Tag Archives: アーバングレー

DSC_0059

O家のお墓、完成しました。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

DSC_0001

雨振りの兵庫県豊岡市の朝です。
この雨が上がると冬がやってくるそうです。
とうとう冬か。。。
実は嫌いではないです。

今年の冬は去年までとは違う冬にしたいと思います。

O家のお墓、完成しました。

DSC_0040-2

石はアーバングレーです。
インドの銘石、と言っていいでしょう。
品質はいいです。

 

 

DSC_0042-2

色も薄くなく、全体的なバランスもいいですね。
唯一のこの石の欠点であります、字彫の底の不ぞろい。
まあありていに言えば、凸凹かげん。。。(^_^;)

 

DSC_0013-2

今回は、なので、文字彫刻を浅く仕上げて、
【さらい】をしてみました。
底をノミで均す、適な感じです。

DSC_0138

何しろ、あまりやったことないので、不安だったんですが、
とりあえずやってみました。
出来はまだまだですが、アーバングレーのお墓を建てるときは、
これからはこのやり方でやってみようかなって、思っております。

これはこれでいい感じですね。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0033

【アーバングレー】+【富嶽】

こんにちは。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

今日は文化の日、
でもって、祝祭日、
でもって娘の誕生日。
ハレの日ですね。

晴れの日にふさわしい富士山をモチーフにしたお墓
【富嶽】のお墓を建てます。

DSC_0025

【アーバングレー】というインド産の銘石。それに
インターロックのプレミアムシリーズの【富嶽】というお墓です。

このお墓の特徴はまず
① 関西型の納骨スタイルができないこと。

写真で見て頂くとわかるように、水鉢が小さめです。
しかもお墓の台との接地部分が少なくて、
いくら関西の骨壺が小さいからと言って、このサイズでは、納骨できません。

なので、基本、関東型納骨となります。
つまり、
手前の拝石を外してその下から納骨、というスタイルです。

どうしてもそれが嫌だという場合、
どうしても関西型の水鉢をどかしての納骨、という方法にこだわりたい方は、

〇 【骨壺ごとではなく、納骨袋での納骨のみ、納骨できます】スタイルか、
〇 納骨口から墓地内への散骨】スタイルでの納骨

のどちらかしか難しいですね。

通常の骨壺ごとの納骨をしたいなら、【関東型納骨】スタイルでしか無理です。

 

② 水鉢、花立を固定してしまうのは、無理がある

関東型納骨の場合、花立、水鉢は移動する必要性があまりないので、
接着して、固定してしまうことがままあるのですが、
この【富嶽】の場合、それができにくいかもしれませんね。

なぜなら、
花立と水鉢の接する部分が面接地ではなく、点接地なので。
つまりピッタリフィットしないのです。
すき間ができるんです。
なので、
その隙間にゴミとか、落ち葉とか、汚れが溜まると
非常にそうじしにくい。
花立、水鉢とその後ろの台との設置面も全く同様です。

むしろ、

お墓の台と花立、水鉢をそれぞれできるだけ離して設置、固定する

のが、正解なのかもしれません。

いや、今気づいたんですが、それが正解ですかね。
どうもそんな気がします。

③ ガンダムを連想してしまう

このお墓のモチーフは富士山です。
富士山をモチーフにした【富嶽】という名前です。
にもかかわらず、ガンダムを連想してしまいます。

正面の竿石の両サイドの切り欠きと
台石の切り欠き、竿石の下面の切り欠きが
どうもガンダムに似ているんです。

気になる方は、実際に確認してみてください。
きっと
「あ、分かった。確かにガンダムだ!!」と思われるはずです。

少なくとも、私と同世代のアラフィフの方々は。。。(^_^;)
④ 施工業者さん、竿石の施工には、細心の注意を

竿石は非常に複雑な形状をしています。
ズバリ、デザイン重視ですね。

なので、竿石の施工はちょっと気を使います。

普通の石材クランプが使えません。

左右は尖ったカドが怖くて、吊れません。
前後はサイズはさほど厚くないのですが、
後ろ面は平面ですが、表面が非常に局面になっております。
なので、
クランプを使って吊るには、かなり気を使います。

正面側に細工をしないと吊れません。
しかもこの当たり、文字が来るので、クランプを使えない可能性が高いです。

なので、私はクランプで吊るのを諦めました。
違う方法で竿石を吊ることにしました。

なかなかに手ごわい【富嶽】です。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
IMG_20150116_162807

