が多く、
その山の上のお墓を平地へ、お参りしやすい場所へ下ろしたい、という
ご要望の方が多い気がします。

昔は山の上から下の子孫の生活を見守れるように、
また、
ご先祖様によく見える場所からよく見守って頂けるように、
高くて、見晴らしのいい場所に無理してお墓を建てたんです。

そういったお墓をお参りしやすいように、平地のお参りしやすい墓地へ
下ろしたいというご要望も多いです。

DSC_0001


そういうご要望もたくさん、させて頂きたいですね。
既に、2件のお墓の引っ越しをお聞きしておりますが、
まだまだお受けさせて頂きますよ。

 

今年も、たくさんの人の「お墓の困った」にお答えしていきたいと思っております。
よろしくお願いします。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
yurarir6_c3

今年はこんなお墓を建てたい

「お墓のみとり」を推進しております。
ちょっと話を聞いてみたいという方は、メールにて【お墓のみとりお問合せフォーム】まで

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

 

おおきた石材店も本日から仕事初めです。
今年もよろしくお願いします。

20525848_1433549726726485_3360135300592561482_n

「お墓のみとり®」、「リ墓ーン®」という、お墓じまいを考える人に
ただ単なる「お墓じまい」してしまうのではなく、
自分自身も安心できる「お墓じまい」のご提案、
そして、
「お墓じまい」をするにしても、
その一部を残して、心のよりどころを残す、という
運動を広めて、お勧めしていきたいと思います。

また、

お墓を新しく建てられる人、
お墓をリフォームを考えられる人には

234×60_shinraikan

お墓の中に水が入らない、
「信頼棺」という安心感をお勧めしていきたいと思います。

お墓を新しく建てたい、
普通のお墓ではなく、自分だけのお墓が建てたい、という人には

おおきた石材様用大バナー

インターロックのプレミアム墓石をお勧めしていきたいと思います。
但馬地方ではまだまだ少ないですし、石種の違いを含めると、
「自分だけのお墓」を持つことも可能です。

yurarir6_c3

このお墓「ゆらり」を建ててみたいですね。
yurarir8_c7

ステンドグラスも選ぶことができます。

 

逆に、日本人だから、日本の石で和型のお墓を、
という人には、

栄龍石材有限会社

オール国産、日本の石を日本人の手で、日本で加工した正しくオール国産墓石、
「栄龍石材(有)謹製の日本のお墓」をお勧めします。
主に、北木石、青木石、大島石、庵治石など瀬戸内で採れた石のお墓。

栄龍石材(有)のお墓、
まだまだ、おおきた石材店では建墓数は少ないですが、
その精度の高さ、美しさを是非体感していただきたい。

DSC_0058

このタグ、栄龍石材(有)謹製のお墓です。

他にも

瀬戸内の隠れた銘石「犬島石」のお墓も建ててみたいですし、
関東の石を使ったお墓も建ててみたいですね。

そして、最後に

ちょっと考えている新しいコンセプトのお墓も建ててみたいです。

「墓相墓」の良いところを取り入れたお墓を考えています。
特に市営霊苑など狭い区画に特化したお墓です。
本年もおおきた石材店をよろしくお願いします。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
i-inu117

2018年もよろしくお願いします。

開けまして、おめでとうございます。
本年もよろしくお願いします。

石というものに魅入られて10年以上経過します。
石というのは様々な形があり、
様々な色があり、
価値も様々です。

時価1億を超える宝石、輝石とも言われる石もあれば、

路傍に転がる石もあります。

でも、どんな石でも、それぞれにパワーがある。

それは間違いないと思います。

目には見えないけど、パワーがある。

何故なら、パワーストーンとは石の事。

石の魅力を掘り出し、再発見できる一年にしたいと思います。

(なんのことかよくわからないな。。。)

とにかく、

今年一年、よろしくお願いします。戌年2018年、始まります。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
振り袖姿の女性

年末年始のお知らせ

「お墓のみとり」を推進しております。
ちょっと話を聞いてみたいという方は、メールにて【お墓のみとりお問合せフォーム】まで

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

 

本年もたくさんの皆さまにお世話になりました。
本当にありがとうございました。
今年は、後半からおおきた石材店の容量を超えるお仕事を頂き、
未だにいろいろとばたばたしておりますが、
年末の営業は30日まで。
年始は5日から致します。

また、
休業中も電話、メールでのお問い合わせは随時、お受けいたします。

なにとぞ来年もよろしくお願いいたします。

また、このブログの更新は休みなく更新したいと思っております。
できるかどうかはわかりませんが。。。

来年度の目標は、もっと心に届く記事を書くこと。

それに尽きます。

いろいろなことを考えておりますが、できるかどうか不明なので、
一つだけ。

[豊岡市、但馬地方に存在する石を紹介]する記事をできるだけ多く更新していきたいと
思います。

 

