ー庵治石のお墓を建てたい

庵治石の高価な理由を体感。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
昨日は娘の卒業式に参加してきました。
非常に寒くて。。。
卒業生答辞の途中、トイレに行ってしまったのは、内緒です。。。(^_^;)
寒いのはだんだん苦手になってきましたね。。

DSC_0011

(寒いので、温かいコーヒーを飲む図。。。)

 

庵治牟礼でのソムリエ講座での話です。

庵治石は非常に高価で、
墓石界(そんな世界あった??)のダイヤモンドとまで言われたりしますが、
とにかく、山で採掘した量が100あったとして、
その中で3~5しかお墓の石に使えない、というのは
有名な話です。

頭では分かっていましたが、
それを体感する機会があったのでご紹介します。

庵治牟礼の加工工場を見学させてもらって、
最後に行ったところは、こちらでした。

DSC08069

㈱大川石材
(写真は向かいにあるご自宅です。。。)

庵治牟礼の加工石材店としては非常に有名な、会社です。

DSC07938

赤が好きな@伝説の石工さんの会社です。
o0400026711575964035

(レムジア応援団のブログからお借りしました。)

こちらでお話を聞きましたが、
庵治の山で採れた石が工場に入ってきて、
工場内に入れて、まず大口径という大きなのこぎりで
1面をカット。

 

(充電不足で、写真がありません。。。(^_^;)

 

カットして、キズがあれば、石交換となります。
そのカットした石を山に返し、その代わり新しい石を持ってきます。

そして、
工場内の入れて、大口径という大きなのこぎりで
1面をカット。
今度は、キズが何とかクリアできそう。。。\(^▽^)/

 

(充電不足で、写真がありません。。。(^_^;)

 

でもって、2面目をカット。。。
キズが出た~~(泣)
その2面カットした石を山に返し、その代わりの新しい石を持ってきます。

そして、
工場内の入れて、大口径で1面をカット。
今度は、キズが何とかクリアできそう。。。\(^▽^)/
2面目をカット。
今度は大丈夫!!!

次に3面目をカット。。。
き、キズが!!!出た!!!

 

(充電不足で、写真がありません。。。(^_^;)

 

またもや、
その3面をカットした石を山に返し、その代わりの新しい石を持ってきます。

お墓の石って、基本直方体なので、6面あるんですが、
そのうち、3面カットすれば、使える石かどうかが分かります。

そして、三度目に
工場内の入れて、大口径で1面をカット。
今度は、いきなりキズが。。。出た!!!

いつになったら、使える石が来るんだ!!!

okoru-oji-1

と、どなっても、仕方ないんです。

ダイヤモンドの原石を探しているんですから。
二級品(キズあり、訳あり品)でいいなら、すぐに出来ますよ。
でも、
一級品(キズなし、訳なし品)を選別しているんですから、
見つけるまで、探すしかないんです。

というわけで、
この全く無駄なカット
(でも、本物を探すという意味では意味のある)加工代も
当然含まれているわけです。価格に。。。(^_^;)
トラックで運搬しますから、そのトラック使用料とか燃料費とか
運転手の給与とか、全て含まれております。

原石をカットすると、端材(あらかじめ捨てるつもりの石)が出ます。
がたがたの形の原石を直方体にカットするんですから、当然です。
この端材をコッパ(石端)と言ったりしますが、
このコッパが数日でダンプ満載になるほど出るそうです。
これは、山に返すのではなく、処分します。
あるいは、建築資材として、再利用されます。

が、それでも処理費用は当然かかります。
そういった費用全部が値段に掛かってくるわけです。

高価なはずだよ。。(^_^;)庵治石。。。

というわけで、㈱大川石材の出入り口は、
コッパを積んだダンプと山へ返す原石がいっぱいで、
身動き取れない状態になったりするそうです。

 

(当然のごとく充電不足で、写真がありません。。。(^_^;)

 

が、翌日、帰る前に、大川さんに無理言って
工場へもう一度、連れて行ってもらいました。
工場は日曜日で休みでしたが、山へ返す石はありました。

DSC08050

分かりますかね。。。

DSC08052

薄くて分かりにくいですが、赤色の鉛筆で
キズの部分がマーキングしてあります。
キズだらけ、ですね。これでは使えません。。。(^_^;)

