Tag Archives: お墓のリフォーム

IMG_20190710_153732

Ma家のお墓リフォーム①~土出し

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

IMG_20190712_121243

大谷本廟の山門前。厳粛な気持ちになります。

さて、お盆までに完了できない予定のお墓のリフォーム、始まりました。

またもや、同時並行での工事です。3基分。。。

IMG_20190710_081031

草だらけのこのお墓。草が生えない状態にまで、リフォームします。

IMG_20190710_081033

お盆までにどこまで進むかわかりませんが、まずは土出し作業。

IMG_20190710_153732

正面右側のブロックを撤去して、墓地内の草と残土を持ち帰り。

IMG_20190710_153726

何気に、3tダンプ、1.5杯分の土出しをしました。土を土のう袋に詰めて、それを一輪車で道路まで出し、軽トラックに載せて持ち帰り、後日、ダンプに詰め替えて、処分場へ。半端ない手間と体力を消費しました。かなりきつい土出しでしたね。。。(^_^;)

でも、一番大変な作業が終わったので、後は。。。

 

楽、でもないですが、草だらけのお墓が、美しいお墓に生まれ変わるのは何につけ、嬉しいものです。

 

メールお問合せ

 

 

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
4f87b6f5ac54c349bb071eed08de4fb3-500x375

最近、リフォーム工事が増えてます

こんにちは。但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店の大北和彦です。

今朝はすっかり梅雨空でしたね。

IMG_20190629_074946

南の方向に向いて撮った写真。豊岡市内方面です。

 

IMG_20190629_074952

北向き、城崎方面を向いて撮った写真。豊岡のランドマーク、来日山も雲にかすんで見えません。

 

今日は一日、豊岡らしい天候のようです。

最近、お墓のリフォームの工事がとても増えております。今年ももうずいぶんリフォーム工事しました。なので、ちょっとリフォームのページを見てみると、ずいぶんひどい有様に。。。というわけで、リフォームのページを手直ししてみました。

「お墓のリフォーム」

 

事例もお粗末な内容でほとんど上がってなかったので、これからちょっとずつ上げていきます。
墓地墓地ですが。。。(^_^;)

 

リフォームのお問い合わせは、こちらへ

メールお問合せ

 

リフォームのご要望で多いのは、

〇「草が生えないようにしてほしい」
〇「お参りしやすいお墓にしてほしい」
〇「花を少なくしてほしい」
〇「砂利ではなく、張石にしてほしい」
〇「全体的に汚れているので、きれいになりますか」
〇「納骨口が小さいので、広げてほしい」
〇「灯ろうがないので、ロウソクを献灯できるようにして」
〇「花立にステンレスの筒を入れれるように加工して」
〇「香立が汚れやすいので、掃除しやすくして」
〇「塔婆立を設置してください」
〇「時々見かける物置台って、いくらくらい?」
〇「生花ってすぐ腐ってしまって、長持ちするお花ない?」
〇「花立の筒の中の水が腐ってすごく臭くなるので、何とかできない?」
〇「お墓の回りに草がすごいの?どうにかして」
〇「お墓の中に木が生えているんだけど、大きくなったので伐採したい?」
〇「お墓参りが遠いので、家に近い墓地に引越しって出来る?」
〇「お墓が広すぎて、管理が大変。コンパクトにまとめられない?」
〇「納骨しようと思ったんですが、遺骨の壺が一杯で納骨できない、どうしよう。。。」
〇「うちのお墓は壺で納骨されているんですが、土に還らないと言われたんです。どうしたら?」
〇「もうすぐ納骨の予定。将来的にはお墓の引っ越しを考えているんですが、注意する点は?」

 

など、一言、リフォームといっても非常に多岐にわたります。
また、こんなことできないかな?って思っても、断られそうなので、言いだせないということも
一度お尋ねください。できるかもしれませんよ。

 

メールお問合せ

 

 

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
IMG_20190502_170711

リフォーム事例⑥~石張り

 

お墓が建って20年以上経過して、全体的にかなり汚れが目立つお墓。
全体的な汚れ落としと草が生えないように、それからご先祖様のお墓をある程度整理して、
お参りしやすいお墓へリフォームしました。

 

【ビフォー】工事前~

IMG_20190126_153607

石垣部分と階段部分がずいぶん汚れいているのが目立ちます。

IMG_20190126_153619

階段部分は真っ黒ですね。

IMG_20190126_153710

お墓の内部も草が生えやすい状態です。

 

