お墓のリフォーム

DSC_0023

【お墓のリフォーム】02

02 防草工事 墓地前階段改修 お墓裏石塀設置 化粧砂利仕上げ 墓地清掃

草が毎年毎年生えてきて、墓地の裏の樹木も繁って
毎年毎年掃除が大変だということで、墓地リフォーム工事させていただきました。

まずお墓の石自体を仮撤去して、持ち帰り、墓地前の階段等を
新たに設置して、金具で固定して基礎コンクリートを施工して
墓地自体をかさ上げして、
墓地裏の樹木が浸入してくるのを避けるため、石の塀を設置して、
仕上げに化粧砂利を敷設しました。

お墓自体が見違えるほど美しくなったと思います。

ビフォー(工事着手前)

DSC_0061-2

 

アフター(工事完了後)

DSC_0023

 

〇 工事費用に含まれるもの

・お墓仮撤去、据直費用
・基礎コンクリート施工費用
・延石金具固定費用
・灯ろう仮撤去、据直費用
・墓地正面階段石設置費用
・墓地正面石改修加工費用
・墓地裏石塀設置一式費用
・お墓そうじ費用

 

◇ 墓地リフォーム工事一式  785,000円

※ この工事の様子です。

 

お墓のリフォーム
〇01 防草工事01~化粧砂利仕上げ
〇02 防草工事02~化粧砂利仕上げ  (←この記事です)

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
IMG_20160910_095000-2.

【お墓のリフォーム】01

お墓の防草工事 固まる土施工 化粧砂利仕上げ

ビフォー(工事着手前)

DSC_0030

 

アフター(工事完了後)

IMG_20160910_095000-2.

 

 

〇 代金に含まれるもの 〇
・墓石仮撤去費用
・墓石再施工費用
・墓石再施工前処理手間代
・基礎コンクリート施工工事一式
・防草下地施工(ガンコマサ)
・墓地内残土搬出、処分費用
・お墓本体基礎コンクリートガラ搬出、処分費用
・化粧砂利施工

〇 代金に含まれないもの 〇
・サツキ処分手間代
・ご先祖様お墓前花立、水鉢費用

 

 

◇墓地内防草工事一式  330,000円(税別)

 

 

お墓の防草工事
〇01 防草工事01~化粧砂利仕上げ(←この記事です)
〇02 防草工事02~化粧砂利仕上げ

 

 

DSC_0023

【お墓のリフォーム】02

02 防草工事 墓地前階段改修 お墓裏石塀設置 化粧砂利仕上げ 墓地清掃 草が毎年毎年生えてきて、墓地の裏の樹 ...
DSC00297-2

お墓に文字を彫刻【45,000円~】(税別)

  【お墓の文字彫刻中】 【文字彫刻後】 ◇お墓の文字彫刻◇ 現場(お墓)での彫刻、工場へ持って帰っ ...
DSC_0010-2

「花立」の穴明け+筒入れのセット【15,000円~】(税別)

⇒【ビフォー】加工前~穴が小さくて、ステンレスの筒が入りません ⇒【アフター】(加工後)~穴を大きくして筒が入 ...
       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
dsc_0073

追加彫彫刻の費用と時間

昨日に続いて、快晴でしたね。
こんばんわ。但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。
う~ん、貴重な快晴の日を二日も文字彫刻に費やしてしまいました。

次はいつ晴れるんでしょうか??

dsc_0004

いつものように、正面文字の仕上げは、ひっくり返して彫っております。

dsc_0003

仕上がりの差がずいぶん違うんですよね。
時間がなくて、出来ない時もあるんですよ。
実は。。。
でも今回は、多少の余裕があって、
かなりしっかりと彫刻できました。

さて、後は建てるだけ。
でも、いつ建てれるんでしょうか。。。

追加彫刻について、多少の確認を。

誰かが亡くなったとき、お墓の戒名碑(副碑)に戒名とか俗名、亡くなった日などを
後から彫刻するのを【追加彫刻】と呼んでおります。

追加彫刻の工事をさせて頂く際にご注意いただく点を説明します。

dsc_0073

最初の【法名碑】は題字、表題、
それから一人目はお墓建てた時に彫刻してあった法名です。
今回、二人目の文字の【釈浄華】さんを彫刻させていただいたんです。

もう30年以上昔の彫刻なので、字体が違います。
一人目の文字を拓本を取って、書家の先生に送っているんですが、
全く同じ文字では書けません。
ので、この程度の書体の違いはご了承願っております。

① 文字の配置、バランス、大きさ等はできるだけ、揃えておりますが、
全く同じ文字は彫刻できない場合があります。
その点はご容赦頂いております。

どの程度の差かは、上の写真を参考にしていただいたらと思います。

② 文字彫刻のご依頼をいただいてから、
◇ お墓に実際に行って、お墓の位置の確認、拓本の作成をします。
◇ お墓に彫刻する文字(戒名、法名、俗名、亡くなった日、数え年齢等)を確認。
◇ それを、拓本と一緒に、書家の先生にFAXで送ります。
◇ 先生に原稿を作って頂き、郵送で送って頂きます。(約1週間くらい)
◇ その原稿のコピーを作成し、施主様に確認、間違いないならオッケーの確認。
◇ その後、お墓の現地、あるいは、その副碑を持ち帰って、工場にて彫刻。
◇ 現地彫なら、その日に完成。 持ち帰りなら、石の状態を確認して、乾燥させ、彫刻。
◇ 工場彫刻なら、後日、お墓に持って行って、完成。

とこの程度の工程があります。期間的には、10日前後の日数をお願いしております。
多忙な時期、冬季はさらに日数を必要とする場合もあります。

費用に関しましては、こちらをご覧ください。

→→追加彫彫刻の工事費用

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
dsc_0030

「樹脂砕石仕上げ」は意外と滑りやすい??

こんばんわ。
今日は夕方更新です。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。

今日は、あのお墓改修の仕上げをしました。

dsc_0019

墓地内のコンクリートがずいぶん乾燥してきて、白くなってきたので、
ファイバーレジン(砕石の樹脂固め仕上げ)を施工しました。

dsc_0025

実は、この樹脂で固める施工って、滑りやすいんですよね。
お墓参りして、滑って転んで、ケガした。。。では
せっかくの墓参が台無しになります。
でも、雨上がりとか、けっこう滑りやすいので、
スリップ防止剤を一緒に入れます。

上の写真、施工した砕石と練っている砕石、少し色が違いませんか??

 

dsc_0026

ほら、こうしたら、良く、というかなんとなくでもわかりますよね。
上の施工した砕石は、どっちかというと、「サーモンピンク」。
やや、赤みが強い。

逆に下の練ったばかりの砕石は、色が薄い、「桜色」という感じですかね。

これは、これを入れているから。。。

dsc_0030

これを入れると、少し色が付きます。

 

dsc_0033

dsc_0036

このように。

でも、滑りが悪く。。。滑りにくくなります。

足で踏む場所は、滑りにくいことが基本になりますから。

 

 

 

 

dsc_0042-2

一日、養生すれば、完成です。

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
dsc_0012

一番好きだった家族のための最高級納骨袋です。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の(stoneman-ohkita)です。
11月も中盤になってきて、ずいぶん寒くなって来ました。

昨日(11月14日)の神戸新聞朝刊に掲載されておりました。

dsc_0008

今年度の兵庫県の技能顕功賞受賞者161人。
その中に私の名前が。。。(^O^)

 

dsc_0011

ありがとうございます。
感謝です。

しかも、

但馬石材工業組合の元組合長、天野さんと一緒に。
天野石材店

江戸時代より続く由緒正しい石材店様です。
一緒に受賞できて、嬉しいですね。

今後も引き続き、よろしくお願いします。\(^▽^)/

 

ところで、いつもお世話になっている
京縫の伝統工芸士、安部敦子さんから、納骨袋が届きました。

最高級の絹に京縫いの刺しゅう入り納骨袋。
しかも、ペット用納骨袋です。

dsc_0003

紺と白。

 

dsc_0009

紺はシックで、刺繍もコスモス。
大切な家族であるペットへの哀悼の気持ちを込めた
納骨袋です。

 

dsc_0012

こんな感じ。
(全然だめじゃん。。。(^_^;)

 

dsc00487

もう一つは、白。
そして、刺繍はひまわり。
もっと明るく送ってあげたい、という方の気持ちを代弁した
明るいかわいい納骨袋です。

dsc00488

一番大切だった家族のための「ラストドレス」。

ペットだけでなく、幼くして亡くなった子供さんにも
使っていただける最高級の納骨袋です。

お問い合わせ先はこちらです。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
dsc_0011

【草の生えないお墓】ビフォー→アフター

おはようございます。
足のケガがやっとかさぶたが出来てきて、
湯船に入ってもあまり痛みを感じなくなってきました今日この頃、
皆さんいかがですか?
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。

最近、いろいろ仕事以外のことが忙しくて。。。
ブログ更新が滞っておりました。。。
というか、

ただ単に、書くネタがなかっただけかもですが。。。(^_^;)

 

でも、その間、仕事はしっかりとしておりました。

「草の生えないお墓」

「草の生えないお墓」

「草の生えないお墓」

「草の生えないお墓」

。。。そればっかりだな。。。

ありがとうございます。
楽しいです。草の生えないお墓つくり。
というわけで、
今回もその工事。

このお墓。
それほど草が生えてない気がしますが。。。
とにかく、ご用命にはお答えいたしますよ。

dsc_0027

しかも、その方法もご指定。
この方法でお願いします、って。

ということで取り掛かります。

dsc_0031

一番、リーズナブルで、すぐにできる方法。
「ガンコマサスーパー」施工です。

墓地内の化粧砂利、土、石等を取り出して、処分。
意外とこの手間がばかになりません。

 

dsc_0008

ガンコマサスーパーを施工しました。
夕方から雨が降りそうなので、
午前中に仕上げました。
お墓等は一切、触っておりません。

dsc_0011

出来上がりはホントに美しいですね。

草が生えない工事はいくつか方法がありますが、
この方法が一番早く、リーズナブルです。
でも、当然、欠点もあります。

【良いところ】

・価格が比較的安い
・工事期間が短い
・土色なので、どんなお墓にも合いやすい
・一番、落ち葉などの掃除が楽

【悪いところ】

・施工後、コケが生えることがある(水はけの悪いお墓)
・色がまだらになることもある
・凍害で剥離することがある
・経年劣化で水はけがだんだん悪くなる

悪いところは、時間とともに出てくる症状ばかりです。
また墓地によって全く症状が出ないこともあります。

そのあたりをよく確認して下さいね。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
dsc_0117

「3年でリフォームしなくてはいけないお墓」をリフォーム②

dsc_0013

3年でリフォームしなくてならないお墓、をリフォーム中です。
お墓の改修は、家でも一緒ですが、
下が大切。
下がしっかりしてないと、いくらいいものを建てても
すぐに瓦解してしまいます。
砂上の楼閣、ってやつですね。
なので、
どこから手を付けるか、を見分けるのが大切。

dsc_0098

今回は、運よく、このブロック(下の白い部分)はしっかりしていたので、
ここから上のリフォームとなります。

dsc_0106

そのブロックの上の延石を取り外します。
石を触ると、グラグラ動くレベル。
もはや、固定すらしてありません。
その奥のお墓の外柵の石、下は当然のようにスカスカですね。。。(^_^;)
よく今まで、建ってたなってレベルですね。

 

dsc_0108

その境界の延石を外しました。
しっかりと両端のみ、パサが敷いてあります。
その奥、隅だけモルタル。真ん中あたりは
薄いモルタルを土の上に敷いてあるだけ。
草が生えないように、のためかもしれませんが、これがなければ、
もっと酷いことになってたかも。。。

これら、全て取っ払って、

dsc_0114

まず、一番前の延石を据付。
クサビで借り据付して、接着剤と金具で固定。

 

 

dsc_0117

金具で固定して、
石の下には、モルタルでスキマを埋めていき、しっかりと固定して、

 

 

 

dsc_0120

お墓の延石部分の基礎コンクリートをします。
それにしても、お墓のすぐ前の写真の見えている部分。
歩くだけで、ブカブカとしているんですよね。
これは、やばすぎる。。。(^_^;)

dsc_0010

外柵周りの基礎コンクリートは施工しました。。。
数日経過して、コンクリートがある程度硬化したら、
延石の据付に。。。

 

 

dsc_0015

奥の延石の裏も生コンが多少余ったので、施工。
これで、この石は動かないでしょう。
ただ、一つ、
問題が。。。。(^_^;)
どうしよう。。。

 

 

さて、こういう業者さんに出会うと
お墓が建った、と喜んでも居られません。
すぐにリフォームしないといけないのですから。。。

また、お墓じまいにもけっこう落とし穴、あるんですよね。
今から、お墓じまいしなくては。。。という人はぜひご参加ください。
まだまだ受付中。。。\(^▽^)/


 

まちゼミ第2弾 「こんなお墓じまいはダメだ」

dsc_0010

11月12日(土曜日)と11月13日(日曜日)

のそれぞれ午前の10時から11時30分くらいまで、
「お墓じまい」の間違えやすい事例、注意することなど。

日 時 : 11月12日(土)、13日(日)
それぞれ午前10時~11時30分まで
場 所 : 豊岡市野上340 野上会館(おおきた石材店の向いです)
材料費 : なし
持ち物 : なし

 

会場へのアクセスはこちら。

 

お墓じまいを考えている人に
注意すべき点、間違えやすい点をお教えします。

お問い合わせは

〇 電話 0796-22-3594
〇 メール info@ohkita-sekizai.com

にて、お願いします。
(電話は、携帯に転送されますので、電話に出られない時間もあります。
その場合、時間をおいて、もう一度お電話いただけるよう、よろしくお願いします。)

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
img_20161017_072244

お墓の前周りをリフォーム

おはようございます。

但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店、カズ(stoneman-ohkita)です。

dsc_0015

冬が来た、ようです。
寒いです。
雪はまだまだですが、雨ふりの朝です。

最近、何かと、お墓リフォームの記事が続きますが、
リフォーム多いんですよね。
お墓はやっぱり10年20年すると、だんだん汚れ、
いたみ、などが出てきて、
ある程度の期間ののち、リフォームすることによって
すごく美しくなります。
そうすると、
お墓参りにも行こうかな、って気分になるし、
お墓はきれいに越したことはないですよね。

というわけで、
お墓の中で一番汚れやすい、お墓の前周りのリフォームです。
今回のお客様は、ご家族のおひとりがお亡くなりになり、
追加彫刻をご依頼いただきました。

その際、こんなリフォームもありますよと
ご提案。
じゃあ、お願いしますと、2つ返事。

施工前のお墓の写真です。

img_20161017_072244

花立の石に直接、水が溜まっております。
これは、今ではステンレスの筒を入れて、その中に水を入れる、というのが
一般的。
寒冷地だと、中の水が凍って、花立の石が割れることもあります。
また、石に直接水が入っていると、お掃除の度に、石をひっくり返して、
花立の石の掃除からしないといけませんでした。

今では、ステンレスの筒がはいっているので、掃除もすごく簡単。

そして、真ん中の水鉢という石。真ん中に楕円形にくりぬいてありますよね。
これは、水を受ける部分。
水鉢というくらいだから、水を受ける部分がくりぬいてあるんですが、
この部分が汚れて、掃除が大変。

そこで、今は、ステンレスの取り外しできるコップの様なものがあります。
汚れても、外して、水洗いできます。

さらに、線香立。上の写真では、丸い石の中に灰とかビーズとかが入っていて、
それに線香を建てていたんですが、今は下のようにステンレスの線香立があります。
取り外しできるので、掃除も簡単。

それらすべてをリフォームして、下の写真のようになりました。

 

 

dsc_0018

これで、

石自体は一切動かすことなく、
ステンレスのものを外して、掃除するだけ。

とてもお手軽です。
いままで使ってなかった人は、
「え、ホント便利!!」と思うこと、請け合い。

お墓も日々、進化しておるんですね。
どんどん、お墓も変わっていきますよ。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
dsc_0074

3年でリフォームしなくてはいけないお墓をリフォーム。

ケガしても、仕事を休むわけには行きません。
今年もあと2か月を切っておりますので。。。

但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店、カズ(stoneman-ohkita)です。

先日下見した、このお墓。

dsc_0013

「3年でリフォームしなくてはいけないお墓」
の工事、始めました。

でも、予想外に
酷い状況。。。

 

dsc_0070

予想通り、基礎コンはなかったんですが、
採石をひいただけ。。。
その上に左右2カ所、パサをひいて、そのまま施工です。
しかも、金具もなし。
これでは動くよね。。。。(^_^;)
さらに、下地はもともと畑なので、
バールを垂直に押し込むとどこまでも入っていきます。
これで、基礎がないなら、動かないのが不思議なくらい。。。(^_^;)

dsc_0074

延石を動かした状態。
グレーの部分がパサ。
その手前と奥には、採石が見えております。
つまり何もしてないということですね。
灯ろうの下地、コンクリートが入っているかのように見えますが、
境界の石の隅のみ、モルタルが入っております。
その奥は、何もない、土。

dsc_0093

このように、合場には、申し訳程度に
弾性接着剤がついておりますが、
この程度の量、厚みでは、全く効果がありません。
しっかりと3ミリ程度、厚みを付けないと
接着効果が発揮できないのです。
量も少ないですね。

塊のように丸い団子状に塗った方が効果が高いということです。

dsc_0098

運よく(?)基礎に使ってあるブロックはかなりしっかりしていたので、
この上から、施工し直しです。
(このブロックまでも適当な施工なら、大幅な見積変更の可能性もあったんで、
一安心。。。)

 

dsc_0113

 

副碑もこの通り。。。(^_^;)

下はスカスカです。。。

さて、急いで補修していきます。

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
dsc_0057

カマシモノ、の話。

こんにちは。

但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。
今日は、仕事の合間、合間に加工していた副碑が出来たので、
施工に行きます。

ぱっちり、出来上がりました。
しかし、あまり光沢が出すぎると、
他の面との比較で、
いかにもこの面だけ磨き直しました、という雰囲気になりますので、
光沢の出し具合を調整しながら、磨きます。って
言いながら、
そんな器用なことはそうそう上手くできませんね。。。。

何とか磨き上げて、
文字も彫り直しましたので、
設置に行ってきました。

 

お墓の文字の彫り直し

という記事の続きです。
その副碑が完成しました。

dsc_0063

一見、普通に見えます。
ですが、薄いです。
運ぶには楽になりましたが。。。(^_^;)

dsc_0056

薄くなった分、後ろにカマシモノを作って、入れました。

 

dsc_0057

向かって右。
後ろにカマシモノをしております。
こうすると、足の後ろ側が広くなります。
(足の中心に乗っていたものが、カマシモノだけ後ろが
広くなるので)

ホントは、この半分のカマシモノを作って、前と後ろ両方にかました方が
いいんですけど、石は薄くすると割れるので、
やや前のめりはご勘弁していただきます。

 

dsc_0058

向かって左も。
このように、見た目はほぼわからないように、加工したように見えますが、
よく見ると、このように、処置した後が残ります。

やはりまとめとして、

戒名碑(副碑)に戒名、法名他を彫刻するときも、
決して間違わないように、慎重に原稿確認等をしましょう。

となります。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
dsc_0013

建てて3年でリフォームって。。。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。

新しいお墓工事のご依頼ですが、
すでに建っているお墓。
でも。。。

dsc_0009

豪快に開いてますね。
石のすき間...(^_^;)

建墓後、3年です。
このお墓は、おそらく他県の石材店の施工です。
地元の石屋さんではないですね。
この文字彫刻の底の浅さ、
天理教の信者さんなのに、京都型のお墓、
おそらく文字は活字ですが、普通のフォントをそのまま原稿にしたような
感じの文字。。。
どこかで見おぼえあるな。。。

とにかく、このお墓の応急処置をします。

dsc_0013

灯ろうもこのように左右でズレております。
傾きが。。。(^_^;)
基本、どちらも後ろに傾いているんですけどね。。。

dsc_0043

灯ろうをちょっと押してみました。
予想通り、パサをひいて、その上に載せてあるだけでした。

パサとは?

モルタルとは基本、セメント、砂、水を規定量混ぜて、練ったもの。
ペースト状になるまで練ることで、固まった後、しっかり固定でき、強度も出るが、
施工はやや熟練がいる。
そのモルタルの水の量を少なめに練ることで、パサパサのモルタルができる。
これを「パサ」と俗に言います。
施工が簡単になりますが、硬化後の強度が不足となりやすい。

 

ただ乗っているだけで、固定してありません。
パサは色々な場面で使うんですが、固定できないので、
この場合基本、普通のモルタルで施工すべきですね。
しかも、このような重心の高いものは、
モルタル専用の接着剤を併用すべきだと思います。

なのでこの灯ろう、ちょっと触っただけで動くし、倒れる可能性も高いですね。

しっかりした改修が必要です。
お墓本体は、今回は動かさない予定ですが、
傾いている気がするな。。。(^_^;)

 

こういう施工不良のお墓を建てないためにも
お墓の最低限の知識は身につけておいた方がいいかもしれませんね。

主に法的な部分のお墓のルールをご説明します。
まちゼミ第2弾~

「こんなお墓じまいはダメだ」

dsc_0010

11月12日(土曜日)と11月13日(日曜日)

のそれぞれ午前の10時から11時30分くらいまで、
「お墓じまい」の間違えやすい事例、注意することなど。

日 時 : 11月12日(土)、13日(日)
それぞれ午前10時~11時30分まで
場 所 : 豊岡市野上340 野上会館(おおきた石材店の向いです)
材料費 : なし
持ち物 : なし

 

会場へのアクセスはこちら。

 

お墓じまいを考えている人に
注意すべき点、間違えやすい点をお教えします。

お問い合わせは

〇 電話 0796-22-3594
〇 メール info@ohkita-sekizai.com

にて、お願いします。
(電話は、携帯に転送されますので、電話に出られない時間もあります。
その場合、時間をおいて、もう一度お電話いただけるよう、よろしくお願いします。)

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
dsc_0005

副碑の文字を直したいとき。

おはようございます。

但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。

dsc_0026

朝焼けの日は、天気は下り坂、と、ばあちゃんに教わったので、
今日は、午後から天候が下り坂のはずです。
(^_^;)

