Tag Archives: 五輪塔

DSC08101

お墓の立て直し、はじめました④~一部の石が到着。

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。
お問い合わせは、こちらから。

 

 

DSC_0015

今日は曇りがちの天気。夜は雨が降りそうです。
夜篠山まで行ってくるんですが、帰りは雨になりそうです。。。 (^_^;)

 

昨日は、午前中、非常な蒸し暑さの中。。。お墓工事をしていて。。。

真っ白な灰になりました。

 

DSC08101

。。。

。。。

。。。

(一応フォローしておきますと、冗談です)

いや、まだ梅雨が明けてないはずなのに。。。
下着から靴下からすべてを一日3回着替える
「酷暑モード」になってしまいました。。。(^_^;)
体が慣れてないので、持ちません。。。

 

それでも、時間は過ぎていくので、のんびりしているわけには。。。

 

DSC_0036
お盆までに施工予定のお墓の部材が到着。

がしかし、小物だけで肝心な本体の仏塔部分はまだ来ず。

 

石は久しぶりのバングレー。

インド産の銘石ですが、価格が高価になってなかなかな感じなんですが、

外材(外国産の墓石材)で、一番お勧めは? と聞かれたら、

 

間違いなく、この石バングレー(インドBAN)とお答えします。

それほど惚れている石。この石でお墓を建てられるのは、ホントに幸せですね。

ただ、部材が非常に多いので、細心の注意を払わなくては。。。。

バングレーのお墓、久しぶりです。楽しみです。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0113

忍性五輪塔を求めて③

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

 
今回、わざわざ現地まで行って確認したかったのは、
この部分。

DSC_0051

火輪(笠の部分)に対して、
風輪(半円の部分)と
空輪(一番上の尖った部分)の形状の確認。

 

DSC_0053

風輪の下の部分、火輪と接する部分。
意外と絞ってあって、細くなっていますね。

 

DSC_0052

更に、風輪の上の部分。
空輪と接する部分。
思った以上に強く広く広がっています。
最近のよくある五輪塔はもっと大人しくなっていますが、
空輪を飲み込むような勢いがあります。

 

DSC_0057

そして、最後に、
一番の確認ポイントは、
火輪の大きさに比べて、風輪、空輪がやや大きい。
そう言われれば、意外に大きいな、と思えるほど
大きいのです。

大体、想像どおりの形でした。
さて、施主様はどう言われるでしょうか。。

DSC_0062

写真に写ってなかった8番目の五輪塔もご紹介しときます。

DSC_0113

最後に記念写真。
立派なサイズですね。
忍性五輪塔。素晴らしい五輪塔です。
鎌倉時代に作った五輪塔が現代にもほぼ完全に残っている。
本当に素晴らしい、五輪塔です。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0046

忍性五輪塔を求めて②~供養の心

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

ついに初めて、実見することが出来ました。
忍性五輪塔。

 

DSC_0107

重要文化財。
石造五輪塔が八基。
鎌倉時代から室町時代に制作されたもの。

 

DSC_0042

このように、囲われた一区画にありますが、
入場制限されているわけではなく、
自由に出入りされております。

 

DSC_0045

重要文化財である8基のうち、7基の五輪塔。
L字型に設置されています。
正面に5基が西側に東に面して建っております。
その続きに直角に曲がって3基が北側に南に面して建っております。

詳しくはこちら。。。「額安寺五輪塔」

その中でもひときわ大きい一番南西に建てられているのが、
忍性の五輪塔と呼ばれるものです。

DSC_0046

お花が手向けてありました。

ご近所の方がお供えされているんでしょうか?

