お墓の文字に色を入れますサービス

お墓の副碑に新しく彫刻をしてもらった後、
おそらく、こうなっているはずです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

DSC_0001-2

新しく彫刻した文字には黒、あるいは白などの色が入っていますが、
その前の以前から彫ってあるご先祖様の文字には、もう黒の色が
剥がれ落ちてしまってます。

その中に色を入れるのは、さほど難しくないのですが、
なかなかきれいに入れるのは、慣れ、が必要です。
それを代行します、というサービスです。

 

DSC_0009

三人のご先祖様と先頭に彫ってある「霊位」という文字に
黒の色を入れます。

まず、このように、筆で黒の色を入れます。
ずいぶんはみ出していますね。

 

DSC_0013

はみ出した黒の色をスクレーバーという道具とシンナーで落とすと、
こうなります。

私の考えですが、お墓の正面の文字は色を入れません。
色が剥離するとずいぶんみっともないことになりますし、
定期的に色を入れないといけません。
一種のシンボルですし、お墓の顔ですから。

ですから、そのように丁寧に時間をかけて彫刻してます。

でも、副碑の文字は、読んで確認するための文字です。
そして、文字自体も小さくて、確認しにくいので、色が入ってないと
ホントに読みにくい場合があります。
副碑の文字は黒あるいは白などを入れるべきものだと思います。

このサービスは戒名(法名)の彫刻をさせて頂いた追加サービスです。
文字の色入れ単独の場合、別途基本料金がかかります。

◇ 副碑への文字の色入れ
      一名様  2,000円(税別)
◇ 墓石側面の文字の色入れ
      一名様  2,500円(税別)

※ 戒名の文字数は関係ありません。
※ 副碑の状態により、追加料金がかかる場合があります。
(例、表面がボコボコしている、割り肌仕上げ、軟石の場合など)

 

気になった方は、こちらへ。→→→お問合せフォーム