Tag Archives: お墓Q&A

job_obousan

Q284~墓じまいした後のお墓の石は。。だめなの?

お墓じまいした後のお墓の石って、良く古いお墓がいっぱい並べてある石のところに
置いてもらってはダメなの?

という疑問を、あるお客様とのやりとりの中で、聞かれました。

田舎の墓地、寺院墓地などによくあるこういう場所ですね。

dsc_0046

これは、「無縁塚」あるいは、俗に「無縁さん」と呼ぶものです。

元々、お墓として、建てたんですが、
お墓を管理する人がいなくなった、
跡が絶えた、
天涯孤独な人が眠っているお墓、など
そういう理由で管理される人がいなくなったお墓を
一時的に安置して、供養する場所、です。

なので、
「お墓じまい」とは、微妙に意味合いが違います。
お墓じまいは、お墓を管理する人はしっかりといらっしゃるけど、
そのまま建てておいては将来、このような無縁墓になってしまう可能性が高いので、
前もって余裕のある間に処置しようという行為ですが、

逆に、
こちらの無縁塚は、そのまま放置してしまって、
結果的に無縁になってしまったお墓の安置場所なのです。
まあ、理由は他にもたくさんあって、
管理する人が突然、亡くなったとか、
身内が一人もいない人が亡くなったお墓だとか、
理由は様々ですが、
結果は違うわけです。

だから、基本的にこちらに安置させてもらうことは
出来ません。

ただ、管理されている方(基本的にご住職だと思いますが。。。)の裁量の部分もあるかも
しれませんし、スペース的に余裕があるなら、受け付けられている場合もあります。
気になるようなら、一度、聞いてみるのも手かもしれません。

ただ、一点。
もし費用を安くあげたいという理由で、そちらに置かせてほしいということなら、
安くなる可能性は低いと思います。
定期的に参拝、供養される供養塚ですから、
そこに置かせてもらうには、おそらく一定のお布施が必要ですし、
逆に高くなる可能性もあります。

長い間、お墓として、供養してきたので、
処分してしまうのは、忍びないということなら、
一度、お尋ねする方法をお勧めします。

また、その竿石(文字を彫刻してある石)のみですが、
一定期間、安置、供養していただける施設もあります。
詳しくは、石材店へお尋ねください。

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
IMG_20160812_053959 -2

Q283~デザイン墓で避けた方がいい4つのポイント④

さて、4回に分けて書いてきました。
デザイン墓に関して、避けた方がいい4つのポイント。
書いてて、私自身もいろいろ得るものがあって、
非常にいい連載でした。

さて、最後のポイントは、④ 加工精度です。

お墓を形作る基本はカド、です。
カドをいかに精巧に作り上げるかが、
出来栄え、
見た目、
完成度、
美しさに影響するということです。

これは、実は、2つ目のポイント、角度のところで書いた内容と真反対のことのように思えます。
実際、取り方によっては、真逆のことを書いていて、

illust3801

どっちが正解なんだ。はっきりしろ!!

と言われそうなんですが、
どっちも正解です。(^_^;)

このポイントに関して、絶大な信頼を置いている
「インターロック」のプレミアムデザイン墓石シリーズ。
ですが、
どうしても、このシリーズのお墓を使えないことがあるんです。
それは、「予算」に上限があること。
このシリーズの唯一の欠点は
「価格がやや高いこと」です。
それを差し引いても、あまりあるほど、
デザインが素晴らしいお墓があるんですが、
如何せん、予算の制限だけはどうしようもありません。

なので、しかたなく、
別のデザイン墓石を施工することにしたんです。
別のシリーズってことですね。
別の会社、という意味でもあります。
初めて使ってみて思ったんですが、
あらかじめCG画像を見ていたんですが、
実物を見た時、
残念感が半端ないです。

ここにお見せしたいくらいですが、
残念ながら、出来ません。
でも、明らかに私の中では残念感が強かったですね。
プレミアム墓石シリーズを普段見ている立場からすると、
画像よりも、本物の方が断然、いいんです。
「実物の美しさ、かっこよさを写真では表現しきれない」
といった方がいいのかもしれませんが、
とにかく、そういう感情が湧き出てくるんです。
でも、
その残念なお墓は、そういう気持ちが全然出てきませんでした。
どうしてなんだろう。
どうして、こんなに違うんだろうと、疑問でした。

それでも、その体験をして以来、
デザイン墓は、少々価格が高くても、できるだけ、いいものをお勧めしていこうと
決めました。
色々な要素があるのは確かなのですが、
それらの総合的な完成度が違うのです。

で、
どこがこんなに印象を変えるのか、と考えてみました。
そこで、気づいたのがこの
加工精度でした。

その残念なお墓は、カドを大きめにとってありました。
それはいいのですが、大きすぎます。
そして、その角を曲面にしていたんです。
全てのカドを丸く面取りしていたんです。

