Tag Archives: 日本の石

girl_surprise

Q273~石の名前って、どうなの??


お墓に使う石の名前って、いろいろありますね。
日本で採れる石の名前は、おおよそ決まっておりますし、
中には、登録商標を取得している石もあります。
庵治石、大島石、真壁小目、万成石、伊達冠石など。。。

では、外国の石は?
外国の石って、はっきりと決まっていない石があるようです。
最初に採掘した人、などが命名して
それが通称となっている場合もあるようです。

特にインドの石は、実は〇〇さん
(採掘者とか最初に扱った石材商社)のイニシャルを取って。。。
という場合があるそうです。

まあとにかく、

中国の石は、
「アルファベット一文字 + 数字(3文字~4文字が多い)」
という名前が通称として多いようです。

G623とかG614とかね。
あと、Ag98とか、K1704とか。
それぞれ、通称というか、石屋さんなら
「ああ、あの石か」と大体わかる程度には
知っております。
知らない人は、石屋さんではないと思います。

インドの石は、
微妙なカタカナ表記が多いですが、
アルファベット表記のものも多いですね。

アルファベット表記のものは、ほとんど日本での通称です。
中国との違いを出すため?なのかどうかわかりませんが、
そういう名称が多いですね。
逆に、アルファベット表記のものは、石自体の通称が多いので、
インド、中国、日本それぞれその名で通用します。
アーバングレー、バングレー、銀河、インペリアルレッドなど。
アルファベット表記+数字のものは、
M3、M10、M13とか、

など、今インドの石は需要が増えつつあるので、
新しい石種も増えつつあり、名前も微妙に違ったりして、
確定するのが難しい部分もあります。

ただそのことを利用して、
自社で独自に名前を付けて、販売している石材店が一部にあるようです。
そういう名前の石って、聞いたことないよ、っていう名前があります。

理由は、
見積を比較できなくするため、
その石の値段を判別しにくくするため、
くらいしか想像できません。
お墓を建てる方を惑わすことにしかなりませんし、
お墓を建てる方のメリットになるとは思えません。

業界全体の統一名がない、というのが
最大の原因なのかもしれませんが。

 

 

ここに載っている石の名前は、一般的に正式名称と言われる名称です。
多くの石材店が見積に使う石の名称です。
逆に言えば、ここに載ってない名前の石は、自分で考えた名前の可能性があります。※ 乗ってなくても、実際に存在する名称はあります。詳しくは実際の石と名前を
照らし合わせなくては、識別できない場合もあります。


◇ 「Q274~お墓の石の名前は何があるの?(日本、東北編)」
◇ 「Q275~お墓の石の名前は何があるの?(日本、関東甲信越、中部、近畿編)」
◇ 「Q276~お墓の石の名前は何があるの?(日本、中四国、九州編)」
◇ 「Q277~お墓の石の名前は何があるの?(中国編)」
◇ 「Q278~お墓の石の名前は何があるの?(インド、その他の国編)」

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

4つの理由があります。

日本の石でお墓を建てるべき4つの理由、
分かって頂けましたか?
「実績」
「保守」
「割安感」
「良材」
の4つです。簡単そうに見えて
意外と大切な4つのこと。
良く考えてお墓の石を選んでください。

 「日本の石でお墓を建てるべき4つの理由」その4

http://ohaka-madoguchi.com/topics/20160624

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

Q192~墓相墓の疑問⑨ 石は何でもいいの?

墓相のお墓は、日本の石と決まってます。
特に多いのが、
「北木石」

墓相墓の半分以上はこの石ではないでしょうか。
他にも、大島石とか庵治石とか瀬戸内エリアの石が多いですね。
外国の石はいいのか?
ダメでしょうね。
しっかりとした墓相墓なら。

でも、

なんちゃって墓相がたくさん横行しておりますので、
そちらには韓国の石、中国の石、インドの石などが
あります。

おそらく、なんちゃって「墓相墓」なんでしょうが。。。

 

 

※ この墓相墓の設問に関しては何らかの人にご指導いただいたものではなく、
   いずれかから情報提供いただいたわけでもありません。
   私自身が普段の仕事中の経験、書籍の内容から類推した情報をお伝えしています。
   なので、私個人の考えに基づいて書いていますので間違っている可能性もあります。
   ご指導いただくのは歓迎ですが、あくまでその点をご考慮の上、ご理解ください。

 

お墓の疑問、受け付けております。
あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。
この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。
お問い合わせは、
こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
img_20161007_140114

Q032~お墓にお勧めの石は?②(天山石)

