―約束の海へ

dsc09971-2

約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記⑤(終わりに)

5回に分けて、海洋散骨体験ツアーの模様を思い出すことだけを
書き綴ってみました。
(ゼロは関係ない話なので、除いております。。。(^_^;))

何しろ、3年前ですから、忘れていることも多くて。。。

ただ、
この体験ツアーを通じて感じたことは、

「海洋散骨、ありだな」

ということ。
選択肢の一つとして、あってもいいな、と思いました。

もちろん、選択しない人は多いと思います。
海が嫌い、
海に縁がない、
海に興味がない、
などの理由はもとより、どうして海?
ということもあって、選択肢から除外することは構わない
とは思います。

でも、
大地とともに、すべての生物の始まりは、海だという説があります。
それが事実なのかどうかは、わかりませんが、
そう聞いている海に
最後は、帰りたいという気持ちを持っている人は当然、いらっしゃるわけで、
海に帰りたい人にとって、海洋散骨は、一つの大きな選択肢となるでしょう。

現に、有名人で海洋散骨された人は、
石原裕次郎、
勝新太郎、
横山やすし、
hide(Xメンバー)、
いずみたく、
安岡力也、
立川談志、
梨本勝など。

外国人でも
アルベルトアインシュタイン、
ジョニスジョップリン、
フレディーマーキュリー、
ジャックマイヨール、
マリアカラスなど。

海に関係した人も多数いらっしゃいます。

おそらく、ずっと昔から、
「死んだら海に撒いてくれ」と遺言されていた人は多くいたはずで、
そういった内緒で海に散骨していた人々が、
表に出てきて、かなりメジャーな供養の方法となってきた、
というだけなんだろうと、思います。

そして、忘れてはならないのは、
日本はもとより、外国でも多くの先人が戦争、その他海難によって、
海で亡くなっています。
家族、友人、知人、戦友を海で亡くした人達は、
彼らが眠っている海が
「約束の地」だと考える人もいるでしょう。

昔、中学生の頃、見た映画のワンシーンなんですが、
2人の息子を戦争で亡くした年老いた父親が
2人が亡くなった海に向かってつぶやくシーン。
「待っていておくれ。
もうすぐ(私もそこへ)還るよ」
というシーンをすごく覚えています。

その年老いた父親にとって、海こそが
「約束の海」なんでしょうね。

 

 

海洋散骨を体験しました

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
dsc00035

約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記④

さて、セレモニーが終了しました。
あとは、意見交換の場となるわけですが、
あまりにも東京湾が気持ち良かったので、
みなさん、海を満喫されています。

こういう海の楽しみ方って、
あまりしたことがないので、
海って気持ちいい、という感想が
思わず出てきました。

img_20130223_155341

dsc00025

普段、体験できない海の上ということで、
いろいろな話題があって、
テンション上がり気味。。。

dsc00035

そして、カモメの餌やり、
これがまた楽しいんです。
エサ、と言ってもかっぱえびせんなんですが、
空に放り投げると、カモメが上手に食べてくれます。
なんだか、イルカショーを自分でやっているような気分。
img_20130223_150220-2

そして、先ほども言ったように、羽田沖なので、
ジャンボジェット機が、次々と降りてきます。

 

 

img_20130223_150226-2

うお~~、近い(^_^;)
と思ったら。。。

dsc09947

前方から、やってきて、

 

dsc09945-2

あ~と、このコースは!!

 

dsc09946

真上を通過していきました。
ジェット機を真下から見るって、なかなか機会がないですよ。

まあ、これは東京湾でしか体験できないことですが、
供養以外のアメニティをも取り入れて、
海洋散骨+海上クルーズ体験がセットになっていて、
参加者も楽しめる流れになっていました。

 

 

 

海洋散骨を体験しました

 

       

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
dsc09975

約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記③

船内のセレモニーが終了しました。
あとは、実際に海に散骨します。

喪主の方が、参列者全員に、小分けした焼骨を配ります。

dsc09954

※業者の見分け方のヒント
パウダー状になった焼骨は、湿気が少しでも含まれると、
粘液状に固まってしまいます。
なので、湿度管理がすごく大切です。
そのあたりしっかりできているかどうかが、
業者の見分け方の一つとなるかもしれません。