振り袖姿の女性

みなさまにとっても来年はいい年でありますよう。

(※ 記事は終わりませんが。。。けじめとして)

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0115-2

こういうところで差が出るんですね。

DSC_0111

えっと、ちょっとわかりにくいですが、
追加彫刻です。
竿石の側面にです。

写真上の方、見て頂ければわかりますが、
3人の方の戒名が彫刻してあります。
その中の真ん中の人の没年、名前、没年齢が彫刻されておりません。
なので、彫り直しをしております。

で、問題なのが、その位置。
非常に分かりずらいので、補助線をひいてみます。

DSC_0111-2

赤い線が上の戒名の中心線。
青の線が下の没年等の中心線。

ズレております。

しかも、実は右の戒名の人、左の戒名の人
それぞれ、実は没年等は2行で彫刻されているんです。
で、真ん中の人も。。。と思ったんですが、
2行では到底彫刻できません。

1行しか彫れなかったんです。
で、その1行も。。。この位置です。

DSC_0115-2

原因は上の戒名の左右の間隔が狭すぎたため。
というか、この間隔なら、下の文字も1行にすべきだったんですね。
敢えて、2行にしてしまったので、狭すぎて、
真ん中の方の没年等が彫れなかったわけです。

なので、空欄になってたのかな?

1行に集約してもらって、彫らせていただきました。

戒名碑もそうですが、
文字間隔を考えてレイアウトするのは、石屋さんの基本です。

印刷ならいくらでも小さな文字が作れますが、彫刻は大きさに限度があります。
あまりにも小さな文字は、読めない、彫れない、となりますので、
最低限、これくらいの大きさというサイズを理解してレイアウトを考えないと、
こういうことになりますね。

まあ、この文字はそれ以前に、
適当に彫ってしまったら、
真ん中の方のスペースが無くなってしまった、ということですが。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0080

花立石の加工(下場の加工)

「お墓のみとり」を推進しております。
ちょっと話を聞いてみたいという方は、メールにて【お墓のみとりお問合せフォーム】まで

こんにちは。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

 

雪がまたもや降りだした兵庫県豊岡市ですが、
あまり積もってはいないですが、積もるんでしょうかね。
昨日の続き、
花立石の穴開けと水抜き穴を開けました。
が、
まだ、気になる点が。。。

 

DSC_0064

この写真ですが、
手前はまだ加工前の花立石一組。
奥は、加工完成後の花立石一組。
どちらも、切削して平らな石の上に置いてあります。

分かりましたか?

手前の加工前の花立石。触るとカクンカクンと動きます。
どういうことかというと、
花立石の下の面が平らではない、ということ。

DSC_0069

汚れてよくわからないかもしれませんが、
平面ではありません。
グラインダーで段差を削ってあるだけで、
間っ平には程遠いです。

で、加工しなおしの為、赤チョークで塗ってみると、

DSC_0080

よく見ると、厚みも違うし。。。

DSC_0080-2

分かりますかね。
段差がわずかにあります。
そして、ほぼすべての角が欠損してますね。
カクンカクンとなるから、欠けてしまうんです。
こういうのを「コメをついてる」あるいは[米つき]などと言いますが、
不安定で、カドが欠けやすく、転倒しやすいので、直さなくてはいけないのです。

DSC_0084

カドが欠損しているのは、まだ多少、直ってませんが、研磨工程の最初の100番研磨と次の200番研磨をして、
下の面はまっ平になりました。

これで直りました。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0064

花立石の加工(穴明け、水抜き穴、下場加工)

「お墓のみとり」を推進しております。
ちょっと話を聞いてみたいという方は、メールにて【お墓のみとりお問合せフォーム】まで

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

 

最近のお墓はたいがい、花立の石は大きめの穴が開いており、
(50~60ミリくらいの直径)、そこにステンレスの筒、花筒(はなつつ)とか言いますが、
それを差して、その中にお水と生花をお供えする、というのがほとんどです。

が、
古いお墓は、まだそのような大きな穴を開けることが出来ず、
ステンレスの筒も使っていなかった頃は直接生花をその石の穴に挿して
お供えしていました。

これだと、お花の水を替えるのに、石をひっくり返さないといけないし、
中まで掃除が大変です。
なかなかきれいになりませんね。
なので、最近はほとんどというより、全てこの花筒を差して使うタイプになってしまいました。
これは、大変便利です。
以前から比較すると。