ところで、
副碑の文字が間違っていた、
あるいは、
戒名が変わったので、彫り直したい、という場合。

いくつか方法があるんですが、

① 穴埋めして、新たにその上から彫り直す
② 副碑そのものの厚みを文字が消える程度、削り直して、新たに彫り直す
③ 文字が彫ってある分をカットして、作り直す。(横幅を狭くする)
④ 新しく作り直す

大体、この4つの方法があると思います。
その中で、お客様に選んでもらうんですが、
たいがい、
【おすすめは何ですか?】と聞かれます。

ずばり、
④ですね。
費用は掛かりますが、一番ベストだと思います。

ただ、国産の石だとか、
サイズが大きいだとか、
すると、けっこうな金額になりますので、
①~③の中から、ということになります。
まあ、
③は1人しか彫刻してない、というような場合しか、
できないので、2人以上既に彫刻してある場合、
①か②ということになります。

①は費用は一番安いのですが、
詰め物をして、その上から彫刻しなおす、ということなので、
施工後、劣化で剥離、離脱する可能性がゼロではないですね。
また、だんだんそのものが目立つ可能性もあります。

②は薄くして、新たに彫り直すので、
彫刻代+加工賃が加わってくるので、費用は高いです。
でも、完全な形で作り直せます。
欠点は、薄くなるので、台の石のはめ込みとサイズが合わなくなり、
クサビ、あるいは、何らかの細工をしなくてはなりません。
安定感が多少劣る可能性は否めません。

今回は、②で再加工させていただきました。

 

img_20161003_175751

一人だけ、彫刻してあったので、③でも可能だったんですが、
サイズが小さくなるのは、ちょっと、ということで
②を選ばれました。

ちなみに、こちらは、瀬戸内海、丸亀で採掘される「青木石」なので、
④は費用が多少高額になりますが、
中国産のみかげ石なら、場合によっては、④と②はほとんど値段が変わらない、
ということもありますので、ご留意を。

dsc_0005

持ち帰って、磨き直し。

 

 

dsc_0009

お客様に文字の原稿を確認していただいて、オッケーなら、

あとは、文字彫刻するだけです。

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
img_20161017_072248

お墓も実は日々、進化しております。

こんばんわ。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。
今年は、ヒマだな~っていう時期がほとんどなかったですね。
非常に忙しい状態が続いていて、
有難いな、という反面、
忙しすぎて、基本的なこと、が疎かになってはしまいか、と反省。

まだ今年は3か月ありますが、
色々ありそうですし、
いろいろやらなくてはならないことが山積み。
そして、いろいろやりたいことも
沢山あって。。。

のこり3か月弱、バリバリ頑張ります。

お仕事の質にも波がありそうで、
春の頃には、追加彫工事の依頼がすさまじい数来たんですが、
(総数は大したことないですが、「おおきた石材店としては。。。」という意味でね)
初夏の頃から、追加彫工事がピタッと止まって、
この涼しくなってきた秋になって、また増えてきました。

あと、年中、防草工事とか
メンテナンス工事がありますね。
沢山のお仕事頂いて、ホントに有難いです。
感謝です。

ところで、
10年以上経過したお墓は、
色々不具合が出てきやすいです。

また、
20年以上経過したお墓は、
花立のステンレスの筒がなかったり、
線香立の砂がなくなっていて、線香が建てられなくなっていたり、
いろいろメンテナンスが必要になることが多い気がします。

img_20161017_072248
こんな感じですね。

昔から見たら、
便利になってきて、
お掃除も簡単になってきてますよね。

img_20160827_160355-2

今のお墓は、このように、ステンレスの花立の筒、
水のみ(水をお供えするコップの様なもの)
線香を建てるもの。
これは3つでワンセットのように、今のお墓には付随してます。
これに、灯ろうのロウソク立があれば、
お墓のステンレスの金具セット、となりますね。

昔のお墓は、石を倒さなくては、水が抜けなかったり、
線香立がお墓の石に接着されていて、きれいに掃除が
しにくかったり、
水をお供えする部分は、石を丸く抉ってあって、
水はすぐたまるんですが、すぐに腐って、汚くなったりとか
色々不具合があったんですが、
今はすごく便利になりました。

お墓参りする人の気持ちに寄り添った、構造の改良が
どんどん進んでおります。
そして、お墓の構造はほぼ完成形になりつつあるので、
次は、
草取りが楽に、
草取りをしなくていいお墓に、
お墓そうじが楽なお墓に、
という流れになってきております。

それがいいのかどうかは、私にはわかりませんが、
確かな流れではあります。

でも、お墓そうじは、
ご自分の手で、
家族とともにやる方がいいのではないですかね。

何かのきっかけにはなる気がします。

自分でできるお墓そうじのノウハウをお教えします。

まだまだ募集中です。

 

 

 

◆ 「プロが教える『お墓そうじ』の基本」 ◆

160923%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e6%a0%a1%e6%ad%a3%e8%a3%8f3

10月22日(土曜日)と10月23日(日曜日)
のそれぞれ午後の1時30分から3時くらいまで、
誰でも手軽に手に入るものだけで、見違えるほど美しくなる
お墓そうじの基本をお教えいたします。

日 時 : 10月22日(土)、23日(日)
それぞれ午後1時30分~3時まで
場 所 : 豊岡市野上340 野上会館(おおきた石材店の向いです)
材料費 : 500円(お墓そうじセット)
持ち物 : 汚れてもいい服装でおいでください。

 

会場へのアクセスはこちら。

 

普通の人のお墓そうじと
プロのお墓そうじの違いをお教えいたします。

お問い合わせは

〇 電話 0796-22-3594
〇 メール info@ohkita-sekizai.com

にて、お願いします。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
img_20161017_075243

灯ろうの枠の不具合、ありませんか?

おはようございます。
という時間ではないですが。。。(^_^;)
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。
今日は、早朝、雨が降っていて、
夜明けとともに、雨が上がりました。

 

img_20161017_061204

夜明け前の、雨上がりの豊岡市です。

ところで、
「豊岡型灯ろう」ってご存知ですか?

下の写真のような灯ろうです。

img_20161017_075238

一時期、豊岡市街地の寺院墓地で、大流行して
非常にたくさんあります。
私も自作したことあります。
父の頃は、完全自社制作の灯ろうでした。

それがだんだん外注製作となり、
今は、この豊岡型自体が、あまり使われなくなってきています。
この豊岡型灯ろうですが、
手前に扉となっていて、
これも以前は自社製作か、
板金屋さん、あるいはそれが得意な人に作ってもらっていました。
それが、まだ大量に存在し、
そのメンテナンスのご依頼がけっこうあります。

img_20161017_075243

このように、扉の蝶番が外れてしまっています。
このようなものは、通常、新しいものに変更しますが、
そのもの自体が生産中止の業者さんもあったりして、
なかなかいいものがありません。

鋳物ですが、制作されているメーカーさんがあるんですが、
今回、この豊岡型灯ろうはサイズが合いません。

横幅が狭いのです。
石の側面にカッターの刃を当てて、広げようかと思いましたが、
それだと、裏面も広げないといけません。
左右一対なので、2カ所×4=8カ所、加工しないといけません。
しかも、すでに建っている灯ろうです。

思案の末、今回は現状のものを修正加工して、
そのまま使うことにしました。
外れた蝶番の部分は接着剤で。。。(^_^;)

これでは、いつまた問題が出るのか分からないので、
この部分の工事は無料でさせて頂きます。
別の加工工事もありますので。。。

かなり年季の入った作り物なので、いつ不具合が出るか??
次は、本格的に灯ろうの石を加工しないといけないかもですね。

このように、灯ろうの枠の修理、交換等も受け給っております。
お墓の不具合、何でもご相談ください。

 

 

お墓のメンテナンスの基本は、お墓そうじです。
そして、お墓そうじは意外と道具を選べば、
思ったよりきれいになりますよ。

お墓そうじの基本は、

① 道具を吟味して、使いやすいものを選ぶ。
② 途中であきらめないで、粘り強く汚れを落とす。

この2点を守れば、意外と汚れ落ちますよ。

その基本の方法をお教えいたします。
まだまだ、絶賛募集中。

◆ 「プロが教える『お墓そうじ』の基本」 ◆

160923%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e6%a0%a1%e6%ad%a3%e8%a3%8f3

10月22日(土曜日)と10月23日(日曜日)
のそれぞれ午後の1時30分から3時くらいまで、
誰でも手軽に手に入るものだけで、見違えるほど美しくなる
お墓そうじの基本をお教えいたします。

日 時 : 10月22日(土)、23日(日)
それぞれ午後1時30分~3時まで
場 所 : 豊岡市野上340 野上会館(おおきた石材店の向いです)
材料費 : 500円(お墓そうじセット)
持ち物 : 汚れてもいい服装でおいでください。

 

会場へのアクセスはこちら。

 

普通の人のお墓そうじと
プロのお墓そうじの違いをお教えいたします。

お問い合わせは

〇 電話 0796-22-3594
〇 メール info@ohkita-sekizai.com

にて、お願いします。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
img_20161015_075900

プロの仕事ですね。

こんにちは。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。
今日は、10月15日土曜日。
岡崎ストーンフェアが今日、明日と開催されておりますが、
私は仕事です。(T_T)

そして、
今日は、豊岡は全国的に秋祭り。
そして、城崎は本宮。
但馬地方は秋と祭りが本番です。

そして、今夜は、うちの地区でも
恒例のだんじりが出ます。
でも、腰の調子が...(^_^;)
大丈夫だろうか。。。
先日、施工したコンクリートの型枠外し、しました。

img_20161015_075853

 

img_20161015_075900

 

img_20161015_080000

プロの仕事、ですね。
素晴らしいです。

で、来週残りの部分のコンクリートを施工する予定ですが、
その準備のため、細かい修正をしております。

それにしても、
今夜を乗り切れるだろうか。。。
腰痛持ちなので、不安です。

 

ところで明日の朝刊にまちゼミのチラシ、入るそうです。
今回はちょっと豪華な日高まちバルとのコラボ広告です。


 

◆ 「プロが教える『お墓そうじ』の基本」 ◆

160923%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e6%a0%a1%e6%ad%a3%e8%a3%8f3

10月22日(土曜日)と10月23日(日曜日)
のそれぞれ午後の1時30分から3時くらいまで、
誰でも手軽に手に入るものだけで、見違えるほど美しくなる
お墓そうじの基本をお教えいたします。

日 時 : 10月22日(土)、23日(日)
それぞれ午後1時30分~3時まで
場 所 : 豊岡市野上340 野上会館(おおきた石材店の向いです)
材料費 : 500円(お墓そうじセット)
持ち物 : 汚れてもいい服装でおいでください。

 

会場へのアクセスはこちら。

 

普通の人のお墓そうじと
プロのお墓そうじの違いをお教えいたします。

お問い合わせは

〇 電話 0796-22-3594
〇 メール info@ohkita-sekizai.com

にて、お願いします。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
img_20160930_141913

