Tag Archives: 基礎のないお墓

IMG_20181219_140934

【基礎がない墓地】は沈みますし、傾きます

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のアドバイザー@1級お墓ディレクターの
おおきた石材店です。

 

豊岡市と一言で言ってもけっこう広いもので、
面積としては、兵庫県内では神戸市、姫路市を抑えて第一位の広さです。

なので、豊岡市は地元ですが、お墓を建てる工事にあまり行かない地域もあります。
その中の一つ、豊岡市出石町に工事に来ています。

かなり古い、といっても20年前後だと思いますが、墓地の区画で、
ずいぶん傷んでいるな、って思ったら、

すっごい沈んでました。(涙)

IMG_20181219_095509

石の厚みが5寸(150ミリ)くらいあるので、おそらくですが、
約100ミリくらい沈んでますね。左側の石。

写真は4つのお墓の境界部分で、右下の基礎コンクリートが見えている部分が
工事している墓地です。

何しろ、埋めた土地(真砂土と粘土質の土で、どんどん沈んでいく土質)
に基礎もせずに、延石が据えてあるので、沈むのは火を見るより明らか。

IMG_20181219_133351

手前の金具が止まっている石が、施工しているお墓です。
隣の延石と共用となっているのですが、お隣のお墓に
お断りを入れて、延石を新しいものに。
磨き加工しているので、汚れは付きにくいはずです。

IMG_20181219_133343

石垣の上に載っている、延石。
下の石垣にアンカー穴をあけて、固定。
これで、外れやすい手前の境界の石もしっかりと固定できました。

 

反対側から見たら非常にわかりやすい。
写真中央上のまっすぐの石が今回取り換え交換した石です。
それにつながっている手前(中央下)の一段下がっているように見える石が
現状、沈んでしまった石です。

IMG_20181219_140934

これだけ沈んでしまったんですね。
お墓の外周はすべて、石垣石が積んであるので、ほとんど沈みません。
真ん中部分だけ、激しく沈むので、このようなすごい高低差になるのです。

でも、外柵(境界の石)だけならいいのですが、
お墓も同様に傾いております。内緒ですが。。。

IMG_20181219_140915

4つに区切られた墓地のうち、施工している墓地は右下。
それ以外の3つの墓地はそれぞれ、多少真ん中方面に傾いてしまっています。
地盤(埋め土)ごと、沈んで、傾いてしまっているんですね。

IMG_20181219_140915-2

 

こういう埋め立てした墓地は特に、このような、基礎コンクリートはしっかりと
設置すべきですね。
このサイズ感のお墓は、傾いたらプロの石屋さんでしか、直せません。

基礎のない墓地は、小さめがおすすめです。

 

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
dsc_0074

3年でリフォームしなくてはいけないお墓をリフォーム。

ケガしても、仕事を休むわけには行きません。
今年もあと2か月を切っておりますので。。。

但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店、カズ(stoneman-ohkita)です。

先日下見した、このお墓。

dsc_0013

「3年でリフォームしなくてはいけないお墓」
の工事、始めました。

でも、予想外に
酷い状況。。。

 

dsc_0070

予想通り、基礎コンはなかったんですが、
採石をひいただけ。。。
その上に左右2カ所、パサをひいて、そのまま施工です。
しかも、金具もなし。
これでは動くよね。。。。(^_^;)
さらに、下地はもともと畑なので、
バールを垂直に押し込むとどこまでも入っていきます。
これで、基礎がないなら、動かないのが不思議なくらい。。。(^_^;)

dsc_0074

延石を動かした状態。
グレーの部分がパサ。
その手前と奥には、採石が見えております。
つまり何もしてないということですね。
灯ろうの下地、コンクリートが入っているかのように見えますが、
境界の石の隅のみ、モルタルが入っております。
その奥は、何もない、土。

dsc_0093

このように、合場には、申し訳程度に
弾性接着剤がついておりますが、
この程度の量、厚みでは、全く効果がありません。
しっかりと3ミリ程度、厚みを付けないと
接着効果が発揮できないのです。
量も少ないですね。

塊のように丸い団子状に塗った方が効果が高いということです。

dsc_0098

運よく(?)基礎に使ってあるブロックはかなりしっかりしていたので、
この上から、施工し直しです。
(このブロックまでも適当な施工なら、大幅な見積変更の可能性もあったんで、
一安心。。。)

 

dsc_0113

 

副碑もこの通り。。。(^_^;)

下はスカスカです。。。

さて、急いで補修していきます。

 

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0068

Q237~お墓じまいの費用に影響する4つの事③基礎

基礎コンクリートってあるのが当たり前になりつつあります。
最近のお墓では。

でも、ちょっと前までは、基礎コンクリートのないお墓は普通でした。
おおきた石材店でも私が仕事に就いた頃は、
基礎コンクリートをしないお墓、建ててました。

むしろ、お墓に基礎コンクリート??
そんな大げさな!!
という感じでしたね。

最近でも高齢の施主様は
「へ~、そこまで丁寧にするのか??」
「家と変わらんね?!」などとおっしゃる方もいらっしゃいます。

但馬地方、特におおきた石材店では
お墓に基礎コンクリートを使うようになったのは、
私が仕事を始めて以降(20年経過してません)。
お墓にベタ基礎をするようになったのは、
ごく最近、5年くらいでしょうか?

DSC_0068

なので、
お墓じまいさせて頂くお墓のほとんどは
基礎工事がほとんどなされていません。
ホントに僅かです。
石の下に申し訳程度、コンクリートが使われている、
くらいが大半です。

でも、今後はそうはいかないでしょう。
写真のようなベタ基礎のお墓は
その解体だけでも、電動ハツリでは到底、歯がたちません。
解体屋さんが使うエアのハツリが必要になってきますし、
時間もかかるでしょう。
どこまで外すのか、という問題もありますが、
今後は、お墓じまいには費用が掛かるようになってくるでしょう。

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

基礎のないお墓って

face_obaasan_cry

以前も、アメブロで書きましたが、
基礎のないお墓、但馬ではたまにあります。

いや、それがダメだって言いたいのではないです。

例えば、野墓地、隣と境界のないような狭い区画の墓地などでは
仕方ないのかもしれません。
但馬にはまだまだあります。

山の中、山中に建てるお墓は、周囲にはお墓がなければ、
問題ありません。
そのお墓だけの問題ですから。

地震が少ない、それから
墓相という考えのお墓がある。
そういう地域性を考えて、基礎のないお墓は
ダメだとは言いません。

でも、隣のお墓工事に支障が出るんです。
それはだめでしょう。

隣のお墓と境界が接しているお墓が問題なんです。
豊岡市営霊苑のなどの場合、
隣に基礎のないお墓が建ってしまっている場合、
その隣にお墓を建てようとした場合、
基礎工事のための根切掘削が、出来ない、ということがあるんです。

DSC_0039

このように、モルタルのみで施工してあって、
基礎がないお墓。
しっかりと根切りができません。

◇ 根切りとは ◇
お墓の下に入るコンクリート、それから栗石などが
すっぽり入るように、地面の土を掘り返すことです。
栗石が10センチか、その上のコンクリートは20センチか、
じゃあ根切りは30センチ掘らないと、という風に深さを決めます。

 

はみ出したモルタルもとってしまうと隣のお墓の外柵が
ずれそうなので、最低限は残さないと不安になります。

「そんなのそっちの石材店と施主の責任なんだから、
しっかりと説明して、取ればいいんだよ」という意見もあります。

でも、おそらくそのお墓の施主さんはそんなことは知らないと
思いますし、不具合が出るのは、納得できないと思います。

本来は、管理者、こちらの施主さん、隣のお墓の施主さんが立ち合いの元、
モルタルをカットして、取り除いて、新たに基礎工事を続けるというのが
”本筋”でしょう。

本来20センチの根切が必要だとなっても、このような状態なら、
20センチはできません。
そのあとの栗石敷設後の転圧もまともにはできません。

このあたり、ルール作りをしてもらわないとダメなんじゃないですかね。。。

前からずっと気になっていた問題ですが。。。

       
◆ おおきた石材店が選ばれた理由を掲載・・・  【お客様の声】

◆ お墓の値段、サービスを随時更新中・・・  【メニューページ】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」