ですが、古いお墓にはまだ古いタイプの花立の石が残っていて、
それに加工しなおすという工事を、お墓のリフォーム工事の際、よくやります。

今回も二組の花立の石を加工しなおしました。
とてもよくあるパターンです。

まず、花立の石に60ミリの穴をコアドリルで開けます。
DSC_0037

40ミリくらいの穴です。
しかも、手で空けてあるので、底が浅く、
深くなるほど狭く、細くなっているので、到底花筒は入りません。

DSC_0038

分かりにくいですが、内部の様子。
奥へ行くほど、狭くなっているのがわずかに分かると思います。

DSC_0040

右側がコアで60ミリの穴を開けました。
コアドリルで開けると、まっすぐに入るので、ステンレスの筒も簡単に入ります。
やはり道具ですね。
昔はホントに苦労して開けたんでしょうね。
ホントにご苦労様です。

DSC_0043

このように、大きさが全く違うので入りません。
花筒のサイズが外径がおおよそ58ミリですので。

DSC_0046

60ミリのコアで開けた穴はすっぽりと入ります。
深さも関係するので、筒より深く穴を開けます。

DSC_0047

穴が浅いと、この上の部分が石から浮いたようになるんですが、
しっかりと根本まで入っております。

DSC_0050

右がコアで抜いた花筒が入った花立石。
左が以前の手で穴を開けた花立石。
お供えできる花の量も多分ずいぶん違うと思います。

掃除もしやすく、
お花もたくさん供えられて、
いいことづくめですね。
これを発明した人は表彰されてもいいと思いますがね。
(^O^)

DSC_0052

ただ、
穴が全く開いてない花立石に穴を開けるのは、実は簡単なんですが、
小さめの穴が開いている石に大きめの穴を開けるのは、実は手間が掛かります。
ゼロから開けるときは、不要な部分の石を取るのは非常に簡単なのですが、
上の写真のように小さめの穴を大きくするときは、石が途中で折れてしまい、
残った底の石を取るのに非常に苦労します。

苦労して、底の残った石を取ることができても、
終わりではありません。

DSC_0058

このままでは、雨などで、穴に溜まった水が抜けないので、
冬季、凍結したりしたら、石自体が割れたりするんです。
なので、水抜きの穴を開ける必要があります。

上の写真のように花筒の穴の一番底に来るように、水抜き穴を開けます。
私は、左右外側に空けるようにしております。
穴が見えて、かっこ悪いという石屋さんもあるかも知れませんが、
裏側とか内側とかだと、石同士が密着してしまうと、
水抜き穴がせっかく空いているのに、水が抜けない、ということがあるから。
せっかく空けても、抜けないと意味ないですからね。

とここまでで通常は、完成なのですが、
いつも気になるポイントがもう一つ。

DSC_0064

奥の一組(2つ)が完成した花立石。
手前の一組(2つ)が加工前の花立石。

穴だけではないです。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
01450eb2bc471878d49ed2414773dec742b8fac016-e1465781205237

「信頼棺」という安心感

「お墓のみとり」を推進しております。
ちょっと話を聞いてみたいという方は、メールにて【お墓のみとりお問合せフォーム】まで

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

 

 

信頼棺とは、兵庫県神戸市の「株式会社第一石材」の能島孝志社長が特許権を申請されている
防水構造を備えたお墓の構造です。

能島社長は一代で神戸で、いや関西で非常に名の知れた石材店を起業、経営されている方で、
石材業界のいろいろなしがらみ、古い因習を抜け出して、新しい試みを多く行われている社長です。

能島社長が「信頼棺®」を発明された経緯は以下の部分に詳しく記されているんですが、
「信頼棺®のページ」
とあるお客様に「絶対に水が入らないお墓を作ってほしい」と依頼され、
試行錯誤の末、考え付いたのが、「信頼棺®」の元となるお墓の構造。
それを発展させて、

「信頼棺®」として、特許権を申請されています。

そして、その防水構造を備えたお墓「信頼棺®」の特許申請を機に
数社の石材店と代理店契約を結ばれました。
その中に、弊社「おおきた石材店」も正規代理店として契約させていただくことが出来ました。

先ほどの「信頼棺®のページ」にもあるような理由で、
信頼棺の構造は公表できないことになっておりますが、
これで、カロートに水が入らないお墓を建てることができます。

もちろん、施工の仕方によっては、防水でなくなる可能性もあります。
「信頼棺®」だから、必ず水が入らないとは言えないので、
施工も非常に大事になります。
(粗悪な類似品が出回る可能性があるので、構造などの詳細は非公開とされているのです)

能島社長とそのお客様の想いの詰まった、「信頼棺®」を広く広めて、
たくさんのお墓を建てる方に選択肢の一つとしてもらえるよう、
そして、あの崖っぷちに追い込まれたお墓にも
いつかはこの「信頼棺®」でリフォームさせてもらえるよう、
頑張ってまいります。

「信頼棺」という安心感を

 

※ 明日から久しく途絶えていた(^_^;)「お墓Q&A」を再開し、この「信頼棺®」及びそれに関係したQ&Aを投稿します。

 

234×60_shinraikan

「信頼棺®」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
1.カロート内に溜まった水

石材店として、がけっぷちに追い込まれた。。。

「お墓のみとり」を推進しております。
ちょっと話を聞いてみたいという方は、メールにて【お墓のみとりお問合せフォーム】まで

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

 

 

とあるお墓を建てて、その納骨式。
さほど大きなお墓ではありません。
9寸2重台のお墓です。

今なら絶対にしませんが、
当時、まだまだ経験の足りない私は、
お寺さんや施主さんと一緒に、お墓まで来てしまっていました。
そして、いよいよ納骨が始まる。。。

お寺さんが
「石屋さん、じゃあまずお墓の蓋開けてください」
(関西式なので、蓋とは言い難いですが、まあニユアンスは伝わります)

ホントに今では、ありえないですが、
何も持たず、納骨式に挑み、何も考えず水鉢を手前に倒したんです。

そこには、水没しているカロートが!!

1.カロート内に溜まった水
真っ青になりました。
頭の中が真っ白、白紙。
そして、最初に浮かんできたのは。。。

「このまま蓋(水鉢)を元に戻して逃げたい」でした。

どうしようもない、愚か者ですね。

(逃げてどうする。。。)

後ろには、施主様。ご住職、親戚の方々がたくさんいらっしゃいました。

この時ほど、がけっぷちに追い込まれたことはありません。

ホントに焦りました。

どうしよう。。。

どうしよう。。。

どうしよう。。。

どうしよう。。。

焦りまくりました。。

何しろ、何も持ってきてないんだから。
バケツも持ってきてない。
スポンジも持ってきてない。
タオルも持ってきてない。

どうするんだ。俺。。。

唯一、奇跡的にあったのは、袋に入った砂でした。

納骨の時、もしかしているかもしれない。
土が足りない??ということがあるかも知れない。
(そんなこと想定するなら、予め入れておけって話ですが。。。)

そのうち、お寺さんが様子がおかしいなって思われて、
肩越しからのぞかれました。

「ありゃ、水が溜まっているね。。。
昨日大雨が降ったから、溜まったんだな。。。」

本当に天の助けの声でした。
当時の私にとって。

それから、施主様、親戚の皆さんが交互に覗かれて、

ありゃ、ありゃ、ホントだ。
水が溜まっているね。。。
大丈夫??

そのうち、施主様がお墓参り用に持って来られていたバケツを貸して頂き、
汗ふき用に持ってこられたタオルも、使ってとおっしゃられて、
そのバケツとタオルで、必死に、まさしく必死に水を吸いだしました。

今でも、そのことを思い出すと、冷や汗が出てきます。

それ以来、納骨のお手伝いのときは、遅くても約束の30分前にはお墓に行き、
一度、納骨室(カロート)の蓋を開けて、中を確認するという
石材店として、最低限のマナー、ルール、いろは、基本のキを身につけることが出来ました。

さて、
それはいいとして、
どうして、このような昔の恥ずかしい話をしたのか?というと、
その後、いろいろ考える機会があり、
自分も経験を積み、いろいろな人から教えを受けて、
最近ふと、思ったことがあります。

そもそも、
どうしてあらかじめお墓の蓋を開けて、カロート内を確認しなくてはいけないのか?
もっと言えば、
どうしてお墓の中に水が溜まるのか?
それは、
雨や台風や、雪が解けた水分がカロート内に侵入するからです。

では、
絶対にお墓のカロート内に雨水などの水が浸入してこないお墓ってないのか??

 

実は、そういうお墓があったんです。

 

お墓の、一番大事なカロート内に水が決して侵入してこないお墓が。
雨漏りしないお墓が。
蜂やその他の害虫がお墓の中に侵入できないお墓が。

 

その名を
「信頼棺®」と言います。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
4.カロート内にミツバチの巣-1

ごめんなさい。今まで黙ってましたが

「お墓のみとり」を推進しております。
ちょっと話を聞いてみたいという方は、メールにて【お墓のみとりお問合せフォーム】まで

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

 

 

 

