Tag Archives: お墓の疑問

シルバーウィーク、盛り上がってますか??

シルバーウィーク、盛り上がってますか??
とっても盛り上がっている人、
対して盛り上がってない人、
仕事の人、
いろいろありますね。

でも、

これほど休みやすいシルバーウィークはそうないかも
しれませんよ。

今を生きましょう。

目の前のもの、人を大切にしましょう。

つまり、

シルバーウィークを思いっきり楽しんじゃえ、

ってことです。

ところで、
シルバーウィーク(略してSW)前に
まちゼミ、開催しました。
非常に小人数ですが、
中身の濃いまちゼミでした。

高屋にある豊岡西霊苑にて
実際のお墓を見ながらの

「石塔建てますか?石碑を建てますか?」

から始まって、

「西霊苑のいいところ、悪いところ」
「ブロックと石との耐久性の違い」
「日本の石、外国の石、どこを見て選ぶ?」
「日本にもおすすめできない石あります」
「外国の石でも、いい石あります」
「この石はつかっっちゃダメ!!」
「今おすすめの草の生えないお墓4パターン」
「誰でもお香をお供えできるお墓」
「お墓、ここを見て考えてね」

などをお話ししました。

DSC_0025

とても満足いただけたように思いました。

アンケート結果も
「いろいろ教えていただき、参考になりました。
ありがとうございます。」
との言葉をいただきました。

DSC_0002

それから、
お目付け役として、
「今日少しだけ拝見します」
とのことだったまちゼミ実行委員長の
川崎仏光堂の川崎さんも
途中からすっかり参加者となり
最後の最後まで参加していただけました。

その感想です。


石碑と石塔の違い。

「板状のと長方形の箱型の違いでしょ?」
そう思われた方、驚きますよ?(答えはおおきた石材店さんへ)
話を聞いていくうちに、ただの見学者から参加者となってしまいました。現地(霊苑)ならではの利点もあり、かなり分かりやすかったです。
これから新たにお墓を作る、
もしくはリフォーム予定のある方が、本当に羨ましい!!
そう思える講座でした。
これは、チラシで読むより実際の講座を受けてみた方がはるかに良かった内容なので、
次回以降はチラシのタイトルなどの工夫で“化ける”講座だと思いました(^_^)b


 

た、タイトル頑張って考えます。。。(^_^;)

次回も開催予定なので、
みなさんのご参加をお待ちしております。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

スリンって何か知ってますか??

スリンって何だか知ってますか?

「はいはい!!
知ってます!!
楽器です!!」

というあなたは、かなりマニアックではありますが、
普通の人。です(^▽^;)

お墓でスリンといえば、

DSC_0024

これです。
お墓の石と石の間に挟まっている、
台?
座布団??
のようなもの。

これを、スリンといいます。

どうしてスリンっていうのかは、

実は、

知りません。

が、

但馬では、スリンとは呼びません。

座布団といいます。

丸座布団ですね。

丸があるなら、角もあるはず!!

というわけで、
角座布団です。
DSC_0020

いや、但馬では非常に珍しいんです。
ので、
あえて、載せてみました。

但馬では基本、丸座布団です。

角はめったにないですね。

私自身、角は作ったことないです。

なんか時々見ますが、

ちょっと尖っていて、違和感あるな。

ほかの地域では多いところもあるんですよね。

「スリン」の話題でした。

似たもので、

「花瓶」というものもありますね。

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

豊岡市霊苑・現地案内会開催!

台風接近中の兵庫県豊岡市です。
かなり雨風が強くなってきました。
ところで、

豊岡市霊苑の現地案内会が実施されます。

まあいろいろ問題はありますが、
豊岡市営霊苑、
豊岡市内に住んでいて、お墓を作りたいと思ったら、
まず考えられるのは
市営霊苑でしょうね。

DSC_0006

そこで、というわけではないですが、
豊岡市役所が重い腰を上げられて、
現地見学会、並びに個別相談会を開催しようということです。

豊岡市民はもとより、
近隣のお住まいの方で、
「お墓、そろそろ作らなきゃ」
とか、
「うちのお墓、山の上にあるから、
もっと便利なところに移したい」
とか、
「近くにお墓を作れる場所がない。
どっかいいところないかな?」
とか、お考えの方、

この機会に、市営霊苑を見学して
相談してみたらいかがでしょうか?

 

○ 日時 平成27年9月25日(金)、26日(土)、27日(日)
の3日間○ 時間 いずれも午前10時に市役所北駐車場に集合

○ 場所 豊岡西霊苑(旧高屋霊苑)、東霊苑(豊岡市市場)

    ※ 見学終了後、個別相談が行われます

○ 募集人員 各日程5組(1組2名まで)
市役所駐車場から霊苑まで送迎があります

○ 受付  9月1日(火)から。
ご希望日、参加人数、ご氏名、住所、連絡先電話番号を
豊岡市役所生活環境課 環境衛生係まで連絡してください

○ 電話番号 0796-23-5304(担当、田中・真田)

 

ついでながら、私のまちゼミの方も
8月27日と9月19日に開催します。
こっちの方がちょっと早いですね。

どっちも聞いてみて、
より理解を深めるというのも手かも
しれませんね。

こちらは、現在募集中。
8月27日もドタ参加、歓迎します(^○^)

DSC_0003

◆ 後悔しないお墓の作り方、あなただけにお教えします ◆

○ 日時 8月27日(木) 15:00~17:00
9月19日(土) 10:00~12:00

○ 会場 豊岡西霊苑(霊苑中間あたりの東屋のある駐車場)

○ 募集定員 10名(各日程)