鎌倉時代の著名な高僧の五輪塔でもあり
重要文化財でもあるのですが、
それは間違いなくお墓であり、
お墓である以上、供養の対象として、
お花が手向けてある。

これこそが供養の心であり、
今、失われつつあるものであるように
思われました。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0026

忍性五輪塔を求めて①

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店のカズ(stoneman-ohkita)です。
今現在、ご遺骨をお持ちで、その行き先をお探しの方、あなたに一番あった安置先を探しませんか?
そのお手伝いをいたします。

京都で専門学校に通っている娘が

IMG_20160814_163440

連休中、帰省していて、京都に帰るので、送迎かねて

DSC_0024

まずは京都まで。
左大文字の側面が見えます。
北区です。
娘を下ろしたら、そのまま、南へ。

DSC_0026

大和郡山市にある「額安寺」さまへ。
ちなみに、こちらのお寺、「がくあんじ」ではなく
「かくあんじ」と読むそうです。
参拝、拝観の連絡したら、「お気をつけていらしてください」
ととてもご丁寧なご対応。
車で向かったんですが、
入り口への道が非常に分かりにくい。。。(^_^;)
もう少し、案内板を設置した方がいいような気がします。
(グーグルマップ、earth等でかなりしっかり下調べしたつもりが、
結局わからず、周囲を一周してしまいました。。。(^_^;)

余計なお世話かもしれませんが。。。)

DSC_0029

 

立派な寺門。

DSC_0031

お寺の説明もありました。

聖徳太子由来のお寺なんですね。
かなり格式も高いお寺のようです。
さすがに奈良県。大和郡山市(^_^;)
歴史を感じます。

お寺の方に聞いたら、五輪塔は境内ではなく、
少し離れた場所にある、とのこと。
そちらへ行くことにしました。

行き方を聞いて、
歩いて行くことにしました。

DSC_0034

民家の中を抜けて、

 

DSC_0036

細い通路を抜けていくと、
山?竹藪?的なものが見えてきました。

 

DSC_0039

その中に入っていくと。。。

DSC_0041

見つけました。
鎌倉時代に制作された忍性の供養塔と言われる
五輪塔です。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0007-2

五輪塔を考える(その3)~地震に対して

地震に対して

 

地震のことを考えると、五輪塔は少し不安になります。

まず、
背が高い。


これは、デザイン的には、ある程度どうしようもないことなのですね。
ですが、それを何とかしようとして、考えたのが、
墓相のお墓の五輪塔です。
(実際にそういう意図でデザインされたかどうかは不明ですが、、、)

 

DSC_0007-2

このように、背をできるだけ切り詰めて、低く設計してあります。
そういう意図があったかどうかは不明ですが、
(おそらくあったはずですが。。。)
相対的に、地震には強くなったはずです。
そして、
接地面積が狭い。

お墓の石って、上に行くほど細くなっているのが原則です。
そして、下の石との設置面積と
その石の最大寸法が同じ、あるいは、大きいというのが基本です。

DSC_0042-2

上の写真。青の線が設置面積。
赤の線が石の最大寸法。
青と赤が同じなのが、基本なのです。

ところが、五輪塔はこの原則に反しています。

 

DSC_0046-2

青よりも赤の方が大きいんです。
これが不安定を強くしているわけです。
しかも、火輪(笠)石が大きくなっているので、
余計に不安定になっております。

 

普通の耐震施工で大丈夫か?

 

これは耐震パットを使っても、大丈夫なのだろうかという不安感もあります。
なので、
デザイン、地盤、墓地の状態などを考慮してなんですが、
水輪の石とその上下の部分にステンレスの芯棒を入れさせてもらうこともあります。
(必ず入れるとは限りません。入れない場合もあります)

DSC_0011 (2)

こんな感じでステンレスの芯棒を入れます。
(ちなみに、こちらの写真は古代型を基本に上の空輪、風輪の部分を
意匠的にデザインされてます。)
五輪塔で一番弱い部分は、この水輪の上と下です。
これを補強する意味で、芯棒を入れます。
が、この施工方法の良しあしで、全く効果がなくなったり、
しっかりと地震の力を分散してくれたりするので、注意が必要です。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0045

五輪塔を考える(その2)

五輪塔は仏塔?