今まで、このブログでもあまり言ったことなかったんです。
でも、分かってました。

隠していたわけではありません。
でも、大々的には言いにくい、とは思ってました。

ごめんなさい。

ojigi_woman
でも、
ほとんどのお墓がそうなっているんです。
うちのお墓だけではないと思うんです。
しっかりと説明します。

お墓の中で何が一番大事かというと、
「お墓の中にあるご遺骨が大事である」とは
以前お伝えしました。

いうなれば、お墓は人が亡くなって、ご遺骨が残ったときの
最後の安住の地、終(つい)の棲家ですよね。

なので、みなさん、けっこうなお金を払って、お墓を建てる訳です。
ご遺骨にとっての家、みたいなものですから。

お墓に入ることによって、安心できる、安全な場所へ納まることができる、
というわけです。

でも、
外見がすごく立派でも、
高価な石を使って、美しく、立派なお墓を建てても、
実は、

「雨漏りするかもしれない」ということ。

ご存知でしたか。

雨降りでお墓に降った雨がそのカロート(お骨を納める場所)へ流れ込んでいるかもしれないということ。
ご存知でしたか?

じゃあ、完全に蓋をしてすき間を埋めればいいじゃないか?
と思いますが、
お骨を出したり、入れたりしなくてはいけない構造上、
完全に密封できないってこと、
ご存知でしたか?

出来たてのまっさらのお墓でも雨漏りしている可能性、高いって
ご存知でしたか?

古ければ古くなるほど、隙間から雨水が進入する可能性が高くなるって、
ご存知でしたか?

酷い場合は、その隙間からミツバチが進入して、お墓の中に巣を作っているって、
ご存知でしたか?

4.カロート内にミツバチの巣-1

 

ミツバチが巣を作るくらいだから、スズメバチも。。。って
ご存知でしたか?

 

私は、薄々知っておりました。
おそらくお墓を扱う石材店の皆さんなら多かれ少なかれ
ご存知だと思います。

では、どうして黙っていたか。
いや、
黙っていたのではなく、あまりお伝えしてこなかったわけですが、
どうしてか、というと、

「対処の仕様がない」と感じていたから。
ちょっとしたことで防げるなら、早急に対処しています。

でも、ちょっとやそっとでは対処の仕様がない。
しかも、どうしたらいいのかもわからない。

そんな状況で、
「どうにかしてよ」と言われても
pose_ayashii_woman (1)

対処の仕様がない、と思っていたからです。

お客様には聞かれれば、
「水が入る可能性があります。
それはどうしようもないのです」とは
お答えしていましたが、
はっきり言って、お手上げ状態でした。

ところが、ある時、ホントに
「ど、どうしよう!!」と
ホントに崖っぷちの経験をしました。

 

(続く)

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0004

お墓のリフォーム~よく倒れなかったな。。。(^_^;)

「お墓のみとり」を推進しております。
ちょっと話を聞いてみたいという方は、メールにて【お墓のみとりお問合せフォーム】まで

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

今日から今年最後のお墓工事に着手しております。

現在建っているお墓の石などをすべて取り外し、

基礎コンクリートと外柵の延石を施工して、
その上にお墓の石などを元に戻し、玉石を入れるという工事です。

主とした仕事が「コンクリート工事」となりますので、
天候が一番気になります。

DSC_0004

ユニックにてすべてのお墓の石が移動できるので
お墓工事の場所としては【最上級】と言っていい場所です。
(^O^)

全ての石を取り除きました。

よく見てもらったら分かると思いますが、
基礎コンクリートは一切入っておりません。

他の石材店さん(たぶん今は廃業されている)が40年以上前に建てられたお墓です。
基礎工事はこんな感じが普通ですね。

ただ、手前の四角い部分、灯ろうが立ったいたんですが、
土の上にただ置いてあるだけだったのですが、
。。。
よく転倒しなかったな。。。(^_^;)

DSC_0011

掘方、砕石を入れて、

DSC_0016-2

鉄筋を敷設、
コンクリートの基礎を施工します。

雨が降らなければ。。。(^_^;)

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0003

「雨」や「雪」の中のお墓工事

「お墓のみとり」を推進しております。
ちょっと話を聞いてみたいという方は、メールにて【お墓のみとりお問合せフォーム】まで

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

 

DSC_0003

北向きの風景ですが、冬空ですね。。。
今日は天気回復予報なので、雪が消えることを期待してます。

今日から今年最後のお墓工事です。
コンクリート工事を伴うので、雪や雨はお手柔らかに願いたい。。。

雪が残っているの施工不良になるので、
まず雪を除雪してから、工事に取り掛かるので、ひと手間余分なんですよね。
夜中に雪が降る場合もありますから、養生もしっかりとしなくてはなりません。