豊岡の石、「竹野石」

こんにちは。
今日二回目の更新の
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。

今、今までにないくらい大規模なお墓のリフォーム工事を行っております。

img_20160930_082713

この草むらのお墓を
防草仕様のメンテナンスしやすいお墓に。
施主様が、草取りが本当に大変で、草取りを毎年、依頼されていたんですが、
子どもの代になるまでに、この大変さを何とかしたいとのことで、
草が生えにくい(全く生えないのは、難しいのです。)お墓へ
リフォームしております。

img_20160930_141908

まず、土と一緒に、表面の土を削り取って、処分。
コンクリートを施工するので、
その分をすき取ります。

 

img_20160930_141913

このように、薄くすき取っていきます。

img_20161001_140753

端に残った草はスコップですきとって行きます。
なかなか大変な作業です。

ダイエットにはもってこい、かもですね。

img_20161001_121432

墓地前の敷地がとても広いので、
すきとる土と草の量も半端ない(^_^;)

img_20161001_141333

このように、3トンダンプに積み込んで、処分場まで運ぶんですが、
軽く3tダンプ2台分の残土が出ました。
すきとるのも、運ぶのも大変です。

 

その後、長い年月の間、隙間が出来たり、ズレたりした境界の石を
元の位置に微調整して、金具で固定します。

img_20161003_152403

昔の石なので、あまりしっかりと基礎工事をしてなく、
簡単に動いてしまいます。
今回は、コンクリートとこの固定金具で石を固定し、
できるだけ動かないようにします。

動くと、その間に隙間ができて、
そこから、草が生えてくるんです。
そうなると、
「これだけ費用かけて防草工事したのに、もう草が生えてきた!!」
となってしまいます。
ので、石が動かないように、しっかりと固定しなくてはなりません。

うまい具合に、この石は、日本海の竹野地区で採掘された
「竹野石」という石なので、軽くて固定しやすいのです。
東石材店さんの石ですね。)
但馬北部の地域では、
土蔵の基礎石、
家屋の基礎石、
お墓、
お墓の台石、
犬走の石などに利用されていて、
非常によく見る石です。
軽くて加工しやすいのです。
色は青系、肌色系、など2色くらいがあります。
青い方が、
「青井浜」と言って、今、ドックビーチになっている海岸で
東石材店さんが採掘されていた石です。

今は採掘されていないので、
幻の石、となっております。
(その割には、非常によく見かけますけどね。)

 

 


 

 

 

◆ 「プロが教える『お墓そうじ』の基本」 ◆

160923%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7%e6%a0%a1%e6%ad%a3%e8%a3%8f3

10月22日(土曜日)と10月23日(日曜日)
のそれぞれ午後の1時30分から3時くらいまで、
誰でも手軽に手に入るものだけで、見違えるほど美しくなる
お墓そうじの基本をお教えいたします。

日 時 : 10月22日(土)、23日(日)
それぞれ午後1時30分~3時まで
場 所 : 豊岡市野上340 野上会館(おおきた石材店の向いです)
材料費 : 500円(お墓そうじセット)
持ち物 : 汚れてもいい服装でおいでください。

 

会場へのアクセスはこちら。

 

普通の人のお墓そうじと
プロのお墓そうじの違いをお教えいたします。

お問い合わせは

〇 電話 0796-22-3594
〇 メール info@ohkita-sekizai.com

にて、お願いします。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    

山の上でも生コンに近い基礎コンクリートが施工できます

但馬、豊岡のお墓のプロ、大北です。
小雨が降り始めていて、非常に微妙な感じですが

朝いちばんに基礎コンクリートを打つ予定だったので、
雨の本降りとのスピード勝負。

今日は助っ人を頼んでおります。
城崎の松本石材店さんです。
いつもお世話になってます。

山の上なので、生コンは諦めました。
配合は同じで、水を半分だけで練ってもらった
「半ねり」、あるいは「カラねり」とも言いますが、
それをもらってきました。

それを袋に入れて、お墓のある場所まで上げます。

DSC_0003

この高さまで、階段でつづら折りに上がって来なくてはならないので、
大変です。

DSC_0005

袋入りのカラねりコンクリートを上まで上げてもらっている間、

DSC_0001

ミキサーで、水を加えて、
生コンにしていきます。

こうすれば、JIS規格とはいかなくても、それに近い配合の生コンが
出来上がります。
骨材をそのまま上げるよりはるかに簡単\(^▽^)/

DSC_0007

それを練りカンに移して、

DSC_0012

そのまま、施工します。

DSC_0016

何とか本降りになる前に、施工完了。
さほどの量ではないので。。。(^_^;)

人出があると、やっぱり早いですね。
1時間30分くらいで、完成しました。

雨養生しておいて、
しばらく放置しておきます。
そういや、前の基礎コンクリートを施工した現場も
放置でしたね。。。(^_^;)

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
DSC_0006

お骨を掘り出します。

お墓のリフォームのため、お骨を掘り出します。

この場合、

①骨壺に入れたまま、土中に埋まっている

②壺から出して、そのまま土中に埋めてある

③土葬として、土中に埋まっている

3つのパターンがあります。

今回、それほど古いご遺骨ではないため、③はない、とのこと。
「たしか、壺ごと埋まっていると思います」とのこと。

③の場合、結構ビビります。。。(^_^;)

 

さて、お墓の後ろを掘ってみます。

多くの場合、墓石の後ろに掘って埋めてあることが多いです。
逆に、木の墓標の場合、その本体の直前に埋めて、その上に板石などを
被せてあることが多いですね。
(これは地域性があるのか、どうかはわかりません。。。)

そして、深さもバラバラ。
土葬のように1メートルくらい深い場所に埋まっているときもあれば、
骨壺がちょうど入るくらいの穴に埋めて、その上にちょっとだけ土を被せてある、
場合もあります。

最初は、ご遺族の方から話を聞いて場所を特定するんですが、
その場所を掘って出てこなかったら、
その穴をありそうな方向に広げる、あるいは、深く掘るイメージで
大きくしていくんですが、
出てこない時は本当に出てこないんですね。

今回は、お墓のほぼ後ろ、
深さも手ごろ、位置もバッチリで掘れました。

DSC_0006

出てきたよ!!(良かった。。。(^_^;))

 

 

 

DSC_0008

ご遺骨を取り出しました。さほど土も入ってなく、
思ったよりきれいに出てきました。
(中身が、ね)

この墓地は結局2柱のご遺骨が出てきました。
これさえ取り出せば、あとはお墓の整理していきます。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
DSC_0059

お墓のリフォームは「防草」が一番のポイント

おはようございます。
曇り空の豊岡市です。

雨は上がったようですね。
良かったです。

さて、昨日、以前からのご相談中のお墓のリフォームが決まりました。
このお墓。

DSC_0059

非常に広い。。。(^_^;)
そして、非常に草が生えております。
この草を何とかするのが今回、最大のテーマ。

DSC_0060

ブロック塀もあんまりしっかりしておりませんので、
これの改修もします。

最近、お墓のリフォームを頼まれる機会が時々ありますが、
一番ポイントは、

「防草」つまり、たくさん生えてくる草を何とかして、
というご要望。

そう言うリフォーム案件、いくつかあります。
お墓と草問題。
お寺によっては、「草取りも供養です」という声を聞けるときもありますが、
限度があります。

そのあたり、今の一番の強い要望のようです。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    

値上げ、させて頂きます。よろしくお願いします。

現在、価格の見直しを実施しております。

但馬、豊岡のお墓のプロ、大北です。
豊岡市内の各御寺院のお墓も建てます。
良ければ、ご相談下さい。

価格を上げるのは、非常に心苦しいのですが、
この価格では、はっきり言って、事業を継続し続けることが
難しいこともわかってきました。

いろいろな方にご相談した結果、
一部の価格の値上げをさせて頂くことにしました。

 

まず、「お墓の戒名(法名)追加彫刻」の価格を改正
させていただくことにしました。

現在、

戒名(法名)彫刻基本料金 1名様  40,000円(税別) 
させて頂いている工事を 45,000円(税別) とさせていただきます。

そして、

追加で彫刻する場合、
(一度の工事で2名様以上彫刻する場合、2名様以降の追加料金)を、
今まで、 10,000円(税別) にて彫刻していたものを
今後、15,000円(税別) にて彫刻させていただくこととしました。

なお、

この価格は、新規のお客様のみです。
おおきた石材店でお墓を建てさせていただいたお墓については
今まで通り 35,000円(税別) にて工事させていただきます。
追加料金に致しましては、新規のお客様と同様に
追加おひとりについて、 15,000円(税別) とさせていただきます。

※ 追記
2016年(平成28年)10月1日より、おおきた石材店の顧客様
(おおきた石材店にて墓石を建立された方)も値上げを実施させていただきます。
従来 35,000円(税別)から40,000円(税別)に価格改定させていただきます。
諸事情により、このように改定させていただきます。

よろしくお願いします。
なお、二人目の追加料金に関しては、お一人様につき、15,000円(税別)、従来通りと
させて頂きます。
(2016年10月1日、記)

 

なお、この価格改定は平成28年4月1日より実施とさせていただきます。

お墓に文字を彫刻「45000円」(税別)

振り袖姿の女性

もちろん、値段だけ上げて、中身は同じじゃあ、ダメなサービスになってしまいます。
ので、
工事内容も変えます。

○ 「納骨口周りの清掃作業」 を標準施工させていただきます。

 

なので、「文字彫刻作業」+「納骨口周りの清掃作業」で45,000円(税別)
だと考えていただければいいと思います。

 

 

追伸

実は最終的には、50,000円(税別)、追加料金15,000円(税別)で行きたいのですが、
いきなりこれだけの値上げはさすがに。。。と思ったので、
当分、この価格で行きたいと思っております。
内容的には、私自身の文字カット、彫刻、施工をやっておりますし、
外注は文字の揮毫のみ。
しかもその文字も手書きをお願いしています。
ので、どうしても価格が高くなってしまいます。
でも、お墓に文字を刻むという行為は、
安ければいい、
彫れればいい、
というものではないと思うのです。

お墓に文字を刻むというのは、ある意味、
お墓にその方の生きていた証を刻むと同義だと考えます。
なので、この部分はこだわっていきたいし、
どうしても価格が高くなってしまいますが、
その点はご理解いただければ、有難いと思っております。
よろしくお願いします。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    

あなたでもできます。灯ろうのてっぺんの石の止め方。

昨日、鳥取県のあるところまで行ってきました。
約80キロ、1時間半の道のりです。
どうやら今日か、明日も行ってこなくてはいけないようです。。。
何か楽しみを見つけなければ。。。

今週は移動ばかりの一週間となりそうです。

但馬、豊岡のお墓のプロ、大北です。

日本海側の私の住む地域は「山陰地方」と言います。
山陰地方は、海、山ともに豊かです。

特に日本海の見えるあたりはなかなかの絶景です。
ぜひ、カニとともに日本海を見に来てくださいね。

って、

あまり関係ないですが、

あるお客様からのご連絡。

 

「お墓の灯ろうの頭の丸いやつが取れちゃったんですが。。。」

はい、わかりました。

良く取れてしまうんですよね。

DSC_0050
後ろ側。
セメントで止めてありました。
セメント(正確にはセメントと水を練ったもの)、ノロとも呼びますね。
これで丸灯ろうを固定してある場合、
よっぽど運が良くない限り、
取れてしまいます。
(^_^;)

つまり、取れてしまうのが、普通なんです。

 

face_ojiisan_angry

(ど、どういうことだ!!!と怒られそうですが。。。)

セメントのみで固定してはいけません。
じゃあ何でやるか??