細かくして、水の中で分解する紙材質の袋に入ったご遺骨を
参列者一人一人が故人との想いとともに
海に還します。

非常に海と近いので、
自分の想いで、海に還すことができます。
ある意味、この瞬間が一番のこの葬送の
ポイントかもしれません。

dsc09959

この後、用意されたお花も一緒に
海に。

dsc09964-2

この当たりは他の葬送も同じですね。
献花とともに、海へ。

dsc09975

dsc09972

 

非常に穏やかな昼下がり。
羽田沖なので、遠くでジェット機が離着陸してます。

dsc09991

さて、散骨が終了となると、
最後に喪主さまが最後に花束を海に。

村田さんから説明を受けているところ。

dsc00002

花束を海に。。。

dsc00005

最後に、鐘を鳴らして、全て修了。
散骨した海域を3周、周回して、帰路につきます。

dsc00009

ちなみに、ルフィ―がしていたやつ。
鐘を鳴らして、海で亡くなった人々の鎮魂と供養を祈る行為。

鐘には、そういう意味があるんですかね。
海軍式??

以上で、おおよその儀式が終了です。

(もう少し続きます)

 

海洋散骨を体験しました

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
dsc09907

約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記②(海上へ。。。)

場所は東京、晴海。
トリトンスクエアという場所の隣の
朝潮小型船乗り場。

 

 

隣には、屋形船とかもあります。
こっちの方が魅力的だな。。。(^_^;)

船に乗り込むと、実際に海洋散骨を行う模擬ツアー形式で
始まりました。

主催者は、神奈川・横須賀の大橋石材店の社長、
大橋理宏さん。
喪主って感じですね。

dsc09896

 

ツアーをガイドいただけるのは、
ブルーオーシャンセレモニー代表
村田ますみさん。

dsc09951

一般社団法人海洋散骨協会の代表理事を務められてます。

「お墓に入りたくない、散骨という選択」という著書も書かれている
海洋散骨のトップランナーでもあります。


http://blueoceanceremony.jp/map/

 

そして、船長のあいさつがありまして、いよいよ出発です。

dsc09888-2

実は、クルーザーに載ること自体初めてで。。。
(当たり前ですが、海弱者なので。。。)

 

じつは、
東京湾に出かけることにちょっとドキドキしておりました。
正直。。。
今なら言えることですが。。。
海、嫌いなのに。。。(^_^;)

 

まあ、屋形舟には、いつでも乗れるけど、
こういうクルーザーはもう二度と乗ることもなかろうと、
なら、今を楽しもう(^O^)
沈んだら、みんな一緒だし。
とか、思い直して、前向きに望むことに。。。
(ポジティブ思考で)

出航~~です。。。

 

セレモニーがはじまります。
船内には、遺影と祭壇

dsc09898-2

(どちら様ですか。。。)

手前がパウダー状になった遺骨です。
紙のような袋に入っておりますが、水に溶ける材質とのこと。

dsc09883

村田さんが丁寧に流れをご説明していただけます。

dsc09884

参列者分に小分けしてあるパウダー状になった遺骨。
散骨場所に到着したら、それぞれ散骨していただきます。
袋は水に溶ける性質のものなので、ご安心ください。

ちなみに、散骨場所はこちらです。
http://blueoceanceremony.jp/map/

よく確認してください。
羽田沖、というやつですね。
(ワクワク。。。(^▽^)/)

 

それでは、参列者を代表して、一言ご挨拶。。。
K・Kさん。

dsc09933
参列者のご焼香的な、お花を手向けます。
岡山からお越しの親戚代表、Fさん。

dsc09942

さて、あとは、
散骨場所へ向かいます。

それにしても、いい天気ですね。
海洋散骨は天候によって、
素晴らしいイベントになったり、
苦難のイベントになったりしそうです。

dsc09906

晴れたら、
こんなに素晴らしい東京湾が体感できますよ。

 

dsc09907

気持ちいいな~~~

 

img_20130223_142224

 

dsc09908

 

さて、そろそろ、場所に到着しそうです。
なんだか、こんな供養もありかもって
思いだしている自分が。。。(^_^;)

(続きます)

 

 

海洋散骨を体験しました

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    
dsc09866

約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記①(まだ、始まりません。。。)