コンクリートが固まる前に凍結してしまっては、施工不良となり、
最悪、やり直しとなります。

また、石は濡れると非常に滑りやすくなります。
石を吊り上げる時に使う「クランプ」という道具も
濡れると使えません。

石の施工に使う接着剤も雨や雪は大敵です。
濡れると接着不良となり、これも施工不良です。

コンクリートの上に石を据える時に使うモルタルも水分はよくありません。
あまり水分を加えるとどんどん柔らかくなってしまい、これも施工不良の一因となります。

なので、雪、雨とお墓工事は非常に相性が悪いわけです。

DSC_0173

雨や雪の中のお墓工事を嫌がる原因はここにあります。

 

私も何度も痛い目に遭っているので、
雨と雪はできれば避けたいものです。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
ohakamairi

お墓の価値~納骨堂との比較

「お墓のみとり」を推進しております。
ちょっと話を聞いてみたいという方は、メールにて【お墓のみとりお問合せフォーム】まで

こんにちは。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

 

昨日の記事、少々理解しにくいようだったので、中身を一部見直しました。
もう一度、読み直していただければ幸いです。

昨日の記事はこちら。。。(お墓の価値~自然葬との比較

 

で、もって、それをまとめると、

 

昨日は、「お墓」と「自然葬」との比較をしてみました。

いわゆる「自然に還る」系(海洋葬、宇宙葬、など)は間違いなく自然に還ることは実感できるけど、
それを祈りの対象、亡くなった人へ祈りをささげる対象としては、拡散してしまってしまい、
大丈夫な場合とダメな場合があるのではないか。(おそらくその人によります)
また、一度実行してしまえば、取り返すことができない、ということがポイントでした。

そして、「大地に還る」系(樹木葬、桜葬など)は確固とした場所へ埋葬されるのはお墓と同じなので、
供養、祈りの場としては申し分ないですが、しっかりとした区画が各故人に与えられている場合は少なく、
共有の祈りの場(パブリック)なので、それでもオッケーな人、それではだめな人、それぞれいらっしゃいます。
また、この葬送も一度実行してしまえば、取り返しがつかない場合がほとんどなので、注意。
それから、自分の大切な人のご遺骨を埋葬する様子を見ることができない(見学不可の)樹木葬墓地は避けた方がいい
とお伝えしました。
さらに、自然の中での埋葬なので、メンテナンス(樹木の伐採、養生等)の費用が発生します。

これが昨日の記事のまとめです。

ohakamairi

 

で、ここからが今日の記事なんですが、
(前置き長過ぎ。。。(^_^;)

「納骨堂」型の墓地です。(墓地でない場合もあります)
主なものとして、
「屋内型納骨堂」(いわゆるロッカー型)
「機械式納骨堂」(最近都市部で流行っている 立体駐車場のようなもの)
「屋外永代供養墓」(個立の屋外型、地下に合祀墓が併設されているものも)
「合祀墓」(形状はお墓と同じものもある。ご遺骨を一緒に埋蔵)
など。

これらを一括りに「納骨堂」としましたが、
ご遺骨を個別に一定のスペースが与えられているもの(個別納骨堂)と
全てのご遺骨を一緒にしてしまうもの(合祀墓)とに分けることができます。
「個別納骨堂」はお骨を納めるスペースはそれぞれ分けてあり、管理されています。
「お墓」というよりもむしろ「一時的にお骨を預かってくれる場所」と認識した方がいいでしょう。
ほとんどが有期限で、それを過ぎると、別の場所へ移されてしまうことが前提です。

遺骨を納めるための「最低限の個別性」(プライベート)はありますが、「祈りの場」としての「プライベート」な空間はない、と言えます。
いうなれば、遺骨を納めるためのプライベートな空間はあるが、その空間が集まったパブリックな祈りの場、であると言えるのではないでしょうか。

さらに、
〇 「一時的な保管場所」でしかないので、最終的な安置できる場所を考えないといけない。
〇 構造物なので耐用年数が来ると改修が必要。費用の負担が発生する。(マンションの建て替えのようなもの)
〇 屋内型だと24時間お参りできるわけではない。(時間の制限

など、実は最初の費用は安くても、後で追加の費用が発生する可能性があります。
基本的にこういったものは使用者負担が原則なので、後々費用負担しないといけない可能性がありますね。

「合祀墓」の場合はどうでしょうか。

基本的には「合祀」つまり、全てのご遺骨を一緒に埋蔵する、というのが合祀墓です。
「お墓」にたくさんの人が眠っていて、それぞれのみんなのお墓なので、
プライベートなものはありません。
「パブリックな祈りの場」です。

〇 一度埋蔵してしまったら、取り返しができない。
〇 あらゆるご遺骨の「終の棲家」(最後に安置される場所)的な意味付けが強い。

例えばですが、
「あの人と一緒には絶対イヤ」と思う人とも一緒に埋蔵される可能性はあります。

 