○ 持ち物  メモ、筆記具

○ お問い合わせ先 おおきた石材店0796-22-3594
                        大北まで。

場所はこちらです。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

お墓のそうじ

すっかり秋めいてきた兵庫県豊岡市です。
みなさん、台風が接近中ですが、
お気をつけてください。

うちも台風の大雨で、被害が出る可能性があるので、
十分な対処をしていきます。

まあ、でも消防団ですから、
対処する時間がないことがほとんどですがね。
さて、先日、リフォーム工事のため、
解体していたお墓の石。

DSC_0060

持って帰って、清掃作業ちゅうです。

DSC_0001

こんなに、汚れがひどかったんですが、
ほぼ、落ちました。
わかりますかね。

あまりわからない???(^▽^;)

DSC_0001

竿石なんか、かなりきれいになったんじゃないかな。
墓石専用の洗浄剤で、
きれいになりました。
文字の中も、ほぼ汚れが落ちています。

これは現場ではなかなか落ちないんですけどね。

DSC_0003

さて、
地震に強い施工、をするために
多少の加工しなおしをしなくてはなりません。
それをしていきます。

施工は週末か、来週以降に。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q017~京都型、大阪型の違いって??

但馬のお墓のプロ、大北です。
このような質問があったので、おこたえします。

京都型って、大体私のイメージでは、
こんな形ですね。
(季節はずれの雪の写真で申し訳ありません。。。)

IMG_20141215_155532-2

頭が四方、曲面の丸め。

IMG_20141215_155221

台は基本、二重台で、

IMG_20141215_155532-2

花立が背が高めで地面にそのまま
突き刺さっている。

香立はやや大ぶりの香立。
正面に家紋が彫ってあり、
曲面の独特のデザイン。
その下に水鉢というか、
納骨堂の入口を隠すお供え台的な
もの。
水をためる構造になってないので、
水鉢とはいえないのかも。。。(^_^;)

IMG_20141215_155603-2

これが私の「京都型」お墓のイメージです。

一方、大阪型とは

DSC08741-22

こんな形です。
一見、違いはないように見えますが、

IMG_20141215_155354

頭は「四方丸め」と言って、
大阪型のみならず、今一番多い頭の加工の形かな。
京都型とは違うの、分かりますか??

DSC09077-2

それ以外もとてもシンプル。
線香立は特注ですが、普通は丸い香立です。
花立は比較的小さめで背も水鉢より多少高い程度。
水板といって、花立、水鉢を乗せる板の上に
水鉢とともに収まっています。
非常にシンプル。
シンプルさが大阪型の基本です。

 

 


目次ページに戻る

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

墓地の環境に合った墓石の選定は大事です。

梅雨が明けて、非常に暑い但馬、豊岡です。
昼間は暑すぎて、思うように仕事がはかどりません。
早くこの気候に体が慣れてくれないとね。。。(^_^;)

ところで
お墓の石を選ぶ時、
値段だけで決めてませんか?
そして、
後から後悔している人、いませんか?

墓地の環境によって、
選んではいけないお墓の石って
あるんです。

さあ、それを、
今日はご説明します。

 

この墓地は海のすぐそばにあります。
DSC00085

分かりにくいですが、
漁港のすぐ近くに墓地があります。

但馬にはこういう墓地、結構あるんですが、
非常にお墓の石にとっては厳しい環境だと
言えます。

「海風」は塩気を運んできます。
また時折吹く強い風は浜の砂とともに
吹いてきます。
その砂まじりの風はお墓の石に様々な悪影響を
及ぼします。

事例①

DSC00051-3

これは、この墓地にあるお墓。
何気に高級な墓石です。

DSC00051-2

この部分、色が変わっていますね。
これは水を含んで変色している写真です。
建墓してかなり経過しているはずですが、
水分の吸収が関わっています。

この石は水はけがいいはずなので、
晴天の日が後何日間かあれば、
この黒い部分は消えると思います。

ですが、これはまだまだ序の口。

事例②

DSC00056-2

正面の文字は修正しておりますが、
その左右、角が白く変色してます。

DSC00056-9-3

この赤で囲った部分。
これは、この石が良くなりやすい現象
なのですが、
角が黄色く変色して、
色が落ちる現象。

DSC00056-2-5

下の方、台石の角も
白く変色しています。
更に、

-5

青く囲った部分、
明らかに色がお墓本体と違いますね。
色が白い。
でも、この石はもともとこの色だったと
思われます。
お墓本体は水を含んで
色が濃くなったのです。
その色が濃くなった石と
あまり水を吸わず、もともとの色と
変わらない前の花立て、水鉢の部分が
これほど大きく色が違ってきます。

ここまでは通常の墓地でも
発生しますが、
この環境の厳しいお墓の場合、
もっと酷い状況が。

事例③

DSC00066-2

これも同じ墓地のお墓。
かなり酷い状況です。
白っぽい部分はぼぼ光沢が落ちてしまっていて、
磨く前の石の色になっています。
それ以外の黒っぽい部分はまだ光沢がわずかに
残っていて、色が濃く残っています。

後ろから見た写真。

DSC00074-3

こうなると、かなり酷い状況と言えます。
これは、石の選択を間違ったことが
原因です。
このような海に近い、石にとって厳しい環境なら、
それに耐えうるような石でお墓を建てなくては
このような状況になりうる、と言う事例です。

