Tag Archives: お墓の疑問

Q012~樹木葬ってなに?

樹木葬とは、墓地として許可を受けた場所に、遺骨を埋蔵、埋蔵すること、です。
その目印として樹木を植えたり、
予め目印となる樹木の周りに埋葬、埋蔵された、
のが樹木葬と呼ばれるようになったきっかけです。

基本、墓地に埋葬なので、散骨とは違います。

自然に還るというイメージで注目されている新しい葬送方法です。
このイメージが一人歩きしていて、正確な内容があまり伝わってない部分も多い気がします。

DSC09657
東京都営霊園の樹木墓地の場合ですが、
地面に円柱状の穴を開けられ、
そこに納骨袋に移した遺骨を埋蔵され、
その上に順番に遺骨を積み上げられる方法です。
基本、一番下は土に還る可能性はありますが、
その上に埋蔵された遺骨は周囲はコンクリート、下は
他人の遺骨なので、自然にはほぼ還りません。
ほぼ合祀(合葬)墓と考えてもかまわないと思います。

また、東京都の小平霊園に新しく供用された
「樹木墓地」は一体一体、地面に穴を開けて埋蔵されるわけですが、
作業のため、他の墓地区域の上を歩かなくてはならないので、
納骨工程は基本、遺族にも非公開です。
大よその位置は知らせてくれますが、正確な場所は
特定できません。
また、当然、納骨後の
「やっぱり一部の遺骨を手元においておきたいので、
掘り返したい」と言っても、返還されません。

お墓のシンボルとなる墓標的なものもありません。
納骨後、お墓と同じ感覚でお墓参りはできないのではないか、
ということも想定できます。

ポイントとしては
納骨の仕方(個別か他の遺骨と一緒か)、納骨の様子が確認(見ること)が出来るか、納骨後、お参り、参拝のシンボルとなるものがあるかどうか、

さらに、自然の土地なので、維持管理が必要となります。

(木の剪定、草刈、など)追加の管理料などが必要ないのか?
維持管理は行き届いているか?
特に墓域の募集が終わったあと、管理者が変わるか変わらないか?
維持管理が疎かにならないか?
管理者、運営者は持続的に運営できるか?

など、確認しておくべきことは多いですね。

新しい供養方法ですから、いろいろ確認しておかないといけないと思います。
お墓というかこういう供養の場所は長い付き合いとなるので、
途中で変わる、って言う可能性もある、ということも心構えとして
持っておく、準備しておく、想定しておく必要はある気がします。


目次ページに戻る

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q011~檀家ってどういうこと?

江戸時代、全ての人はどこかのお寺に所属しなくてはなりませんでした。
今の戸籍の変わりにどのお寺に所属しているか、どうかで
個人を特定したんですね。

その名残で、
今でも、どこかのお寺に所属している、ってことを
「○○寺の檀家、檀家になる」といいます。
つまり、
そのお寺を支えるコミュニティーに加わる、加わっているってこと。

job_obousan

お墓をそのお寺の土地に建てさせてもらって
そのお墓を供養してもらう代わりに、
その住職、ならびにお寺を支えるメンバーになる。
それが檀家というシステムです。

「お寺の維持、管理をする」ことに関わる費用を
そのメンバー(檀家)が分担する、ってことですね。

ですが、気分良くその檀家に加われるかどうかは
いくつかのポイントがあります。

まず、
お寺のご住職と合うか、相性の問題。
これは結構大切です。
先代のご住職はいい人だったが、その跡継ぎは。。。
ということもときどき聞きます。
相性と言うのは侮れません。

それから
「お寺、お墓」を守っていこう、というコミュニティーであるかないか?
それも大切ですよね。
金銭的な負担があるんですから、
なんだか信用できない檀徒総代さんだな、とか思うと
なかなかうまく行かないと思います。

さらに、
下世話な話ですが、
新しく檀家になる場合、
どれほど寺布施
(各檀家の割り当て金)
が必要なのか、予め予想を立ててから
檀家になることも必要かもしれません。


目次ページに戻る

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
a0782_000872_m

Q009~お墓じまいってどういうこと?

 

a0782_000872_m

 

お墓はあるけど、お墓参りなんて、したことない、って人が
お墓じまいって、するでしょうか?
。。。
多分、しないでしょうね。
そのまま放置して、無縁墳墓として、改葬処理を待つだけ、
となるのは、明白です。
そんな人は、
お墓じまいなんてするわけないですよね。

お墓じまいって例えば、こんな人がするんじゃないでしょうか?

