「メイドインジャパン」を背負う

20160727071923611_0002

 

お墓の石も中国製、となりつつあります。

国内の石で国内の加工のお墓は非常に少なくなってしまいました。
ですが、まだまだ

日本の石を国内加工で、お墓を建てて欲しい、と言うお客様は

僅かではありますが、いらっしゃいます。

 

あなたが建てるお墓は中国製の中国人が作ったお墓ですか?

それとも、

日本人が日本の石で作ったお墓ですか?

 

おおきた石材店では

北木石の産地、岡山県の北木島のこだわりの加工石材店、

栄龍石材さんが作られるお墓に魅力を感じ、

米田社長のこだわりに意気を感じ

国内加工で、というお問い合わせのお墓は

いつも栄龍石材店さんのお墓をお奨めしています。

 

夜になるとトラに豹変する社長ですが、

メイドインジャパンという重い看板を一身に背負い

頑張り続ける米田龍治社長。

image-4

 

社長を後ろからしっかり支える美貌の副社長であり、

選りすぐりの磨き職人でもある米田直美さん。

image-7

 

栄龍石材の次代の星、

元甲子園球児でもある

米田雄樹くん。
image-10

 

この米田ファミリーの作るお墓には、愛があります。

長い間、手を合わせ続けるに相応しいお墓つくりがあります。

心のこもった尊拝の対象に相応しいお墓があります。

あなたを子どもの頃から育て、

育んでくれた大切な方が眠るお墓です。

多少の費用掛けても、

それに相応しいお墓を

ぜひとも、建てていただきたいのです。

 

米田社長の心意気の一端ですが、

お時間があれば、読んでみて下さい。

今を生きる小さな加工屋の現状と『希望の光‼』
http://tayori.eiryu-sekizai.com/?eid=160