日本の石でなら、まずこの石をお勧めしたいと思います。

img_20161007_140114

日本の九州、佐賀県から採掘されます銘石です。
西日本は銘石と呼ばれる石はたくさん採れるんですが、
中でも、一番の良質の石というなら、この天山石です。

非常に硬質で、吸水率も低め。
加工に非常に手間がかかる石です。
文字彫刻も時間がかかりますね。

表面はアーバングレーなどと同様、やや粗目。
なので、表情に好き嫌いがあるかもしれません。
また、遠目に見ると大島石よりも見栄えがするかもしれません。

磨いた面によって表情がかなり異なり、
そういった意味でも好き嫌いがある石かも
しれませんね。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 
DSC00147

「150万円までで建てられるお墓」を更新しました。

150万円までで建てられるお墓を更新しました。

栄龍石材製のお墓ですが、
比較的リーズナブルな価格でも建てることが
できます。
中国人の建てたお墓より
日本人の建てた日本のお墓を建てませんか?

「~150万円」のお墓

http://ohkita-sekizai.com/?p=3174

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

出会うことはすばらしいこと。

徳川家康生誕の地、三河地方。
この地には家康が晩年、すごし、亡くなったあと最初に埋葬された
「久能山東照宮」にも近い三河地方にある
岡崎市。
ここは、良質のみかげ石が採掘される
日本でも有数の土地です。

DSC_0002

この地で、毎年10月に開催されている「岡崎ストーンフェア」
岡崎の石の祭典です。

今年は3年ぶりにやってきました。
組合の研修旅行を兼ねて。

とにかくいろいろな石が集めてこられて
石好きにはたまらないイベントなんです。

お墓に関しては昨日、ちょっとご紹介しましたので、
今日はそれ以外の石を。

DSC_0020

まずは、これをご紹介しないと、日本人としてダメでしょう、
ということで、
「さざれ石」です。
君が代にも歌われている、非常に有名な石です。

でもお墓には使えませんね。
当然ながら。
庭に使う石ですね。

DSC_0010

こっちは超巨大な庭灯ろう。
お墓にも使える灯ろうではありますが、
これほど巨大だと、普通のお墓には使えません。。。(^_^;)

DSC_0030

そして、茨城の加工石材をされている
「坂口石材工芸」さん。
こちらは真鶴石(本小松石)を手加工で仕上げた、五輪塔です。
薬研彫が鮮やかに浮き出していて、
とてもステキ(^_^)/

みかげ石ではこのように鮮やかには浮き出さないですよね。
真鶴石で作ったからこそです。
さすがのできばえ。

(って、お墓の石の話題になっちゃってるやないかい!!)

DSC_0023

これは、昨日ご紹介した、

。。。

。。。

覚えていますか?

「おんたけこっこうまいし」ですよ。

ここ、試験に出るよ!!

(お墓ディレクター試験に!)

DSC_0015

最後に、思わぬところで
思わぬ人に。

日本石材産業協会の北海道支部長の三上貴康さんに偶然出会いました。
お墓ディレクター1級資格者研修会で何度かお会いして以来の
再会です。
私の尊敬すべき石材人の一人です。
とってもうれしかったな。。。
また来年2月、お会いしましょう(^_^)/

こうやって、思わぬ人に出会えるのも
こういったイベントでの楽しみです。

次はいつだろうな。。。
(それにしても、ずい分お疲れモードの顔してるな。。。私 (^_^;))

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

岡崎ストーンフェア、3年ぶりに行ってきました。

10月17,18日と組合の研修旅行として、
岡崎ストーンフェアに参加してきました。

今回は「石本来の形を使ったお墓」が多く展示されていたように思いました。

その中から、二つの石。

木曽御嶽山から採れる

「御嶽黒光真石」。

なんて読むか、わかりますか??

「おんたけこっこうまいし」です。。。(^_^;)

読みにくい。。。
でも覚えれば、それはそれでいいと
思いますが。。。
日本から採れる石は白みかげ系が多くて、
閃緑岩などの緑、黒みかげ石は少ないんですが、
その中でも数少ない濃いグレー系の石です。

光沢もいい艶が出てましたし、
ちょっと代わった石でお墓を、という場合に相応しい石の一つですね。

DSC_0022

 

今回、田中石材店さんが展示されてました。
記念碑とか、記念碑的なお墓の場合、選択肢の一つとして
十分あり得る石じゃないかな、っておもいました。

 

DSC_0024

そして、もう一つの石は
いよせきさんの「伊予青石」です。

DSC_0031

グロスチェッカー(光沢を図る機械)でも100を越える
光沢がでているそうです。

DSC_0039

いよせきの永易一平(ながやすいっぺい)さんに横に立ってもらいました。
サイズ比較のためにね。

サイズ的にも悪くない石ですよね。
ただ、下回りの石(サンドブラスト加工)が多少、気になるんですが。。。

他にも、さすがストーンフェアというだけあって、

他では見れない石がたくさん見れました。

DSC_0005

鳥居の笠石。巨大です。
鳥居は呼び名がいくつかあり正しくないかもしれませんが、
これは上の石が一つで、まっすぐなので、
「神明型鳥居」だと思います。
これが丸い円筒形だと
「靖国型鳥居」と呼ぶようです。
形の特徴は
笠石はまっすぐ、柱石の足元には台石はつかず、
額束もありません。
柱も垂直にまっすぐに立ってます。

DSC_0007

こっちは「明神型鳥居」
近所の神社やお宮さんによく見る形ですね。
「神」と「明」をひっくり返して、明神型ですね。

一番上の石、笠石(木)といいますが、この下に
やや細い島石(島木)と2段になっていて、しかも両端が反りあがっているのが特徴です。
写真にもわかりにくいですが、鳥居の真ん中に額束という
○○神社という名前を彫る銘板のようなものがあり、
柱の足物には台石が付いていて、
柱自体も僅かにハの字型に末広がりになってます。

名前の区別がしにくいので、私なりの区別の仕方は、
有名な神社にある「神様」の鳥居は神が先に来て「神明型」
春日大社とか靖国神社とか伊勢神宮とかですね。

近所の神社などに多いのは身近な明るい神様で(??)
「明るい神様」略して「明神」様で「明神型」と
やや苦しいですが。。。(^_^;)自分で区別してます。

これほど近くで見ると、やはり大きさが度肝を抜きます。

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

日本の石がある風景①

またもや勝手に新しいシリーズを作ってしまい、
やばいな~~
整理が苦手な私としては、
これ以上増えるのは、
非常にやばいな~~と
思いつつ、やりたいので、やります(^▽^)/

新シリーズ、

「日本の石がある風景①」

②以降はいつ投稿できるかどうかわかりません。
ていうか、
これで終わり??
となるかもですが、

今はこれが書きたくて仕方ないんで
とりあえず書きます。

(じゃあ、シリーズって書くなよ。。。)

。。。

第一回は、大阪府能勢町から採掘される
「能勢石」です。
黒御影石です。

この石は、私の住む豊岡はもとより
但馬全域で記念碑等に使われています。

DSC_0038

このように土地改良碑とか忠魂碑は
能勢石が使われる確率高し!

 

DSC_0039

うちの隣の地区にもこのように、能勢石で記念碑建っております。

このように、額縁にして、その内部を磨き、
文字を彫刻する、というのがこの石の王道ではないか、
そう感じます。

この石の形は自然が作った造形ですから
いい形の石に巡り合えば、ほぼ8割は
うまくいったようなものです。

いかに出会えるかどうか、が大切なのかもしれません。
「下坊石材」の展示場に行けば、きっと出会えると思います。

DSC_0042

足元にも、能勢石の小さなものを使って
囲っております。
このように、記念碑にはピッタリなんです。
捨てる石がない、というか。

そして、こちらは文字彫刻の様子。

DSC_0047

しっかりと手彫りで彫刻されています。

 

DSC_0049

素晴らしいですね。

 

DSC_0052

この碑は全体のバランスもよい、
文字もよい、
文字彫刻もよい、
額縁加工のサイズもよい、
と、とてもバランスのいい記念碑なんです。

 

 

DSC_0057

能勢石の魅力を余すことなく、表している
素敵な記念碑だと思います。

DSC_0061

このように正面をカットしてしまう場合もあるんですが、
こうしてしまうと、やや野暮ったくなる気がします。

 

DSC_0084

また、このように足を付けたものもたまに見かけます。
でもこの足はちょっといただけない、かな?