「お墓参り、ですか。。。
けっこうしてますね。
えっと、年に2、3度は毎年してるかな。」

という人が、お墓じまいをするんじゃないでしょうか。
どうしてか。

お墓じまいとは、

「お骨を今あるお墓から別の場所に移すこと」をする。
そのために、不要になった今あるお墓を
片付ける。

それが、お墓じまいです。

生活スタイルの多様化、
遠隔地への引越し、
子どもがいないので、継承者がいない、
娘だけで、お墓の跡継ぎがない、
歳を取って、お墓参りがそろそろ出来なくなってきた。

そういう人が、
無縁墓(お参りする人が全くないお墓)になりそうな
自分のお墓をなんとか、
切れそうな縁を
残そうとする家族の行為。

それが、「お墓じまい」なんじゃないんだろうか?

 

DSC_0070

「ゼロからわかる墓じまい」の著者、吉川美津子さんが
その著書のまえがきで、

私は、お墓の中に入っているご先祖を『無縁にする』のではなくて『有縁にする』ために行うのが『墓じまい』だと思っています(以上抜粋)

と書かれています。

私も全く同感で、

このままでは、無縁墓になってしまうお墓を何とか縁をつなげたいと
苦心して行うものが「お墓じまい」だと思っています。

この紹介した芳川さんの著書には
家族で何とか自分のうちのお墓を無縁墓にしないようにと
苦心された話が3話載っています。
「お墓じまい」をしようとしている人は一度読まれることを
お勧めします。


目次ページに戻る

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q008~他人と一緒に入るお墓

お墓建てるのに、お金結構かかりますよね。
お墓を建てる墓地の使用権を買う費用、
お墓自体の価格+施工他の費用。
出来た後の納骨費用。
仏式ならお布施。

かなりの費用がかかります。

「どんなに頑張っても、そんなにお金掛けられない」という人が
たくさんいても不思議ではないです。

そこで最近増えつつあるのが、

「他人と一緒に入るお墓」

お墓と土地の費用を何人かで分担することで
負担を軽くできる。
一件のお墓では難しいサービスを
たくさんの家で分担することで付加価値を高める、

というお墓です。
そういうお墓を総称して、
「永代供養墓」と呼んだりします。


目次ページに戻る

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q006~伝統的なお墓の形、個人墓と夫婦墓とは?

さて、お墓の分類に入っていきます。
この分類方法、いろいろあります。
私たちお墓のプロの分け方で行きますと、
代々墓、納骨堂、永代供養墓、その他の供養墓などと
分けたりしますが、

このブログは
お墓のことをあまり知らない。
でも、お墓を建てないといけない。
でも、どんなお墓を建てればいいか分からない。
私に一番いいお墓の形を教えて!!

という方に向けて書いておりますので、
もっとわかり易い分類方法で行きましょう。

そのお墓に誰が入っていますか?(入りますか?)

という問いに対する答えで分けたいと思います。

○ 身内の人(あるいは一人)だけのお墓

と、

○ 他人と一緒に入るお墓

という方法で分けましょう。

まず、

身内の人(あるいは一人)だけのお墓、です。

当然、
①代々墓、家墓
というものもこの中に含まれます。

さらに、その中には、江戸時代に良くあった

②個人墓
③夫婦のお墓(夫婦墓~めおとはか)

があります。

IMG_20141115_091233

これが夫婦墓です。
向かって右にご主人。
左に奥さんという風に法名が刻んでありますね。
ご夫婦だけのお墓です。

DSC_0038

ここに古いお墓いくつか建っていますが、
全て個人か夫婦墓ですね。

DSC_0038

これは個人のお墓。

このように江戸時代以前は
基本個人か夫婦墓だけでした。

それが明治以降、
お墓を建てることが大変、
墓地が狭くなってきた、
などの理由で
「家墓」あるいは
「総墓」「代々墓」というものが作られ出したんです。

その伝統的な個人墓、夫婦墓が
最近になってちょっとずつ復活し出しています。


目次ページに戻る

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q005~豊岡の寺院墓地でお墓を建てる時のポイントは?