IMG_20190126_153649

ご先祖様の古いお墓がたくさんあって、整理してほしいとのご依頼。
お墓の正面の文字の中も汚れているので、清掃します。

 

【アフター】工事後~

IMG_20190429_153852

石垣の部分は高圧洗浄機できれいになりました。

IMG_20190429_153942

草が生えやすい部分も石を張って、草が生えないようになりました。
石貼り工事は費用が掛かりますが、草がほとんど生えなくなります。

 

IMG_20190429_153950

右の奥にあった「物置台」をお墓の手前左に置いて、右側にはご先祖様のお墓を持って行きました。

IMG_20190429_153952

参拝する部分は石を張って、お参りしやすいように、お墓の部分は玉石を入れました。
草はどちらも生えない状態になっています。

IMG_20190502_170711

ずいぶんすっきりとして、見違えるほどいいお墓になりました。
お参りしやすく、草が生えない、美しいお墓になりました。

 

リフォームのお問合せはこちらへ

メールお問合せ

 

 

 

 

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
IMG_20190619_145952

リフォーム事例④~大型リフォーム

大型リフォームといっても、ご要望はあまり変わらず、「草が生えなくする」「お参りしやくする」「お墓を整理する」などが多いですね。
ただお墓が大きい、墓地が広いので、大型リフォームとなる、というだけの場合が多いです。

-2

こちらのお墓、かなり大きなお墓が中心にあり、周囲にご先祖様のお墓が並んでいます。
ご要望としては、

 

〇お墓全体に草が生えにくいお墓にしてほしい
〇お墓の周囲にあるご先祖様のお墓をそのまま残してほしい
〇父の建てたお墓なので、できるだけ全部残してほしい
〇お墓の前の通路が雨が降ると水溜りが出来て、お参りしにくいので何とかしてほしい
〇全体的にお参りしやすいお墓にしてほしい

 

というご要望でした。それに加えて、とても大きなお墓なので、基礎工事をしっかりとしました。
また、現在、石の上に石が乗っているだけで、地震が来たら、倒壊してしまうのはほぼ間違いないお墓だったので、
「地震対策」として、最新のお墓施工方法で建てさせていただきました。

〇最新の基礎工事、耐震、免震の施工でお墓を再建する

以上の条件で、お墓リフォームを実施しました。

 

IMG_20190619_145952

IMG_20190619_150029-2

今ある石、ブロック等を全て一旦撤去して、基礎コンクリートをし直しして、
再びすべての石を建て直す、という工事だったので、リフォームとして非常に時間と費用が掛かりましたが、
ご要望にのっとったお墓をリフォームすることが出来ました。

 

(※ なお、「免震、耐震施工」での施工はお墓本体及び、戒名碑のみです。灯ろう、ご先祖様のお墓に関しては、免震、耐震施工の「地震に強い施工」の対象外ですので、ご了承ください。)

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
IMG_20190619_150029-2

M家リフォーム⑤~完成

雨の朝は久しぶりですね。
但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店、大北和彦です。

IMG_20190627_071132

傘の出番が全くなかった今年の6月でしたが、終わりに向かってやっと雨です。

IMG_20190627_071202

IMG_20190627_071209

奇麗に草刈りされた堤防でしたが、早くも復活しつつあるようです。植物の生命力が素晴らしいな。

 

リフォーム中だったM家のお墓も完成しました。

IMG_20190619_145952

入り口付けて、

IMG_20190619_150029-2

隅の水はけの悪い部分もずいぶん改善しました。水溜りはほぼ解消したはず。

IMG_20190619_150014-2

灯ろうも設置し直しました。

IMG_20190619_150040

ご先祖様のお墓、全て残してほしいとのご要望、後ろに全てまとめました。

IMG_20190619_150049-2

後ろのブロックとのすき間の草が生えやすい部分も、埋めて生えなくしました。

IMG_20190619_150059

となりとの間のすき間も大丈夫。

IMG_20190619_150146

ご先祖様のお墓は前に2カ所、お参りしやすいように、水鉢と花立のセットを設置。

〇お墓全体に草が生えにくいお墓にしてほしい
〇お墓の周囲にあるご先祖様のお墓をそのまま残してほしい
〇父の建てたお墓なので、できるだけ全部残してほしい
〇お墓の前の通路が雨が降ると水溜りが出来て、お参りしにくいので何とかしてほしい
〇全体的にお参りしやすいお墓にしてほしい