そして、

事例④

DSC00081-2

これも、酷いですね。
海風が良く当たる左側の部分のみ
真っ白になってます。
光沢は完全に落ちています。
向かって右側がわずかに
光沢が残っている状態。

これは海風があたりやすい、あたりにくいということも
あるのかもしれませんが、
石自体の性質も影響しているのかも。

ちなみに玄武岩系の石です。
この石は風化に特に弱いので
このような場所では、決して使ってはいけない
石です。

このように、

石にとって厳しい環境の墓地、

○ 海に近い(海風がまともに当たる)
○ 積雪量が多い(数ヶ月、雪に埋まってしまう)
○ 年間降雨量が多い(水分を含んだ期間が長い
○ 周囲が樹木に覆われている

と言うような墓地にお墓を建てる場合、
石材の選定には
ある程度の質の良い石を使う
とその墓地で多く使われている石を使う、
などを考慮して選ぶ必要があります。

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

お墓の全国平均価格

但馬、豊岡のお墓のプロ、大北です。
昨日は、大阪まで日帰り弾丸ツアー、
伯父さんの法事で行ってきました。

以前はすごく遠いイメージだったんですが、
近くなった気がしました。
但馬地域の道路事情が徐々に
よくなってきたことが関係しているのかも
しれませんね。

今日はお墓の値段の話です。
私は加盟しておりませんが、
石材業界組織の一つ、
一般社団法人「全国優良石材店の会」(略称、全優石・吉田剛会長)が
集計、発表した
お墓購入アンケート結果によれば
全国の墓石建立費は164.6万円らしいです。

DSC_0034-2

(「日本石材工業新聞」平成27年7月5日号の記事を引用させてもらいました。)

一番高いのが四国の198万円、安いのが北陸の142万円。
デザイン墓、和型、洋型の順に高額とのことです。

私の実感では、但馬・豊岡は平均より少し安いのが多いかな。。。
でも、200万円以上のお墓もあります。

大事なのは、値段ではなく、
その値段に見合ったお墓であるか、どうか
と言うことではないかなと。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

まさにシャア専用ザク、があるように、

禅増専用のお墓があるんです。

卵塔、あるいは
無縫塔(むびょうとう)といいます。

080215_070729

080215_070729

この丸い卵形のお墓です。

無縫塔(むほうとう)とも呼び、
縫い目がない、つまり
円形のお墓、という意味です。

これは実は最初は
【禅僧】のお墓、と決まっていたそうです。
なので、
私なんかは、「曹洞宗の住職のお墓の形」だと
ばかり思っていました。
でも、
最近は、他の宗旨のご住職も。。。

G020208 132

このように、卵塔が並んで建っているようなお墓は
ほぼ間違いなく、
お寺の住職(寺持ち)の代々のお墓と思っていいようです。

最近では、
曹洞宗、臨済宗、黄檗宗という禅宗系ではない、
それ以外の宗旨のご住職も利用されている例が
ときどき散見されます。

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

お墓が出来るまでの期間②

加工について、
日本で外国の石の加工はない
と言う話はしました。
(もしかしたらあるのかも、ですが。。。)

そうなると、

外国の石は外国で加工と
日本の石は日本で加工と
日本の石を外国で加工の

3つのパターンですね。

そのうち、
日本の石を外国で加工、は
一見、なさそうに思えますね。
船で、輸出して、更に、持って帰ってこないと、
となると、やっぱり、費用と時間が余計に掛かるし。。。

と思われるでしょうが、
実は
日本の石のかなりの割合を
外国(特に中国)で加工されているんです。

さて、
どういうことか?

少しずつ送るのではなくて、
ある程度の量を送って
注文数ごと中国から逆輸入。

あるいは、
予め、規格サイズのお墓を
大量に作っておいて、
ストック。

どちらにしても、人気のある石なら
確実に注文が予想できるので、
どんどん外国に輸出し始めたのが、始まりです。

一度にたくさん、船で輸送すれば
コストも低く抑えられるし、
それに、
中国の方が加工賃はずっと安かったんです。

それで今でも
日本の石を中国で加工、と言う流れは続いてます。
詳しい経緯は省略しますが、
(また横道に逸れて、戻ってこれなくなっちゃいますから。。。(^_^;)

未だに、たくさんの日本の石が輸出されています。
今、西日本で人気の高い、「天山石」などは
採掘量もそれほど多くない事もあって、
日本で原石を探すより、中国で原石を探した方が、
いいものがある、という噂まであります。

しかし、

今回の話のような、規格外のお墓サイズの場合、

このような外国に輸出した石は、サイズが合わないので、
使える石がありません。

こういうイレギュラーなサイズのお墓の場合、
採掘地と加工地が離れていると言うことが
大きな障害となりうるんです。

やはり、

採掘地と加工地は近い、と言うことが、

自然で

○ いろいろなイレギュラーにも対応しやすい、
○ コミュニケーションが取りやすい、
○ 代替品の輸送コスト、輸送納期もわずかで済む、

と言えるのじゃないでしょうか?

DSC04164
(写真は国内加工でお世話になっている栄龍石材さん)

では、今回のテーマである、
加工、梱包、輸送に掛かる時間ですが、

日本の石は日本の採掘地に近い加工工場。
外国の石はその採掘地に近い加工工場。
(外国の場合、熟練加工という点でふさわしい場所は
アジアでは中国に限られるので、どこでも、とはいえません。)

が一番早く、出来るのではないでしょうか?

