連続読み物

庵治石の高価な理由を体感。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
昨日は娘の卒業式に参加してきました。
非常に寒くて。。。
卒業生答辞の途中、トイレに行ってしまったのは、内緒です。。。(^_^;)
寒いのはだんだん苦手になってきましたね。。

DSC_0011

(寒いので、温かいコーヒーを飲む図。。。)

 

庵治牟礼でのソムリエ講座での話です。

庵治石は非常に高価で、
墓石界(そんな世界あった??)のダイヤモンドとまで言われたりしますが、
とにかく、山で採掘した量が100あったとして、
その中で3~5しかお墓の石に使えない、というのは
有名な話です。

頭では分かっていましたが、
それを体感する機会があったのでご紹介します。

庵治牟礼の加工工場を見学させてもらって、
最後に行ったところは、こちらでした。

DSC08069

㈱大川石材
(写真は向かいにあるご自宅です。。。)

庵治牟礼の加工石材店としては非常に有名な、会社です。

DSC07938

赤が好きな@伝説の石工さんの会社です。
o0400026711575964035

(レムジア応援団のブログからお借りしました。)

こちらでお話を聞きましたが、
庵治の山で採れた石が工場に入ってきて、
工場内に入れて、まず大口径という大きなのこぎりで
1面をカット。

 

(充電不足で、写真がありません。。。(^_^;)

 

カットして、キズがあれば、石交換となります。
そのカットした石を山に返し、その代わり新しい石を持ってきます。

そして、
工場内の入れて、大口径という大きなのこぎりで
1面をカット。
今度は、キズが何とかクリアできそう。。。\(^▽^)/

 

(充電不足で、写真がありません。。。(^_^;)

 

でもって、2面目をカット。。。
キズが出た~~(泣)
その2面カットした石を山に返し、その代わりの新しい石を持ってきます。

そして、
工場内の入れて、大口径で1面をカット。
今度は、キズが何とかクリアできそう。。。\(^▽^)/
2面目をカット。
今度は大丈夫!!!

次に3面目をカット。。。
き、キズが!!!出た!!!

 

(充電不足で、写真がありません。。。(^_^;)

 

またもや、
その3面をカットした石を山に返し、その代わりの新しい石を持ってきます。

お墓の石って、基本直方体なので、6面あるんですが、
そのうち、3面カットすれば、使える石かどうかが分かります。

そして、三度目に
工場内の入れて、大口径で1面をカット。
今度は、いきなりキズが。。。出た!!!

いつになったら、使える石が来るんだ!!!

okoru-oji-1

と、どなっても、仕方ないんです。

ダイヤモンドの原石を探しているんですから。
二級品(キズあり、訳あり品)でいいなら、すぐに出来ますよ。
でも、
一級品(キズなし、訳なし品)を選別しているんですから、
見つけるまで、探すしかないんです。

というわけで、
この全く無駄なカット
(でも、本物を探すという意味では意味のある)加工代も
当然含まれているわけです。価格に。。。(^_^;)
トラックで運搬しますから、そのトラック使用料とか燃料費とか
運転手の給与とか、全て含まれております。

原石をカットすると、端材(あらかじめ捨てるつもりの石)が出ます。
がたがたの形の原石を直方体にカットするんですから、当然です。
この端材をコッパ(石端)と言ったりしますが、
このコッパが数日でダンプ満載になるほど出るそうです。
これは、山に返すのではなく、処分します。
あるいは、建築資材として、再利用されます。

が、それでも処理費用は当然かかります。
そういった費用全部が値段に掛かってくるわけです。

高価なはずだよ。。(^_^;)庵治石。。。

というわけで、㈱大川石材の出入り口は、
コッパを積んだダンプと山へ返す原石がいっぱいで、
身動き取れない状態になったりするそうです。

 

(当然のごとく充電不足で、写真がありません。。。(^_^;)

 

が、翌日、帰る前に、大川さんに無理言って
工場へもう一度、連れて行ってもらいました。
工場は日曜日で休みでしたが、山へ返す石はありました。

DSC08050

分かりますかね。。。

DSC08052

薄くて分かりにくいですが、赤色の鉛筆で
キズの部分がマーキングしてあります。
キズだらけ、ですね。これでは使えません。。。(^_^;)

大川社長談

「そうですね、こういう山から石が来て、カットして、交換という工程、
運が良ければ数回で済みますが、10回とかしたこともありますね。
13回交換してもらったこともありますよ」

10回とか、ありえないし。。。

pixta_23513787_s

100のうち、3~5って、こういう意味だったんだ。

今日、今、確認しました。
庵治石の手間のかけ方。
半端ない。
それが世界一の理由なんですね。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0110

「庵治石」を生み出し続ける大丁場(その3)

楽しくて、ワクワクのいっぱい詰まった遠足も
帰りのバスの中は少し寂しいです。

テンションマックスだった庵治大丁場とも
お別れの時間となりました。

しかし!!

私の鼓動は、この時、スーパーマックスです。
まるで、キングエンジンのように。。。
●ドッドッドッドッという効果音が付き-300x228

意味わからん人はスルーしてくださいね。。。(^_^;)

予定外の大久保さんとの出会い。
私にとって、松田聖子と双璧をなす、あこがれの人です。
(ちょっと、大げさすぎないかい?)
谷本会長の話を聞いて以来。。。(7年前ね)
その大久保さんとおそらく、お別れしないといけない。。。
次の目的地は大丁場ではないんでね。

私は、告白したくて、告白したくて、
ずっと、機会を待っていましたが、
とうとう帰りのバスまで帰ってきて、
「ここで、それじゃあ。。。」という流れになって来つつある気配を察した私。

「今しかない」
「今しかない」
「66の親父の口癖は『やるなら今しかねえ!!』」
(by 長渕剛『西新宿の親父の唄』)

 

「あの、大久保さん。。。

(ついに、口火を切ったぞ!!よくやった、俺!!)

。。。

。。。

付き合ってください!!」

(初恋の告白か!!!)

