Tag Archives: 中国事情

中国で日本のお墓が作られなくなるかも。。。②

(この記事は途中です。こちらからご覧ください)

中国製のお墓が作られなくなるいくつかの理由

更に追い討ちをかけるように、
「円安」が確実にお墓の値段を上げつつあります。

かつて、円高だった頃より、かなり値段が上がってます。
おそらく数パーセントから十数パーセント値上がりしていると思います。
全く同じ石がこれだけ高くなると、
「お墓建てるの、少し先に伸ばそうか」ってなる人も
あるでしょうね。

他にもありますよ。

<日本人全般の対中国感の悪化>
領土問題などで両国の信頼関係が低下してます。

<中国製品の信用低下>
食料品の偽装問題などを通して、中国製品の信用が落ちてきてます。

<日本人の宗教観の急速な変化>
お墓から永代供養墓、樹木葬、散骨といった供養の多様化。
家族葬、直葬といった供養の簡素化
このようなことのメディアの取り上げによって、
「お墓を建てなくていいんだ」という意識が大きく広がった。

など、様々な要因でお墓を建てない人が増えてきてます。
しかも、建てる人は、
「日本の石で日本人の手で作ったお墓で」という人が増えると
当然、中国製のお墓の比率が下がってくるでしょう。

それで済めばいいんでしょうが、
それだけではすみません。

日本人自身がお墓を建てなくなるようになりつつあるんです。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

中国で日本のお墓が作られなくなるかも。。。①

(この記事を読む前にこちらからごらんください)

中国政府は実利主義

これは冬にお墓を建てるな、という趣旨には当てはまりませんが、
今後、大きく影響してくる問題だと思います。

中国の古代に商(殷)という国がありました。
その国の人を
「商人」と呼びました。
彼らは店を持たず、品物を持ち歩いて、売りさばくことを生業としていました。
そこから商売、商人という言葉が出来た、という説があります。

現在の中国政府も利に聡いというか、
大した利益を出さない石の採掘よりも
もっと有効活用しよう、とのことで

現在、墓石に使われる石材の世界的産地である
中国福建省の全ての石の採掘場を
全て閉鎖しよう、というのが政府の方針のようです。

そのため、
現在、世界一安価なみかげ石と呼ばれた、G623と呼ばれる石をはじめ、
福建省で採掘される石が順次、採掘停止され続けています。
とても安くていい石もあったんですが。。。

特に関西地方でよく使われる白みかげ石系の石は
ことごとく福建省産だったので、
非常に使える石が少なくなって、
困った状況にあります。

将来的に
中国産の石、お墓に使えるの?
って時代が来るのかもしれません。

つづきはこちら。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

1月~3月にお墓は建てないほうがいい理由②

(この記事を読む前にこちらからご覧ください)

石職人の入替えと熟練度

「石を加工すること」の大変さが1~3月期のお墓つくりの困難さに影響しているのです。

「どういうことですか?」

中国の石材加工の工場で日本向けのお墓を作り続けている中国人たち。
金儲けのためだけに働いている職人も当然いらっしゃいます。
その中国の方たち、
以前は働き口もなかったので、
どんなに大変でも、”腕のある”職人たちは
正月(春節)明け、工場に帰って来ました。

しかし、
中国も次第に富裕層が増え、働くスタイルが多様化してきて、
給与が多い工場より、休みが多いとか、楽な工場とか、福利厚生のしっかりした工場に
移る傾向が増えてきているそうです。

もっと楽で、楽しいアパレル工場や機械化が進んでいる自動車工場へ
行ってしまうのは、当然の流れ。

厳しい環境の中国の石材加工工場に帰ってくる職人が少なくなっている状況です。

そのたび、
中国の工場は新しい職人、工員を募集しなくてはなりません。
せっかく時間をかけて熟練してきた職人たちは
あっさりその職を捨ててしまい、
工場は新しい職人、工員をゼロから育成しなくてはいけません。

どうしても、ある程度のレベルまで育成するのに
2、3ヶ月はかかってしまいます。
つまり、
2,3ヶ月は加工精度の低い
簡単に言えば、

”下手な職人が作ったお墓”の可能性があるということ。
ここ数年、この問題で冬から春にかけて
全国の石材店が頭を悩ませる問題です。

ある石材店さんは、
「基本、手直しして施工します」と
仰られる石材店さん。
つまり、中国から来た石を一度、仮組して
不具合を確認して、
(ここまでは当たり前)
不具合を自社で修正加工、補修し直して
お墓を建てる。
(こちらは通常、めったにありません)
このめったにない作業を、全て織り込み済みで
お墓を建てるという体制。

別の方は、
「1月~4月まではお墓を建てない」と
豪語される方もいらっしゃいます。
初めから、よくないものしか来ない、
ということを想定して、
建てない。

どうしてもという場合のみ、
自分のところに在庫としてある
お墓の中から、という選択肢を
絞って、お墓を建てる。

なかなかに困難ですぐに解決できない
問題です。

でも、それだけじゃないんです。

こちらにつづく。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

1月~3月にお墓は建てないほうがいい理由①

中国人も年末年始は民族大移動

「宗教的」あるいは「伝統的な習慣」とは、関係ないです。
極めて現実的なことです。
特にこの数年、顕著な特徴。

まず、確認しておくことは
日本で作られているお墓の7~8割は中国でつくられていること。

そして
中国にも日本と同じように正月は田舎に帰って家族と過ごす習慣がある。
また、
中国は旧暦が使われているため、
日本よりやや遅く1月中旬~2月下旬となります。
その旧正月に中国人の多くが工場から姿を消し、
民族大移動します。
昔の日本のように。

しかも、
中国は日本より休みを長めに多く取る慣習があり、
1~2週間の長い休みの間、工場はほぼ休み、
あるいは稼動の低い状態となり、お墓の石も
作られません。

それが第一の理由です。

更にそれに上乗せとなるのが、
「石材を加工」することの大変さ。

つづく。

Read More

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」