今年最初のデザイン墓を施工します

おはようございます。
但馬、豊岡市のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。

2015年に施工させていただいたインターロック社の
プレミアムデザイン墓「光の雫(しずく)」

IMG_20150116_162807
今年最初に建てるデザイン墓として、建墓させていただくことになりました。
感謝です。

IMG_20150116_162827

このお墓のポイントは、この首元を絞ってある部分です。
さすがプロのデザインですね。
うまい処理がされてます。

今回、前字をちょっと検討してみないといけないので、
それもちょっと楽しみ。。。(^O^)

写真はアーバングレー(GMK)ですが、
今回は別の石に。。。
私自身すごく楽しみです。

ただ、納骨までの期間が、ギリギリなので、
間に合うかどうかが。。。
まあ、何とかなるでしょう。

頑張っていいお墓建てます。

 

 

 

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC00378

【~100万円のお墓】04

※注意~価格は記事作成時の価格です。
墓石用石材は近年高騰傾向にあり、ホームページ内の価格はあくまで参考として、
実際の価格が知りたい場合は必ず見積依頼≫をして下さい。

【04 和型、10号3重台、アーバングレー(インド産みかげ石)、中国加工】

DSC00378

10号三重台の和型のお墓です。
石はインドの銘石「アーバングレー」です。
加工は中国です。

アーバングレーはインドの石の代名詞。
日本全国に建墓中です。
ただ文字彫刻に手間が掛かるのが多少難あり。
吸水率は低く、いい石です。

デザインは大北石材オリジナルです。
才数(体積)は10号三重台大阪型よりやや少なめです。
背の高さもおよそ170センチ程度でやや低めです。

絆施工の「地震に強いお墓」で施工しております。
正面、上台には蓮華彫刻を施しております。
「おおきた石材店オリジナルの蓮華彫刻」です。

<10号3重台おおきた石材店型墓石>

〇 代金に含まれるもの 〇
・墓石代
・墓石施工費用一式
・基礎工事一式
・文字、家紋等彫刻一式
・「地震に強いお墓」 施工費用

 

〇 代金に含まれないもの 〇
・墓地外柵延石一式
・墓地内踏石一式
・墓地内化粧砂利一式

 

◇10号3重台(おおきた石材店型) 886,500円(税別)◇

〇 石種 インド産みかげ石 (アーバングレー)
〇 加工 中国加工工場
〇 文字彫刻 おおきた石材店
〇 施工 おおきた石材店
〇 「地震に強いお墓」

 

 

 

その他のお墓の例

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

アーバングレーのお墓

昨夜、豊岡で火事がありまして。。。
深夜2時半、吹雪の中、現場に到着して、
担当地区ではないので、出動が遅れ、
水利がなく、他分団に水を借りて、
お世話になりましたと
。。。
何が言いたいかと言いますと、
。。。
非常に眠たいわけです。

但馬、豊岡のお墓のプロ、大北です。

現場を急きょ、雪のため中止にしていて
良かったな(^_^;)

DSC_0001

彫刻の準備してます。

DSC_0003

今回もインドの銘石
【アーバングレー】です。
とてもいい光沢を出しています。
私のスマホではこの程度の写真しか写せないのが、
残念で仕方ないのですが、
良い色です。

何とか今月中に施工したいと
思っているわけです。
昨日の商工会でいただいた宿題もありますし、
何かとやらないといけないことが多いな。。。
来週はちなみに1月27日、
【お墓ディレクター】の試験が全国一斉に行われます。
私も大阪会場へ行かなくては。。。

受験される方、頑張ってください。

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

アーバングレーのお墓施工

花火も終わって、豊岡の夏祭りは終わったな。。。

a1380_001400_m

そんな気分になる今日この頃ですが、
実は高校野球もまだ始まっておりません。

まだまだこれから夏本番ですが、
但馬、豊岡は相変わらず暑いです。

今日はこのお墓、
アーバングレーのお墓を施工させていただきます。

DSC_0043

とってもいい色をしております。
この石の良さを十分に表現できないのが
ほんとに申し訳ない。。。(^_^;)

DSC_0044

文字も完璧に彫れたとは言いがたいですが、
しっかり彫らせていただいたつもりです。

DSC_0046

さて、いいお墓になりますか。
乞うご期待。

 

 

 

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」