そうなると、
全体の雰囲気がぼやけます。
なんとなく、残念なデザインに見えてしまいます。

よくよく見てみると、
カド一つの磨き方、加工の仕方が雑なんですね。
なので、全体として、残念になってしまうのではないかな?
と感じました。

分かりやすい例を挙げるとするならば、

例えば、このお墓。

8d9f6758e1151b4ba1956946861de7ae
私が一番たくさん建てたプレミアム墓石の「祈りⅠ」というシリーズですが、
このお墓、上の竿石、上台、中台と3つの石の後ろの面の左右のカド、
上から下まで、一本の線として、揃っているんです。
これは、写真ではなかなか写せない、このお墓の一番の売りだと
私は個人的に思っております。
何度かその様子を写真に写そうと思ったんですが、
なかなか思い通りの写真が撮れません。
写真では、分からないのですが、実物を見ると、

このまっすぐに揃っているカドを実感することができます。
こういう部分が、違うんです。
すごいんです。
美しいんです。
特別感があるんです。

 

デザインって不思議ですね。
ある一つの定義があって、
その通りにしていると、正しいのか、と思うと
やりすぎると、逆にダメになってしまう。

デザインということに関しては、
お墓と言えども、センスが大きく影響するんですね。
それをすごく感じました。

さて、4回に分けてみてきました。
デザイン墓石に関して、これは避けておきたいと思う4つのポイントでした。
間違っているポイント、
納得できないポイントが
あるかもしれません。

なぜなら、これはすべて、私が個人的に感じたポイントなんです。
だから、全ての人が同じ思いだとは思っておりません。
でも、デザイン墓を建てたい、でも
何を参考にすればいいのかわからない。
そういう人に対して、一助になればいいなと思って、
書いてみました。
良ければ、参考にしてみてください。

 

 

 

※ この記事は私の主観にて書いております。
価値観の相違でそう感じない人もいるかもしれません。
その点はご了承ください。

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q282~デザイン墓で避けた方がいい4つのポイント③

三つめは「張り合わせ」ですね。
これは、私も最近、感じたことなんですが、
デザイン墓石で最近目立つのが、二種類の石の張り合わせ。
赤と緑、
白と黒、
グレーとブラウン、
など、対照的な色の石を貼り合わせてお墓にするタイプのお墓。
対照的な色だけでなく、
同系統の色だけど、濃淡を利用してお墓にするタイプ。
など、いろいろありますが、
基本、文字を彫刻する部分を二種類あるいは、それ以上の石を
貼り合わせて、お墓としているタイプのお墓です。
そのすべてがダメとか
その張り合わせ、ダメとか
言っているわけではなくて、
あるパターンが問題があるのではないですか??
と思うわけです。

そのパターンとは、
以下の二つのパターン。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a

このような、張り合わせパターンのお墓です。
ちょっと変な図形ですが、そこはご容赦を。。。(^_^;)
黒い線がお墓の形。竿石というか、文字を基本的に彫る部分。
赤い線が張り合わせてある部分。

どこが問題なのかというと、
「天場に目地(張り合わせ面)が来るお墓」に問題があるのではないですか?
と言いたいわけです。

もう一つの例えを上げるなら、
今、全国各地で非常な勢いで建っている「永代供養墓」
その中で、屋外型で、内部に入ることができるタイプ。
プレハブ型とかいう人もいますが、
そういう形の永代供養墓、よく見かけますが、
この形の供養墓、ほとんどのものに共通のルールがあります。
どういうルールかというと

天板(天井の石)は一枚もの(二枚合わせではない)というルール。

 

 

%e9%95%b7%e7%a6%8f%e5%af%ba%e6%b0%b8%e4%bb%a3-thumb-400x300

こちらの永代供養墓。天井に相輪(?)的なものが乗っておりますが、
その下の天井石は、おそらく一枚ものです。

巨大すぎて、一枚の石では取れないサイズ、
一枚ものでは施工が不可能なタイプを除き、
このタイプの永代供養墓は、一枚ものが多いです。

どうして、一枚ものなのか?

このタイプの永代供養墓、実は、
この天井石が一番重い場合が多いのです。

※ 基礎石の方が重たい場合もありますが、それでも
それに匹敵する重量あります。

それほど重たい石を、
しかも、天井石ということは、一番上に載る石。
一番上、そんなところに載る石が、一番重たいのは、どうして??
二枚の石を組み合わせたら、いいんじゃないの?