 

DSC_0075

カットした石を足に使うのは、やめた方がいいのかもしれません。

個人的意見ですが、
「能勢石」は自然の風合いを最大限利用して、
作られるべきではないかと。
それだけに、
やっぱり、自分が気に入った石に出会えるかどうかが、
大事なのかな。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

お墓に使える石シリーズ~日本の石2

さあ、ほぼ最終回のこのシリーズ。
「ほかにもたくさんあるのに、どうしてこれだけなの??」

 

という疑問がある人もいるかもしれません。

ですが、このシリーズは
私が実際使ったことがある石とか、
興味のある石、
今後使ってみたい石などを中心に取り上げており、
それ以外は、あまり含めておりません。
(あまり知らないから、という部分もあるかな。。。(^_^;)

ので、最終回は
いつもの、よく見る顔ぶれになってしまいました。

DSC_0029

この5石種です。

やさとみかげ。
茨城県で採掘される全国的に有名な石ですね。

DSC_0030

この下の真壁小目とともに、茨城県を代表する
銘石です。
価格も日本の石にしては、お手頃感もありますし、
何より、全国的に有名で歴史もある石ですね。

DSC_0035

こちら、真壁の小目は非常にその名の通り、細目で
お墓にするにはもってこいの石ですね。
鮮やかな青みかげ石です。

そして、これからはなじみ深い瀬戸内の石、
「青木石」です。
関西では、特に但馬では、非常によく使われた石でした。

その理由は、加工しやすいということ。
粘りがあり、角もちもよく、
目もそろっているので、合わせやすい。

つまり、
自社加工にはもってこいの石だったわけです。

DSC_0032

それで、一時期、とてもよく使われ、
豊岡でも昭和30年代後半から、平成に年号が変わるあたりまで、
とてもよく使われた石でした。
美しい貴婦人を思わせる石は
女性受けする石として、
とても重宝されました。

弘法大師の石としても有名で、
真言宗の方はぜひともこの石をご指名くださいね。

 

DSC_0036

次に、ご紹介するのは、大島石。
言わずと知れた、関西では、横綱級のブランドの石です。
最近は、やや外国材に押されて、価格も高いのもあって、
敬遠されがちですが、
やはりこの石で建てられたお墓は別格ですね。
特に私はこの石が好きで、
いろいろブログにも書いております。
http://ameblo.jp/ohkita-sekizai/entry-11115743266.html

とにかくいろいろな意味で楽しませてくれる石でもあり、
魅力的な石でもあります。

最後にご紹介するのは、こちら。
天山石です。
かつては、「天山みかげ」という名で、
九州のローカルではそこそこ有名だったんですが、
玄人好みの石だったんですが、
いつの頃か、突然大ブレーク!!!
一気に超メジャーになってしまいました。

DSC_0038

数値は日本の石ではトップクラス。

→→こちらでチェックしてね。

あまりの人気で品薄
(いい石が、という意味ね。。。)
と言われます。

ちょっと最近は価格が高くなってきて、
お手頃感が薄れてきたかな。。。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

お墓に使える石シリーズ~日本の石1

新しい防火服、新しい防火ヘルメット、
新しいグローブで
中身は古いですが、おろしたての気持ちで
但馬、豊岡のお墓のプロ、大北です。

今日は小学校の防火訓練。
かなり緊張感漂う防火訓練ができたと思います。

その後、
小学生高学年の放水訓練。
消火器の使用方法の実地訓練。
そして最後に、
幼稚園児への消防車の乗車体験、
防火服での記念写真撮影会などを
こなしました。

この中から消防士が出てきてくれたら本望です。(^_^;)

DSC_0005

 

さて、お墓に使える石シリーズも3回目にて、
今回は日本の石前半、をお送りします。

日本の石と一言で言っても、非常にたくさんあります。
ので、
私が使ったことのある石、
使ってみたい石、
注目している石などを中心にご紹介します。

まずは瀬戸内海の石からご紹介します。

DSC_0015

ご覧のように、瀬戸内海はその温暖な気候を反映してなのか、
どうかわかりませんが、比較的ピンクがかった石が
多い気がします。

これは、北木石中目、俗に瀬戸赤とも言います。

DSC_0017

この石と

DSC_0019

これ。
ずいぶん目なりが違いますね。
上は色が濃くて、濃淡がはっきりしてます。
下はやや地味め。
採掘した時期によって、いろいろ微妙に違います。
自然からのいただきものですから。

 

DSC_0023

こちらは、万成石。
言わずと知れた瀬戸内の銘石です。
関西圏に数は多くないですが、
けっこう建墓されています。

私の住む豊岡市でも、
ひろい墓地に必ず数基、建っております。
このサンプルの石はかなり古いサンプルなので、
非常に色が濃いですが、最近の万成石は、
もっと白いですね。

それから、万成石の石塔を以前見学したんですが、
それは、手加工のお墓でした。
手加工とは、小叩き、びしゃん、ノミ切り、コブだしなど
いくつかの手法がありますが、
この万成石は、小叩きなどの手加工でこそ、
真価を発揮できる石なのではないか、と思っています。