というご要望にお応えするお墓のリフォームが出来ました。
広いお墓なので、費用と時間はかかりましたが、立派な、いいお墓になったと思います。

お墓リフォームのお問い合わせは

メールお問合せ

 

 

 

 

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
IMG_20190521_145926_1

信頼棺のお墓が完成しました

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店の大北和彦です。

IMG_20190523_070220 (1)

今日も暑い一日でしたね。まだ5月なのにな。。。

信頼棺を使ったリフォーム工事が終わり、今日本日、納骨式が行われました。

IMG_20190513_140324

以前は、通常の三重台だったお墓を信頼棺にリフォームしたお墓です。雨水が一切入らない関西で初めての構造のお墓「信頼棺®」の但馬ではまだわずかですが、まったく新しい構造のお墓です。

 

IMG_20190517_111955

他にもいろいろ新しい手法を使って建てさせていただきました。

 

IMG_20190521_145926_1

天候に恵まれて、思ったより早く完成しました。

以前の墓地に行く道は足元が途中がぬかるんでいて、晴れていても長靴がないとお墓参りできない、という状態だったのですが、より便利でお参りしやすいお墓になった、と親せきの方におっしゃっていただきました。

 

お墓の不具合って、意外とあるものです。それを解消できるのが、「お墓のリフォーム」です。
いろいろな不具合があります。その一つ一つを解消できます。

〇 草取りが大変、何とかして
〇 お墓参りが大変、もっとお参りしやすくできないの?
〇 大きな木の根っこがあってお墓が傾いてきた!!
〇 ブロックが古くなってきて、ボロボロ。。。
〇 石が開いてきて隙間ができている。。。
〇 お墓の中に水が溜まってしまいます。。。
〇 お墓の中から蜂が出てくるんですが。。。どうなっているの。。。

 

どれもこれも、リフォームで解消できます。

メールお問合せ

 

 

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
IMG_20190520_084937

M家のお墓リフォーム開始します

おはようございます。

但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店の大北和彦です。

晴天続きの豊岡市です。雨はあまり降りませんが、植物たちは元気よく育っております。

IMG_20190520_084937

工場裏の堤防のアザミも今年も花を開きました。
そのうち、また草刈部隊がやって来そうですが。。。

 

おおきた石材店も季節とともに新しいお墓工事に着手します。
この大きなお墓をリフォームします。
リフォームといっても、全くレイアウトも変わりますし、
構造も変わります。

IMG_20190521_084939

不具合を全面的に改修します。

〇防草対策
〇お墓の傾きの修正
〇水が溜まる通路の改修
〇たくさんあるご先祖様のお墓をお参りしやすいように

などがミッションです。
頑張ります。
楽しみです。

 

メールお問合せ

 

 

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
IMG_20190419_090107

お墓の板石貼り

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店の大北和彦です。

昨日は雨でしかも、気温が前日より10度も下がって。。。
寒い~~
ストーブも片付けられてしまったので、
事務所の中も、寒い~~

現場の確認とリフォームの打ち合わせ。
「今日は寒いですね。。。」という感じでした。

 

 

今通っているお墓リフォーム現場ですが、
だいぶ出来つつあります。

IMG_20190417_150513

お墓前の石貼り作業ですが、最初はこんな形。

 

IMG_20190417_165949

こんな感じで、いいペースだなって思ったのは、最初だけ。
ここからはカット作業が必ず入ってきて、

IMG_20190419_090107

思いのほか、時間が。。。
お墓の前とお墓との高低差が2mくらいあるので、作業がなかなか進みません。

後一日で出来るかな。。。(^_^;)

 

出来上がりの美しさ、耐久性、いずれも板石貼りは一番ですが、
費用もやっぱり一番です。

 

お墓の板石貼りのお問い合わせは、
メールお問合せ

 

ホントに出来上がりは美しいですよね。

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0042

お墓のリフォーム~いろいろな問題が隠れています

こんにちは。
但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、大北和彦です。
今、お墓のリフォーム中です。