やってみますね。

素人の方でもできます。
全部、ホームセンターで売ってますから。

(ほかにもいくつか接着の仕方がありますが、
誰でもできることがポイントなので、
この方法をご紹介します)

まず、今、へばりついているセメントの残りをきれいに掃除します。

DSC_0054

笠の側も残っていることがありますから、
きれいに掃除してください。
先のとがったもの、硬いもので叩くようにすれば
はがれます。
ただ、必要ない場所まで叩かないように。

(この作業をしないで出来たと思っても、とすぐに取れてしまいます。)

掃除出来たら、接着するものを用意。

セメント、セメント用接着剤(モルタル接着剤)、セメントを練るコテ(なければ割りばしでも可)
これを練るための容器(茶碗とか、何でもいいですよ。)

セメントを適量とセメント接着剤を混ぜます。

DSC_0055

写真は練っている途中。
まだ白い接着剤が見えますし、セメントも粉っぽいですね。
もう少ししっかり練ってください。
粘りのあるセメントになったら、石に塗って、取れた擬宝珠(といいます)
を乗せます。

こんな感じ。

DSC_0059
このように、多少はみ出してくるくらいに付けます。

その後、はみ出したセメントをふき取ります。

DSC_0063

はい、出来上がりです。
これで、固まれば、おそらくそう簡単には取れないと思います。

でも、絶対取れないわけではないですね。
強い衝撃とか、
灯ろう自体が倒れたり、
した場合、取れるかもしれません。

どうしても取れない状態にしたい場合、
石材専用接着剤(エポキシ系)で固定します。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    

納骨できない!!そういう時、何とかしますよ。

快晴の豊岡市。
今日はとある寺院の境内墓地にやってきました。

但馬、豊岡のお墓のプロ、大北です。

「骨壺が大きすぎて、納骨できない!!」
というご要望、
この壺のまま、納骨したい、というなら。。。
納骨口を広げるしかないわけです。
というわけで、
納骨口拡大工事(いやただの作業ですが。。。)
にやってきました。

 

DSC_0015

納骨口とバケツ。
はい、このバケツは骨壺とほぼ同サイズのバケツです。
探してきました。
本物の壺だと汚れたり、割れたりしてもったいない、から。です。

 

DSC_0017

はい、口には入りますが、そこで止まってしまいます。
予想通り。
奥が当たります。

 

DSC_0019

上の当たりそうな部分を少し、削ってみましたが、
すぐに当たります。
今から見るとずいぶん、適当な処理の仕方ですね。。。
(ごめんなさい。私の父の建てたお墓です。。。(^_^;)

DSC_0023

お墓の中がほこりだらけになるので、集塵機でしっかりほとり採りますが、
完全とは、行きません。
ごめんなさい。

 

DSC_0026

下の部分も取って、何とか入るようになりました。
ホントはもう少しきれいに取りたいのですが、
グラインダーがきれいに入りません。
しかもすればするほど、納骨カロート内が汚れていきます。。。

多少の余裕を見て、出来上がりました。
本来なら、お墓を解体して、工場に持って帰って、加工すればもっときれいに
加工できるんですが、今回はそんな余裕がないので、現場で、建った状態のまま
加工させていただきました。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    

Q061~草の生えないお墓④

一番お勧めの方法です。

一番最後が一番お勧めですね。
費用も低めです。
基礎コンクリートと併用できるので
お墓改修と同時にすると、さらに費用が割安です。

それは、ずばり、
基礎コンクリート+化粧玉砂利です。

o0800060013122895046

このように上から見ると、普通の化粧砂利です。
何の変哲もないですね。
でも、

 

o0800060013122895047

下は、コンクリートが前面に入っております。
これで、草はほぼ生えませんね。
もちろん、水が溜まらない様、水抜きの穴も開けてあります。
しかも、鉄筋入りのコンクリートなので、
お墓全体も非常に強固になっております。

まさに一石二鳥。

でも、すでに建っているお墓の
メンテナンスは、鉄筋を入れません。
通常は。

鉄筋を墓地全てに入れようと思ったら、
墓地内のすべてのものを取り出さないとなりません。
お墓もね。

なので、費用的にかなり高額となります。
ので、この工事の場合は
そこまでは行いません。

でも、費用は「草の生えないお墓①」の次に安くて、
メンテナンスは一番必要ない可能性が高く、
メンテナンスが必要な場合も、一番安くできる可能性が高いです。

いい事づくめですが、一番の問題は。。。

防草が分からない、ということ。
防草施工したことが分からない。
にもかかわらず、けっこう費用は掛かる。
本当に草生えなくなったのかな。。。
という心配。(^_^;)

③などは非常に変わり映えするので、工事した!!
という満足感が高いのですが。。。

 


 

○・・・草の生えないお墓①
○・・・草の生えないお墓②
○・・・草の生えないお墓③
○・・・草の生えないお墓④・・・この記事

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    

Q060~草の生えないお墓③

石張施工、一番高価です。

でも、メンテナンス費用は前の①、②から見たら
抑えられます。

つまり、
初期費用は掛かるけど、その後は安上り、
というパターン。
でも、いざメンテナンス、となった場合、
けっこう費用掛かります。
石自体をはがしてしまわないとならないかもしれないので。

DSC00308

この墓地の前の参拝できる部分。
普通の張石はこんな感じです。
これで約4年目くらいなのかな。

 

DSC00317

こちらのお墓は、色の濃い石の張石です。
実は深い緑なんですが、写真では黒みかげに見えますね。

こちらは施工後8年目くらいですね。

DSC00317

この前の部分。
同じ石で張ってしまうと、ややおとなしい地味な
感じになってしまうので、
「滑り止め」加工をすることも踏まえて
こういう千鳥模様の張石にしました。
張石はけっこうバラエティー豊かにできます。

 


 

○・・・草の生えないお墓①
○・・・草の生えないお墓②
○・・・草の生えないお墓③・・・この記事
○・・・草の生えないお墓④

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    

Q057~お墓に草が生えて大変。なんとかして?

何とかする前に。。。

草が生えて仕方がないので、何とかしてほしい、
というご要望、とっても多いです。
「お墓の悩み事」ベスト3におそらく入ってくると思います。
方法は4つくらいあると思います。
それをお伝えする前に、
あるお寺のご住職の言葉をお伝えします。

「草取りも供養のうちですよ」

有難いお言葉、ありがとうございます。
確かにそうなんですよ。
でもね、
年に一度しかお墓そうじに来れないのも、
分かってください。
それで、お墓参りに来るたび、
半日、場合によっては一日つぶして
お墓そうじ。

なかなかそれも大変じゃないですか。
少しでも
お墓参りを楽しいものにしてもらうのが
私の務め。
なので、大変なお墓そうじのうちの一つ
「草取り」をなんとかしましょう。

というわけで、4つくらいご紹介しますが、
一つだけ、この方法どれでもそうですが、
施工したといって、草が100%生えません、
とはいきません。
草生え放題はなりませんが、
僅かのことで草は生えよう、生えようとします。
草取りは、楽にはなりますが、全くしなくていい、
ということにはなりません。

それを踏まえて、
○・・・草の生えないお墓①
○・・・草の生えないお墓②
○・・・草の生えないお墓③
○・・・草の生えないお墓④

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
DSC_0029

墓地内の樹木の力

今日は初めての墓地に行きました。
立派なお墓ばかりですが、

さて、この樹木、かなり大きくなっております。

DSC_0030

しっかりお手入れされているみたいですね。
もしかして、何か思い入れのある樹なのかもしれません。

そういう場合もありますので、一括りには言えませんが、
樹木は通常、墓地内には植えない方がいいと思います。

特に、このような背が高くなる樹木は、根がお墓を傾かせたり、
石を押し出したり、
あまり良くない影響を与えます。

DSC_0029

自分のお墓はよくても、
隣のお墓に枯葉を大量に落として、
迷惑をかけることもあります。

また、手に余って処分するとなっても、
大きくなった樹木は簡単に処理できません。
大きくなってしまうと、倒すとき、お墓に当たって
お墓を欠けさせたり、壊したりしてしまう場合もあります。

時々、樹木の伐採でお墓に倒れた樹が当たり、
壊れたりして、修理の依頼を受けたりもします。

墓地内の樹木の管理は大変なので、
管理に困る前に伐採等を検討されることをお勧めします。

DSC_0034

このように、根っこだけになっても、
根が生きていたら、すごい力で石を押し出すこともあります。
ド根性大根ではないですが、
植物のじわりじわりという成長力を甘く見たら、
後で大変です。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    

花立の穴あけ直し、がいいです。

花立の部分はお墓のリフォームの可能性が高い場所です。

DSC_0044-22

このように、古いお墓は今のようにステンレスの筒が入っていないので
そのまま水を入れて、そのままお花をお供え、なので、
掃除とか水替えは石ごと動かさないといけないんで、
けっこう大変なんですよね。

そこで、掃除とかメンテをしやすくするため、リフォームとなります。

DSC_0001

こういう風に穴が小さい場合がほとんどなので、
私は穴を大きくし直しています。

実は方法はほかにもあるんですよね。
ステンレス筒自体をこの穴に合わせる、とか
この穴でもお花がお供えできる形状の筒にするとか。

しかし、
それぞれ、欠点があるわけです。

穴に筒自体を合わせると、細い筒になってしまい、
お供えできるお花が少ししかできない、とか
筒を変更したら、安定が悪くなるとか。

そこで、多少費用が掛かりますが、
私は穴を開けなおします。
そうすれば、
ほぼ欠点が解消できます。
ただ費用が一番かかる、というだけ。

とはいっても、それほど驚く程ではないですがね。

 

「花立の穴あけ直し」

http://ohkita-sekizai.com/reform/reform-menyu-anaake/

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
DSC_0010-2

「花立」の穴明け+筒入れのセット【15,000円~】(税別)

⇒【ビフォー】加工前~穴が小さくて、ステンレスの筒が入りません

DSC_0001

⇒【アフター】(加工後)~穴を大きくして筒が入ります

DSC_0028


 

 

古いお墓の花立の筒は細いですね。
ので、ステンレスの筒がはいりにくいです。

DSC_0001

 

このようにね。

DSC_0002

ので、穴を大きく開けなおして、
ステンレスの筒が入るようにします。
太さもしっかりとあるので、
通常の仏花の束も十分入ります。

DSC_0015

 

はい、この通り。

DSC_0028

ステンレスの花筒用の穴あけ直し

 

① 花立の石を工場に持ち帰り
② 石の穴、開け直し
③ 水抜きの横穴開け
④ それにピッタリのステンレスの筒
⑤ 出来た花立の石とステンレスの筒を
お墓に持っていきます。
⑥ 簡単なお墓そうじ

以上の6点セットです。

花立リフォーム工事(一基のみ)  15,000円(税込 16,200円)

 ※ 一基のみの料金です。通常のお墓は2基(一対)となりますので、ご注意ください。
※ 営業エリア外は出張料金がかかります。(豊岡市、香美町香住区、養父市、京丹後市)

お問合せ先はこちら。

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
DSC_0015

リフォーム工事①「花立の穴あけ直し」

花立の穴を大きく開けなおして、
ステンレスの筒が入るように、
するリフォーム作業です。

DSC_0060.jpg

このように、石に直接お花を供える形の花立を
持って帰り、

DSC_0011

穴を大きく開けなおして、

DSC_0029

水が抜けるように、横穴も開けて、

DSC_0037

ステンレスの筒が入るようになりました。
◆「花立の穴開け直しサービス」◆
○ 穴の直径は60ミリ。
○ 深さは120ミリ。
○ ステンレスの筒は当社指定の穴に入るサイズの
ステンレス筒をご用意。
○ 水が抜けるように横穴も開けます。
○ 花立1基の値段です。

