Tag Archives: お墓は石でないといけないの?

a0960_006551_m

Q332~お墓は石でないといけない理由② 永続性

石にある永続性。

a0960_006551_m

耐久性のあるものなら、他にもあります。
ステンレス製品。
強化プラスティック製品。
鉄も錆びなければ、かなり耐久性は高い。

昔は石しかなかったのかもしれません。
今は他にもたくさんあります。

石ではなくてはならない理由のうち「永続性」を求める理由は二つ。

 
① 一つは文字を彫刻しないといけないこと

永続性のある素材、だけではなく、文字を彫刻する必要があること。
しかも、それ自体も永続性を求めるなら、しっかりとした彫刻が必要です。
鉄やステンレスにエッチングでいいのでは?と思うのですが、
それでは、簡単に文字は読めなくなります。
素材自体と同じくらいその文字が読める状態も永続性がなくてはなりません。

鉄やステンレスに文字を彫刻することは、簡単な技術ではなく、
時間と高いコストが必要だと思われます。

ステンレス製の永代供養墓は最近よく見ますが、文字を刻む部分は
石製であることがほとんど、だということが証明しております。

② 出来るだけ構造がなく、一体的な素材であること

お墓の石というのは、地中から掘り出したものをカットして
お墓の形にして磨いて作成します。
いうなれば、根野菜をイメージすれば、分かりやすいかもしれません。

巨大な岩盤から切出す石の場合でも、巨大な根野菜から一部を切出す、とイメージできます。

つまり、素材そのもので、「中まで石」なのです。
構造部分と言えるのは、石と石の間、下の石と上の石のつなぎ目部分だけです。
その部分が一番弱く、劣化が始まりやすいのです。

その構造部分はでも、石が一番少なく、
鉄、ステンレス、プラスティック製品は、構造部分だらけです。
たくさんの構造部分があって、その部分が弱く、そこから劣化しやすいのです。

トータルで永続性を比べるなら、石で出来たお墓は一番有利であることが言えます。

この2点において、石がもっとも永続性に関して石が一番である理由です。

 

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
a0960_006432_m

Q331~お墓は石でなくてはならない理由① 亡くなった人の喪失感を癒す

この記事は「お墓は石でないといけないの?」の続きです。

a0960_006432_m

人が亡くなる、死ぬって大変なことです。

今まで存在していた人がいなくなる。
今まで当てにしていた人があてに出来なくなる
今まで大嫌いだった人がいなくなる。
今まで苦手で苦手で避けていた人がいなくなる。

 

いろいろな関係性がありますが、
とにかく、全てがなくなって、リセットされる。
どんな関係だったかは関係なく、人の死は大きな出来事です。

いろいろな感情がありますが、一番大変なのは、
亡くなった人の喪失感です。
意識する、意識しないはあれど、必ずこの喪失感は存在します。

人が亡くなった後、仏教により行われる行事。
主に逮夜、満中陰法要、百箇日法要、一周忌法要などですが、
その主な意味はこの「亡くなった人への喪失感」を癒すために行われているはずです。

喪に服す、ということも
「亡くなった人に想いを馳せ、失われたことをしっかりと確認する」
ことだと思う。

 

それでも、癒されない喪失感というものがある。
お墓を石で作ることもその「喪失感を癒す」一助となるとかつての日本人は考えていたと思う。
石の持つ大きさ、存在感、重さ、耐久性、霊性、
そういったものを信じて、古くから日本人は石でいろいろなものを作ってきた。
仏像は木像が多いのですが、それは屋内に安置が前提。
屋外なら必ず石像です。

 

仏像に使う素材は石なのです。

石が仏像に使うにふさわしい存在なら、お墓も、となるのは必然です。
大切な人が亡くなった後の喪失感を癒してくれるだろうモノも石だろうと
考えたのも必然かもしれません。
大切な人が亡くなった。
その喪失感で自分を失いそうに感じる。
何とか会いたい。
でも会えない。
顔を見ることはかなわないけれども、せめて存在感が欲しい。
確かにここにわずかではあるが、感じることができるものがある。
それが欲しい。
お墓、そしてその中に眠っている遺骨にそれを求めるのは当然でしょう。
そして、それにふさわしいのは、石しかない、
とかつての日本人は当然そう考えたんでしょう。

今なら、石以外の鉄でもいい。
ステンレスでもいい。
陶器でもいい。
磁器でもいい。
プラスティックでもいいはずです。
でも、
それで代替できますか。

 

やはり石しかないのではないでしょうか。
別の素材で、その気持ちに応えることはできない気がします。
それはおそらく、
人間の感情に応えるだけの歴史がないから、かもしれませんが。

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
haka1

Q330~お墓は石でないといけないの?

石でなくてもかまわない、と思います。

 

haka1

「お墓」とは旧来は、ご遺骨の地中に埋葬されている場所の目印でした。

(両墓制の墓地に関してはその意味が異なりました)

現在は、「お墓」とは、ご遺骨が埋蔵するための装置(構造物)が第一義です。

埋葬(埋める)から埋蔵(安置)へと「お墓の役割」は変化して、今現在に至ります。

 

その意味合いだけなら、お墓は石でなくてもいいと思います。

むしろ、石ではない方が安価だし、重たくもないし、手軽だし、

いいことずくめです。

コインロッカー的な今の「納骨堂」で十分です。

プラスティックの収納箱的なものに、エッチングで名前を掘って、古くなれば、新しくするというだけで
十分その役割はこなせると思います。

 

では、なぜ石なのか。

 

二つの付加価値を求めると、石が一番ふさわしいとなるからです。

 

その二つの付加価値とは?

 

〇 亡くなった人の喪失感を癒す

〇 永続性

です。

 

逆に言うと、この二つの付加価値のない「お墓」は石である必要性がない、とも言えます。

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」