DSC_0021

そして、最後にご紹介するのは、
「犬島石」です。
これは、岡山で採掘される石なんですが、
そのほかの石と同じように、
ほのかに白とピンクの間の色が含まれているような、
そんなほのかなピンク色の石です。
(かなり、微妙ですが。。。(^_^;)

この石は実は外国、つまり中国には輸出しないで、
国内加工にてすべて製作している石です。
なので、この石でお墓を建てれば、必ず日本製のお墓であります、という証明ともなるわけです。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

磨きなおし②~平面の磨き

おはようございます。
秋のお彼岸が近づいております。
明日から、かな。
シルバーウイークでもあります。
みなさん、休みを楽しんでください。
うちは子供がサッカー三昧。
親はその送迎三昧となりそうです。

蓮華が彫刻してある正面の磨きなおし。

このように、文字や家紋などが彫刻してある面は
磨きなおししにくいのですが、
何とか、出来ました。

DSC_0045

次に上、天場の面。
水垢が黒く
「汚れの首輪」のようになっております。
50年以上の汚れが。。。(^_^;)

DSC_0056

でも、実はこの上の面も平面ではないんです。
下の写真、石の天場の面(今から磨く面です)と
上においた差し金(目盛りの付いたのです)の
すき間、みてください。

なんと、奥の外の光が。。。!!
のぞいているではありませんか!!

なんということでしょう!!

DSC_0051

平面ではない、ということですね。
平面に見えて、波を打っているということ。

200番手の研磨盤でこの面を軽く磨いてみると、
なんと、
こんなことに。

DSC_0061

汚れの首輪はほぼ落ちていますが、
一部、残ってます。(^_^;)

更に、
左端と、写真の上のほう、
色が変わってますね。

研磨盤が当たってない部分。

凹んでいる、ってことなんです。

昔の手磨きの技量ではこれくらいが普通ですね。

(でも、この加工はやや加工精度が低い気がするんですが。。。(^_^;)。気のせい??)

とりあえず、
クボミがなくなるまで、磨きで落として、
平面にして、
光沢がでるまで、研磨作業しました。

DSC_0073

やっと2面目か。。。(^_^;)
先は長いですね。。。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

お墓の磨き直し①

雨ですね。
秋は好きな季節なんですが、
今年はちょっと雨が
多くない??

但馬、豊岡のお墓のプロ、大北です。

秋の雨は、寒くもなくていいんですが、
雨が続くと、なんだか最近、
いいことないのよ~~
とか、ブルーになりがちです。
まあ、前向きにやっていきましょう。

そんなこと考えているわけですが、
工場の仕事なので、
雨でもいいです。
台風じゃなければ。

今日は昨日持って帰ってきた、
お墓の石を磨き直しします。

DSC_0016

まずは、上台。
うわだい、っていいます。
○○家之墓って彫ってある石のすぐ下の台です。
正面に彫刻してあるのは、蓮華です。
通常、蓮華台という台があるんですが、
それの廉価版というか、
むしろ、こっちの方がいいでしょ、的な。
(よくわからないですね。。。私も書いてて、良くわかりません。。。)

DSC_0031

汚れはあまりついてませんね。
ただ、光沢はすでにずいぶん落ちてしまってます。
このお墓の石は手加工、といって、
機械ではなく、手作業での加工製品です。
この蓮華の彫刻も手での彫刻です。
今なら、ブラスト彫刻ですが、
のみで彫刻されています。

DSC_0037

非常に貴重なお墓の石ではあります。
ちなみに昭和36年に作られたお墓です。

DSC_0036

あまり変わり映えしませんが、
けっこう汚れ落ちましたよ。
石材専用洗剤でこの前のように
汚れを落としました。
これから、磨いていきます。

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

「ようきんさった」とは?

おはようございます。
昨日は台風のおかげで、一日工場の中。
但馬、豊岡のお墓のプロおおきたです。

そこで、以前書いた、筆文字を使って
ウェルカムプレートを製作しました。

DSC_0002

以前書いた文字。
私が書きました。
「ようきんさった」とは
但馬弁で
「よく来られましたね」とかいう意味です。
もう少し、親近感がある表現ですが。

まず、玄武岩に写してみました。

DSC_0001

この時点で、間違っていたんですよね。(^▽^;)

それから、上にイラストを入れようかなって思っていると、
天の声が!!