大川社長談

「そうですね、こういう山から石が来て、カットして、交換という工程、
運が良ければ数回で済みますが、10回とかしたこともありますね。
13回交換してもらったこともありますよ」

10回とか、ありえないし。。。

pixta_23513787_s

100のうち、3~5って、こういう意味だったんだ。

今日、今、確認しました。
庵治石の手間のかけ方。
半端ない。
それが世界一の理由なんですね。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
DSC_0110

「庵治石」を生み出し続ける大丁場(その3)

楽しくて、ワクワクのいっぱい詰まった遠足も
帰りのバスの中は少し寂しいです。

テンションマックスだった庵治大丁場とも
お別れの時間となりました。

しかし!!

私の鼓動は、この時、スーパーマックスです。
まるで、キングエンジンのように。。。
●ドッドッドッドッという効果音が付き-300x228

意味わからん人はスルーしてくださいね。。。(^_^;)

予定外の大久保さんとの出会い。
私にとって、松田聖子と双璧をなす、あこがれの人です。
(ちょっと、大げさすぎないかい?)
谷本会長の話を聞いて以来。。。(7年前ね)
その大久保さんとおそらく、お別れしないといけない。。。
次の目的地は大丁場ではないんでね。

私は、告白したくて、告白したくて、
ずっと、機会を待っていましたが、
とうとう帰りのバスまで帰ってきて、
「ここで、それじゃあ。。。」という流れになって来つつある気配を察した私。

「今しかない」
「今しかない」
「66の親父の口癖は『やるなら今しかねえ!!』」
(by 長渕剛『西新宿の親父の唄』)

 

「あの、大久保さん。。。

(ついに、口火を切ったぞ!!よくやった、俺!!)

。。。

。。。

付き合ってください!!」

(初恋の告白か!!!)

間違い。。。

「写真撮らせていただいてもいいですか。。(汗)」

 

 

DSC_0110

笑顔で応じて頂けました。。。(^O^)

そのあと、参加者の久保田@美石さんや、田中@宝星さんも
せっかくだから、ということで、撮って頂いていたようでした。
(あまりにもテンションマックスで周りの状況を確認する余裕が。。。(^_^;)

でも、どさくさに紛れて、
赤@石工さんもツーショットで撮ってもらっていたのは、
チェックしてました。
実はみんな撮って欲しくてうずうずしてたんだね。。。
良かった。。。勇気出して。。。(^O^)

 

 

最後に大久保さんが最後におっしゃったことを
お伝えしておきます。

DSC_0033-2

「庵治石はもう採れない」ということをおっしゃる石屋さんが
いると聴きました。
とても残念に思います。
庵治石はここにたくさんあります。
今も毎日、採っています。
地主の私が言うんだから間違いありません。
そして、今日、皆さんもその目で確認していただいた通りです。
確かに、
庵治石は誰でも扱える石ではありません。
仕入ルートがないと、扱えない石です。
だから、
仕入ルートを持たない石屋さんが、
売ることができないなら、
ということで「ない」と言っているのかもしれません。

非常に残念なことです。

そのことをたくさんの石材業の方々、
お墓を作ったり売ったりする人々、
そして、お墓を建てたい、建てようかなと考えている全国の人に
知ってもらいたい。

庵治はまだまだ元気です。
庵治石はまだまだ採掘しております。
庵治石はあと100年以上は取り続けます。
皆さんもぜひ、この庵治石の故郷においでください。
私たちはいつでも歓迎いたします。

 

 


 

 

 

大久保さん、田渕社長、それから大丁場で働く石職人の皆さん。
ありがとうございました。
素晴らしい時間を過ごすことが出来ました。
感謝。

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
DSC_0074

「庵治石」生み出し作り続ける大丁場(その2)

さて、白瀬火薬、ではなかった黒色火薬で岩盤からむしりとった庵治石の塊。
(白瀬火薬ではなくて、下瀬火薬でした。。。そこ間違うか。。。)
でも、まだ大きくて、運ぶのが大変です。
しかも、庵治石は非常に傷とかムラとか、ナデとか
とにかくいろいろお墓にとっては都合の悪いものがたくさん含まれています。
それらをすべて取り除いて、残ったものがお墓の石として、出荷されるのです。

