Tag Archives: 岩田弘美

DSC_0180

インターロックのデザイン墓にはいつもピッタリのお花を作って頂いています。

いつも、素敵なお花を作って頂いている岩田さん。

DSC_01081-195x300

その岩田弘美さんが作って頂ける仏花、造花(アーティシャルフラワー)
はいつもとても素敵で、期待以上の出来栄えなんですが、
実は、インターロックの「プレミアムデザイン墓」とは、
相性がいつも抜群なんです。
お墓をいつも素敵に装う墓花。

でも、じつは相性がいいのではなく、
岩田さんがそのお墓に合わせて、作って頂けるので
最高の組み合わせにしていただけるんですよね。
そう、いつも感じます。

何しろ業界でも最高レベルの技術で
墓花、造花、アーティフィシャルフラワー、ブリザーブドフラワーを
ただ作るのではなく、
そのお墓を一番引き立てる、
一番ふさわしく装うお花を
生み出していただける”職人”なんですね。

岩田弘美さんのお花を
ぜひ、あなたのお墓にも飾ってみませんか?

「岩田さんのお花、素晴らしいですね」

http://ohkita-sekizai.com/?p=1601

http://ohkita-sekizai.com/?p=1601

http://ohkita-sekizai.com/?p=1601

http://ohkita-sekizai.com/?p=1601

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
IMG_20160812_053935 -2

色々な側面を併せ持つのが魅力の源泉~キーマンシリーズ⑤

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。

急に秋になってしまったようです。

IMG_20160828_094652

菊がそろそろ。。。
桜はまだ咲きません。。。

花は季節とともにありますよね。
この花が咲けば、この季節って、一目でわかります。
季節の移り変わりを花によって感じることも
日本人の一面なのかも。

そして、葬送、
そして、お墓にも花は必要不可欠となってきています。

お墓、仏壇、葬儀のお墓のことを仏花といいます。
その仏花、特に、
生花以外の仏花の草分けであるのが、
この、岩田弘美さんです。

フューネラルフラワー協会 代表理事

11393059_691284617663994_8691178434016991076_n

ブリザーブドフラワー、アーティフィシャルフラワー(造花)の仏花の草分けであり、
デザイナーでもある岩田さんですが、ホントに弾丸トークです。。。(^_^;)

久々に岩田さんともお話しする時間を頂きました。

岩田さんとの話は、実は。。。あまり覚えておりません。。。(^_^;)

(ごめんなさい。。岩田さん。。。)

でも、この弾丸トークに対して、
その手で作りだされるお花は、
まさしく、アーティスト。
お墓にふさわしい、
何よりもお墓に最高のお花を供えて頂けます。

IMG_20160812_053959 -2

DSC_0180

DSC_0096

このトークとこのお花、これが同じ人から生み出されるのが、
どうしても、分からない。。。

でもね。

人間って、一面のみで生きるものではないですよね。
色々な面、良いところ、悪いところ、聖なるところ、俗なるところ、
沢山の側面が一つになって、
人の深み、奥行き、器とかができるんでしょうね。
岩田さんとお話ししていて、そういうことを感じました。

岩田さんという話好きな女性の中に、
非常に美しい供花、仏花というものを生み出す
アーティストの側面が含まれていて、
さらに、
そのイメージした仏花を素晴らしい精度で生み出す
職人の様な技能も含まれている。

そして、岩田さんも
全く何もない、とんでもないような場所に
しっかりと道を切り開いて、
しかも、
しっかりと作った道を後に続く人が歩きやすいように、
整備までしてます。

そんな強さまでも兼ね備えているところが、岩田さんのすごみですね。

ただの話好きな女性ではないですよ。。。
話に終わりがないですが。。。(^_^;)

キーマンシリーズ5人目は、
寺尾晴邦さんです。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
IMG_20160812_053959 -2

完成しました、祈りの空間。

おはようございます。
お盆休み突入しました
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。

とはいっても、工場の片づけとか
廃材の処理とか、
色々な整理整頓をしておりますので、
完全に休みではありません。
しかも、工場の目の前は、毎年恒例、
野上地区の盆踊り会場となっております。

盆踊りと言いながら、
盆踊りはしませんが、
櫓建てはしますので、その準備もお手伝いします。

 

IMG_20160812_065856

今朝の野上地区の様子。
稲穂が頭を垂れつつ、実り始めました。
今年は美味しいお米が食べられるかな。。。

梨、トマト、ナス、スイカ、キュウリと夏が旬の食べ物は
沢山いただいて、食べました。
やっぱり美味しいですね。
旬の食べ物。

というわけで、どういうわけで、
散髪しました。

ビフォー写真。

DSC_0034

 