五輪塔とは、仏塔の一つです。
じゃあ、仏塔とは何か?
ウィキペディアによると。。。

仏塔(ぶっとう)とは、仏舎利釈迦の遺体・遺骨、またはその代替物)を安置した仏教建築をいう。卒塔婆(そとば)、塔婆(とうば)、(とう)とも呼ばれる。

つまり、お釈迦様のご遺骨を収める建物、です。
そのサンスクリット語の音の「ストゥーパ」に漢字を当てて、「卒塔婆」「塔婆」などと表記したようです。

まあ、そのお釈迦様のご遺骨を収めるものが転化して、普通の人の遺骨を収めるモノ、ともなったようです。

お墓に使われる仏塔は主として、3つくらいあって、
多宝塔
宝篋印塔
そして、五輪塔が主なものです。

「多宝塔」は徳川家康のお墓など一部、建てられていましたが、
最近はあまり見ないですね。
「宝篋印塔」は最近でも建てられる方は時々見かけますが、
あまり多くはないですね。

さて、「五輪塔」ですが、昨日も書いたんですが、広めの墓地に行けばたいがい
見かけますし、最近でも建てられる方は多いですね。
特に、「真言宗」とか「天台宗」の方は、五輪塔を建てられる方が目立ちます。
境内墓地などにも多く建っているから、ということもあるのかもしれません。

逆に、「浄土真宗」の方は、ほとんど建っていません。
「五輪塔」の意味と宗派の考え方が合わないからでしょうか。
今まで、浄土真宗のお墓で、
五輪塔が建っているのを、2、3度見かけたことがある程度です。

五輪塔ですが、基本の形はあるのですが、
見掛けが違うものがいくつかあります。
それも主として、3つの種類に分けられるように思います。

①古い五輪塔を模して造られた五輪塔。
俗に「古代型」などと呼びます。時々見かけますが、少ないですね。
地輪、水輪、火輪の三つの横幅がほとんど同じなのが特徴。

②墓相のお墓に建っている「墓相型」
比較的、背が低くて、水輪が天地でつぶれたように楕円形の形が特徴。

③最近の五輪塔「基本型」
五輪塔としては、一番多いと思われます。火輪(笠)が全体的に大きくて、
目立つのが特徴。

DSC_0046-2

 

この写真の五輪塔は③の形ですね。

五輪塔は一般的に、「地震に弱い」と言われます。
これが一番気になるところですね。
建てる側からしても。。。

その部分を明日は考えます。

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0005

五輪塔を考える

五輪塔とは

 

DSC_0046

このようなお墓のことですね。

DSC_0045

赤文字で記した5つの石が五輪塔です。
(正確には、上の二つは、くっ付いているので、4つの石ですが。。。)

その下の石は、台なので、その形に意味はありません。
どんな形でもいいということです。

上の5つの石には、しっかりとした、仏教的な意義があります。

 

五輪塔の意味とは

五輪塔とは、おそらく日本独自のお墓の形で、
真言宗の中興の祖と呼ばれる覚鑁(かくばん)上人が考えられて、
広められたお墓の形です。

五大思想という古代インドを祖とする思想が根本となっていて、
この世のあらゆるものはこの五つが基になっているという考え。

その五大思想に浄土思想とを合わせて
「五輪塔のお墓には、「死後は成仏し、往生できる」という意味がある」
という意味を付け加えられたのです。

その後、
「五輪塔のお墓に埋葬すると、死者はみな成仏できる」
「五輪塔を墓地に建てると死者はみな成仏できる」
という考えが広く日本全国に広まり、
お墓の横綱とまで言われました。

上流階級の人々はこぞって、五輪塔のお墓を建てました。
それが、末法思想の時代にのって、大流行したのです。

つまり、
「五輪塔」のお墓とは、
ここに収まるだけで「極楽浄土に往生できる」ことが約束された、
最もお墓にふさわしいもの、だと言えるでしょう。

最近は、代々墓を建てて、その横に五輪塔を建てて、
供養塔とされている場合も多く見かけますが、
「五輪塔」自体を「お墓」として、その中にご遺骨を収めるのも
正しいお墓の建て方なのです。

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0023

Q289~掃除が簡単でいつまでも奇麗な石がいい(その2)

昨日の続きです。

 

いつまでも奇麗な石がいい

残念ながら、永久に建てた時のままの石ってないです。

いつかは風化して、劣化していきます。

おそらく、みかげ石で建てられたお墓なら、
建てた人が生きている間は、文字が読めなくなる、とか
カドが欠けて、形が崩れてきた、などの状態にはならないと思います。

でも、できたときの光沢、ツヤ、明るさ、色目、などはその石の性質によって
年々衰えてきます。

10年間、ほぼ同じ状態でいたいなら、おそらくほとんどのみかげ石で可能です。

20年間、ほぼ同じ状態でいたいなら、限られた一部の石なら、可能かもしれません。
でも、
多少、水あか、黒ずみなどが付いてきたけど、それ以外は光沢もあるし、
キズはないし。。。という状態なら、多くの石でも可能です。