日本なら、
規格サイズなら、2週間から3週間。
規格外なら、一ヵ月~。

外国なら、規格サイズなら、3週間前後。
規格外なら、1ヶ月~1ヶ月半程度。
(船による輸送時間も含む)
場合によっては、2ヶ月程度掛かる場合も。

これくらいが通常だと思います。
もっと早く出来るよ、と言う石材店もあるのかもしれないですが、
短納期はデメリットが大きすぎます。

短納期はどうしてダメなのか。
という話を明日は。(^_^)/

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

その期間では、無理です。。。(^_^;)

但馬、豊岡のお墓のプロ、大北です。

先日、お客様と打ち合わせの時、あったやりとり。


「大北さん、8月2日が法事なんです。
それまでに建ててもらえませんか?」

「。。。はい?。。。来年の8月、ではなくて?。。」

「来月の2日です」

「無理です。
3週間弱ではできません。
申し訳ありませんが、
それは無理な話です。」


と言うやり取りがありました。

お墓は山の上、
お墓サイズは規格外の12号。
古いご先祖のお墓が約15基。
それを全て整理して据え直して、
外柵をしっかり設置して、
樹木の伐採、つつじの伐採×3
それを3週間でしてほしい、と言うご依頼。

常識で考えても無理だ、と
私は考えましたが、

その施主様はできる、
無理すればできるんじゃないか、と
お考えだったようです。

結局、その期日は無理なのは
了承していただけて、
ただ今交渉中なのですが、

お墓を注文してから、出来上がるまでの期間の話をしたいと
思います。

① お墓の石の加工する時間、場所

 

お墓の形、サイズ、レイアウト、文字、家紋、など
全てが決定して、支払い方法も決まって、
では、発注しますよ、と言ってから
お墓の加工はスタートします。

○ 加工する石が日本の石か、外国の石かの違い、

○ 加工するのが国内の加工工場か、外国の工場か、の違い、

がまず大きな選択肢となります。

外国の石は外国の工場の加工、
日本の石は日本の工場の加工
ではないのか?
と石材業界以外の普通の人は考えますが、

① 日本の石→日本の工場の加工(専門の加工工場)
② 日本の石→外国の工場の加工
③ 日本の石→日本の施工店が自分で加工
④ 外国の石→外国の工場の加工
⑤ 外国の石→日本の工場の加工(加工専門工場)
⑥ 外国の石→日本の施工店の自社加工

とこの6つの選択肢があります。

このうち、⑤と⑥は、ほぼない、と考えた方がいいですね。

⑤の場合、無理言って、お願いして、割高でもいい、
と言う条件であれば可能だとは思います。
でも、それでは意味がない。
外国の石でお墓を建てるって言うのは、
費用が安く上がる、と言うのが最大、唯一のメリットだから
です。
(通常は。。。)

⑥はその石材店の考え方次第ですが、
普通に考えたら、ないですよね。

外国の石を外国で採掘→原石を船で輸送→原石を陸送→加工店で加工→お墓完成。

と言う流れですが、船で輸送、陸送の部分、
原石とは出来上がったお墓より2、3割から5割程度、
体積が増えます。
ので、輸送コストがかさみます。

その上、

お墓は出来上がるまで不具合が分からないことが
結構あるんです。
切ってみたら黒玉、あざ、ナデなどが出てきた。
確かに石って自然からのいただき物ですから、
いろいろな石が出てきます。
工業製品のように均一ではないのです。

出来てから不具合がでてきた時、
交換したくても石がない。
また外国から送ってもらう。
となると、時間とコストはかなり大きくなります。

原石を輸入して自分のところで加工したら、
メリットがあると思って作っていたのが
かつての自社加工できる石材店さんでした。
(うちもかつてはそうでした)

上記のデメリットを考慮しても、
作るメリットが大きかったんです。
それほど国内の石と外国の石の値段に
開きがあったから、なのです。
(当然、外国の石が安くて、日本の石が高い、のですが。。。)

でも、現在、外国の石を自社加工しても
ほぼメリットはありません。

外国の石の値段が上がってきたから。

そのことに対する処方箋(対処方法)を
私は一つ持っていますが、
あえてここでは、それには触れません。

そういった理由で⑥もほとんどない、
と考えた方がいいでしょう。

では残りの選択肢は。。。

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

灯ろう、建てますか?

おはようございます。

但馬豊岡のお墓のプロ、大北です。
今日は、お墓の灯ろうについて、
皆さんに聞いてみたいのですが。。。

お墓建てるとき、地域にもよりますが、
「灯ろう」って建てること、多いですよね。

私の住む豊岡も以前は必ずと言って
建てていました。
しかも、安い中国の石で安い人件費で作っていたので、
灯ろう自体も非常に安くて、
お墓建てていただいたら、灯ろう一対を無料で
お付けします、って業者さんまで現れて、
まさに、おまけ、
付属物状態でした。

DSC00415-2

 

DSC00461-2

 

DSC00415-2

さて、この写真見て気づかれた人もいるかも、
ですが、
入口の左右に比較的背の高い、
灯ろうを2基建てて、
入口が。。。
狭い、ですよね。

敢えて建てる必要を感じない、
そういう人もいるかもしれないです。

せっかく灯ろう建てたのに、
一度も使った形跡がない、
と言うお墓もあります。

しかも、
以前のように非常にリーズナブルなら
まあ、あってもいいか。。。
となりますが、
それが、今や、かなり高価となりつつあります。

さて、あなたは灯ろう、
建てますか?

DSC_0015

このような小さなサイズもあります。
置き灯ろうと呼びますが、
地面に置くように設置するから、と思いますが
サイズは非常にちいさくなりますし、
手前においても、圧迫感がありません。

さらに、
一対(左右2基)ではなく、
1基、一つだけと言う選択肢も
あるような気がします。

DSC00645-2

さらに、
このお墓の左右にある、小さなもの。
ロウソク立というもの。
言うなれば、
ミニミニ灯ろう、とでも呼んでいいのかも
しれません。

ロウソクで線香の火を着ける、
と言うことだけなら、これで十分ではないですか?

もちろん、灯ろうは絶対、建てないと
格好つかない、と言う人も
いらっしゃるでしょう。

それを否定はしませんが、

建てない、付けない、
と言う選択肢もあるのかもしれませんね。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

高級品には高級品の佇まいがある

但馬、豊岡のお墓のプロ、大北です。

高級品の代名詞と言えば、
ベンツですね。
メルセデスベンツ。高級品だと思います。

さて、そのメルセデス。
ショールームにあるパンフレット、
(私は行ったことないですが。。。)
どんな紙でしょうか?
少なくとも、コピー用紙では、
決してない、ですよね。

高級品には、高級品の佇まいとか
雰囲気とか、ありますよね。

img_c8a1e33eb15a5312f2186539fe9849ab95846

 

そこで、お墓の高級品って何でしょうか?