おはようございます。
旅好きな
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)でございます。

旅は好きなんですが、
海はあまり得意ではありません。
まあ、ぶっちゃけ
海は苦手なんですね。

子どもの頃、ネフローゼ症候群という病気にかかっておりまして、
小学校時代、ほぼすべて体育の授業は見学。。。(^_^;)
プールの授業に関しては、結局小学校6年間、一度も
プールに入らず、プールサイドでの見学をしておりました。
(今考えれば、かわいそうな小学生でしたが。。。)

ということで、水中=海には、馴染めない人間となっております。
なのでね、
海洋散骨という言葉に、
多少、腰が引ける、というか
嫌な予感がするというか、

なぜ海なの?
なぜ山では納得できないの?
むしろ、

山でいいじゃん。
山があるじゃん。
あるじゃん、
あるじゃん。
(by 高梨沙羅)

。。。

。。。

と、呪文のように心で唱えておりました。。(^_^;)

山はいいよ。
しっかりと地に足がついてるし、
海はエラがないと生きていけないよ。。。
人間にはエラはないしね。。。

などと、意味不明なことを考えていると、
変な感情がふつふつと。。。

 

「やめようか??」

「ドタキャンするか??」

「皇居みたからいいだろ?」

(どうでもいいですが、誰に向かって言っているかと言えば、
私の中のアクマが天使にささやいていると思って下さい。。。(^_^;)」

 

angel
「いや、良くないし!!
皇居なんかいつでも見れるわよ!!」

 

character_akuma

「いつでも見れねーよ、東京来なきゃ。。。」
angel

「海洋散骨を見に来たんでしょ、どうするのよ!!」

 

character_akuma

「どうでもいいだろ、皇居のおまわりさん見れたし。。。」

 

angel

「バカ~~~」
(平手打ち!!)

。。。

。。。

。。。

今回は、天使が勝ったようです。。。(^_^;)

 

ようやく、船着き場まで到着。

dsc09866

(続く)

 

海洋散骨を体験しました

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

    

約束の海へ~海洋散骨クルーズ体験記0

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
最近、ちょっとずつお墓以外の供養、というものもここにアップし始めているんですが、
その最初のきっかけが、こちらの海洋散骨クルーズ体験参加でした。
約3年前、2013年でした。

そのことを書いてみたいと思います。

思い出しつつ。。。。

海洋散骨してみたいな、って思っている人の
参考になればいいのですが。。。

(こういう、体験とか、ツアーとか、そういうのをブログに書き始めると、変な方向に行きがちなので、気を付けなければ。。。)

 

時は、2013年2月でした。
水道の水が凍るような、寒い朝。
目覚めると同時に、
私はワクワクしておりました。。。
(すでにおかしいし。。。)

dsc09832

東京へ行くときはいつもいつも、真っ暗な時間に出発します。
今回も日帰りなので、
真っ暗な中、出発です。

img_20130223_035809

とりあえず自撮り。

今から出発です。
午前3時頃。。。おそらく。。。
どんだけ早起きですか。。。
(ほぼ遠足前の小学生状態。。。)

車で、まず京都まで。
そこから、新幹線で、東京へ。

この頃は京都まで車で行っていたんですね。
なぜか?
帰りの京都で、旅の締め、
「京都ラーメン」を食べるためです。。。(^_^;)(^_^;)
そのために、疲労困憊になるのを承知で、京都まで車で行っておりました。
実は。。。
今、初めて告白しますが。。。

まあ、そんなことはどうでもいいです。

img_20130223_065124

朝焼けの京都市街地。
(だと思う。。。)
こんな時間に京都に着こうと思ったら、3時出発しかないですね。
さあ、ハードでワクワクな1日が始まります。

img_20130223_071050

まず、事前にネットで検索していた安い駐車場に止めて、
新幹線で京都駅➡東京駅へ。

1361588969475

しかし、あまりにも早すぎる。。。
ので、皇居の散策へ参りました。

皇居、です。
ほぼ初めての皇居。

dsc09850

 

皇居の石垣。
いいですね。

 

dsc09851

 

ちょっと、凸凹してますが、稜線はしっかりしております。

 

dsc09836

 

これを見ると、隅の石って、大事だなってことがすごくわかりますね。

 

dsc09849

橋のアーチも見事。。。

って、海洋散骨はどうなった。。。(続く)

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー