Tag Archives: 和型のお墓

Q139~両家墓の形はどんな形があるの?

形が決まっているわけではないです。
それぞれ、自由に作られているのですが、
4つのグループに分けられそうです。

最初の3つは基本的に和型。
そして、4つ目はデザイン墓が多いですね。

 

① 完全分離型

墓地は一つなんですが、一区画を二つに
分けてしまって、完全に別のお墓になっている場合です。

完全分離型のお墓はこちら。

 

② 墓地共有型

墓地は一つで、一つの墓地に二つのお墓を建てます。
仕切りなどで分けてある場合は①に分類します。

墓地共有型のお墓はこちら。

 

③ 墓石共有型

墓地は一つ、墓石も一つ。
その墓石に二つの家名が彫ってある場合です。
その方法はいくつかあるようです。

墓石共有型はこちら。

 

 

④ ニューデザイン型

デザインから全く新しい形のお墓です。
洋墓のオーソドックスな形のお墓の場合も含めます。
ただ、両家墓なので、普通のデザインとは違います。

ニューデザイン型はこちら。

 

 

それぞれ、詳しく見ていきましょう。

◇ 「両家墓」目次ページ ◇ (この記事です)
○ 「完全分離型」墓地
○ 「墓地共有型」墓地
○ 「墓石共有型」墓地
○ 「ニューデザイン型」墓地

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

和型のお墓のサイズ比較

こんにちは。
但馬、豊岡のお墓と石材のプロ、おおきた石材です。
旅行帰りでいろいろ書きたいことがありますが、
一番記憶に残っているシーンは、
朝日、です。。。(^_^;)
同じ日本海側なのに、すごく天気が良かったです。

DSC_0021

朝日に映える「えちぜん鉄道」、素敵でした。\(^▽^)/
また行きたいな。芦原温泉。

ところで、
お墓のサイズってなかなかわかりづらいものですね。
すぐにイメージできにくいですね。
私も最近、和型のお墓でサイズの説明をするとき迷う場面があります。
なので、
比較するための写真を用意しました。

一番良く使うサイズを用意しました。
<9号2重台(神戸型)>

DSC00175

私の身長は172センチくらいなのですが、
だいたいわきの下から肩くらいの高さです。
<9号三重台《オリジナル型)>

DSC00181

だいたい、160センチ位かな。。。
耳かそれよりちょっと高いくらいです。

 

<10号三重台(神戸型)>

DSC00146

ほぼ、私の背丈くらいです。
豊岡では基本的な大きさになります。
つくられる石屋さんによってはもう少し背が高くなります。
芝台の高さがもう少し高くなります。

 

<11号三重台(神戸型スリン付)>

DSC_0306

最近では、大きいサイズですね。
水鉢が一人で動かすのが難しくなります。
持ち上げるのは私にはちょっと難しいかも。
スリン(丸い座布団のようなもの)が付いているので
標準より多少、高くなります。190センチくらいあるかな。。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」