間違い。。。

「写真撮らせていただいてもいいですか。。(汗)」

 

 

DSC_0110

笑顔で応じて頂けました。。。(^O^)

そのあと、参加者の久保田@美石さんや、田中@宝星さんも
せっかくだから、ということで、撮って頂いていたようでした。
(あまりにもテンションマックスで周りの状況を確認する余裕が。。。(^_^;)

でも、どさくさに紛れて、
赤@石工さんもツーショットで撮ってもらっていたのは、
チェックしてました。
実はみんな撮って欲しくてうずうずしてたんだね。。。
良かった。。。勇気出して。。。(^O^)

 

 

最後に大久保さんが最後におっしゃったことを
お伝えしておきます。

DSC_0033-2

「庵治石はもう採れない」ということをおっしゃる石屋さんが
いると聴きました。
とても残念に思います。
庵治石はここにたくさんあります。
今も毎日、採っています。
地主の私が言うんだから間違いありません。
そして、今日、皆さんもその目で確認していただいた通りです。
確かに、
庵治石は誰でも扱える石ではありません。
仕入ルートがないと、扱えない石です。
だから、
仕入ルートを持たない石屋さんが、
売ることができないなら、
ということで「ない」と言っているのかもしれません。

非常に残念なことです。

そのことをたくさんの石材業の方々、
お墓を作ったり売ったりする人々、
そして、お墓を建てたい、建てようかなと考えている全国の人に
知ってもらいたい。

庵治はまだまだ元気です。
庵治石はまだまだ採掘しております。
庵治石はあと100年以上は取り続けます。
皆さんもぜひ、この庵治石の故郷においでください。
私たちはいつでも歓迎いたします。

 

 


 

 

 

大久保さん、田渕社長、それから大丁場で働く石職人の皆さん。
ありがとうございました。
素晴らしい時間を過ごすことが出来ました。
感謝。

 

 

 

「庵治石のお墓」が建てたい!!
       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0074

「庵治石」生み出し作り続ける大丁場(その2)

さて、白瀬火薬、ではなかった黒色火薬で岩盤からむしりとった庵治石の塊。
(白瀬火薬ではなくて、下瀬火薬でした。。。そこ間違うか。。。)
でも、まだ大きくて、運ぶのが大変です。
しかも、庵治石は非常に傷とかムラとか、ナデとか
とにかくいろいろお墓にとっては都合の悪いものがたくさん含まれています。
それらをすべて取り除いて、残ったものがお墓の石として、出荷されるのです。

なかなかに厳しい庵治石の世界。

で、まずは、採り出した石を割ります。
前回の岩盤は、さすがに割ることはできないので、
予め用意したもので行いたいと思います。
(料理番組的、段取りですが...(^_^;)

 

 

DSC_0055
先ほどの水平に岩盤に穴を開ける削岩機よりも、ミニーな
掘削機で、割りたいラインを見つけて、穴を開けていきます。

が!!
DSC_0053

どこに開けてもいいわけではなく、
この穴開けの位置決めは
非常なたぐい稀なカンと
山石屋の経験に裏打ちされていないと、

okoru-oji-1

「てめ~~どこに穴開けてやがる!!」

「これで、1000万円の損だ~~。一生タダ働きしやがれ!!」

ってことになっちゃうんです。
何事も職人の世界は実力本位ですからね。
10年は年期が必要でしょうね。。。
(いや、たぶんですが...(^_^;))

で、割っている様子です。

 

 

これが何億年と地中に埋まっていた庵治石が初めて
空気に触れた瞬間の様子です。

58秒あたりで、石が割れてます。
その石の割れる音をしっかりと、ご確認ください。

この面はたった今、

生まれたんです!!

DSC_0059

あまりの感動に、涙で前が見えない。。。私ですが、
職人さんは、ベテラン産婆さんのごとく、
やるべきことを淡々とこなして行きます。。。(^_^;)
DSC_0063

割った面に水を掛けていきます。
これは、石の面を確認しているんです。
石に水を掛けると、表面の状態が良くわかると共に、
磨いた後の状態に近い、色になります。
つまり、
お墓になった後の状態を確認できるわけです。

DSC_0065

このように、日本だけではなく、世界中で
お墓の石を採掘している場所では、このように
水を掛けて、色と傷がないか、確認しておるわけです。
万国共通。
石の見方、というわけですね。

 

 

DSC_0071

素晴らしい面ですね。。。
うっとりします。。。(^▽^)/
でも、これが全部お墓の石になるわけではないのです。

DSC_0073

はい、上の写真を拡大してみました。
この石、どこが使えない部分でしょうか?

 

DSC_0073-2

この赤枠の中に、キズがあります。
お墓に使えない部分です。

DSC_0074
半分くらい、使えないんですよね。
こっちは、使えそうな部分。。。
キレイですね。
美しいですね。
見事な斑(ふ)が出てますね。

庵治の細目の特上品です。

pixta_23513787_s

素敵です。
生まれたばかりの庵治石の割肌。
ホントに青くて、美しい。。。

 

しかし!!
まだ、安心するのは早い!!
これで、できると思ったら、甘過ぎる!!
大あまちゃんだ!!

もう一面、割ってみないと、使えるかどうかは
分からない。
奥から手前向きに傷があるかもしれないんです。

。。。

。。。

あまりにご無体な。。。

pixta_23513787_s

そんなことって!!!

けっこう、あるそうなんです。
庵治石の厳しさ、半端ないです。。。

さらに、その厳しさが
更に想定外の厳しさだということを
後で知ることとなります。

 

※ 文中で「キズ」と表現しておりますが、正確には、キズではない部分もそう表現しております。
  石についてあまりご存じでない人も良くわかるように、一律キズと表現しております。
  ただ、いずれにしてもお墓の石には使えないので、結果は同じです。ご了承ください。

 

 

 

「庵治石のお墓」が建てたい!!
       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0085

「庵治石のお墓」を作り続ける庵治牟礼(その1)

庵治石の最高品を採掘

 

バスに乗って、一路、庵治の大丁場へ
曇り勝ちですが、悪くない天気ですね。

〇丁場とは?
石を採掘している場所を俗に「丁場(ちょうば)」といいます。
高級墓石材を採掘しているところもあれば、
建設資材のような石を採掘しているところもあります。

 

DSC_0019

正面に見えるのが、大丁場。大丁場の「大」は
大きいという意味ではなく、「大久保家の丁場」という意味??
ではないかと、勝手に推測しておりますが、
大久保家の土地であり、大久保さんが地主さんで、
そこで採掘しているのが、小作さん、となります。
そして、毎年、年貢を納められている、とのこと。
年貢ですよ。
年貢。。。

まあ、名称はクラシカルではありますが、借地料、ということですね。

DSC_0021

その大久保さんが経営する「大石産業株式会社」の横を通って、
大丁場の中へ。

DSC_0023

はい、よく見えませんが、
「ここからは、大久保家の土地なんだから、
関係ない人は入っちゃダメ」
的なことが、書いてあります。
オオクボエンタープライズ。
大丁場の管理会社です。