価格はこちらへ。

お問合せはこちらへ。

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
DSC00297-2

お墓に文字を彫刻【45,000円~】(税別)

 

【お墓の文字彫刻中】

DSC_0003

【文字彫刻後】

DSC_0016

◇お墓の文字彫刻◇
現場(お墓)での彫刻、工場へ持って帰っての彫刻いずれも。

  ◇  基本代金  45,000円(税込 48,600円)
       <墓石の側面(竿石)への彫刻は追加料金として5,000円(税込 5,400円)別途、となります>

○写真のような墓石の側面等に彫刻する場合、追加料金が発生することがあります。
○写真のような墓石の側面に彫刻する場合、「お性根抜き」等の仏教的儀式が必要な場合もあります。
詳しくは「御寺院」あるいは墓地管理者にご相談ください。
○一人分の戒名(法名)彫刻の代金です。
二人目以降は追加料金が必要です。

≪追加料金≫
◇ 一人追加料金  15,000円(一人に付き)(税込 16,200円)
     <墓石の側面(竿石)への彫刻は追加料金として5,000円(税込 5,400円)別途、となります>

施工場所、施工条件等によって、追加料金が発生する場合があります。
その他はご相談下さい。

追加彫刻が済めば、納骨ですね。
いざ、納骨というとき、こういう困ったことあるかもしれません。
ぜひお任せください。
【納骨時、掃除をしてないのをご住職に見られて、恥ずかしい思いをした!!】ということないですか??

DSC_0068

納骨口周り清掃←←戒名(法名)追加彫刻していただいた方は、無料サービスします。

 

DSC_0001-2

お墓の文字に色を入れますサービス

お墓の副碑に新しく彫刻をしてもらった後、 おそらく、こうなっているはずです。 ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 新しく彫刻し ...
DSC_0068

追加彫刻オプションサービス「水鉢回り清掃サービス」

2【追加彫彫刻】とは そのお墓の持ち主のご家族の誰かが亡くなったとき、 そのお墓に入られる方のお名前を刻むサー ...
       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
DSC_0003

お墓に文字を彫刻する時に気を付ける11のポイント

DSC_0003

お墓には必ずそこに眠っている人の名前が刻んであります。
刻んでないことはほぼないです。
そのため、最近では、その名前だけを刻んだ「副碑」とか
「戒名碑」というものがお墓本体とは別に設置することが多いです。

DSC00297-2

このようなものですね。
このように、板に彫刻するのが、通常ですが、
お墓本体にも彫刻したりもします。

 

お墓本体に彫刻するにも工程はほぼ同じです。
このようにブラストシート(青いゴム板のようなもの)を
石自体に張って、それから文字を切り抜いて
準備完了。

DSC_0003

ブラスト彫刻という方法で、そのゴムに勢いよく空気と一緒に
メディア(砂鉄の様な物)を当てます。
ゴムの部分は弾力で跳ね返りますが、
石が見えている部分は石に当たって、
石が傷つき、その傷がだんだん大きくなって穴のようになります。
その角度をいろいろ変えて、場所もいろいろ変えて、
文字彫刻にします。
なかなかすぐにできるものではなく、
根気もいりますが、
熟練の技術も必要とします。

DSC_0016

このように彫刻しました。
彫刻直後には白い色をしていますが、
風化によってすぐに色が付き、以前の文字と同様になります。

ただ、簡単に彫刻しているように思えますが、

 

① 文字の間違いがないか

② 文字の位置、大きさに間違いないか

③ ブラストシートがしっかり石に付いているか

④ 彫刻自体がある程度、経験がないと、文字の輪郭がぼやけて
文字がひどい字になったり、場合によっては、読めない文字になります。

⑤ 均等に等しく一定の深さで掘れているか

⑥ 正面から見てまっすぐに彫ってあるか

 「シマが飛」んでないか
俗にそう呼びますが、周囲を彫刻して残したい部分を「シマ」と呼びます。
それが小さいと、非常に飛びやすく、彫刻が難しくなります。

⑧ 最近はカッティングプロッタでゴム板をカットしますが、手切もまだたくさん存在します。
(私も実は手切派です。)
そうなると、先ほどのシマが飛びやすくなります。
ただ今のところ手で彫刻することにこだわって行きたいと思っています。

さらに、現場彫刻(お墓のある場所で彫刻すること)だと注意しないといけないことも。

⑨ お墓の灯ろうとか、副碑とか隣のお墓が邪魔で文字彫刻できない場合があります。
下見して、彫刻できるか、できないか。できなければどう対処するか。
下見してないとその部分が難しいです。

⑩ 彫刻後、メディア(彫刻のための砂鉄のようなもの)が散乱して非常に汚くなる場合があります。
工事終了後、墓地内をしっかり清掃できているか?

⑪ 騒音がある程度、うるさいのでその対処も必要ですね。

など、いくつかの難しいポイントがあります。
いずれも実際に彫刻する場合、当然考慮して、対処方法を決めておかなくてはなりません。

それらを踏まえず彫刻するといろいろ問題が出てきます。
そういったことを踏まえて、
それなりの金額を頂いております。
ご了承ください。

「お墓に戒名を後から彫刻する」
http://ohkita-sekizai.com/?p=11623

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
DSC_0004

お墓のリフォーム事例③

工事前(ビフォー)

1 戒名を彫刻してほしい。
2 花立がないので、新しく設置して(プラスティックの花立で代用)
3 古いお墓なので、施工に不安あり。
4 隣のご先祖様のお墓は、供養ののち持ち帰ってほしい。
5 ロウソクを建てるロウソク立を両脇に設置してほしい。

以上5点のご依頼でした。

 

DSC_0006

 

正面の納骨口を確認しようと思って、

 

DSC_0026

 

DSC_0003

水鉢を外すと、何とふたが。

DSC_0004

中に別のふたがあるようです。

DSC_0036

そのふたはこのようになっていて、下が土なので、
下にずれて、使い勝手が悪い。

なので、
前に水板を設置して、
ピッタリ収まるようになりました。

DSC_0008

 

工事完了後(アフター)

完成後は水鉢、花立が色が白くてすごく目立ちますが、
徐々になじんでくると思います。
墓石の周りに撒いた御影石の砂利も白いですが、
こちらも、時間とともになじんでくるはずです。

DSC_0018

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    

お墓のリフォーム完成③~101年前のお墓

12月に入って、最初の快晴。
気温も上がってきて、お墓施工日和(びより)です。
二件の工事を済ませましたが、そのうちの一件、
お墓のリフォーム。
のびのびになっていたリフォームを久しぶりの晴天を利用して完成させました。

出来上がったお墓。

DSC_0018

無かった花立を新しい水鉢とともに、設置。
台石と同じ石で作りました。
出石の袴狭の石です。

防風塔も設置して、
戒名を彫刻。

DSC_0008

せっかくなので、もともとあった扉も残しました。
大正時代の石工さんが作ったピッタリの扉ですから。
つまり、101年前に作られたお墓なわけです。

大正3年5月に制作されたお墓です。(101年前制作です!!!)

DSC_0019

戒名が上台の部分、正面にちょうこくしてあります。
この左端に彫刻させていただきました。
非常に狭い部分に小さな文字なので、
工場に持って帰って彫刻しました。

101年前だとお墓の構造もちょっと見かけない形です。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
DSC_0008

お墓リフォーム完成。

雨が基本の但馬、豊岡市です。
その合間、わずかな合間をめがけて
お墓工事の仕上げ。

なんとか、収まりました。
お墓工事は雨が天敵なんですね。

雨と雪で完成が延び延びになっていた
お墓のリフォームですが、
雨と雪の合間のわずかな晴れ間を見計らって、
完成にこぎつけました。

樹脂舗装の化粧玉石と一対のロウソク立。

DSC_0008

ちょっとしたことですが、
お墓がきれいになりました。

さらにお花を供えることで、華やかになります。

DSC_0011

華やかなお墓、完成しました。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
DSC_0035

お墓のリフォーム②

寒い朝です。
但馬、豊岡のお墓のプロ、大北です。

昨日に引き続いてお墓のリフォームしてます。

久しぶりに樹脂による化粧砂利仕上げの舗装。
私は、そのメーカー名を使って
「ファイバーレジン」施工と呼んでおります。

その長所と短所は以前書いたかな。。。探してね。。。(^_^;)

とりあえず、非常に狭い部分なので、
短所も補えるかな、ってことで施工。

DSC_0031

周囲をマスキングして、施工。
以前は暑い季節に施工して、コテにくっつく樹脂に弱ったんですが、
寒いくらいのこの季節はかなり楽でした。
ラッカーうすめ液を使ってコテから樹脂を取るんですが、
ほとんど使わず施工できました。

 

DSC_0038

雨が大敵なので、このように養生して、その上から
ブルーシートで全体を覆いました。

なかなかに気を遣う施工です。
気温があまり高くない方が施工はしやすいんですが、
雨、雪などが降ってくると、ダメになってしまうので、
難しいところですね。

この状態(上にブルーシートで覆い)で24時間、放置。
途中の工事ばかりになってきた。。。(^_^;)

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
DSC_0003

お墓のリフォームその①

急に寒くなってきましたね。
但馬、豊岡のお墓のプロ、大北です。

寒いのは慣れてますけど、
但馬ってところは冬は、雪なり雨なりが降るものなので、
降水されると、お墓工事が出来なくなって、困るので、
テンション下がります。

寒いけど、晴れてるってのが、理想なんですが、
そういう天気ってほとんどないんですよね。
太平洋側にお住まいの方、羨ましいな、って
この時期だけ思います。
でも、好きです。豊岡(^_^)/

ところで、お墓のリフォームしてます。
ひじょーに歴史あるお墓です。
このお墓のリフォームが出来て、幸せです。
なにしろ、いにしえの石職人の仕事が
実感できるんですから。
楽しい仕事です。

さて、このお墓の納骨口に不具合があるので、
改修工事と追加彫彫刻します。

DSC_0002
竿石(佛石ともいいますね。)を隣りに移動させてもらって、
上台に戒名が彫ってあるので、それはお持ち帰り。
更に下台を持ち上げて、移動し、
ご遺骨が見える状態になりました。
その周りに、モルタルと水板を設置。
なにしろ、この台石、玄武岩を挟んだだけで、設置されていたんです。

何ということでしょう!!!