国産の石、でしょうね。

国産の石は基本的に高級品のカテゴリに入っていますよね。

高級品にも関わらず、

サンプルの石、

DSC_0085

こんなのじゃ、到底、高級品とはいえませんね。
(上の写真は外国の石です。)

そこで、こちら。

DSC_0076

紀山石。

これは福島の石です。
箱には紀山石って書いてありますが、
どうも、菓子箱のような佇まい。

さて、

開けてみると、

DSC_0079

なんと、二段になっていて、
サンプル石とお菓子が入っていました。

なんだかちょっと感激。
そして、
ちょっと、得した気分。
サンプル石とお菓子の取り合わせ。

今までなかったですね。
その雰囲気は
まさに高級品。
食べてしまうのがためらわれるほどの
高級感を漂わせています。

やはり、
ちょっとしたことですが、
これだけで、
安心感、
高級感、
優越感、
お得感、
満載です。

紀山石、なんだか分からないけど、
興味あるな、って方、
見本箱、差し上げます。
今のところ、
先着1名ですが。。。

こちらが紀山石を採掘されています。
http://www.datekan.com/index.html

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

日本のお墓は日本で作る4つの理由

日本で建てられるお墓のおおよそ、8割から9割弱は

中国の福建省近辺で作られている、っていう話は

先日しました。

→→「日本の石でお墓を建てる4つの理由」

 

なぜ、ほとんどのお墓が中国で作られるようになったか、

それは、中国の石でお墓を作ったから。

もともと石の工芸の地場産業があったところに、

石が採れたので、そこで作ってみたら、上手く行った

みたいな感じじゃないのかな。。。

最近、中国産の石の使用が減ってきている気がしますが、

それでも加工は中国で、

という流れはしっかりとあります。

 

今のままでいいのか?

中国人に作ってもらっていていいのか?

日本人が作るべきではないのか?

誰が作っても同じだと、考えますか?

それとも、

「どうせ作ってもらうなら、日本人がいいな」って

考えますか?

 

① 日本の石は日本で 中国の石は中国で

 

地産地消と言う言葉がありますが、
これは、お墓の石に関しても、一つの真理ではないかと思います。

お墓の石が採れる場所か、
その近くで加工する、と言うことは
非常なメリットがあります。

お墓の石はいくつかのパーツに別れています。
それぞれが原石と言う地中に埋まっていた石を掘り出して、
成型、磨きと言う加工をして出来上がったものです。

工業製品と違い、そのものが大地からの授かり物である
お墓の石は時として、お墓の部材としてはふさわしくないものが
出来上がることがあります。
出来上がるまで分からないこともある、と言うのも
一つのお墓の石の加工の難しさを表しています。

さてその部材を取り替えるとなったとき、
近くで採掘しているなら、そこからふさわしい石を探して、
それをそのまま加工するとすれば、コストは最小限に抑えられますが、

必要な部材となる原石のみ、
加工工場がある場所へ輸送している、
現状の場合、
新たにその石に合う部材を探す、
探すにもそれにピッタリの石があればいいのですが、
なければ、安易に
一番近い石をとりあえず、ってことになりかねません。

そうでなくても、
ピッタリの石がなければ、
採掘場に問い合わせて、色合わせをして、
更にその石を輸送して、それから加工、と
時間もコストも大きなものとなります。

日本の石を外国に送って、加工する、という
大きな流れがある日本のお墓の業界事情で
大きなリスクの一つ目がこれです。

 

② 輸送距離が長ければ、不良品のリスクが高まる

 

石って硬いけど、欠けやすいものです。
粘りがないというのか、
硬いわりに、角(かど)や縁(ふち)って
たやすく欠損しやすいんです。
なので、輸送中の欠け、折れは起きます。

重量が大きいので、余計ですね。
輸送中における不具合へのリスクを考えたら、
中国へ一旦輸出しておいて、再度輸入って、
ありえないことかもしれません。

 

③ 国民性の違い

 

日本人と中国人の国民性は
明らかに違いますよね。

私は中国人の国民性は
直接は知らないんですが、
日本人の国民性は多少知っているつもりです。

とにかく、
日本人は仕事が細かくて、きっちりしている。
概ねですがね。

日本人は細かく完璧を目指します。
これは時に欠点になる場合もありますが、
ことお墓つくりに関しては、
日本人は最高の国民ではないか、と
思います。

中国人はどうでしょうか?

中国人の国民性はよく知りませんが、
中国人が作ったお墓はよく知ってます。
良く出来ているんです。
普段は良く出来ているんですが、
時に、
これはないだろうと思うようなものが
来たりします。

日本で、日本人が作ったものなら、
絶対ありえないものが時々ですが、
来たりします。

さて、
これはどういうことか?

熟練していない人の仕事が
商品として、出回ってしまう、のか?

あるいは、
熟練職人でも時に手を抜いて、作ってしまうのか?

