Tag Archives: 墓相墓

a1820_000015_m

お骨が土に還る構造のお墓とは?

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店の大北和彦(stoneman-ohkita)です。

昨日は、現代のお墓では、ご遺骨は土に還らない、という記事を書きました。
(こちらですね。「お骨は土に還る??」

 

「じゃあ、大地に帰りたいという親父の遺言を尊重するにはどうすればいいんだよ!!」

ojisan2_shock

「お骨がお骨のまま残るなら、大地に帰れないってことだよね。」

まあ、そうなりますかね。
少なくとも、ご遺骨はなかなか普通のお墓では、土に還りにくいですね。

納骨したご遺骨の上から土を被せる、などの方法を取れば、違うのかもしれませんが、
それにしてもそういうこともなかなか難しいですね。

さて、ではどうしたらいいのか?

 

穴を掘って、土中に埋めるという行為が必要なのです。

 

普通のお墓では、穴を掘るという行為が難しいんです。
お墓の内部は、完成された狭い納骨スペースです。
そこを掘るのは、非常に困難を極めます。

実は、そう言うことができる埋葬システムがあるんです。

一種のお墓です。
かなり普通のお墓とは違いますが、あります。

ズバリ、それは、
「墓相墓」です。

DSC_00281-500x281

こういうお墓です。
昔、私がまだ未熟な頃(この業界に対してですよ。。。)

「なんだ、このお墓。変なの。。。(^_^;)」
とか思ってたんですが、
実は、非常に計算しつくされた、理にかなったお墓なんです。

今、普通に見かける代々墓のようなお墓は、
建てる石屋さん、
依頼する施主様の都合の良い形になってきています。

でも、この墓相のお墓は、

〇 「お墓とは、ご遺骨を収蔵し、土に還し、また新しいと遺骨を受け入れて、
同じように、収蔵し、土に還す」というお墓本来の機能。

〇 ご遺骨一柱、あるいはご夫婦のご遺骨それぞれに印としてのお墓を建て、
その聖地には、立ち入らずに、外からお参りできる構造。

〇 一目で、誰が入っているのか、誰と誰が夫婦で、誰が誰の子供で、といった
この家族の構成が一目でわかる構造。

〇 お墓の外と内をしっかりと切り分けて、聖と俗を分離した構図。

など、様々な仕組みが整って、完成された納骨システムとなっています。
DSC_00411-500x281

このように赤枠の部分に家族のご遺骨を収めて(実際に遺骨を埋葬する部分)
右のお墓が建っている部分で、その亡くなった家族を祀っている(聖なる場所)
その両方は、石で区分けする(青の矢印)ことで、
「俗」なる外と隔てている。

で、なおかつ、

赤枠の部分は、穴を掘って、その中に埋蔵(土中に埋める)することで
ご遺骨を土に還す(大地に返す)構造になっているので、

お墓本来の意味の一番大切な部分の一つ
「ご遺骨を大地に還す」ということが可能なお墓、となっているんですね。

 

あ、でも墓相のお墓を建てようというお勧めではありません。
こういう構造のお墓もありますよ、という紹介でした。

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
img_20161010_072231

墓相墓について考える②

おはようございます。

但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。

img_20161010_072231

裏の堤防もすっかり草が刈り取られ、きれいになりました。
秋の気配、濃厚ですね。
もう、夏はどこかへ行ってしまったのかな。。。

 

と、感傷的になる暇もなく、

地元の秋祭りの準備が始まります。

img_20161009_105211

本殿のしめ縄も編み上げ、
飾り付けました。

 

img_20161009_105632

素人にしては、まずまずの出来栄えではないでしょうか。

img_20161009_112534

大鳥居のしめ縄も取り替えて、
心機一転。

 

img_20161009_112953

週末の秋祭りに供えます。

さて、本題ですが、
昨日の続き、「墓相墓」について。

いろいろな制約があり、
墓地の狭い墓地では建てることが難しいお墓ですが、
田舎では、比較的広い墓域がありますので、
広さの制限がすくないですね。

石材店としての立場で言えることは、

① お墓の石の量が少ないし、一つ一つのサイズが小さいので
施工、加工が容易。

② 規格が統一されているので、どんな石でも図面さえあれば作れる。
また、サイズが小さいので、今まで使えなかった石でも使える。

③ コンクリート、金属を使わないのがルールなので、コンクリート工事をしません。
これは批判があると思います。
ただ基礎工事を全くしない、ということではなく、
最低限の基礎工事は当然します。

④ またお墓自体が小さいので、普通のサイズのお墓より地震には強いです。
墓地全体の面積に対して、その上に載っている石の設置面積が小さく、
量も少ないので、設置圧も少ない。ので、地震等にも強いといえるでしょう。
また、倒れても自分でも起こせるサイズなので、応急処置が容易。

(※ ただ実際、倒壊したお墓は危険です。必ず専門の石材店に依頼してください。)

⑤ 日本には、古くから両墓制という伝統がありました。
ご遺骨は山の中の専用の土地に埋葬して、別のお参りしやすい場所に
「参り墓」を作って、お参りにはそちらへ行く、というものです。

「墓相のお墓」はその方式に則って、埋める墓と参る墓を分けています。
これは、お墓を建てやすい、という側面もあります。
ご遺骨を除いて基礎工事をして、その上にお墓を建てるというのは、
なかなか建てにくいからです。

 

それ以外にも、「国産の石に限定」だとか、いろいろルールがあるのですが、
私が一番気になっているのは、

「立ち姿」です。

それぞれ、墓地によって、一般的なお墓の姿というのがあります。
市営霊園などは、変わったデザインの変わったお墓。
隣とは違うお墓、違うデザインが主流です。
寺院墓地では、和型が主流ですね。
地域の共同墓地もまだ豊岡では、和型のお墓が主流です。
そういった、その墓地にふさわしい、合ったお墓ってあると思いますが、
其れから見たら、かなり独特なお墓は時として、周囲から浮いて見えます。
それはどうかと思うことも多くあります。

常に、どの墓地でもふさわしいデザインだとは、思っておりません。
でも、とにかく石を大量に使ったお墓もいいですが、
このようなシンプルなデザイン、時としていいんじゃないですかね。

背が高くて、巨大なお墓
と、
シンプルで、形が決まっていますが、
背が低くて、様式美のある墓相のお墓。

その立ち姿って悪くないな、って思うんですが、いかがですか。

私は墓相のお墓をお勧めしようとしているわけではありません。
非常に高額な墓相墓。
それは、お勧めしませんが、
その墓相墓の形っていいと思いませんか?と言いたいわけです。

墓相墓ではない、墓相墓に似た墓。
「なんちゃって墓相墓」と私は言っていますが、
それをお勧めしております。

と、ここまで書いてきて、
この「墓相墓」(なんちゃって墓相墓、ではなく本物の)に
大変な事態が起こっております。

明日は、そのことを書きます。

(マニアックすぎるかな。。。)

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0149

墓相墓について考える

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。

すっかり秋、という天候になってきました。
今日は日曜日ですが、神社のしめ縄つくりをします。
来週の祭りに向けて、しめ縄8本を新調します。
雨降りですが、頑張りたいと思います。

さて、墓相墓ってご存知ですか。
こんな形のお墓です。

DSC_0149

このように、ある程度の広さのお墓を石で区切って、
小さな形が同じお墓をいくつか、設置します。

 

基本的にご夫婦、二人のお墓となっております。

 

DSC_0153

そして、基本的には、墓地内は神聖な場所なので、
立ち入りません。
もちろん、掃除の時や、納骨の時は入らないと仕方ないのですが、
お参りは、上の写真のように、墓地の前の部分から花を供えて、
線香を建てて、お参りします。

「墓相のお墓」って実は非常に一部で評判が悪いんです。
なぜか。
まず高額。
他のお墓よりも高額です。
(ほとんどの場合。例外もあるとは聞いておりますが。。。)

そして、
自分の自由になる部分が全くありません。
全て、形、サイズ、構成、どこに何を置くかまで
決まっております。

そして、もう一つは、
石材店が考えたお墓だからです。
おそらく、これは事実関係は知りませんが、
間違いないでしょう。

なぜなら、
お墓建てやすい、
お墓作りやすい、
しかも、
理にかなっているお墓だからです。

少なくとも、お墓を建てるものの意見が多く反映されている
お墓である、ことは、間違いありません。

そのあたりを何回かに分けて、お話しします。

まず基本的な部分、
お墓の構造を説明します。

※注意
この記事は墓相のお墓の全てを書いているわけではありません。
それぞれの意味合いも違うことがあります。
なので、
本来の墓相のお墓とは、違う説明があるかもしれません。
ご容赦ください。

墓相のお墓は、ある程度の広さがないと建てることができません。

下の写真のお墓は、間口と言って、お墓の正面に立って左右の幅が
約2.5~3メートル、奥行きが約3~3.5mくらいだと思います。

DSC_0149 -2

正面に、クリ段と言って、曲面を利用した階段状の入り口があります。
(青の文字)

そして、
一番外の外周に境界の石があります。
その中に、さらに、お墓の外枠の石があります。
二重構造ですね。
(黒の文字と赤の文字)

その外枠より手前に花立が一番外側に一対。
その中にロウソク立が左右に一対。
一番中に香立が一対あります。
ここから、お参りします。

中の土は、草が生えにくいように、特殊な土が入っています。

必要なものがすべてそろっていて、
無駄なものが一切ない、という感じです。

この墓相の墓は、全体で一つの家の家族、ご先祖、全てを表しています。

DSC_0149-3

赤字の五輪塔という供養塔が向かって右奥の隅に建っております。
この家の基本、基準ですね。
この五輪塔は必ず建てます。

その左隣にこのお墓の継承者のお墓。
ご夫婦なら、夫婦墓として、二人正面に戒名が刻んであります。
独り者なら、一人だけ、刻んであります。
この左隣に、その次のお墓の継承者のお墓が建ちます。
そして、
手前の右側。
お地蔵さまが向かって左向きに建っています。
このお地蔵さまは、この家に生まれて幼くして亡くなった人を
祀っております。
昔は子供がたくさん亡くなったのでね。

そして、
何も建っていませんが、向かって左手前、緑の四角い枠の部分は
家の継承者ではないのですが、
成人した後、この家で亡くなった人を祀る場所です。

継承者の兄弟で、結婚しなかった人、
継承者の叔父叔母で他に祀る場所がない人、
継承者の親族で他で祀る場所がない人、

継承者の姉妹で、婚家から何らかの理由で帰ってきた人なども
ここで祀ります。

どうでしょう。
この家にまつわるすべての人を祀れるように、
必要なものがすべて備わっている。
「墓相墓」は非常に考えらえて作られている、
とても、行き届いたお墓なのです。

しかも、
墓相墓のすばらしさはこれだけではありません。

(つづく)

 

 

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

墓相墓にもいろいろありますが。。。

但馬、豊岡のお墓のプロ、大北です。

今日は2度目の更新です。
暖かくなってきて、お墓工事のお問い合わせがだんだん増えてきました。
春はお墓建てる絶好の季節ですよ。
ぜひ、お問合せ下さい。

さて、墓相のお墓です。
実は、あまり詳しくないので、間違ったことがあるかどうかも
分からない部分があるのですが、ご容赦ください。

で、下のお墓。
非常に普通の墓相墓です。

最も伝統的な「墓相墓」だと思います。

DSC_0043

でも、墓相墓は場所を取るので、2区画を利用されています。
一区画では狭い、ってことなんでしょうね。

DSC_0041

こちらも、花立が先ほどの墓相墓とは違いますが、
間違いなく、「墓相墓」です。
石は、北木石です。

 

DSC_0041

墓相墓の特徴として、

① 右奥隅にある五輪塔は普通のお墓より台も多少大きくて、背も少し高い。
② 墓地区画の外に、外部とを仕切る境界の石がある(青の矢印の部分)
(いわゆる外柵とは別で、二重に外柵があるように見えます)
③ 墓地区画内に侵入しないで、お参りできるように、入り口付近正面に
ロウソク立、香立、花立が設置されている。
(墓地区画内は神聖な場所なので、土足で侵入しないように)
④ お参りするお墓と遺骨を埋葬する場所を分けてある
(赤で囲った部分に遺骨を埋葬する)

などがあげられます。
④に関しては、
日本は昔、マイリハカ(参り墓)とウメハカ(埋め墓)が分かれていたので、
違和感は抱かないようになってます。
非常に考えらえたお墓の構造です。
お墓に必要なものは全て含まれていて、過不足ない。
全てが考え抜かれたお墓のスタイルですね。

ところが、最近、それをはみ出したお墓が
出来つつあるようです。

普通の墓相墓は指導していただける人があって、
ひとつの定まったサイズ、位置、建て方があるはずなんですが、
それに則らない形のお墓があります。

DSC_0051

こちらは、水子供養のお地蔵さまのみしか、建ってません。
先祖代々の供養塔がありません。

DSC_0052
こちらは、そのお地蔵様のお墓の隣のお墓。
それぞれのお墓は仕切りの外柵石はあるんですが、
その間を植栽の木で仕切られてます。
あまりこういう木は嫌うのが墓相のお墓ではなかったかな。。。
それと、
ウメハカエリアはないので、おそらくど真ん中か、
左手前のあたりに埋められるのかと。。。

墓相のお墓は移動することが前提なので、
そのお墓の下にはあまり埋葬しないと思います。
(私の予想ですが、おそらくそうでしょう)

まあ、この程度なら、許容範囲ですが、
すごいお墓が今、すごい勢いで出来つつあります。

DSC_0105

位置関係は墓相墓ですが、まったくもって墓相墓ではないですね。
五輪塔大きすぎるし。。。(^_^;)
いわゆる「なんちゃって」、ですね。

まあ、これはこれでいいんです。
普通のお墓ですから。。

でも、これは。。。

DSC_0103

いや、これは。。。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q215~おおきた石材店で見積に使う石は?⑩北木石

【北木石(きたきいし)】(岡山県笠岡市北木島産)

歴史上、瀬戸内の最も有名な石ではないかと、思います。

北木石が採掘される北木島はこちらです。
このあたりの瀬戸内は、実はたくさん石が採れるんですよね。

西には、大島石が採れる「大島」
東には、青木石が採れる「広島」
瀬戸大橋を挟んで、瀬戸内で一番有名な「小豆島」
その北となりには「犬島石」が採れる「犬島」

など、瀬戸内海の中心であるこの地域はホントにたくさん
石が採れるんです。
その中で、一番歴史があり、一番有名な「北木石」

北木石中目赤口①

独特の薄いピンクがかった白みかげ石、という感じです。

残念ながら、墓石用石材カタログには載ってませんが、
株式会社インデックス発行の
「世界の銘石」石材カタログ235によりますと、

石材物性データ

見掛け比重 2.62 t/㎥
吸水率   0.32 %
圧縮強度  147 N/m㎡
岩石分類  花崗岩

(「世界の銘石」石材カタログ235 より引用)

加工がしやすく、大材も採れるとのこと。

実は、北木石はあまり使ったことないのですが、
以前、北木石の五輪塔を見かけたことがあって、
非常に上品で、暖かい雰囲気で、素敵だなって思ったことがありました。

 

この石でお墓を作ってみたいと、すごく思いますね。
北木石の採掘元、「鶴田石材株式会社」のホームページにもデータが記載されています。

石材物性データ

見掛け比重 2.63 t/㎥
吸水率   0.23 %
圧縮強度  158.73 N/m㎡
岩石分類  花崗岩

(「鶴田石材株式会社」ホームページより引用)

北木石は非常にたくさんの建造物に使われています。
「北木石の歴史」
○明治神宮の石工事
○靖国神社大鳥居
○日本銀行本館など
明治の有名建築の多くに使われています。

余談ですが、
世間一般に言われる「墓相墓」と言われるお墓の石は
100%、鶴田石材株式会社の採掘される「北木石」だとのことでした。
それ以外の石を使って建っている「墓相墓」は偽物、だとのことでした。

いわゆる、「なんちゃって墓相墓」ですね。

嫌いじゃないんですが。。。(^_^;)

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
a0800_000784_m

「墓相墓」シリーズのまとめ

a0800_000784_m

墓相墓のシリーズ、終わりました。

ずいぶん長く書いてしましましたが、
どうでしょうか。
「墓相」という考えのお墓、少しはわかったでしょうか?

最初、墓相のお墓って、私はあまり関心がなかったです。
なんだか、変なお墓だなってずっと思っていました。
でも、ことあるごとに、接する機会があったり、
本で読んだりしてみるうちに
あることに気づいたんです。

このお墓は、ある目的のために、非常に細かく計算された
お墓だなって。

それはどういうことかというと、

「石材店(お墓を建てる人)にとって、建てやすいお墓」

ということです。

そして、お墓の持ち主である施主さんにとっても
「良いお墓」でもあるんです。
分かりやすいお墓、
建てやすいお墓、
石をあまり使わないお墓(量が少ないという意味)

いいことづくめのように見えますが、
一つだけ、欠点があります。

「けっこう高いお墓」だということ。

実際、うちのお墓は墓相墓に似て非なる、
「なんちゃって墓相墓」ですし、
正式な墓相墓を建てたこともありません。
なので、いくらくらいするのかは分からないのですが、
噂によると、かなり高価なお墓らしいです。

これをクリアできれば、すごくいいお墓なんですけどね。。。

そのあたり、4月に行います「まちゼミ」でもお話ししたいと思います。
お時間があれば、
ご興味があれば、
ご参加ください。

このブログにて、案内いたします。

◇・・・「墓相墓」の疑問記事まとめ・・・◇

①・・・墓相墓って何?
②・・・墓相墓の仕組みって?
③・・・墓相墓の疑問① いっぱいになったら?
④・・・墓相墓の疑問② 形は決まっているの?
⑤・・・墓相墓の疑問③ 地震が来たら?
⑥・・・墓相墓の疑問④ 供養塔がいっぱいになったら?
⑦・・・墓相墓の疑問⑤ 狭い墓所の場合は?
⑧・・・墓相墓の疑問⑥ どこに埋葬?
⑨・・・墓相墓の疑問⑦ ご先祖のお墓がたくさんあると?
⑩・・・墓相墓の疑問⑧ どうして小さいの?
⑪・・・墓相墓の疑問⑨ どこの石でもいいの?
⑫・・・墓相墓の疑問⑩ 浄土真宗では?

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q193~墓相墓の疑問⑩ 浄土真宗では?

浄土真宗では基本、五輪塔は建てません。
種子(?)も刻みません。

ですが、墓相墓はどうでしょうか??

本来なら、やや大きめの仏塔
(南無阿弥陀佛と刻んだ石塔)を建てて
その横に夫婦墓を建てるのが、いいんでしょうが、
戒名塔(戒名を刻んだ石塔。この場合は法名塔というのでしょうが、
そういうものはないので、戒名塔と呼びます)も建てないのが
浄土真宗です。

仏塔のみで、そのほかはすべて必要ないのが、
浄土真宗のはずです。

ですが、それでは、

墓相のお墓なのか、
それとも普通の小さなお墓なのか、
区別がつかないので、
浄土真宗でも五輪塔と戒名塔の普通の墓相墓を建てる人が多いように思います。

まとめとして、

「浄土真宗と墓相墓はなじまない」

 

のが、結論となります。

門徒の方は墓相墓は建てない方がいいんではないでしょうか?

(お墓の形のみではなく、その他、いろいろな部分で
浄土真宗と墓相のお墓はなじまないことが多くあります。
出来れば普通の仏塔墓をたてられることを
お勧めします。

 

 

※ この墓相墓の設問に関しては何らかの人にご指導いただいたものではなく、
   いずれかから情報提供いただいたわけでもありません。
   私自身が普段の仕事中の経験、書籍の内容から類推した情報をお伝えしています。
   なので、私個人の考えに基づいて書いていますので間違っている可能性もあります。
   ご指導いただくのは歓迎ですが、あくまでその点をご考慮の上、ご理解ください。

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q192~墓相墓の疑問⑨ 石は何でもいいの?

墓相のお墓は、日本の石と決まってます。
特に多いのが、
「北木石」

墓相墓の半分以上はこの石ではないでしょうか。
他にも、大島石とか庵治石とか瀬戸内エリアの石が多いですね。
外国の石はいいのか?
ダメでしょうね。
しっかりとした墓相墓なら。

でも、

なんちゃって墓相がたくさん横行しておりますので、
そちらには韓国の石、中国の石、インドの石などが
あります。

おそらく、なんちゃって「墓相墓」なんでしょうが。。。

 

 

※ この墓相墓の設問に関しては何らかの人にご指導いただいたものではなく、
   いずれかから情報提供いただいたわけでもありません。
   私自身が普段の仕事中の経験、書籍の内容から類推した情報をお伝えしています。
   なので、私個人の考えに基づいて書いていますので間違っている可能性もあります。
   ご指導いただくのは歓迎ですが、あくまでその点をご考慮の上、ご理解ください。

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q191~墓相墓の疑問⑧ どうして小さいの?

どうしてなんでしょうね。

〇・・・やっぱりたくさんのお墓を建てたいから、スペース的に小さい方が有利だから。

〇・・・小さな方が建てやすいから。石屋さんの都合だけではなく、建てやすいと施工費用も
安くで済みますよね。

〇・・・以前も書きましたが、小さいと地震で倒れても素人でも直せます。
通常の巨大なお墓は、倒れてしまったら、プロの石材店でも
クレーンがないと、手が出せません。

〇・・・墓相学的にも小さな方がいいのかもしれません。
何より、あのサイズには何か理由があるのかもしれませんが。

などが考えられますね。
他にも理由があるのかも。。。

 

※ この墓相墓の設問に関しては何らかの人にご指導いただいたものではなく、
   いずれかから情報提供いただいたわけでもありません。
   私自身が普段の仕事中の経験、書籍の内容から類推した情報をお伝えしています。
   なので、私個人の考えに基づいて書いていますので間違っている可能性もあります。
   ご指導いただくのは歓迎ですが、あくまでその点をご考慮の上、ご理解ください。

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q190~墓相墓の疑問⑦ 先祖のお墓がいっぱいあるときは?

あんまり見かけないんですが、以前からある古いお墓がたくさんあるお墓から
墓相墓にリフォームする場合。

通常のお墓の場合、寄墓っていうのをするんです。

DSC_0005-2

このように、古いお墓を一カ所に固めて、お祀りする、というもの。

墓相墓でもそのようにするそうです。

ご先祖のお墓

なんだか「両墓制」ところで書いた埋め墓に似てますね。
ご先祖のお墓とお骨を納める場所とがあるお墓もあるのかな。
(よくわかりませんが。)

とにかく、先祖崇拝から始まっている墓相墓だと思うので、
古くてもお墓をなくす、ということはしないと思いますね。

 
※ この墓相墓の設問に関しては何らかの人にご指導いただいたものではなく、
   いずれかから情報提供いただいたわけでもありません。
   私自身が普段の仕事中の経験、書籍の内容から類推した情報をお伝えしています。
   なので、私個人の考えに基づいて書いていますので間違っている可能性もあります。
   ご指導いただくのは歓迎ですが、あくまでその点をご考慮の上、ご理解ください。

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q189~墓相墓の疑問⑥ どこに埋葬?

さてさて、大きな問題です。

以前書きましたが、墓相のお墓は移動します。

移動するというのは、50年経過して、上げ法事して、
供養塔に合祀したら、そのもともとのお墓を供養して
新しく建てるお墓のスペースを作ります。
(→Q184 墓相墓の疑問① いっぱいになったら

そうなったとき、お骨も一緒に移動する?
当然、するはずですよね。
お父さんの遺骨の上にその息子のお墓の石が。。。
ってのは、どう考えてもおかしい。
一緒に、というのは絶対です。

でも、壺から出して、しかも50年経過していて。。。
もう残ってない可能性があります。
では、どうしたらいいの???
ということです。
土ごと?移動?どれだけ?分からない?
となってしまいます。

そこで、です。
日本の本来の葬送の形の一つ。
「両墓制」というのがあります。
(「両墓制」って何?という方はこちらから。。。)
つまり、埋め墓と参り墓を分けるのです。

埋め墓①

このように、お墓の隣に遺骨を埋めるためのスペースを用意する。
こちらはある程度広いお墓の場合です。
あるいは、

埋め墓②

こちらも墓相墓であるパターンです。
このように埋める場所を決めておけば、いいのかもしれません。
ちなみに、こちらは狭めのお墓の場合です。

墓相のお墓は基本的に外でお参りするお墓なので、

DSC_0153

このように、墓域の外からお参りするスタイルです。
(花立、香立、ロウソク立が外にあります)

上の写真の場合、左の手前のスペースに埋葬されています。

 

 

※ この墓相墓の設問に関しては何らかの人にご指導いただいたものではなく、
   いずれかから情報提供いただいたわけでもありません。
   私自身が普段の仕事中の経験、書籍の内容から類推した情報をお伝えしています。
   なので、私個人の考えに基づいて書いていますので間違っている可能性もあります。
   ご指導いただくのは歓迎ですが、あくまでその点をご考慮の上、ご理解ください。

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q188~墓相墓の疑問⑤ 狭いお墓の時は?

狭い墓地なら、この形のお墓を建てるのは無理ですね。

最低でも2×3メートル程度の広さがないと、このお墓は建てられません。
2×2メートルでは、供養塔と夫婦墓一基しか建てられないでしょう。

それ以下なら、供養塔のみ、となってしまいます。

ですので、この形のお墓を建てようと思ったら、
最低でも間口3.5メートル×奥行2メートルは
あった方がいいのではないかと思います。

納骨のことを考えるとまだ狭い気がします。

2×2メートル程度なら逆に
半分に分けて、
片方が供養塔。もう片方が埋葬エリアと
した方がいいような気がします。
(埋葬エリアに関しては、後日、説明します)

 

 

※ この墓相墓の設問に関しては何らかの人にご指導いただいたものではなく、
   いずれかから情報提供いただいたわけでもありません。
   私自身が普段の仕事中の経験、書籍の内容から類推した情報をお伝えしています。
   なので、私個人の考えに基づいて書いていますので間違っている可能性もあります。
   ご指導いただくのは歓迎ですが、あくまでその点をご考慮の上、ご理解ください。

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q186~墓相墓の疑問③ 地震が来たら?

倒れるかもしれませんね。

DSC_0176

もともと耐震、免震という考え自体のない時代に考えられたお墓です。
そういう発想はありません。

では、お手上げかと言ったら、そうでもないわけです。

基礎がない、ということは傾いてしまう可能性も高いかもしれない、ですね。
免震施工が特にされてないということは、当然倒れる、と言えますね。(可能性として)

でも、このお墓に強みもあります。

地震の影響は大きなお墓ほど受けやすい

ということです。
なので、今の大きなお墓には、耐震施工が必要なのです。
でも、このお墓は小さいです。
しかも、上に行くほど、小さくなってます。
それが最大のメリットなのです。

前の疑問(Q185)で書いた「大入とホゾ」での加工は、地震の横揺れでは倒れません。
上下の揺れがないとおそらく倒れません。
(加工の精度によっては倒れてしまうこともありますが。)

全体の石の量が小さいのと、「大入れとホゾ」加工によって、
かなり地震に強いお墓になっているんです。

 

名称未設定
ちょっと汚い図ですが、
青の部分(ホゾ加工)と赤の部分(大入加工)で
通常の石を乗せただけより、はるかに強固な施工となっています。

どうでしょうか。
通常の耐震よりも強いかどうかは地盤の状態にも大きく作用しますが、
普通よりはるかに強い施工のお墓となっています。

 

 

※ この墓相墓の設問に関しては何らかの人にご指導いただいたものではなく、
   いずれかから情報提供いただいたわけでもありません。
   私自身が普段の仕事中の経験、書籍の内容から類推した情報をお伝えしています。
   なので、私個人の考えに基づいて書いていますので間違っている可能性もあります。
   ご指導いただくのは歓迎ですが、あくまでその点をご考慮の上、ご理解ください。

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q185~墓相墓の疑問② 形は決まってる?

墓相のお墓の形は決まっています。

 

DSC_0149

この写真のように、通常のお墓よりかなり小ぶり。
しかも背も低いです。
ほぼすべての石のサイズ(お墓本体のサイズ)は決まっているはずです。
五輪塔も通常の五輪塔より小さくて、背も低いです。

でも、五輪塔はその横の夫婦墓よりは背が高く設計されています。
ご先祖様の方が背が高い、設計。

そして、
普通の形のお墓より佛石(竿石)が小さいですね。

DSC_0176

このように見慣れないと不自然なほど一番上の竿石(佛石)が細くて小さいです。
ただ、これも考えられた末のこの形状だと思うわけです。

ちなみに、下台と上台。上台と佛石はそれぞれ、「大入+ホゾ」という加工方法で
組み合わされています。
ちなみに墓相のお墓は耐震という概念がありません。

つまり、
耐震施工ではない、ということです。
それどころか、基礎もありません。
では、それでいいのか??

 
※ この墓相墓の設問に関しては何らかの人にご指導いただいたものではなく、
   いずれかから情報提供いただいたわけでもありません。
   私自身が普段の仕事中の経験、書籍の内容から類推した情報をお伝えしています。
   なので、私個人の考えに基づいて書いていますので間違っている可能性もあります。
   ご指導いただくのは歓迎ですが、あくまでその点をご考慮の上、ご理解ください。

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q184~墓相墓の疑問① いっぱいになったら?

いっぱいになったら、ルールが決まっています。

DSC_0153

奥、右から建てていくのがルールでしたね。
今、一番右にご先祖様の供養塔、その向かって左横に一基、夫婦墓が建っています。
そのお墓はご夫婦とも戒名が刻んであるので、もう亡くなられていると推定できます。
(存命中に戒名だけもらって朱文字にしてある場合もありますが、黒が入っているので違うと推定できます)

そうなると、その隣に、次の代のご夫婦のお墓が建つ予定だと思えます。

DSC_0149-5

ただスペース的にもう一基しか建てられない、ように見えますね。

その次の代(今の継承者の子供の代)のお墓を建てるのは、
確かに数十年先のように見えますが、
寿命というのはいつ来るか分からないものです。

そのお墓を建てる時期が来て、果たして、どこに建てるのか??

 

正解は、
「今建っている初代の夫婦墓に入っていらっしゃるご夫婦を
供養塔へ移ってもらって、スペースを開けて、右にスライドしてもらう。」

です。

供養塔に初代のご夫婦の戒名等を刻み、その初代の夫婦墓を処分し、
そのスペースをそのすぐ左隣の夫婦墓をその場所に移し、そのように順々にスライドし
空いたスペースに新しいお墓を建てる、ということ。

なのですが、
これも機械的にしてしまっていいというものではありません。

本来はその供養するご夫婦のことをよく知っている人が生きている間はするべきではないし、
そのタイミングは継承者や祭事を主催する人が決めるべきですが、
基本的に「五十回忌」が節目となっているようです。
五十回忌を過ぎれば、供養塔に移して、お墓自体は始末する。
ただ、その始末の仕方もいくつかあるようです。

余談ですが、
上の写真のお墓、2代しか夫婦墓を並べられない、というのは少々無理がありそうです。
この場合、どうするのかは正確には私は知りませんが、
もし、私がお墓を管理させていただけるなら、
「五十回忌までは今のお墓を始末しない」という方針をお伝えします。

やり方はいろいろありますが、
無理やり3代分並べられるようにすることも可能かもしれませんし、
最悪、2列にする、という方法もあるかも知れませんね。

DSC_0149 -4
写真で見る限り、間口(赤矢印)よりも奥行(青矢印)の方か長いように
見えます。
お墓は基本的に奥行より間口が長い方が建てやすいし、
よりお墓を建てるにはふさわしい土地だと言えます。

 
※ この墓相墓の設問に関しては何らかの人にご指導いただいたものではなく、
   いずれかから情報提供いただいたわけでもありません。
   私自身が普段の仕事中の経験、書籍の内容から類推した情報をお伝えしています。
   なので、私個人の考えに基づいて書いていますので間違っている可能性もあります。
   ご指導いただくのは歓迎ですが、あくまでその点をご考慮の上、ご理解ください。

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q183~墓相墓の仕組みって?

お墓の境界内(墓域)の構成はだいたい決まっていて、
大きさ、配置、向きなどは必ず決まっています。

 

DSC_0149-3

〇・・・お墓それぞれはサイズが決まっていて、形も決まっています。
〇・・・必ず台石が2重台+佛石となっています。
〇・・・すべてのお墓の石が墓域の中心に向いています。
〇・・・墓域の奥の右手隅に通常、五輪塔。これもサイズが決まってます。
〇・・・その向かって左隣に一番古い「イエ」継承者のご夫婦のお墓。
その左隣に次の台の継承者のご夫婦のお墓。
その順番でずっと左へ建てていく。
〇・・・右手前の隅には墓域の中心向きに「お地蔵さま」
(子どもの時、亡くなった人のお墓)
〇・・・左手前の隅にはお地蔵さまと向かい合わせに「非継承者のお墓」
(結婚する前に亡くなった人のお墓。あるいは別の事情でその家で亡くなった人)

が主な作りです。

その家の人すべてがそれぞれどこへ入るか決まっているわけです。
まさに「イエ」の集大成であり、一つの完成された「イエの墓」です。

いくつかの疑問が出てきますが、
それは次の設問にて。

※ この墓相墓の設問に関しては何らかの人にご指導いただいたものではなく、
   いずれかから情報提供いただいたわけでもありません。
   私自身が普段の仕事中の経験、書籍の内容から類推した情報をお伝えしています。
   なので、私個人の考えに基づいて書いていますので間違っている可能性もあります。
   ご指導いただくのは歓迎ですが、あくまでその点をご考慮の上、ご理解ください。

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q182~墓相墓ってなに?

家に「家相」があるように、お墓にも「墓相」があるんです!!!
そういう考えに則ったお墓です。

もしかしたら、関西だけなのかもしれないですが、
「一つの決まった法則に則ったお墓の建て方」があります。
これは非常に考え抜かれたお墓で、
私はなかなかいいんじゃないかと思います。

風水にも通じる考えで、なおかつ
その「墓相」を提唱される方、結構いらっしゃるらしいですが、
それぞれの人によって微妙に建て方が違うようなのです。
(一つの統一した形になってないように思います。)
これは私の想像ですが。。。

ただ、このお墓の法則をよく知らない石屋さんも結構いらして、
その後、とんでもないことになることもあります。

そうなってしまったら、もう、とっても残念なお墓になってしまいます。
それだけは気を付けたいと思います。

 

DSC_0153

お友達のおうちのお墓です。許可を得て載せております。
典型的な墓相のお墓です。

〇・・・長方形の枠がある
〇・・・正面真ん中に入り口がある
(この入り口をクリ段、と言います)
〇・・・正面手前に外から「花立」「ロウソク立」「香立」が左右一対である
(墓域内ではなく、墓域の外)
〇・・・墓域を囲む枠(延石)の外に墓地境界の境界石がある

などが、主な外見上の特徴です。

DSC_0149 -2

場合によっては、一番外の境界の枠がない墓相墓もあります。
入り口の石は切込みの奥が丸く局面になっています。
これが「クリ段」と言われるもので、こうなっていないとダメのようです。

また、花立、ロウソク立、香立の形はいくつか別物があるようです。

次に墓地の中を見ていきます。

 

 

※ この墓相墓の設問に関しては何らかの人にご指導いただいたものではなく、
   いずれかから情報提供いただいたわけでもありません。
   私自身が普段の仕事中の経験、書籍の内容から類推した情報をお伝えしています。
   なので、私個人の考えに基づいて書いていますので間違っている可能性もあります。
   ご指導いただくのは歓迎ですが、あくまでその点をご考慮の上、ご理解ください。

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

墓相のお墓、建てます。

久しぶりに朝、雨が降ったような気がする、
兵庫県豊岡市の朝です。
今朝は小学校に読み聞かせに行ってたので、
お昼の投稿です。

こちら、超久しぶりに、墓相墓のお墓を建てます。

DSC00191

墓相墓って、いろいろ決まりごとがあるんですが、

いや~~よく計算されているな、って
すごく思います。

今から文字彫刻します。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」