DSCN2105

7年前は、こんな感じだったんですが、ちょっと雰囲気違うのかな。。。
まあ目的地が違いますからね。
今日は、「田渕石材株式会社」の丁場へお邪魔します。
前回は、「有限会社太田秀雄石材店」でしたからね。

ちなみに、ここから上は
トイレがない、のです。
山の神様の聖地なので、おトイレは下界で済ませておきます。
トイレの近い人はややつらい。。。(^_^;)

それから、お正月は山の神様の祀りの終わる日までは
一切の仕事はしないそうです。
古くからのしきたり、慣習は頑固に守られているわけです。

 

DSC_0027

丁場に到着わーい\(^▽^)/

 

DSC_0030

最も良質の庵治石が採れる場所、庵治石「大丁場」
その中でも、最高品質の庵治石が採掘されることの多い
「田渕石材株式会社」の採掘場です。

遠目からみると、なんだかキズだらけで、
こんなところから、ちゃんとしたお墓の石が採れるのかな~~って
すごく心配してしまいますが。。

DSC_0029

しかし、よく見て下さい。
手前のCAT
その左手の小さなCAT

さらに、採掘場の中腹、小さくて見にくいですが、
小さな重機が二台、いますよね。

DSC_0030

こっちの方が見やすいかな。。。
いかに、大きな石の山かが、分かります。
私が死ぬまでにこの山がなくなることは、100%ありませんね。

 

会いたかった人に

 

DSC_0032

とりあえず、ご挨拶と注意事項から。。
まずは、田渕社長@青ヘルメットから、と思いきや。。。
隣の人が、いきなり挨拶を始めましたよ。。。

って、

。。。

。。。

「大久保です」

DSC_0033-2

ご本人、でした。。(汗)

いきなりで、ドキドキの瞬間。
7年前はご都合が合わず、お見掛けできなかったのですが、
目の前に。。。(^_^;)

オオクボエンタープライズの代表であり
大久保家第17代当主でもあられる大久保一彦さんです。
ちなみに、字は違えど、私も同じ「かずひこ」です。
(まあ、たまたまですけどね。。。とりあえず言ってみた(^_^;))

大久保さんのプロフィールはこちら。。。
→→→「庵治石ブランドを次の世代に」

 

でも、なんか、緊張です。。。
(なんで緊張するのかは、自分でもわかりませんが。。。(^_^;)

 

庵治石の採り出し方

 

引き続きまして、実際に石を採掘する工程をご説明頂きます。
こちらが、田渕社長@ブルーヘルです。

DSC_0038

写真のように、削岩機という穴を開ける機械をつかいます。

 

DSC_0044

岩盤の採りたいラインに削岩機で深く穴を開けていきます。

DSC_0048

こんな感じですね。簡単そうに見えますが、
非常に根気と力のいる仕事です。
音も半端ないので、耳栓は常時使用しないと、おかしくなります。

DSC_0084

はい、私です。
こんな大きな岩状態の
でも、庵治石の塊を採りだします。
このたくさん開けた穴に
「黒色火薬」を詰めます。

ちなみに
「下瀬火薬」は日露戦争で日本軍が開発した当時世界最新鋭の火薬です。。。
(関係ないですが、ふと「坂の上の雲」を思い出したので。。。(^_^;))

この「黒色火薬」を燃やして、その破壊力でこの岩盤の様な岩を下の部分と分離して、
浮かせる、のです。
そのことで分離し、採りだします。

黒色火薬とたまに
「ダイナマイト」も使うらしいですが、
ダイナマイトは高額で、
しかも、爆発の力が四方八方に広がるので、
採りだしたい石が粉々になってしまうので、
主に、黒色火薬をつかい、
場合によっては、ダイナマイトも使う、とのこと。。

マニアックな火薬雑学でした。

ほとんどの人にとっては、意味のない情報ですが、
採掘している人にとっては、大変ありがたいモノなのです。
後日ご紹介しますが、火薬を使わない丁場は
それはそれで、大変なんです。。。

その後、採りだした原石が大きすぎて、
運べないので、運べる大きさに割る作業です。
これが、熟練と経験がないと絶対にできない作業です。

 

 

 

「庵治石のお墓」が建てたい!!

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0171

「庵治石のお墓」を建てたい!!(その3)

参加メンバーが。。。

少ない。。。!!!
メンバーが。。。
1、2、私を入れて3人。。。って!!

DSC07935

グッズは、しっかりとあるんですが、

 

DSC07937

参加者は、3人。。。
あとは、白いジャンパーを着た人が数名。。。
でも、ジャンパーを着てない人が結構いるな。。。と
思っていて、後で聞くと、
組合の研修も兼ねているとのこと。
あまりにも人数がすくないので、、

確かにお彼岸前の多忙な時期なので、
仕方ないのかもしれませんね。

でも、
なるほど、
庵治の石メンたちと一緒の研修か。。。
実は今日は、ラッキーだったかもしれんな。。。と
密かに、私は好運を喜びましたよ。
一人さん、ありがとう。。。

ツイてるな~~

で、一通り見まわしまして、
知ってる顔は。。。
あ、いらっしゃいました。

DSC07938
大川さん@赤がなぜか好きな伝説の石工
ですね。
石産協の加工部会長さんです。
大川@伝説の赤さん以外は。。。なんとなく見たことあるな。。。

(赤が好きらしいので、赤字にしてみました。。。パーカーも赤いしね(^_^;)

という感じで、ご存知の顔も数名。。。
そして、こちら側の参加メンバーは

① 静岡県の石屋さん、
久保田さん@美人な石屋さん。
略して、
久保田@美石さんと
②我らが兵庫県宝塚市の石屋と言えば、
西村石材店。
そこの若き次世代
田中さん@宝塚の超新星さん
略して、
田中@宝星さんの2名と私の合計3名。

庵治ソムリエ養成講座、いよいよ始まります

どうも、スタッフの方が多い気がするな。。。
などと考えていると、そろそろ始まりました。
座学から始まったんですが、
それらは、こちらで。

DSC_0171

これを中心に勉強しました。
でも、なぜか、このパンフ、私持ってましたが。。。
どこで手に入れたんだろう。。。(^_^;)

非売品らしいです。
庵治ソムリエ養成講座を受講しないと基本的にはもらえません。
では、なぜ。。。
(まあ、そういうことはスルーして。。。)
とにかく久しぶりの丁場へ、ゴー\(^▽^)/