お墓も建てた時は、美しく、問題もないのですが、
10年、20年と経過すると色々不具合が出てきます。
住宅と一緒ですね。

こちらのお墓もいろいろと不具合が出てきております。
IMG_20190126_154518

お墓の後ろにある、ご先祖様のお墓が安置してある部分ですが、
そのお墓の前の部分と後ろの部分の境界の石。

IMG_20190126_160034

上下二段になっております。
あまりにも長いので、真ん中あたりで左右にも2本で出来ております。
こういうつないである部分はどうしてもウィークポイントとなります。
弱いので、不具合が出やすいのです。

IMG_20190126_154008

上の黒っぽい石とグレーの石の部分、隙間が空いております。
元々ピッタリくっ付いていたはずですが、時間とともに、前に出てきて、
その隙間が空いてしまったということです。

IMG_20190126_154003

この矢印の間ですね。
ずいぶんすき間が空いております。
元々はくっ付いていたはずです。

DSC_0036

黒い石の方は取り除き、
白い境界の石をまっすぐに直して、
もう前に出ないように、石とコンクリートで固定します。

DSC_0042

やはり、元々まっすぐのものが曲がっていると、気持ちの悪いものです。
それをまっすぐに直すと、すっきりしますね。
下の石も足元をコンクリートで固定するので、もう前に出ることはないでしょう。

ですが、わざわざこの部分を直したのは、ただ曲がっていると気分が悪い、という理由ではありません。
理由は後日、また紹介させていただきます。

こういう普段気が付かない部分でも、お墓は不具合が出ていること、けっこうあります。
リフォームをされる際、アドバイスさせていただいております。
お墓の不具合を解消するリフォーム、得意です。

是非、ご要望ください。

 

メールお問合せ

 

 

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
IMG_20190126_153607

お墓のリフォームご契約いただきました

 

少し前、戒名の追加彫刻をさせて頂いたお墓のリフォーム工事のご契約いただきました。
ありがとうございます。

但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、おおきた石材店です。
非常に立派なお墓ですが、建てて経年ののち、やはりいろいろと
補修するポイントが出てくるようです。
IMG_20190126_153607

ご先祖様の古いお墓の一部を「お墓じまい」させて頂いて、
防草工事を合わせて、施工します。
そして、写真を見てわかる通り、非常に高い場所にお墓があります。

その上、玉垣が周囲を回してあります。

IMG_20190126_153607-2

赤線の中が玉垣ですが、これは伝統的な関西では多い外柵の一部ですが、
古いものは接着できていず、ただ石の上に石が載っているだけ、という場合があります。

今回のこのお墓もそうです。
石の上に載っているだけ。
なので、
非常に危険でもあるのです。
地震が来たら落ちてくる可能性すらあります。

そこで、どうやって固定するか。

そして、もう一つの課題が、「防草」です。

今回は半分、板石貼り。
もう半分はコンクリート+化粧砂利。

このコンクリート+化粧砂利も実は完璧ではありません。
場合によっては、経年で不具合が出てきます。

草が生えてくる場合があるんですよね。
ホントに場合によっては、ですが。

頑張って、ご納得していただけるお墓つくりさせて頂きます。

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

あなたのお墓は雨漏りしますよ~「信頼棺®」にリフォーム

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー、お墓ディレクター1級の大北和彦です。

「信頼棺®」というお墓をお勧めしています。

お墓って、いうなれば亡くなった人の第二の家、ですよね。
家である以上、雨漏りするような家には住みたくないですよね。

pose_ayashii_woman (1)

「当り前じゃない。雨漏りする家ってどれだけ、手抜き工事なのよ」

 

DSC09427-2

「そうですね。ほんとの家だったなら、確かに手抜き工事だと思いますよね。ところがお墓はそうではないのです。ほとんどのお墓って雨漏りするんですよ」

 

pose_nigawarai_woman

「ま、まさかうちのお墓に限って雨漏り、大丈夫でしょ?石屋さん」

 

大丈夫、ではないのです。
雨漏りしてしまう構造なのですから。

関東型のお墓、関西型のお墓、どちらにしても、雨が降れば、雨水がお墓の内部に侵入してしまう構造なのです。

pose_atama_kakaeru_woman

「じゃあ、うちのお墓は雨漏りし放題ってこと? おじいちゃんは大工さんだったのよ。まさか自分の終(つい)の棲家が雨漏りするだなんて、合わせる顔がないじゃない。。。」

 

DSC09427-2-300x242

大丈夫です。「信頼棺®」はすでに建っている古いお墓にも使えます。どんなお墓でも、ほとんどのお墓に使えるのが「信頼棺®」なんです。

110aaa39d49cb1ccf86f3e5c159d4f17

もし仮に、お墓のリフォームをしたいなってお考えでしたら、それに上乗せして「信頼棺®」も検討してみませんか?