30年間は、おそらくどんな石でも難しいでしょう。

石の性質、特性によって変わってくる可能性があるのですが、
もう一つ。
この、例えば、10年間は、新品の状態が維持できます、というお墓があったとして、
その10年間を半分に短縮したり、
その10年間を1.3倍に延ばしたりする要因があるんです。

それは、

「外部環境」「メンテナンスの頻度」です。

外部環境とは、土地の湿度。

じめじめしているのか、
水はけが良いのか、悪いのか、
日陰なのか、日向なのか。
うっそうとした樹木に覆われているのか、
視界全体が見張らせる、絶景の場所なのか。

基本的に湿度が低く、湿気がなく、日当たりが良好な場所が
お墓の新しさを伸ばしてくれます。

日当たりが悪く、湿度が高く、常にじめじめしている場所では、
お墓の新しさを縮めます。

メンテナンスの頻度、とはズバリ、お墓参りの回数です。

月に一度、お墓参りとお墓そうじされる人は、
お墓の新しさを伸ばします。

年に一度しか、お墓そうじしない人は、
お墓の新しさを縮めます。

石の資質のみではなく、外部環境によっても、
お墓の新しい状態の期間を縮めたり伸ばしたりできるというのは、
ある意味、素敵なことです。

しっかりとしたお墓守が素晴らしいお墓を作るということ。

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
face_obaasan_cry

Q288~掃除が簡単でいつまでも奇麗な石がいい(その1)

掃除が簡単な石がいい。

そういう声を頂きました。
そういう石は、ありません。

まず、一つ目。

「掃除が簡単」
これは、石の種類というより、デザインに関係します。

DSC_0066

蓮華台のように、複雑な形状では、掃除は大変ですし、
掃除しても届かない細かい部分が出てきます。

ただ、

蓮華台は、掃除しにくくするために作るものではありません。

蓮華台は、亡くなった人への
「どうか極楽へ行って下さい」

という供養の気持ちで建てるものです。

お釈迦様がいつも蓮華の台の上に座られているので、
これを付けたお墓に入れば、
お釈迦様の住む極楽浄土に往生できる、
という願いを込めて設置するものです。

お墓に入っている人のためを思って設置するのか、
お墓を管理する人の利便性を考えて、付けないのか、
考え方の違いですね。

 

DSC_0046

この五輪塔のように、特殊な形状だと、掃除が大変ですし、
背も高いので、なかなかてっぺんまで届きません。
ですが、
この五輪塔も上の蓮華台と全く同じ考えです。

五輪塔とは、
真言宗の中興の祖、と呼ばれる覚鑁(かくばん)上人が、生み出した、
「このお墓にお骨を納めるだけで、極楽浄土に往生できる」
という非常に有難い宝塔であり、その宝塔をお墓として利用している、
それが五輪塔のお墓です。

つまり、仏教的な意味合いで、亡くなった人の幸せを考えて、
建てるものが、五輪塔だと言えます。

話が反れました。。。(^_^;)

つまり、掃除が楽かどうかは、形状に大きく左右されます。

4267d59f1608dea5de8aee1d405aed3c

このお墓は、花立、水鉢、香立の部分が多少、デザインが凝っているので、
掃除しにくいかもしれませんが、それ以外はシンプルな構造です。

しかも、背が低い。
掃除には適したお墓だと言えます。

そして、もう一点。

いつまでも奇麗なお墓。
これは明日に。

 

 

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

横浜で見つけたもの。

まずは、声を大にして言いたいのは、
「横浜はカレーが美味い」ということ。

私実は、あんまりカレーって好きじゃないんです。
子どもの頃は普通に食べてたんですが、
最近、本当に食べてない、というか
おいしいカレーを食べてない。

でも、祝賀会を開催した「ホテルモントレ横浜」の立食パーティ―に出た
カレー、美味かった\(^▽^)/
この私が、カレーでおかわり!!!
ありえない。
それほど美味かったです。