そう思いますね。素人考えでは。。。

「雨漏り」が怖いんです。

雨漏りして、内部に水が侵入するとクレームになるから。
プロが施工しても、絶対に雨漏りしないとは言い切れないわけです。
ましてや、地元の石材店さんが建てる場合、
お墓はプロでも、シーリング(目地をしっかり固定封印すること)は
プロではない人が建てる場合もあるから、
それじゃあ、最初から、一枚石でデザインしておこう。
施工が少々難しくなるけど、雨漏りはまずしないから。。。

ということではない、かな??
(この部分は私の勝手な想像ですが、おそらくそうでしょう)

つまり、
目地の部分から、雨水とか湿気とかが侵入してきて、
内部に水が溜まることが怖いから、
天井面(上の面)に目地が来ないように、一枚石にしている、
のではないですかね。

これは、最初に説明したデザイン墓にも言えますよね。

目地を通して、内部に水分が浸入したら
石と石を接着していた成分が、溶けだす、化学反応しだす、
ことによって、剥離してしまう可能性が出てくるのではないかと。

あくまで可能性ですが、
天場の面に目地が来ると、常に、その部分に天候、気象の影響を受ける、
のではないですかね。

外柵とかは、実はその影響を常に受けていて、
古いものはどうしても、剥離、解体しようとする影響を受け続けていて、
そうなってしまうのではないでしょうか。

あくまで可能性であって、
そういう現象を見たわけではないですが、
まだ最近出始めた形なので、
可能な限り、リスクは排除しておきたいですね。
高額なものでありますし、
なにより、大切なものでもあるので。

4つ目、最後のポイントは、④ 加工精度です。

 

※ この記事は私の主観にて書いております。
価値観の相違でそう感じない人もいるかもしれません。
その点はご了承ください。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
2cd4f06e066fa1eabca7c06c5e84c139

Q281~デザイン墓で避けた方がいい4つのポイント②

ポイントのふたつめは、角度です。

昔、私がこの仕事をはじめたころ、20年以上前になりますが、
その頃、父に教えてもらったことの一つに
「カドは鋭く作れ。鋭くするのが職人の腕だ」ということ。
当時のお墓の頭はほとんど陣笠頭でしたので、そのカドをいかに
美しく、鋭く作るかをずいぶん研究しました。

o0800060011311792425-500x375

カドの尖りをね。

当時は、韓国製の墓前灯ろうが輸入され始めていて、あまり角墓前も作っていませんが、
それでも何基か、作ったときも笠の角は慎重に作りました。

確かに、石職人としてはこの鋭さは大切です。
石って欠けやすいものです。
たやすく欠けます。
その欠けやすい石という素材で、難しい鋭いカドを作る、
これこそが、石職人の技能の優劣を表せる場所、だからです。
石職人としては、当然ですよね。

でも、今考えるに、
お客様の立場で考えると、それは正しいのでしょうか?

先日、父が建てたお墓の施主さんがいらっしゃって、
あるご要望を言われました。

「お父さんに建ててもらったお墓の灯ろうがね、
カドが尖っていて、先日、お墓そうじの時、頭を打って
ケガしちゃったの。
私でよかったんだけど、家族やほかの人がケガしたと
思ったら。。。
申し訳ないけど、角を丸くして、ケガしにくくしてくれない?」

こちらこそ、申し訳ありませんでした。
早急に直させていただきます。
と、お答えして、直しました。

職人として最高なものを作ったはず、ですが、
一度、お客様にお渡しして、お客様のものとなったとき、
その灯ろうのユーザービリティとしては、どうなんでしょうか?

当然、カドが鋭くない、むしろ
カドがない方がいいとなります。
お客様の立場に立てば。

デザイン墓であるので、
カドを一切なくすというのは、
あまりにも制限が厳しいというのもわかります。
でも、
それでも、
鋭いカド、鋭角な角をなくす、
どうしてもなくせないなら、何らかの対処を施す。
そういうデザインをすべきではないでしょうか?

今、おおきた石材店では、
お墓の竿石の頭は基本は
「四方丸め」という角のない形です。
お客様の希望のある場合のみ、「陣笠頭」を使わせていただいています。

また、角墓前灯ろうも、カドのない笠のデザインを利用してます。

dsc_0003
dsc_0005

このように、カドに装飾を施して、とがったカドのない形状にしております。

さらに、

私が扱わせてもらっている「インターロック社」
プレミアムデザイン墓シリーズ。
この会社は、もっとも初期からデザイン墓というカテゴリを
牽引してきた会社で、
石のことも、デザインも、細部までこだわった
デザインをされています。

一例ですが、
私がこの夏、施工させてもらったお墓。

プレーチェというお墓ですが、

DSC_0107

実は、鋭角なカドがあるのです。

2cd4f06e066fa1eabca7c06c5e84c139

こちらは、インターロック社のホームページからお借りした写真ですが、
石は違えど、デザインは全く同じです。
正面右側。
このように、ひだ状になっているんですが、
上の面はおおよそ、直角に近くデザインされてます。
が、
正面の部分は、鋭角なんですね。
分かりますか?
言っている意味。