「コウノトリを入れなさい!!」

天の声には逆らえないので、
コウノトリを入れてみました。

11999003_862444257180813_4321558671060977061_n

これを輪郭のみ写して、

DSC_0002

 

はい、こうなりました。
すでに彫刻しております。

DSC_0005

 

文字だけ白の色を入れて。。。

DSC_0024

だ、
だめだ!!
バランスが悪すぎる!!
もう少し、コウノトリを大きく。。。
というか、
文字が下過ぎる。。。

失敗です。

やり直しですね。。。

DSC_0021

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

こちらもオッケーが出ました(^_^)/

相変わらず、パソコンのご機嫌を伺いながら、
なんとか、かんとか、ブログを更新しております。

あ、途中で。。。やめて!!!

という感じで、いつ落ちるか分からない。。。
どこが悪いかも分からない。
実はあまりパソコンに強くないんですよね。。。

隠してたけど。。。

こちらも以前投稿した、石ですが、

DSC_0041

とても、えぐい縞模様が入った、
いや、
入っていた石を加工して気付いたんですが、

ふつう、

加工する前に気付くものですけどね。

お墓関係の石なら、即
【アウト!!】ですが、

お墓じゃないので、
どうなるか、心配してたんですが、

「まあ、いいんじゃないの」

のひとことで、オッケーとなりました。

わりと、よく目立つ場所に設置させていただきます。

あ、

その前に、

お払いするって、おっしゃってましたね。

p336

 

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

それぞれにそれぞれの持ち味。

お盆最中ですが、全くお盆と関係ないんですが、
原石を切ってみました。
縞模様が出てます。

DSC_0041

お墓に使う石なら、取替えとなる石です。
でも、自然から採れた石には変わりないですね。

これは、お墓に使う石ではないので、
使えるかどうかは施主様に聞いてみないと
分からないですが、
品質としては、変わりないです。
ただ、
縞模様が出ているだけ。
これだけで、
お墓の石には使えません。

こういう
石の個性、があるんですが、
これが、お墓の石として、
高い価値を生むか、
お墓の石として、使えなくて、
不用品となるか、
(実際には細かく砕いて、建築資材になる場合が多いですが。。。)

ちなみに、この石は
お墓に使われることはない石で
(昔は使っていましたが)
豊岡市気比で採掘される石です。
ほとんどが細かくされて、砕石として利用されています。

ちょっとした事で、
価値があったり、
価値がなくなったり、
でも、それは個性なんですね。
石の。

 

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

おすすめの石⑦~弘法大師の石

おはようございます。

暑い日が続きますが、
季節は徐々に移り変わっています。

そのうち「暑さ寒さも彼岸まで」
とかなんとか言い出して、
涼しくなるんでしょう。

そして、
う~ん、なんだか、朝晩、涼しくなってきたね。。。

16

月を見ながら、一首ひねり出すのに、
いい季節がやってきて、

運動会とかマラソン大会とか始まると、
そろそろコタツだそうか、、、
とか言う季節になります。

何が言いたいのかと言うと、

早く涼しくなって欲しいな

てこと。

早く涼しくなって、
ずいぶん涼しくなって来たな、って言いたいってこと。

 

(結構やけになってますが。。。)

まあ、そういうことです。
で、
日本のおすすめの石ですが、
(と、突然すぎますが。。。)

人に父と母があるならば、

親父の海が日本海の荒波なら、

IMG_20141215_160447

母なる海は、瀬戸内海でしょう。

setonaikai_1

そして、母なる海にはたくさんの石が
採れることでも有名です。

その一つが、
関西では超メジャーな石の一つ。

弘法大師の石としても有名な、

20090611_662677

はい、そうです。

「青木石」です。

かつて、
日本の石で、
大島とか、庵治とか
山手の人々はおっしゃいますが、

ダウンロード

私達、下町の「三丁目の夕日」的な
一般庶民の味方、
それこそが、
「青木石」でした。
でした。。。

DSC_0025

はいこの石、です。

DSC_0031

ちなみに私の作ったこの石の「取扱説明書」
です。

なかなか分かりにくいですが、

DSC_0027

関東の銘石、真壁小目と比較してみました。
比較的似た石じゃないかと、思います。
価格は真壁よりやや高めです。

今は、相対的に
上にいかれましたが。。。

そういうわけで、
どういうわけでか、

青木石は瀬戸内の銘石の一つです。

DSC_0089

これ、どれも青木石です。

大島石とも違うし、
庵治石とも違う。

色の濃さがずいぶん違うんですね。

あ、ちなみに
一番右の石、
プロの石屋さんほど、

「あ、これは青木石じゃあねえな。
大北、嘘ついてやがる。。。
こんな色の青木石なんて、
きいたことねえよ!!!」

と、おっしゃられるかもしれませんが、
誰が何といおうと、
青木石です。

青木石のプロの先輩がそうおっしゃるんだから、
そうなんです。
DSC_0103

当然のごとく、
色の濃さによって、値段が違います。
左の一番白い青木石が一番リーズナブルです。
右端の青木らしくない、青木石、
ずいぶん高いんでしょうね。
でも、幻の青木石みたいです。

こんな青木石で、お墓建てて見たいもんです。

いかがですか?