まあほかにもおいしいカレーの店、ありそうです。

次に、外国人墓地で見つけたもの。

DSC_0264

このステッカー。比較的、いくつか見かけました。

DSC_0265-2

日本人が作った日本製のお墓です。
良い品物です。

ということでしょうか。

DSC_0360-2

同じく、外国人墓地で見つけた
十字架が彫刻された、五輪塔。
神仏習合もここに至れり、という感じ。
キリスト教徒仏教の融合。

さすがに横浜ですね。

 

DSC_0340

丸太の十字架を模した石のお墓。
かなりややこしいですが、
丸太の十字架に見えます。
かなりの苦心の作、と見えます。

DSC_0157

西の桂離宮、東の三渓園と言われる、三渓園のお庭。
ホントに素晴らしい眺めです。

 

DSC_0142

その三渓園にあった見たことない庭灯ろう。
何という形なんでしょうか?
変わってるな、、、中華型?

 

DSC_0189

その三渓園にあった半跏思惟像(??)
もしかして、弥勒菩薩??

三渓園でも一日楽しめそうです。
見事です。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0011

かなりしっかりとお墓建ててます。

晴天が続いております。
有難いことです。
但馬では、他の季節では
まずないな。(^_^;)
初夏のこの季節のみです。

DSC_0011

小さいけど、コウノトリが三羽います。
ホントは8羽くらいいたんですが、
なんだか最近コウノトリが騒がしい。。。

但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、大北です。
基礎コンクリートを施工しました。
疲れた~~

久しぶりの1立米のコンクリートです。
軽トラックなら3回分。
コンクリートって重たいんですよね。

DSC_0007

平均20センチの厚み。
スランプは21センチ。
けっこういい配合だと思いますよ。

でも、忙しいのと
最後まで休憩できないので、
大変です。

その後、追加彫工事も。。。(^_^;)

DSC_0005

16年前に私が作った五輪塔です。

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q231~自分の宗派が分からない時。お墓を見たら。。。③真言宗

 

① 正面に彫刻してある文字

普通は、
「〇〇家之墓」が多いと思います。
まれに、
「南無大師金剛遍照」と刻む時があります。

お墓の頭には、
ア(大日)
大日如来を現す「ア」の種字を刻みます。
主に、戒名を彫刻した夫婦墓などの場合。

②お墓の形は

五輪塔はもともと真言宗のお墓なので良く建てられています。
彫刻する文字は必ず「悉曇文字」(梵字)で彫刻します。

20160502180712590_0001.tif

ちなみに、五輪塔の一番下の地輪の梵字と
石塔の頭に彫刻する大日如来の種字となる文字は
同じ文字です。

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q168~門徒のお墓は五輪塔を建てない?

建てません。

P1000220

まず、梵字を使いません。
ので、密教の色彩の強い五輪塔も建てません。

本来、五輪塔は密教的色彩の強いお墓です。
その中に収納すれば、極楽浄土に往生できます。
という意味合いのお墓が五輪塔です。

浄土真宗の教えとは相いれないので、五輪塔は建ててはいけません。
ただ、それを踏まえても、建てられる例があるとは聞きますが。。。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q111~灯ろうの火袋ってなに?

灯ろうの各部材の名称は以下の通りです。
(私が普段使っている名前なので、地域によって、石材店によって違う
可能性があります。ご了承ください)

丸墓前灯ろう、ですが、角も基本的には同じ名称です。

DSC_0130 - コピー

これって、何かと似てませんか??

。。。

そう、五輪塔です。

DSC_0178

五輪塔もそれぞれの部材をこのように呼びます。
五輪塔はそれぞれ意味のあるものが意味のある順番に並んでいます。
しっかりした根拠はわかりませんが、
五輪塔と形状が似ていたので、
同じような名前を付けたんではないかな、と思います。

その中で、火袋です。
これは五輪塔にはないですが、
水輪の「水」が「火」になったんではないかな、と思います。

火袋はその名のとおり、
ロウソクの「火」を入れて、
それが消えないように囲う部材です。
いうなれば、灯ろうの中で最も大切なものです。

火を中に取り込むので、
「火袋(ひぶくろ)」なのではないかと思います。

 

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」