それとも、今まで通り雨漏りするお墓で我慢しますか?

 

「おおきた石材店」は但馬地域で唯一の「信頼棺®」正規代理店です。まずはお問合せください(上のバナーをクリック)

 

 

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
ojisan2_think

息子さん、娘さんがお参りしやすいお墓にしませんか?

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓のアドバイザー@お墓ディレクター1級
おおきた石材店です。

 

草生え放題のお墓にお墓参りされる方はいません

 
久しぶりのお墓参り、でも
草が生え放題なら、まずは草取り。
お墓そうじから、というのがお墓参りの定番ですね。

ご住職が、

おぼうさん2

「草取りもご先祖様への供養ですよ」

とおっしゃるので、草取りも大切なお墓参りの一部だと思って、
心を込めて、草取りをしていましたが、

今、私は納得して、草取り、お墓そうじをしていますが、
息子、娘の代になって、
果たして、それをしてくれるだろうか?

ojisan2_think

おそらく、やらないだろうな。。。

では、少しでもお墓参りの苦労を取り除いておくのが、
親の勤め、ではないのか?

そうお考えの方、いませんか?

〇 草を生えなくする。
〇 お墓の掃除を手軽にする。
〇 お墓の汚れが付きにくくする。

こういったこと、出来ますよ。

 

草を生えなくする

 
これは、防草工事といって、今非常にご要望の多い工事です。
おそらく、あなたと同じ考えの人も多い気がしますね。

比較的、費用が掛からずできる
①「固まる土」という方法、
②「防草シート」を敷く、という方法。

あるいは、本格的に草が生えない状態にしたいという場合、

③「コンクリート施工」という方法、
それではあまりにも見た目が良くない、
という場合は、

④「コンクリートを施工+その上に化粧砂利」という方法。

そして、一番本格的に費用が掛かるのが、

⑤「板石貼り工事」という方法。

あるいは、

「樹脂による化粧砂利工事」俗に私はそのメーカー名で
「ファイバーレジン」と呼んでいますが、
⑥「樹脂による化粧砂利固定施工」
という方法もあります。

 

防草工事と一言で言っても、かなりいろいろ方法があるんですね。

 

 

お墓の掃除を手軽にする

 
お墓そうじをする、と一言で言っても、

どういった道具を使うか、
何処を掃除するか、
どんな洗剤を使うか、
どこまできれいにするか、

など、いろいろ細かい方法があります。
また、
お墓の石は、硬くて丈夫だと言っても、

やってはいけないこと、
避けた方がいい方法、
相性の悪い取り合わせ、

などもあります。知らずにやってしまって、
後悔。。。

girl_surprise

ということもあります。
また、

こうやって置けば、次のお墓そうじが簡単になる、
そう言うこともあります。

この「お墓そうじのノウハウ」はまちゼミの「お墓そうじセミナー」にて、お教えしております。

お墓そうじはなかなか、実際してみないとわからないことが多いですね。
年に一度か二度、まちゼミという豊岡商工会主催のセミナーで実施しています。
機会があればご参加ください。

 

 

お墓の汚れを付きにくくする

 
これはお墓の石に汚れが付着しずらくする方法。

まず、何より先に、お墓の汚れをとりあえず落としましょう。
それが第一歩。

そして、そのきれいなお墓の状態をいかに維持できるか、という問題です。

最初は、お墓の表面をコーティングする方法。

これは、よく知っているプロフェッショナルに必ずご依頼ください。
下手な施工だと、逆に状態が悪くなります。

そして、第二の方法は、
「再研磨」です。

お墓自体を新しく磨き直す、という方法です。
これは、費用もかなり掛かります。
時間もかかりますが、
ホントに建てた時の美しさが蘇ります。

おかあさん

費用を掛ければ、掛けただけ、美しくなりますね。

あなたの代に美しくて、お墓参りしやすいお墓にリフォームしておけば、
息子さん、娘さんの代でもお墓参りしてくれる可能性が高まるはずです。

ぜひ、ご検討を。

◆「おおきた石材店」お問合せ先◆

◇ お問合せ先はこちらです→→→ 問い合わせリンク
◇ お電話でも受け付け中 →→→ 📞0120-497-143

※ 直接、スマホに繋がります。
運転中、作業中で電話に出られない時がございます。
その際には、時間をおいて、再度お電話いただければ幸いです。
       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
IMG_20181001_103320