弘法大師が愛した、
瀬戸内の貴婦人、
青木石は
瀬戸内の島、
「広島」で採掘されます。

真言宗の信徒の方は
一考の余地、ありませんかね。
あ、
苗字が「青木」さんもぜひに(^_^)/

このあたりです。
瀬戸内の船旅もいいものですよ。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

おすすめの石⑤~大島石特級

日本の石でお墓を建てようと以前書きました。
→→→「日本のお墓は日本の石で建てましょう」

そこで、じゃあ、おすすめは。。。て聞かれた時、
まずこれをすすめなきゃ、と言うのは
「大島石」です。

DSC07172 - コピー

(こちらは大島石の丁場です)

これは異論もかなりあると思います。
大島石の良くない評判も聞きます。
悪い噂も聞きます。
今良い石が採れていないとも聞きます。

それでも私は大島石を勧めたいです。

もちろん条件があります。

<最高品質の大島石であること>

ランクの落ちる大島石なら、他の石のほうがいいです。
石でよく使われる
比重が重い、
吸水率が低い、
目が均一で細目

というのが墓石材の品質の基準となります。
品質的には大島石と遜色ない石はたくさんあります。
でもそれでも大島石を選ぶ根拠があるのです。

<中国加工ではなく国内のしっかりした加工であること>

石材加工は非常に手間と熟練が必要です。
そのため加工にごまかしが行われている場合があります。
国内の実際に見学できる工場での加工なら安心できます。

<実際のサンプルを見てみて石の状態を確認している>

実際に加工している石と同じ石でサンプルを作ってもらってそれである程度の判断をします。色目、細やかさ、均一さ。
加工途中での検品が出来れば尚一層の確認になるでしょう。

<石に気品があること>

これは、私だけではないと思うんですが、その他の石や、外国材には分かりにくい”品”が感じられるときがあります。
本当にごく一部の最高級の大島石だけですが。
これが感じられる石は本当にいい石だと思います。

4番目の理由はちょっと分かりずらいかもしれません。
私もいつも感じるわけではないのですが、確かにあります。
これを始めて感じたとき、大島石が大好きな石になりました。

でも、ですよ。
百人お墓建てる人がいて、
その百人全員が大島石が一番だとは言えません。

お墓を評価する数値、大したことありません。
ぱっと見、それほど目立つ石でもありません。
強固と言いますが、もっと硬い石はいくらでもあります。

でも、一つあなたに聞きますが、
仮に、1億円する「盆栽」があったとして、

その価値を数値に表すことって、出来ますか?

惚れているか、
どれほど好きか
どれほどその価値が分かるか、

そういうことも関係しているんです。

なので、他の石屋さんに聞けば、
別の石が最高、となるかもしれません。

でも、私にとっては最高の石なんです。

非常に高価な石なので、
その価値が分かったとしても、
誰でもお墓に使える石ではないと思います。
ですが、
本当にいい石なんです。
私は一押しの最高の石です。

それだけにこの石でお墓を建てられる方は
本当に幸せだな、と思います。
それほどの石なんじゃないかな。。。

 

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

なんだかちょっと嬉しいお墓。

台風一過ですが、
被害はどうでしたか?
私の住む、兵庫県北部の豊岡市は
。。。
ほぼ被害なし。。
普通の雨降りの一日でした。(^_^;)

私の強運のなせる業、なんでしょうか。。。
とにかく、無事に通過してくれて、
感謝です。

但馬、豊岡のお墓のプロ、大北です。

先日、とある墓地に行ってきました。

そこで見つけた、水鉢。

変わっているでしょう(^_^;)
しかも、
デザインが素敵。

いいですね。これ。

DSC00048-2

DSC00049

竹の感じがすごくリアルです。

ちなみに石は

竹野石です。
竹仲間です。

なんだかちょっと、嬉しいお墓でした。

 