 

さて、ここまで見てきましたが、
お墓との違いが明確になってきました。

お墓とは、「プライベートな祈りの場」を持つものです。
これは非常に贅沢な占有空間です。
これを持つことがお墓の特徴、ステータスです。

個別に一定の区画を使用でき、その区画で「プライベートな祈りの場」を作ることができる。

これこそがお墓の一番の強みであり、良さでもあるわけです。

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
osoushiki_sankotsu

お墓の価値~自然葬との比較①

「お墓のみとり」を推進しております。
ちょっと話を聞いてみたいという方は、メールにて【お墓のみとりお問合せフォーム】まで

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

 

最近、増えてきているというか、ご遺骨の新しい行き先となりつつある
新しい埋葬方法。
その長所と短所を明確にすれば、
もしかして、お墓の良さも見えてくるのでは?と思って、書いてみますシリーズ。

まず、
自然葬というくくりで紹介されやすい、
「散骨」「樹木葬」「海洋葬」「桜葬」あと、「宇宙葬」のこのカテゴリでいいのではないかな。
今年注目を集めた「バルーン葬」というやつもそうかもしれません。

osoushiki_sankotsu

この供養スタイルのいいところは、
「自然に帰る」ということを明確に確認できること。

自らの手で、自らの意思で、故人の最後に残った遺骨を
大自然に還す、ということで、
仏教的には正しいのかどうかわかりませんが、自然という循環の一部に戻して、
いつかはまた、生まれ変わるものの一部となる、という意識になれます。

実際に、私も「オーシャンブルーセレモニー」さんの海洋散骨に参加させていただいて、
その様子はこちらへ
とてもありな、いい葬送だと感じました。

とてもありな、いい葬送だと思いますが、私はしないと、おもいます。
何故なら、海が苦手だから。。。(^_^;)
つまり、

海に思い入れが強い人には、すごくいい葬送だと思いますが、
あまり海に何かを感じない人には、お勧めしにくいかと。

つまり、「自然に帰る」のその自然が自分では選べないということ。
限られた、定められた自然の場所しか選べない。

現に、どこでも海洋散骨はできません。
許可された一部の海域でしかできないです。

自分が思い入れが強い場所の近くなら、いいのかもしれないですが、
そこから遠い場所なら、そこに眠る意味が薄れてしまうかもしれません。

さらに、
海洋散骨、宇宙葬とかもそうかもしれませんが、
特定のこの場所、ということがあいまいになります。
大体、あのあたりくらいの感じですね。
昔はやった「ファジー」な感じです。
目標物も指定しにくいですし、その近くに行くにも障害(船に乗る)があります。

海洋散骨の場合、海岸から眺めて、だいたいあのあたり、というのが
おおよその感じなのではないでしょうか。

宇宙葬とかバルーン葬とかになるともっとあいまいですよね。

 

 

ohakamairi_woman

一方、
お墓というのは、きっちりと区画が区切られた場合が多く、
お墓というもの自体が祈りの対象です。
限られた「プライベートな祈りの場」というものがあります。

これがお墓の最大の強みではないかと感じております。

〇 お参りしたい時、すぐできる、
〇 時間を問わず、手軽にお参りできる。
〇 親類縁者でなくても、場所さえ知っていれば、お参りできる。
〇 回りの目を気にせず、しっかりとお墓、そしてそこに眠っている人と向き合える。
〇 いつでも行けば、そこにあるという安心感がある。
〇 お墓に行くだけで、厳かな気分になり、生と死を分けるモノを感じることができる

などが、お墓の強み、メリット、ではないかと思います。

海洋散骨は

〇 海(宇宙、大空)という自然に還る意識が高い。
〇 供養する場としては申し分ない「祈りの場」です。
〇 いつでもどこでも遠くから大体の方角でなら、お参りできる

というメリットがありますが、一方、

「パブリック」な場所で(占有できない)
〇 「ファジー」な(おおよその)エリアで(海のあのあたり。。。)
〇 その場所へ直接行く際のお参りの障壁が高い(船でいく、宇宙船で行くなど)
〇 後でやり直しができない(お墓じまいができない)。

が、でメリットだとおもいます。

以上が主なポイントだと思います。

 

次に、「樹木葬」「桜葬」「森林葬」と呼ばれるもの。
今すごく多い気がしますが、これも自然に還る、という趣旨がよくわかります。

これは、実は、その墓地によって内容は千差万別なんです。

イメージとしては上に記した「お墓のメリット」を樹木葬墓地は全てクリアしているように見えます。
でも、実はこれほど、イメージと現実が乖離している供養もない気がします。