なかなかに厳しい庵治石の世界。

で、まずは、採り出した石を割ります。
前回の岩盤は、さすがに割ることはできないので、
予め用意したもので行いたいと思います。
(料理番組的、段取りですが...(^_^;)

 

 

DSC_0055
先ほどの水平に岩盤に穴を開ける削岩機よりも、ミニーな
掘削機で、割りたいラインを見つけて、穴を開けていきます。

が!!
DSC_0053

どこに開けてもいいわけではなく、
この穴開けの位置決めは
非常なたぐい稀なカンと
山石屋の経験に裏打ちされていないと、

okoru-oji-1

「てめ~~どこに穴開けてやがる!!」

「これで、1000万円の損だ~~。一生タダ働きしやがれ!!」

ってことになっちゃうんです。
何事も職人の世界は実力本位ですからね。
10年は年期が必要でしょうね。。。
(いや、たぶんですが...(^_^;))

で、割っている様子です。

 

 

これが何億年と地中に埋まっていた庵治石が初めて
空気に触れた瞬間の様子です。

58秒あたりで、石が割れてます。
その石の割れる音をしっかりと、ご確認ください。

この面はたった今、

生まれたんです!!

DSC_0059

あまりの感動に、涙で前が見えない。。。私ですが、
職人さんは、ベテラン産婆さんのごとく、
やるべきことを淡々とこなして行きます。。。(^_^;)
DSC_0063

割った面に水を掛けていきます。
これは、石の面を確認しているんです。
石に水を掛けると、表面の状態が良くわかると共に、
磨いた後の状態に近い、色になります。
つまり、
お墓になった後の状態を確認できるわけです。

DSC_0065

このように、日本だけではなく、世界中で
お墓の石を採掘している場所では、このように
水を掛けて、色と傷がないか、確認しておるわけです。
万国共通。
石の見方、というわけですね。

 

 

DSC_0071

素晴らしい面ですね。。。
うっとりします。。。(^▽^)/
でも、これが全部お墓の石になるわけではないのです。

DSC_0073

はい、上の写真を拡大してみました。
この石、どこが使えない部分でしょうか?

 

DSC_0073-2

この赤枠の中に、キズがあります。
お墓に使えない部分です。

DSC_0074
半分くらい、使えないんですよね。
こっちは、使えそうな部分。。。
キレイですね。
美しいですね。
見事な斑(ふ)が出てますね。

庵治の細目の特上品です。

pixta_23513787_s

素敵です。
生まれたばかりの庵治石の割肌。
ホントに青くて、美しい。。。

 

しかし!!
まだ、安心するのは早い!!
これで、できると思ったら、甘過ぎる!!
大あまちゃんだ!!

もう一面、割ってみないと、使えるかどうかは
分からない。
奥から手前向きに傷があるかもしれないんです。

。。。

。。。

あまりにご無体な。。。

pixta_23513787_s

そんなことって!!!

けっこう、あるそうなんです。
庵治石の厳しさ、半端ないです。。。

さらに、その厳しさが
更に想定外の厳しさだということを
後で知ることとなります。

 

※ 文中で「キズ」と表現しておりますが、正確には、キズではない部分もそう表現しております。
  石についてあまりご存じでない人も良くわかるように、一律キズと表現しております。
  ただ、いずれにしてもお墓の石には使えないので、結果は同じです。ご了承ください。

 

 

 

「庵治石のお墓」が建てたい!!
       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
DSC_0085

「庵治石のお墓」を作り続ける庵治牟礼(その1)

庵治石の最高品を採掘

 

バスに乗って、一路、庵治の大丁場へ
曇り勝ちですが、悪くない天気ですね。

〇丁場とは?
石を採掘している場所を俗に「丁場(ちょうば)」といいます。
高級墓石材を採掘しているところもあれば、
建設資材のような石を採掘しているところもあります。

 

DSC_0019

正面に見えるのが、大丁場。大丁場の「大」は
大きいという意味ではなく、「大久保家の丁場」という意味??
ではないかと、勝手に推測しておりますが、
大久保家の土地であり、大久保さんが地主さんで、
そこで採掘しているのが、小作さん、となります。
そして、毎年、年貢を納められている、とのこと。
年貢ですよ。
年貢。。。