豊岡で寺院墓地、使用権を得るときは比較的安価です。
正確に金額をお伝えすることは難しいですが、
市営霊園を購入するよりは、永代使用権は安いです。
(永代使用権と書きましたが、正確には「条件付永代使用権」ですね。)

まず広さが狭いです。
豊岡の市営霊園の基本の面積は6平米。
でもほとんどのお墓はこの6平米のうち、約半分がお墓本来の
お骨を納める墓石の部分。
残り半分は参拝するスペースとなってます。
場合によっては、灯ろうが一対(2本)建つので、
そのスペースが取られ、
半分以下になります。

DSC00415-2

この写真は豊岡西霊苑のお墓の写真ですが、
奥半分はお墓本来の納骨する部分ですが、
前半分は参拝する場所、あるいは両サイドにある
丸墓前灯ろうのスペースとなっています。
必ずしも必要だとはいえないですね。

もちろん、「お墓に灯ろうは絶対だ!!!」

と仰る方には絶対必要なんでしょうけどね。

ので、
豊岡の寺院墓地のお墓は
コストパフォーマンスが高いんです。

しかし、それだけじゃありません。

豊岡だけではなく、全国の寺院墓地にお墓を持つ人、
あるいは寺院墓地にお墓を建てようと考える人にとって
人ごとじゃないんですが、
寺院墓地にお墓を建てることは
イコールそのお寺の檀家になる、ってこと。

檀家とはそのお寺のいわば正会員です。
そのお寺があり続ける限り、
あなたが檀家であり続ける限り、
そのお寺を支え続けなくてはならないのです。

そのため、
お寺さんとの相性もあります。
どんな人柄のご住職か、というのもあります。
通常、寺割といって、一定額の金額をお寺に納める
制度があります。
寺院の大きさと檀家の数によってその負担は変わります。

もっと言うと、
一旦檀家として組み入れられた場合、
そこから抜けるには大きな壁が待ち受けます。
お寺にとって、檀家は唯一の収入源です。
江戸時代、そういう風に組み入れられました。

ので、お寺にとっては例え一軒でも
檀家を抜けられるのは死活問題なのです。

良い悪いは別にして
そういう風に作られているので、
その部分はすごく大事です。

一旦、檀家に入って、
後からイヤだから抜けます、という
論理は通じにくいのです。

一旦、檀家として入った場合、
そのお寺さんとの関係は非常に大事です。
ので、
もし寺院墓地にお墓を建てたいと思ったとき、
お寺のご住職の人となりというものも
しっかり知っておくべきでしょう。

 

 


目次ページに戻る

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q004~豊岡市内で市営霊園以外の墓地は?

豊岡市内で市営霊園以外に墓地を探そうとすると、
寺院墓地か民間墓地、あるいはその他の墓地と言うことになります。

民間墓地ですが、しっかりした大きな霊園はありません。
一部小規模の霊園はあるようですが、
施工業者を定めた墓地です。

以前、宗派を問わない寺院墓地があったのですが、
そこはもう全区画、使用者が決まっているはずです。

そして、その他の墓地は、いわゆる共同墓地と
みなし墓地です。
共同墓地はその地域に住む人だけの墓地ですが、
新たにそこへ移住した人は入るのは難しいでしょう。
区画が空いていれば、入れる場合もありますが。。。

そして、
みなし墓地。
これはもっと使用者になるのは難しいですね。
基本的に新たにお墓を作ることは出来ません。
今現在お墓を持っていて、
その人が改修する場合は、
黙認のようになっているようです。

そうなると、残るのは、
寺院墓地。

豊岡は非常に寺院が多く、
その境内に墓地を持つ寺院も
たくさんあります。

おおむね市営霊園より使用料は安いです。
区画は狭い場合が多いので。

あと、豊岡はかつて水害の多発する土地だったので、
水害対策もあって、
丘カロートタイプのお墓が多いです。

特に豊岡の市街地の寺院はほとんどこのタイプのお墓です。

IMG_20140219_092207295-2

このように、台の上にお墓が乗っているような形ですね。
私は舞台と呼んでいますが、
水害対策とあとは、
通路が狭く、ひざまずいてお参りすると
他の参拝者の邪魔になるので、
立ってお参りできるようにこのように人の背丈
位になるように台に乗っている、
のではないかと思います。

このように台を別途製作しなくてはならないので、
お墓本体の費用は高くなります。
その代わり外柵が必要ないので、
トータルで安くなるのかな。

寺院墓地なので、
デザイン墓など建てにくい寺院もあります。
(中にはいろいろ変わった寺院もありますが。。。)

寺院墓地で一番注意しなくてはならないことは。。。
明日、記事にします。

(*この記事は豊岡市近辺でお墓を建てることを想定して書いております)


目次ページに戻る

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q002~墓地選びは情報収集から?

