Tag Archives: ノウハウ

DSC_0988

ピコムのPゴム、慣れてきました。

【「終活」と「お墓」の新しいカタチ セミナー開催します】

日時:8月10日(金)午後1時30分~
場所:たづるのコミュニティー(正面玄関入らずにその奥です)
その他:飲み物、冷房は完備しております。
駐車場もございます。
筆記具のみご持参ください。

申し込みフォームは→→→こちら


 

ピコムさんのPゴム、使い続けて、やっと慣れてきました。
先日、ある仲のいい石材店さんから電話が掛かってきて、

icon_business_man07

(ちと違う感じですが。。。)

「大北さん、うちもPゴム使っているんですが、カットが難しいんです。
どうしたらいいですか??」

いくつかノウハウをお話ししたんですが、

私のやり方をご紹介します。

(※ 私は手切りにこだわっているので、プロッタ使われる方には参考にならないかもしれません)

2018-07-24Pゴム

まずPゴムを張ります。

 

 

DSC_0966

そして、ガイド線を引きます。

 

DSC_0968

このスプレーのりを使います。

 

DSC_0970

まず、Pゴム自体にスプレー

DSC_0973

現行のコピーの裏面にもスプレー。

 

 

DSC_0975

ガイドラインに合わせて、張り合わせ。
この時点ではズレても剥がして張り直しできます。

DSC_0977

その原稿をゴムハンマーでたたく。
こうしてしまうと、しっかり密着しますが、
剥がし直しがもうできません。

 

DSC_0982

全部、張れました。
このように原稿をそのまま張れば、カットできているかどうかが
一目瞭然。
カットの跡が分かりにくいPゴムですが、こうやってカットすれば、
ほぼ、分かりますね。

 

 

DSC_0988

カットします。
写真は片手ですが、多少カットしにくい(硬い)ので、
両手でカットすることをお勧めします。
私は刃先の後ろ側を左手の中指の指先で押しながら、カットしてます。
こうすると、多少切りやすいですね。
あと、切れ味が落ちたら、早めに刃を変える。
これがコツかな。。。

 

DSC_0990

汚いですが、完成です。
しっかり密着してるので、コピー紙がきれいに剥がれません。
でも、ブラストするには全く問題ないですね。

こんな感じでカットしています。
Pゴムを使っていられる石材店さんで、手切りされている方はぜひ参考に。

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
o0800060013055967525

文字彫刻は難しいです。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

子ども3人のうち、2人がいないと、いろいろなことで
戸惑いますが、
とりあえず、朝起きるのが遅くなりつつあります…
早起きの原因の息子が遠征中なので…(^_^;)

とある場所にある
とあるお墓です。

DSC_0012

普通のお墓ですね。
でも、文字が手書きなんでしょうが、
多少バランスが悪い気がします。
それと、
全体的にぼんやりした文字に見えます。

詳しく見ると。

DSC_0016

至る所に穴ぼこが。。(^_^;)

DSC_0020

筆で押さえる部分が穴ぼこになってます。
ただ、それはいいのですが、
その穴がきれいに処理されていない。

DSC_0025

それから、輪郭がきれいに出てない。
文字の側面をきれいにさらえてないので、
輪郭がシャープに出ないのです。

こちらは別のお墓。

o0800057213055962408

最初の部分で輪郭をきれいに取ってないので、
文字の輪郭がガタガタに見えます。

o0800060013055967525

こちらは、私が10年近く前に彫刻した文字。
意識してかなり深く彫刻した文字です。
o0800060013055967526

①と②のあたりに輪郭がビビッていて、
崩れておりますが、その他はまあまあですかね。

時間は凄く掛けております。
おそらく、今の倍くらいの時間を。

でも、
文字彫刻はお墓の命だと思います。
やはり、時間をかけてもいい文字を彫りたいし、
それが、私のこだわりです。

でも、いつもいつもこのレベルが彫れるかと言えば。。。
時間の制限とかもありますしね。

あと、意外とは思いますが、
上手な文字なら、彫刻も上手に彫れます。
不思議ですが。。。
文字が下手だな、、って思ったりしたら、
いい文字が彫れない気がする。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

実は一番参考になったのは。。。

DSC_0203-2

いまだ、名古屋勉強会の余韻が冷めやらぬ、
但馬、豊岡のお墓のプロで、
豊岡東霊苑にお墓を建てるのが得意な、大北です。
(ちと、長いな。。。(^_^;)

「グリーフ」のセミナーの後、後半戦は
ホームページの勉強もしました。

「仏事ネット」代表の寺田さんに石屋さんのホームページのノウハウを
教えていただきました。

12495244_971665186246267_7430023428274824065_n

同じく、非常に小さいですが、講師の寺田さんの一番近くに座っている
後頭部が、私です。。。(^_^;)
こういうセミナーや講演会は一番前に座るって決めてます。

 

何を隠そう、ホームページを作ったばかりでなかなかわからない部分を
懇切丁寧に教えていただきました。

お墓の小売、販売などをされている方は今後、ホームページを持つことは
必須だそうです。
(作ってもらってよかった。。。(^_^;)

まあ、ほかにも、いろいろヒントを教えてもらいました。

〇 フロントページに絶対乗せるべきこと、
〇 広告の出し方は順序が大事、
〇 これが目立つ位置にないと、見てくれないですよ、
〇 インターネットに情報を出すことの最大のメリット、
〇 ホームページを作って終わり、ではなくはじまり、なんですよ。
その理由は。。。

など、いろいろなことを教えてもらいました。
その上、時間内に答えられなかった質問には、
後日、メールにて回答が。。。

さすがにアフターフォローが完璧です。
見習わなくては。。。(^_^;)

 

寺田さん、ありがとうございました。
人気の出るホームページ作成のサービスもしていただけるようですよ。
ご興味ある方は、寺田さんの写真をクリックしてね。

xZx04pX9

 

そして、その後、
セミナー終了後は、当然、

懇親会\(^▽^)/
全国からいらしている、お墓ディレクター1級の皆さんです。
当然、皆さん、非常に意識が高い。
そして、
何より勉強熱心。。。

DSC_0051

約40名のお墓ディレクター1級の皆さんといろいろなことを
話して、飲んで(飲めないけど。。。)
議論しました。

やっぱり同業者、考えていること、同じなんですね。
これもお墓ディレクター研修会の大きな楽しみです。
こんなに仕事のことで盛り上がれるのは、
この会しかない、です。

そして明日は、初めて行きます。
岡崎の丁場。楽しみだ~~~

〇 丁場とは~
石の採掘場のことです。

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」