T家のお墓リフォーム⑦~台風一過の晴れ間に

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、大北和彦です。

台風24号の被害、大丈夫でしたか?
おおきた石材店では、ギリギリセーフ、ってところでした。
すぐ裏に堤防があり、その向こうは一級河川円山川。
かつて決壊したこともあるけっこう大きな川が流れているので、
水害とは常に隣り合わせです。

今回は、工場の入り口近辺まで水が来たようですが、
なんとか被害はゼロで済みました。
でも、前の道路は完全に水没していたようです。
泥の匂いがすごいです。

その台風が過ぎた翌朝。

IMG_20181001_103320

正に台風一過の青空の朝。

続きのブロック積みをしました。

既にスケジュールオーバー気味。
今日はとにかく、積んで積んで、積みまくります。

IMG_20181001_111929

この状態からスタート。
2段目が3月分の2積み終わって、コンクリートは2段目の半分近くからスタート。

コンクリートを挿入しながら、積んでいって、

IMG_20181001_173843

何とか全段積み終わりました。
明日はその中にコンクリートを流し込みます。

積んでみて思ったんですが、型枠ブロックというのは、
やっぱり普通のブロックよりも数段強度が高いですね。
何しろ、ブロック内にコンクリートが全て充てんできるように設計されています。
その分、ブロック状態では、強度が低く、欠けやすいです。
内部にかなり穴が開いているので。

普通のブロック(ホームセンターで売っている物)はコンクリートは基本的に
充てんできない構造になっています。

一番厚みのある15㎝タイプは充てんできますが、完全に内部にコンクリートを
充てんすることはできません。
空洞が必ずできる、のですね。
それに対して、
この型枠ブロックはコンクリートが完全に充てんできるような構造です。
もちろん、バイブレーターを使用しなければすき間ができる可能性はありますが。。。

それだけ、内部に空洞がなく、コンクリートが完全に充てんされているので、
明らかに強度は高い気がします。
もちろん、基礎コンクリートや鉄筋の太さ、結束の状態でも変わってきますが。。。

これからは、土留めを兼ねたブロック積みは、この型枠ブロックを利用させて頂こうと
思います。

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0495

T家のお墓工事①~今週からお墓の石垣改修

おはようございます。

但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。
今週から、遠方のお墓工事させて頂きます。

 

DSC_0525 (1)

この墓地、お墓は建っておりますが、
周囲の石垣が至る所で壊れつつあり、
ずいぶんやばくなっております。

DSC_0514

石垣の一部はもうなくなっております。
下の崖に落ちたと思われます。

この石垣を改修いたします。
元のままだと、石が全然足りないので、
最低限の高さまで石垣を取り去り、
石垣がない部分は余った石で改修し、
墓地の部分を多少、コンパクトにするのと土留めの意味で
ブロックを新たに施工し直します。

ブロックも通常のホームセンターで販売しているやつではなく、
「型枠ブロック」と呼ばれる特殊なブロックです。
土の圧力にも耐えられるブロックを施工させてもらおうと思っております。

DSC_0498

それまでに、このたくさんの樹木を切ったり、根を抜いたりしなくてはなりません。

DSC_0495

このように、松も生えております。(植えてあったのかな。)

下の墓地の方にもご迷惑おかけしておりますので、できるだけ早く、
修理していただきたいとご要望だったのですが、
お盆前はとても忙しくて、この日になってしまいました。
ごめんなさい。

雨が心配ですが、頑張ってやらせていただきます。

 

 

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0030

N家のお墓改修⑨~軟弱地盤

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

N家のお墓改修工事です。
ずいぶん長期に工事中です。

お墓の部材を移動して、
お墓本体の部分のコンクリート工事のため、
転圧してみると、

DSC_0030

とんでもなく、軟弱地盤。
タンピングランマがどんどん沈んでいく。。。(^_^;)

このままでは。。。

でも、もう時間もない。。。

で、この部分の土の入れ替えをします。

しかし、重機が入らないし、時間もないため、

しかたなく、

人力で。(^_^;)

 

 

DSC_0036

土のう袋に入れながら小運搬。。。

 

 

DSC_0043

お墓の大事な部分のみ、土を全部取り除きました。
その開いた部分に砕石を入れ直します。

本来ならばC砕石を入れるべきなんでしょうが、
今回は単粒採石を入れさせていただきます。

そして、

DSC_0049

外柵の際を掘って、

DSC_0046

そこにも、型枠、鉄筋を組み、
コンクリートの補強を。

まだまだ先は長いです。。。(^_^;)

 

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0001

I家、N家のお墓改修工事⑥~延石の設置

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

最近、お墓の周りに「ワカメ」に似たものが発生するというご連絡、多くいただいております。
みなさんのお墓は大丈夫でしょうかね。

 

 

お墓のリフォームの続きですが、
遅々として進んでおりませんが、延石の施工。

DSC_0007

このように、接着剤と奥に見える金具でダブル固定。
さらに、

DSC_0020

動く可能性のある延石には、石垣の裏に施工した、基礎コンクリートと
一体になるように、こちらにも固定金具。
これで、動くことはおそらくないでしょう。

延石が据え終わって、階段石を設置。
一段目。

DSC_0001

 

動かないように、金具で固定。

DSC_0021

三段の階段石も据え終わりました。
これに固定金具を設置すれば、玉垣下の延石は設置完了です。

滑り止め加工には、このような模様をさせて頂きました。
以前の切削の状態で、滑ることはない、ということでしたので、
この程度の滑り止めなら大丈夫かと。。。

磨いた面は非常に滑りやすいので、そのままではさすがにダメですから。

連休前になんとか、お墓の部分の基礎コンを終わらせたい。。。(^_^;)

 

 

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0027

古いお墓のリフォーム、移転は意外な費用が(その2)

234×60_shinraikan

「信頼棺®」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

昨日の竿石。
ひっくり返して水平に立てます。

DSC_0022

頭が陣笠頭なので、建てるのも一苦労。。。(^_^;)
しかも側面が手磨きなので、水平をどこで取ったらいいのか??

長年の勘で、やりますです。

研磨盤の一番目の粗い番手で平らかにしていきます。
まだ、凸凹がありますが、この程度なら問題ありません。

DSC_0027

 

隅っこはやっぱり接着してありました。
簡単に取れてしまいました。

DSC_0024-2

さて、この隅をどうするか。。。

 

竿石はできましたが、
その下の台石も。。。

この写真の面が下の面(下の石と接する面)
ずいぶん凸凹です。
上の竿石と同じ加工が施されております。

DSC_0017

 

でも、こちらは、彫刻がないので、
ある程度カットしても大丈夫そう。。。

DSC_0020

 

 

そこで、この面をカット。

DSC_0028

 

カットした段差を研磨作業で平らかにして、
完成。

DSC_0033

かなり古い石なので、石自体にサビ?なのかどうかわかりませんが、
大きく変色しておりますね。
石の年月を物語っております。

さあ、やっと施工の準備完了。

どうですか。
古いお墓の石の場合、簡単に建てる、というわけにはいかない、ということ
お判りいただけたでしょうか。
古いお墓の移転、リフォームで一旦解体して、立て直すというとき、
解体したら、そのお墓の全てがわかります。
そして、その古い施工のいろいろなものが現代に合わない部分が出てきて、
それを今の手法でやり直すのに、いろいろな手順が必要なのです。

時として、
「全部新しく建てる方が安くできる」場合はよくあります。
ですが、それは、誰でもできますし、いつでもできます。

逆に
ご先祖様が大切にされてきたお墓の石をすべて無くすことになってしまいます
果たして、それでいいのですか。

ご先祖様が、大切にしてきたお墓の石を何とか残す、その方法を模索するリフォーム、移転を
お勧めしたいと考えます。

 

 

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0009

古いお墓のリフォーム、移転って意外な費用がかかります。

234×60_shinraikan

「信頼棺R」お墓の中に水が入らないお墓をお勧めしております。
和墓、デザイン墓、インターロックプレミアム墓石でも施工できます。
既存のお墓のリフォームにも対応。
お問い合わせは、こちらへ。。

 