アフター写真。

DSC_0039

あんまり変わってない気もしますが、
頭は軽くなった気がします。

今日は、午前中、1件納骨を済ませたら、
息子( 高1、サッカーしか興味ない男)
が久しぶりに試合に出してもらえるらしいので、
応援に行ってきます。
伊丹かな。

DSC_0017

岩田さんのお花が届きました。

→→→こちらでもご紹介頂きました。

夏のおすすめ墓花として。
やはりでも、オリジナルで作って頂いた墓花。
素晴らしいですね。
お墓にベストマッチしました。

IMG_20160812_053935 -2

お花とはいえ、お墓の添え物では決してない。
お墓のまさに華となる存在。

 

IMG_20160812_053959 -2

お墓という、どちらかといえば、陰のものを
陽に代える存在ですね。
仏花、お墓のお花。

 

IMG_20160812_054133

これこそ、名コンビと言えるお墓とお花ではないでしょうか。
正しく完成。
新しい、祈りの空間が
完成、という感じです。

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0179

アーティフィシャルフラワー、三度(みたび)。

おはようございます。
雨の朝です。
。。ずいぶん降っております。
今日、明日は何とか晴れてほしいんですが、
どうやら無理のようです。

但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。

3度目の記事ですが、
もう一度、アーティフィシャルフラワー(造花)の詳しい記事です。

これは、一番安価な、ホームセンターでも売っている造花。

DSC_0169

茎がプラスチックだと一目で分かりますよね。
安価なものです。

 

DSC_0171

このような、菊の花が多いですね。
仏花=菊、というイメージです。
逆に違う花だと、仏花となりません。
玄関に飾る花、という感じ。

このアレンジの部分が非常に難しいんだと思います。

あと、花びらを触ると、明らかに人工物の感触。
分かりますよね。
この感じ。

一方、アーティフィシャルフラワー、
仏花デザイナーの第一人者、岩田弘美さんが手がけたお花。
ラムズイヤー(ブリザードフラワー、仏華デザイナー)岩田弘美

 

実は、菊はほとんど入っていません。
別の花がほとんどですが、

DSC_0175

しっかりと仏花となっております。

DSC_0180

やはりそれは、素人では到底無理な、アレンジの部分が大きいんでしょうね。

そして、一番の違いは、手触り。
一度、この手触りを感じてほしい。。。(^_^;)
生花と見間違うレベルです。
ホントに。

 

DSC_0177

開発から携わっていらっしゃる岩田さんが吟味された材質。
見た目だけではなく、肌触りまで、最高の材質を選ばれています。

安い材質の造花は、色落ちが一気に来るので、突然、
「もう駄目だな。。。」という状態になりますが、
このアーティフィシャルフラワーは徐々に色落ちしていくので、
長く、美しさを楽しめます。

知らない間にお墓参りに来られた方に、
丁寧なおもてなしをしてくれます。

DSC_0179

 

花の裏側まで、本物感をこだわったアーティフィシャルフラワーです。

DSC_0174

 

お問い合わせは、   メールフォーム
電話でのお問合せは  0120-497-143

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC_0119

アーティフィシャルフラワー(造花)のお花

おはようございます。
但馬、豊岡のお墓と墓石のプロ、おおきた石材店です。

梅雨明けてないのに、36度って、
勘弁してほしい暑さが続いております。
兵庫県豊岡市です。

でも、ゲリラ豪雨は来なかった(^O^)

 

先日建墓したインターロックの「プレーチェⅡ」+インドの銘石M1Hのお墓。

DSC_0107

アーティフィシャルフラワー(造花)のお花が届きました。
岩田弘美さんがお墓の写真を見て、自ら作って頂いた一品です。

ホームセンターで売っている造花とは雲泥の差ですよね。
しかも、安い造花はすぐに色が褪せて、残念なお花になってしまいますが、
こちらは、高級素材をしようしておりますので、退色もゆっくりで、
長い間、美しいお花を味わえます。

DSC_0114

岩田さん曰く、
「安い造花は触ってみたら一目瞭然。硬くて、質感が悪い。
でも、私が作ったものは、素材から吟味して使っているので、
触っても、生花と間違うくらいのものを使っています」
とのこと。

 

DSC_0119

そして、何よりもよくわかるのは、茎。
「安いものは、針金です。青くコーティングした針金。
それが一目でわかる。
でも高級なものは、よく見ないと分からないほど、精巧な茎ですよ」

よく見ると、なるほど。。。
そうです。
全然違うな。。。

でも、私は、見た目だけで
その違いが良くわかりましたよ。
さすがです。

岩田さんのアーティフィシャルフラワー、ぜひ一度体感してみてください。

あ、ちなみにですが、
大北石材店でデザイン墓をご購入いただいた方には、
この「岩田弘美さんフルオーダーメイドのアーティフィシャルフラワー」
プレゼントしております。
内緒です。
いつサービスを終了するか分かりません。
ので、今だけのプレゼントです。

 

       
◆ 連続読み物、気合入ってます。・・・ 【連続記事まとめ】

◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」