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

新しいお墓④~犬島石

新しいお墓シリーズも第4弾。
一番本命だと思っているのが、この石。

お墓というよりも、この石です。

犬島石。岡山県にある、瀬戸内海に浮かぶ島です。

良くある瀬戸内の小さな島ですが、
昔から良材のみかげ石が採掘されてきたんです。
その代表がこれ。

大阪城の有名な「タコ石」

犬島石01

大阪城内最大の巨石ですが、
これを見ても分かるように、
非常に大材が採掘されます。
そして、キズが少なく、
みかげ石として、良質で多くの城郭の石垣に
使われてきました。

また、戦国大名、江戸自体の大名たちの
お墓にも利用されてきました。

犬島石02

上の写真は犬島石の採掘場ですが、
これを見ても分かるように、
良質のサビ石と白のみかげ石が
大量に埋蔵されています。

 

犬島石03

播州姫路城藩主、池田輝政の三男、
池田忠雄のお墓。
岡山県にある清泰院と言うお寺にあるお墓です。
立派な卵塔です。
これが、犬島石です。
サビ石ですかね。

 

犬島石04

その父、池田輝政のお墓です。
贔屓(ひいき)の上に乗る石碑。
お墓というより記念碑的な佇まいですね。

サビと言うより白みかげですよね。

台石は亀か?と思いきや、
違います。
ちょっと詳しい人は
「玄武」??って思うかもですが、
贔屓(ひいき)って言う動物です。

 

「贔屓とは、亀に似た伝説上の生き物で
重きを負うことを好むといわれ、
そのため古来石柱石碑の土台の装飾に用いられることが多かった。」
(ウィキペディアより)

 

 

犬島石05

上の写真をワイドで撮った写真です。
周りの石も犬島石です。

 

犬島石06

そして、
大阪城の桜田門の枡形。
見事な石積みがなされていますが、
この石も犬島石です。

さて、この犬島石、
国産の銘石でさぞや高価ではないか、
と思いますが、
この国産の銘石に

日本最大の石材加工の街であり
世界一のみかげ石が採れる街
「庵治、牟礼」で加工、製作した
純国産のお墓、
「犬島石のお墓」が

とても手頃な価格で手に入る、のです。

戦国大名と同じ石で
お墓を作るって、
一つのステータスであり、
最も安心な選択ではないでしょうか?

(なにしろ、数百年が経ったお墓が
立派に存在するんですから。。。)

 

 

こちらまでお問い合わせを

あるいは、

フリーダイヤル
0120-497-143 (良くなる石屋さん)
まで。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」

 

新しいお墓③~「伊達の墓」

新しいお墓、その第三弾。
これは、見ていてほんとに楽しいし、
欲しくなりますね。

伊達の墓07

お墓って、ある程度画一的で
欲しいもの、というより、
必要だから、建てるというもの、ですよね。
普通は。。。

その概念を根底から覆すお墓。

正しく、
「見て楽しく、ほしくなるお墓」こそが、
「伊達の墓」シリーズです。

伊達の墓01

伊達冠石(だてかぶりいし)という
安山岩なのですが、

皮目の部分が独特の赤土の色をしていて、
それがまたおもしろい表情を作ります。

それと安山岩の独特の色、
光沢を出さず、水磨きに押えて
独自のお墓の世界を作り出しています。

伊達の墓06

しかも、自然からの恵み、
採れた石をその形に応じて
加工し、
伊達の墓となっているので、
正しく、一点物。

伊達の墓08

それぞれ、同じものがふたつとない。
世界で唯一のあなただけのお墓を
作ることが出来ます。

伊達の墓09

伊達の墓は、実物を見て
決められることをお奨めします。
自分の感性にピンときたら
それがあなたのお墓です。

それはとても幸運なことですよね。

あなたのための
「伊達の墓」が
あなたを待っているかもしれません。
こちらまでお問い合わせを

あるいは、

フリーダイヤル
0120-497-143 (良くなる石屋さん)
まで。

       
◆ ここに全ての疑問、質問があります・・・ 【お墓Q&A(カテゴリ別)】

◆ お墓の建て方の基本・・・       お墓を建てる前に...
◆ お墓じまいのまとめ・・・       お墓じまい、基本のキ
◆ 日本のお墓は日本の石で・・・     日本の墓は日本の石で建てる4つの理由
◆ メイドインジャパンのお墓・・・    日本の墓は日本で作るべき4つの理由
◆ 海洋散骨体験しました・・・      約束の海へ~海洋散骨ツアー

  ◆お墓の疑問、受け付けております◆ あなたが疑問に思うこと、どうしてなのと思うこと、どんなことでもお尋ねください。 この「お墓の疑問Q&A」でお答えいたします。 お問い合わせは、 こちらからどうぞ→→→「お墓の疑問お問合せフォーム」