というわけで、応急処置ではありますが、
下台の基礎部分を設置します。
本格的な基礎は出来ませんが、
とりあえず、玄武岩のコッパで支えられている
お墓ではなくなりました。

DSC_0026

固まるまでは、養生させていただきます。

DSC_0029

その後、次のリフォーム現場へ。
リフォームがやけに多いです。

先週はお墓じまいが2件だったので、
それよりはいいかもですね。(^_^;)

久しぶりの樹脂固めの施工します。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    

納骨の仕方、関東と関西とその他

おはようございます。
今日は意外と知られていない、
納骨の仕方をご紹介します。

関西の方はあまりご存じでない
「関東型の納骨」から紹介いたします。

【関東型の納骨】

お墓の前にある板石。
拝石といいます。

これを取り外すと、穴が開いています。

5527_350656021740541_1206468033_n

このような穴が開いております。

そこへ、納骨します。
上の写真良く見たら棚になっていて、
そこに壺が置いてあります。
ここに納骨します。
そして、そこが一杯になったら
古い遺骨からその下が土になっていて、
そこに壺から遺骨を出して、埋葬して、
順次、「土に還って頂く」という
方式です。

a5d96244-s

関東はすべての焼骨を基本、骨壺に収まるので
このように巨大です。
その分、納骨スペースも大きくなっております。

1011772_475096299234249_746513551_n

このように、拝石の上に置いてある線香立をどかして、
拝石をはずして、その穴から、
が、関東型の基本ですので、
けっこう大変です。
重たいです。
素人の方はけがをされる可能性もあるので、
石材店にお任せするのが、いいのではないでしょうか。

1900155_596634240413787_891090474_n

こちらの写真もそうですね。
板石、つまり拝石が外されています。

【関西型の納骨】

一方、関西型の納骨は
下の写真のように、
真ん中にある水鉢を手前に倒すと、
納骨口が見えます。

 

DSC_0017

この中が納骨する会所、玄室となっています。
関東型に比べ、狭く、それほどたくさんのお骨が入りません。

DSC_0018

ですから、関西は壺も小さいです。
このように関東の半分以下。
全骨納骨するのではなく、
一部のお骨のみ、お墓に納めます。

-2

【丘カロートタイプのお墓】

このような丘カロートタイプのお墓は
下のところからの納骨となります。
このお墓は下の真ん中の仕切りを外すと
扉が観音開きとなっています。

DSCN4738

極まれに、上の矢印の部分から納骨するタイプのお墓もあります。
豊岡の寺院墓地によくある舞台型のお墓は実はほとんど
上の矢印の部分からの納骨です。

他にも、

古いお墓は蓋つきの納骨口のお墓も見かけます。

DSC_0036

このようなタイプですね。
この近辺では、古いお墓はこのタイプの
納骨口が多く見かけます。
作りが精巧で、
なくすのがもったいない、と思うこともあります。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    

見積させていただきます②~お墓のリフォーム

見積させていただきます。
2件目。

但馬豊岡のお墓のプロ、
大北石材店です。

とある墓地。

 

DSC_0023

こちらのお墓、
灯ろうを建ててほしいとご依頼。

でも、台の上に置くなら、
灯ろうはやや無理がある気がしますね。
ロウソク立に台を付けて、見積させていただきます。

さらに、

お墓の石の周囲。
コンクリートの洗い出しがしてあるんですが
ずいぶん汚くなっているので
キレイにしてほしい、とのご依頼。

そちらも併せてご見積もりさせていただきます。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    

見積させていただきます①~お墓のリフォーム

DSC_0036先日ご紹介した、この納骨口のお墓。

両左右に大きめの隙間があり、
そこから雨水が流れ込むとのこと。
何とかなりませんか?

それからこの納骨口、
下が真砂土で、だんだん減ってきて
この扉も上手くはまってくれない、
上に隙間が空くとのこと。

それから、
DSC_0004

両脇の花立、樹脂製のものを使っておられますが、
風が吹いたり、雪などで倒れることもしばしば。
これも石でできないだろうかとのご依頼。

そして、

DSC_0003

両サイドに「ロウソク立」を設置していただけないか、
というご依頼。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    

初めての納骨口。

お墓のメンテナンスを依頼されて
早速お墓を見に行ってみると、

DSC_0026

はい、よくある水鉢ですね。
花立がないな。。。
これは新調したほうがいいな。

水鉢をどかすと。。。

DSC_0004

これは!!
このブタ鼻みたいのは!!

納骨口をふさぐ穴だ。

DSC_0036

こうなってました。
蓋だけわずかにすれてますが、
持ち上げればぴちっとハマります。
大正時代の石工の腕を見せられた気がするな。

これを無しにして、
通常の水鉢、花立のスタイルにしようと思ったんですが、
ぜひとも残したいな。。。
どうにかして。。。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    

石材研磨の実地講習(その2)

昨日の続き、研磨と薬品洗浄の講習会。

一通り説明を受けてから、実際にやってみようということで、

研磨作業したことない、という人に
乾式の研磨してみて、ということで、

DSC_0014

う、後ろから、鋭い眼光で見られると
ちょっと緊張するな。。。

(私がするわけではないですが。。。)
DSC_0018

初めてする人でも、取り合えず光沢が出るところが
すごい!!
さすが三和研磨の道具です。

 

 

 

DSC_0019

 

小野さんもやってみたい、ということで
やってみたら。。。

おいおい、結構、様になってるよ!!

DSC_0024

まずまずの光沢が出ました。
湿式と違って、乾式は
目で見て確認しながら作業できるので
初めての方はもちろん、
普段、やっている人も
補修なら十分使えます。

それなら、これでお墓作れば、

という意見もありそうですが、
当然、湿式や研磨機研磨とは
光沢の出方が全然違います。

DSC_0027

これや

DSC_0030

このような、手動式の研磨機
あるいは自動研磨機なら
90~95くらいが最高の磨きなんですが、

DSC_0019

この乾式の方法では、90は決して出ません。
75~85くらいがいいところのようです。

50 → 100 → 200 → 400 → 800 → 1500 →
3000 → ツヤ
とあるんですが、メンテナンスには
1500、3000、ツヤと三種類だけ使います。

それ以外は基本使いません。
現場でのメンテナンスですからね。
そのあたりの見極めも
場数を踏まないとわからない部分かもしれません。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    

石材の研磨の講習(その1)

今日は、日本香堂さんが行っている「美墓ネット」(旧happy shine)の主催で石材の研磨と汚れ落としの講習会に参加してきました。

場所は京都・宇治の「三和研磨工業㈱」さんの本社。

DSC_0003

いや~、参りましたよ。
参加の申し込みしたつもりだったのに、
実は。。。申し込みせず。。。(^_^;)(^_^;)(^_^;)

どうすんだ~~!!

と、思ったんですが、
とりあえず日本香堂の担当の太田さんに電話したら、
「大丈夫ですよ。一人キャンセルが出たので
参加できます。」との、大人の対応。

感謝です。

いつも使っている乾式グラインダ磨き。
私は三和さんの「きらら電動タイプ」を
使っていて、当然これでいい、と思ってたんですが、

なんと、

なんと、

ダウンロード

これ、
日立工機の
「G10VH」という変速機付きのグラインダが
推奨機械だと、初めて知りました!!

まじっすか!!

surprise-surprise

知りませんでした。。。(^_^;)

なんていうこと。

というあるまじき無知を晒してしまったわけですが、
まあ、そこは、1秒で忘れることを特技としている私なので、
すぐに、
気を取り直して、
いろいろメンテナンスに関するノウハウを学んで来ました。

普段やっている石材加工のうちのポリシャー加工と
メンテナンスにおける乾式研磨とは
道具は同じでも、考え方は180度異なる、ということ。

いろいろ勉強になりました。

DSC_0006-001

人口ダイヤモンドです。
石材加工には現在、欠くべからざる素材です。
けっこう高いんでしょうか。
聞くの忘れてました。

DSC_0007

50番は結構目が粗いですね。
真ん中は200番。
この数字はこの細やかさの目の網を通るサイズの
人口ダイヤモンドだというところです。

そして、一番左のビンは3000番。

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    

ポリッシャー磨き、腕ダイエットに最適ですよ。

寒い季節になりつつあります。
兵庫県豊岡市も
冬の始まりをかすかに感じます。

何しろ、こんな朝ですから。。。

DSC_0007

今日は晴れるようです。
一応。

懸案の手磨き、正面が終わりました。

 

DSC_0030-001

これ、三和研磨さんのツインカーという
手磨きのためのと石です。
ポリッシャーという、グラインダくらいの道具に
これを取り付けて、磨くわけです。

左上とその下、この二つが
メタルといって、石の表面を平らにする目の粗い
工具です。

これを、ポリッシャーに取り付けて
水をかけながら磨くわけです。

DSC_0001

これがポリッシャーという道具です。
ホームセンターに売っているグラインダと似てますが、
中身は違います。
回転数がずいぶん遅いです。

DSC_0007

こちらは、上から見た写真ですが、
ハンドルのそばに金具とそれにホースが取り付けてあります。
水が出るようになっております。

DSC_0003

すでにツヤのと石が装着されています。

DSC_0004

これを水を出しながら、このように、と石を回転させたまま
石に宛てて、磨いていくわけです。

ポリッシャーはこの写真は電動タイプですが、
エア駆動タイプもあります。

磨き方としては、

DSC_0039

磨く部分をこのように研磨チョークに
で色を塗って行きます。
この色を塗る行為もけっこうたいへんですね。

DSC_0047

このように、真っ赤になったら、
先ほどのポリッシャーで磨いていきます。

で、この赤いチョークがきれいに落ちたら、
その砥石は完了、となります。

DSC_0015

ほぼ、落ちてますね。
この次に、
石の表面を乾燥させて、
乾燥し終わったら、
また、先ほどのように

DSC_0039

チョークを塗って行きます。

DSC_0047

塗り終わったら、
次の番手のと石に装着しなおして
磨いていきます。

このように、
順番にメタルの100番手、100番手、200番手、500番手、1000番手、2000番手、ツヤとだいたい7回、磨きます。
(場合によっては、メタルの200番手も使用)

このように、
(書くだけで疲れますが。。。(^_^;)
磨いていって、ツヤまで到達したら、

DSC_0053

このように、光沢の出た完成になります。
(写真はまだツヤが甘く、十分な光沢が出てませんが)

しかも、チョークがやや残ってる。。(T_T) 

まあ、そういう感じで磨いていきます。

今回は、表面が凸凹していて、
しかもそれをある程度、残しつつ磨いたので、
ツインカーという道具だけでは磨ききれず、

DSC_0033-001

世良美香、ではなく。。。(^_^;)
セラミカという道具で磨き直しました。

こちらは8枚ありますね。
8回磨くということです。。。

(決して修行ではありません。。。(^_^;)

DSC_0034-001

研磨面はこのようになっております。
黄色はすでに使用済みに近くなってるな。。。

DSC_0038-001

これが一番最初に使う100番手ですが、
この青い面をポリッシャーにくっつけます。
バリバリってくっ付くようになってます。
(子供の靴にあるような、はがすときバリバリって言うやつね)

DSC_0037

このように、柔らかいので、曲面磨きには威力を発揮します。

DSC_0010

これがセラミカの装着パットです。

DSC_0011

このように、装着面同士を合わせて、

DSC_0012

くっ付けていけば、くっつきます。

DSC_0013

こうして、装着完了。

DSC_0014

このまま、先ほどのツインカーと同様に
水を当てながら、
回転させて、石に宛てて
磨いていくわけです。

とにかく、根気と
腕力と持久力が必要です。
磨きがきれいにできると
美しい光沢が出ますが、

ちょっと手を抜くと、
光沢が出ず、
最初からやり直し!!!!

とか、
最初の磨き残しが
最後に露見し、

最初から磨き直し!!!

