お墓の引越し「お墓じまい」

「お墓じまい」とは、「お骨をお墓から別の場所に移すこと」

遠隔地への引越し、生活スタイルの多様化、お墓の後継ぎがいない・・・
そのような理由で「お墓じまい」を考える方が増えています。
我が家に代々続くお墓をしまうって、なんだか後ろめたい気も。。
でも、このままではウチのお墓は無縁墓(お参りする人が全くいないお墓)になってしまう!
「お墓じまい」とは、ご先祖様と「無縁」にならないようにと、家族が考えて行うものなのです。

1. お墓を片付けたい

「後継ぎがいないからお墓を片付けたい」
「永代供養墓にお骨を移したい」

遺骨を移してお墓じまいをします。
お墓じまいをするには、墓地埋葬法で定められた手続きが必要となります。
墓地管理者に廃墓の了承を得て、魂抜き、遺骨の取り出し、閉眼供養を経て、墓地・墓石の解体・撤去・処分を行います。
使用していた墓所は、更地(さらち)にして返すのが一般的です。

2. 新しいお墓へ引越し

「故郷のお墓を近くに移したい」
「別の場所にお墓をたて直したい」

お墓を引越す場合も、移転先の受け入れ証明書の取得や、市町村役場への改葬許可申請など、改葬の手続き(申請・許可)が必要です。

3. 墓地内改装

「ご先祖様のお墓を整理して、今風のお
墓にたて直したい」

ご先祖様のお墓がたくさんある場合、それぞれのお墓の下にご先祖様のお骨があります。墓地内改装では単に墓石の移動・新しいお墓を建てるだけでなく、お骨も一緒に移動します。

4. もう少し知りたい

 

「お墓じまい(廃墓)」や「お墓の引越し(改葬)」をする際は、様々な許可・申請が
必要となります。
「いろんな手続きって大変なの?」「永代供養って何?」
「散骨や手元供養について知りたい」「お墓じまいをした後、墓石ってどうなるの?」
あなたの疑問・質問、お墓ディレクター1 級の「おおきた石材」がなんでもお伺いします!