2cd4f06e066fa1eabca7c06c5e84c139

青い線の部分は、ほぼ直角です。
面は通常です。が、
黄緑の線の部分は、よく見るとわかるんですが、
実は鋭角なんです。
だから本来、欠けやすい。
だけど、このお墓をデザインした人は、おそらくどうしても
この鋭角を使いたかった。
なので、
この鋭角を使うにあたって、欠けにくくするために、
面を2倍以上の幅取ったんです。
そのため、より欠けにくくなっております。
加工だけの手間を見ると、手間が掛かっております。
細い面の方が、作る手間は少ない。
でも、欠けやすい鋭角の部分を大きめの面にして、
弱点を補強してあるわけです。

その部分を、上の写真と下の写真を比べてみれば、
とてもよくわかります。

面(カド)は、細ければ細いほど、シャープに見えて、美しいです。
でも、
ただ美しいだけで、作ってしまったら、
自己満足だけの様な気がするんですね。
(私だけかもしれませんが。。。)

いかに、使い勝手も考えて、デザインするか、
そこまで考えてあって、初めて、ホントの意味での
「価値あるデザイン墓」だと言えると思います。

3つ目のポイントは、③ 「張り合わせ」です。

※ この記事は私の主観にて書いております。
価値観の相違でそう感じない人もいるかもしれません。
その点はご了承ください。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
img_20140623_150922

Q280~デザイン墓で避けた方がいい4つのポイント①

大げさに告知してしまいましたが、
それほど大したことないです。

ちょっと気になるポイントです。

まず一つ目は、

① 全体のバランス
ですね。

デザイン墓でたま~に見かけるのですが、
デザイン重視で、バランスが欠けているもの。

例えばですが、お墓って、基本的に
いくつかの石を組み合わせて出来ていますね。
和型のお墓なら、下台、中台、上台で竿石だとか。
それで、それぞれの形を見てみると、
それぞれ下の石と接する面積より、その石の最大寸法が大きくない。
設置面積より小さいのが普通です。

つまり、
上に行くほど小さくなる。
その逆はない、ということ。

DSC_0045
下台より中台が小さく、
中台より上台が小さく、
上台より竿石が小さい。
(竿石は背丈がありますが。。。)

このように、末広がりとなっているのが普通です。

「ちょっと待ってよ!!」
「そうじゃないやつもあるじゃない!!」

illust3801

はい、確かにありますよ。
例えば、
五輪塔。

DSC_0005

珠の部分と笠の部分が逆転してますね。

例えば、宝篋印塔。

img_20140623_150922

やはり笠の部分が逆転してます。

例えば、層塔。

dsc_0238
これもそう。

確かにこれは、先ほど言ったことに反してますよね。

でも、実は、これらは、
いずれも、「仏塔」というものなんです。
仏塔。
つまり、仏教的に意味ある塔、なんです。
元々は。
それを、お墓に転用してる、ということです。
(層塔のお墓はないと思いますが。。。)

この形が大切なんです。
この形に意味があるんです。
この形でないと、ダメなんです。

長い歴史の中で、この形が代々伝わってきて、
今、存在する仏塔。
なので、本来的には、これは例外とみなしていいと、思います。
歴史的に形に意味があるので。

じゃあ、今問題としているデザイン墓。
デザイン重視で末広がりになってないとどうしてダメなんでしょう。

まず、
不安定になってしまって、
耐震性能が劣るということ。

五輪塔のお墓は間違いなく、地震に弱い可能性があります。
これは仕方ないです。
そういう形状なので。

それから、
見た目で不安定感を感じてしまいます。
これは、私の主観ですが、そう感じる人もいると思います。
仮に、お墓が木製なら、
さほど気にならないはずです。
軽いから。
折れたり、欠けたりということが少ないから。
でも、石なので、
重量感もありますから、
どうしても、この形状は、不安定感を感じてしまいます。

つまり、
「倒れて来そうで、怖い」
ということ。

このように、末広がりというバランスを欠いたデザインのお墓は、
基本的に私は、良くないと思います。
どれほどそのデザインが素晴らしくても、
ここを押さえておかないと、
お墓として、安心感を得ることができない、
そんな気がします。

そして、2つ目のポイントは

② 「角度」 です。

 

 

※ この記事は私の主観にて書いております。
価値観の相違でそう感じない人もいるかもしれません。
その点はご了承ください。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
dsc09619

Q271~樹木葬とは?

樹木葬と聞いて、どんなイメージわきますか?

