Tag Archives: 天理教

taiko

Q222~天理教のお墓は誰が作るの?

但馬、豊岡のお墓のプロ、大北です。
天理教のお墓シリーズ。
豊岡の西霊苑、天理教の信者さんのお墓、
たくさん建ってますよ。
私も建てたことあります。

つまり、答えは。。。
石屋さんです(^_^;)

天理教の信者さんのお墓は、
やっぱり天理教本部が斡旋して、どこかの石材屋さんが
大量に製作して、建てているんでは。。。
と思いきや、地元の普通の石材店さんが建てる場合がほとんどです。

お墓を建てる時、意向が影響するのは
まず、施主さん。
お金出して、自分のお墓を建てるんだから当然。
次に影響するのは、
墓地管理者です。

墓地管理者がその墓地のルールを決めているので
その意向を無視してお墓を建てるのは
なかなか難しいんです。

豊岡などの普通の市営霊苑なら、
管理者は市役所なので、建墓業者は条件付けられません。
ほぼ施主の意向に沿ってできます。

しかし、寺院墓地なら、
その寺院の出入りの業者が決まっているなら、
「特に決まった業者さんがいなければ、この出入り業者で」

job_obousan
となりがちです。

あまりないですが、
その宗教の専用墓地なら、
ほぼ施工業者は決まっていることが多いですね。
(新興宗教に多いですね。)

学会さんなら、兵庫県中部に専用霊苑をお持ちです。
そこは施工業者は決まっているはずです。

天理教はお墓には意外と寛容なので、専用墓地はないと思ってましたが、
山形県にあると聞きました。
一度見てみたいものです。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q221~天理教と神道のお墓の違いは??

「天理教」での検索がやけに多いので、天理教の記事を詳しく書いてみます。

但馬、豊岡のお墓のプロ、おおきた石材店です。
春はお墓の季節です。(意味不明。。。(^_^;)
いや、お墓工事には最適という意味でね。

お墓相談、絶賛受付中。
豊岡東霊苑、豊岡西霊苑も建てますよ。

ところで、神道系の宗教のお墓って、
似てるところが多いんですが、
違う所もあります。
私は天理教さんのお墓をいくつか建てた経験があるので
神道と天理教のお墓の違いを書いてみます。

実は、天理教ってあまりお墓の形には、こだわらない様なんです。
(なんとなくな、私の実感ですが。。。)

むしろ、神道の方がはっきりと決まってそうです。

①頭の形

DSC_0030

どちらもトキン型と言って、このような四角錐の形が主流ですね。
神道はほぼこの形みたいですが、
天理教の信者さんはそればかりでもないです。

横型の洋墓を建てたこともありますし、
(施主さんのご要望です。)

陣笠頭のお墓を建てたこともあります。
四方丸めもあります。

DSC_0081

こちらのお墓はおそらく天理教の信者さんですが、
頭の部分に出紋(家紋が彫刻)されていますし、
頭は陣笠頭です。

②副碑ですが、
神道は

〇〇ノ命(〇〇のみこと)

と彫刻される場合が多いですが、
天理教は

〇〇大人(男の人)
〇〇刀自(女の人)

が俗名の最後に付いている場合が多いですね。

さらに、天理教独特のものとして、
亡くなった人を「出直し」といいます。

天理教の教え 「出直し、生まれ変わりについて」

私は、この文字が入っているか、どうかで
天理教の信者さんかどうかを判断しています。

さらに、
③正面文字ですが、
天理教はまさしく決まっていないように思います。

「〇〇家之墓」「〇〇家先祖代々之墓」など
普通のお墓と同じ文字もありますし、
夫婦墓もあります。

逆に、神道は

「〇〇家奥津城」「〇〇家先祖代々之奥津城」など
文字数が多くて、背が高いお墓が多いです。

④家紋

神道は入れないことがほとんどですかね。

天理教はご自分の家紋を彫刻されることも
多いですが、
天理教の定紋「梅鉢」「丸に梅鉢」を
彫刻されることも多いように思います。
(その辺も決まってないのかどうかも分かりません)

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q220~天理教信者さんのお墓の形は?

以前、簡単に触れましたが、
  →→→「天理教のお墓に刻む文字は?」

基本、神道なので、神社の神主さんとかと近いんですが、
あまり厳しく形が決まっているようではないです。

DSC_0055

天理教の信者さんのお墓ですが、
「〇〇家累代之墓」となってます。
「〇〇家之墓」の場合も建てました。

神主さんとかによくある
「〇〇家奥津城」などは、ありません。

また、夫婦墓(ご夫婦で一基の墓)もたまにありますね。
これも普通のお墓と同じです。
最近は少なくなってきつつあります。

DSC_0097

このように、通常水鉢が来る場所に
八足台、あるいはそれを模した台を設置することも
多いです。

61DoT5OrpbL._SY355_
八足台って、これですね。
天理教はもちろん、神道系では
頻繁に使うものです。
お供え物を置いたりする台ですね。

さすがに、足が八本の八足台は
強度の点で問題があるので、
なかなかないですが、
それに近い形のものはあります。

そして、一番の特徴は
頭の形。
「トキン型」といいます。
四角錐(すい)の形です。

DSC_0030

戦死された軍人さんのお墓は必ず、この頭の形です。
これは、戦死者さんは
神様となられた、という意味で、
この形になっています。

つまり、神様を現す形ですね。

主な特徴はこれ位ですが、
必ずこの形で、というわけでもなさそうです。
頭がトキンではなかったり、
普通の水鉢のお墓だったり、
かなり自由なようです。

もしかして、デザイン墓の場合もあるかも
しれませんね。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q159~お墓の正面に刻む文字は?⑨天理教

天理教は神道系の新興宗教なので、
(新興と言っていいのかどうか。。。)
基本、神道と同じです。

頭はトキン。
竿石(仏石??)は細身で長め。
上にやや細くなっていることが多い。

ただ、
正面の文字は、奥津城とか奥城は彫りません。
「〇〇家の墓」が多いんではないでしょうか。
但馬の場合。
(ほかの地方は知りません)

一番の違いは、

正面に名前を刻む場合。
〇〇××と名前を刻んだ下、
男性は大人
女性は刀自と刻む場合があります。
(ご夫婦の夫婦墓もけっこうあります)

亡くなった日を出直と刻みます。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」