どちらにしても、日本ではほとんど見られない
商習慣ではないのかな、と
思ってしまいます。

はっきりと理由が分かりませんが、
品質低下の可能性
があるのです。

もしそのようなお墓が中国から送られたとき、
当然クレーム(取り替え)となりますが、
時として気づかないこともあり得るんです。

 

④ 「お墓」に対する価値の違い

 

「お墓というもの」に対する考え方の違い。
日本と外国では大きいですね。

先日、テレビで見ていて、思ったんですが、

いろいろな国出身の若者を集めて、
葬送、お墓に関するそれぞれの国の価値と
考え方を比べていたんですが、
日本は間違いなく、
世界一、ご先祖を大切にして、
供養(お墓を建てることもその一部)する
民族だなって感じました。

日本人にとって、お墓って大切なもの。
少なくとも今まではそうでした。
粗末に扱っていいものではなかったです。

日本人の根源に関わることで
「ご先祖様に申し訳ない」
「ご先祖様のばちが当たる」
的な表現がありました。

外国にはそれはない国が多いようです。
中国はもともと儒教の生まれた国で
ご先祖を大切に、という考えは
儒教の影響が大きいと思うんですが、
にもかかわらず、
お墓に関しては、日本人の方が大切にします。

さらに、お墓参りという習慣すらない、
国もあるそうです。
(お墓参りをしない、と言う意味ではないですよ)

そういう国民性の違い、
供養という考え方の違い、
お墓に対する精神性の違い、
そういった違いのあるなかで、
お墓の石を外国で作ってしまう。
日本で採れた石を外国人が加工して、
日本のお墓として建てる。

そのことは人によっては全く考慮すべき問題ではない、
と言う人がいるのはわかりますが、

ちょっと違和感を感じてしまう、
ちょっと躊躇する問題だ、

と感じる人がいても当然だとは、おもいます。

以上、4点。

① 地産地消、お墓の石も
② 輸送コストは意外と大きい
③ 国民性の違い
 お墓への考え方

小さな問題かもしれません。
でも、
「わかりました。
それなら、少々金額が高くなっても
日本人に作ってもらいたいです」
と考える人が出て来てもぜんぜんおかしくないし、
むしろ、

「お墓で安心したいから建てるんです。
そんなに心配事があるなら、
日本で作ってもらって下さい」

と考えるのが、自然ではないのでしょうか?

 

国内の石材を熟知している業者さんの情報を知りたいなら、

こちらへ。

良材建墓

http://www.ryouzaikenbo.net/

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

伯父のお墓を作る~③

えっと、
但馬、豊岡のお墓のプロ、大北です。

昨日まで、お墓の加工シリーズだったんですが、
私の伯父のお墓なので、
【伯父のお墓を作る】シリーズに
名称変更します。。。(^_^;)

その加工シリーズの第3回目。

戒名碑の角の加工です。

ダイヤモンドグラインダーで
形を作りました。

DSC_0004

後は、光沢が出るまで
ひたすら磨く工程です。

DSC_0005-2

メタル番手は今回は使いません。
左2つはメタル番手です。
100 → 200 → 500 → 1000番手まで
このツインカーシリーズで
【下地を出す】という工程をします。

これを疎かにすると、いい光沢が出ません。
一番大事な工程と呼べるかもしれません。

DSC_0029-2

その後、上の4枚のフレキシブルパットを使います。
フレキシブルパットとは
表面(写真では見えない下面)に研摩材が張ってあって、

裏面に
べリベリってくっ付くファスナーというものがついていて、
工具と固定できます。

やや、弾力というか、曲面にフィットする感じなので
外側のアール面を光沢加工するには向いています。

なので、仕上げの光沢出しの工程はこちらの
【セラミカ】という光沢研摩工具の方が
向いている気がします。

 

ただひたすら、数字の小さい番手から
大きい番手に
交換、磨く、確認、磨く、完成後
交換、磨く、確認、磨く、完成後、
パット交換、磨く、確認、磨く、完成後、
パット交換、、、、続くわけです。

磨けてなければ、その番手まで帰って
もう一度そこから
磨く、確認、磨く、完成後、
パット交換。。。。と続きます。

 

DSC_0010

と、ずっと磨いていって、最後、

光沢出し(黒パット)が出来た状態。
やっと磨けました。
それで終わりではないです。

面(かど)磨きが残ってます。

DSC_0030

面取り(面磨き)はこちらの工具で。

こちらは乾式(水を使わない)ので、
どの程度磨けているかどうかが
わかりやすいです。

それをすべてやって、
しかも両面やって、

完成。

DSC_0025

たった、これだけの面を磨くまで完成するのに
半日以上かかります。(私なら。。。(^_^;)
早い人でも、半日弱はかかると思います。

お墓を作るって
大変な作業ですよね。。。

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

お墓の加工~①

お墓の加工をします。
今回は平面ではなく、曲面をハンドポリッシャーで磨く、
という作業をします。

使う道具の説明から。

まずは、成型する道具。

DSC_0037

基本的に、ディスクグラインダーという道具ですが、
右下の道具だけ、石材グラインダーという別の道具です。
見かけはほとんど一緒ですが、
回転数が低いです。
通常のグラインダーより。

DSC_0019

そして、これが石をカットする、道具。
俗に”薄刃”(うすば)、と呼んでいますが、
ドライカッターです。

これはこのサイズのグラインダーには取り付けてはいけないサイズですが、使ってます。
慣れてないと、手が刃に当たって怪我しますが、
このサイズでないと、切れないものがあるので。

DSC_0028

これは、サーフェイサーという研摩盤です。
がたがたの面を平らに直す時つかいます。

 

DSC_0005

こちらは、磨き(光沢を出す)工程の時に使う、
研摩材です。
ツインカーとよびます。

メタル50番 → メタル200番 → レジン100番
→ レジン200番 → レジン500番 → 1000番
→ 3000番 → バフ と8工程します。

主に、下地つくり工程、平面を研摩する時などに使います。

こちらは、セラミカという三和研磨工業㈱さんの道具です。
湿式といって、水を掛けながら研摩していきます。
光択の具合が確認できない欠点がありますが、
素晴らしい光沢が出ます。