まあ、名称はクラシカルではありますが、借地料、ということですね。

DSC_0021

その大久保さんが経営する「大石産業株式会社」の横を通って、
大丁場の中へ。

DSC_0023

はい、よく見えませんが、
「ここからは、大久保家の土地なんだから、
関係ない人は入っちゃダメ」
的なことが、書いてあります。
オオクボエンタープライズ。
大丁場の管理会社です。

DSCN2105

7年前は、こんな感じだったんですが、ちょっと雰囲気違うのかな。。。
まあ目的地が違いますからね。
今日は、「田渕石材株式会社」の丁場へお邪魔します。
前回は、「有限会社太田秀雄石材店」でしたからね。

ちなみに、ここから上は
トイレがない、のです。
山の神様の聖地なので、おトイレは下界で済ませておきます。
トイレの近い人はややつらい。。。(^_^;)

それから、お正月は山の神様の祀りの終わる日までは
一切の仕事はしないそうです。
古くからのしきたり、慣習は頑固に守られているわけです。

 

DSC_0027

丁場に到着わーい\(^▽^)/

 

DSC_0030

最も良質の庵治石が採れる場所、庵治石「大丁場」
その中でも、最高品質の庵治石が採掘されることの多い
「田渕石材株式会社」の採掘場です。

遠目からみると、なんだかキズだらけで、
こんなところから、ちゃんとしたお墓の石が採れるのかな~~って
すごく心配してしまいますが。。

DSC_0029

しかし、よく見て下さい。
手前のCAT
その左手の小さなCAT

さらに、採掘場の中腹、小さくて見にくいですが、
小さな重機が二台、いますよね。

DSC_0030

こっちの方が見やすいかな。。。
いかに、大きな石の山かが、分かります。
私が死ぬまでにこの山がなくなることは、100%ありませんね。

 

会いたかった人に

 

DSC_0032

とりあえず、ご挨拶と注意事項から。。
まずは、田渕社長@青ヘルメットから、と思いきや。。。
隣の人が、いきなり挨拶を始めましたよ。。。

って、

。。。

。。。

「大久保です」

DSC_0033-2

ご本人、でした。。(汗)

いきなりで、ドキドキの瞬間。
7年前はご都合が合わず、お見掛けできなかったのですが、
目の前に。。。(^_^;)

オオクボエンタープライズの代表であり
大久保家第17代当主でもあられる大久保一彦さんです。
ちなみに、字は違えど、私も同じ「かずひこ」です。
(まあ、たまたまですけどね。。。とりあえず言ってみた(^_^;))

大久保さんのプロフィールはこちら。。。
→→→「庵治石ブランドを次の世代に」

 

でも、なんか、緊張です。。。
(なんで緊張するのかは、自分でもわかりませんが。。。(^_^;)

 

庵治石の採り出し方

 

引き続きまして、実際に石を採掘する工程をご説明頂きます。
こちらが、田渕社長@ブルーヘルです。

DSC_0038

写真のように、削岩機という穴を開ける機械をつかいます。

 

DSC_0044

岩盤の採りたいラインに削岩機で深く穴を開けていきます。

DSC_0048

こんな感じですね。簡単そうに見えますが、
非常に根気と力のいる仕事です。
音も半端ないので、耳栓は常時使用しないと、おかしくなります。

DSC_0084

はい、私です。
こんな大きな岩状態の
でも、庵治石の塊を採りだします。
このたくさん開けた穴に
「黒色火薬」を詰めます。

ちなみに
「下瀬火薬」は日露戦争で日本軍が開発した当時世界最新鋭の火薬です。。。
(関係ないですが、ふと「坂の上の雲」を思い出したので。。。(^_^;))

この「黒色火薬」を燃やして、その破壊力でこの岩盤の様な岩を下の部分と分離して、
浮かせる、のです。
そのことで分離し、採りだします。

黒色火薬とたまに
「ダイナマイト」も使うらしいですが、
ダイナマイトは高額で、
しかも、爆発の力が四方八方に広がるので、
採りだしたい石が粉々になってしまうので、
主に、黒色火薬をつかい、
場合によっては、ダイナマイトも使う、とのこと。。

マニアックな火薬雑学でした。

ほとんどの人にとっては、意味のない情報ですが、
採掘している人にとっては、大変ありがたいモノなのです。
後日ご紹介しますが、火薬を使わない丁場は
それはそれで、大変なんです。。。

その後、採りだした原石が大きすぎて、
運べないので、運べる大きさに割る作業です。
これが、熟練と経験がないと絶対にできない作業です。

 

 

 

「庵治石のお墓」が建てたい!!