墓地を選ぶ時は、まず情報収集をしましょう。
インターネットからの情報が一番簡単ですが、
ネットに上がらない情報もあります。

ネットに上がる情報はまず、民間霊園。
これはたやすく分かるでしょう。
それから、公営墓地の情報もすぐに出てくるでしょう。

なかなかネットに出てこない墓地としては、
寺院墓地。
(販売に力を入れている寺院墓地はすぐに出てきますが。。。)
普通の寺院墓地はまず出てきません。

結局、自分で動いて情報収集することになります。
寺院に直接電話する、などの方法でね。

それから、
寺院墓地以上に情報が出てこないのは、
地域の共同墓地やみなし墓地。
こちらは、情報を得ても、その墓地を手に入れること自体が
困難な場合が多いですね。

ですが、
例え共同墓地といえど、空き地があり、草が生えて手入れが大変だと
なれば、分けていただける場合もあるかもしれません。

墓地を探しているなら、
わずかな可能性でも当たってみるのがいいのかもしれませんね。

ちなみに、
豊岡には民間霊園はほとんどありません。
(ごく一部、ありますが。。。)
逆に市営霊園は東と西に二つありますが、
どちらも一長一短ですね。

IMG_20150319_091014

あなたのお住まいの地区によっては
選択肢になるかもしれませんね。


目次ページに戻る

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q001~石材店はどうやって決める?

都会と田舎ではお墓を建てる時の基準が全く違います。

都会では、墓石と墓地はほぼセットにして考える場合がほとんどです。
まず、どの墓地(寺院墓地、公営霊園、民間霊園)でお墓を建てるか。
場所が決まれば、後はほとんどの場合、そこに建てるお墓は選択肢が
大きく絞られます。
特に、多くの民間霊園、宗教法人運営の霊園、寺院墓地の多くは
区画を決めた時点で、施工業者が数社に絞られます。
むしろ、もう一社しか選択肢がない、という状況もあります。

なので、
墓地を決める前に、どうしても建てたいお墓があったりしたら、
その建てたいお墓が建てられる墓地を
探す、ということから始めないといけません。

墓地(区画)とお墓の石はほぼセット、と考えた方がいい、
のかもしれません。

逆に、田舎でお墓を建てようと考えた場合、
墓地は予め墓地を決めてから、石材店に相談に来る場合が
ほとんどです。
多くは住んでいる地域の共同墓地の空き地に建てさせてもらったり、
予め菩提寺(お付き合いすべき寺院)が決まっていて、
そのお寺に紹介された墓地に建てる、という場合がほとんどです。

なので、お墓を建てる場所とお墓の石は別物、という認識の人が
多いようです。
(もちろん菩提寺のご住職が石材店を紹介、というパターンも多いですが。。。)
墓地を決めてから、建てたいお墓を建ててくれる石材店を探す、ということも出来ます。

もちろん、田舎でも民間霊園の場合は、施工できる業者が限られている墓地もあります。

例えば、知り合いの石材店があり、そこで建てたいと考えた場合も
予め墓地を決めて、その後、その石材店に相談に行くということも
多いですね。

 

 


目次ページに戻る

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

中国で日本のお墓が作られなくなるかも。。。②

(この記事は途中です。こちらからご覧ください)

中国製のお墓が作られなくなるいくつかの理由

更に追い討ちをかけるように、
「円安」が確実にお墓の値段を上げつつあります。

かつて、円高だった頃より、かなり値段が上がってます。
おそらく数パーセントから十数パーセント値上がりしていると思います。
全く同じ石がこれだけ高くなると、
「お墓建てるの、少し先に伸ばそうか」ってなる人も
あるでしょうね。

他にもありますよ。

<日本人全般の対中国感の悪化>
領土問題などで両国の信頼関係が低下してます。

<中国製品の信用低下>
食料品の偽装問題などを通して、中国製品の信用が落ちてきてます。

<日本人の宗教観の急速な変化>
お墓から永代供養墓、樹木葬、散骨といった供養の多様化。
家族葬、直葬といった供養の簡素化
このようなことのメディアの取り上げによって、
「お墓を建てなくていいんだ」という意識が大きく広がった。

など、様々な要因でお墓を建てない人が増えてきてます。
しかも、建てる人は、
「日本の石で日本人の手で作ったお墓で」という人が増えると
当然、中国製のお墓の比率が下がってくるでしょう。

それで済めばいいんでしょうが、
それだけではすみません。

日本人自身がお墓を建てなくなるようになりつつあるんです。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

中国で日本のお墓が作られなくなるかも。。。①

(この記事を読む前にこちらからごらんください)