森林の奥まった場所に、
ちょっとした芝生の広場があって、
その一角にやや大きめの木が植わっていて、
その根元付近にスコップで穴を掘って、
そこに遺骨を骨壺から移して、
上から、掘った土を戻して埋める。

その前で、手を合わせて、お参りできて、
命日が近づくと、その木を目印に、お墓参りに来て、
その木を墓標代わりにして、お墓参りする。

みたいなイメージではないですか?
まあ、私のイメージなんですが。。。(^_^;)
実際の樹木葬は、少し違うようです。

もう何年か前ですが、東京の小平霊園の樹木墓地を見学に行きました。

dsc09619

 

小平霊園の一画に、「小平霊園樹林、樹木墓地」という区画があります。

dsc09686

墓地全体から見るとさほど広くないですが、
それでも、都営霊園唯一の樹木墓地ですから、
(今は唯一かどうかはわかりません)
非常に注目されています。

dsc09658

えっと、誰って、管理事務所の方ですが。。。
このように、墓地の中で、通路部分と埋葬エリアはしっかりと
分けられております。
一段高いですね。

 

通路も出来立てで美しいですし、
非常に美しく整備されています。
樹木があまりない気がしますね。。。
樹木、樹林墓地と命名しながら。。。

 

dsc09666

 

エリアの境界の石張部分の何カ所かには、
このようなプレートが張られています。

dsc09659

「M」と貼られています。

 

dsc09669

別の場所には「3」とあります。

このように、アルファベットと数字ですべての区画が分かるようになっています。
つまり広すぎて、どこに埋葬されているかわからなくなるので、
この数字とアルファベットの組み合わせで、位置を特定しようということです。

驚いたことが3つくらいありました。

樹木、樹林墓地なのに、樹木があまりにも少ない。

出来たてなので、まだ十分に樹木が成長してない、のかもしれません。

あるいは、

あまりたくさん樹木を植えてしまうと、埋葬エリアが限られてしまって
埋葬できない区画がふえるから。
(樹木の根って以外に広がりますから。。。)

さらには、
樹木って大きくなりすぎると、管理が大変です。
しかも、大きすぎる根が近くの遺骨を害する可能性もありますからね。

さらに驚いたこと。

この埋葬エリアには一切「立ち入り禁止」です。

でも、良く考えたら当たり前ですよね。
どこに他人様の遺骨が埋葬されているのかどうかが分からないので。
立ち入ってもらったら困るわけです。

 

さらに、驚いたことが一つ。

埋葬時は立ち会えません。

想像するに、

係員の方がここに入って、穴を掘ってい埋葬作業している間、
(立ち入らなくては埋葬できませんからね。。。)
「あ、うちのおじいちゃんの遺骨の上をあの人、歩いた!!」
「持ち主の私たちには、立ち入るな、と言っておいて、
あいつらは、長靴でどしどし立ち入りやがって!!」みたいな
クレームが起きないように、ではないかと。。。
(私の想像です。。。)

とにかく、実際に埋葬している様子が見れないので、
当局の言葉を信じるしかないのです。

 

でも、環境は素晴らしいし、
管理も行き届いているし、
この小平霊苑の樹木墓地は、いいのではないかな、と
思いました。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
ohakamairi

Q250~お盆はなぜ、お墓参り?

Q~お盆って仏壇に魂が帰るのに、お盆にお墓参りするのは、なぜ?(by 今井ひろこさん)

A~人間は死ぬと、魂(こん)と魄(はく)に分かれるのだそうです。

魂はその字の通り、たましい、ですね。心の部分。目に見えないものです。
これは、仏壇でお祀りして、お盆になると、帰ってくるんですね。

で、魄、ハクの方ですが、
白という文字が含まれているので分かるかもしれませんが、
お骨、です。つまり、具体的に生きていた証、目で見えるものが、魄ですね。
具体的には、お骨ですが、戦争などで遺骨が帰ってこなかった場合は、
身に着けていたものなど、その人が生きていた証となるものです。

なので、以前、ブログにもアップしたことがありますが、
小さな子供が亡くなった場合、好きだったおもちゃなども
お墓に一緒に埋葬するわけです。

お盆は、亡くなった人が、あの世からこの世に戻ってくる唯一の時。
まず、お寺さんと一緒に、お仏壇で、
ご先祖様、亡くなった家族の半分である魂(コン)を迎えます。

そののち、お墓に行って、お墓参りして、
亡くなった人たちの証、でもあり、
もう半分でもある魄(ハク)にも
ご挨拶に行くわけです。

それが、お盆のお墓参りの理由であり、
考え方だと、思います。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
zjiqlhlyvuyv0tjlx46u

Q196~お墓を建てる時に参考になるサイトは③~南印度洋行さん

zjiqlhlyvuyv0tjlx46u

このサイトを見ると、感じることがあります。

ひとつは、商売する気があるのかな。。。
(服部さん、ごめんm(__)m。でもいつもそう思います。。。)
ということ。
いや、トップページ、見てくださいよ。(上の写真をクリックしてみて。)
これってありえない。。。
こんなトップページ、ありえない!!