とかいう、状態になります。

なので、手抜きが
自分に返ってくるので
手を抜けません。

(繰り返し申し上げますが、修行とかではありません。。。)

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    

磨き直し加工④~完全な想定外(T_T)

秋のさわやかな日が続いております。
皆さま、お元気でしょうか。。。

私は途方に暮れております。。。(^_^;)
まったくもって、想定外。
予想外。
こんなことって、
。。。
あるんですね。

昨日磨き始めた面は何とか、完成。
裏面も磨いて、
さて、最初の関門。
法名が刻んである、向かって右側面を
磨き始めたところで、
それは判明いたしました。
石の磨き工程

① 表面を平らにならすために、まず
人工ダイヤモンドを埋め込んだ一番荒い研磨盤で
表面を平らに均します。
② その後、だんだん目が細かい研磨盤で、①工程で
できた研磨傷を落としていき、表面をなめらかにして
いきて、最終的に熱をかけて、光沢を出す。

というのが石の磨き工程の簡単な流れなんですが、
①の平らに均す、という工程は非常に重要で、
昨日の記事の写真のように、凹凸があり、それが
残ったままでは、決して光沢は出ない、
ということになるんです。

そこで、この面、
①の工程をやってみると、

DSC_0001

やはり、残る部分がありました。
これはどの面でも残っていたので、
想定内です。

DSC_0003

しかし、
上の写真、わかりにくいですが、
ずいぶん残っております。

触ってみると、明らかにくぼんでいる。
手で触って明確にわかる!!!
ってことは、
かなり、凹んでいるってこと。

DSC_0024

とりあえず、磨いてみたんですが、
赤い丸の部分、
①工程では研磨盤はとりあえず当たっていますが、
くぼみすぎて、十分に磨けず、白い研磨傷が残っております。

そして、何よりショックなのは、
青い線で囲んだ部分。。。
くぼみ過ぎて、まったく何も当たっておりません。

どうするんだ!!!

こんなの。。。(T_T)

 

両端の文字がこれ以上磨き直していくと
消えてしまうので、
これ以上はできません。。。

しばし、休憩。。。

。。。

。。。

熟考の上、
ある方法を考え付きました。
もうこれしかないな。
俺にできることは。

というわけで、
なんとか、
光沢を出すこと成功。
見た感じ、
全体的に光沢は出ています。

DSC_0004

境界もありませんし、
まずまずの光沢も出ています。

DSC_0006

どうやって処理したか、
内緒にしときます。
プロの方ならすぐわかるでしょうが、
極めてイレギュラーで
出来たらしたくない方法でしたので。

伏せます。
でも、
薬塗ったとか、
そういう非合法的な方法では
ありませんよ。

分かった方も
伏せておいてください。
お願いします。

というわけで、

これからが本番。

正面の磨き直し工程に行きます。

大丈夫かな。。。。(^_^;)

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    

磨き直し加工③~一抹の不安が。。。(^_^;)

とてもいい天気ですが、
今日は磨き直し加工の続きをしています。

DSC_0009

上台ができて、竿石(仏石)の磨き直し。
ただ、前回も言ったように、磨きの表面が
とても状態が悪い。。。(^▽^;)ようです。

かなり凸凹しています。
まあ、何とかやりますが。(^_^;)

DSC_0006

こっちの面には、法名が刻んであります。
これも、手彫りです。
何とかこの面も文字が消えないように
磨き直しをしたいんですが。。。

DSC_0006

まずは座りの面を切削。
「地震に強い施工」するため、
この面も平らに近い方がいいわけです。

DSC_0030

まずは、この何も彫刻してない面から磨いてみます。

 

DSC_0038

すると、
こんな状態!!
赤いチョークが残っている部分が凹んでいて
研磨盤が当たってない部分。

こりゃ、想像以上にやばい。。。
文字彫ってある面がうまく磨けるだろうか。。。
(T_T)

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    

造花という選択、場合によってはありでは?

以前建墓させていただいた、お墓です。
素敵な花ですね。

「岩田さんのお花」 です。

DSC_0013-2

造花ではありますが、
鮮やかな緑で、素敵ですね。

DSC_0015

この墓地の中で一番目立つお花でした。

造花ではありますが、すごく素敵なお花です。
でも、
お墓に造花はちょっとね。。。
と、お思いのあなた。
ちょっと考えてください。

お墓参りの時は生花を持っていって、
普段はこの造花をお供えしておく。

お墓は生花がいいのはわかりますが、
毎週お参りする人ならいいですが、
半年に一度、あるいは、
年に一度のお参りなら、

ほとんどの時期、お墓には

「枯れたお花」が供えられている状態

ですよね。

確かにお供えしたときは美しい
ですが、
枯れたお花をお供えし続ける、って
あまり気分が良くないです。

なので、
その他の時期は
この造花を供えておく。

そして、
またお墓参りの時期には
生花を持っていく。

いかがですか。
枯れた花よりは造花の方が
良くないですか?

「でも、その交換のために
お墓に行かなくてはいけないんじゃないの!!」
とご立腹の方、

こんなご提案いかがでしょうか?
これなら、可能ですよね。

「造花デリバリーサービス」

ただし、
岩田さんのお花を購入していただいた顧客様のみのサービスです。

これで、いつでもお墓にきれいなお花が
お供えしてある状態です。

素敵なお花がいつまでも。

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    

Q018~骨壺の大きさって地域で違うの?

A 地域によって違います。

主として、関西は小さく、関東は大きい。
それ以外の地域も大きかったり小さかったりします。

こちらは関西でよくある
4寸サイズです。
しかも最近のは
よりコンパクトになっていて、
高さ(背丈)も4寸(120ミリ)くらいです。

DSC_0074

すべてのお骨は入りません。
但馬だけでなく、関西の方は葬式のお骨ひろいに
行かれたことのある方は、ご存じだと思いますが、
斎場の係の人が、お骨の説明をされながら、
大事なお骨だけを拾います。
残りは、どこかへ持っていかれます。
最終的には頭蓋骨でふたをするような形で
仕舞われて、その上から蓋をされます。

一方、

関東の骨壺は大きいです。
この写真は実際にお墓に埋葬されていた
骨壺ですが、
直径が210ミリ、7寸くらいあります。
背丈はもう少しありますかね。
明らかに大きいですよね。

DSC_0075

アクエリアスで比較してみましよう。

関西の壺は
これくらい。

小さいでしょ。
いや、こちらの方はこれが普通なんです。
でも、関東の人にとっては

「ちいさ~~!!」

 

となるわけです。

DSC_0077

そして、

関東の骨壺は
こちら。

DSC_0079

「でかすぎじゃね!!」

と、思わず突っ込み入れたくなるほど、
大きく感じます。
でも、
これより大きいものもあります。

「ごちそうさん」で
杏ちゃんがつけていた
漬物の壺よりでかいものもあるんです。

どうしてか。

お骨をすべて入れるためですね。

どうしてこんなに大きいの、って
最初は私も思いましたが、
よく考えれば、このサイズでないと
すべては入らないです。

関西サイズの方が、
基準外なのかもしれませんね。
でも、
納骨するお墓の構造も当然
大きな骨壺サイズにしないといけませんね。

基礎コンクリートでのしっかりした
構造でないと、無理だと思います。

そのあたりが
関西は、基礎工事をあまり重視しないことと
関係しているのかもしれません。
(それだけではないですがね。)

目次ページに戻る

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    

磨きなおし②~平面の磨き

おはようございます。
秋のお彼岸が近づいております。
明日から、かな。
シルバーウイークでもあります。
みなさん、休みを楽しんでください。
うちは子供がサッカー三昧。
親はその送迎三昧となりそうです。

蓮華が彫刻してある正面の磨きなおし。

このように、文字や家紋などが彫刻してある面は
磨きなおししにくいのですが、
何とか、出来ました。

DSC_0045

次に上、天場の面。
水垢が黒く
「汚れの首輪」のようになっております。
50年以上の汚れが。。。(^_^;)

DSC_0056

でも、実はこの上の面も平面ではないんです。
下の写真、石の天場の面(今から磨く面です)と
上においた差し金(目盛りの付いたのです)の
すき間、みてください。

なんと、奥の外の光が。。。!!
のぞいているではありませんか!!

なんということでしょう!!

DSC_0051

平面ではない、ということですね。
平面に見えて、波を打っているということ。

200番手の研磨盤でこの面を軽く磨いてみると、
なんと、
こんなことに。

DSC_0061

汚れの首輪はほぼ落ちていますが、
一部、残ってます。(^_^;)

更に、
左端と、写真の上のほう、
色が変わってますね。

研磨盤が当たってない部分。

凹んでいる、ってことなんです。

昔の手磨きの技量ではこれくらいが普通ですね。

(でも、この加工はやや加工精度が低い気がするんですが。。。(^_^;)。気のせい??)

とりあえず、
クボミがなくなるまで、磨きで落として、
平面にして、
光沢がでるまで、研磨作業しました。

DSC_0073

やっと2面目か。。。(^_^;)
先は長いですね。。。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    

お墓の磨き直し①

雨ですね。
秋は好きな季節なんですが、
今年はちょっと雨が
多くない??

但馬、豊岡のお墓のプロ、大北です。

秋の雨は、寒くもなくていいんですが、
雨が続くと、なんだか最近、
いいことないのよ~~
とか、ブルーになりがちです。
まあ、前向きにやっていきましょう。

そんなこと考えているわけですが、
工場の仕事なので、
雨でもいいです。
台風じゃなければ。

今日は昨日持って帰ってきた、
お墓の石を磨き直しします。

DSC_0016

まずは、上台。
うわだい、っていいます。
○○家之墓って彫ってある石のすぐ下の台です。
正面に彫刻してあるのは、蓮華です。
通常、蓮華台という台があるんですが、
それの廉価版というか、
むしろ、こっちの方がいいでしょ、的な。
(よくわからないですね。。。私も書いてて、良くわかりません。。。)

DSC_0031

汚れはあまりついてませんね。
ただ、光沢はすでにずいぶん落ちてしまってます。
このお墓の石は手加工、といって、
機械ではなく、手作業での加工製品です。
この蓮華の彫刻も手での彫刻です。
今なら、ブラスト彫刻ですが、
のみで彫刻されています。

DSC_0037

非常に貴重なお墓の石ではあります。
ちなみに昭和36年に作られたお墓です。

DSC_0036

あまり変わり映えしませんが、
けっこう汚れ落ちましたよ。
石材専用洗剤でこの前のように
汚れを落としました。
これから、磨いていきます。

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    

久々に磨き直し加工します。

今日も但東町に応援に行ってきました。

DSC_0013

この階段にやられました。。。
なかなかに難敵です。
でも、今日で終わりました。

まあ、
これくらいで勘弁してやるか。。。

(足に来そうだ。。。泣)

本業の方は、お墓のリフォームが続きます。

DSC_0002

こちらのお墓、瀬戸内の銘石
「青木石」です。

この石を磨き直しします。

磨き直し加工は久しぶりです。

けっこう、
気を遣うんですよね。
頑張ります。

DSC_0032

まず、
お墓本体を解体して、石をすべて
持って帰りました。
(お彼岸前なのにいいのだろうか、という
一抹の不安はありますが。。。)

この通り、すべてなくなりました。
でも、お墓撤去ではないですよ。

DSC_0053

 

基礎コンクリートを施工します。

DSC_0001

雨が降る前に何とか終わりました。

DSC_0005

あす、型枠を外して、
しばらく放置となります。

その間、
磨き直しを頑張ります。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー