Tag Archives: 埋葬

illust3803

Q261~埋葬、埋蔵、収蔵の違いって?

いずれも法律用語としての使い分けの仕方です。

illust3803

 

お墓の唯一の法律、
「墓地、埋葬等に関する法律」略して「墓埋法」とよく呼びますが、
昭和23年に制定された非常に古い法律です。
なので、今の実情と違うことが常識として基本にあります。

まず、「埋葬」とは
埋葬とは、実は、土葬、つまり亡くなった人を墓地に穴を掘って、
(いわゆる「墓穴を掘る」、というやつですね。。。)
その穴に遺体を埋める行為、を埋葬といいます。

今では、ほとんど行われない行為です。
日本では現在、95%以上の火葬率なので、土葬はごくごく限られた地域で、
極まれに行われている可能性がある、程度の確率です。

どうしてこれほど火葬が増えたか、という理由は、公衆衛生上の理由ですね。
おそらく。
それと墓地、埋葬(蔵?)のコンパクト化も同時に可能なので、後押しした可能性は高いかと。

 

では、「埋蔵」とは?
これは具体的なものは差しません。
何かを土中に埋めておくこと、その状態。
埋蔵金とか埋蔵量とかと使いますよね。
では、火葬した焼骨をお墓に納める場合は??

正式には、「火葬した遺骨の埋蔵」と使います。
「(墳墓への)焼骨の埋蔵」が正しい法律の使い方。
でも実際は、「埋蔵」とは、「焼骨を墳墓(お墓)へ納めること」と
解釈してもいいのではないかと思います。

最後に「収蔵」とは?
これはわかりやすいですね。
納骨堂に遺骨(焼骨)」を安置する行為です。
永代供養墓もこれに含まれる可能性が高いですね。
土中に収蔵ではなく、個別にスペースのあるタイプの永代供養墓なら、
「収蔵」と表現していいのではないかと、思います。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
a0960_007552_m

Q260~お墓の意味って何?(トリセツ⑧)

a0960_007552_m

お墓の意味には、大きく3つの意味合いがあると思います。

① ご遺骨の収蔵装置、としてのお墓

人は死ぬと、魂(こん)と魄(はく)に分かれる、といわれております。
それは以前にお伝えしました。

(→お墓と仏壇、どちらが大事?

つまり亡くなった後、仏壇には、魂、たましいがお祀りされるんですね。
でも、魂は見えない。
なので、信心深いおじいちゃん、おばあちゃんは
当時のご住職に、ことあるごとに教えられ、諭され、
お仏壇の意味を身をもって知っていたので、
大事にされてきたわけです。

でも、その子供、孫たちは、そういって教えてくれるご住職もいませんし、
おじいちゃんは亡くなっていて教えてくれません。
なので、
否応なく、仏壇の意味合いが分からなくなってきているわけです。

なので、
「仏壇、一番安いものでいいんじゃない?」
「いや、むしろなくてもいいんじゃない?
何年かに一度、法事の時、お寺さんが拝むだけなんだから。。。」
ということになりかねないわけです。

そして、お墓。
お墓はご遺骨を収蔵する設備、というのが第一義です。
つまり、魄、つまりお骨を納めておく場所なんです。
なので、非常に分かりやすい。
実際に亡くなった人の一部ですから。
その大事なお骨を収める場所、お墓ですから。
なかなか「なしでいい?」
とはなりにくい。
でも、最近お墓以外に埋葬、埋蔵、収蔵されることが
あります。
散骨、樹木葬、海洋散骨、永代供養墓、など。
でも、これらも
火葬大国、日本ならではですね。
全体の95%以上が火葬される日本だから、
こういった供養方法が起こるのであって、
土葬が大半のアメリカなどはほとんどこういう葬送はない、
のではないかと思います。
もちろん、土葬なら今の巨大な家墓も建てることも難しいですが。

第一義として、
お骨の収蔵施設としてのお墓の意味、
これは誰でもよくわかる大事な意味合いだと思います。

次に、

② 死者との対話の対象としてのお墓

ですね。(続く)

 

お墓って何?①~遺骨の収蔵施設(←この記事です)
お墓って何?②~死者との対話の対象
お墓って何?③~お墓参りの効用

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
おぼうさん3

Q242~土葬って出来るの?

法律的には禁止されていません。
が、ほぼできません。

おぼうさん3

まず、霊苑と呼ばれる施設、市営、民営、などを含めて
火葬後の焼骨の収蔵、または埋蔵を前提に作られています。

物理的に土葬できるだけのスペースがありませんし、
土葬自体を禁止している施設が多いと思います。
また、具体的に禁止してなくても、
周囲の墓地使用者から反対されることは間違いないし、
管理者からやめてほしいという要請は必ずあるでしょう。

田舎の墓地、野墓地とかみなし墓地の場合、
可能な場所はあるかもしれません。
しかし、具体的に行う場合、
埋める穴は1.5m以上深い穴が必要で、
その穴掘りに協力していただける人を探すのが困難では?
おそらくですが。

また埋葬自体も行為も一人では不可能で
色々と難しいと思います。

まとめとして、
法的には可能ですが、
物理的には難しいと思います。

ただし、

現在も慣習として、土葬をしている地域があるなら、
全く別です。
そんな地域があるのかどうかも知りませんが。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q025~ペットの遺骨は一緒に納めていいの?

基本、ダメだと考えて下さい

市営霊苑なども基本、ダメだと考えてください。
問い合わせても、そう言われると思います。

また、寺院墓地の場合はもっと困難だと思います。

周囲の墓地使用者への配慮、仏教的教義の問題だと思います。

逆に、ペットなどは遺骨、遺体の埋葬に関する法律
「墓地、埋葬に関する法律(墓埋法)」には該当しません。
ので、ご自分の自宅の庭等に埋葬されたりすることは違法ではありません。
でも、くれぐれもお伝えしますが、
近隣周囲で不快に思われる方がいらっしゃるかもしれませんので、
十分すぎる対応をお願いします。

一番いいのはペット霊園などに埋葬することがいいのかと。
ペットと一緒に納められる霊園があればいいのですが、今のところ但馬には
まだ聞いたことがないですね。(私の知識不足かもしれませんが。。。)

以上はあくまで、原則です。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」