一般的なイメージとして、
「木が植わっていて、その根元へ穴を掘って、遺骨を埋葬して、その上に土を戻す。
そして、その樹木とともに大地に還る」と想像されていると思います。
実はそういう「樹木葬」の埋葬の仕方をされる墓地は少ないと思います。
あまり表立ったことはこの文章の趣旨ではないので、書きませんが、
もし樹木葬墓地を検討されている方がいたら、
「埋葬の様子を見学できない」樹木葬墓地は避けた方がいいと思います。
ご遺族でも埋葬の様子は非公開の樹木葬墓地は多いようです。

樹木葬墓地といいながら、構造的に絶対に大地に還れないものも
けっこうたくさんあるようです。

 

さて、それはさておき、樹木葬墓地を代表する「大地に還る」系の墓地、供養方法のメリットは、

「樹木葬」はお墓と同じように、ある場所へ埋蔵されるので、お参り等は
比較的簡単にできるのですが、一つの木に対してたくさんのご遺骨という関係なので
(一対一という場合もありますが)
場所としては、プライベートとはいいがたく、パブリック(公共の場所)ではないかと

 

逆に、お墓は
やはり「プライベートな祈りの場」ですね。

それ以外の供養方法とお墓との違いは後日。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
a1380_001633_m

「お墓じまい」のトップページを見直ししました。

「お墓のみとり」を推進しております。
ちょっと話を聞いてみたいという方は、メールにて【お墓のみとりお問合せフォーム】まで

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

a1380_001633_m

雪が降るとついついこういう風景が羨ましくなります。
でも、冬の厳しさがないと、春の穏やかさもないのでしょうね。
四季っていいですね。

 

 

お墓じまいのページを見直してみました。
スマホで多少、読みずらかったので、中身を見直しました。

既にスマホで見てもらっている人の方が多いので、
スマホで最適化(^_^;)

読みやすい文章、読みやすいレイアウト、大切ですね。

午後から、小学校へ行きます。
で、
夕方から警察署へ。

 

 

「お墓じまい」

http://ohkita-sekizai.com/?p=10433

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
a0001_016424_m

「お墓のみとり®」墓地使用者(施主様)のメリット④

a0001_016424_m

⑦ 後に残された人に、手を合わせる場所を残せる

お墓じまいしてしまったら、手を合わせる場所がなくなってしまいます。
本人だけではなくて、亡くなったその人と親交のあった人々。
その人々の故人への想いが、祈りの対象がなくなってしまうと、
気持ちの持っていき場所がなくなってしまう、ことになります。

どんな人でも、その故人とつながりがあれば、
プライベートで手を合わせたい、
お墓参りをしたい、という人はいると思います。
そういう人にとっても、
「お墓のみとり®」は有効です。

何故なら、一定期間、お墓の存在を留めることによって、
後に残された人々に、手を合わせる場所、
祈りをささげる場所が残せるのです。

このことは意外と見落としがちではあるかも知れませんが、
大きな癒しとなるはずです。

 

 

⑧ 「自分のために作ったお墓」に自分が入れないリスクがなくなる

生前にお墓を用意されている人は多いはずです。
自分が入るべきお墓。

でも、亡くなっても、そのお墓に入れないとしたら。

そんなことあるはずないと思いがちですが、
実はあるんです。
公営霊園にお墓を持っていても、亡くなってから、そのお墓に入れない。
そういうことは実はあるんです。

どうしてそうなるのか。
その理由は「霊苑管理」部署と「戸籍管理」部署とに連携がないから。
墓地使用者が亡くなっても、その方が市営霊苑を持っているかどうかが
分からない。知らない。
なので、誰か橋渡しする人がいない限り、そのお墓は使用者不明の
無縁墓となってしまうのです。

普通ならその家族、子どもなどが手続きを行って、納骨までをするんでしょうが、
「お一人様」だとか、そのあとまで手続きしてくれる人がいなければ、
そうなってしまう、ということ。

「お墓のみとり®」を契約していると、その心配もなくなります。
予め決められた「執行者」が全て手配してくれるから、です。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0032-500x375

「お墓じまい」01の記事に追加しました。

「お墓工事の値段」のページ内にある
「お墓じまい」の値段を表示しているページの内容を更新、
一分追加しました。

 

DSC_0032-500x375
「お墓じまい」01

http://ohkita-sekizai.com/?p=11470

 

これまで、明記してこなかったんですが、
「基礎コンクリート」の費用が最近、新しいお墓の
「お墓じまい」させて頂くことに増えてきたので、
追記として、記載しました。
ご了承ください。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」