Tag Archives: さらし

Q340~お墓を包んでいたサラシはどうする?

お墓の竿石を包んでいたサラシ。
開眼供養まで、しっかりとお墓を守っていたサラシですが、
どう処分したらいいの?

question_head_girl

さて、どうしましょう。
なかなかこういったお墓に関わるものは迷うものですよね。

まず、一番正しい方法として、
「お寺でお炊き上げしていただく」という方法があります。
塔婆供養で使った卒塔婆などをお炊き上げしていただける御寺院があります。
全ての御寺院ではないですが、たくさんあるでしょう。
まずは御寺院にお尋ねするべきでしょう。

それでも、野焼き、焚火に対して苦情等が増えている現在、
そういった寺院ごとのお炊き上げを避けられている御寺院も増えています。

なので、
次に、ご自身でお炊き上げする、という方法。
都会など、人口密集地や、市街地などではできませんが、
田舎で、回りにほとんど民家がないような地域では、できる場合もありますが、
火の用心には十分ご配慮を。
また、野焼きや焚火を規制している市町村も多いので、ご確認を。

田舎に限られると思いますが、
正月の後、節分などの時期に「どんどやき」という
正月飾りをお炊き上げする行事を行っている地域もあります。
そういった地域では、その行事を利用するという方法もあります。

さて、都会ではそういった方法も難しいですね。

ある裏ワザも実はありますが、ここには書けません。。。(^_^;)
すいません。

後は、通常のゴミとして、処分するか。
もう方法がないので、最終手段として、ですね。
ただ、お墓を守ってくれていたものなので、やはりゴミとして捨てるのは。。。
という気持ちもわかります。

後は、プロの方に依頼する。
遺品整理士、生前整理士といった方に、処分の方法を依頼する。
また、
ネットで近くの「お炊き上げ」をしている団体、地域を探し、
そちらに依頼してみる、
という方法もあるかも知れません。

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0005

納骨袋(さらし製)普及品

壺から出して納骨する際に、ご利用いただける納骨袋です。
墓地によって、御寺院によって、宗派によって、
納骨の方法はまちまちです。
直接、壺ごと納骨、の場合と
壺から出して納骨、の場合。

壺から出して納骨の場合、直接地面に入れてしまうのではなく、
このような納骨袋を利用される場合が多いです。
関西の基本の骨壺なら全量、楽に入ります。
大きめのサイズ(直径18センチ×高さ22センチ程度)でも入るサイズです。
それ以上のサイズになると、入りきらない場合があるので
特注サイズとなります。

ご納骨の際は、ぜひご遺族によってご写経されて、
その写経を地面の上に敷き、その上にご納骨してください。

種類は、無地のもの、「南無阿弥陀佛」と表裏に印刷されたもの、「般若心経」が表裏に印刷されたものがあります。
浄土真宗、浄土宗は「南無阿弥陀佛」と印刷されたもの、
それ以外の仏教系の信徒の方は「般若心経」と印刷されたもの、多宗派、無宗教の方は無地のものを選ばれるといいでしょう。

【無地のもの】

DSC_0002

 

【南無阿弥陀佛】と印刷されたもの

DSC_0005

 

【般若心経】が印刷されたもの

DSC_0006

 

〇・・・木綿製
〇・・・縦  × 横    (入り口    )
〇・・・無地、「南無阿弥陀佛」、「般若心経」いずれもサイズは同じです。
〇・・・直径18センチ×高さ22センチまでの骨壺なら、ご遺骨全量入ります。
〇・・・それ以上の大きさの骨壺は確認が必要です。
〇・・・価格 各 1,000円(税別)

 

※ 「既製品では物足りない」、「大切なお父さんの遺骨なのに、これじゃあなんだか安っぽい。。。」
という方は、完全オリジナルの絹製の納骨袋もございます。
〇・・・京都の伝統工芸士が一品一品、手作りで縫い上げた最高級品、「やすらかに 敦」です。

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q172~お墓に白い布を巻いているんだけどどうして?

さらしを巻いてあるのは、新規に建ったお墓です。
建立したお墓ですが、
お性根入れがまだの場合、まだお墓ではありません。
ので、まだまっさらの状態で不浄なものが入らないように
さらしを巻くと聞いたことがあります。

このさらしを巻くという行為、地域性があり、
巻かない地域は全く巻きません。
但馬ではあまり巻かないと考えていただいていいと思います。

私自身もまだ片手で数えられる程度しか巻いていません。
建立後、長い間(1か月以上)、納骨がされない場合に巻いたことがあります。
あと、施主様自ら「さらしを巻いてください」と頼まれた場合です。

あと、寿陵墓の場合、お性根入れが想定されていないので、
あえてさらしは巻きません。
巻いておいてもそのうち汚くなりますので。
あまり意味がない、と思いますので。

 

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」