ありえないから、南印度洋行ですけどね。

もう一つ感じることは、

インドが好きなんだな。。。
で、
インドの石がほんとに好きなんだな。。。

このサイトは今、注目のインドの石のことを調べようと思ったら、
まず見なくてはならない、非常に重要なサイトです。
原石の丁場の画像、動画がふんだんにおいてあります。

しかも、いずれもインドに対する愛、
インドの石に対する愛に溢れた、ものばかり。

インドの石を売る商社さんなんですが、
インドのあらゆる情報が盛り込まれています。

そして、その印度好きの人達の集まった
南印度洋行さんのホームページは
インドの石でお墓を建てようと考える人は
一度は目を通すべき、素晴らしいサイトです。

「南印度洋行」
http://www.indoyoko.com/

 

(どうでもいいですが、このガネーシャ(象の神様)かっこよくないですか??)
全く、この記事に関係ないことなんですが、

私は個人的には、この南印度洋行さんのホームページ、
すごく好きなんです。

肩の力が抜けていて、
それでいて、インドの愛に溢れていて、
インドの石がどんなに素晴らしいかが
あちらこちらに感じられます。

「誰かに、何か大切なことを伝える」ということは
どういうことなのか??
「どうすれば、伝えることができるのか?」ということを
再確認させてくれる、このサイト、
見るたびに、元気をもらえる、
私にとっては全く違う意味で、大切なサイトです。

こういうサイトってあまりないんですよね。
有難いです。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

お墓Q&A(カテゴリ別)~Q100まで行きました。

雨、1月に雨って
やっぱり暖かいんでしょうか。。。
但馬、豊岡は雨で雪がずいぶん消えました。

pixta_2411156_S (1)

その間に、お墓Q&Aのカテゴリを進めて、
Q100まで行きました。
良かったら活用して下さい。

 

お墓Q&A(カテゴリ別)

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

お墓Q&Aのカテゴリ別の目次ページ作ってみました。(~Q40まで)

振り袖姿の女性

お墓Q&Aを検索しやすく、見やすくするために
カテゴリ別の目次ページ作ってみました。
すごく手間ひま掛かっているので、
良かったら、使ってください。

 

「お墓Q&A」(カテゴリ別)

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

お墓Q&A「Q130~石以外のお墓ってない?」を更新しました。

Q130~まで更新しました。
今回は「自分で勝手に調べてきましたシリーズ」
更新しました。
「Q126~豊岡でよく使われるお墓の文字」
「Q127~副碑に使われる題字」(東霊苑編)

ふたつを調べてきました。
母数が少ないので、まだまだですが、
続けていきます。

「お墓Q&A」を更新しました。
http://ohkita-sekizai.com/category/ohaka-qa/page/3/

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

「お墓Q&A(101~)」の目次を更新しました。

今回は、灯ろう、副碑のあたりを詳しく説明。
灯ろうはもう少し詳しくが続きます。
灯ろうは奥が深いですから。

DSC_0007

お墓Q&A(101~)を更新しました。

http://ohkita-sekizai.com/ohakaq%EF%BC%86a-2/

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

お墓Q&Aがついに100問達成!!

目指せ1000問!!
「お墓Q&A」が最初の目標、100問突破しました。
いや、最初は調子いいんですが、
質問を考えるのが、大変なんです。
問いが出てくれば、その答えはすぐ出てくるんですけどね。
なかなか柔らか頭が必要です。

「お墓Q&A」001~100問まで

http://ohkita-sekizai.com/ohakaq%EF%BC%86a/

 

また、常にお墓の疑問、質問、受け付けています。
どんな小さなことでもいいですよ。

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

【お墓Q&A】(Q101~Q200まで)

<Q1~Q100まではこちら。>

 

Q101~和型のお墓の装飾加工③~カトウ彫
Q102~和型のお墓の装飾加工④~猫足加工
Q103~お墓じまいした墓石は自分で処分していいの?
Q104~お墓じまいした墓石②~どこへ持っていく?
Q105~お墓じまいした墓石③~供養してくれる施設へ
Q106~お墓じまいした墓石④~それ以外の石の処理は?
Q107~副碑ってなに?
Q108~副碑の形は?
Q109~灯ろうってどんな形があるの?
Q110~灯ろうってどんな形があるの?②
Q111~灯ろうの火袋ってなに?
Q112~灯ろうに水が溜まるんですが?
Q113~灯ろうにロウソクを入れにくいんですが?
Q114~灯ろうって倒れませんか?
Q115~もっとシンプルな灯ろうってない?
Q116~デザイン墓に合う灯ろうって?
Q117~お墓に変わった灯ろうを建てたいんですが?
Q118~墓前灯ろうって?
Q119~神前灯ろうって?
Q120~庭灯ろうって?

