Tag Archives: 地刺し香立

新墓左

地刺し香立、花立の使用レビューを頂きました

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。

台風接近中です。
今夜、但馬地方に最接近の予定。
消防団出動とならないように祈っておりますが。。。

まずは、晩御飯の買い出しをして、午前中で帰宅します。
みなさんも雨と風、気を付けてください。

 

 

お盆前に、ネット経由で、お墓の前に地面に差すタイプの
花立と線香立が欲しいとご要望、ご注文を頂きました。

DSC_1121

これですね。
川本商店さんの商品です。
これの使用レビューを頂きましたので、ご紹介します。

 


 

 

(以下、メールより転用、一部修正済み)

大北さん;
横浜在住のMです。
昨日、静岡県の先祖の墓(旧墓)と、父・母・兄の入った墓(新墓)へ、秋の墓参・清掃に行きました。
貴兄から購入したステンレス花立、香立を持参し、古くボロボロになったプラスチック製と交換しました。
貼付写真をご覧下さい。
光を浴び、輝く様は、見事の一言です。これを見た方々は「どこで購入したのだろう?欲しいな!」と、さぞ思われる事でしょう。
以下に、使用した時の感想を記述します。
① 花立、香立共に石混じりの地面にも、差す事が出来る→ステンレス製で、斜めにカットしてある先端が有効である。
② 花立の直径・差す部分の長さは丁度良い→香花(仏式いわれと臭いを好まない)ではなく、榊を供えたが、榊には丁度良い直径・長さである。花でもOKと思う。入れられる水量も丁度良いであろう。
③ 香立の下の穴は”秀逸”である。線香が速く・完全に燃えるので、以下の近在住居に対する煙公害・火災恐れの点からも、安心である。
④ 香立の直径はやや太い→1束線香を差すなら良いが、私は10本以下で、少量ばらに分けて差す為である。近在住居に対する煙公害・火災恐れの点から、線香を差すのは、少量になって来ている。
⑤ 外見が見た目に直感で、花立、香立区別か解り難い→香立に水を入れてしまう可能性がある。乾くまで暫くは、線香を立てられない。直径・デザイン・色などで区別が付けば良い。しかし量産し、安価に提供する為には、やむを得ず妥協すべきか。
以上の感想となります。
(以上、メールより転用、一部修正済み)

旧墓左
はじめてお墓を拝見しましたが、いいお墓ですね。
左奥の庭灯ろうと思しき灯ろうがいい雰囲気を醸し出していますね。
丸い火袋に六角?の笠。
「雪の朝形灯ろう」とか呼ばれる形ですかね。
あまり庭灯ろうは詳しくないので。。。
花立と香立、一つずつ立っております。
新墓左
このお墓のように、花立とか香立がないお墓の場合、
このように地刺しタイプの香立や花立、いいと思います。
花立だけならもう少し太いタイプもありますが、
今回はお施主様は見た目でこの花立と香立が対になったタイプを選ばれました。ステンレス製で、下も尖ったタイプなので、
地面に差しやすいですね。DSC_1122

地面に差して使いたい方には最適な商品だと思います。
細かい砂利などのお墓にも使えますね。

ご興味ある方はぜひお問合せ下さい。

 

◇ お問合せ先はこちらです。問い合わせリンク

◇ お電話でも受け付け中おおきた石材店フリーダイヤル

※ 直接、スマホに繋がります。
運転中、作業中で電話に出られない時がございます。
その際には、時間をおいて、再度お電話いただければ幸いです。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_1121

はじめての花立、線香立

DSC_1098

ネットからのお問合せで、かなり久しぶりに使わせてもらいました。
花立と線香立です。
オールステンレス製で、地面に突き刺すタイプのものです。

7組14個、ご注文頂きました。
歴史あるお墓はご先祖様のお墓がけっこうあるので、
たくさんいるんですよね。

 

DSC_1121

この節(ふし)のようなものが上にあるのが、香立。
下にあるのが花立です。
この節(ふし)の部分に底(つまり節)があるので、線香は下に落ちない。
花立は水が溜まるという設計です。

 

DSC_1122

このように、斜めにカットしてあるので、地面に突き刺しやすいですね。
簡単に突き刺せると思います。

DSC_1123

どちらも外径は同じです。
そこが見えているのが香立。底の浅いものです。
香立には、燃えた灰が落ちやすいように、横穴が開いています。

 

【欠点】

◆ 香立はいいのですが、
花立にしてはやや細身なので、あまりたくさんお花を差せないかもしれない。

◆ 水が入る部分が少ないので、花が枯れやすいかもしれない。

 

【利点】

◆ プラスティック製のもののように何年かに一度新しいものを用意しなくても大丈夫です。
ほぼ永久的に使えます。

◆ お手軽で、コンパクトなので、お手入れがしやすい。

◆ 細身なので地面に差しやすい。

◆ ステンレス製なので、地面に差すとき、先が摩耗しにくい。

◆ 花立、香立が同じ形状なので、セットで使うと見栄えがする。

◆ 細身でかさ張らないので、洗う時、持ち帰る時、持ち運びがしやすい。

 

などが、今考えられる特徴ですね。

なお、コンクリート、固まる土などの一部の【防草工事】をしたお墓には
基本、利用できません。

 

気になる方、一度お問合せ下さい。

お問合せフォームはこちら→→→お問合せフォーム

 

ちなみに、1セットのみ、在庫しております。
それ以外には注文、到着に数日要します。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」