DSC_0015

 

「庵治石のお墓」が建てたい!!
       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC07935

「庵治石のお墓」を建てたい!!(その2)

遅刻にビクビクしながら、高松道の安全運転の箱トラックの後ろを走っておりました。
但馬、豊岡市のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
(高松道は基本的に対面一車線なので、追い越し区間が短いのです。。。(^_^;)

じょうだんじゃないわよ~~

と「盆暮れ―」の言葉が脳裏をよぎりますが、、、
(わからない人はスルーを。。。(^_^;)

ナビは依然として、
「あんた、35分の遅刻だよ!!
急ぎなよ。。。」
と申しております。

そんなこんなでも、
考えてしまうのは、
「庵治石」のこと。。。

まず、
庵治石をよく知らない。

 

庵治石についてよく知らない

これは致命的です。
一度、大丁場へ見学へ行ったきり。
その時、太田元さんと写真を撮らせてもらっただけ。

DSCN2118
はい、その時の写真です。
若いな~~私。
あの時、加工工場も見学したし、
いろいろ寿共同石材株式会社の谷本社長(現会長)から
いろんな話をお聞きしました。
でも、それ以降、どれほど庵治石のことを
学んだんでしょうか?
庵治石に対する知識が足りなかったのではなかったか?

もっともっと庵治石のことを学んでいたら、きっともっと
庵治石のお墓を建てていたはずです。
その後、

〇 庵治石に関して、やや縁遠い気持ちでなかったか?

〇 庵治石は高いから、建てる人などいないだろうという
思い込みはなかったか?

〇 庵治石は高級だから、私には縁がない、という甘い考えがなかったか?

〇 庵治石は世界最高品質の墓石材だと、公言しておきながら、
どこか、私とは関係ないものだという甘い見込みがなかったか?

そんな反省を、遅い観光バスの後ろでジリジリしながら
考えておりました。

さらに。。。

庵治石が好き、だと言えるか?

 

庵治石が大好きだと、はっきりと言えるか?
庵治石が、好きで好きでたまらない、と言えるか?

庵治石をお勧めする私が、そんなに好きじゃないんですよ~
なんて言ってたら、
選んでくれるはずがない。

庵治石のことを語りだしたら、
一晩でも足りない~~♪
(幸子~~)
ぐらいじゃないと、決して熱意は伝わるはずがない。
熱意が伝わらないのに、他の石より高価な庵治石を

 

選んでもらえるはずがない!!!

 

私が間違っておりました。
私が悪うございました。
申し訳ありません。

とっても遅い高速バス(って、どんなだ!!)
の後ろにぴったりと寄り添って
謝罪の言葉を心の中で唱えておりました。

正しくそういう心境で、
讃岐石材加工協同組合へ向かったのでした。

当然、遅刻ですわな。。。(^_^;)
当然、皆さんの注目の的です。

ですが、幸運なことに、
10分くらいの遅刻で済みました。
(いや、それでも待たしてすいませんでした。。。)

会場に入ると。。。
やや寂しい気が。。。

DSC07935

 

 

 

「庵治石のお墓」が建てたい!!
◆ 「庵治石のお墓」が建てたい!!(その1)
◆ 「庵治石のお墓」が建てたい!!(その2)(←この記事です)
◆ 「庵治石のお墓」が建てたい!!(その3)
◆ 「庵治石のお墓」を作り続ける庵治牟礼(その1)
◆ 「庵治石のお墓」を作り続ける庵治牟礼(その2)
◆ 「庵治石のお墓」を作り続ける庵治牟礼(その3)
       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0012

「庵治石のお墓」を建てたい!!

ある朝、目覚めると同時に
そう思いました。
「庵治石のお墓」を建てたい。

全く建てたことがないわけではないです。
でも、まあ、数えるほど。
昨年も庵治石の中目の戒名碑を建てました。
中目はいくつか建てた記憶があります。
でも、ホントに僅か。

庵治石のお墓、と自信をもって言えるか、どうか。。
でも、
庵治石のお墓を建てたい。
どうすれば建てれるか??

syukudai_boy

いろいろ考えました。
ただ待っているだけでは、私の生きている間に依頼が来るとは
思えません。
ただ、単に、
「庵治石のお墓建てさせてください」と営業(?)的なことをしてみても
建てさせてくれるとは、到底思えない。

さて。どうすべきか。。。

まず、今年の正月、今年の目標というか、夢(という名の未来予想図)には、
「庵治石のお墓を建てる」というものを第35番目に書いてみました。
(100個のうちにね。。。(^_^;)

千里の道も一歩から。
一歩を踏み出さないと、永久にゴールへは到達できない。
(誰かの言葉。。。(^_^;)
散歩に出かけて、気づいたら富士山の頂上に登っていた人、はいない。
富士山に登るには、まず登る決心をしなくてはならない。
(一人さんの言葉。。。かな)

まず、目標に書き込んでみる。
すると、
引き寄せの法則が働いたのか。。。
「庵治ソムリエ養成制度」の文字が。。。

「あじ?」

「味?」

「庵治!!」

「庵治ソムリエ!!!」

なんじゃそりゃ!!!

躊躇なく、申し込みました。
庵治ソムリエ。
ソムリエって、ワインソムリエ、的なもの??
庵治の専門家?
庵治の。。。
まあいい、とにかく私の目に留まったんだから、
申し込もう。。。

そんな感じで申し込んだ、庵治ソムリエ養成講座。

それが、気づくと明日だよ。
早いな。。。
庵治ソムリエ実行委員長の山田幸輝さんからメールが。。。
9時半集合??
讃岐石材加工協同組合!!
あの、かつて、
レムジアショーを初めてみたあの讃岐石材加工協同組合か。。。
9時半って、何時に起きないといけないんだ。。。
また、4時起きか。。(^_^;)

と思ったのに。。。
起きたのが、5時半。
出発したのが、5時40分。。。
一時間の遅刻だよ(^_^;)(^_^;)(^_^;)

DSC_0005

5時間弱で291キロの道のりです。

 

DSC_0012

朝早い時間で比較的空いてたので
30分短縮して、これで間に合うな。。(^O^)
と余裕の淡路PAの観覧車の前で自撮りしてたら、
この後、仕事の電話が入ってきて。。。
また10分遅れて40分遅刻。。。

間に合うのか、俺!!

 

 

 

「庵治石のお墓」が建てたい!!
◆ 「庵治石のお墓」が建てたい!!(その1)(←この記事です)
◆ 「庵治石のお墓」が建てたい!!(その2)
◆ 「庵治石のお墓」が建てたい!!(その3)
◆ 「庵治石のお墓」を作り続ける庵治牟礼(その1)
◆ 「庵治石のお墓」を作り続ける庵治牟礼(その2)
◆ 「庵治石のお墓」を作り続ける庵治牟礼(その3)
       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
dsc09971-2

約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記⑤(終わりに)

5回に分けて、海洋散骨体験ツアーの模様を思い出すことだけを
書き綴ってみました。
(ゼロは関係ない話なので、除いております。。。(^_^;))

何しろ、3年前ですから、忘れていることも多くて。。。

ただ、
この体験ツアーを通じて感じたことは、

「海洋散骨、ありだな」

ということ。
選択肢の一つとして、あってもいいな、と思いました。

もちろん、選択しない人は多いと思います。
海が嫌い、
海に縁がない、
海に興味がない、
などの理由はもとより、どうして海?
ということもあって、選択肢から除外することは構わない
とは思います。

でも、
大地とともに、すべての生物の始まりは、海だという説があります。
それが事実なのかどうかは、わかりませんが、
そう聞いている海に
最後は、帰りたいという気持ちを持っている人は当然、いらっしゃるわけで、
海に帰りたい人にとって、海洋散骨は、一つの大きな選択肢となるでしょう。

現に、有名人で海洋散骨された人は、
石原裕次郎、
勝新太郎、
横山やすし、
hide(Xメンバー)、
いずみたく、
安岡力也、
立川談志、
梨本勝など。

外国人でも
アルベルトアインシュタイン、
ジョニスジョップリン、
フレディーマーキュリー、
ジャックマイヨール、
マリアカラスなど。

海に関係した人も多数いらっしゃいます。

おそらく、ずっと昔から、
「死んだら海に撒いてくれ」と遺言されていた人は多くいたはずで、
そういった内緒で海に散骨していた人々が、
表に出てきて、かなりメジャーな供養の方法となってきた、
というだけなんだろうと、思います。

そして、忘れてはならないのは、
日本はもとより、外国でも多くの先人が戦争、その他海難によって、
海で亡くなっています。
家族、友人、知人、戦友を海で亡くした人達は、
彼らが眠っている海が
「約束の地」だと考える人もいるでしょう。

昔、中学生の頃、見た映画のワンシーンなんですが、
2人の息子を戦争で亡くした年老いた父親が
2人が亡くなった海に向かってつぶやくシーン。
「待っていておくれ。
もうすぐ(私もそこへ)還るよ」
というシーンをすごく覚えています。

その年老いた父親にとって、海こそが
「約束の海」なんでしょうね。

 

 

海洋散骨を体験しました
① 約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記0
② 約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記①
③ 約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記②
④ 約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記③
⑤ 約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記④
⑥ 約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記⑤(←この記事です)

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
dsc00035

約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記④

さて、セレモニーが終了しました。
あとは、意見交換の場となるわけですが、
あまりにも東京湾が気持ち良かったので、
みなさん、海を満喫されています。

こういう海の楽しみ方って、
あまりしたことがないので、
海って気持ちいい、という感想が
思わず出てきました。

img_20130223_155341

dsc00025

普段、体験できない海の上ということで、
いろいろな話題があって、
テンション上がり気味。。。

dsc00035

そして、カモメの餌やり、
これがまた楽しいんです。
エサ、と言ってもかっぱえびせんなんですが、
空に放り投げると、カモメが上手に食べてくれます。
なんだか、イルカショーを自分でやっているような気分。
img_20130223_150220-2

そして、先ほども言ったように、羽田沖なので、
ジャンボジェット機が、次々と降りてきます。

 

 

img_20130223_150226-2

うお~~、近い(^_^;)
と思ったら。。。

dsc09947

前方から、やってきて、

 

dsc09945-2

あ~と、このコースは!!

 

dsc09946

真上を通過していきました。
ジェット機を真下から見るって、なかなか機会がないですよ。

まあ、これは東京湾でしか体験できないことですが、
供養以外のアメニティをも取り入れて、
海洋散骨+海上クルーズ体験がセットになっていて、
参加者も楽しめる流れになっていました。

 

 

 

海洋散骨を体験しました
① 約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記0
② 約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記①
③ 約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記②
④ 約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記③
⑤ 約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記④(←この記事です)
⑥ 約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記⑤

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
dsc09975

約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記③

船内のセレモニーが終了しました。
あとは、実際に海に散骨します。

喪主の方が、参列者全員に、小分けした焼骨を配ります。

dsc09954

※業者の見分け方のヒント
パウダー状になった焼骨は、湿気が少しでも含まれると、
粘液状に固まってしまいます。
なので、湿度管理がすごく大切です。
そのあたりしっかりできているかどうかが、
業者の見分け方の一つとなるかもしれません。

細かくして、水の中で分解する紙材質の袋に入ったご遺骨を
参列者一人一人が故人との想いとともに
海に還します。

非常に海と近いので、
自分の想いで、海に還すことができます。
ある意味、この瞬間が一番のこの葬送の
ポイントかもしれません。

dsc09959

この後、用意されたお花も一緒に
海に。

dsc09964-2

この当たりは他の葬送も同じですね。
献花とともに、海へ。

dsc09975

dsc09972

 

非常に穏やかな昼下がり。
羽田沖なので、遠くでジェット機が離着陸してます。

dsc09991

さて、散骨が終了となると、
最後に喪主さまが最後に花束を海に。

村田さんから説明を受けているところ。

dsc00002

花束を海に。。。

dsc00005

最後に、鐘を鳴らして、全て修了。
散骨した海域を3周、周回して、帰路につきます。

dsc00009

ちなみに、ルフィ―がしていたやつ。
鐘を鳴らして、海で亡くなった人々の鎮魂と供養を祈る行為。

鐘には、そういう意味があるんですかね。
海軍式??

以上で、おおよその儀式が終了です。

(もう少し続きます)

 

海洋散骨を体験しました
① 約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記0
② 約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記①
③ 約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記②
④ 約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記③(←この記事です)
⑤ 約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記④
⑥ 約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記⑤

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
dsc09907

約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記②(海上へ。。。)

場所は東京、晴海。
トリトンスクエアという場所の隣の
朝潮小型船乗り場。

 

 

隣には、屋形船とかもあります。
こっちの方が魅力的だな。。。(^_^;)

船に乗り込むと、実際に海洋散骨を行う模擬ツアー形式で
始まりました。

主催者は、神奈川・横須賀の大橋石材店の社長、
大橋理宏さん。
喪主って感じですね。

dsc09896

 

ツアーをガイドいただけるのは、
ブルーオーシャンセレモニー代表
村田ますみさん。

dsc09951

一般社団法人海洋散骨協会の代表理事を務められてます。

「お墓に入りたくない、散骨という選択」という著書も書かれている
海洋散骨のトップランナーでもあります。


http://blueoceanceremony.jp/map/

 

そして、船長のあいさつがありまして、いよいよ出発です。

dsc09888-2

実は、クルーザーに載ること自体初めてで。。。
(当たり前ですが、海弱者なので。。。)

 

じつは、
東京湾に出かけることにちょっとドキドキしておりました。
正直。。。
今なら言えることですが。。。
海、嫌いなのに。。。(^_^;)

 

まあ、屋形舟には、いつでも乗れるけど、
こういうクルーザーはもう二度と乗ることもなかろうと、
なら、今を楽しもう(^O^)
沈んだら、みんな一緒だし。
とか、思い直して、前向きに望むことに。。。
(ポジティブ思考で)

出航~~です。。。

 

セレモニーがはじまります。
船内には、遺影と祭壇

dsc09898-2

(どちら様ですか。。。)

手前がパウダー状になった遺骨です。
紙のような袋に入っておりますが、水に溶ける材質とのこと。

dsc09883

村田さんが丁寧に流れをご説明していただけます。

dsc09884

参列者分に小分けしてあるパウダー状になった遺骨。
散骨場所に到着したら、それぞれ散骨していただきます。
袋は水に溶ける性質のものなので、ご安心ください。

ちなみに、散骨場所はこちらです。
http://blueoceanceremony.jp/map/

よく確認してください。
羽田沖、というやつですね。
(ワクワク。。。(^▽^)/)

 

それでは、参列者を代表して、一言ご挨拶。。。
K・Kさん。

dsc09933
参列者のご焼香的な、お花を手向けます。
岡山からお越しの親戚代表、Fさん。

dsc09942

さて、あとは、
散骨場所へ向かいます。

それにしても、いい天気ですね。
海洋散骨は天候によって、
素晴らしいイベントになったり、
苦難のイベントになったりしそうです。

dsc09906

晴れたら、
こんなに素晴らしい東京湾が体感できますよ。

 

dsc09907

気持ちいいな~~~

 

img_20130223_142224

 

dsc09908

 

さて、そろそろ、場所に到着しそうです。
なんだか、こんな供養もありかもって
思いだしている自分が。。。(^_^;)

(続きます)

 

 

海洋散骨を体験しました
① 約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記0
② 約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記①
③ 約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記②(←この記事です)
④ 約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記③
⑤ 約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記④
⑥ 約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記⑤

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
dsc09866

約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記①(まだ、始まりません。。。)

おはようございます。
旅好きな
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)でございます。

旅は好きなんですが、
海はあまり得意ではありません。
まあ、ぶっちゃけ
海は苦手なんですね。

子どもの頃、ネフローゼ症候群という病気にかかっておりまして、
小学校時代、ほぼすべて体育の授業は見学。。。(^_^;)
プールの授業に関しては、結局小学校6年間、一度も
プールに入らず、プールサイドでの見学をしておりました。
(今考えれば、かわいそうな小学生でしたが。。。)

ということで、水中=海には、馴染めない人間となっております。
なのでね、
海洋散骨という言葉に、
多少、腰が引ける、というか
嫌な予感がするというか、

なぜ海なの?
なぜ山では納得できないの?
むしろ、

山でいいじゃん。
山があるじゃん。
あるじゃん、
あるじゃん。
(by 高梨沙羅)

。。。

。。。

と、呪文のように心で唱えておりました。。(^_^;)

山はいいよ。
しっかりと地に足がついてるし、
海はエラがないと生きていけないよ。。。
人間にはエラはないしね。。。

などと、意味不明なことを考えていると、
変な感情がふつふつと。。。

 

「やめようか??」

「ドタキャンするか??」

「皇居みたからいいだろ?」

(どうでもいいですが、誰に向かって言っているかと言えば、
私の中のアクマが天使にささやいていると思って下さい。。。(^_^;)」

 

angel
「いや、良くないし!!
皇居なんかいつでも見れるわよ!!」

 

character_akuma

「いつでも見れねーよ、東京来なきゃ。。。」
angel

「海洋散骨を見に来たんでしょ、どうするのよ!!」

 

character_akuma

「どうでもいいだろ、皇居のおまわりさん見れたし。。。」

 

angel

「バカ~~~」
(平手打ち!!)

。。。

。。。

。。。

今回は、天使が勝ったようです。。。(^_^;)

 

ようやく、船着き場まで到着。

dsc09866

(続く)

 

海洋散骨を体験しました
① 約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記0
② 約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記①(←この記事です)
③ 約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記②
④ 約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記③
⑤ 約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記④
⑥ 約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記⑤

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記0

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
最近、ちょっとずつお墓以外の供養、というものもここにアップし始めているんですが、
その最初のきっかけが、こちらの海洋散骨クルーズ体験参加でした。
約3年前、2013年でした。

そのことを書いてみたいと思います。

思い出しつつ。。。。

海洋散骨してみたいな、って思っている人の
参考になればいいのですが。。。

(こういう、体験とか、ツアーとか、そういうのをブログに書き始めると、変な方向に行きがちなので、気を付けなければ。。。)

 

時は、2013年2月でした。
水道の水が凍るような、寒い朝。
目覚めると同時に、
私はワクワクしておりました。。。
(すでにおかしいし。。。)

dsc09832

東京へ行くときはいつもいつも、真っ暗な時間に出発します。
今回も日帰りなので、
真っ暗な中、出発です。

img_20130223_035809

とりあえず自撮り。

今から出発です。
午前3時頃。。。おそらく。。。
どんだけ早起きですか。。。
(ほぼ遠足前の小学生状態。。。)

車で、まず京都まで。
そこから、新幹線で、東京へ。

この頃は京都まで車で行っていたんですね。
なぜか?
帰りの京都で、旅の締め、
「京都ラーメン」を食べるためです。。。(^_^;)(^_^;)
そのために、疲労困憊になるのを承知で、京都まで車で行っておりました。
実は。。。
今、初めて告白しますが。。。

まあ、そんなことはどうでもいいです。

img_20130223_065124

朝焼けの京都市街地。
(だと思う。。。)
こんな時間に京都に着こうと思ったら、3時出発しかないですね。
さあ、ハードでワクワクな1日が始まります。

img_20130223_071050

まず、事前にネットで検索していた安い駐車場に止めて、
新幹線で京都駅➡東京駅へ。

1361588969475

しかし、あまりにも早すぎる。。。
ので、皇居の散策へ参りました。

皇居、です。
ほぼ初めての皇居。

dsc09850

 

皇居の石垣。
いいですね。

 

dsc09851

 

ちょっと、凸凹してますが、稜線はしっかりしております。

 

dsc09836

 

これを見ると、隅の石って、大事だなってことがすごくわかりますね。

 

dsc09849

橋のアーチも見事。。。

って、海洋散骨はどうなった。。。(続く)

① 約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記0(←この記事です)
② 約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記①

③ 約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記②
④ 約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記③
⑤ 約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記④
⑥ 約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記⑤

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

さよなら、石屋の楽園!!