 

 

 

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0010

【お墓Q&A】(Q1~Q100まで)

お墓の疑問Q1~Q100

DSC_0010

Q001~石材店はどうやって決めるの?
Q002~墓地選びは情報収集から?
Q003~豊岡市営霊園の特徴は?
Q004~豊岡市内で市営霊園以外の墓地は?
Q005~豊岡の寺院墓地でお墓を建てる時のポイントは?
Q006~伝統的なお墓の形、個人墓と夫婦墓とは?
Q007~最近徐々に増えつつある個人墓、夫婦墓とは?
Q008~他人と一緒に入るお墓って?
Q009~お墓じまいってどういうこと?
Q010~永代供養墓ってどういうお墓?
Q011~檀家ってどういうこと?
Q012~樹木葬ってなに?
Q013~樹木葬と散骨の違いは?
Q014~宗教、宗旨、宗派不問って?
Q015~日本の石と外国の石どちらがいいの?
Q016~墓地の形が悪いんですが?
Q017~京都型と大阪型の違いって?
Q018~骨壺の大きさって地域によって違うの?
Q019~お墓って誰のために建てるの?
Q020~お墓で一番大切な部分は?
Q021~永代使用料の相場って?
Q022~お寺の檀家になる時、気を付けることって?
Q023~遺骨って壺から出した方がいい?
Q024~遺骨は土に還すべきか、還さなくていいのか?
Q025~ペットの遺骨は一緒に納めていいの?
Q026~骨壺の中に水が。。。?
Q027~お墓の中の骨壺が一杯になったら?
Q028~斎場で拾わなかったお骨はどうなるの?
Q029~お墓の引っ越しの時、お骨は?
Q030~お骨をダイヤモンドにできるの?
Q031~お墓にお勧めの石は?(アーバングレー)
Q032~お墓にお勧めの石は?(天山石)
Q033~納骨の仕方はどうすればいいですか?
Q034~納骨口が見つかりませんが?
Q035~必ず納骨しないといけませんか?
Q036~副碑に彫る順番は?
Q037~戒名を彫刻するのはいつ?
Q038~お墓にビールかけ、ダメ?
Q039~副碑って必要なの?
Q040~お墓が狭くて副碑が建てられない?
Q041~副碑が一杯になったら?
Q042~副碑の文字の色の意味は?
Q043~副碑の戒名に赤色が?
Q044~お墓の正面の文字は?
Q045~お墓の中に骨壺が入りません。どうしたら?
Q046~お墓に木を植えてもいい?
Q047~お墓の線香を全部燃やすにはどうすればいいの?
Q048~お墓の種字(しゅじ)ってなに?
Q049~お墓に読めない文字が彫ってあるんだけどなに?
Q050~お仏壇とお墓、どちらが大事?
Q051~お墓ってどうして石なの?
Q052~木でお墓ってできないですか?
Q053~陶器でお墓って、できない?
Q054~笠が乗っているお墓を見たことがあるんですが?
Q055~すごく背の高いお墓があるんですが、何ですか?
Q056~お墓に使われない種字ってあるの?
Q057~お墓に草が生えてきて大変、なんとかして?
Q058~草の生えないお墓①~固まる土
Q059~草の生えないお墓②~樹脂固め
Q060~草の生えないお墓③石張
Q061~草の生えないお墓④コンクリ+化粧砂利
Q062~戒名ってなに?
Q063~日本一長い戒名は?
Q064~家紋ってなに?
Q065~日本に多い家紋って?
Q066~カッコいい家紋てある?
Q067~自分で家紋を付ける場合、気を付けることは?
Q068~お墓以外で遺骨を預かってくれるところは?
Q069~納骨堂に納めるときの注意点は?
Q070~沢山のお墓を管理しているんです。どうしたら?
Q071~両家墓で気を付けることって?①
Q072~両家墓で気を付けることって?②
Q073~両家墓で気を付けることって?③
Q074~お墓を家の近くに引っ越しできる?③
Q075~お墓の引っ越し①手続き編
Q076~お墓の引っ越し②実際編
Q077~一目でわかる「お墓の引っ越しチェックシート」(豊岡編)
Q078~お墓が地震に弱いって聞いたんですが?
Q079~地震に強いお墓①基本編
Q080~地震に強いお墓②応用編
Q081~お墓を建てる土壌が悪いんですが?
Q082~お墓を建てたらダメな方角は?
Q083~お墓を建てていい大きさってありますか?
Q084~小さすぎるお墓ってどのくらい?
Q085~大きすぎるお墓ってどのくらい?
Q086~バランスのいいお墓の建て方って?
Q087~水はけの悪いお墓はどうするの?
Q088~水はけの悪いお墓を持ってる私はどうすれば?
Q089~骨壺に水が溜まっているんですが?
Q090~地盤が悪いお墓は?
Q091~水はけが悪いとどうなるの?
Q092~お墓の石ってどうしてこんなに高いの?
Q093~お墓の石、採れる所で値段が違うのは?
Q094~採掘で捨てられた石はどうなるの?
Q095~日本で一番高価な石って?
Q096~お墓は大量に作れば安くなる?
Q097~西洋のお墓と日本のお墓の違いは?
Q098~両墓制ってなに?
Q099~和型のお墓の装飾加工①~頭の形
Q100~和型のお墓の装飾加工②~陣笠頭

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q057~お墓に草が生えて大変。なんとかして?