今、古いお墓の移転をしていますが、
以前のお墓は石の上に石を乗せるだけの施工でした。
なので、石同士が接する面は独特の加工をしている場合があります。

DSC_0009

こちらのお墓。
手磨きの加工で、おそらく50年以上昔のお墓だと思います。
(建立年が彫ってないのですが、予想だと昭和20年代かと)
この下の面。

DSC_0010-2

この赤枠がしてある面ですね。
なんだかガタガタですが、施工しやすいように中心部をえぐってあるんです。
今の機械加工ではなく、手で加工しているので、まっすぐな面を作るのが難しいのです。

なので、

DSC_0010-3

(汚い写真ですいません(^_^;))

赤線の枠部分はえぐって、下の石とは当たらないように加工します。
そして、
青線の部分だけ下の石と当たるように加工するのです。
そうすることで、しっかりとお墓の石が安定するわけです。
こういう加工を
「二番を落とす」と言いますが、
こういう加工してあるお墓が当時はほとんどでした。
まあ、丁寧な加工のお墓といえるでしょう。

ですが、これを現代の施工で建てようとすると、
このままでは、難しいのです。

このガタガタの下の面をまっすぐな面にしないと
「耐震施工のお墓」
おおきた石材店では
「地震に強い施工」と呼んでおりますが、その方法の施工をしようと思うと、
この面を加工仕直さないといけません。

と、ここまで来て、ある問題が(^_^;)

下の部分、蓮華彫彫刻が施してあるので、
あまりたくさんカットできません。

DSC_0016

なので、研磨作業で、平らに直すことにしました。
あともう一つ懸念材料。。。

DSC_0016-2

この部分(赤枠の部分)、どうやら接着してありそうなんですよね。
さて、どうする。。。(^_^;)

 

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0004

お墓のリフォーム~よく倒れなかったな。。。(^_^;)

「お墓のみとり」を推進しております。
ちょっと話を聞いてみたいという方は、メールにて【お墓のみとりお問合せフォーム】まで

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

今日から今年最後のお墓工事に着手しております。

現在建っているお墓の石などをすべて取り外し、

基礎コンクリートと外柵の延石を施工して、
その上にお墓の石などを元に戻し、玉石を入れるという工事です。

主とした仕事が「コンクリート工事」となりますので、
天候が一番気になります。

DSC_0004

ユニックにてすべてのお墓の石が移動できるので
お墓工事の場所としては【最上級】と言っていい場所です。
(^O^)

全ての石を取り除きました。

よく見てもらったら分かると思いますが、
基礎コンクリートは一切入っておりません。

他の石材店さん(たぶん今は廃業されている)が40年以上前に建てられたお墓です。
基礎工事はこんな感じが普通ですね。

ただ、手前の四角い部分、灯ろうが立ったいたんですが、
土の上にただ置いてあるだけだったのですが、
。。。
よく転倒しなかったな。。。(^_^;)

DSC_0011

掘方、砕石を入れて、

DSC_0016-2

鉄筋を敷設、
コンクリートの基礎を施工します。

雨が降らなければ。。。(^_^;)

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0023

リフォーム事例②~草で覆われるお墓

02 防草工事 墓地前階段改修 お墓裏石塀設置 化粧砂利仕上げ 墓地清掃

草が毎年毎年生えてきて、墓地の裏の樹木も繁って
毎年毎年掃除が大変だということで、墓地リフォーム工事させていただきました。

まずお墓の石自体を仮撤去して、持ち帰り、墓地前の階段等を
新たに設置して、金具で固定して基礎コンクリートを施工して
墓地自体をかさ上げして、
墓地裏の樹木が浸入してくるのを避けるため、石の塀を設置して、
仕上げに化粧砂利を敷設しました。

お墓自体が見違えるほど美しくなったと思います。

ビフォー(工事着手前)

DSC_0061-2

 

アフター(工事完了後)

DSC_0023

 

〇 工事費用に含まれるもの

・お墓仮撤去、据直費用
・基礎コンクリート施工費用
・延石金具固定費用
・灯ろう仮撤去、据直費用
・墓地正面階段石設置費用
・墓地正面石改修加工費用
・墓地裏石塀設置一式費用
・お墓そうじ費用

 

◇ 墓地リフォーム工事一式   メールお問合せ

※ この工事の様子です。

 

お墓のリフォーム
〇01 防草工事01~化粧砂利仕上げ
〇02 防草工事02~化粧砂利仕上げ  (←この記事です)
〇01 防草工事03~化粧砂利仕上げ

 

 

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」