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
DSC_0171

「庵治石のお墓」を建てたい!!(その3)

参加メンバーが。。。

少ない。。。!!!
メンバーが。。。
1、2、私を入れて3人。。。って!!

DSC07935

グッズは、しっかりとあるんですが、

 

DSC07937

参加者は、3人。。。
あとは、白いジャンパーを着た人が数名。。。
でも、ジャンパーを着てない人が結構いるな。。。と
思っていて、後で聞くと、
組合の研修も兼ねているとのこと。
あまりにも人数がすくないので、、

確かにお彼岸前の多忙な時期なので、
仕方ないのかもしれませんね。

でも、
なるほど、
庵治の石メンたちと一緒の研修か。。。
実は今日は、ラッキーだったかもしれんな。。。と
密かに、私は好運を喜びましたよ。
一人さん、ありがとう。。。

ツイてるな~~

で、一通り見まわしまして、
知ってる顔は。。。
あ、いらっしゃいました。

DSC07938
大川さん@赤がなぜか好きな伝説の石工
ですね。
石産協の加工部会長さんです。
大川@伝説の赤さん以外は。。。なんとなく見たことあるな。。。

(赤が好きらしいので、赤字にしてみました。。。パーカーも赤いしね(^_^;)

という感じで、ご存知の顔も数名。。。
そして、こちら側の参加メンバーは

① 静岡県の石屋さん、
久保田さん@美人な石屋さん。
略して、
久保田@美石さんと
②我らが兵庫県宝塚市の石屋と言えば、
西村石材店。
そこの若き次世代
田中さん@宝塚の超新星さん
略して、
田中@宝星さんの2名と私の合計3名。

庵治ソムリエ養成講座、いよいよ始まります

どうも、スタッフの方が多い気がするな。。。
などと考えていると、そろそろ始まりました。
座学から始まったんですが、
それらは、こちらで。

DSC_0171

これを中心に勉強しました。
でも、なぜか、このパンフ、私持ってましたが。。。
どこで手に入れたんだろう。。。(^_^;)

非売品らしいです。
庵治ソムリエ養成講座を受講しないと基本的にはもらえません。
では、なぜ。。。
(まあ、そういうことはスルーして。。。)
とにかく久しぶりの丁場へ、ゴー\(^▽^)/

DSC_0015

 

「庵治石のお墓」が建てたい!!
       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
DSC07935

「庵治石のお墓」を建てたい!!(その2)

遅刻にビクビクしながら、高松道の安全運転の箱トラックの後ろを走っておりました。
但馬、豊岡市のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
(高松道は基本的に対面一車線なので、追い越し区間が短いのです。。。(^_^;)

じょうだんじゃないわよ~~

と「盆暮れ―」の言葉が脳裏をよぎりますが、、、
(わからない人はスルーを。。。(^_^;)

ナビは依然として、
「あんた、35分の遅刻だよ!!
急ぎなよ。。。」
と申しております。

そんなこんなでも、
考えてしまうのは、
「庵治石」のこと。。。

まず、
庵治石をよく知らない。

 

庵治石についてよく知らない

これは致命的です。
一度、大丁場へ見学へ行ったきり。
その時、太田元さんと写真を撮らせてもらっただけ。

DSCN2118
はい、その時の写真です。
若いな~~私。
あの時、加工工場も見学したし、
いろいろ寿共同石材株式会社の谷本社長(現会長)から
いろんな話をお聞きしました。
でも、それ以降、どれほど庵治石のことを
学んだんでしょうか?
庵治石に対する知識が足りなかったのではなかったか?

もっともっと庵治石のことを学んでいたら、きっともっと
庵治石のお墓を建てていたはずです。
その後、

〇 庵治石に関して、やや縁遠い気持ちでなかったか?

〇 庵治石は高いから、建てる人などいないだろうという
思い込みはなかったか?

〇 庵治石は高級だから、私には縁がない、という甘い考えがなかったか?

〇 庵治石は世界最高品質の墓石材だと、公言しておきながら、
どこか、私とは関係ないものだという甘い見込みがなかったか?