DSC_0203-2

今日は、息子の中学卒業式。
義務教育も今日で終わり。
頑張って高校へ行ってほしいですね。

但馬、豊岡のお墓のプロおおきたです。
やっと2人目が高校へ行ってくれる年になりました。
頑張ってとうちゃん、働かねば。。。
お墓のことなら、ご相談ください。

とりあえず、お問い合わせフォームを。。。(^_^;)

ところで、
楽しかった岡崎のワクワクツアーも
いよいよ最後となりました。

鳥居、ご存知ですか?
鳥居専門の石屋さんが、なんとあるんです。岡崎に。

(有)丸吉吉田石材

DSC_0276

ちょっと歴史を感じる入り口ですが、
中には見たこともないような、専用石材加工の機械が。。。

DSC_0279

鳥居の笠部分。
かなり出来上がっております。

 

DSC_0282

見事です。

DSC_0284

こっちが柱。
鳥居を加工しようと思ったとき、一番大変なのは、
この柱だと思います。
この長いものを円柱に加工するのは、
かなり至難の業。

 

DSC_0287

そして、出来上がりの見本がここに。。。
豪華な鳥居が。。。

全国どこでも加工から施工までしていただけるようです。
鳥居は神様のくぐるものですから、
ぜひ、日本人の手で、日本の石で作りたいものですね。

そして、

もう一軒、彫刻石材店。
「石彫の戸松」さん。

DSC_0290

職人さんが加工していました。
お地蔵さま作成中。

DSC_0292

なかなかの力作です。
(写真撮影が下手ですいません。)

 

DSC_0294

やや大きめのものも作成中でした。
蓮の台が出来上がっていたので、
おそらく観音様ではないかな。。。

最初はやっぱり、真四角の石から作り出すんですね。

 

DSC_0302

岡崎一の有名人の石像も。

 

DSC_0303

沢山の彫刻品が並んでいました。

これ以外にも
いろいろなところを見学させてもらいました。

この談笑している茶色の方の某龍石材の社長と
こだわりの石材店さんとの
「加工品質バトル勃発事件」とか、

DSC_0080-2

お伝えしたいエピソードがいっぱいなのですが、
紙面の都合上、これまでとさせていただきます。
(どこの紙面だ。(^_^;)

まあ、とにかく、
いろいろあった、岡崎、石屋の楽園ツアー
ホントに楽しかったです。

最後に、
初めて田中雅万さんともお会いできました。
ありがとうございました。

田中生万石材店

参加者全員で、記念写真\(^▽^)/

12744320_971665259579593_3750977558996772547_n-2

来年も楽しみだな~~
1級ディレクター研修会。

あ、忘れてた。
ここには、こちらも。
某日本石材工業新聞の社屋も。
初めて拝見。

DSC_0305

お世話になった皆さん、ありがとうございました。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

感動の親子対面!!

DSC_0203-2

雨降りの但馬、豊岡の天候です。
雪はもう降らないかな。。。
雨が上がれば、もうすぐお彼岸ですよ。
お墓そうじ済みましたか?

石屋の楽園、岡崎を満喫している私ですが、
最終地点、石工団地にいます。

団吉のいる石工団地ではいろいろ見学させてもらいました。
まずは、「清水組石材工業㈱」さま。

DSC_0258

電線が邪魔!!!してますが。。。(^_^;)

 

社長自ら、いろいろお話しくださったんですが、
茶色い人が邪魔で、良く聞こえない。。。(^_^;)

DSC_0246

展示場はすごくきれいでしたが、
いろいろとまずそうなものがあったので、
写真は自粛させてもらいます。
(価格とか、価格とか、価格とかですね)

DSC_0256

逆にこちらのサンプル石はすごくいいなと思いました。
大きいし、珍しい石もあったり。。。
(北木石の錆、とかも。。。)

DSC_0255

大口径も動いてましたよ。
大きさ比較のために
☆野さんにモデルになってもらいましたよ。
(突っ込みどころ満載ですが、あえてふれません。。。)

 

DSC_0259

次は、磯貝彫刻さんに。。。

DSC_0273

この金太郎、いいな。。。♡

DSC_0261

さて、工場内はなんだかすごい彫刻を作成中のようです。
でも、まだ撮影は不可。
これだけはいいかな。

DSC_0272

そして、感動の親子対面。
似てる、似すぎている。。。

DSC_0264

感動のドラマがあった、磯貝彫刻様でした。

DSC_0274-2

それにしても、この金太郎と鯉、いいな♡♡♡

あ、次回は
石屋の楽園、愛と感動の岡崎ツアー、最終回です。
楽しかったな~~岡崎。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

ダン吉に会いに行く。

DSC_0203-2

もうすぐ真ん中の子の卒業式、寒くなければいいんですが。。。
卒業式は寒いイメージしかないので、心配です。

但馬豊岡のお墓のプロ、大北です。
豊岡西霊苑もいいお墓建てますよ(^O^)

さて、いよいよダン吉に会いに来ました。

DSC_0237

いかにも、ダン吉。
誰が見てもダン吉。
ダン吉って団吉かもしれないけど。

「団地」の団吉ですね。
こちらはかなり念入りに見学させていただきました。
(やはり、某日本石材工業新聞社の地元だからか?)

DSC_0229

団吉の周囲で記念写真を撮るみなさん。
上にも上がれるようになっております。

上に上がる人、
団吉の前に来る人、
石材人はそういう人が多いですね。

DSC_0236

石のモザイクで
「石工団地」の文字

DSC_0234

なんと、総ヒノキならぬ、
総みかげ石製の石工団地神社!!!
まさしく、石工団地にふさわしい!!