DSC_0029

写真には7枚しかありませんが、
8工程あります。
青 → 黄 → 橙 → 赤
→ 緑 → 黄緑 → 茶色
→ 黒(白)
写真に写ってない黒が光沢を出す工程です。

そして、こちらが、
乾式、つまり、水を使わず光沢を出す道具です。

DSC_0030

水を使わないので、石の状態が見た目で分かるのですが、
光沢自体はややぼんやりした光沢しか出ません。

こちらは7工程です。

 

これだけを使って、石を成型(形を整えて)、
更に、光沢を出します。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

お墓の基礎工事①~コンクリート

お墓の建墓には、法律はありません。
実質、建てる石材店それぞれの基準で建てています。

中には、基礎コンクリートを一切、せず
モルタル(セメントと水を混ぜたもの)を団子のように
二箇所に固めて、その上に石を置くという建て方をする
業者さんもいます。

ただ、「地震対策」をするお墓なら、
鉄筋コンクリートの基礎は必須です。

これがないと、「地震に強い」とはいえないですね。
というわけで、うちのお墓の基礎工事の仕方を
説明します。

まずは、地面を高さまで掘削して、転圧をします。

その後、コンクリートの型枠をして、
鉄筋を組んでいきます。

鉄筋を組んで、コンクリートを施工。

DSC_0005

10ミリの鉄筋を300ミリのピッチで
組んでいきます。

 

DSC_0013

 

真ん中の穴はカロート(お骨が入る部分)の
穴です。

DSC_0014

コンクリートの呼び強度は24です。
コンクリートの厚みは最低でも100ミリ以上になるよう、
設計します。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q016~墓地の形が悪いんですが。。。

いびつな墓地の形ってあります。

きれいに区画整理された墓地ならいいんですが、
田舎にある山の中のお墓とか、
墓地の隅っこに新しいお墓を、
という場合、どうしてもいびつな形の悪いお墓になりやすいですね。

DSC_0001-2

例えば、上の写真の手前のお墓。
墓地自体はいびつなお墓なんですが、そのうち一部を使って
長方形を区切って供養エリア
(墓石が建つ部分)にして、
残りを参拝エリア(お参りする部分)に分けました。
こうすれば、比較的簡単に出来ます。

でも、そういう墓地ばかりとは限りません。
狭い墓地なら、そのままの形を供養区域としなくてはなりません。
そういう場合、全ての石をその墓地の形に加工しなおす必要があるため、どうしても割高になります。

形の悪いお墓は多少、割高になる可能性がありますが、
基本、そのままの形でお墓を建てることはできます。

墓地の広さが広い場合、
その全てを使うんではなくて、一部を長方形に区切って
墓地とすることをお奨めします。

墓地の広さが狭い場合、
出来るだけ広くお墓を建てたいので、
出来るだけそのままの形でお墓を建てるようになります。
多少の割高は覚悟して下さい。

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q015~外国の石と日本の石どちらがいいの?

日本の石と外国の石の違いを簡単に説明してみます。

 

外国の石の特徴

 

○ 単価が相対的に安い

日本の石に比べて、という意味です。
外国の石でも安い石からかなり高価な石まで様々あります。
比較的、よくある白っぽい石は安くて、
色の濃い石は高価な傾向があります。
もちろん例外もありますが。

最近の傾向として、中国の石が非常に使いづらくなってます。
その代わりにインドの石が増えつつありますね。
インドの石は品質が良い(数値が高い)石が多いので、
その影響もあって急激にインドの石にシフトしつつあります。

また、最近の円安の影響で、安いって実感が薄れつつあります。
また円が高くなる時が来るまで(そういう時があるならば。。。)

○ いろいろな色の石がある

外国の石はほんとに様々な石があります。
黒、緑系、グレー、マルチカラー、ピンク、赤。
赤は石材業者さんが「赤」と呼んでいるだけで、
赤というより濃い茶色、赤褐色という雰囲気ですが。

ishi

いろいろな色の中で、黒と言うのはお墓には人気の色です。
また黒の石は黒みかげと言って比較的採掘される石なので
いろいろな種類があって、値段もまちまちです。
日本では真っ黒の石が採掘されないので、
真っ黒の石であるなら、ほぼ外国の石と思って間違いないと
思います。
それから、赤とピンク色は産地が限定されるので、
ほぼどこの産地が分かります。

○ 最近採れはじめた石も多い

私は商社さんから石を仕入れているんですが、
ときどき、新しいサンプルを持ってきて、
「これどうですか? 使って下さい」と仰る時があります。
いきなりですか?って思うんですが、まあ話は聞きます。
でも、素性も分からない石を何のメリットもなく使うはずもない
と思いますね。

数年で採掘できなくなったり、
良い石が採れにくくなって、しばらく取扱しないとか
けっこうあるんです。
もちろん、外国の石でも長い間使われている石もあります。
例えば、
インドの銀河とか黒石の代名詞、クンナム。
中国ではG623(この石は現在、採掘はしてません)
アフリカのベルファーストとか、北欧のバルチックキング。
韓国の石もそこそこ歴史があります。

そういった石でも、昔と今では全く違う石、ということもあるんです。
石って自然からのいただき物
ってのが基本姿勢として持っているべきだと思います。

○ ちょっと前まで使えたのに、今はない、
○ 昔はすごい良い石(色目が)だったのに、今はさほどではない。
○ 突然良い石が使える(でも短期間で終わり。。。)
○ ネットで調べても全く出てこない石を勧められた。
(これは国最近出てきた石ということとその石材店が
別の名前で売っているという可能性がありますが。。。)

石に関しては新しいという言葉は必ずしも良いとは限りません。
むしろ、長年使われ続けている方が信頼が高いということは
言えるのかも知れません。

 

日本の石の特徴

 