何とかする前に。。。

草が生えて仕方がないので、何とかしてほしい、
というご要望、とっても多いです。
「お墓の悩み事」ベスト3におそらく入ってくると思います。
方法は4つくらいあると思います。
それをお伝えする前に、
あるお寺のご住職の言葉をお伝えします。

「草取りも供養のうちですよ」

有難いお言葉、ありがとうございます。
確かにそうなんですよ。
でもね、
年に一度しかお墓そうじに来れないのも、
分かってください。
それで、お墓参りに来るたび、
半日、場合によっては一日つぶして
お墓そうじ。

なかなかそれも大変じゃないですか。
少しでも
お墓参りを楽しいものにしてもらうのが
私の務め。
なので、大変なお墓そうじのうちの一つ
「草取り」をなんとかしましょう。

というわけで、4つくらいご紹介しますが、
一つだけ、この方法どれでもそうですが、
施工したといって、草が100%生えません、
とはいきません。
草生え放題はなりませんが、
僅かのことで草は生えよう、生えようとします。
草取りは、楽にはなりますが、全くしなくていい、
ということにはなりません。

それを踏まえて、
○・・・草の生えないお墓①
○・・・草の生えないお墓②
○・・・草の生えないお墓③
○・・・草の生えないお墓④

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q051~お墓はどうして、石なの?

石って、自然のもので、
なおかつ風化に強く、
いつまでもそこにあり続けるものだから。

日本は「木」の文化の国です。
世界最古の木造建築物、法隆寺をはじめ、
沢山の木造建造物が建ち並びますが、
石造建造物は記念碑、石仏、石像、石塔など限られたものだけです。

最近でこそ、コンクリート製の家、鉄骨の家、増えましたが、
かつては木造のみでした。
かつては日本列島には無尽蔵と言える木材がありました。

間違いなく「木」の文化の国です。

でも、お墓は「石」ですね。
石は変化しにくい。
石は風化しにくい。
石は経年劣化が遅い。
石は重くて動かない。

そこに確かにあるものとして、
石は最適なのですね。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q038~お墓にビールかけ、ダメですか?

絶対にやめてください。

亡くなったお父さんがビール大好きだったので、
お墓にビールを掛けたいんですが、ダメですか?と
聞かれたことあります。

基本やめてください。とお答えしました。

まず、ビールをかけると変色します。
その変色は抜けにくいです。
いつまでも変色が残ります。

お墓の石に限らず、石というのは表面はツルツルに見えますが、
顕微鏡で見るとわかるんですが、
非常に細かい穴が無数に空いております。
そこにビールが入ってしまうんです。
一旦入ると、表面のビールは取れても、
内部に入り込んだビールは抜けません。
いつまでもその変色が残るんです。

じゃあ、無色のお酒はいいんじゃない?
という意見が出てきそうですが、
それも避けた方がいいですね。

確かにお酒は無色ですが、匂いはきついですし
何かと反応して変色しないとも限りません。
避けた方がいいですね。

あと、ジュース、ワイン、清涼飲料水なども
避けましょう。

じゃあ、何もかけない方がいいのか?
水もダメなのか?
お墓そうじの時はどうするのか?

水は問題ないと思います。
乾燥しても何も残りません。
むしろ、水は触媒の性質を持っております。
何か良くないものが付着しているときも
水で洗い流すことができます。

時々、
お墓に水をかけるのは頭から水をかけることと同じなので
ダメです、という意見を見ますが、
それには当たらない気がします。

お墓自体は構造物です。
一番大事なものはその中に納められている
「ご遺骨」です。
いうなれば、お墓の石は
その中に収まっているご遺骨の
「家」のようなものではないでしょうか。
雨風を防いでくれるもの。

汚れはしっかりと水で洗い流した方が
いいでしょうね。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

お墓Q&A18~35まで追加しました。

「お墓Q&A」18~35まで更新しました。

「お墓Q&A」目次
http://ohkita-sekizai.com/ohakaq%EF%BC%86a/

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q026~骨壺の中に水が。。。

いっぱい入っていることもあります。

理由ははっきりとはわかりません。
納骨スペースの内部の湿気、水分が骨壺の中に溜まることもあります。
水滴が壺のふたを通して、内部に溜まることもあります。
塗りの陶器である、白の骨壺なので、水分が一旦溜まったら、
逃げないことも考えられます。

仕事がら、しょっちゅう骨壺をあけたり、
取り出したりするんですが、
全く水分がない、乾燥しきった骨壺もありますし、
壺に溢れるくらい水が溜まっている壺も時々ですが、
見かけます。
時には、
普段、気づかないこともありますが、
大雨、台風などの際、水位が上がって、
納骨スペースに水が溜まってしますこともあります。

はっきりした原因はわかりませんが、
墓地によっていろいろだとしか、言えません。
どうしても、壺の中に水がたまるのが気になって仕方ない、
という場合は、素焼きの壺、という選択肢もあります。
中に水が溜まっても染み出して、抜ける、
ということですね。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」