DSC_0231

トイレも石でした。。。(^_^;)
石好きにもほどがある。。。
(当たり前か。)

中は見なかったですが、
ほぼ間違いなく、便座もみかげ石製でしょうね。
おそらく。。。

石好き、ここに極まれり。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

石の鍛冶屋、石鍛冶屋。

DSC_0203-2

おはようございます。
急に温かくなったのに、今週は寒い日もありそうです。
卒業式もあるのにな。。。

但馬、豊岡のお墓のプロおおきたです。
ただ今豊岡東霊苑でお墓を建てる方、絶賛募集中です。

さて、石材加工の道具を作っている近藤石工具製作所さんにお邪魔してました。

DSC_0207

みなさん、石を加工するのにどんな道具を使うと思いますか??
石は硬いので、それよりもっと硬いものでないと、加工できないと
想像は付きますね。

昔は鋼(はがね)を鍛造(熱処理)して、硬くしてそれで石を加工していたんですね。
よく、時代劇に出てくるやつですね。

でも、それでは耐久性がないので、毎日、朝一番に鍛冶仕事をして
石屋の仕事が始まる、とはよく聞く話でした。

それが、タンガロイ工具が出てくると鍛冶自体も必要なくなり、
石鍛冶をする人は少なくなっていったとのこと。

◆タンガロイとは
炭化タングステンコバルトなどの粉末とを焼結して作った焼結炭化物合金
と、wikipediaにはあります。
とにかく合金で非常に硬く、加工もできます。
現在、ほとんどの石材加工道具の刃先に
これが使われており、石材加工の道具も格段に進歩しました。

 

今では石工具自体を使う石屋さんも少なくなって、
こういうメーカーもかなり数が減っています。

ここ、近藤石道具製作所さんは全国でも唯一といっていい、
毎日鍛冶場が動いている道具屋さんです。

DSC_0214

若い職人さんが日々、こうやって石道具を作られています。
日本で一番、石彫刻の石工さんが多い岡崎ならでは、ですね。

DSC_0217

ずらりと並んだ、石加工の道具。
いろいろほしいものがあります\(^▽^)/

DSC_0218

8枚ビシャンと言って、一番仕上げに使うビシャン叩きがほしいなって、
思ったんですが、

DSC_0219

「7枚ビシャン」しかない。ごめんなさいね。
と言われてしまいました。
7×7枚のビシャンの頭です。
これより細かい仕上げに使うやつが8枚ビシャンです。

次はいよいよ、「団地」です。
団地にはダン吉がいるそうなんです。
\(^▽^)/

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

どんなところにも気づきってあるもんですね。

移動中のバスの中、
いろいろな方がいろいろな演芸をしてくれて、
なかなか、飽きるということがありませんでしたね。

但馬、豊岡のお墓のプロ、大北です。
豊岡東霊苑でお墓を建てる予定の方、
いいお墓建てますよ\(^▽^)/

名古屋から岡崎の道中、結構の距離あるんですが、

DSC_0173

こんな方たちや

 

DSC_0176

こんな人が、面白い石のお話をしてくれて、
1時間程度の移動時間もあっという間でした。。。

と、演芸(??)を楽しんでいると
なぜか、妙なオーラを発している人が。。。

DSC_0175

この手は。。。
私の前に座っている、
神奈川、川崎で200年続く、超老舗、吉澤石材店の8代目!!!
吉澤光宏さん。

DSC_0174

「いや~、大北さん、実は面白いことがあって(笑)」

「はい??」

「実は、先ほどのサービスエリアでこの缶コーヒー、買ったんですよ」

「はあ。。。??」(あんまり見ないコーヒーだな。。。)

「値段見ないで、500円玉を自販機に入れて、コーヒーが出てきたんですが、
おつりが50円しか出てこないんですよ」

「え!!壊れていたんですか??」

「そうだと思ったんですが、よく見ると、このコーヒー、450円だったんです」

「8代目、そりゃないですよ。。。(^_^;)
いくら高いっても、缶コーヒーごときにその値段はない。
壊れているんですって!!」
(あまりに急な話に、8代目呼ばわりしてました。。。(^_^;)

「いや、ほんとに。450円と書いてありました。
金額を見ずに買った私も悪いんですが、
450円の缶コーヒーがあるなんて、いい勉強になりましたよ」

 

「。。。

 

。。。

 

 

ありえね~~~!!

 
それは、ありえません!!!

 

 

私なら、ソッコーでスマホで消費生活センターに電話して、
その非常識を30分間、こんこんと説明して、
そのあと、
メーカーのお客様センターへ苦情のメール1000文字と同時に
電話をかけて、絶対に300円返金してもらいますよ!!」
(電話代の方が高いし。。。)

と、声を最大音量で叫びたかったんですが、
あえて、心の叫びに留めました。(^_^;)

「いや、大北さん、世の中すごいことがありますね。
いい勉強になりました。
一皮むけた気分です(笑顔)」

DSC_0171

「一皮むけたって、どんだけむけたら気が済むんですか!!
玉ねぎですか!!8代目!!」
(と、心の声で。。。(^_^;))

 

と、私の心の中の葛藤とは裏腹に、
さわやかな笑顔とともに、

450円の缶コーヒーとツーショット!!!

 

ま、参りました。。。

 

その笑顔に参りました。

 

やはり8代目には勝てません。。。

 

缶コーヒーからも、気づきを得ようとする8代目には
脱帽です。。。
やはり、200年続く老舗の伝統と
8代目のポテンシャルの高さ。。。

さて、
私も、缶コーヒーから学びますか。。。
130円ですがね。

(450円のコーヒーを引いてしまうあたりも8代目の凄さですかね。。。)

 

あ、ちなみに

8代目のホームページはこちらです。

「8代目のホームページ」

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

伝説の地、石屋の楽園、岡崎へ\(^▽^)/

DSC_0203-2

 

楽しみにしていた、伝説の楽園、石屋の楽園
「岡崎」へ、研修という名の楽園見学へ行ってきました。

久々の大形、いや大型連載、「石屋の楽園、岡崎へ」
始めました。

「ついに石屋の楽園、岡崎へ」
http://ameblo.jp/ohkita-sekizai/entry-12134636295.html
 
どこまではじけていいのか、手探りです。。。(^_^;)
もういい大人なんだから、控えめに行けという
心の言葉が。。。

(ご要望があれば、どこまでも行くタイプですが。。。)
       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」