○ 色の薄い石が多い

グレーとか白みかげ石とか青みかげ石とか
いいますが、日本の石は色の白っぽい、
いわゆるお墓の石と思われる石が多く産出されます。

特に、関西、瀬戸内の石は高級な墓石が多く
産出されますが、ほとんど白みかげ石、あるいは青みかげ石
と呼ばれるものです。
東北地方で産出される石はいくつか色の濃い石もありますが、
それでも、ほとんどがグレー系のみかげ石と区別される石です。

○ 相対的に高い

ということは言えるのかも知れません。
外国の石の部分にも書いたんですが、
比較的、日本の石は高い、というのは少し前まで常識でした。
それが相対的に(外国の石が高くなってきたので)
日本の石も選択肢に入ってきつつある、と言えます。

でもそれは日本の石が安くなったわけじゃないですね。

実際、人気のある石は値段が上がってます。
それから、外国(ほとんど中国)で加工した日本の石も当然、
高くなってきてます。(円安の影響も大きいです)

お墓の値段が一時期より間違いなく高くなって来てます。
日本の石よりお墓の石の台部分を占める
外国の石が値上がりしているので、
全体が高くなっている気がするんですよね。

○ 取り扱える石材店が限られる

特に採掘量の少ない石は特にいえると思います。

たとえば、
天下の銘石、庵治石の場合。
庵治石は流通ルートが比較的しっかりしているので
ルートを持ってないと取扱できない可能性があります。

大島石、天山石といった関西、西日本の銘石は
それなりの石は多く出回ってますが、本当にいい石って
数も少なく、人気なので、めぐり合えない可能性もあります。
特級とか一等材とか呼ばれる最高級品はやはり少ないので、
難しいかもしれません。

また、私は関西の石材店なので、西日本の石は多く
建墓しており、おおよその石は取り扱ったことはありますが、
東日本、東北、北海道などの石は一部を除いて
ほとんど取り扱ったことがありません。
私は商社を通じて仕入れる部分がありますし、
同業者の横のつながりもありますので、何とかなりますが、
仕入れ自体が出来ない業者さんもいらっしゃるかもしれません。

など、見た目だけでなく、
様々な目に見えない部分でも日本の石と外国の石
違いがあります。

その部分をよくわかった上でお墓の石を選びましょう。

 

 


目次ページに戻る

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q014~宗教、宗旨、宗派不問って?

○…「宗教不問」とは
仏教、キリスト教、神道などいずれでもかまわない、ということ。
どんな宗教を持った人でも大丈夫です。ということ。
普通公営墓地、民間墓地はこれですが、寺院墓地では少ない。
寺院墓地でこういう表記の場合、確認をすべきでしょうね。

○…「宗旨不問」とは
仏教徒なら、宗旨はいずれでもかまわないということ。
天台宗、真言宗、浄土宗、浄土真宗、曹洞宗、臨済宗、日蓮宗、時宗
など、どんな宗旨でも仏教ならかまわない、ということ。
ただ仏教系新興宗教は確認を。ダメな場合もあります。

○…「宗派不問」とは
同じ宗旨なら、宗派は問わない、ということ。
浄土真宗なら、本願寺派だろうと、大谷派だろうとかまわない。
臨済宗なら、大徳寺派だろうが、建仁寺派だろうが。。。
なにしろ15もあるんだから。。。
曹洞宗は一つですよね。

基本的には上記のとおりなんですが、
注意するポイントは、
「過去、宗旨宗派不問」という場合があります。
今までの宗旨宗派は問わない、と言う意味。
過去の経歴は問いませんよ、ということです。

「過去は問わないけど、今後はうちの宗派に従ってもらいますよ」
という意味です。

過去の経歴を問うているのか、
この墓地に入る条件を問うているのか、
両方の意味があるので、しっかり理解してから決めましょう。

寺院墓地の場合、「宗旨宗派不問」とある場合、
「過去の経歴は問わないけど、今後はうちの宗派での
しきたりに従っていただきます」
の場合が多いと思いますよ。

寺院墓地で「宗教自由」はほぼありえない、と考えたほうが良いと思いますが。。。

 


目次ページに戻る

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q013~樹木葬と散骨の違いは?

樹木葬とは、
墓地として規定された場所に、遺骨を埋葬する行為。
樹木を石のお墓の代わりとして、墓標に見立てて植える、あるいは
樹木のそばに埋葬する。

一方、
散骨とは
墓地、墓地以外を問わず、遺骨を主に粉末のように細かくして、撒く行為。
墓地以外に散骨する行為は様々な弊害、批判があり、
今は主に墓地かあるいは海上にて散骨されている。
散骨は法律的にもグレーソーンであり、
法務省(当時)の見解では
「節度をもって行われる限りは違法性はない」
という見解であり、法律的にはグレーゾーンではあるが、
民事的には問題が多いようです。

もともと多様な葬送のきっかけとなった散骨ではありますが、
土地の上での散骨は墓地を除いて、今かなり難しい状況です。
逆に、海上での散骨は業者もかなりあり、多くの人が利用されています。

散骨をすすめた自然葬の一つである「樹木葬」は
墓地への埋葬ということで、法律的には問題なく、多くの専用墓地が
存在し、多くの人が利用されています。

ちなみにですが、
遺骨を撒く、行為は法律的にはグレーゾーンですが、
自分の土地に散骨(遺骨を撒く)する行為は反対する人がいない限りにおいて、合法とされますが、

自分の土地に穴を掘って遺骨を埋める、ということをしたら、
法律的には違法行為です。
遺骨を埋蔵するのは「墓地」でないといけません。
でも、
遺骨を撒くことは違法ではないんですよね。
(あくまで「節度を持って行なわれる限りにおいて」ですが。。。)

 


目次ページに戻る

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」