中国政府は実利主義

これは冬にお墓を建てるな、という趣旨には当てはまりませんが、
今後、大きく影響してくる問題だと思います。

中国の古代に商(殷)という国がありました。
その国の人を
「商人」と呼びました。
彼らは店を持たず、品物を持ち歩いて、売りさばくことを生業としていました。
そこから商売、商人という言葉が出来た、という説があります。

現在の中国政府も利に聡いというか、
大した利益を出さない石の採掘よりも
もっと有効活用しよう、とのことで

現在、墓石に使われる石材の世界的産地である
中国福建省の全ての石の採掘場を
全て閉鎖しよう、というのが政府の方針のようです。

そのため、
現在、世界一安価なみかげ石と呼ばれた、G623と呼ばれる石をはじめ、
福建省で採掘される石が順次、採掘停止され続けています。
とても安くていい石もあったんですが。。。

特に関西地方でよく使われる白みかげ石系の石は
ことごとく福建省産だったので、
非常に使える石が少なくなって、
困った状況にあります。

将来的に
中国産の石、お墓に使えるの?
って時代が来るのかもしれません。

つづきはこちら。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

1月~3月にお墓は建てないほうがいい理由②

(この記事を読む前にこちらからご覧ください)

石職人の入替えと熟練度

「石を加工すること」の大変さが1~3月期のお墓つくりの困難さに影響しているのです。

「どういうことですか?」

中国の石材加工の工場で日本向けのお墓を作り続けている中国人たち。
金儲けのためだけに働いている職人も当然いらっしゃいます。
その中国の方たち、
以前は働き口もなかったので、
どんなに大変でも、”腕のある”職人たちは
正月(春節)明け、工場に帰って来ました。

しかし、
中国も次第に富裕層が増え、働くスタイルが多様化してきて、
給与が多い工場より、休みが多いとか、楽な工場とか、福利厚生のしっかりした工場に
移る傾向が増えてきているそうです。

もっと楽で、楽しいアパレル工場や機械化が進んでいる自動車工場へ
行ってしまうのは、当然の流れ。

厳しい環境の中国の石材加工工場に帰ってくる職人が少なくなっている状況です。

そのたび、
中国の工場は新しい職人、工員を募集しなくてはなりません。
せっかく時間をかけて熟練してきた職人たちは
あっさりその職を捨ててしまい、
工場は新しい職人、工員をゼロから育成しなくてはいけません。

どうしても、ある程度のレベルまで育成するのに
2、3ヶ月はかかってしまいます。
つまり、
2,3ヶ月は加工精度の低い
簡単に言えば、

”下手な職人が作ったお墓”の可能性があるということ。
ここ数年、この問題で冬から春にかけて
全国の石材店が頭を悩ませる問題です。

ある石材店さんは、
「基本、手直しして施工します」と
仰られる石材店さん。
つまり、中国から来た石を一度、仮組して
不具合を確認して、
(ここまでは当たり前)
不具合を自社で修正加工、補修し直して
お墓を建てる。
(こちらは通常、めったにありません)
このめったにない作業を、全て織り込み済みで
お墓を建てるという体制。

別の方は、
「1月~4月まではお墓を建てない」と
豪語される方もいらっしゃいます。
初めから、よくないものしか来ない、
ということを想定して、
建てない。

どうしてもという場合のみ、
自分のところに在庫としてある
お墓の中から、という選択肢を
絞って、お墓を建てる。

なかなかに困難ですぐに解決できない
問題です。

でも、それだけじゃないんです。

こちらにつづく。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

1月~3月にお墓は建てないほうがいい理由①

中国人も年末年始は民族大移動

「宗教的」あるいは「伝統的な習慣」とは、関係ないです。
極めて現実的なことです。
特にこの数年、顕著な特徴。

まず、確認しておくことは
日本で作られているお墓の7~8割は中国でつくられていること。

そして
中国にも日本と同じように正月は田舎に帰って家族と過ごす習慣がある。
また、
中国は旧暦が使われているため、
日本よりやや遅く1月中旬~2月下旬となります。
その旧正月に中国人の多くが工場から姿を消し、
民族大移動します。
昔の日本のように。

しかも、
中国は日本より休みを長めに多く取る慣習があり、
1~2週間の長い休みの間、工場はほぼ休み、
あるいは稼動の低い状態となり、お墓の石も
作られません。

それが第一の理由です。

更にそれに上乗せとなるのが、
「石材を加工」することの大変さ。

つづく。

Read More

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」