そんな反省を、遅い観光バスの後ろでジリジリしながら
考えておりました。

さらに。。。

庵治石が好き、だと言えるか?

 

庵治石が大好きだと、はっきりと言えるか?
庵治石が、好きで好きでたまらない、と言えるか?

庵治石をお勧めする私が、そんなに好きじゃないんですよ~
なんて言ってたら、
選んでくれるはずがない。

庵治石のことを語りだしたら、
一晩でも足りない~~♪
(幸子~~)
ぐらいじゃないと、決して熱意は伝わるはずがない。
熱意が伝わらないのに、他の石より高価な庵治石を

 

選んでもらえるはずがない!!!

 

私が間違っておりました。
私が悪うございました。
申し訳ありません。

とっても遅い高速バス(って、どんなだ!!)
の後ろにぴったりと寄り添って
謝罪の言葉を心の中で唱えておりました。

正しくそういう心境で、
讃岐石材加工協同組合へ向かったのでした。

当然、遅刻ですわな。。。(^_^;)
当然、皆さんの注目の的です。

ですが、幸運なことに、
10分くらいの遅刻で済みました。
(いや、それでも待たしてすいませんでした。。。)

会場に入ると。。。
やや寂しい気が。。。

DSC07935

 

 

 

「庵治石のお墓」が建てたい!!
       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
DSC_0012

「庵治石のお墓」を建てたい!!

ある朝、目覚めると同時に
そう思いました。
「庵治石のお墓」を建てたい。

全く建てたことがないわけではないです。
でも、まあ、数えるほど。
昨年も庵治石の中目の戒名碑を建てました。
中目はいくつか建てた記憶があります。
でも、ホントに僅か。

庵治石のお墓、と自信をもって言えるか、どうか。。
でも、
庵治石のお墓を建てたい。
どうすれば建てれるか??

syukudai_boy

いろいろ考えました。
ただ待っているだけでは、私の生きている間に依頼が来るとは
思えません。
ただ、単に、
「庵治石のお墓建てさせてください」と営業(?)的なことをしてみても
建てさせてくれるとは、到底思えない。

さて。どうすべきか。。。

まず、今年の正月、今年の目標というか、夢(という名の未来予想図)には、
「庵治石のお墓を建てる」というものを第35番目に書いてみました。
(100個のうちにね。。。(^_^;)

千里の道も一歩から。
一歩を踏み出さないと、永久にゴールへは到達できない。
(誰かの言葉。。。(^_^;)
散歩に出かけて、気づいたら富士山の頂上に登っていた人、はいない。
富士山に登るには、まず登る決心をしなくてはならない。
(一人さんの言葉。。。かな)

まず、目標に書き込んでみる。
すると、
引き寄せの法則が働いたのか。。。
「庵治ソムリエ養成制度」の文字が。。。

「あじ?」

「味?」

「庵治!!」

「庵治ソムリエ!!!」

なんじゃそりゃ!!!

躊躇なく、申し込みました。
庵治ソムリエ。
ソムリエって、ワインソムリエ、的なもの??
庵治の専門家?
庵治の。。。
まあいい、とにかく私の目に留まったんだから、
申し込もう。。。

そんな感じで申し込んだ、庵治ソムリエ養成講座。

それが、気づくと明日だよ。
早いな。。。
庵治ソムリエ実行委員長の山田幸輝さんからメールが。。。
9時半集合??
讃岐石材加工協同組合!!
あの、かつて、
レムジアショーを初めてみたあの讃岐石材加工協同組合か。。。
9時半って、何時に起きないといけないんだ。。。
また、4時起きか。。(^_^;)

と思ったのに。。。
起きたのが、5時半。
出発したのが、5時40分。。。
一時間の遅刻だよ(^_^;)(^_^;)(^_^;)

DSC_0005

5時間弱で291キロの道のりです。

 

DSC_0012

朝早い時間で比較的空いてたので
30分短縮して、これで間に合うな。。(^O^)
と余裕の淡路PAの観覧車の前で自撮りしてたら、
この後、仕事の電話が入ってきて。。。
また10分遅れて40分遅刻。。。

間に合うのか、俺!!

 

 

 

「庵治石のお墓」が建てたい!!
       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー